空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 22日

万遍無く灰色の世界

首都圏は何年かぶりの大雪で、天気予報の降る降る詐欺かと甘い見積もりでよいか
また、いやいや、マジ豪雪になりそうとか、判断するのにアタマはお祭り騒ぎ。
以前、ジムニー、レガシィに乗っていた頃は、喜々としてらしく走れるわけで
キタ〜〜〜って思ったけど、
いざ、通勤ともなると、それぞれのドライバーが思うように走れるわけでもなく
結局は渋滞の最中の1台となるわけで、
四駆のアドバンテージが時間通りに通勤できる要件とはなりえないのが悲しい。

e0123825_16165608.jpg


現在の車はFFだし、渋滞の中に埋まるのはウンザリだ。
で、電車とバスで、と、なるわけで、それでも、遅延とかがあると
歩けるものなら歩いちゃえ、とアタマよりカラダ的な判断をしがちなワタクシである。

e0123825_16170063.jpg

朝はまだ天気も崩れていなかったので、公共交通機関で通勤したものの
お昼前から、盛大に雪が空から降り続き、
この悪天候の中で、来社して共にお仕事するお客様の対応が済んだら
定時を待たずに退社することになった。


e0123825_16170438.jpg

何時来るか分からないバスを待つのなら、まだ明るいわけだし、駅まで歩くことに決めた。
雪雲は厚くなり空は暗くなるが、積雪はくるぶしほどなので、まあ、イケるかな、と。
歩きだすと、気温が低いので、降り掛かった雪は払えば落ちるぐらい。
たまに寄り道するトレイルのある山(丘)に登っていくと
そうだ、そうだよなぁ
山に登れば、積雪はかなり深いものになって、スパッツが欲しい、
というよりは無いとマズいよね、な膝下までキタコレになってしまった。
行くも帰るも中間点、進んだほうが、より駅に近づけるわけで前進。

降雪中は一面の銀世界、なのではなく、あるもの全ての立体感を抹殺するような均一した灰色の世界。
木の枝に積もった雪がサラサラ、時折大きな音を立てて落ちてくる。
なんとなく、消滅していく世界みたいな既視感。
横風で白くスプレイをかけたようにウエアに雪が覆っていく。

e0123825_16171114.jpg

ここの丘には所々に単独で枝葉を伸ばす巨木がある。
この吹雪く丘でどんな姿をしているのだろう。
ひと目、それを見てみたいので歩いてきたわけだ。

写真で撮って見たものの、この環境の中での存在感を表現できる技術がない。
というわけで、暫し吹雪かれながら巨木と対峙する。

e0123825_16171527.jpg

雪あかりに目が慣れて既に夜が始まりつつ時間であることに遅ればせながら気づく。
靴の中に雪が入らないようにもも上げ的な歩き方をしてるのだが
コレが、結構くるねぇ。
足元が悪いのもあるけれど、何度か足を滑らしてコケたのが笑える。

雪の中でスキットルからウイスキーを舐めるマネをしてみたかったのを
すっかり忘れてたのが残念だナ。
ポットの冷めかけたコーヒーが美味かったから、良しとしよう。







[PR]

by jake490 | 2018-01-22 23:15 | 写真、カメラ


<< デジタルなのにDPEしてみる、など      Brings backs me... >>