空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 670 )


2018年 02月 21日

さつきちゃん達のそだね、そだねー

マスコミには流れない事象を知れば、手放しで見ていられないのだけれど
完全アウェイの逆境の中で、うふふふ、と笑ってみせたさつきちゃんのメンタルの強さに
いある意味、他の選手の活躍が霞むほど感動したワタクシでありました。
買ってきた、油揚げの種類が違う!と、家人にとっちめられて凹んでいる場合ではありませぬ。

e0123825_17304613.jpg


遡れば、4年前に、コテンパンにやられちゃって、大べそをかいていた、さつきちゃん。
メンタルトレーニングでハートを鍛えてここまできたのです。
家人に、チクチク、弱点攻撃されてムカムカしてキレそうになってくるちっぽけなマインド。
何故か、そだね、そだねー、と家人の言葉に相槌をうっていると
攻撃をうまい具合にはぐらかし、ワタクシの心もダークサイドが胡散してくれるようです。
これはいいですな。

あからさまには発音しませんが、勤務先でも、そだね、そだねー
で、きょうは何となく、美味く仕事がまわりましたw

さすがにもぐもぐタイムは、デキマセンが、3時ならOKかなぁ
誰かお菓子、買ってきてくれんかの〜

なんかネ、ワタクシにはメンタルトレーニング、マインドフルネスがご入用ですねぇ





[PR]

by jake490 | 2018-02-21 23:29
2018年 02月 20日

混沌としている時は古本屋に行くのです

手狭な住まいであることもあって、蔵書の殆どを処分してしまってから幾星霜。
必要に応じで、図書館で借りてくる。
期間が決まっているので、積ん読、することもなく、読むか、読めないか、だけで
実際にホントに読みたい内容だったのかがハッキリしてくるわけです。
そのほか、なんというか、くじけちゃったワタクシ、を反省しつつ
また借りてこよ、って開きなおる。
となると、手元においておいて、何度も読み返す本はそう多くない。
あ〜、もしかすると、そういう本を増やさんといかんのかも。

e0123825_16552210.jpg

とは言え、大凡のことはネットで検索し、更に詳細へ、階層の深いところへ
調べたたりできるのですが、もっと肉付けしたり、背景を知ったりするには
書籍を活用すべきで、それぞれのオイシイところを活用するのが、良いのでしょう。

興味や、今あることを捉えるには、多角的に捉える事ができるわけで、
仮に〜だとすれば、から始まって、仮にという前提なのにもかかわらず
なんかだ、著者の言い分が現実を捉えてしまうような、記述が多い昨今、
一つの事象について、思想的社会的パワーバランス的背景を知っておかないと
思わぬところにミスリードされてしまうのは、できるだけ避けたい。

ゆえに、無知の知、自分のバカの壁をいかに越えられるか、が知的生活の心構えであるわけですが
ハッキリ申しますと、まだまだ、なんたることか、と自分に呆れる日々が延々と、なわけです。


まあ、煮詰まっちゃた時には自転車に乗って、郊外の景色や里山の情景などに触れてくると
スッキリするし、整理できたりするのですが
ナニカを追求しているときとか、攻めてる系の行き詰まりのときは、古本屋さんに行くのです。

これは駿河台あたりをフラフラしていた時代に神田の古本屋街を徘徊していた影響もあるかもしれませんが、
神田の古本屋街のような、超アナログなインターネットのような膨大な情報量は無いものの
点在する古本屋の書架で背表紙を追っていくと、目的以外の、意表をついた本が見つかったり、それが主な目的に深みや肉付けを与えてくれたり、.......
単純に言うとバカの壁を越えさえてくれるわけですね。

普通の書店だと、アマゾンのお陰で、今売れる本、ばかりが書架に並んで、
ブレインストーミング的に本を仕入れるには、ちょっとなぁ、な
残念な傾向があるのですね。
知りたい情報次第ですけどね。新刊か古本かは。

というわけで、蔵書をもたいない潔さは、ちょっと横において
ちょこちょこ本を買っては積ん読してますw
だって〜〜、と言い訳したいしたい。

殆どがコラム形式でたんじかんで読み切れる分量なので、つまみ読みしながら。
やっぱりバカの壁で遭難しかかっていることを実感するなぁ。




[PR]

by jake490 | 2018-02-20 23:54
2018年 02月 10日

今月は子どもの誕生日月

改めて年齢を数えると、やっぱり大人になったんだ、とつくづく感じるのだが
同年齢の青年と比較すると、子どもは子ども、
パーフェクトに大人として対峙してないな、と思うし。
オヤヂの言うことは反抗的だよな、な部分と、
コチラの性格を把握していろいろと考えているんだナと
まあ、どっちもどっち、ということか。

e0123825_21294088.jpg

自分の誕生日をシカトされているので、拗ねているが
体調を崩していた息子が復調してきたので、我が家の一番人気のスープカレーを食べに出かけた。
お、今日は空いているぞ、なんて大騒ぎしてみれば、定休日で、全員空を仰ぐ。
空かさず、じゃ、伊太利な食堂に行きませう、と
おおお、そうだった、そうだった、伊太利な食堂があったね、と2番人気の食堂へ。

ランチの日替わりピザは生地にゴマと干しエビが練り込んであって、
旬の野菜サラダに粉チーズとスパイスをふりかけたトッピングで、相変わらずイケていた。
エスプレッソマシンで抽出した香り高くビターなコーヒーは好み好み。
息子の選んだ紅茶も、何の香りなのだろう、アップルティーのようだがちょっと違うような
とても寛いだキモチになれる。
次はコレだ!、と思っているのだが、ついコーヒーを頼んでしまうので次こそ。





[PR]

by jake490 | 2018-02-10 21:27
2018年 01月 21日

Brings backs memories by photograph / 2014 summer 奥多摩湖

魂が震えるような体験は、自らの脚で、勝手の知れた縄張りから一歩でた時に訪れる。
無駄な時間と思われても、振り返ると、少なくと生き方のスパイスになってたり。
何を今更自分探しなのだ、と失笑をかっても
生き方を俯瞰してみれば、どなたも自分探しをしてるし
より豊穣な生きている実感を得ようとすれば自分探しになるのではないか。

e0123825_06593149.jpg

魂が震えるような体験をするためにワタクシは自転車に乗る。
多分、いや、これが核心かも。
言葉にして伝える事ができないが、心に薄っすら染めたり、爪痕を残す。
モータサイクルでも強く感じたことが、自転車だとソレにエッジが立つ。
エンジンが与えてるれる強烈なパワーではなく
ありのままの自分の力
それをあたかも翼の生えた如く
旅に誘っていく
何かに出会いたい、感じたい。
その時はなんだかわからなくても、あとからジワジワくるもんだ。
ジワジワこなかったら、次こそジワジワ来る旅をすればいい。





[PR]

by jake490 | 2018-01-21 07:01
2018年 01月 19日

SSCX

まあ、信者だからね。
とCannondale教の信者呼ばわりされること有りますが
自分が乗っててイイナ!と思ったことを口に出しているわけで
盲目の恋にハマっているわけじゃございません事ヨ。
試乗する機会があれば、他メーカーのバイクに乗らせていただいてますしね。
おそらく正味はCannondaleファン<山本KAZUファンだと自己分析。


e0123825_16215321.jpg


まあ、最近全く乗っていないに等しいし、
トレイルにも行きたいし、ロングライドにも行きたいわけですわ。
自分の取り巻く様々な環境が変わり、その中で、熱を入れられる濃度の高い時間を
と思ったとき、
また、心境の変化という厄介モノがよりシンプルに純度の高いレスポンスなどなど
を求めていくと、
子供の頃に乗っていた、大人の実用車を小型にしたような素朴で
全てが自分次第なあのころに乗っていた自転車と重なっていき、
それを今に引き戻してエッジを利かせると
その答えはシングルスピードに突き当たるワケです。

当初はリジットフォークのハードテイルな27.5+のシングルスピードMTBとか
ピストではないロードバイクのシングルスピードあたりが良いのかな
と、そんな界隈をウロウロしていたのですが、

昔乗っていたシクロクロスバイクの写真を発掘したとき
あ!!!
と気がついたわけです。

シングルスピードのシクロクロスバイクがBingo!じゃないか、と。
日常とスポーツと旅が重なったな〜〜〜〜
乗って、アレもしたいコレもしたいw
ただ、シクロクロスのレースはヤダ。
シティボーイ(死語)は汚れるのキライ、クルシイのキライだし
根性がないのがバレるのがもっとイヤw


現状ですと、新規導入はナニカをドナドナしなければならんのでアレですが
CAAD9とともにある世界を捨てる気サラサラ無いし
SL2だって、今のカラダじゃ豪語できませんけど、江ノ島あたりは
何の衒いもなく、走っていっちゃいますから。
時間はかかるけど、ロードと比べりゃ遠感じると思うけど、
タイヤのブロックが減っちゃうのが悲しいだけで。
そのうちMTBで江ノ島イッてきた、とやらかすのではないかと。
ああ、その前に里山トレイルだなぁ。

でも、SSCX、乗ったら楽しいだろうなぁ
キモチの上ではコレが旬ですな。
捕らぬ狸の皮算用。





[PR]

by jake490 | 2018-01-19 16:29
2018年 01月 15日

岡埜栄泉

運動量と摂取カロリーの数量化ができているので、
帰路に、和菓子を所望した場合、昼食でカロリーを抑える。
んで、心置きなく頂きます。
もう、これはデジタルガジェットの賜り物ですな。

e0123825_17240077.jpg


錬な走りで(ゆるいけど)頑張るには、ヘタリすぎでいる我がボディ。
帰宅時は結構、ガタがきちゃっているので、ゆっくり帰ろう
なんだけど
ただのんびりでは勿体無いので、街の写真を撮ってみよう、かと

そんな経緯で、街の中心に向かう途中に、ありゃ、こんなトコに和菓子屋さん♡
的な、昭和の味わい深い店舗が夜の街角に光を投げていたのを発見してしまったのだ。


老夫婦で和菓子を拵えている様子で、品数は多いとはいえないが、
足りない、という不満足感はない。
労力をかけられるバランスの妙、ということだと思う。

e0123825_17240314.jpg

自転車に乗ってきた不審者モドキなオヤヂが、大幅一個、と言い
ココで、食べてってイイ?

とお願いしてから3回目の来訪でありまして
お腹が空いた、という状況を加味しても、ナカナカにして美味い。

どちらかと言えば粒餡のほうが好きなので、ファーストコンタクトの時は粒餡の大福
次は漉し餡、とワクワク来店したのに売り切れとった。
今晩はそのリベンジなのである。
見事に漉し餡の大福と、芋の味が効いていそうな芋ようかんが目に止まったわけで
店先の石油ストーブにアタリながら喰らい付く。

e0123825_17240616.jpg

思わず美味いなぁ、と声が漏れる。

声をかけたとき、具合が悪そうだったので、お茶までご馳走になるにはこころもとなかったのだが、
タイミングを逸してしまった。
言葉少ない中にも間合いというものがあるわけで。

丁寧に拵えた餡の甘さを熱いお茶ですすぎ、また餡の甘さを口に広げる。
芋の旬というのもあるみたいで、芋ようかんを拵えているうちに、また来よう。

幸せな腹具合、夜の街角を暫し彷徨って、乗ったり歩いたり、時々シャッター






[PR]

by jake490 | 2018-01-15 17:23
2018年 01月 04日

富士は日本一の山

富士山の麓からその山容を間近に撮影にのぞんでいると
そんな童謡を思い出した。
単独峰ゆえ、刻々と姿が変わる。近くから見上げているものの特権だなぁ。

e0123825_16102526.jpg

一眼を手にしてから2回めの富士山来訪。
ワタクシの小遣いなら、自転車で自走の一択だが、いまは見る影もないわけで。
まず、撮影するには身体を鍛え直すところからなのだが
家人が行きたい、というので。
それも、高速道路を使っていこう、なんて、セレブなことを。
時間通りに食事をしないとならぬということも重なって、富士山行きは弁当作りから始まる。

自転車界隈、写真界隈の女子力の高さからすれば、言葉もないのだが
冷食をチンしてタッパーにいれて、さっさと出発する、という、
スピードと栄養バランスと摂取カロリーな、フォトジェニックから程遠い弁当であるものの
こう、富士山を目の前に食べていると、何もかも美味い。

e0123825_16103025.jpg

前回は山頂に雲がまとわりついて、レンズの良し悪しを測るには条件悪すぎたが
今回は見事に晴れているのもだから、手持ちのレンズの描写力がどんなものだかよく分かるだろう。

自宅に戻り、Macでデータを開いてみると、他のレンズと比較したことがないから相対的な評価はできないが
「XCでコレだけ写るんだ〜〜〜〜」的な、素直に「よく写ったなぁ、ありがとう。」
というのが正直な気持ち。

ここまで望遠で寄せることができるのなら、いろいろな写真を撮れそうだ、
というワクワク感が勝る。

これからも、何回も来るよね、と家人。
なので、知っているビューポイントの他を探すロケハンをしながらな2回めの
今年初めての富士山行き。

息子が会社から帰ってくる前に、おうちごはんを拵えよう、と帰りも高速。
相模湖ICで降りる途中下車でも大幅に時間短縮。
ある意味、時は金なり、とふと思うw
暫く峠のワインディングを走っていなかったから、下手くそになっている。
こちらも、一人乗りの時にコソ練でしょう。






[PR]

by jake490 | 2018-01-04 20:09
2018年 01月 01日

初詣

e0123825_20502743.jpg

嘗て先輩に指導していただいた言葉の中に、
「日々、一日の終りは大晦日、朝は元旦の気持ちで迎える」
一日一日を大切に充実に生きるヒントが此処にある。
これがなかなか実践できていいないし、ワタクシにはハードルが高い。
だが、何かに頑張る!っていうことなく、心意気であるから
淡々とジワジワと、そんな心意気と実生活のシンクロ率をあげていこう。

e0123825_20501968.jpg

気合はそれとして
年末年始のこの時期は、三日坊主のワタクシであるからして
毎年毎年玉砕しているけれど
今年はもう少しは持続するといいなぁ
あきもせず、一年の計は元旦にあり、で今年こそやっておきたい、とか、
挫折ポッキリの可能性高いがいろいろと考えを巡らす。

e0123825_20504070.jpg


ただ、何となく、予感として
世間は大いに激動の時代になりそうだ。
ワタクシも、一層励みたい旨マシマシ感ゆえ、嵐の大海原に以下だで漕ぎ出すような。
沈没しないでオールを漕ぐ、気概を......もてるかなぁ


e0123825_20510871.jpg


気張っても.....ね、沈するときは沈するわけで
淡々とやるべきことを積み重ねるのみ。
3Day boy♪ やるときゃやるさぁ♪






[PR]

by jake490 | 2018-01-01 20:49
2018年 01月 01日

謹賀新年

e0123825_07281554.jpg


あけましておめでとうございます
皆様にとって希望溢れる年でありますように











[PR]

by jake490 | 2018-01-01 07:30
2017年 12月 29日

納会

2017年のお仕事は本日終了。
八王子の某ホテルで納会で、1年の締めくくり。
年末に来て、腑に落ちない、合点いかない、心荒ぶる日々が続いたわけで
全く締めくくったキモチになれないけれど。
表向きは手を叩いて、めでたく、というオトナの対応。
まあ、ワタクシの心はささくれているが、きちんと対応できるのが一端の社会人なのだから、
襟を正すわけさ。

e0123825_06355594.jpg
ナリワイのお仕事では、年末年始に関わらず、取り組みたい事柄も沢山あるし
それが、会社の評価イコール賃金に繋がるかどうか、
評価できる理解力と想像力を持っているか
で、選択するのではなく、実務的な内容が顧客の要望に沿う、喚起するかどうか、で進める。
なので、来年も、アレ(荒れ)だなぁ。
ただし、キモチの熱が氷の炎に変わってしまったから、
見下すこともなく卑下することもなく、実証を積み重ねるのみ。


飲んでもハイにならない席を後にして、さりげなく、同方向に帰宅する社員とも離れて
バッグにしこんできたポットにセブンのホットコーヒーを淹れる。
外気とコーヒーの温度差がエライコッチャだ。
コーヒーを啜り、今宵は35mmのキメ撃ち。
自分が自分たらしめる表現活動を始めると、ようやく酔いが回ってくる。
まだまだ実力伴わいけれど、ここからが本番。
35mmf1.4は撮りたいを大いに刺激する。
こちらは胸熱。





[PR]

by jake490 | 2017-12-29 23:34