人気ブログランキング |

空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 709 )


2019年 09月 16日

DEMODE DINERへ

息子の部屋の模様替えを増税前に作戦で、IKEAへ。
もう既にネットで調査済みで、現物を確認、な行動計画。
お昼はそのまま外食かなぁ〜〜〜、であったけど、お腹を冷やしてしまったらしい家人
調子が悪いというので、お家ご飯だね、
といってたのに、あれこれ家具をチェックしているうちに復活したらしく
肉食べたいみたいな、お腹が痛いといった反動はなんとなく自分も同じだったりするわけで
お気に入りのハンバーグ屋さん近くのコインパークに乗り入れた途端
駐車場代高くない、ばっからしくない、とドンデン返し発言が飛び出したw

e0123825_18125291.jpg

確かに、駐車場代で1000円は逝ってしまう。
そのぶん、食事代に振り分けて、美味しいもの食べようと相成りまして
え!駐車場代払っても食べたいトコだったジャマイカ????
と息子とワタクシも思考破壊され、
数少ないお食事処レパートリーですぐに取り出せるのは福生のデモデダイナー。
そこで宜しいか!!
そこで宜し!!
と、急遽駐車場から脱出し、福生へ車を走らせる。

e0123825_18125314.jpg
デモデダイナーに到着すると駐車場は満杯、店内満席で、しばし待たれよ、であった。
こちらは自転車仲間と訪れたいと温めていたレストランのひとつ。
場所柄にしても、アメリカンな家屋とメニューで、日本にいながらアメリカな風情。
年代的にシックスデイズなBGMが流れていそうだが、そこは今のアメリカなヒップホップとかR&Bがカジュアルに流れてる。
インテリアと音楽ってのはなかなかおもしろいものだなぁ。

e0123825_18125235.jpg

家人はアボガトのハンバーガーを

e0123825_18125296.jpg

息子とワタクシはテックスメックスバーガーを

パテは肉肉しく、美味しいのだけど口当たりが手荒い感じがアメリカン???
ボリュームたっぷりで、1個じゃちょいたりずもう一個は無理な感じ。

e0123825_18125329.jpg

店を訪れる客にもこういうアメリカン好きであろうファッションな方がも多かった。
学生時代のこのあたりは米軍相手の店がもっとたくさんあったし、店内にアメリカ人も多かった。
フェンスのこちら側のアメリカがあった。
ハンバーガーを食べながらタイムトラベル。







by jake490 | 2019-09-16 18:15
2019年 08月 18日

日焼けしない夏休み

令和ONEの夏休みは自転車活動ゼロで、普段手の届かない家事手伝い活動を中心な生活でありました。
と、それに少しばかりの写真活動がプラスした、ってぐらいでしたかね。
MTBはカバーをかけたままでありまして、そのカバーを開けたのは台風の風でありました。
自転車活動といえば、そのめくれてしまった自転車カバーをかけなおして終了〜〜〜w

e0123825_11495839.jpg

家人の健康管理から、今までの座卓暮らしから椅子とテーブルな暮らしにチェンジする計画をようやく実行に移すなど
で、IKEAやニトリなどをはじめ地域の家具インテリア店をグルグルまわり、
コストバランスや家具による生活の変化など、実際の家具を目の前にすると軸足が動くがごとくな作戦変更。
こういう成り行きが椅子とテーブル暮らしになかなか移行しなかった原因でもあるのだけど
地元の大型家具店で程よいものが見つかり、月末に納品と。

それに合わせて居間の片隅のワタクシのガラクタを断捨離せよ、な指令のもと
すでに今の住まいに移ってきたときに、かなりのモノを処分してきたにもかかわらず、
ここでまたかよ、な内なる声を押し込めて、まあ、終末の身仕舞い活動はじめみたいなもので
あるものを有効活用し、適したものを長く使うシンプルな暮らし、と
そんなコンセプトでありますから、活動が薄いものは処分処分。

それに、使うと思って使ってない、ってことは、その分、活動してない、ってことで
改めて、内容の薄い時間を過ごしてしまったことが浮き彫りになるのも、断捨離のときにはっきりします。
とくに読書が酷いですわ。未読の積読が増えてるのは、要改善。
時間の使い方をもっと賢くしようと胸中に。

e0123825_11495865.jpg


珍しくまとまった夏休みとなった息子もインテリア変更活動に参加して一役買ってくれた。
まあ、息子のおかげで決まった、というのが実情である。
家にばかりいても、と外食ランチに少しばかり離れた街へドライブ。
以前、ここのランチが美味そうだよ、といったのを家人に拒絶されたのだが
教室の生徒さんがオススメの洋食屋さんがあるって出かけたのがその店でwwwww
こっそり、そのことを息子に教えたら、さもありなん、と苦笑するなり。

e0123825_11495717.jpg
まあ、せっかく、ここまで来たんだから、と、遠回りして帰ろう、と。
家にこもりがちだから自然な緑多き所が良い、ということで、ナンダカンダで奥多摩周遊道路へ。
定点観測的な奥多摩湖のスナップも、季節や時間天気によって、表情が違う。
なんともいいよなぁ、ってここで引き返すつもりだったのに、なんだかノリが良くなりまして。
エコに走って東京都の道路最高標高地点へと。
昔ほどヤンチャな走りをする車やバイクは少なくなったけれど、何台かはそんなのがおりまして
ケツにつかれたら、ドンドン先に行ってもらいます。
人を載せているときはショーファードリブンを心がけてますけどね、
一人のときは、メリハリのある運転で、MOVEの挙動を熟知しておいたほうがいいな、と。
まだまだ荷重コントロールできる次元に無いことに未熟さを感じますわ。

e0123825_11495714.jpg

夏休みの最終日、息子は休日出勤なので、夫婦二人。
一日使って行けるトコへ連れてけ、ということで富士五湖方面へ。
天気はよろしくなくて、日中は富士山見えないよ、な天気で、午後からは結構な雨降り。
まあ、荒ぶる天気は嫌いじゃないゼ、な二人なので、善き哉。
久しぶりの撮影ドライブであったが、ワタクシの撮れ高は今ひとつ。
ファインダー(背面液晶)見えないんだよ、ピント合わせられないんだよ、と言っても取り合わない家人。
私だって見えない、って確かにそうなんだけど、貴方のカメラのAFは優秀なので、見えなくてもピントは合ってます。
ワタクシは、AFとろいのでMFで追っているのです、といっても、メカ音痴なので理解してもらえません。
腕でなんとかしろ! と檄をいただけるサービスがもれなく。


帰路は案の定渋滞で、車載ナビよりはスマホナビのほうがうまい具合にナビしてくれるのですけど
難儀な運転を強いられる道のナビになるわけです。
山梨ローカル風味のドライバーの洗礼は、強めのブレーキを多用することとなり、
家人の体調がわるくなるという.....
もう少し気を使った運転しないとショーファードリブンなんて言ってられないな。
車載もスマホも高速道路は避けて一般道の山道を抜けるルートへ
ファントゥドライブなルートも穏やかにゆっくりと。
帰宅するころには回復して一安心。
駄菓子菓子、ワタクシはめちゃくちゃ疲れましたわ〜〜〜
夕食食べ終わったのは覚えてるけれど、その場で撃沈。






by jake490 | 2019-08-18 23:48
2019年 08月 09日

叔父の告別式へ

親しかった親戚の一人、叔父が亡くなった、という知らせを受けた。
いきなりの知らせに驚いたが、随分前から癌を患って入院していたのを
周囲に知らせずにいたらしい。
眼の具合が芳しく無く、夜の運転は自身が持てず、告別式に参列することに。

e0123825_23500099.jpg

実家に立ち寄る時間を十分に持てたはずが、中央高速渋滞で、ナビは一般路を案内するが
持ち時間が渋滞に潰されて、胃がキリキリ痛む、まったく動かん!!!!
初台から高速に乗り、渋滞の首都高を湾岸で回避。外房の街へ。
前日シュミレートしたときの倍の時間がかかったよ。
遅れて式場に入り読経のさなか従兄弟の手招きで着座する。


兄ちゃん(あんちゃん)と呼ぶ姉さん(叔母なのだけど、少々の頃よりおばさんじゃなくて姉さんと呼んで、以来、姉さんと呼んでいる)
にならって、オジサンと呼ぶときと「あんちゃん」と混合で呼ぶどちらつがずな呼び名だったけど
夏休みに母の実家に行くたびに、なにか面白いものを持ってたりして、
オートバイに乗せてもらったのも、ホンダN3に乗せてもらったのも、子供のワタクシには刺激的で
ブルワーカーの現物を初めて見たのもあんちゃんの持ち物だった。
うんともすんとも動かないブルワーカーをイジるワタクシに、どうだ!って力こぶを見せてくれたのだなぁ。

気さくで飄々としたあんちゃんの遺影は、人柄がスバリなええカッこしいな写真じゃないのも
それを選んだ家族の気持ちが現れていた。


出棺の前に棺に花を一杯参列者で埋め尽くしているさなか、
小さな孫娘がまるで生きているあんちゃんに接する如くにこやかに健気に話しかけながら
花を飾っているのは、まるで天使のようだった。
うるっときちゃった。

孫娘が持つ小さな遺影と子供たちがもつ普通の大きさの遺影と2つの遺影と
叔母がもつ位牌の後ろについていく。

これ見たことがる?と式場に入り口に展示された何体もの木彫りの仏像の出来に驚く。
噂には聞いていたが初めて見た。
生前にこれを目の前に話を伺いたかったなぁ。
父親(ワタクシにはおじいちゃん)の仕事を見てたからかな、
それとも手ほどきを受けたことがあったのかな、
とかとか、思いを巡らす。
今となっては聞くこともできないが。

機会を作って、あんちゃんの彫った仏像の写真を撮ってみたい。
何が見えるかな。






by jake490 | 2019-08-09 23:51
2019年 08月 07日

安静とズボラと区別がつかない暮らし

網膜裂孔のレーザー照射凝固の経過は2度めの検診でちゃんと固まった、つまり火傷からの網膜接着。
ああ、一安心。と思いきや、カッチリやらないと納得できないというドクター.....
やらなくても大丈夫だけど、凝固したところに網膜が引きつられるところを固める!!!
と、補強照射を行い、手術費が!!!!とビビるワタクシに笑顔で、タダだからと。
念の為に、照射しておおこう。
ドクターの照射スイッチ音のたびに痛みが.... また泣かされてしまった。

e0123825_17344042.jpg

この日は、ホームドクターに胃カメラ飲もうね〜〜〜と、飲みのお誘いがあった日で朝からクリニックのダブルヘッダー。
人生の先輩諸氏が、開院まえの入り口の日陰に並び、健康は大事だよなぁ、と普段の不養生を思う。
胃カメラは麻酔を打って、寝ているウチに終了。
起きたところで、先日受けた血液検査の結果と、胃カメラの写真を見ながら診察を受ける。
血液検査は全く問題なしだったけど、バリウム検査で見つかったポリープを1個取って生体検査にまわすとか、
お〜〜、スッキリできない展開だなぁ。
月末あたりに検査結果とか、人に自転車乗ってケンコーになりましょうって言っておきながら
貴方の無様な今の体型は何、な視線とツッコミを覚悟しつつ、
そんなこといわれたらポリープ増えちゃうかも、とボケをかます、台本を準備しておけばいいか。

まあ、気さくに話せる近所のホームドクターは有り難く、少しは見返してやろ〜、という下心もないわけじゃないが
今年こそ、今年からキメてやろう、と気張らずに、少しずつフィジカルをあげる準備をしてきた。

駄菓子菓子、いつものパターンは腰痛だったりで、台無しになるのだけれど
今回は目、といいう伏兵が現れて、長かった梅雨、明けてからの網膜穿孔で術後安静にせよと
ストレッチととかゆるい筋トレとか、ミニベロでうらうら遠回り通勤したりと活性化して
いよいこれからだ! 酷暑に対処しながらどうやるか、など考えつつ
スピハチくんの問題もすべてオールグリーン。
準備ができていよいよ、というときに、コレだよ〜〜〜〜

そんなこったで、モノグサ暮らし。
眼科医のゆるい運動だったらはじめてよし、と。
これで安静生活とはオサラバ。
でもモノグサ暮らしはあんまり変わる気がしないのだよね。






by jake490 | 2019-08-07 23:33
2019年 08月 01日

おや、8月だナ、で、なるしまフレンド立川店が終了とな

梅雨が明けたら灼熱攻撃な8月のスタートであります。
7月は長引いた梅雨と、様々な鹹みがあって、乗る気で乗れなかった月間走行距離ではダントツの記録。
2日の乗車でトータル75kmと最短記録をマーク。
一応は走れる体を目指してボトムアップしてきたのだけれど、振り出しに戻る....ような。
で、少しばかりショックだった網膜裂孔の一件で、固着が安定確認できるまでは基本的に安静に、と。
どこまで体が動かせるんだろう.....なやるせなさと、写真活動も滞って、梅雨鬱な様相を呈するワタクシでありました。

e0123825_15272716.jpg

ま!気を取り直して、術後の眼底検査では、裂孔はレーザー照射の壁を超えずにとどまっており
左目の飛蚊症は相変わらずうざいけど、点眼薬で、炎症は治まって、冷静さを取り戻しております。
晴れて運動解禁になり、自転車に乗りたいもんですね〜〜

と、そんなところで、老舗のサイクルショップ、なるしまフレンド立川店閉店という情報がはいりまして
HPで確認すると、神宮店と統合で立川店はなくなちゃう、と.....残念なお話であります。
いいも悪いもいろいろ取沙汰あるショップですけど
住まい周辺では魁なお店でありまして、初めて訪問した頃は、黄色と青のシマシマなテントを張った昭和な木造家屋の狭い店舗に、
不釣り合いな、高級外国製フレームやホイールが天井からぶら下がり、やたら敷居が高く
素人さんが踏み込めないATフィールドが展開されていたのを、逃げちゃだめだ、と
建て付けに年季の入っている引き戸を開けて、入店したのが懐かしい。
手狭故に什器に並んだアクセサリーは実質剛健な走るために必要なモノが選ばれて並び、
それに見向きもしないコルナゴにカンパニューロな御仁は、何やら宇宙言語を話しているようでありました。

当時はCannondaleのCAAD9に心が傾いていたので、Cannondaleの取り扱いのないなるしまフレンドではバイクの購入はなりませんでしたが、
友人にロードバイク購入の相談を受けたとき、友人の趣向に沿えば、フレームから組んでいく
旧来のロードバイクの買い方がベストだと、なるしまフレンドへ。

いろいろ相談してパーツアッセンブルが決まっていき、
バラバラなパーツ、フレーム状態から完成の状態を想像する、という悦楽は羨ましかった。
そんな友人のバイクを組んでくれた人は、後にツール・ド・おきなわのチャンプとなって
そんな選手に組んでもらった自分のバイク、というのも彼にとってはプライスレスな喜びがあるわけです。

今でこそ、ネット販売で安価にブツを手に入れるというやり方もありますが
金銭だけではない、物事やストーリーがあるのは、豊かさであって、
物流に侵食されてはいけない世界があるとおもうのですけどね。
まあ、たいして資金を投下しないで何を大口叩くか、ですけど。
ショップで買い物をしコミュニケーションをとれば、それ以上の価値はありますし
もし無かったら、まあその、なんだです。

そんなこったで、数年ロードで走れずにいるのだけど、たまに交差点で見かけた、走るなるしま翁はお元気なのかな?
店舗も大きくなり、何回か移動して、拡充するに従って、常連さんとその他な接客は
現ナマをそう落とさないワタクシに文句を言う筋はないけれど、
部品など購入のご相談の際、体育会系の悪しき習慣ぽい空気がそれとなくあって、
お値段ソコソコで安心して買える、というだけのショップな感覚が芽生えてしましまして
スピンアウトしたスタッフさんがチームや会社を立ち上げたり、独立店舗を開店されたりと
どちらかといえば、スポーツする熱さは、出た側に、シンパシーもそちらに移ってしまいましたね。
多分、常連さんとか、ナカのひとたちは気がついていないのかもしれないし
ワタクシのやっかみ成分多し......いや、やっかみだなぁ。

ただ、老舗がなくなるのは寂しいなぁ






by jake490 | 2019-08-01 23:26
2019年 07月 28日

網膜裂孔、発見す!危うく網膜剥離を回避

このところ、眼がゴロゴロむず痒かったり、と調子が悪かった。
つい目をこすって充血させてしまったり、視力もオチてる感で不快でたまらない。
目薬をさして、一時回復するものの、そろそろ眼科に行くべきか、と考え始めたところだった。

e0123825_21495731.jpg

買い物へ連れて行け、という家人を乗せて車を走らせていたら、左目に糸くずのような影が動き回る。
ひょっとしたら飛蚊症というのを意識したことがあったが、出方が派手すぎる。
イカンなぁ。
飛蚊症なら加齢ゆえしょうがないし、治らんもんなぁ〜〜〜
と悠長にかまえていたら、帰宅後、糸くずの影が更に派手になったので流石に不安になり

ちょうど繁忙な週初めであったので、仕事を片付けてから診察してもらうか
もしくは日曜に診察している眼科医に行くべきか

息子の、状態を確認しておいたほうが良い、という勧めに従い、眼科医へ。

ひととおりの検査の段階では飛蚊症ということであったが、眼底検査に進むと
網膜裂孔が見つかった。
このまま放置すると網膜剥離、失明コース。
急遽、穴が小さいうちにレーザー治療(手術)しましょう、と急展開。

治療自体は20分ほどであったが、穴の周囲の網膜を焼いてそれ以上剥離しないようにするわけで
結構痛い。おおよそ100発照射といっていたが、わたしゃ泣いたよ。
施術の間両目を開けているのは結構辛くて涙がこぼれてしまった。


いきなり手術になったので、手持ちが足りず、家人と息子が、病院に治療費を届けてもらい
その後、家族で術後の説明を聞き、照射の跡が固まればとりあえず大丈夫でしょう、と。

のんきに構えていたら、網膜剥離から視力を失うところだった。
危なかったですわ。

暫く安静にしててね、とドクター。
自転車通勤してるんですけど、いけますかね、と聞くと、まあ、そのくらいなら、と答え。
なんだけど、多分ドクターの自転車通勤とワタクシの自転車通勤とでは随分避雷器があると思われ。
肉体労働系は要注意、など問われると、やっぱり、スポーティに走ってしまいがちなワタクシである。
照射跡が固まり、安定するまでは、おとなしくしておこう。






by jake490 | 2019-07-28 21:51
2019年 07月 04日

別件でショップに行ったら新型TOPSTONEに遭遇す!

雨の日が続き、自転車通勤がDNSの連続なのでオシリの腫れ物の回復にヨロシイ日々ではあります。
駄菓子菓子、できてしまった本人よりも遥かに根性の座ってる腫れ物、治る気配がそれほどない。
かくして、治るまで乗らないのもなんだし....
で、パット入りのアンダーを履けば、んで、絆創膏を患部に貼っておけば、走れるんじゃね!と。
はたと気がついたら、即行動。
先日は多摩川今日は東大和、品揃えを予想しての選択であります。

e0123825_16370196.jpg

ダッシュボードのスマートフォンスタンドが接着したので、早速Google先生にナビをお願いします。
2DINのビルドインされた楽ナビと併用のハイブリッドナビゲーション。
前回は楽ナビだけで案内させてみたのだけれど、Google先生よりも所要時間がかかったので、
Google先生の示すルートと楽ナビの示すルートを比較しながら走行。
土地勘もあるので、両方のいいところどり的なナビゲーション。
楽ナビ到着予定時間より10分ほど早くお店に到着。
入店すると、おっとびっくりCannondaleのTOPESTONEとSUPER SIXがお出迎えしてくれたのでした。

先代SUPER SIXは、コンサバティブなルックスなのに実は攻めてる設計の印象を持っていたのだが
新型のものは、エアロダイナミクスの原理ならなるエンジニアリングをを踏襲した、他社と共通性を見いだせるデザインとなった。
一方、シンプルでタフなアルミフレームなグラベルロードバイクから、後ろ三角を動かす
King Pinサスペンションという、ギミックが追加されたカーボンフレームのTOPSTONE。
興味はやはり新型TOPSTONEに向いてしまう。

ショックとバネなサスペンションユニットを追加することなく、フレームのシナリを活用する
というのは、実に素晴らしい発想だ。
後三角を構成するシートチューブ、シートステー、チェーンステーの造形もベクトルを追うと
なるほどなぁ、な造形と設計の妙、
こういうことなんだろうなぁ、と想像しながら、本件そっちのけで釘付けになっていた。

2階に上がり、パットいりアンダーパンツは種類も増えて、なんだ!これなら他のメーカーのものも見ておきたい。
と、一時保留することに。
レーパンを履くことに抵抗があった、乗りはじめの頃以来の購入なので、時とともに進化しておった。

などなどしているうちに閉店時間。従来より1時間早く閉店するので、滞在時間は短く。
PCのディスプレイでは違和感あるかな、と思われたTOPSTONE、SUPER SIXのデザインも
実車を見れば、どこへやら。
メカニカルな好奇心はかなり満たされて、走るシチュエーションとトラクションと快適性など
アレコレ想像と妄想を繰り返し帰路につくのであった。








by jake490 | 2019-07-04 23:35
2019年 06月 30日

6月は196kmぽっちダヨ

瞬く間に6月が通り過ぎた。そんな実感。半年の締めの月なんだけどなぁ。
帰り道の寄り道トレもどきで、体を刺激してますが、まだまだ結果にコミットしてませんわ。
ですけど、日割りにすると1日40kmは走っているわけで、走る日はそれなりに頑張ってるじゃん、と
中身はそう薄くもないのかな、と自己弁護しておきましょう。

e0123825_16513283.jpg


YUPITERUご謹製GPSのバッテリーが寿命となり、互換性のありそうなバッテリーを探すも
入手困難かつ、割高なので、それはソレで、と保留し、秋葉原にでかけるようなときに、街で探すことにしました。
それに伴い、エエもんは欲しいですけど、使用に沿った性能とコストバランスで、LEZYNEのGPSをチョイス。
そこからは、セッティングのリソースが少ないので、手間取りましたけど、最もじてトレ、とナビが必要なスピハチくん(DAHON Speed P8)に運用できる環境を構築できたのが一つ。

やっぱり筋力落ちてるよね、と、筋トレしてみたら、初心者レベルの筋トレで泣き、
あとからやってきた筋肉痛が、肉離れレベルで、腹筋一つできなかったのがようやく回復。
身の程知らずだなぁ、と初心者レベルに至るが目標なマイルド筋トレ開始。
いかに脂身が多いのか、ソレが重量マシマシになっていたのかが痛感できたのが吉、が一つ。
パフォーマンスにつながっているとは言えないけれど、行った結果が体に出てくるのは
生きているのか死んでるのか、実感をともわず生きている日々から、解脱できる感覚がヨロシイです。

相変わらず読書は滞り、古書店で買い求めた書籍が徐々に増えて積読中ですが
時代を骨ふとに生きた人の自伝的読み物とニーチェを噛み砕いた読み物を、隙間時間で。
抱えてる謎と自分のスタンスを顧みてまた一つ解決する糸口が散見されて、声を出すほどではににしろ、視野が広まったのが一つ。
SNSの寸鉄なコメント一つ一つに力をいただいていた作家が力尽きて亡くなったのは残念至極。
ですけど、言霊はワタクシの中にしっかりと受け止めて
フニャけたときに、その言霊が喝をいれて、背筋が伸びる、といった志のある行動する原動力になっているのも吉です。

年齢的区切りと年号の区切りも重なって、気合が少し増していて
外観的変化は無いに等しい。まま、ありのままの〜〜〜なワタクシではある。
駄菓子菓子、コレまでのダラダラ人間とは微妙に違うぞ、な実感はあって(妄想かもしれんがの〜)、
これからの半年にどれだけ進化できるかな。
少しは器の大きな人になるべくドタバタ悲喜劇を演じてまいろう。






by jake490 | 2019-06-30 23:50
2019年 06月 22日

昭和歌謡と熊本ラーメン

月イチの家人の検診の帰り道。
家人の食物管理のため、普段はラーメンとか、炭水化物とカロリーの王者系を避けていたのだけど
タマには、ラーメン食べたい、と。
帰りの道すがら、助手席でラーメン店を検索。
ネットの美味しいは自分の美味しいに合致しないことは学習済み。
今食べたいモノで合致するお店を選んで、ナビさせたわけです。

e0123825_12412573.jpg


よくいえば時を刻んで味があるとか、悪く言えば薄汚い、あぶらぎってくるような
でも、こういう見てくれが美味しいとか、初めてのお店の前に佇むと
暖簾を潜る前に。ひととおり、躊躇したりするわけですが、既に空腹が出来上がっているし
食事の時間もコントロールしているので、意を決し、傘をたたみます。

すると、10人ほどで満席となる狭いカウンターだけの店内
くの字に折れ曲がった頂点に1席椅子が空いているのを、その隣で食事していた常連さんが
折りたたみ式椅子をささっと用意して、その周りの常連さんたちが席を詰めて
ワタクシたち夫婦の席をつくてくれました。
まわりはラーメンを食しているよりは、体内アルコール濃度を上げる注文がメインで場が温まってます。
煙草プカプカ、そんなんカンケー無い、とバンカラ一直線。

煤けたメニューに目を凝らしても何を選んだら良いのかわからん。
あの〜〜、初めてなんですけど〜〜〜、と
こういう店舗にありがちな頑固店主ではないかと内心ビビりつつ聞いてみると
普通のラーメンがいいよ〜〜、と
穏やかで温みのある返事が帰って、そこから、心も身も店に馴染んで行きました。
耳に入ってくる馴染客とのやり取りをきいていると
一家団欒的な関係で、この店主でこの馴染客ありな、素敵な店内。

お待ちどおさま、と手元に来たラーメンは、さっぱりとした豚骨スープに、固め細めのストレート麺。
マイルドなお味です。
そこへ、お好みで、生大蒜を搾り器で一欠片挟んで潰して入れると、味が締まり、旨さが引き立つと、
良い仕組みなカウンターでありました。


店内で聞いているBGMは坂本九をはじめとする昭和歌謡でまま、少年時代まで耳にした歌謡曲でありまして
ラーメンを啜りだして味が体に効き出した頃、BGMにかかった曲が「同棲時代」
同棲とはなんたるかを知らない年頃の曲であって、今ならその意味を知っているわけですが
それに、同棲なんてしたこともないのだけれど、
何故か心に滲みて、ラーメンの味とシンクロしていくわけです。
なんか、美味いなぁ、と。
それに常連さんたちと醸し出す雰囲気が、なんとも居心地がいい。

外で食す飯が美味いってこういうことなんだろうなぁ。

お代を済ますと、割引券をくれながら一言
来週でお店畳んじゃうから使うことないだろうけど、いつもやっていることだから

って、店畳んじゃうの〜〜〜〜〜〜、ってドッキリしたら

もういい年まで頑張ったから、引退。
っていう店主の言霊をすうっと吸い込む常連さんたち。

で、普段通りなんだろうな、な雰囲気も戻って、レモンサワーもういっぱいって注文する。



なるほど、普段通りの一日のようなお別れ会なんだ、今日は、と。


帰りの車中、凄く美味しいというか、私の好みではなかったけれど
みんなから味も含めて愛されてたお店なんだね〜〜〜と家人。

普通に美味かったけどな〜〜ぁ
と答えたけれど、みんなから愛されてた美味しいお店は一緒だなぁ

京王閣競輪場近くのラーメン店
多摩サイ錬のときにちょいと寄ってみるもいいかな、なんてこっそり悪巧みしてみたけれど
店じまいなら、しょうがないよねぇ。






by jake490 | 2019-06-22 23:40
2019年 06月 07日

息子にクルマを買ってもらった!(クルマ乗り換え顛末記その4)

5月末日のデキゴトです。(今更な感ですが書けなかったのですわ)

いい意味で、思いもよらない展開、っていう経験はそう無いのだけれど
今回のデキゴトは、いい意味、そして、なんか世代交代しちゃったようなうら寂しさも
心の片隅に無くはないのです。
単刀直入にいうと、息子にクルマを買ってもらいました。
決して良い親と言えない自覚たっぷりなワタクシには眩しすぎるデキゴトであります。

e0123825_16245154.jpg

根底には、車なし生活も視野にい入れてライフスタイルを考えていたけれど
やはり、車の必需性ありと家族会議で決まり、
最近の高齢者による交通事故など、まだまだ免許証返納には早すぎるけれど
長い目で見れば心の片隅においておいたほうが良い年齢層に達しているわけで
運転能力低下に伴う事故防止対策を施したクルマに乗ったほうがいい、と
また法的に安全対策を施したクルマでないと乗れないことも無きにしもあらず

なら、ジジババとなる年齢に至るころにまたクルマ乗り換えは厳しかろうと
それならそれで、親孝行がしたい、と、それに無事故無違反な親父の腕はわかってるけれど
過信は禁物だよね、と
そんな流れで、クルマの維持は親が持ち、購入は俺に任せろ、と。

まま、そんな経緯で、ほぼ新車、新古車だけど、法的には中古車な
慣らしの終わる頃な走行距離のクルマで、純正ではないものの
ディラーオプションのナビと次の車検代を含めたメンテナンス、ガラスコーティングを施し
だけどお値段据え置き以下の、限定?の目玉販売車両と偶然の出会いがありまして
現車を見て即決となったわけです。
販売店のプロモーションで使用した車両ですのでね、整備も行き届き、販促用にちょっと盛ってるトコもあるんですねぇ。
営業さんが、今朝、ネットに特選車として値下、ナビとサービスパックを付帯で上げたばかりなんですよ〜〜、と。
実は前夜、ネットで見ていて、スルーした車両なんです、とワタクシたち。
たまたま、候補車の試乗ができるディラーさんを訪ねたら、っていう出会いでありました。


ヘッドライトレンズが曇ってしまったクルマを、腐った魚の眼を称した家人も
文句をいいつつそれなりの愛着もあったようで
それなら、メンテナンス費をケチるようなことを言わなければいいのに、
と口にできない言葉を押し込む。
新しいクルマは鮮魚の眼、と笑う家人に、築地仕様、とお答えし
息子が買ってくれたクルマなら、メンテナンス費をケチることもあるまいし
そのへんの苦労を知っている息子の知恵もあるのかな、とありがたく思う。
そんな家人であるが、ドナドナするときは寂しそうで、いろいろ連れて行ってくれた、と
彼女なりに愛おしく思っていたのだなぁ。

死にかかったエンジンで、横浜というには郊外すぎる道のり2時間弱かかるディラーまで
家族3人でお別れドライブ。
ワタクシが忘れてしまった出来事なども話題になったりと
まあ、クルマよりも思い出ですわ。

下取り価格は相場的にどうかは知らぬがコチラにとっては思ったより高めで
我が家の引き落とし用の口座に振り込んでもらい、最後は家計に貢献です。


さて、新しいクルマはNAエンジン。
馬力の目減りより、トルクの目減りがやはり顕著ですが、目指すはエコですのでね。
それ以外は、もう小型車と同等といっても過言じゃないぐらい。
クルマの進化をまざまざと感じた次第です。
コミューターとして使う実利をとれば問題は、全く無いですわ。
狭い道でもクリクリ走ってしまうワタクシたちにとって小さい車のほうがストレス無くてよろしいくらいですのでね。






by jake490 | 2019-06-07 16:23