空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ
2016年 04月 27日

曇のち雨の日

夜から雨の予報だが、これは日中から降るな、という空模様。
自転車で行かないの、と家族にからかわれながら、車で出勤。

e0123825_16384747.jpg

時間に余裕があるときは、途中の自然公園をカメラを片手に散策する。
といっても、ほんの5分、長くて10分ぐらいのものだけど。

木々はすっかり新緑に覆われて、空の欠片も見えないが
若々しい緑色を透かして空の明るさが見える。

森の朝独特の肌寒いような湿度感のある空気に包まれて青々とした木々を眺めると
その空気の中に自分も溶けこんでしまうような錯覚があるね。

写りの良いカメラを持っていると、
心に響く写真を撮ろうという気持ちも旺盛になるから、
自ずと自分の周りの世界を更に見つめるようになる。
そして、何もないと思えるところから、何かしらを発見する。

人の心も一緒だな。
相手を上辺だけなぞるのではなく、シッカリ見つめると
その人の魅力を発見するんだ。
だけど見なければよかったことも…..
だがね、それは見なかったことにして流してしまおう。

曇の日はね、光にごまかされない、何かしら本質めいたものが見える気がする。

車に戻ったら雨が降ってきた。
濡れなくてラッキー♪






[PR]

by jake490 | 2016-04-27 16:42 | カンジる


<< New XT M8000シリー...      夕焼けに間に合う >>