空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 10日

Brings backs memories by photograph / Feb_2008

e0123825_16385775.jpg

冬深い厳冬期の2月の夜は深々と防寒ウエアから冷気が染み込んでくる。
一応最高レベルの防寒ではないものの、それなりに耐寒対策をしていても
手足の指先は時間を負って厳しい。
かといって、負荷をかけて熱量を上げると体幹に発汗し汗冷えし返って寒さで殺られる。
当時は冬用のインナーウエアなどの知識も無かった。
なので、淡々とペースを維持できる多摩サイがメインルートとなる。
オンシーズンには標高の高いところへ登りたい、峠を超えて走っていきたい、と思えば
ベースとなる心肺能力と持久力が必要で
トレーニングメニューはLSDとなるのだが、
ノンストップで走ると2時間半後に脚にくる、という......ペースメイクも出来ていなかった。
で、なによりも余計な脂身を落とさにゃならんという。

多摩川原橋をターニングポイントとして走るとそれなりに帰宅は深夜になる。
人通りも車も殆ど通らない、聞こえる音は走行音と風切音だけ
氷点下の気温では空気の存在感をありありと感じながら、頭はぐんぐん冴えていく。
寒さで神経が体に行き渡るのだろうか
自分の存在感が拡張する感じになる冬の夜のライドは結構好きだったりする。
鼻水の処理がどえりゃ〜〜けど。






[PR]

by jake490 | 2017-07-10 16:41


<< 手持ちレンズとclose-up...      まさかルリボシカミキリに出会え... >>