空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ
2016年 04月 06日

夕暮れ花見ライド

e0123825_01072631.jpg

定時に仕事終わる!!!という春の珍事。
なんと太陽が出ている時間帯だし、日がある夕刻も久しぶりなので
ここは、アクセスの良い里山へ桜を愛でに行こうじゃないか。

e0123825_01082365.jpg
鈍った脚で麓から稜線上へ出ると、息がとぎれとぎれ。
しんど〜
樹間から夕陽が差し込む。
もう力がない。
早く桜の森に行かなくちゃ。

e0123825_01074198.jpg

稜線上に日があるうちに、なんとか、ね、着いたよ。
息を弾ませながら、夕闇迫る影の中に
桜の花雲がたうたうと
ほのかに光をためて黒い山に浮遊する

e0123825_01074395.jpg

花雲が流れていくようだ。
動くわけないのに、
刻々と山は光を失い
桜は青みがかった白い色にと色を変えて闇に調和してく。

e0123825_01082961.jpg

山が漆黒の闇に包まれる前に脱出だ。
多摩川河川敷に引かれた農道に沈みゆく太陽の残照を顧みる。
広い空の下

e0123825_01083500.jpg
すっかりと日が落ちて、地上に溜まった光の中、遠く奥多摩の山を望む。
絶妙な環境光
本来ならライトを点灯させる頃合いを等に過ぎて着るのだが、
この景色とこの明るさをまだ堪能していたい。

e0123825_01083999.jpg

光が残った僅かな時間は瞬く間に過ぎ去り
桜並木を稜線に抱く坂道を登ってきた。
夜空の群青な黒に、淡く薄い白い桜の花が風に泳ぐ。
今宵は風が強いのだよ。
桜の花に時折遮られながら見える街の明かり
おいおい、センチメンタルな気持ちになっちゃうじゃないか
というわけ、なる早で、オウチに帰ろう。

e0123825_01081771.jpg

わが町に入るとさくら町で、桜のライトアップ、毎年恒例。
なんだけど、今年はメインストリートのほうのライトアップしてない、
なんでだろう。
ワタクシがカメラを弄っている傍らで、やはり何人か足を止めて写真を撮っていく。
とくにお互い挨拶するわけじゃないが、
目と目で話ができている。
美しさとは、人と人を繋げるものなんだよナ。





[PR]

by jake490 | 2016-04-06 23:05 | ジテ通


<< 春の雨      Blue back >>