空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 01日

道交法改正施行日だよ

「自転車の運転による交通の危険を防止するための講習に関する規定の整備」
の施行日が本日なのですね。

e0123825_15480291.jpg

自転車による危険な違反行為とは

①信号無視
②通行禁止違反
③歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)
④通行区分違反
⑤路側帯通行時の歩行者の通行妨害
⑥遮断踏切立ち入り
⑦交差点安全進行義務違反など
⑧交差点優先車妨害等
⑨環状交差点安全進行義務違反など
⑩して場所一時不停止等
⑪歩道通行時の通行方法違反
⑫制動装置(ブレーキ)不良自転車運転
⑬酒酔い運転
⑭安全運転義務違反

書くとイッパイあるなぁ
だけど、普通の人なら、一般常識で対応すればナニコレ?ぐらいな殆ど問題ないことなんだと思うけど
息苦しいとか、警察の横暴だとか、だまし討だとか、
いろいろと、おっしゃる方々が散見されますわ。
何を隠そうワタクシだってコレ普通のことだろう、と信じ切っていてズレていることは
恥ずかしながら多々ありまして、ルールとかマナーは謙虚におさらいすることは大事なのです。

わかりづらいところをかいつまんでみると

③歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)
自転車も走っていいよという「自転車が通行可能な歩行者用道路」の標識がある歩道を
自転車で走るときは常に徐行をしなければなりません。

罰則は3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金(過失罰あり)

歩道を走るときは徐行しなくちゃね。
ていうか、これ、当たり前じゃん。なのだけど、いるんだよ、ロードもMTBも。
傾向的にはロード>MTBなのだけど
ピチピチジャージレーパン姿で歩道疾走しているのを見てるとイタい奴に見えちゃいますよ。
ワタクシMTBで車道を走っていて、歩道を結構な速度、ワタクシにはMTBで時速30kmキープは死んじゃう速度なんですけど
危ないから注意したろ、と追いかけて徐行しなよ、といったら、中指立てるお返事をいただきました。
ワタクシ風情で時速30kmキープできる道路ですから、ロードだったらそれなりに
快適速度で走れるのですけど、なんで歩道を走るのか、意味がわかりませんでした。
チームジャージなんてきてたら、即クラブに通報物件ですわ。
絶対チクりますよ!


⑪歩道通行時の通行方法違反
基本、自転車は車道なんですね。これはおそらく周知されていることと思います。
で、自転車通行可な標識があるところは通行OK

また13歳未満もしくは70歳以上、身体に障害を持っている方もOK

じゃあ、アレコレこういうとき車道走ったらあぶねーじゃねーか
とか、怖くて車道はしれない
なんてとき、なんて片手落ちの道交法なんだ!!!
と大声をあげるのはチョット待て。

安全のために止む終えない場合、というルールが有るんです。
何が何でも車道を走れ、ってわけじゃないのね。
ただし、これには「やむおえない」は客観的に認められる必要があって
自転車利用者が主観的にそう感じるだけじゃダメなのだそうだ。
車道走行に不慣れな人が車道走るのに不安を感じ回避して歩道を走るのは認められないわけです。

冷静に考えてみれば、自転車だって運転技術がいるわけで、それぞれが共存していく上でそれなりの技量とマナーがないと通行する以前のオハナシだし、自転車に乗る以上ルールに沿って社会適合する必要があるわけです。


⑫制動装置(ブレーキ)不良自転車運転

コレが一番困りモノなんですよ。その多くはママチャリ等の一般車なのだけど。
あ、一時ピスト云々騒がれましたけどね。母数はコチラのほうが遥かに多い。

車で交差点一時停止しているときに、
オバちゃんが、なんでこんなところに止まってるのよ!!
と怒鳴るので、ナニか❢❢と思ったら
あたし止まれないじゃない!!!
って、ふらふら、転倒しそうになってました。お気の毒です。

ワタクシは貴女が走ってくるのを見て、一時停止して、通り過ぎるのを待っていただけですよ。

ということは、前方不注意で走ってたわけですね、奥様。

とか、スマホしながら乗ってきて、前に障害をみつけて慌ててもブレーキ効かずに突っ込むとか、思い起こせばキリがない。

スポーツ自転車に乗っている人はブレーキの効かない自転車なんて乗っていないでしょうけど、ご家族でアヤシイかったりしませんか。
実はウチの家人がソレでして。
電動アシスト自転車に変わってからはブレーキ効くように整備してますけど。


だいたい、スポーツ自転車に乗っていて運転免許など持っている方だったら
あやふやなところはこのあたり、というところを書き出してみました。


世の中、逆走、無灯火とかいろいろ問題はあるけど、それはまたの機会に(あるかな)

まあ、思いやり云々とか大袈裟に言わなくても、歩道通行可能であっても、歩行者が多ければ押して歩きますし、お年寄りがいればなおさら、注意して、ご挨拶しなくとも、軽く会釈してすれ違ったり譲り合ったり、というのが普通のことだろうと思います。





[PR]

by jake490 | 2017-06-01 15:53


<< 「加藤文太郎」      そしてVOLT800実践投入一夜目 >>