空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 23日

唯一無二の孤高な存在、XF35mmf1.4R

e0123825_20054488.jpg
ワタクシにとって、これ以上無いレンズ、一目惚れからエンドレスラブ。
このレンズに上位機種と同じX-Transを搭載した最も軽量なボディ、X-M1と組み合わせる。
基本移動形態が自転車なので、小型軽量であることはマストなのですね。

ことの発端はX30が故障でドック入り。
その間、カメラロスで寂しいことも然ることながら、写欲の熱が押さえられない。
ハードウエアのトラブルは何時でも起こりうるので、その対策としてもう1台カメラが必要だった。
もう1台X30を、とも頭を悩ませたが、写真にさらに踏み込むことを優先し
高い評価を獲得している35mmレンズに注目。
基本中の基本である標準レンズで、再びカメラ修行するのがいいよね、と
評価と思惑が重なって、ロードバイクのホイールを買うために貯めていた資金を放出。
晴れて、手にすることはないだろう、と思っていた一眼レフカメラを手にしてしまったわけであった。

e0123825_13000451.jpg
機材が揃ったところで撮りだしたときの1枚がこの若竹の写真。
画像データをMacで開いてみたら、まあ、なんというか、言葉に出来ない感動がありまして。
ネットで散見するこのレンズで撮影した写真は素晴らしいね、と思ってはいたけれど
自分が撮影した写真からすると、このレンズの秀逸さを嫌というほど痛感したわけです。
正直、舞い上がりましたね。
もうソノ気まんまん!!!

e0123825_13000950.jpg

ただ、初めは、今でもだけど、焦点距離がX30と35mmでは大きな差があって
というよりも、X30は被写体にくっついちゃう位寄れたので、最短焦点距離の概念が
スポッと抜けちゃっているので、大いに戸惑うことになり
なれるまで、ちょいと時間がかかった。
今でも、寄ろうと接近しちゃうから、無意識で。


e0123825_13001530.jpg
エアリーな写真は一度は撮ってみたい、という願いが叶いましたね。
問題は、ファインダーがないので、ピントの山が今ひとつわかりにくいのと
被写界深度確認がし難い。
まあ、老眼ズだがらね、余計なのね。

e0123825_13002051.jpg
近接撮影が多い方だが、ランドスケープも撮る。
台風一過の夕焼け空はダイナミックで、大きな雲がグリグリ動いていく、
そんな風景を、立体感もよく描写してくれる。
引いてヨシ、寄ってヨシ。

e0123825_13002687.jpg
多才な単焦点レンズである。
強いて言えば、柔らかい。

e0123825_13003594.jpg

かといって解像感もあって、キツくならず

e0123825_13004103.jpg
リアリティもあって

e0123825_13004605.jpg
存在感キリッとした強い表現もちゃんとできる


e0123825_13005182.jpg
もう言葉もなく

e0123825_13010800.jpg
ひたすら撮る

e0123825_13014112.jpg
他のレンズが欲しくないわけじゃないけれど、レンズ交換式カメラだし、
先ずはこのレンズの世界観を把握したい。
それが先だよね、資金がたっぷりなら話は別になると思うけど。
使いだして5ヶ月あまり、まだまだ出してない見つけていない引き出しがたくさんありそう。

e0123825_13015053.jpg

まあ、欲しい、と言って直ぐ買える代物ではないから、欲しくなる前から小遣いは貯めないとね。
当面は中望遠レンズあたり、
56mmかな、と手に取ってみたら、重かったので、やっぱり60mm…..か


e0123825_13015677.jpg
それとも、暗くはなるが、軽量さがあって、X30の焦点距離よりも長いレンズで
撮影範囲を拡張するか
そのあたりだろう。

e0123825_13020487.jpg





[PR]

by jake490 | 2016-12-23 13:11 | 写真、カメラ


<< 家族とカレー曜日なクリスマスイブ      X30のポテンシャル >>