人気ブログランキング |

空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ

2016年 09月 19日 ( 2 )


2016年 09月 19日

雨の日の、ご近所徘徊 with X30

家族の用事などこなしていたら、すっかり夕方近くになってしまい。
洗濯物をコインランドリーで乾かしがてら、近所をカメラ片手に徘徊する。
傘を打つ雨音と、時折通り過ぎる車の音だけが支配する空間。
少しばかり肌寒い空気。

e0123825_17441801.jpg

何度か書いたと思うけれど、コチラに引っ越してきた約30年前は、田んぼが多くて
とても空気が清浄なのが心地よく、田舎っぽいのが気に入っていたのだけど
今は、宅地化が進んで、宅地に囲まれて、田んぼがある、といった有り様。

稲穂が実る頃、ネットを被せる。
これが生み出す曲面が美しくて、撮したいモチーフのひとつ。
ここの田んぼは珍しくネットの色が白。
オマケに雨粒がくっついて。

e0123825_17442202.jpg

公園の生け垣によく植えられているのだけど、花の付き方が今ひとつのことが多くて
ファインダーで覗いても、ときめかない事が多かった。
けど、ようやくココでひとつ。

e0123825_17442896.jpg

コレもきれいに撮れた試しなし。
なれども、当たりが暗くなって光が沈みだした頃合いにまぎれて
何となくイイかな。
小さい花なのに、蜂が蜜を吸うんだよね。

不思議なもので、カメラ片手に歩くと、撮したい何かが見つかる。



by jake490 | 2016-09-19 22:44 | 写真、カメラ
2016年 09月 19日

アライメント調整したら……

勿体ないことをした…..これに尽きる。

e0123825_11435527.jpg


子供も成長し、家族旅行など、大仰な家族イベントも激減するし、ケーキも悪いし

オイル漏れを修理しつつ、傷んできた各部をメンテナンスしながら維持していくのもなぁ

大変気に入っていたNA2.5リッターエンジン、ビルシュタイン足回りのレガシイツーリングワゴン
車検を機にイキナリ手放すことにして幾星霜。

この頃から、生活をシンプルにしたい、というか、あれもこれも、という貪欲さに嫌気が差し
そんななかで、車無しの生活でいいや、と思いつつも、家族の生活スタイルを考えると
やはり、自家用車はあったほうがいいという判断で
その後、起こった色々な出来事からすると、やはりあって助かったわけではあるが、
もう、お値段安い中古の軽自動車になったわけである。

中古車の軽は結構割高な値段で、お安く、という仕入れ値を決められた以上、
あまり状態の良い車はそう簡単に見つからない。
いくら安くても、乗っていて悲しくなるような車も、そりゃないでしょ。
で、固定費があまりかからないで済んでいそうな店舗で、コンディションはアヤシイけど
もう時間無いし、と、ケツに火が着いてしまったので、買ってしまった。

やっぱり、走ってみれば、まあ古い軽自動車ならこんなものでしょう。
と、トルキーなエンジン、シッカリとした足回り、ガッチリなボデイ剛性な車からの落差たるや。


んで、あまり感心が無いものだから、メンテナンスもオイル交換時期を忘れてしまったり、
ワックスがけも殆どやらず、
まあ、天気の良い日は自転車に乗っちゃうからね〜
乗れば、清掃メンテなどして休日は終わっちゃうし

それに、不具合があっても、車検に通ればいい、みたいな、車のメンテコストに厳しい家人の目があったこともある。

そんな仕打ちを続けて続けたあげく、最近いよいよネを上げ始めたので、
ここらで、きちんと整備しよう、と申し上げれば、家人に、物の扱いが悪すぎる、と叱られた。
まあ、これは予想していたし、コレがストレスだから、まあいいや、と流れ流れての今がある。

叱られるのも説明責任と思えば、それでいいし。
これから逃げていたから、ここまで車が傷んだともいえるから
やっぱり、自分の責任なんだな、と。


前置き長くなっちゃったけど

コレはなおした方がいいですヨと直さなきゃヤバイです
というところを整備して貰ったわけです。
でも、それは、結構些細な整備箇所とも言えるファンベルト関係にまつわる部品交換と、
その時に下回りを覗いたら、タイヤの偏摩耗が著しいので、
アライメントを調整しないと、ヤバイです、とのことで、それでは調整しましょう。
片減りしてしまったタイヤでは危険なので、4本タイヤ交換しましょう。

と、それでも経費を抑えたく、タイヤは安いやつでいいよ、安いのでお願い、という
ロードバイクはソコソコにいいタイヤを選ぶくせに、と、車が不憫でならないが
いたしかたがない。


まあ〜〜〜〜〜整備が終了して、甚だ遺憾な気持ちに打ちのめされることになった。

というのも、エンジン、ミッションの不具合だろうと勝手に思っていたのが、
実は、ファンベルトとプーリーに主因があったのと
やっぱり、なオイルプレッシャーインジケーターの接触不良
これはセンサーばかりでなく、コネクタの接触不良もあって、エンジンが逝っちゃってたわけじゃかた。
再びオイルプレッシャー点灯したのは接触不良。
整備後、エンジンがそれなりに静かになったのと、本来のパワーを取り戻した感がでてきた。

それに、アライメント調整し、新しいタイヤを履いたわけだが、
店のスタッフ情報だと、タイヤのサイズが特殊でスポーツモデル系の寸法で、安いエコなタイヤのサイズが無いらしい。
セールなタイヤが無いので、地味な価格のタイヤを、今まで履いているタイヤで良いですかと謝られながら装着するのだが、
このタイヤ、POTENZAのOEMらしい。
道理でグリップが良かった。てっきり車体が軽いからグリップ感があったのだと思っていたのだよね。

車を受け取って、乗り始めた瞬間にわかる、足回りの向上。
直進性良く、ハンドリングのレスポンスよく、なんたるや、凄い変わり様。


代車の新型な軽自動車に、ワタクシんちの車はそれなりのスペックながらも、もうヘタリ過ぎてるのね。なんてかなりがっかりして、暗くなっていたのだけど、
この走りは一体何! どうしたの。 ゼンゼン良いじゃない!
こんなにもヨロシイのなら、現役続投ですヨ。

いままでケチったばかりに、随分遠回りしたもんだ。

車はバブル期に設計され生産されたものだから、コストはかかっていると思われる車体。
一応メーカーの言うところには、軽自動車の手法ではなく普通車、レガシィの設計と共通コンセプト
と、ナマイキなことをの賜っている。
スーパチャージャ付き4気筒DOHCハイオクガソリン仕様のエンジンにセミオート的7段変速付きCVTミッション、前後ベンチレーテッドディスクブレーキ、四輪独立懸架サスペンション
とスペックだけはなかなかのものである。

そのスペックの片鱗を感じさせる走りになってきたのはジツにウレシイ。
と、同時にコレだけの整備を予めやっておけば良かったと、後悔しきり。

なものだから、勿体ない思いと同時に日々の流れな車の運転がちょいと楽しい。








by jake490 | 2016-09-19 22:43 | イジる