空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 09日

MTBで近所を徘徊する

もう、何度言葉にしただろうか......
「ちょ〜〜〜久しぶりの自転車!」って。
まあいいや、しょうがないもん。現状では何度でも言っちゃうもん。

e0123825_21315744.jpg

家人のポスティングのお手伝いで、ご近所にフライヤーを配布にMTBで。
秋はイベントが多いので配布する期間が短いゆえの、お手伝いであります。
このお手伝いは、結構楽しくて、地元の有り様がよく分かるのですね。

e0123825_21320884.jpg

にしても、忙しさにかかけて放置プレイな我がMTB。
エアは抜けているので、朝から気合のポンピング。
チェーンのオイルはまだ生きていて、ブレーキも大丈夫だナ.....
でも、そこかしこ、痛みはあるし、消耗もあるよね。
と、悲惨なコンディションに心痛みながらも、
乗るとなれば、心が踊るのでありました。
やっぱり自転車に乗ると楽しいな。

e0123825_21322140.jpg

電動アシスト自転車で、発進加速も登坂力も上を行く家人を追いかけつつ
お仕事をこなしたその後は、
無事に育ったカルガモの雛に会いに行こう
となりまして
ご近所のフォトジェニックを探しながらぶらぶら

e0123825_21320214.jpg

どれが親なのか雛なのか、ようわからん、のではないかと疑念モリモリであったけど
子供は子供、好奇心とか、動きで、なんとなく雛なのがわかる。

e0123825_21321431.jpg
不思議なもので、カルガモのいる湧水の森はまだ驚くほど夏の風情で
ミンミンゼミとかヒグラシが鳴き、
子どもたちは水遊び
でも其の一角を離れると、やはり夏を引きずりつつも、秋を感じる景色なんですよね。

e0123825_21320884.jpg

慌ただしい毎日であるが、少しづつでも、お手入れいこう。
可哀想すぎる。
ちょっとしか乗ってないのに、痛くなったオシリも可哀想過ぎるw
オシリも鍛えないとな。






[PR]

by jake490 | 2017-09-09 21:56


<< 嬉しいメッセージ      自転車界に復帰すべく、ローラー... >>