空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 16日

梅雨空に燕

梅雨寒とはよく言うけれど、寒すぎです。
思わずフリースを着込んでしまいました。
今週末も息子は仕事なので、時間に自由が利き、気ままに撮影ロケにでかけます。
長袖にウインブレなパーカーでも、車外に出るとじわりじわり寒さがしみてくるぐらい。
こんな天気ですから、こんな天気だからこそ、の山々の風情などを味わいに。

e0123825_23270371.jpg

天気予報よりも雨の降り出しが早そうで、モノトーンと化した山の木々を雨煙が漂い
気温が低い分、湿度が高さに不快さはそれほどでもなく、寒さが心地よく。
雑音のない空間にいる心地よさとともに、心の汚れが剥がれ落ちていきます。

e0123825_23280383.jpg

まだ通ったことないエリアに行ってみよう、と、川の方へ下り
釣り人やBBQな人達が点々まばらで長閑な川べりに出たわけです。
このあたりだと耳にするカジカの鳴き声が川筋に響き、
それに野鳥の声が重なり、そのベースには川のせせらぎがワタクシたちを包みます。
家人が木の向くまま撮影を始めると、何を撮影するかの決めていないので
ぼんやり川面を眺めていると燕が水面近くに飛び回り、
エサ取りなのか、ループしているのがわかったので、こんなのどうやって撮るんだヨ
とばかり、捉える条件を一つ一つ積み上げていくと、やっぱり無理っす。
という答えしか見当たらん。

e0123825_23275431.jpg

無理は無理としても、機材的条件は揃ってもウデが無きゃどうしょうもないので
トレーニングしておこう、と。
ナ、訳で、燕はブレていても、画面には収めた、という証拠を足跡は残しておこうかと。
連写せず一枚一枚タイミングを合わせてシャッターを切ってみました。
シャッタースピードが500/1以下にしか上がらないのでネ。
ツバメの飛翔速度からするとジャスピンは1000/1付近からじゃないでしょうかねぇ。
また一つ課題が出来た感じです。

e0123825_23281054.jpg

ロケハンも兼ねていてたので、ランチは車内で手弁当(らしきものだけどw)
まだ見たことがない滝のあるところへ行くつもりだったけれど
途中で写真撮影しているものだから、時計を見てびっくり。
夕刻近くになっていた。

滝の入り口までは徒歩でいく様子なので、じかんは 遅すぎ。
次回のときに、もうちょっとアクセスの情報を仕入れておかんとイカンね。

山のトレイルの入り口には、クマ出没の注意が喚起されていた。
今年は栗が少ないみたいで、クマが里に降りてくるそうだ。

昼なお暗いトレイルを徒歩で行くには、この雨とこの時間では諦めざるを得ず
エンカウンター森のくまさん、はシャレにならない。
尻尾を巻いて退散、とあいなりました。






[PR]

by jake490 | 2018-06-16 23:27


<< 梅雨の晴れ間に一走り      調布のネズミ男 >>