空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 15日

今更何よぉ〜!って感じで気がついたX30の操作方法

e0123825_22512882.jpg

まだまだつかいこなせていないX30
写真のセンスは先ず横においておいて、カメラ操作はなんとか手になじませたい。
所謂、手軽なコンパクトカメラではなく、細かく操作をコントロールできたり
カスタマイズが出来るのは、入門用というかシンプルなミラーレス一眼よりも
細かな設定が出来たりする。
現に、X-M1よりもカスタマイズが出来る。
もっとも、X-M1は、初心者にも扱いやすいシンプルなカメラだから、ソレはソレでOK。

X30を使い込むに連れて超解像ズームの利点に気がついてからは
画像の荒れが目立たないレベルであれば、荒れよりも超解像ズームのメリットがあるのなら
積極的に使おう、と。

でもな〜 切り替えが面倒なのだよ。
わざわざメニュー画面から呼び出すとか、しょうがないな~、と暫く使っていたわけで。

で、いい加減、なにかショートカット的なことが出来ないかなと
オンラインマニュアルを眺めていて、いままで素通りしてしまっていた項目に気がついた。
なにを今更である。
ばかだねぇ〜〜〜〜

先入観がコマンドボタンだったけれど、まあ、事実コマンドボタンなのだけど
ファンクションボタンでもあって
各ボタンの機能を切り替えることができるのだ。
その中に、超解像ズームがあることを発見!!!!!!

というわけで、赤丸アイコンの録画ボタンを超解像ズームの切り替え用に変更。
操作性が格段に良くなった。
ファインダーを覗いたまま、ほしいときに直ぐ切り替えできる。
そしてFnボタンはパフォーマンス切り替えに。
いつも省電力モードだけで使っていたが、操作上パフォーマンスモードのほうが良い場合もあることも確認したし。
これで消費電力のマネージメントが攻めのマネージメントになりそうだ。

それともうひとつ
レンズフードの内側にねじ切りがあるのだが、それに嵌合するフィルター口径は、なんと52mm。

つまり、X-M1用の35mmレンズのフィルター径と一緒♪
ということは、共用が出来るというわけで、
買い直さなけれいかん、と思っているPLフィルターとかNDフィルターとか
1式で済む、というのは、超〜〜〜〜ありがたい。




[PR]

by jake490 | 2016-11-15 22:53 | 写真、カメラ


<< XF35mmf1.4R+Clo...      自転車に乗ったのはクローズアッ... >>