空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ
2019年 02月 15日

V坂から夕日の丘へ

スピハチくんのブレーキ交換ができたのだけど、
週末はもしかして隙間時間があれば、ご近所の里山トレイル散策できるかな、と。
乗り換えせずにMTBのまま、LSDなプチ遠回りな帰り道。
e0123825_15074438.jpg
本格的なLSDだと相当な時間を乗り込まないと効果が薄いときくが、しがない勤め人ゆえそその効果はいかほどか。
ならば、少し負荷をかけて、のほうが実践的ではなかろうか。
とはいえ、あんまりガチでも息詰まる。
結局はまったりな、のんびりの所謂LSDな.....という堂々巡り。
日が落ちれば冷え込んでいく多摩サイは、まだまだ寒い。
ランナーも少なく、自転車通勤なサイクリストもまばら。
恐らくケイデンス80ぐらいで、オジサンの体をいたわりながら走っていく。
京王閣を通り過ぎ、狛江スロープで折り返すつもりでいたのだが、
ライトのバッテリー表示が赤ランプ。
予備のバッテリーに取り替えたときに、何となく、その気が無くなったw
ぼんやり明るいよみうりランドが山の上。
まだイルミネーションやってんのかなぁ、と進路を変えて多摩川を渡りV坂を登る。
ちょっと前にスピハチくんで登ったときは、「壁」だった坂道が、今日は「激坂」に見えた。
街の明かりが徐々に視線の下になっていくのを眺めながら登っていく。
なぜがライトの光軸にモヤっと白く息が浮かび上がる。気温下がってるやん。
頑張りたくないけど、相応に体力を使い、寒さゆえ発汗を感じぬままに観覧車直下へ。
停車したら一気に冷却。えらい汗をかいていた。
イルミネーションの写真を撮っている場合じゃなく、即撤退を決めるが
撤退といっても「激坂」を下るわけで、寒いに決まってる。
ですのでね、ブレーキをズルズルかけながら、ダサく降りたわけだナ。
e0123825_15074783.jpg
また河川敷の多摩サイを走るのは寒かろう。
少しは発熱を促したく、ルートは尾根幹を選択。
今度こそ汗はなるべくかかないゾ。
コンビニでカフェラテを買って半分ほど飲んだら、少し楽になる。
ゆっくり坂を登り発熱量をコントロールして多摩大で尾根幹から離れ聖蹟桜ヶ丘へ。
またゆっくり坂を降りるのなら、と、裏道へはいり、夕日の丘で一休み。
まだ、あたたかみの残るカフェラテを口に運びながら、夜景を眺める。
寒い感覚が視界に広がる夜景に飲み込まれると、穏やかなキモチがどこか湧いてきた。

本日の走行距離:52.2km







# by jake490 | 2019-02-15 23:06 | ジテ通
2019年 02月 14日

Speed P8のブレーキシュー交換アレコレ(汗)

仕事場の片隅におかしてもらってるスピハチくん。
スキマ時間を縫って、ブレーキシューの交換をしました。
手に入れたときの何となく違和感、はやっぱり外れることなくw

e0123825_18552340.jpg

もともとブレーキシューが減っているので、早々に交換するようになるなぁ、と。
まだ、レバーの引き代に余裕があると、ののほんとしているうちに、あっという間に消耗。
効きも甘くなっていたし、ブレーキ面をヤスリなどで整えたら、というレベルを超えていたので
ブレーキシューを交換です。

一般のVブレーキ用のブレーキシューですと、幅があって、コレはロード用のブレーキパッドだよ。
と踏んでいたら、やっぱりそうで、小径車の小さなホイールに対してMTB用のものでは
リムとシューのあたり面が、おかしいだろ、になっちゃうのです。
んで、ネットで見てもよくわからんし、幸いにして、サイクルショップが多い地域ゆえ
現物を見てどれが適当なのか、探してみたところ、

結果からいうと、やっぱりミニベロの取扱が多い、というか、専門店に目ぼしいブレーキシューがありました。

カンチブレーキの効きに納得がいかなくて、ブレーキシューをいろいろと試してきた過去を持つ男なので
やっぱりカートリッジタイプの物が欲しいのですけど、量販店にあるのは、幅広タイプ。
シマノの製品はもう廃盤となったのか、カプレオが使えたようですが、見当たらず。

んで、TIOGA、とTRPに、同様なカートリッジタイプのVブレーキシューを求めると
ワタクシの近場では国立の小径車専門に振っている一般車子供車も取り扱う自転車店に在庫してました。
在庫量もしっかりしてます。


ではでは、と、ゴム砥石でリムのブレーキ面を研磨してキレイキレイにして交換作業にはいると、
何となく違和感、がなんだったのか、理解したわけです。
インナーワイヤー短く切りすぎだろ〜〜〜〜〜
新しいパッドをいれて、開いたレバーの幅は、ワイヤーが短いと文句いってますわ。

メカに疎いワタクシのせいか、とイジってみたけど、やっぱり短い。
なんだかなぁ~  出費が増えるんだけど。
とブツブツ言いながら、自宅の工具箱を探ると、いやその前に
納戸の奥にしまい込まれた工具箱を出すには、骨が折れるし、
そもそもケーブルカッター、まともなやつ持ってたっけ、な......

しょうがないっしょ。新調するか、とゴッドハンド社のケーブルカッターを手に入れた。
そういや、ニッパーで切ってほつれたワイヤーをハンダで固めた、やたら手間のかかった苦い経験を思い出す。
電気工事用のやつだったかもしれんし.....
新潟県は三条生まれのソレは、切断面も美しく、相応の工具は使わんといい仕事はできんのね。


あらためて、部品の役割を観察しつつ、ああじゃやない、こうじゃない、と素直に行こうとしない
自分に時としてイラつきながら、リムとブレーキシューの当たり面をだし、レバーのバランスも整え
ワイヤーの伸びも、グッパグッパしたから、大丈夫でしょう。

あとは試走して、きちんと制動がかかってくれればOK牧場。

いつもなら、サクっと終わらないとかなり不服だったのだけれど、
うまくいくのもいかないのも楽しんじゃってるワタクシであった。
ようやく大人になってきたのだろうか。






# by jake490 | 2019-02-14 19:00 | イジる
2019年 02月 13日

ちょっとお茶目な出来事のリカバリーから父娘の感動シーンを目撃す

寝坊したわけじゃないが、朝の家事が追加があって、自転車通勤赤信号。
上り坂のあるショートコースなら、負荷が高いが間に合いそう。
右膝に違和感と痛みがあるので、できれば避けたいのだが、この際上手く走ってみる。
河川敷コースは信号ストップが無いのだが、街中をはしるショートコースは
信号のみならず、開かず系の待ち時間長い踏切もある。
ヤバイよ、ヤバイよ

e0123825_01155761.jpg

負荷を高めに、どっちみち信号で引っ掛かる、といつもよりハイペースで走ると
なんだよ~
ことごとく信号に引っかからないw
でも、次は信号ストップだよね。脚緩めたらイカン。
と脱力することなくハイペースを刻み、交差点近くになると信号青だし。

予想以上に早く会社に着いたのはいいが、はたして今日の仕事をこなせる体力が残ってるか
とっても微妙な.........




まあ、滞りなく、無難にw仕事をこなし、お茶目のリカバリーに瑞穂に向かう。
当然、先日とは同じルートは通らない。
加齢とともに脳の性能が落ちるのを防ぐには、ルートに変化を付けるのは有効らしい。
適当に農道を織り交ぜて、ちょっとだけトレイル走行したり、
道のつながりを推理しながら日暮れいく街をひた走り、目的地に到着。

本日の訪問客はワタクシひとり。
先日は世間話であったが、本日は里山ライド系の中身が濃いお話で、大変有意義でありました。
組んでいたロッキーマウンテンのバイクが、なかなかいい感じダナ、と作業を間近で見ていたら
試乗車があるから乗ってみる?とのお誘いにSOUL20の前年?モデルに乗ってみることに。

ロッキーマウンテンのハードテイルはカメラ&MTB仲間のIさん所有のクロモリハードテイルに試乗させてもらったことがあって
あまりの乗りやすさに驚かされたのだが
入門モデルでありながら、乗りやすく、自分の腕が上がったようなイイ感じ。
ぶっちゃけ、ワタクシにはコレで十分なw
というか、値段云々以上に楽しいバイクでありました。

などなどとお話していると、店舗にひょっこり娘ちゃんが現れて、手作りクッキーのは言った紙袋を父ちゃんに手渡しするのでありました。
当然、袋には手書きのメッセージが添えてありまして

まあ、微笑ましいことといったら

灯油が切れちゃったストーブの店内でありましたが、心がホカホカになりまして
父ちゃんを早く独占したいのだろうなぁ、と

無粋なことはしないのだよ、ほとんど気が利かないことが多いワタクシではあるけれど、
まあ、ではでは~ とおいとまして。





# by jake490 | 2019-02-13 23:00 | ジテ通
2019年 02月 12日

土付かずのMTBに土を付ける

相撲では土を付けるのは負けなのだけど、オフローダーは土が付いてこそ本望。
圧倒的に舗装路を走る日常のなかで、少しでもダートを走るのだ。
あ〜楽し〜〜〜

e0123825_23415395.jpg

ちょっとした、お茶目な案件で瑞穂のほうに用があるのだが、
その前に、注文した工具が店舗に到着した連絡を受けていたので、受け取りに行く。
ネット注文は便利だが、自ら動いて、走行距離を稼ぎつつ寄り道を楽しむ。

定時に仕事を終えて外に出れば、まだ明るさが残っていて
今の時期は夕焼けの終盤で、色を失いつつある空を横目に走る。
日没となり、ライトが頼りになる前に猫の額のようなオフロードエリアを軽く。

山から抜ける、雨が削った深い溝を砂利で埋めた急な下り坂をスタンディングで降りていく。
重心を軸にフロントはグリップしつつ、リアの荷重が抜けて、
オンザレールながら、リアタイヤがアウトに動き
ハンドルを切ることなく、車体がコーナー出口に向く

という、ローインパクトでステディなコーナリングを一発。
ひさしぶりに、キタ!
こういうの、いつもキメられるといいのにな〜〜〜

もうご機嫌で、わざわざ急な上り坂をセレクトしてヒイヒイいわしても笑ってられるし
膝の調子を見ながらだけど、アウタートップでグルングルンしたった。

目的の店舗では、パッケージが二次元なヲタクなデザインの代物。
な〜〜んでオヤジが二次元買っちゃうのぉ、って営業スマイルの奥に見え隠れ。
ワタクシだって、こんなんヤダとも思うし、反面ヲタクなキモチもわかる訳で
まあ、ええやん。

ブツは国産、新潟は三条で、キッチリ作った代物だからな。
新参メーカーの切れ味ってやつを見せてもらおうか。






# by jake490 | 2019-02-12 23:42 | ジテ通
2019年 02月 08日

日が落ちたトレイルを、ちょっとだけよ~

先月は走行距離が伸びたのに、体重が増えた(泣)
いささかショックである。
喰った覚えはない。
とはいえ、数字は残酷だ。喰った覚えはない、だと〜〜〜 嘘こけ!!!
摂取カロリーと消費カロリーの引き算だけだぞ。
ならば、もっと走れ!なのだけど、アレヤコレヤで乗車出来ず。

e0123825_15472641.jpg

緩んだ寒気が戻ってきている。
ガンガン走りたいキモチもさることながら、
寒さのせいか、アチコチと体の故障が浮き出ているので、リハビリが如くな走りで。

社屋を出ることは、冷気の中に鮮やかな紅色の西空。日が長くなってきた。
いいシチュエーションで夕空を眺めたいと
少しだけトレイルライドを楽しめるコースをチョイスしたが、
惜しいことに、紅色は褪めて色を失い、紺色の空が覆い始めてしまった。

出だしも寒さを感じたが、ほんの10分ソコいらで気温が急降下。
明日は雪、という天気予報を裏切らない寒気が降りてきた。
呼気を確保するためにおろしていたネックウォーマーをずりあげる。

トレイルの振動と凹凸をいなしながら、後輪にトラクションをかける。
アスファルトの上で忘れちまった感覚を呼び覚ます。

e0123825_15472643.jpg

群青の空になるのはあっという間。
冬の日暮れた空の透明感は素晴らしい。
冬枯れて裸になった大樹の上に三日月が浮かぶ。
寒さを忘れることは出来なかったが、それに足りる情景に足を止めた。
視界の外側を白い息が漂う。

e0123825_15472765.jpg

本日の寄り道先はMTBショップ。
Speed8のブレーキを弄っているうちに、ワイヤーも交換したほうがよかろう、と
ブレーキワイヤーを調達が副題。主題は店長さんに久しぶりにお会いしたく。

円柱状の対流型石油ストーブが温かい店内に滑り込み、
先客と談笑中の店長さんと、オハナシの輪に入れていただく。

自転車のオハナシ、というよりは世間話であったけれども
どの分野にも通じる、根本的な筋に通じるもの。
その先には自転車とMTB愛に溢れているものだ。

思わず長居をしてしまった店をでると、気温は更に低く、もう笑っちゃうよねぇ
な開き直り。

走り出すと、体は温まるも、手先は凍え、足先は痺れる。鼻水も出る。
こりゃー、遠回りはやらんほうがいいよね。
適当に、上り下りも織り交ぜて楽しめるルートを練り出しながら
買わずに帰宅するつもりのトリスを、やっぱり買っちゃった。







# by jake490 | 2019-02-08 23:46 | ジテ通