人気ブログランキング |

空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ

タグ:X30 ( 422 ) タグの人気記事


2019年 09月 12日

Pista/ハンドルをカスタムしてチェレステを加える

足りない部品はのんびりと揃えて、な計画も、増税前の駆け込みw
取り揃えるものが幅広いので、ひとつのものを説明を聞いていいるうちに
熱意のある店員さんなので、ここで決められるものは揃えてお香、と気持ちが動く。

e0123825_01080903.jpg


短くチョップされた元々組まれたハンドルを外し、
スピハチくんで使うつもりが使えなかったブルホーンバーを装着する。
駄菓子菓子、黒色のアルミ製では、Bianchi Pistaには違和感を覚えるわけです。
実験的開発の一貫として、再アルマイトを行い
ブラストテクスチャなペールゴールドで指定でアルマイト処理。
染色したハンドルは雰囲気的に梨地で光沢を抑え、少しばかりチタンの色調寄りで
現在市販されているハンドルには無いオリジナリティ。
イタリアのモータサイクルのエグゾーストパイプにちょっと似てる色合い。
おぅ〜〜イタリア〜〜〜ン♡

傷だらけで薄汚れた塗装面を3Mのコンパウンドで研磨した
日に焼けて、斑な渋柿色といったエイジングなオレンジ色のフレームに合わせると
なかなかにヨロシクて、気分が盛り上がる。

染色したハンドルのテクスチャを活かしたいので、バーテープやグリップを取り付けず
ネイキッドで使うのも宜しいかなと仕上がりの幅が広がる。

PCの画面では埒が明かないので、店頭で実物を見比べながら方向修正。
ブルホーンバーの角の部分だけ白いグリップかバーテープを巻く基本設定だったのだけど、
Bianchiの代名詞なチェレステを発見。
ちょっとミントかなぁ〜〜〜なのだけど、フィジックの色合いはなかなよろしい。

細身のハンドル径に合うエンドキャップは限られるのだが、
クラシックなデザインに合わせてCINELLIのオールドファッションなエンドキャップをあわせる。
案の定、アカンです、はまらないっす!な展開で
細いハンドルにも合わせられるはずだ!なここを削れ的リブをカッターナイフで削ぐと
も〜〜〜バッチリ! キタコレ!な径に収まる。

ウエスで養生しプラハンマーで叩き込んでいっちょ上がり!







by jake490 | 2019-09-12 23:06 | イジる
2019年 09月 11日

渋谷で乗り換え

所要で都心へ。本日(9月11日)は営業とは別行動、単身でバス電車の人。
公共交通機関は乗りなれないので、目的地へたどり着くルートをたどるのがけっこう億劫でプレッシャー
そんなワタクシがなんとかなってるのはスマホとアプリのおかげ。ありがたや~

e0123825_11170817.jpg

行き先はスマホに任せ、まとまった読書時間を持てる幸せを噛みしめるわけですが
ずっと下を見ていたので、気持ち悪い。人いきれと乗り物酔いか〜〜〜〜
京王線を下車し半蔵門線に乗り換えは改札を出て暫く歩く。
どうせ歩くなら、最短距離移動というよりは、空間把握力を上げるべく、街の様子を少しばかり感じ取ってみたい。

携帯しているカメラはX30と35mmf1.4R(35mm換算約50mm)ミラーレスカメラ
被写体のテリトリーに侵入していく距離感のカメラで視線と感情を撮し留めていく
そんな平日のストリート。







by jake490 | 2019-09-11 23:16 | 写真、カメラ
2019年 09月 10日

朝陽の熱光線でコゲる

体調がいまいちなのは、不摂生すぎる日々のせいだ!ってわかっちゃいるが
やっちまったなぁ~のママ、不摂生を続けるイタイ自分である。
台風が連れてきた夏の高温多湿な気団がどっぷりの中、スピハチくんを漕ぎ出す。
挽回せにゃ〜〜〜

e0123825_23273422.jpg

整備して整ったスピハチくんの走りは軽快で気持ちがいい。
常用しているサードギアは、本来、軽いぐらいの感覚でなければナランのだが
やや重な反発がヘタレぶりを物語る。
駄菓子菓子、ここで、いっちょ〜〜やったる、と気合を入れるとオヂサンは壊れるわけで
適当(ワタクシには珍しく、いい加減という意味ではない)に負荷を微増させながらペダルを回す。

走り出しのサイコンが示す気温は29℃と30℃を行ったり来たりだったが、
河川敷沿いを走っていると、朝だというのに焼けつく太陽が皮膚に刺さる。
シフトアップしていくには心拍厳しい。既にオーバーヒートな領域に針が昇っていく。
ポタリングペースが心地よい、本来のスピハチくんの速度域にダウンするのはしょうがない。
通勤路半ばで、灼熱の光でお焦げとなった。

帰路は先延ばしになっていた生体検査の結果をクリニックへ。
渋滞路となる車の通勤路よりは、ペースを上げなくても早く帰宅できる。
前日の台風の影響か、運送系の車両が多く渋滞が激しい。
日中よりも涼しくなっても30℃今朝と同じ。
気持ちいいと感じられる速度でペースメイク。

帰宅後、診察時間に余裕を持ってクリニックへ。
検査は問題なく、一安心。
やっぱり、残るは自己管理能力なんだなぁ(汗)







by jake490 | 2019-09-10 23:26 | ジテ通
2019年 09月 09日

Pista/クランクを磨く

Bianchi Pistaの生い立ちを調べつつ、シングルスピードの実態も知識も知らなすぎる自分に気づく。
知らないってことは素晴らしい♪ 未知との遭遇だね。
組み立て上がりのイメージを膨らませつつ、このまま使えるモノ、使えないモノを切り分ける。
まあ、コンセプトは、

適当、ありあわせ、いい加減、スボラ、でもテキトーに楽しみたい、懐傷めずに

だから!とイキっちゃいそうになる自分に制動をかけるw

e0123825_12471933.jpg


ジャンク紛いのフレームを見渡せば、
使わないけど、あとで遊べるかもな両端を切り落としたハンドルと
汚れてくたびれてるのがブラスなテイストを醸し出すダイアコンペのブレーキレバー
ほつれたインナーケーブルにすすボケたクロス編み込み模様なアウターケーブル
キャリパーゴムが擦り切れたフロントと、ゴムが残れど硬質化してご臨終感の前後キャリパーブレーキ。
歯の摩耗が怪しい、クランクギアと、ストラップで擦り切れたクランク。
すすボケて、キレ穴のある座りたくないサドル。

とままそんな感じである。

では、セオリー通り、清掃することから始めよう。
まずは珈琲を飲んでから、くぐもったクランクアームから、我が友、ピカール金属磨きでコシコシ。
消えてほぼ見えないメーカー名がうっすら。
コーティングなのか、ほとんど剥げた部分が汚れに見えて、部分的に酸化侵食が入り始めた表面を磨く。
ウエスについた黒いアルミ分にたいして、曇ったままのクランクにしびれを切らした頃
なんとなく光沢が出始める。
するとなんだ、その、じわじわと喜びがウフ♡と
知らず知らず、指の関節が痛いほど磨き、コレはコレでいい風景になったジコマンに包まれた。

鉄っぽいクランクギアのテクスチャもよろしくて、コレはコレで、と納得しはじめる。
数えてみると48T
仮にリアコグが16Tとすると、ファッションピスタなイメージな割に漢なギア比ではなかろうか。
見てくれはオヤヂだが脚力はオトメなワタクシには強敵すぎる、よなぁ。






by jake490 | 2019-09-09 12:46 | イジる
2019年 09月 04日

美顔器、もとい、Bianchi Pistaを発掘す

別件で立ち寄ったリサイクルショップで、限りなくジャンクに近い傷だらけのビアンキを見つけました。
一旦は素通りして要件を済ましていたのですが、なんとなく気になって、またその場所へ。
捨て置いてたようなフレームの中に埋もれたビアンキをよく見るとクロスバイクではなく
トラックエンドの鉄なピスタ。
まあ、程度は相当アレだし、フレームもワタクシには小さいなぁ。
と、また、要件に戻る、という数日前。

e0123825_10270743.jpg

またまた、リサイクルショップに用事ができて、というか、捜し物があるので、サラッと素通りするつもりだったのですが、
あれ、まだビアンキあるね〜〜
と、斜めに見てたビアンキを真正面からガッツリみると、相当なヤレ感が
なんていうのでしょうね〜〜
ダメージ加工した、なんちゃってビンテージジーンズな、アレな感じでなく
ガッツリ使ったらこうなった(にしちゃ〜〜荒っぽく使ったよね、な)味わいのあるエイジング感。
モギそこなったような、くたびれた、決して高級でないパーツがフレームに残り、
それがまた、ストリートフォトを撮影しているときのライブ感的盛り上がりがグイグイきまして
で、フレームサイズも悪くないことも判明

e0123825_10270663.jpg

「おい、ワタクシんちに来るかい。」
「行ってやってもいい。」
「ちゃんとまともに走るようになるかな。」
「そんなの知るかい。」
「ひでぇ扱いになるかもしれんし、そうそうかまってやれんぞ」
「いちいちうるせ〜〜なぁ。」
「うちにある余ってる部品と、テケトーな中古部品で組んでやる、練習台だ。」
「そりゃ酷いね。」
「新品の部品を買ってやれるような男にみえるか。」
「まあ、見えないね。」
「アンタだって、その有様じゃ〜高級パーツが似合うってガラじゃないだろが。」
「お洒落ってガラじゃないね。でもな、それなりに生き様ってやつがある。」
「なら、ここで埋まってないで、出てこいや」
「そうだな、ここにいるよりマシかもな。お前の無様な走りっぷり拝んで笑ってやるぜ。」

と交渉が進み、こんな値段じゃなけれりゃ買わね〜よ、な、よりも、少しばかり懐痛いが
自分を鍛えるにはモッテコイなシングルスピードはかねてから切望してたトコもあり
特別に走る時間を持てない、日常の中でなんとかするもん、な日々には
コレはアリだろう、と、レジへ運ぶ。

「なんかズッシリ重いんだけど、」
「お前もな!」

帰宅後、断捨離箱の中から使えそうな部品を捜しつつ、ピストのストレートエンド幅と
ロード用ホイールのハブ幅が違う、ってことを思い出し、酔いが覚める。
マジか〜〜〜
年式もわからぬ古いフレームなので、エンド幅情報が見つからない。
余ってたホイールが使えんとなるとすぐにトラックホイールを手に入れなきゃならんぞ!
わわわ!マズイマズイ、トラックホイールはそのうちに作戦が崩れ落ちる。
まして、組み上がる目処が遥か遠く......


e0123825_10270793.jpg

慌てず騒がず、まずは珈琲を淹れて、静々とビニール梱包した使い古しのホイールを取り出し
10ミリ違ったら気づくよな、と自分の眼力の凋落ぶりにがっかりしつつ
リアエンドにハブの軸をあてがうと、ええええええええ〜〜〜〜
まさかのほぼぴったり。
潤滑油を塗布して無理くりにならぬよう嵌めこむとスンナリ収まった。

ありがとう!ビアンキ!
クソ真面目にピスト準拠にせず、ユーザビリティ準拠なフレームにしてくれて。

「バカだな。だからストリートユースな俺だって、今気づいたのか」
「そうだよ、バカだから、アンタ、ここにいるんだよ。」


はてさて、ありあわせの部品と、テケトーな部品を調達しつつ、未熟な組み立て技術を錬して
右往左往しながら組み立てて、走り出す日を待つのである。









by jake490 | 2019-09-04 23:25 | イジる
2019年 09月 02日

激落ちくんなパフォーマンスに背を向ければ超ハッピー

夏休み期間中、スキマ時間を作ってご近所里山トレイルを走ったろ〜〜
とMTBを手元においておいたのだけど、無残にもカバーを掛けたまま夏休み終了
でそのまま8月が終了w
しばらくMTB乗ったろかい、と言いたいところだが、ヘッドの修理交換が済んだスピハチくんが待っている。

e0123825_23152062.jpg

ユルユル走るからね、朝は早めに自宅を出たわけだが、エアコンの効いた車に慣れ親しんだカラダには容赦なく暑い。
あれ、MTBこんなに重かったっけ?このギアでペダルこんなに重かったっけ?
坂道こんなに重かったっけ?
怖くて体重計に乗れなかったのだが、自転車に乗ればわかる過体重。
ココロ入れ替えなくてはなりません。

仕事を片付けがあと、MTBはお掃除メンテに回し、スピハチくんにチェンジ。
オイルが十分に染み込んだチェーンは美味しい状態だし
交換したペダルの回転も軽い
タイヤも新品(リアだけだけど)だし
手に入れて以来最も良いコンディション。

どうだ、どうだ、と夕闇迫る外気温は29℃

走りが軽いのは駆動系とタイヤが主役なのだけど
車体の安定からくる無駄のない推進力が素直に出てる感じはヘッドパーツの回転がなめらかゆえにロスが少なくなっているかもしれんね。
荷重変化にたいしてハンドリングの反応もスムーズでクイック。
変に粘ったり、急になったりといった癖がなくなって、格段に乗りやすくなった。
ヘッドの回転、甘く見てたなぁ。
こんなことなら、もっと早く手を付けるべきだった。

もっと走りたい気持ちがはやるが、ちょい乗りでもダメージはデカイだろう。
短めにライドを切り上げて帰宅。
自宅に到着すると結構へばっていたので、これは正解だった。ナイスな判断。





by jake490 | 2019-09-02 23:16 | ジテ通
2019年 08月 27日

マルニ製タイヤレバーへのオマージュ

やばいです。カレコレ2ヶ月まともに自転車ライドしてません。
夏休み明けからバッチリ乗り込むつもりで、暴飲暴食に励んだののに
天気予報はレイニィディが続き、これからの錬の荷重過多に貢献。
ダラダラ走るのにもキツイことになる悪寒がします。

e0123825_19173290.jpg

はてさて、工具箱常駐用にタイヤレバーを手に入れようとネット検索したところ
タイヤキーというスパナというかフック形状のユニークなタイヤレバーを発見。
人柱的に買ってみるかな〜〜〜 とアクションを起こすも
行ける日時に営業している自転車店はあさひだけ。
まず、無いだろうな、とおもいつつ、とくにこだわってるわけじゃないんで、適当にと。
と言いつつも、それなりに創意工夫が進んだものをと考えていたわけです。

店員さんに案内されて、メジャーどころのタイヤレバーを何点か紹介してもらい、
ナンダカンダでなにげに使いやすいのがコレなんですよね〜〜と。

まあ、見れば一発で思い起こすマルニのタイヤレバー。
下手すりゃ、子供の頃から変わってないような、トラッドなタイヤレバーでありますが
コレをちょいと洗練させたようなデザインで、材質もタイヤを引っ掛ける形状も瓜二つ。

思い起こせば、何点かタイヤレバーを使ってきたけれど
始めっから手元にあって(ある意味コレしか無かったかも)他のレバーが折れちゃったり
使いづらいって、またコレに戻り、さりとてコレでもいいんかな?と疑惑に思いつつ
結局コレだ、とロード用のツール缶に収まっておりまして。

トロコロールカラーもよろしくね、とばかり、ま、一番お安いし、とレジへ、な。

e0123825_19173124.jpg


というわけで、レバーも揃ったことだし、ようやくスピハチくんの後タイヤの交換しましょう。
ワタクシのところへ嫁いできたときに、すでにサイドカット傷がちょっぴりあったのですが
タイヤのてっぺんが扁平しだしたあたりからほつれが進み、ゴム系接着剤で誤魔化してみたものの
すっかりと中の繊維が覗けるぐらいに成長しまして。

タイヤの銘柄は後輪だけチェンジなので同じ銘柄のパナのミニッツライトで。
外してみると前オーナーさんはコンチネンタルのチューブを使っておりまして
結構肉厚に感じだのだけれど、小径だからかな。
406と451共用なので、406なスピハチくんにはチューブを収めると腸捻転的な様相を呈するわけですね。
効果は気持ちの問題と思われますが、タイヤとチューブの摩擦と未着を低減するために
自宅メンテではベビーパウダーをスリスリするのですが、腸捻転対策にも良さげな感じで
ぶきっちょさんなワタクシでも難なくタイヤ交換完了。

e0123825_19173207.jpg


HARD OFFで見つけたフロアポンプも、ピストンをグリースを塗布してスムーズさと機密性を取り戻し
ポンプヘッドも清掃したらなんとかバルブに噛み付いてくれ、捨て金にならなくてホッとしたですわ。

8月も終わりになっちゃうし、ライドは来月からだなぁ。
ヘッド交換後まだ走ってないので、走りがどう変わったか、楽しさほんのりわくわく。







by jake490 | 2019-08-27 23:17 | イジる
2019年 08月 18日

日焼けしない夏休み

令和ONEの夏休みは自転車活動ゼロで、普段手の届かない家事手伝い活動を中心な生活でありました。
と、それに少しばかりの写真活動がプラスした、ってぐらいでしたかね。
MTBはカバーをかけたままでありまして、そのカバーを開けたのは台風の風でありました。
自転車活動といえば、そのめくれてしまった自転車カバーをかけなおして終了〜〜〜w

e0123825_11495839.jpg

家人の健康管理から、今までの座卓暮らしから椅子とテーブルな暮らしにチェンジする計画をようやく実行に移すなど
で、IKEAやニトリなどをはじめ地域の家具インテリア店をグルグルまわり、
コストバランスや家具による生活の変化など、実際の家具を目の前にすると軸足が動くがごとくな作戦変更。
こういう成り行きが椅子とテーブル暮らしになかなか移行しなかった原因でもあるのだけど
地元の大型家具店で程よいものが見つかり、月末に納品と。

それに合わせて居間の片隅のワタクシのガラクタを断捨離せよ、な指令のもと
すでに今の住まいに移ってきたときに、かなりのモノを処分してきたにもかかわらず、
ここでまたかよ、な内なる声を押し込めて、まあ、終末の身仕舞い活動はじめみたいなもので
あるものを有効活用し、適したものを長く使うシンプルな暮らし、と
そんなコンセプトでありますから、活動が薄いものは処分処分。

それに、使うと思って使ってない、ってことは、その分、活動してない、ってことで
改めて、内容の薄い時間を過ごしてしまったことが浮き彫りになるのも、断捨離のときにはっきりします。
とくに読書が酷いですわ。未読の積読が増えてるのは、要改善。
時間の使い方をもっと賢くしようと胸中に。

e0123825_11495865.jpg


珍しくまとまった夏休みとなった息子もインテリア変更活動に参加して一役買ってくれた。
まあ、息子のおかげで決まった、というのが実情である。
家にばかりいても、と外食ランチに少しばかり離れた街へドライブ。
以前、ここのランチが美味そうだよ、といったのを家人に拒絶されたのだが
教室の生徒さんがオススメの洋食屋さんがあるって出かけたのがその店でwwwww
こっそり、そのことを息子に教えたら、さもありなん、と苦笑するなり。

e0123825_11495717.jpg
まあ、せっかく、ここまで来たんだから、と、遠回りして帰ろう、と。
家にこもりがちだから自然な緑多き所が良い、ということで、ナンダカンダで奥多摩周遊道路へ。
定点観測的な奥多摩湖のスナップも、季節や時間天気によって、表情が違う。
なんともいいよなぁ、ってここで引き返すつもりだったのに、なんだかノリが良くなりまして。
エコに走って東京都の道路最高標高地点へと。
昔ほどヤンチャな走りをする車やバイクは少なくなったけれど、何台かはそんなのがおりまして
ケツにつかれたら、ドンドン先に行ってもらいます。
人を載せているときはショーファードリブンを心がけてますけどね、
一人のときは、メリハリのある運転で、MOVEの挙動を熟知しておいたほうがいいな、と。
まだまだ荷重コントロールできる次元に無いことに未熟さを感じますわ。

e0123825_11495714.jpg

夏休みの最終日、息子は休日出勤なので、夫婦二人。
一日使って行けるトコへ連れてけ、ということで富士五湖方面へ。
天気はよろしくなくて、日中は富士山見えないよ、な天気で、午後からは結構な雨降り。
まあ、荒ぶる天気は嫌いじゃないゼ、な二人なので、善き哉。
久しぶりの撮影ドライブであったが、ワタクシの撮れ高は今ひとつ。
ファインダー(背面液晶)見えないんだよ、ピント合わせられないんだよ、と言っても取り合わない家人。
私だって見えない、って確かにそうなんだけど、貴方のカメラのAFは優秀なので、見えなくてもピントは合ってます。
ワタクシは、AFとろいのでMFで追っているのです、といっても、メカ音痴なので理解してもらえません。
腕でなんとかしろ! と檄をいただけるサービスがもれなく。


帰路は案の定渋滞で、車載ナビよりはスマホナビのほうがうまい具合にナビしてくれるのですけど
難儀な運転を強いられる道のナビになるわけです。
山梨ローカル風味のドライバーの洗礼は、強めのブレーキを多用することとなり、
家人の体調がわるくなるという.....
もう少し気を使った運転しないとショーファードリブンなんて言ってられないな。
車載もスマホも高速道路は避けて一般道の山道を抜けるルートへ
ファントゥドライブなルートも穏やかにゆっくりと。
帰宅するころには回復して一安心。
駄菓子菓子、ワタクシはめちゃくちゃ疲れましたわ〜〜〜
夕食食べ終わったのは覚えてるけれど、その場で撃沈。






by jake490 | 2019-08-18 23:48
2019年 07月 17日

Ezyペダルに交換です

先月末に入手した三ヶ島製作所の脱着式ペダルをやっと交換しました。
いつもながら、いいペースで自転車生活が進んでおります(汗)

e0123825_12471801.jpg
梅雨らしい天気が続き、乗車タイミングなど、あれこれで、ポッカリ空いた時間にそそくさと。
締め付けトルクが強いペダルですから、刃の薄いレンチのハンドルが短いものでは、骨が折れる。
コツンとインパクトハンマーで叩いてやろうか、と頭をよぎるが、逆に回すの怖いし。
緩める回転方向を確認して、チェーンリングの歯攻撃の防御に軍手を嵌めてから、ウンコラショ。

通常の鋳鉄ペダルレンチに持ち替えて瞬発的力を込めて、緩めました。
1年経過で、思ったよりグリースが抜けている感じがします。
一番廉価でかった割には、上出来だったウエルゴのペダルは、予備としてとっておきましょう。

締め込みは薄刃のレンチで締めましたが、トルク不足な感もあり、やっぱりトルクレンチあったほうがいいのかな。
締め付けトルクが強いのはそれなりに理由があるからなのですけど、とりあえずコレでできるだけ。

ペダルの脱着は、エアホースのコネクタのようにリングをスライドさせるとボールジョイントが外れ
突き刺さるシャフトが抜ける構造。
腐食すると厄介というか、台無しになりそうなので、高圧耐性のあるナスカルブを浸透させて
デュラグリスをシャフトに多めにヌリヌリ。
水の侵入を拒む体制を整えてみました。
乗車後の状態変化をチェックするようにしたほうが良さげですね。
ズボラ菌に侵されているワタクシにはよく言い聞かせておかないとウッカリ忘れる案件です。

いかにも脱着時に飛ばしてなくしてしまいそうな黄色いリングを取り付けてロックして完了。


たかだかペダルを交換しただけですが、スピハチくん全体像をみるとちょっぴりカッコよく変わった感あります。
中古ペダルなので、リフレクターも破損部があったり、ナットが飛んでるのもご愛嬌。

夜間走行有りの通勤にも使う自転車ですから、反射材はあったほうが良いのですが
もう少しなんとかならんのかなぁ。
などなどと、それなら作ってみるかな、とアイデアは何点かありますの。




by jake490 | 2019-07-17 23:46 | イジる
2019年 07月 12日

LEZYNE GPS MEGA XLセッテイングの中間的忘備録その2

スマホのLEZYNE GPS Ally v2がGPSデバイスをアップデートせよ!っていうメッセージが。
とりあえず安定運用し始めたところだったので、もっと早く出してよ、と涙目。
まあ、弄ったばかりで、操作の記憶がしっかりしているうちに、チャッチャと済ましてしまいませう。

e0123825_13421892.jpg


今回のアップデートはver10.31
①同梱のUSB接続コードでPC(Mac)とダイレクトに接続。
②GPSデバイスのLEZYNEフォルダをコピー(バックアップ)しておく
③アップデートアプリを走らせて、GPSデバイスのFilmwearをアップデートする
④バックアップしたLEZYNEフォルダをGPSデバイスのLEZYNEフォルダに上書き保存する。

という流れになる。
ところが、せっかちなワタクシ、上書き保存に時間がかかっているのをコピー失敗したと早とちり。
結果的に工場出荷状態にレストアしたと同じことに Orz

気を取り直して、セッテイングメモを参照しながらリカバリー。
表示画面のページ設定も変更を加え、より自分勝手がよくなった。

明らかに前バージョンでバグってるな、と思った「電源OFF」の表示が出ない問題が解決。
バイク1,2の切り替えと電源OFFが順次切り替えられるようになった。
使い方がわかっちゃいいないので、イレギュラーな操作をしている分もあるので、切り分けできないが
なんだかよくわからない謎仕様がたまにある。
一概にバグだ!!と大騒ぎするこことはしない。探究することは喜びでもありますし。
とりあえず役に立っているので。

とはいえ、ここは改善すべき謎仕様だなぁ、と感じるところはナビのルート検索条件オプション。
一旦設定したらそのままでOKな使い方ならいざ知らず、
状況に応じて臨機応変に検索条件を変える場合など、オプションに至る階層が深い。
ここは検索時にすぐにアクセスして欲しいナ。
もしかしたら、使い方がわかってないのかもしれんが。


LEZYNE GPS MEGA XLは各種計測センサーと接続可能で数値を表示できる機能は有しているので
その他、ナビの仕様について理解できたところまでまとめておこう。

ナビのマップはPC(Mac)、スマホどちらでも必要に応じてエリア指定してデバイス本体にダウンロードして使用する。
一回で指定できるエリアはこんな感じ。

e0123825_13450989.jpg


ブルベライダーやキャノンボウラーでなければ一発OKな範囲だろう。
複数のマップデータをマップフォルダに入れといたらどうなるか、はサポートに聞いてみたいポイント。

東は、館山勝浦を南限として北限は笠間市あたり
西は 伊豆半島土肥の丸山スポーツ公園あたりが南限で、北限が碓氷峠の眼鏡橋あたり

南は 伊豆海洋公園よりちょい下までと

おおよそ東京を中心として自走で日帰りツーリングするシチュエーションでは十分イケるだろう。

出かける場所に応じて地図をダウンロードするのもそうめんどくさく無いと思うけど
思う人は思うんだろうな。

e0123825_13452403.jpg
ナビでルートを立てるのは2つやり方があって
先にルートを描いておいて、それをトレースする方法と、目的地を指定してナビに検索させる方法。
街乗りなら、後者の使い方が多いと思う。
ソコで、謎仕様、現場でスマホでルート検索する際、検索オプションはすぐにアクセスできればいいのだけど
検索オプションはこれだけある。

ただし、目的地によって現れるルート数は違うのだけど、GOボタンをタップすると複数のルートが表示され、どれを選ぶかは、地図と勾配のプロファイルを比較しながら決めればヨロシイ。
指定のルートを外れてもリルートしてくれる。

ナビを利用して走り出すと、ここを右だ左だ、とポップアップが出てくるのはありがたい機能だけれど
拾ったGPSデータの精度によるのだろうが、嘘つきのこともある。
大通りなら精度が高かめ。
白地図だからといっても、走行中瞬時に図形が頭に入るのはありがたい。
地図は3スケールを1ボタンで拡大縮小操作。
走行中白地図は図形としてわかりやすくもあるし、立ち止まって地図を確認するならスマホが優れる。

どこまでGPSデバイスに求めるかによるが、必要十分であると思う。
ナビという点でフォーカスすれば、コレ以上リッチなナビを使うなら、グーグルマップやY!カーナビを使っちゃうな。
あ、スマホ使いたくないから、GPSサイコンでナビさせるんだっけ (´×ω×`)








by jake490 | 2019-07-12 12:31 | イジる