空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 11日

NIGHT RIDE&NIGHT TRAIL

猛暑が台風一過、秋雨前線通過ときて、いきなり20℃を割り込む気温となった。
日差しのない夜は、場所によっては寒いぐらい。
天気と仕事のタイミングで、いつもながら間が空くが、自転車通勤。
体重下降が一時停止しているので、ココは大量にカロリー消費したいところ。
あ、特にダイエットしてるわけじゃない、ので....目指すは動ける健康体なオヂサン。

e0123825_16371721.jpg


向かい風の多摩サイは、毎度おなじみ化して、気負うことなく
上半身の荷重もペダルに乗せるようにして、脚だけでは回さず、心拍上げすぎず。
先日の疲労蓄積あって、ココで頑張っちゃうと、また何処か故障しますのでね
ソレを言い訳にユルユルと。
気温が低いので喉の渇きはそれほどでもなく(ホントは飲まなきゃイカン)
ノンストップで連光寺の登攀錬に突入。
ただ、いい被写体が見つからんので、ノンストップってだけですw

淡々とペダルを回していると、ヘタレゆえ、微妙な傾斜の変化も感知するのでね。
ペースを落とさず足を使わずな力加減を考えるという、知的ゲームなのでありますな。
ただソレだけでなく、日頃の思考案件がポロリとでてきて、
あ〜でもない、こ〜でもない、とか、記事で読んだモノを反芻してみたり
サドルの上で意外と哲学者的なワタクシであるものの
コレは名案、なんてものは、サドルから降りるとすっかり忘れてたり。
ま、通常運転ですわ。


確かこの街では最高標高地点なはず、な、見晴らしポイントに到着。
最後のちょいとした距離の傾斜がマシマシなので息が上がるわけですが
涼しいので、弾んだ呼吸も余裕があります。
ただし、カメラのバッテリー交換後立ち上がったら立ち眩みするなど。
なんて、か弱いのでしょうか。
か弱いオヂサンの需要なんてね、ありゃしません。
まあ、心なし街の明かりがいつもより美しく見える、というのは
まだ清らかな心があるだけマシってものかしらん。


e0123825_16371903.jpg


ちょっとした感動を胸に、本日の狙いはもう一つ。
自転車仲間が最近出没する絶景スポットに行ってみたい♡っていうことで
ソコに至るトレイルをソロリソロリとゆっくり走ってみようかと。
ちょっと待て!!暗いの苦手じゃなかったのか!超ビビリだったろオマへ!!!!
をなんとか好奇心と冷静な頭脳で、そんなこと無かったことにして
きっとこの辺からだな、と真っ暗な森へ。

基本、人が散歩できる整備したトレイルなので、ルートがはっきりしていること。
街に寄り添っていること。

があるから、入れるわけで、マジ山だったらマジ拒否するからね。
何があるか、なんたって初めてだから、押して歩くつもりでゆっくり進む。

VOLT800全開な照度で明瞭に照らすも、見えるのは照らしたトコだけで後は闇。
いつでも脱出できるように自分の位置を確認しながら前に進む。

暗闇で怖いよーな写真を撮る余裕無し。超ビビってます。

見たくないものが見えないように願いながら、このあたりのはずなのに
とトレイルの外へ出てしまった。

怖かったし、もう帰ろ〜〜 と自分の位置をマップで確認すると、
なんと絶景スポットの直下にいたw

MTBを担いで階段を登り、ようやく到着。
気分いいね〜〜〜〜

ひとしきり眺めた後は、脱出ルートのトレイルを発見したので、ソコを下って山の外へ。



緊張と久しぶりのトレイルのアップダウンで、スタミナをすっかり消耗。
ユルユル走って回復を試みるもグダグダのまま。
水分補給をしてなかったのもバッドエンドを誘発してる。

もう一つ山を越えないとお家に帰らないの、ど〜しよ〜
と途方に暮れるも、ペダルを止めて脚付きはヤダ、こんな坂で。
という意固地さで
進んでいるんだか、静止バランスをとっているんだか、なペースで山越え。

安心したらすっごくお腹が空いた。







[PR]

# by jake490 | 2018-09-11 23:36 | ジテ通
2018年 09月 06日

気流が見えるとき

幸いなことに、我住む街周辺にはスポーツサイクルショップの名店が多く
未だに訪問できずにいるショップも多々あって、何時ぞやは。と。
本日は、タイヤチョイスのアドバイスを頂きたくオーソリティなショップへ。
FBで交流頂いているものの、実店舗にお邪魔するのはもしかして1年以上ぶり(汗)
それでも店主さんににこやかに迎えていただいた。

e0123825_13481869.jpg

今回のクエッションは、普段使いなのにトレイルでいい感じ(コレが感覚すぎではあるのだけど)
にも走れるお手頃なタイヤ。
MTBの購入店の店長さんがチョイスして、ワタクシも大いに気に入っていたのだけど
同等の価格帯で更に良いものはないか、と。
いろいろと銘柄をあげて説明頂いたのだけど、ワタクシような乗り方ですと
今履いているIRCのMYTHOS XCチューブドに落ち着いた。
26インチタイヤはトレンドから外れ、選択肢が少なくなった。

街乗り、里山逍遥、ときに糸が切れた凧なロングライド、な使い方で
めんどくさがり屋のワタクシのチョイスとしては、里山ライド重視な選択でもある。
スリックタイヤの別セットを用意していれば、と熟考したけれど
その時その時でアドリブな行き先、ホイール交換までとなると
ホイールのストック、作業する場所、云々、そしてワタクシの性格からして
あってもやらないwwwwww
という羽目になること濃厚。
マニアならちゃんとやれ〜〜〜 なんですけど(汗)


MTBばかりではなく、いろいろと四方山話に花が咲き、ずいぶん長いことお邪魔してしまいました。
いい加減に生きているワタクシには、志を持って立ち向かっている人とお話できるのは
有り難いことで、また沸々と力が漲ってくるものです。
作業の手を止めてしまったことお詫びして、お店を後に。


通勤時間帯も大きくずれたことだし、ヘタレなりにソレなりにペースを刻もうと
新青梅街道を東へ、そして途中で南下するルートで。

路面がよくわずかながらも下り基調の新青梅街道は実力以上にペースが上がり30km/hを超える。
少ないとはいえ交通量の多い路線でもあるので車に挟められながらの走行となるのだが
自転車をパスするに十分に間合いが取れる交通量。
3段あるチェーンリングのアウターは封印して、トップギアになってもケイデンスで上げる
というのが、トレーニングのルールとしているのだけれど
通りを走る車に絡みつく気流の流れが体感として見えて、
ワタクシのケイデンス能力ではオーバーレブな領域でないとその気流に包まれて走れない。

んじゃあ、スピードあげて気流に乗ろう。
チェーンリングアウターの封印を解き、一瞬トルクまして息継ぎしたものの
回転はついていき、車と一緒に流れていく。

とはいえ、前方が開けば、車も速度を上げるわけで....
既に無酸素域に達しようとしてる最中、ケイデンスを上げると、間もなく
プシュ〜〜〜〜っと燃料切れなごとく、足が止まる。
もうペダルが重くて回りません。

丁度、南に向かうのにおあつらえ向きな交差点近くだったので、
新青梅街道を離脱。

なんていうんだろ、これは抜け殻、これはゾンビ.....
不甲斐なさすぎる....と意気消沈。
さすがは練習は嘘をつかぬものだな。

時間にすれば数分に過ぎないのに、その後三日間ほど、カラダの置き場がないくらい
筋肉疲労、ガチガチにこわばったカラダとお付き合いすることになった。
めでたしめでたしw







[PR]

# by jake490 | 2018-09-06 23:47 | ジテ通
2018年 09月 01日

腸内環境が良くなった?ので

早くも暦は1年の3分の2を消化し、残りの4ヶ月、暮れまでをいかに過ごすのか。
だいたいが三日坊主な自分が大それた物言いではあるが
少し進歩した点が少なからずある。
ソレはなにかを言えば、失笑をかうような小さいことだけれど、腰痛回避がひとつ。
と、ストレス起因&発散の過食傾向をストップすること。

e0123825_16091778.jpg


地道な積み重ねこそ大切であると口にしながら、早急に答えを出したくなる。
全く厄介な性格だ。
で、スポーツ関連書籍などで研究したことはことごとく忘却の彼方へと。
大事なことを覚えてない。
そんなこったで、フィジカルを上げようとするする度に故障、主にギックリ腰など。
で、効果が出る前に、故障するパターンがもう何度も繰り返し、
その度に凹んでたのね。

そんなワタクシが、なんとか、いい方向に持っていくべし、と。
ときには漫然と進化は見られなくても、いつまでに、という目処よりも自分の体に聞け、と。

目標は、好き勝手に自転車に乗りまくれるフィジカルに回復することだけど
まずは、健全な生活ができる、正しい姿勢、カラダ各所の適正な可動範囲、と柔軟性。
ソコに着目して、もっともイカン状態の股関節および肩首周りの柔軟性から取り組んだのが
春先ぐらいだったか。
器具はバランスボールで、エクササイズというよりは、
デスクワークのときはバランスボールの上に座る、で股関節に穏やかなストレッチと
背筋を伸ばす、正しい呼吸ができる姿勢など、を基本に体幹の筋肉を鍛えるというよりは
刺激を与えていたような、
ある意味、ほぼ何もしてないじゃん、的な運動ができる準備を整えていった感じ。


それと、意識的に水分補給を心がける。
加齢によって喉の渇きを感じにくくなるということらしいのもあって
特に一日の分量などは決めていないが、飲み始めて認知したことだが
想像以上に水分はカラダから抜けていく。
エネルギー摂取よりも水分補給が大事だと、意識が変わった。
コレが正しいかは不明だが、コンディションはいい。


そんなこったで、お仕事その他、ストレス起因は変わらないものの、
少しずつ少しずつ過食が少なくなり
異様な飢餓感的食欲の出現率も減ってきた。

復活したと言っても名ばかりな自転車通勤も、5月は9時間、6月7月はそれぞれ21時間
8月は7時間と、全然足りていないけれど、疲労蓄積回避的な形でコンデションは下がらずに済んだような塩梅。

ようやくここにきて、体を動かすのにウズウズするような、準備ができ始めてる実感がでてきました。


そんなところで、大腸内視鏡検査なんぞで、お腹がスッキリしたら
空腹感と食欲のバランスがリセットされた感があって、食欲を我慢するようなことも少なくなりました。
アヤシイ腸内洗浄よりは大腸内視鏡検査ですかねw


というわけで、悪化をたどるパワーウエイトレシオを改善しつつ、運動ができる健康体へ
年末までに調整していこうと思うわけであります。
焦らない、急がない、負荷の結果をカラダに聞いて、無理せず、かといってダレることなく。





[PR]

# by jake490 | 2018-09-01 23:08
2018年 08月 29日

血液検査と大腸内視鏡検査を受けたった

情けない話だが、検査の類は苦手で.....
というか....注射が苦手、いや、怖くて仕方がなく
検査を逃げ回る、オヂサンであっただが
頻繁に自転車に乗らなくなってからというもの
カラダの変化に
穏健なホームドクターにお叱りを受けまして......

e0123825_20005137.jpg

幸いベテラン看護師さんは一発で血管を見つけてもらい、痛みもほとんど無く血を抜いて
安堵でタマシイがぬけてから一週間後大腸内視鏡検査となりまして

前日の夜に下剤を飲んで、更に2リットルのゲロ不味いスポドリのような下剤を2時間で飲むという。
下痢のような腹痛はないものの、排便が透明になる頃にはオシリが痛くなっちゃいましたよ。

まあ〜〜ココまでの行程でうんざりなのもあって逃げ回るワタクシであったのだけど
社会の窓を前後ろにパンツを履いてベットに横たわると、
なんとも、まな板の上のなんちゃらな気分でありまして、
X線で内視鏡のチューブが挿入されてるさまと、カメラの映像を両方見れる頃には
エイリアンがお腹の中で這いずり回るリプリー気分を十分に味わっているのでした。

は〜い、ココも大丈夫、ココも〜、ココも〜 キレイですね〜
と、要所を見せてくれながら、解説が続いて
ちょっと我慢ですよぉ〜〜〜
なんで今頃我慢なのぉ〜〜〜〜
と思わず難解な張りと痛みでうぐぐぐ〜〜〜
はい、肛門の裏側も問題なし、大丈夫でぇ〜す

って、ココが本日のハイライトな衝撃でありました。
まぁ〜〜タマシイの抜け殻で、診察室で待っててね、といわれても、動けんかった。

診察室にドクターが入ってくると
せっかくとっちめてやろうと思ったのに、何にもなかった!とニヤリ。
不摂生してるからこうなるんですよ。これはらは...って台本が台無しになったわけですわ。

で、血液検査の検査票を見ると、マーカーは全部ど真ん中の正常値。
マジカ!!
自分でもビックリ。
ドクターはがっかり。台本の第二章も台無し。


まあ、結果オーライな結果でしたけど、やっぱり今のママでは不健康まっしぐら。
安心もしたけれど、このコンディションはキープしないとなぁ。
と、ココロを入れ替えました。

絶食と下剤でお腹がクリーンになったせいか、快適で
不思議なことに今まで襲ってきたストレスからくるような妙な空腹感もなく
ひょっとしたらすごく健康な状態じゃないの、と思えてくる。

なんだかね、コレを機に、ケンコーライフ送っちゃおう、と緩めに決意を固めるのでした。





[PR]

# by jake490 | 2018-08-29 23:00
2018年 08月 25日

8月の定期検診

家人の定期検診へ都心の病院へ
都心と言っても24区内というだけで、ちょっと長閑な雰囲気が残る界隈なので
検査から検診までの空き時間に散歩しながら写真を撮ったり、と。
全くもって暑いものだから、日陰を縫いながら病院の近くをふらりと。

e0123825_16312316.jpg


検診結果は一進一退という言葉がピッタリで、本人の意志やコントロールでは何もできない。
ただし、臨床ではどうなのか、わかっていれば意志が対応するはずで
でも、やはり、こういうことなのかもしれない、という、仮説がつきまとう。
ワタクシとしては、そんな不安感を払拭する包容力があればよろしいのだけど、
相変わらずグタグタなんだなぁ。

等のワタクシも病院嫌いなのだけど、とうとうホームドクターに捕まって
血液検査から、大腸内視鏡検査しよう、な流れで。

注射だけで、相当ビビるワタクシであるから、逃げられるなら逃げちゃおう、という
ドクターから言わせれば、酷すぎる、とお叱りを受けるのは、当然といやあ当然。

ほぼ毎日自転車状態から遠ざかって、ふくよかなボディとなったワタクシ
かなりヤバイかも、と、あんまり笑える要素が無いのが笑える。





[PR]

# by jake490 | 2018-08-25 23:30