空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 26日

多摩動物公園へいざ行かん

家人のRX10mkⅣ、ワタクシのXC50-230OISの動物園デビュー戦である。
もう戦果は明白なのだが、ワタクシの分が悪いのは決定的。
もともとPENTAXに装着したSIGMAのズームは300mmだったかしら
その時のワタクシはX30で超解像ズームで戦っていたわけである。

e0123825_18441476.jpg
動物園に行ったところで、もはや撮影距離のレンジを外れているので
荷物持ちなポジションでしか無いわけで、
そんなわけで、微々たる小遣いを工面して、
巷の片隅で、実は恐ろしいコスパだよな、な噂のジツにお手頃XC50-230OISを
中古で手に入れて、せめて荷物持ちだけで終わる動物公園は回避する手立てを打ったわけだ。
実際、望遠レンズは軽いし、上には上があると思うけど、ロングレンジを撮影できるのは
ジツに楽しい。
いい思いをしているわけだが、家人の鳥を撮りたい熱がドンドン上昇。

次のお誕生日には大砲のようなレンズだねぇ、なんてうそぶいていたけれど
主婦の日常で大砲のようなズームレンズを抱えている姿は有りえんわけで

ひょんなことから息子がからかい半分RX10なんてどうよ、って茶化したのが発端
何故だ。何故なんだ。
今、家人の手元にRX10mkⅣが、君臨している。


仙台に出張している息子の帰宅に間に合うように、どこか撮影に行こう、というリクエスト。
ワタクシも日が落ちる前にはOHの終わったMTBを引き取りに行きたいので
もう、ほとんど隣と言っても過言ではない多摩動物公園に行って試写してみましょう。
と相成った。

e0123825_18442742.jpg

実際問題として、RX10mkⅣは操作に慣れれば凶悪なぐらい動態にフォーカスが食いつき
ロングレンジをビシバシ撮れるのだが
ワタクシのXCのAFは今の時代ではもはや昼行灯な縁側で寛ぐような速度と精度なわけで
それをどうにかしてやらんといかんだろうな、と
灰色の脳細胞をフル回転。
駄菓子菓子、名案が浮かばぬまま、チーターのエリアにやってきた。

e0123825_18443784.jpg
前回雪豹の前に陣取ってい写真愛好家のようなワガママな輩はいないので気分晴れやか。
はてさて230で何処まで撮れるのだろうか、と構えるのだが
なんというか、チョコマカ動きまくるチーターにフォーカス出来ない。
その横で、大砲を構えたオヂサンがパララララ、と連写だ連写!
(≧∇≦)b❢と思った瞬間、アウトフォーカスしていくわがレンズ
その横でまたしてもパララララ

なんて日だ。

e0123825_18444385.jpg
家人も軽快に撮影を進め、なんとも裏山鹿なショットを見せてくれる。
四苦八苦するワタクシが陳情すると
腕でカバーしろ、と.......

なんて日だ。

そうだ。メカに依存するからダメなんだ。
考えるな、感じるんだ。


だが、ワタクシのフォースでは更に活発に動くフラミンゴには太刀打ちできなかった....

そんな打ちひしがれるワタクシに、使い方がわからんから教えろ、と。
あん、汚らわしいワタクシが触るとRX10が腐るから触っちゃいけなかったんじゃないのか。
とおクビにも出さず、アレコレ、設定を弄るワタクシ。
はやっぱり荷物持ちのポジションなんだな。

e0123825_18445376.jpg

ワタクシの立ち位置がわかったところで

まあ、悔しいとか、なんとか凹んだ気分ではあるけれど
結局のところ、動物を撮影しようと思ったら、その動物をよく観察することからだよな。
そりゃもういい勉強になったわけで
家人も、撮れ高ヨロシイのでゴキゲンで楽しそうなのは何よりなわけで

e0123825_18450089.jpg
動物園に行って動物写真よりも紅葉のほうが撮れ高が良いのは、なんだかな~
なのだけど、
課題として、フォースを覚醒して、フィジカルを高めていく、鍛錬が必要だし
動物の観察力をはじめ、世の中しっかり見てなかった自分である
ということが見えたのは実に良いコトだナ。

e0123825_18450684.jpg
折からの風に舞う落ち葉に歓喜し感極まる子供に、自分が忘れている感覚を思い出させてくれたのも......

結局は良い日だったのだナ 今日は。






[PR]

by jake490 | 2017-11-26 23:43 | 写真、カメラ


<< メンテの行き届いた自転車は快感の塊      今月の検診は可もなく不可もなく >>