空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 19日

ふたたび国立のミニベロ店へ

残念過ぎて、夜は眠れず....なことはなかったが、仕事中に心のスキができると
ホイールのフレが気になり、スポークの少ない軽量ホイールの強度を考えると
なんだかんだで暗澹な気分になる。
それを誤魔化すように、珈琲を淹れて気を紛らわせる一日。

e0123825_16481411.jpg

社屋内の片隅に置かせてもらっているMTBは、タイヤ交換をしたままで
昼休みにチェーンを洗浄。
フレのでたスピハチの前輪の修理に店で預かってもらうようだったら
一旦、会社に戻り、チェーンにオイルを射してから車載でもって帰る。
そんな腹づもり。

最寄りの馴染みなサイクルショップに振れ取りを依頼するのが効率がいい。
駄菓子菓子、先日、立ち寄ったミニベロ専門店でヘッドパーツ云々時間をかけて相談した義理がある。
また、スピハチのホイールの振れ取り、メンテナンスの経験値も高いはず。
で、仕事帰りに国立へ。

間際とは言わないが、閉店にほど近い時間である。
持ち込んでそのまま修理、とはいかないだろうな、と。

すぐにやってくれる、ということで、ありがたい!のだけど
案の定、忙しそうで、店員同士で喧々諤々な、ちょいと前回とは違う雰囲気......なんか気まずいかも。
な、やり取りががあって、戸惑うワタクシ。
トイレを借りたあと、店舗の自転車を眺めていると、前日応対してくれた店員さんが現れて
カクカクシカジカな経緯でホイールのフレを取りに来た、と。
それなら、ヘッドの調整とまではいかないが、ちょいと見てくれる、と作業中の店員さんにお声がけ。
そこからは、終始和やか、というか、店員さんにのやり取りの中にたまたま巻き込まれに行っちゃったわけで、ワタクシに対して角があったわけじゃない。
取り付く島ができれば、仕事の邪魔にならない程度に談笑できていいじゃないか。

ワタクシとしては、久しぶりに自転車メンテの職人さん的手際が見れてちょいと感動。
プロショップだと、職人さんというよりは選手であることが多いし、それが実践的な整備につながっているのだが、職人さんとは味が違う。
今眼の前でホイールを調整してくれている店員さんの背景はわからないけれど
手付き、所作、姿勢が、キメキメで、きっちり仕事してくれる職人さんそのもの。
ちょっと懐かしい感じもする。
いいなぁ。

テンションゲージとか各種レバーだとか振れ取り台の操作とかの手際を楽しみながら
ホイールが仕上がるのをちょっとだけ会話しながら待つ。

決まった!、と思っても、もう少し、イジる。イジる。を繰り返す。
なんだか美味しいご馳走ができてくる、みたいな、期待感。

振れ取り台で、静止したがごとく、キレイに回るホイール。
お見事。

さらに取り付けてから微調整を加えて、
おそらく、いや、確実に振れる前のホイールよりはイイ感じに仕上がってる。

ミニベロ専門店らしく、ワイヤリングにも気を使って、
さらりとバラけてたワイヤーをスパイラルチューブでまとめて見た目がぐっと良くなった。

で、どうだ、って自信に満ちた目でキラリ。

あ〜〜、やっぱり職人さん♡

ぶつかって来たBBAな宇宙人にはムカつくが、この仕事が見れたので帳消し。
スピハチの整備はこちらで決まりだな。





[PR]

# by jake490 | 2018-10-19 22:44
2018年 10月 18日

宇宙人と会話するもハナシ通じず

ヘッドの動きが回復したたSpeed 8は快適。
ストレートでもふらつきはしないものの、不安定感がつきまとっていたのだが
アンダーステア感も含めて素直なハンドリングになった。
逆に切れ込んでいくようなのは、ミニベロの特徴なのか........
Speed 8が身近に寄り添ってきたような、なんかオカシイ感が解消した。

e0123825_15192223.jpg

ソコソコ体力を消耗し、カロリーも使った充足感に包まれて自宅最寄りの駅前にさしかかる。
改札口から溢れ出てくる昇降客が通りに散らばるので、当然ながら徐行で走る。
踏切に向かって直進していると、道に散らばった歩行者の隙間から出てきたママチャリが
突然こちらに向かって突進。
方向転換が至近距離過ぎてブレーキをかけるもナニも、完全に不意打ちな衝突。


近くの歩行者と近隣のお店の店員が手助けしてくれたのだが、
突進してきたヒトは、過失を自覚しているのは確実で、
故に、逃自分の散らばった荷物を拾って、ひたすら言い訳をいいながら逃げ出そうと。
助けてくれたヒト、ワタクシと言葉を交わすが、意味不明な.......


不運としか言いようがない。
最もぶつかってはならないヒト。
失礼ながら、警察官を呼んで事故のハナシをしても、不快で無駄な時間だけを過ごすようだった。
さっと見た感じ、スピハチも無事のようだし、顔面を打撲して痛かったけれど
不注意を咎めているのに、アタシだって足が痛いんだから、と大騒ぎ。
言葉が途切れたところで、逃げていった。

既にハナシもしたくない、というか、ヒトとハナシをしている気がしなかった。
中身は宇宙人?????
と仮定すれば、それがピッタリ。


助けてくれたヒトに礼をいい、ああいうオバサン、コワイね、と目で頷きあい
喧騒を離れ我が家に向かう小道に入ると、車体から異音が......

ブレーキパッドにリムが断続的擦れる音。
降りて前輪を手で回してみると、擦れて止まった。

胸に残っていた、先程までの綺羅びやかなイルミネーションの情景が消え去っていく。







[PR]

# by jake490 | 2018-10-18 23:50 | ジテ通
2018年 10月 18日

V坂ノボレ

なんかしらん、ヘッドがスムーズに回転するw
お店の人とグリグリ回転させて、あ〜だこ〜だ。と言っているうちにコリがとれたのか。
腰の荷重に対して素直にステアするわけ。
スゲ〜安心。
下り坂の重心位置がイマイチつかめてないから、ノーテンキに下るのはイカンと思うけど
フラットなら、タイヤの位置とか重心の位置とか、がなんとなくつかめてきた気がする。
勘違いじゃなければw

e0123825_16352922.jpg

自転車通勤殺しの夜から雨攻撃が続き、盛り上がってきた機運が減速したのを取り戻す。
至極淡々とペダルを回すぞ、なLSD走行で、ペースを乱されることなく狛江スロープまで
と目標を定めていたが、
稲城大橋をくぐったあたりでスピハチでのヒルクライムの感触を試したくなった。
多摩サイを離れてよみうりランド方面へ
ロープウェイ駅のあたりで、ゾンビ増量中って、よみうりランドにゾンビが出るん???
サバゲーでもやるんだろうか???
とか、アホラシ〜を全開にしていると、目の前に、久しぶりにみると傾斜が増しているようなV坂見参。
うわ〜〜、ヤダ〜 坂道登るのぉ
と素直な自分が叫ぶのだが、ギアを何枚残して登れんだろうか??と探究心溢れる自分もいる。

ま〜とりあえず、踏めるギアで、ってダンダンと激速にローギアになるわけですわ。
手元のGPDですと10%〜8%を表示するけど、そんなに急傾斜じゃないよね、嘘つき。
とか、
真面目に踏力に体重を乗せるには!、とか、アレコレしているうちに天辺に。

クリスマスにはまだ早いのに、なんかキラキラしてるなぁ。
と思ったら、イルミネーションのイベントをやっているらしく

息を切らしている、横でカップルがきゃあきゃあ言っているのにムカツキはしないけど
なんか、いいなぁ〜、と思ったりするオヂサンは、イルミネーションに浮かぶ観覧車を見上げるばかり。

坂を登ったご褒美に、温泉の入り口にあるベーカリーでパンを買ってみたものの
選んだのが悪いのか、期待とは違った。
再び観覧車をみあげるオヂサンになるわけですわ。

がっかりだな〜とV坂を下って、尾根幹行くか、北野街道からの蓮光寺か、
はたまた、また〜りと、多摩サイが、と逡巡するも
ミディアムに鍛えるぞ、と蓮光寺を選択。

実際の速度はどうだか不明だが、慣性が少ないミニベロは、ペダルが重くなっても堪えられるようで、我慢からのペダルくるくる。
頑張ってる俺!に没入できる自己マンなペースにハマり、可もなく不可もなくなタイムで坂の上。

なんだか、スピハチが馴染んてきた感じで、これはいいなぁ〜

と歓喜に包まれて聖蹟桜ヶ丘まで下り、我が家に向かうワタクシだったのだ。

まさか、この充実感と多幸感が、間もなくひっくり返されるとは、誰が予想できようか。





[PR]

# by jake490 | 2018-10-18 23:33 | ジテ通
2018年 10月 17日

X-M1を修理するということにしよう

モノの価値観は、持つ者の価値観とリアルなお値段な価値観があって
お値段がお安いから価値が低いとは、一概に言えないものなのだ。
駄菓子菓子、大抵、お値段で推し量ってしまうのは世の常だし
かくいうワタクシとて、お値段でモノをみてしまうことに流される。

e0123825_00542764.jpg

かくして、入手した時点で生産終了、
セカンドハンズで手に入れるかデッドストックかなX-M1であったが
デジタルガジェットとの世の常、世代代わり著しい中で美品であっても底値なお値段。
万年氷河期な懐具合にはありがたく、
リーズナブルなお値段で最小最軽量のXTransferを手に入れた。
レンズ交換式なカメラゆえ、交換レンズも携帯する未来が見えるなか
それらをデイパックに収めて自転車に乗る、という条件では
小型軽量でしかも画質を求めると、願ったり叶ったりなX-M1なのであった。


しかしながら、時の流れは、故障すると修理するコストから得られるメリットと
買い換えるメリットの分岐点に立つことになる。

なので、今回は宅配便を利用せず、サービスフロントで相談。
見積もり後、修理するか否か決めることにした。
修理しなければ宅配料金は無駄になる。
自分で動いたほうが、(・∀・)イイネ!! ストリートフォトも撮れるし、観るもののもある。
更には、自転車で行ければなお良かったのだが.......

交通費は飲料とガリガリ君ぐらいで済んだのにナ
ただし、二子玉のスタバに立ち寄ったら、電車賃のほうが安いかw


休日を挟んで、見積もりのメールを着信。
想定していた見積もり価格よりも安く、買い替えよりもメリット十分。
なので、修理をお願いすることに決定。
X-M1は延命ですね。
今月末には修理が終わるでしょう。





[PR]

# by jake490 | 2018-10-17 23:53 | 写真、カメラ
2018年 10月 14日

家人の作品撮影のアシスタントをするなど

家人がお世話になっている、カルチャー教室を運営する会社が主催するマルシェに出品するので
広報に使う写真を撮影するお手伝いをば。
締切が明日なんて、なんで今頃(汗)
まあ〜〜〜、アレコレあってこうなっちゃったのは、不可避なところでもあるのですが
とう写したい、ってリクエストがあれば、ロケ地のあたりぐらいはつけておけたのに。
という言葉を飲み込んで、笑顔で対応。
なんだけど、ずっと仏頂面していると怒られるワタクシであった。

e0123825_21542466.jpg

自分で一端のカメラを手に入れたので、注文のウルサイお客さんからカメラマンに変身した家人。
自分で納得したら、それでよろしいわけで、ある意味、作品のつくり手であるから
チャームポイントも的を得て、良い感じ。
ガチでもゆるくもない、いいペースで、横道にそれたりしながら撮影完了。


それにしても、バッグの中にはX30がぽつんと一台。スカスカ
当初はX30があればそれでいいや、な大口を叩いていたが
なんと浅はかだったか。
機材があればあったほうが良い、というよりは、適材適所というのがよろしいのだろうか。
求めるものがストレートに実現できる方法と手段を用意できるのも大切。
っていちゃうと、機材はあればあったほうが良いのかw

器用じゃないからねぇ。
よくわかんねぇ〜〜、と戸惑いながらも、躊躇せずにシャッターを切る。

いよいよ季節が動き始め、街の彩りが秋色に変わり始めた。




[PR]

# by jake490 | 2018-10-14 21:56 | 写真、カメラ