空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 31日

開高健

アーカイブを整理していたら、
湘南に開高健の自宅を改装した記念館を訪問したことを思い出した。
多分、ヘミングウェイ的な釣り食べ物を愛するアウトドアズマン
美味そうにウイスキーを飲み、肴を食べるCMの印象が強い人が多いと思う。
そういった著作に至る前に、ベトナム戦争をルポルタージュして従軍し
多くの米兵が命を落としたとてつもない戦闘で、生き残った人でもある。
ヘルメットを被った丸腰の民間人の恐怖たるや、なんたることか。
そんな著作に触れた若かりし頃の記憶があるのだが、
ワタクシの脳細胞は肝心な事柄を忘却する能力は天才的だ。

e0123825_18201820.jpg

ベトナム戦争については、今ワタクシの中にあるものは、
大人になってからの後付な印象と知識で、子供だったこともあるから致し方ないが
どちらかと言うと、当時は反戦的なフォークソングばかりが印象に残ってる。
ただ、オヤヂが自衛隊員だったので、戦争というものは
漠然と、オヤヂの生死を分かつものとして、子供心にのしかかっていたのもあって
離れた存在ではなかったのは事実。

そこで起きているナニカを伝えるために生命をとして取材する、という精神力に
敬服せざるを得ない若い頃のワタクシは、かのようなジャーナリストは憧れの対象であった。

e0123825_18204765.jpg

凄まじい戦闘で生き延びた情景描写を、記念館で展示してあるヘルメットで呼び覚まし
生半可な生き方をしているワタクシに串さして、
串刺してみたものの、あんまり変わり映えしとらんのぉ。

なんだか知らんうちに、開高健が亡くなった年齢よりも上になったりするのだね。
安酒を美味そうに飲むのは勝てるかもしれん。
真似したくない腹の出具合はいい勝負。
生きている分だけ、少し勝ち目を増やしておこう。







[PR]

by jake490 | 2018-01-31 18:22 | カンジる


<< MF錬      1月の検診 >>