空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 677 )


2018年 07月 14日

家人の定期検診

当初は4週間ごとに血液検査をして、なところから今は6週間ごと
安定しているといえばそうなんだけど、突発的に何かしら不調が出て
アクセスしやすいERに飛び込んでも、結局、今かかっている病院で手当を受けることになる。
患者数、症例が少ない病というのは専門医も限られる。
そういうことだから、家人のほか、一見健康そうに見えるけど、な厄介な病気を患う人の気持ちとか
少数派の人の気持ちは常に肌身に感じるわけです。
だからといって、やみくもに可愛そうとか、そんなふうでもありません。

e0123825_17424123.jpg

今回も、肩の痛みが就寝中に増したので、以前の手附は踏まず、幸い定期検診日でもあったので、受付時間開始のタイミングに合わせて通院。
血液内科の主治医と連携をとって治療もスムーズに終了。
持病がなければもっと早く痛みを取ることもできるのだけど、それができない残念な結果。
とはいえ、痛みの原因とか治療の方針とか、道筋がわかった分安心していられます。

また、主治医と相性が悪い(感情的な部分)と、かなりストレスを感じていた家人も
だいぶ、主治医に対して、また主治医の方もだけど、お互いに意思伝達ができてきて
信頼関係が少しずつ少しずつ上向き加減なのも安心材料。

理屈よりも感情的な部分を大事にする家人と、理論的に話す主治医とのギャップは
大きかった。

セカンドオピニオンといっても、家人の病気に関する知見をしっかりもったドクターを探すといいうのは、結構大変。
なので、意思疎通がだんだんできるようになったのは、ある意味、家人が本音でものをいい、主治医もわかりやすいように咀嚼する方法を探りつつ、正面から話してくれたからに他ならぬようにも思います。

治療現場ですから、まあまあかな~はありえないわけですけど
信頼関係というのは、自分がどういう意見を持っているか、をはっきり相手に伝えた上で
積み上げるのが強い関係を築ける所感を持ちました。

まあ、普通は、意見の差異に触れることなく、趣向が合う部分だけを濃厚にしていくのでしょうけど。

なにはともあれ、女性の思考パターンと男性の思考パターンの違いによる行き違い
な解説が口論に変わるような病院の行き帰りでなくなったのはありがたく
自分の了見の狭さを少しずつ広げていくには、いい刺激だったと思っているわけです。





[PR]

by jake490 | 2018-07-14 23:41
2018年 06月 16日

梅雨空に燕

梅雨寒とはよく言うけれど、寒すぎです。
思わずフリースを着込んでしまいました。
今週末も息子は仕事なので、時間に自由が利き、気ままに撮影ロケにでかけます。
長袖にウインブレなパーカーでも、車外に出るとじわりじわり寒さがしみてくるぐらい。
こんな天気ですから、こんな天気だからこそ、の山々の風情などを味わいに。

e0123825_23270371.jpg

天気予報よりも雨の降り出しが早そうで、モノトーンと化した山の木々を雨煙が漂い
気温が低い分、湿度が高さに不快さはそれほどでもなく、寒さが心地よく。
雑音のない空間にいる心地よさとともに、心の汚れが剥がれ落ちていきます。

e0123825_23280383.jpg

まだ通ったことないエリアに行ってみよう、と、川の方へ下り
釣り人やBBQな人達が点々まばらで長閑な川べりに出たわけです。
このあたりだと耳にするカジカの鳴き声が川筋に響き、
それに野鳥の声が重なり、そのベースには川のせせらぎがワタクシたちを包みます。
家人が木の向くまま撮影を始めると、何を撮影するかの決めていないので
ぼんやり川面を眺めていると燕が水面近くに飛び回り、
エサ取りなのか、ループしているのがわかったので、こんなのどうやって撮るんだヨ
とばかり、捉える条件を一つ一つ積み上げていくと、やっぱり無理っす。
という答えしか見当たらん。

e0123825_23275431.jpg

無理は無理としても、機材的条件は揃ってもウデが無きゃどうしょうもないので
トレーニングしておこう、と。
ナ、訳で、燕はブレていても、画面には収めた、という証拠を足跡は残しておこうかと。
連写せず一枚一枚タイミングを合わせてシャッターを切ってみました。
シャッタースピードが500/1以下にしか上がらないのでネ。
ツバメの飛翔速度からするとジャスピンは1000/1付近からじゃないでしょうかねぇ。
また一つ課題が出来た感じです。

e0123825_23281054.jpg

ロケハンも兼ねていてたので、ランチは車内で手弁当(らしきものだけどw)
まだ見たことがない滝のあるところへ行くつもりだったけれど
途中で写真撮影しているものだから、時計を見てびっくり。
夕刻近くになっていた。

滝の入り口までは徒歩でいく様子なので、じかんは 遅すぎ。
次回のときに、もうちょっとアクセスの情報を仕入れておかんとイカンね。

山のトレイルの入り口には、クマ出没の注意が喚起されていた。
今年は栗が少ないみたいで、クマが里に降りてくるそうだ。

昼なお暗いトレイルを徒歩で行くには、この雨とこの時間では諦めざるを得ず
エンカウンター森のくまさん、はシャレにならない。
尻尾を巻いて退散、とあいなりました。






[PR]

by jake490 | 2018-06-16 23:27
2018年 06月 03日

ドラレコという近代的動画録画緊急連絡装置をつけてみた

昨今の交通事情を鑑みて、アクションカムを自転車に取り付けたほうが良いかな。
なんて、話しをしていたら、当然、家計からではなく小遣いからなんとかせい!
と言われ、コレで走りながらの動画撮影出来っかな♪ 
という邪な考えをみすかれてしまったワタクシである。

e0123825_14401190.jpg

駄菓子菓子、車となると、運がいいだけのゴールド免許ホルダーなれど
いつまでも運が良いわけでもなく、
今までの事故経験は、追突されたり、みたいな感じで、
自ら突っ込んでいったことは無いわけで
どちらかといえば、モーターサイクルで鍛えられた360°センサー的に、他の車両と自分の位置関係を把握して走る自己防衛をしているのだね。
ところが、最近の運転者は死角に平気で入ってくるし、有視界にしても、詰めてきたり

ほとんど急制動の経験が無いのだろうね。
察知してブレーキを踏むタイムラグと、速度に相対的にどのくらいの距離感で止まれるか、
ってわかっていたら、その位置取りは不味いんじゃね。
と思うばかりだ。

自転車に至っては、スマホにイヤホンで、いつでも殺してくれ、な自分に気づいてない。
今まで無事だとしたら、周りの人が避けてくれてるだけに等しい。

そんなところに今度はアオリ運転というロクデナシ。

危ないよね〜〜〜 という話が出ているところで、クルマの保険の更新が近づいて
代理店の方から、ドラレコつけてみない?って話が参りまして

保険料の組み立てを変更して、ドラレコをつけても去年よりもお安い設定。
ハードウエアは勤務先でもちょいとお手伝いしたこともありまして
保険会社のドラレコのシステムは多少なりとも知っていたワタクシである。

月々、これ以上割引できないランカーなので、お代も260円@月だったか

アマゾンで4000円ぐらいのGOProモドキを買うつもりぐらいの感覚でいたけれど
事故連絡機能、ドライブサポート機能: などなど、
もし事故ったら、即保険会社に連絡で、段取り良く事故対応できるのもありがたく

とりあえずこの1年使ってみようか、と思った次第であります。





[PR]

by jake490 | 2018-06-03 14:43
2018年 06月 02日

定期検診日

FBで連絡いただいているライドイベントを横目で見ながら、
いい季節だよね〜と裏山鹿と思いつつ、家人と定期検診へ病院へ。
今回は月末ではなく月初めなせいか、交通量も少なく、スムーズに。
駐車場も病院の入り口にほど近い位置に駐車。いい頃合いの時間を知る。

e0123825_04460794.jpg

血液検査のあとは診察までの間、お写ん歩タイム。
早めに検査が終わったけれども、診察時間も30分早いので、そんなに余裕はない。
とはいえ、あくせくすることなく、のんびり歩いて小さな動物公園まで。

検査結果は微妙によろしくない方向に振れているのだが、薬の量は現状維持で。
自分でできることは副作用の血糖値が上がることによる体調の変化を抑えることぐらい。
主となる根源は薬を服用するのみなので、なんとももどかしいのではるが
血糖値の結果は良いので、この分の薬をなくすことはできそうなのが前進。
本人の努力の賜物だ。

というわけで、ワタクシのだらしのないボディをチクチクいじられることになる。
口には出さぬが、そういうチクチクがワタクシのストレス食いいつながらるのだからナ
と、人のせいにする邪悪な根性から叩きださんとならんわけだ。

帰路はナビでたまたま善福寺公園を通るルートを案内されるので
野鳥の撮影できるんじゃね、と。
じゃあ、善福寺公園を通るルートで固定して、家人の食事関係などの問題解決ができれば可能となる。
それはそれでいいのだけれど、焦点距離のレンジが野鳥撮影に有利な家人との格差に煩悩が生じるのは致し方がないか。





[PR]

by jake490 | 2018-06-02 23:45
2018年 04月 21日

今月の検診

検診の日は、なんで想定以外のことが起きるんだ、という不思議な日なのだが
今日は実にスムーズに出発。
個々数日、道路が渋滞気味だったので、
いつもはYahooのNAVIを使うのだが、グーグルマップでNAVIなドライブ。
予想よりも道路が空いていたのも有るけれど、マジここ通るの〜〜的なNAVIをするので
抜け道ライクなルートファインディングにより、もしかしたら最速で病院まで。
YahooのNAVIは一般的な道路をナビしてくれるから、安心感は高い。
一方グーグルマップは、ともかく速く目的地に着くアルゴリズムな感じで
時にはクルマ通れないジャン、ってことも過去あって、
自分の都合で使い分けるのが良いみたい。

e0123825_22292132.jpg
想定よりも速く病院に到着したので、血液検査の後、診察までの時間お写ん歩して過すのだが
野鳥ネライの公園は既に若葉が茂り、エサ箱も外されて、鳥のさえずりは聞こえども姿見えず。
夏のような暑さも手伝って、ふたりともグダグダでお写ん歩タイムは終了。

肝心の検診に時間ピッタリ、受付を済ますとすぐに検診。
体調が悪いと言っていたのだけど、血液検査の結果は先月に引き続き良好だったので
僅かだけれど、薬を減らすことになった。
生活や食事の管理でなんとかなるものではないので、常に不安がつきまとうわけだが
自己管理は副作用を抑える効果があるのもあって、検査全般数値が良好であった。

逆にワタクシが、自己管理ができてなくて、気分で乱れてるんだよなぁ。
イライラ成分を醸造することが多すぎ。
余裕ないのは良くないねぇ。
処方箋は自転車に乗れば治る、と思うんだヨ。



[PR]

by jake490 | 2018-04-21 22:28
2018年 03月 12日

X30をオーバーホール

2016年7月に熱暴走?した一件でサービスセンターにOHして以来
殆ど問題なく使用していたX30ですが、グリップと全面を覆う革シボゴムが剥がれて
グニョンと浮いてしまいました。
しっかり脱脂して両面テープで接着し、事なきを得た、と思ったのは束の間、
温度差にもよるのでしょうか、また剥離。
ゴムも劣化して伸びてしまっているから、もうイカンのでしょうなぁ。
手の当たるところは擦れて丸まってるしね。

e0123825_17061722.jpg

とりあえず、補修パーツがあるうちに、修理をお願いしちゃいましょう。
生産完了してからの年数はまだ浅いので焦らなくてもいいのですが、
次に剥がれたときにパーツが有るかどうか、のほうが嫌な感じです。
現物でなんとかしちゃう離れ業は、補修パーツの在庫が無くなってから
ということにしておきましょう。

富士フィルムの場合、クイックリペアサービスという修理サービスが有り
自宅、職場などから連絡し、梱包することもなく、配送業者さんにあずけて、
修理メンテナンス後戻ってくるサービスを利用します。
宅急便往復の送料よりも安く、梱包の手間もかからない、ので楽ちん。
自分の時間を大切にできます。
(と言う割には、ダラダラ生活ですが)

e0123825_17061747.jpg

あらためてグリップラバーの痛み摩耗加減を眺めてみれば、
使い始めて3年弱、それだけ使用頻度が高かったのかもしれません。
X-T10を使う知人のボディのゴムが剥がれて、まあ、
使い込んでいるんだなぁ、凄いもんだ、と思っていましたけど、
ワタクシもいよいよその仲間入りです。

どれだけ使いこなしているのかナ、というのは置いといてw

というと、まだまだ、使ってない、もしくは使いこなせてない、
もしくは、理解していれば、積極的に使うべきだ、
な部分が多すぎで、こう使っていれば良かったのだ、と理解したことがあったのも
極最近のことだったりします。

明日預けて、帰ってくるのはどのくらいかな。
いっとき淋しいワタクシであります。




[PR]

by jake490 | 2018-03-12 17:09
2018年 03月 10日

検診日

家人の月一だった検診も、安定してきている分6週間を空けて
血液検査も多少結果が良くない方向でも、まだ、このままで、と許容範囲内。
安心して帰路につけました。

e0123825_07401619.jpg

春先は寒いのだか、温かいのだか判断しづらく
都心部より気温の低い住まいの地域から察するに、と、服の選択も難しい。
自分のことなら、アウトドア活動ならいろいろと考えちゃうますが
街中なら、温かい寒いは結構アバウト。
無頓着なので叱られることままありです。

検診までの待ち時間を写真撮影などして過すわけですが
前回の通院で知った野鳥の来る公園で二匹目のドジョウを狙うのです。
駄菓子菓子、餌の豊富になった季節であり、活動が活発で
なかなか自分のレンズで捉える射程距離に入ってきません。

結構寒いので、薄着気味の家人を気遣って、引き上げようと声をかけるつもりでしたが
スルッと、茂みに隠れて、野鳥の来るのネライつつ、茂みの中は温かいわけで。
幼少時代のオテンバぶりを彷彿させるのでした。
ワタクシよりもサバイバーだなぁ





[PR]

by jake490 | 2018-03-10 23:39
2018年 02月 21日

さつきちゃん達のそだね、そだねー

マスコミには流れない事象を知れば、手放しで見ていられないのだけれど
完全アウェイの逆境の中で、うふふふ、と笑ってみせたさつきちゃんのメンタルの強さに
いある意味、他の選手の活躍が霞むほど感動したワタクシでありました。
買ってきた、油揚げの種類が違う!と、家人にとっちめられて凹んでいる場合ではありませぬ。

e0123825_17304613.jpg


遡れば、4年前に、コテンパンにやられちゃって、大べそをかいていた、さつきちゃん。
メンタルトレーニングでハートを鍛えてここまできたのです。
家人に、チクチク、弱点攻撃されてムカムカしてキレそうになってくるちっぽけなマインド。
何故か、そだね、そだねー、と家人の言葉に相槌をうっていると
攻撃をうまい具合にはぐらかし、ワタクシの心もダークサイドが胡散してくれるようです。
これはいいですな。

あからさまには発音しませんが、勤務先でも、そだね、そだねー
で、きょうは何となく、美味く仕事がまわりましたw

さすがにもぐもぐタイムは、デキマセンが、3時ならOKかなぁ
誰かお菓子、買ってきてくれんかの〜

なんかネ、ワタクシにはメンタルトレーニング、マインドフルネスがご入用ですねぇ





[PR]

by jake490 | 2018-02-21 23:29
2018年 02月 20日

混沌としている時は古本屋に行くのです

手狭な住まいであることもあって、蔵書の殆どを処分してしまってから幾星霜。
必要に応じで、図書館で借りてくる。
期間が決まっているので、積ん読、することもなく、読むか、読めないか、だけで
実際にホントに読みたい内容だったのかがハッキリしてくるわけです。
そのほか、なんというか、くじけちゃったワタクシ、を反省しつつ
また借りてこよ、って開きなおる。
となると、手元においておいて、何度も読み返す本はそう多くない。
あ〜、もしかすると、そういう本を増やさんといかんのかも。

e0123825_16552210.jpg

とは言え、大凡のことはネットで検索し、更に詳細へ、階層の深いところへ
調べたたりできるのですが、もっと肉付けしたり、背景を知ったりするには
書籍を活用すべきで、それぞれのオイシイところを活用するのが、良いのでしょう。

興味や、今あることを捉えるには、多角的に捉える事ができるわけで、
仮に〜だとすれば、から始まって、仮にという前提なのにもかかわらず
なんかだ、著者の言い分が現実を捉えてしまうような、記述が多い昨今、
一つの事象について、思想的社会的パワーバランス的背景を知っておかないと
思わぬところにミスリードされてしまうのは、できるだけ避けたい。

ゆえに、無知の知、自分のバカの壁をいかに越えられるか、が知的生活の心構えであるわけですが
ハッキリ申しますと、まだまだ、なんたることか、と自分に呆れる日々が延々と、なわけです。


まあ、煮詰まっちゃた時には自転車に乗って、郊外の景色や里山の情景などに触れてくると
スッキリするし、整理できたりするのですが
ナニカを追求しているときとか、攻めてる系の行き詰まりのときは、古本屋さんに行くのです。

これは駿河台あたりをフラフラしていた時代に神田の古本屋街を徘徊していた影響もあるかもしれませんが、
神田の古本屋街のような、超アナログなインターネットのような膨大な情報量は無いものの
点在する古本屋の書架で背表紙を追っていくと、目的以外の、意表をついた本が見つかったり、それが主な目的に深みや肉付けを与えてくれたり、.......
単純に言うとバカの壁を越えさえてくれるわけですね。

普通の書店だと、アマゾンのお陰で、今売れる本、ばかりが書架に並んで、
ブレインストーミング的に本を仕入れるには、ちょっとなぁ、な
残念な傾向があるのですね。
知りたい情報次第ですけどね。新刊か古本かは。

というわけで、蔵書をもたいない潔さは、ちょっと横において
ちょこちょこ本を買っては積ん読してますw
だって〜〜、と言い訳したいしたい。

殆どがコラム形式でたんじかんで読み切れる分量なので、つまみ読みしながら。
やっぱりバカの壁で遭難しかかっていることを実感するなぁ。




[PR]

by jake490 | 2018-02-20 23:54
2018年 02月 10日

今月は子どもの誕生日月

改めて年齢を数えると、やっぱり大人になったんだ、とつくづく感じるのだが
同年齢の青年と比較すると、子どもは子ども、
パーフェクトに大人として対峙してないな、と思うし。
オヤヂの言うことは反抗的だよな、な部分と、
コチラの性格を把握していろいろと考えているんだナと
まあ、どっちもどっち、ということか。

e0123825_21294088.jpg

自分の誕生日をシカトされているので、拗ねているが
体調を崩していた息子が復調してきたので、我が家の一番人気のスープカレーを食べに出かけた。
お、今日は空いているぞ、なんて大騒ぎしてみれば、定休日で、全員空を仰ぐ。
空かさず、じゃ、伊太利な食堂に行きませう、と
おおお、そうだった、そうだった、伊太利な食堂があったね、と2番人気の食堂へ。

ランチの日替わりピザは生地にゴマと干しエビが練り込んであって、
旬の野菜サラダに粉チーズとスパイスをふりかけたトッピングで、相変わらずイケていた。
エスプレッソマシンで抽出した香り高くビターなコーヒーは好み好み。
息子の選んだ紅茶も、何の香りなのだろう、アップルティーのようだがちょっと違うような
とても寛いだキモチになれる。
次はコレだ!、と思っているのだが、ついコーヒーを頼んでしまうので次こそ。





[PR]

by jake490 | 2018-02-10 21:27