空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 27日

定峰峠から白石峠...そして落車 Orz

e0123825_2145045.jpg


秩父遠征第2弾....先週に引き続き秩父に向います。
朝6時に自宅を出発。よく起きれたなぁ。


都幾川までのルートは先週と同じ、瑞穂から飯能を通過して田中の交差点まで。
同じコンビニで水分と補給食を購入。おにぎり1つ、お腹にいれておきます。
ここまでのアベレージ26.4km/h。
おさえて走ってきたのに.....どうしたんだ?自分。

e0123825_2153971.jpg


先週と打って変わって快晴の都幾川。山のてっぺんまでよく見える。
日が高くなるにつれて気温も上昇。今日は暑くなりそうです。

e0123825_2161380.jpg


西平のコンビニ跡の交差点を右折。松郷峠に向います。

e0123825_2164870.jpg


登坂にかかると思いのほか斜度があるので、いきなりこれはきつい、と思ったら序盤だけ。
そこそこの斜度の坂が続きますが気温が暑くてしんどいっす。
杉の植林の中にはいると日射しが遮られ、吹き下ろしてくる風が涼しくて助かった。

今日は坂で苦しむ、というよりは暑さとの戦いだなぁ。
先が思いやられるが、まだ午前中の早い時間、距離をかせごう。

峠をおりて、松郷峠入口交差点を左折。県11で定峰峠に向う。
行く先で水分の補給ができないとコトなので、コンビニに吸収。
自販機でスポーツドリンクは買えるがミネラルウォーターは手に入らない。
水分の消耗が激しい時は1対1で割って飲むと喉が渇かないし、吸収も良い。

e0123825_2174948.jpg


落合橋を左折していよいよ道は上り坂になる。
日影の無い道を行くので、やたら暑い。山風の降りてくる日影をみつけて何度か涼む。
白石車庫のバス停から、本格的な登りになる。
モーターサイクルが飛ばしてくるので気をつけながら登坂開始。
すれ違うタイミングで、ここにいたら、突っ込まれるかも...とヒヤヒヤ。

e0123825_2182872.jpg


白石峠と比べれば角度はゆるくラクチン。
なのだが、熱中症にならないようファイナルローでゆるゆる登る。
なんども言ってしまうが、今日はマジ暑い。
日影を切望しながらペダルを踏むうちに傾斜が緩み峠についた。

e0123825_2192061.jpg


峠はモーターサイクルの一団が陣取っていて、一時のブームだったころを彷彿させる。
そこへパラパラと自転車乗りがやってくる、といった様子だ。

e0123825_2195682.jpg


いつもならスポーツドリンクを一気飲みしちゃうところだが、茶屋の店先にあるアイスに目が釘付け。
買ってベンチにすわると、もう溶けはじめていた。
またまた言ってしまうが、今日はマジ暑い。

アイスで暑気払いした後は、峰続きの白石峠に脚を伸ばそう。
先週、ガスで真っ白、景色が見えなかったリベンジを果たしに。

定峰峠よりも標高が高い白石峠へ登り基調の縦走路をいく。
3kmほどで白石峠に到着。そのままスルーして天文台に進んで行く。

そしてその先には.....

e0123825_2203676.jpg
クリックすると大きくなるよ〜

真っ白のガスの向こうにはこんな景色が広がっていたんですね。
達成感と爽快感がMAX。スポーツドリンクをグビグビ飲んじゃいます。
暫くの間、景色と吹く風をたのしみながら草むらに座っていました。

e0123825_2225014.jpg


さあ、ではここから一気に秩父に下りましょう。
天文台から下りはじめ、パラグライダーのフライトにちょっと足止め。
白石峠をスルーして定峰峠を左折。
秩父市街を見下ろしながら高度を下げて行きます。超気持いい〜。

しかしながら高度が下がるに従って、気温と湿度がみるみる上昇。
秩父市街は盆地です。蒸し暑いはずですよね。この天気では。

坂を降り切ったところで最寄りのコンビニに逃げ込んでガリガリ君購入。
外でかじっていると12時になりました。時報の曲が流れるんですね、秩父。

すっかり暑さでやられ、だるくなってしまった脚で市街に向います。
おまけに食欲も無いので、なにかさっぱりしたものを食べたいなぁ。
走りながら適当なお店を物色して行きますが、手頃なお店が見つからない。
R140まで脚を伸ばすと.....

あ、こんなところに安田屋が!

e0123825_2232944.jpg


本店?は小鹿野にありますがここは姉妹店らしい。
暖簾をくぐるとカウンター席が空いているのでおじゃまする。

「ご注文は1枚か2枚かですけど....」

さっぱりしたものが食べたいくせにこってり系の店に飛び込んだ自分です。
どうしようかと、迷っているところに「アタシ、2枚ね〜」と女性が注文したので、反射的に「2枚で」とたのんでしまいました。あぁ〜Orz

e0123825_2243396.jpg
わらじカツ丼....わらじというぐらいですからトンカツ2枚で一足分ってことで、2枚がレギュラーか?(爆)ボリュームあります!(6月28日加筆)

ど〜ん。噂には聞いていましたが、目の前にすると迫力です。
となりに座っていた親父さんに「七味をかけるといけるよ」と教えてもらい、ぱらっとかけて「いただきま〜す」

脳に満腹信号が行く前に食べ切る!.....で完食です。ふぅ〜。



帰路はR299で正丸トンネルの手前を右折して山伏峠。
名栗から小沢峠〜松の木トンネル〜吹上峠で東青梅のルートです。

満腹で苦しいお腹をかかえて走るR299は熱射の攻撃とでダブルパンチ。
まあ、ゆっくり帰りましょう。



で、山伏峠を越えて下りを走っているときにコトがおこったのです.....

右カーブのブラインドコーナー。
アウト、アウト、アウトのライン(大外まわり)で下っていると....
ブラインドの影から外側にふくらんだラインで乗用車が!

あわや正面衝突。ブレーキングしながら更にアウトのラインに修正。
乗用車はふくらんだラインのままインにつけず.....

行き場の失った自分はハイサイドを起こしながらガードレールに吸い寄せられ...

そこからの瞬間の記憶、無いっす....

体から先にガードレールの外に放り出されて、頭が下に、宙に浮いたCAAD9。
そんな記憶が断片的に。

気付くと斜面に背中から落ちてクリートのはずれたCAAD9のハンドルを下に落ちないように右手で掴んで、左手は地面を掴んでいました。

道路に這い上がると乗用車はそのまま行ってしまって姿がありません。

なんて奴だ!

e0123825_2255059.jpg
e0123825_226962.jpg


怒る間もなくCAAD9のチェック。
フロントフォークや足回りはやられてない様子ですが、フレームが凹んでるよ....

あちこちチェックしている間に体の痛みがやってきて、次は体のチェック。
右腕が擦過傷と打撲。両膝、左くるぶしに擦過傷.....だけで済んでよかったな。

急斜面とはいえ土の上に落ちたので、これだけで済んだが、アスファルトの上を滑っていたら...と思ったら怖くなった。


峠をおりて見つけた自販機でアイスコーヒーを買って気持を落ち着かせる。
CAAD9はフレームが凹んでるが走行しておかしく感じるところが無いようだ。

用心にこしたことは無いので、ゆっくり走り5時すぎに八王子着。
YOUCANに立ち寄り、CAAD9をチェックしてもらう。
スタッフの方に心配かけてしまったが、CAAD9は問題ないそうでホッとする。

これがカーボンフレームだったら...逝っちゃったかもね、なんて話も出たり。
ああ、アルミフレームで良かったなぁ。

切れてしまったバーテープを新しいモノに交換。
変速機の微調整も、こちらが黙ってても、ちゃんとやってくれます。


えくぼが出来て、個性が出た(笑)CAAD9、セーフティライディングで大事に乗って行こう。



走行距離 176.5km AV 21.3km/h MAX 53.5km/h
[PR]

by jake490 | 2009-06-27 23:59 | ハシる


<< 狛江スロープで折返しのLSD(...      回復走で、いろは坂(ジテ通09... >>