空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ
2019年 01月 20日

家人の電動アシスト自転車のメンテに隣町へ

家人にはカラッキシ信頼のないワタクシであるので
自転車のメンテナンスは、購入した自転車店にお任せしているのである。
ワタクシが手を出して、必要以上に苦情を受けるのは精神的に宜しくないし
まして、家人の安心を得るには、自転車店で、のほうが、キモチ的によろしいですし
ワタクシの心許ない整備技術では、やっぱり家族を危険に晒す訳にはいかない。

e0123825_17212045.jpg

ブレーキの塩梅がおかしい、と擬音語で説明されても、感覚でこんなんかな〜〜と
その他の説明では破壊的におかしい状況なのだが、平地でゆっくりなら大丈夫だと
とりあえず、確認してみたが、いうとおり、ゆっくり走るならブレーキも効くし音鳴りもしない。

購入店なら、老舗ならではのメンテサービスがついてくるのが美点のひとつ。
街の自転車屋さんの麗しさが残っていて、いい意味でアバウト。
強制されない義理人情があるから、気楽にお願いできるし
お客さんに値段でネット販売に流してしまうような商売はしてない。
退院後、電動アシスト自転車を買うに当たり、そういった昔ながらの良き自転車店であることが
この店での購入を決めた動機の一つ。


川沿いのサイクリングロードを家人の後ろについて走っていく。
今日は暖かくて風もなく、雲ひとつ無い空高く、ジツに良い日和だ。
サイクリストも数多い。
店に自転車を預け、整備が上がるまで、街を散歩する。

長いこと近くに住んではいるが、馴染みがあまり無い、というか
あまり用事がないので足が向かなかっただけなのだが
もう少し、何かを見つけてもいいかなぁ、と思いつつ歩く。

e0123825_17212029.jpg

家で待つ息子との昼ごはん。
気の利いたお惣菜でもあれば買って帰るかと見て回るが
じっくり探すほど時間もなく、コレといったものもなく

整備の終わった自転車を受け取り、
そういえば、お休みで買えなかったパン屋さんを覗いてみようと。
地元では美味しいと聞く。
総じて単価は高めであるが見るからにポテンシャルは高そうなパンが並ぶ。
一番人気と二番人気、そして素材感よろしいライ麦パンを買って帰る。

帰路は更に気温が上がり、冬を通り越して春を思わせる。

早速、一番人気のパンを食す。
ハード系の穀物感タップリなパンのなかにドライフルーツとナッツが入っている。
うみゃ~
なるほど、なるほど。

我住む街周辺は意外とパン屋さんは多くて、腹ペコサイクリスト御用達が何軒かある。
激戦区といったらなんだけど、コダワリなパン屋さんわりと多いね。
と、今更ながら。
今は炭水化物控えめにしてるし、美味しいパン屋さんを知るのは危険なんだよ~








# by jake490 | 2019-01-20 17:22
2019年 01月 19日

月イチの検診日で都心の方へ

家人の検診で都区内の病院へ。
血液検査で採血し、診察を待つ間、病院近くの公園へお写ん歩。
冬場で周囲の食餌環境が悪くなるので、餌箱が吊るしてある樹木に野鳥が飛んでくる。
またメジロに会えるかな
とワクワクを隠しきれないワタクシであったのだが.....

e0123825_16060430.jpg

スズメしか来ない.......
スズメが群れないしているので、他の野鳥が飛んでこれない、みたいな雰囲気.......
群れが飛んできては離れ、静かになったところで、
コレまでのパターンだと、他の野鳥がやってくるのだが
だ〜〜〜れも飛んで来ない。
んで、再びスズメたちがやってくる。
ずっと同じパターンの繰り返しなので
他の野鳥を撮影するのは断念し、スズメさんたちに、カメラ錬のモデルになってもらおう。


家人はとうに野鳥撮影を諦めて、他の場所へ移動したのだけど、
ワタクシには珍しく、というより、定点で長時間撮影する機会が無いので
このときとばかり、じっくり同じ場所で腰を据える。


駄菓子菓子、たまにシジュウカラ、メジロが1回だけ飛んできたが
カメラで捉えることなく、ず〜〜〜〜っとスズメ。

別にスズメが悪いわけじゃなく、むしろスキな方なのだが
こういうときにスズメじゃなくてもいいのではないか、と。


とくにスキルが上がることは無かったが、決定的なハズレが少しづつ少なくなったのは
微妙に嬉しかったりする。
まあ、決定的なハズレ以外の、ハズレは量産してるのだけどね。








# by jake490 | 2019-01-19 23:04 | 写真、カメラ
2019年 01月 17日

夜間飛行

会社帰り
スキマ時間を縫ってふらりと遠回り。
せっかく走るのなら、この時間に出向いたことのないところへ。
市街地を抜けて丘陵登り続けると、漆黒の森と、
その輪郭を描く雲ひとつ無い月夜の空。
街頭一つ無い湖の森に挟まれた狭く曲率に富んだ道を行く。
というまさかの展開。

e0123825_02331438.jpg

両側の森の闇の圧が強く、闇が軀を侵食して恐怖に震えるが
冷たすぎる月明かりが僅かに押し返し
ライトの光量を上げずに、染み込む闇と
悪い路面に抗うバイクコントロール
ハートがビリビリ格闘する。

闇が深すぎて、どこを走っているのか、探るのが困難で
恐怖心で更に惑わされる。

だが、あえて、GPSマップは表示しない。
ヘタレな速度を表示する数字と傾斜角だけ。

まったくもって、郵便プロペラ複葉機の時代のフライトと共有するのだ。
もっとも、こういう不便さと、合理的とは相反する格闘を楽しめるのは
よりプリミティブでシンプルな乗り物である自転車の特典だ。

気分はエアロポスタル社の郵便飛行機が空路を探査しながら夜間飛行をするそのもの。

記憶を手繰り寄せながら、ルートをつなぎ、湖畔のダムに出ると
広大な夜空が覆い尽くす。
眼の前に宇宙があるようだった。






# by jake490 | 2019-01-17 23:31 | ジテ通
2019年 01月 16日

定例ガンダム参り(だけどザクのほうが好き)

カナダではマリファナが解禁されたようだが、ワタクシはLSDでキメる。
もちろんロングスローディスタンスだけど、気分はイイ。
まあ、ハイになる、ってこともあるし、頑張っちゃうと灰になる。

e0123825_13082344.jpg


多摩川沿いに出ると風が強いってほどじゃないけれど冷たすぎる。
ライトが照らし出すアスファルトの上を、ふわり、と、時折雪が舞う。
マジか〜〜〜〜
冬場はアンダーウエアが重要なのはわかっちゃいるが、
デイリーユースでのウエアはうにくろなので、運動による発汗が行き過ぎると汗冷えカモ〜ん。
現在のフィジカルに合わせれば、汗を掻くほどのペースはオーバーペース、なんだけど。
気持ちがいいもんだから、つい、汗かいちゃった、なパターン
それに追い討ちをかけるように冷却風が吹き抜ける。

なものだから、吹き曝しな河川敷をなるべく避けるようにして走るが
汗が乾いて、はまた汗をかく、を繰り返す懲りない奴なのであった。

今晩は多摩サイは無理。汗冷えで寒くてしょうがない。
んで、行先変更、ガンダム参りでUターンしよう。

とりあえず、ヒトの三倍速く動けるように祈願して引き返す。

すっかり冷えてしまったので、近くのセブンに逃げ込んで、補給食をのんびり選びながら暖を取る。
いやあ~温まったし、のんびり登れば汗もかかないでしょう。
と、見通しの甘いワタクシは蓮光寺をゆっくり登ってじっくり汗をかいた。
からの、聖蹟桜ヶ丘までのダウンヒル。
本日の最高速をマークしたのはいいけれど、急速冷凍した我がボディ。
またまたコンビニで暖を取らざるを得なかった。

肉まん10%引き本日まで、の声に釣られる。
消費したカロリーをまた補充する効率の悪さ哉。

汗冷えで体力も消耗したようで、自宅まではグタグタ。

とはいえ。帰路で35km
本日の消費カロリーは4000キロカロリーをチョイと超えたが、
絶対どこかで食ってるやん Orz







# by jake490 | 2019-01-16 23:07 | ジテ通
2019年 01月 11日

とりあえず週3

中二日で週末の金曜日、疲労感を引きずりつつアクティブリカバリーなジテツウ
なし崩し的に車通勤になる流れを回避。

e0123825_08000546.jpg

年初から、雑用と言ってはなんだけど、片付けるべき事柄が行く手を阻む。
いやいや、普段からの活動密度が低すぎなんだと思う。
手際よくやらんとなぁ。

疲労感が先に、後から筋肉痛が来て、軀が反応しだした。
朝は軀が重く感じてアクティブリカバリーなペースだったが
帰路は、道を探してな、小さな冒険と
結果的に2つの峠を越える坂錬となった。

連休後に出向く場所に駐輪場があるかの確認をして街をふらつき
普段は通らない道がどこまで続いているのか、ふと確認してみてみたくなった。
小さな山を超えたその先は、思いがけない場所で
コレを近道と言っていいのかわからないけれども、
行く先の意外性が、またここを通ってもいいかな、と思わせる。

その道を抜けた場所から、帰りのルートを考えると
面白いのは小さな峠を2つ超えるぐらいが帰宅が遅くならず負荷を掛けるにもちょうどよい。

傾斜のなだらかな坂を、汗冷えしないように登るのだが、
ヘタレゆえに発汗、気が付かぬうちに汗をかく。
峠を超えて下りとなると非常に寒いじゃない。
汗冷え回復なスローペース走りとなったり、ペースは乱れまくり。
2番めの峠は、汗冷え対策ペースで。
まあ〜〜ゆっくりですわ。

そういえば、前はこういうふうに対策してたな、なんて汗冷えした後で思い出したり。
乱れまくりな帰路は27kmほど。
中身は薄いがカロリーは消費した、ということで。







# by jake490 | 2019-01-11 23:58 | ジテ通