空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 08日

久々にご対面したV坂は壁に見えた

ブランクってやつは全くもって自分の理想との隔たりを大いに感じさせてくれるわけで
疲れとか倦怠感もなく、ただ力が湧いてこない。
ともかく、回復。アクティブレストな走りでカロリー消費に徹することにしよう。

e0123825_00580846.jpg

曇天でフラットすぎる光周りに、写真を撮る気分も上がらず、
体調からロケハンするか、流して走るか、で流して走るを選択。

終始追い風に抗う多摩サイであったが、気がつけば稲城。
ペダリングは禅問答のようで、アスリートにとって大きな課題であるが
体力のないオヤヂには、他拠り所であり、物理実験でもあって
演算処理の悪い灰色の脳細胞をフル回転。
あ、脳みそも回転するのか。ペダルと脳みそをクルクル。

適度にトルクを掛けてどのように筋肉を使えているかを知るには登坂がワタクシにはわかりやすい。
稲城から尾根幹で戻るつもりだったのだが、そこまで脚があるかな〜〜
無いよな〜〜〜
じゃ、近くのV坂へ。

ノーテンキに坂の下についたの良いが、見上げれば、結構な傾斜。
こんなに急だっけ。まるで壁に見えるぜ。
いままで斜度のある坂を登ってきたのに........コレがブランクというやつか。

臆すること無く、というよりも、考えなしが正解。
かかるトルクからインナーを使わずにいけそうだ。
フロントはセンターのまま、ヒイヒイ。
今にも止まりそうな速度で上りきる。

不該がないので達成感など無く、途中で足をつかなかった自分で良かったぐらい。

坂の上にある温泉の一角にかるベーカリーの「ふわとろクリームパン」に心奪われるが
なんとか耐える。そればかりは自分を褒めてあげたい。

帰路は尾根幹など行く脚などあるわけ無く、むしろ脚ガクガクで
正真正銘の疑いの余地のないヘロヘロペースで帰宅。

消費カロリー量は1700ちょい。






[PR]

by jake490 | 2018-06-08 23:57 | ジテ通


<< 雨明かり      脚が回らん、アタマも回らんわけで >>