空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 22日

風薫る

子供の頃から慢性のアレルギー性鼻炎なので、嗅覚が鈍感なワタクシ。
嫌な匂いを嗅がずに済む反面、良い匂いも鈍感なのは、大いに人生損失していると思う。
週末は、どんだけ夏なんだ、という日差しが降り注ぎ
5月6月をスキップして真夏がやってきたようだった。
駄菓子菓子、木陰を通り抜ける風が心地よく涼感を伴い、
汚れちまったワタクシを清浄してくれるのである。

e0123825_15295690.jpg

家人の通院する病院の近くに野鳥がやってくる公園を発見して以来、
診察までの時間をこの公園で過ごすようになったのだが
発見した冬と装いもスッカリ変わり、若葉が生い茂り、野鳥を捉えるのは困難で
花の咲かない手入れが悪い?藤棚のしたのベンチで
時折舞い降りてくるムクドリや雀を狙ったりもするのだが
幼子たちの遊ぶ歓声や笑い声が風に乗って来るのが心地よく
アタマはボケっと体の力も抜けまくる。

e0123825_15295798.jpg
広場に出てみると、虫を啄むのだろうか、ムクドリが走り回るのをMF錬するのだが
目に入った信号が指に伝わるまでのタイムラグで、自分が自分を許せない。
癇癪を起こしてもしょうがないのだがね。
まあ〜〜〜こつこつやろうよ、と我に返るころには、クタクタでね。
走るムクドリの姿をよくよく見て思うのだけれど
鳥類は恐竜の子孫であるからして、あの走り方を大型にしていくとTレックスは可のように走るのではないか
と、想像しながら、イメージ拡大していくと、あながち外れていない気がする。
巨大化したムクドリが地響きを立てて広場を駆け回る姿を目の前に
一応ジュラシックパークのシーンのTレックスと被してみる。
馬鹿げてはいるけれど、結構面白かった。


e0123825_15295741.jpg

帰路も空いていたので府中に立ち寄り、空振りだった写真活動のリベンジを小一時間。
何故か冬鳥なはずのツグミが一羽。
渡りそこなったのかな。それともグータラなのだろうか。
グータラだったらワタクシと同じだな。

e0123825_15295673.jpg

そんなこんなで、日曜日も暑いものだから、お昼の買い出しの前にサクッと同じ場所へ
色が悪いからやめておこうと言っていた藤棚は日中でもやっぱり色が悪く
写欲がそそらない。
日差しの強さに涼を求めて古民家に逃げこんで、35ミリを使ってみるか、と思いつつ
X30で設定した白黒のプリセットを日中でお試しするチャンスだよね、と。

e0123825_15295622.jpg
今まではカラーで撮影した後に白黒にする手法が主流であったのだけれど
白黒で撮影すると決めて撮影にあたると、見えるものが変わってくるのは確かで
センスと腕はチョイと横に置いといて
やっぱり、自分のモチーフにより確信をもたせるには必要なことだよなぁ。
と思ったわけですね。
そんなにストイックじゃないからね、曖昧な、とかコレはカラーでも良いんジャマイカ
というときはRAW撮りで。
もしくはその時なりのフィルムシュミレーションで。

e0123825_15295725.jpg

カメラが描写する画像に拘るなら、ボディ現像すれば宜しいし、
撮影現場で、瞬時にコレだ、と決め打ちできるにはまだほど遠い。







[PR]

by jake490 | 2018-04-22 23:29 | 写真、カメラ


<< X30用にテレコンレンズをゲッ...      今月の検診 >>