空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ
2016年 04月 10日

夕暮れ里山散歩

e0123825_01072136.jpg

この週末は仕事なし。金曜の夜まで、どうなることやら状態だったのですけどね。
残業も続いていたので、殆ど家事のヘルプができなかったので、
この土日は、家人のヘルプを中心に回しました。

スキマ時間に写真の整理とかイジイジやっていたら、
暇さえ会えればMacをイジってる、身体を動かさないのは良くない!
と叱られた。

あのね、こんな天気のいい日に、自転車に乗らず、引きこもりでいるワタクシ、
できれば、走りに行きたいヨ。

まあ、まだ陽があるうちに(といっても曇っているが)小一時間ほど、散歩してきますかね。

e0123825_01065253.jpg

土曜日は、雨こそ降らなかったものの、風が強くて気温が高くて.....
まさに花散らし。
殆どの桜は花をだいぶ散らしてしまったね。


雑木林の中に入り込むと、何本かあった山桜の花がほぼ散って
細い枝の先っちょに、いくつかの花を残しているだけ。

e0123825_01053202.jpg

雨後には水量が多かったであろう沢は大いに湿っているだけで
流れの留まった溜にはアメンボが波紋をたてているだけ。
そういえばアメンボ見たの、かなり久しぶりな気がする。

e0123825_01055208.jpg
砂利に足音を立てるたびに鳥や、何かしら小動物が逃げていく。
木立の中からウグイスが鳴く。
先日立ち寄った時には蕾が首をもたげ始めたばかりだったのに
もう、こんな一面に花が広がった。


e0123825_01245501.jpg
一雨ごと、なんてもどかしい。
ここは一気に咲いてやる、みたいな。
この子もそうだ。先日は蕾が整列してたのにな。
明るさの足りない雑木林の谷の中、
この強い黄色が眩しいぐらいだ。

e0123825_01060750.jpg
若葉も成長著しく
時を止めてしまった花を残して、若葉を空に広げていく。

e0123825_01275983.jpg

そうこうしているうちに、木立の中は光を失ってきたので、
まだ明るい丘に回ると、
西の地平線から夕陽が射してきた。
この黄色い花は、最後の生き残り?それとも先駆け?

初めて見る花の多さよ。
近所を歩いただけで未知の世界がまだまだある。

e0123825_01085970.jpg

帰宅して、ウエストバックからカメラを取り出した時、
カメラが収納されているべきカメラケースが無くなってた。
落とした記憶が無いが、そのカメラケースにカメラを入れた記憶がある。
どうしたんだ自分。
ほとほと嫌になる。
どうもこのところ気が抜けてる感たっぷり。

この週末沢山ヘルプしたご褒美に、カメラをいれる小袋を家人が縫ってくれた。
これは紛失するわけにはイカンな。





[PR]

by jake490 | 2016-04-10 23:01 | 写真、カメラ


<< 桜散りゆく      Taken on April ... >>