タグ:MTB ( 191 ) タグの人気記事


2017年 01月 22日

真冬だというのに春を探しにポタリング

この週末は、すっかりお疲れちゃんで、ハワイアンキルトの針が止まってしまった家人のフォロー
第二弾は、温かい陽射しな日曜日なので、家人が見つけたという、蝋梅を見に行くというポタリング。
何を隠そう、たって隠すものなど無いのだが、今年お初の自転車ライド。
家人の案内でうらうらのんびりと、市街化の進んでいない鄙びた土地と里山へ。

e0123825_21304129.jpg

ご近所の探検ポタリングはGPSとかスマホの地図は使わずに、気の向くままに
そして、わざと迷う。
なのだが、目的の蝋梅ぐらいは案内してほしかったのだが、ドコかわからなくなっちゃったらしいw
駄菓子菓子、ひだまりのような南面の路肩にもう小さな春が勢いついておりまして。
もう、今日の目的は達したナ、
あとは昼寝だ、
みたいな気分の脱力感が心地よい。

e0123825_21304634.jpg

ローガンに鞭打ってマクロ撮影頑張ってみるが、ポカポカですもん。
ほどほどに。
ナズナ?ホトケノザとか、オオイヌフグリとか、しっかりと咲いておりました。

e0123825_21305116.jpg

寒いから買い物ぐらいしか出かけていないという家人でありますが
足を伸ばして蝋梅を見つけてきたり、ちょっとした点景をカメラに収めてきたり
体育会系ではない彼女には電動アシスト自転車が、素晴らしいアシストぶりで
坂道の多いこの地を物ともせず、なにやら動き回っている様子。
特にQちゃん(富士フィルムのデジカメXQ2)を手にして以来、ちょこまかと。

e0123825_21305683.jpg

旧道から農道へ踏み込むと未舗装となるのだが、ママチャリでも平気なぐらいの道
ドコまで続いているが探検するのだ。
陽射しが途絶えるとイキナリ気温が低く、やっぱり冬だなと痛感させられる。

e0123825_21310586.jpg

冬の北風の吹き溜まりに落ち葉がうず高く溜まって
そこをカサコソ音をたてながら走る。
枯れ葉の下は霜が溶けて、再び固まった、を繰り返している感じ。
今日は温かいからね。やわらかいけどママチャリのタイヤでも問題無い。

e0123825_21311176.jpg

この季節らしく梅の花を見つけた。
やっぱり蝋梅の咲いていた場所が分からないらしいが、
昨日写真を撮っておいてよかったね、ということで、蝋梅の探索は終了。

e0123825_21311717.jpg

ではまた別の道を、ということで
小さな丘越えの道を、のんびりと
一体ドコに繋がるのかな
まだ知らない道がある。

e0123825_21312649.jpg

写真を撮りながらポタリングしているので、距離は伸びずに時間はかかる。
ランチタイムには帰宅するはずが、外でそのままランチをとって
うらうら走り。
家人が写真を撮っている間にに、ベリーショートタイムだが
土の上をモリモリっと走ってみる。
ちょ〜〜〜〜気持ちいぃ〜〜〜〜〜んだけど。

e0123825_21313476.jpg

冬の日は短くて。
あっという間に影が伸びる。
我が家まで小さな峠越え。
走ってない身体。ムーミン化した身体に坂道は堪える。息が弾む。
そこへ後ろから家人が話しかけてくる。
あれ!返事がないな〜〜〜
と、振り返るとドSな笑顔な家人がそこにいた。



 


[PR]

by jake490 | 2017-01-22 21:37 | ハシる
2016年 12月 21日

写真で振り返る今年の自転車活動

あっという間だよね。
この一年の自転車活動をザックリと写真で振り返られるぐらい、乗ってなかった、っていうととでもあります。

e0123825_21435049.jpg
e0123825_21443170.jpg
e0123825_21453846.jpg
e0123825_21454293.jpg
e0123825_23423388.jpg
e0123825_01044049.jpg

e0123825_21255658.jpg
e0123825_18250407.jpg
e0123825_18253593.jpg
e0123825_18253901.jpg
e0123825_18254336.jpg
e0123825_00274562.jpg
e0123825_13090184.jpg
e0123825_18255043.jpg
e0123825_13090907.jpg
e0123825_19151937.jpg
e0123825_19155394.jpg
e0123825_19154996.jpg
e0123825_19160107.jpg
e0123825_19160403.jpg
e0123825_19160768.jpg
e0123825_19161873.jpg
e0123825_12020449.jpg
e0123825_22362878.jpg
e0123825_20531231.jpg
e0123825_13161323.jpg
e0123825_01023845.jpg
e0123825_13162429.jpg
e0123825_21064011.jpg
e0123825_02422464.jpg
e0123825_15523902.jpg
e0123825_14312625.jpg
e0123825_15453804.jpg
e0123825_15455393.jpg
e0123825_15462071.jpg
e0123825_15463597.jpg
e0123825_15462625.jpg
e0123825_12523330.jpg
e0123825_11342592.jpg
e0123825_17153194.jpg
e0123825_17280381.jpg
e0123825_23334224.jpg
e0123825_01074198.jpg
e0123825_01074845.jpg
e0123825_01081771.jpg
e0123825_00355723.jpg
e0123825_15412750.jpg
e0123825_01261042.jpg
e0123825_01263225.jpg
e0123825_07055661.jpg
e0123825_15401834.jpg
e0123825_21243990.jpg
e0123825_22543496.jpg
e0123825_22550226.jpg
e0123825_22550773.jpg
e0123825_00421865.jpg
e0123825_00432346.jpg
e0123825_00435046.jpg
e0123825_00431398.jpg
e0123825_15153608.jpg
e0123825_16172117.jpg
e0123825_16181210.jpg
e0123825_16181667.jpg
e0123825_16185481.jpg
e0123825_16190627.jpg
e0123825_17400552.jpg
e0123825_03252431.jpg
e0123825_03252868.jpg
e0123825_20501576.jpg
e0123825_20505363.jpg
e0123825_20510502.jpg
e0123825_20512112.jpg
e0123825_20515625.jpg
e0123825_20520700.jpg
e0123825_20454933.jpg
e0123825_23073477.jpg
e0123825_16372543.jpg
e0123825_16374306.jpg
e0123825_16375842.jpg
e0123825_03521254.jpg
e0123825_23504923.jpg
e0123825_00301861.jpg
e0123825_00303702.jpg
e0123825_00310199.jpg
e0123825_00311015.jpg
e0123825_12571762.jpg
e0123825_12172583.jpg
e0123825_11360612.jpg
e0123825_20380481.jpg
e0123825_23371847.jpg
e0123825_01295634.jpg
e0123825_21530433.jpg
e0123825_16515613.jpg
e0123825_21462604.jpg
e0123825_01203755.jpg
e0123825_21531426.jpg
e0123825_02345189.jpg
e0123825_02352644.jpg
e0123825_02274892.jpg
e0123825_19085550.jpg
e0123825_19085089.jpg
e0123825_17113082.jpg
e0123825_17112479.jpg
e0123825_02483828.jpg
e0123825_01275084.jpg
e0123825_00245863.jpg
e0123825_01274587.jpg







[PR]

by jake490 | 2016-12-21 15:44 | ハシる
2016年 10月 23日

家人と小さな秋を探して自転車散歩

e0123825_02345189.jpg

天候が安定して来たので、家事が片付いたら、子供の衣類の補填をしたいという要望と
体調管理で身体を動かしたいという名目で
一山越えてショッピングモールへポタリング。
当然家人はXQ2を、ワタクシはX30とX-M1のダブルでスナップしながら散輪。


e0123825_02345710.jpg

秋の点景を求めていたのにかかわらず、
最初に出会ったのは十月桜
天候不順だからなのか、もともとそういう種なのか、わからなくなる。

e0123825_02350885.jpg
上り坂は家人の電動アシストに叶わず、遅れをとる。
悔しいのう。
風が強いので、今日は撮影がままならぬと思いきや、風になびくススキの穂が目に飛び込んできた。

e0123825_02352038.jpg

桜並木の街道にでると、桜はいち早く紅葉して歩道に葉を散らせている。
枝や幹に残った葉が秋の日差しに輝く。

e0123825_02352644.jpg

大した距離でもないのに、写真を撮ってばかりで前へ進めず、
買い物よりも先にランチタイム。
買い物を済ませたら、済ませたで小腹が空く。
アンコタップリなのは嬉しいが、小豆よりも砂糖が勝っているアンコはお腹に重い。
バイトに焼かせているのだから買う前から覚悟はしているのだけど。

e0123825_02353445.jpg

午後は雲が空を覆い、肌寒い色に世界を変える。
そんな光の中で浮かび上がる秋の赤色は、なんとも深みがあって

e0123825_02354257.jpg

名前の知らぬ植物の綿毛を撮影していたらバッタが飛んできた。
もう彼等の命は短いのだろうな。
こころなしか、動きが鈍いようにも思えるバッタであった。

e0123825_02354887.jpg

釣瓶落としの秋の夕暮れ、というが
日が陰り、家路を急ぐ。

e0123825_02355526.jpg

帰路の最後の峠は、家人が、ペースを合わせてあげるよ、と優しい?言葉を頂いて
オールアウトとまではいかないが、高い心拍をキープしてペダルを回した。
イジられながら登る峠はもうお笑いである。

e0123825_02360060.jpg

峠を下り始めたら、広がる雲の縁が切れて、その向こうに黄昏色が見えた。
これは展望ポイントから景色を眺めたいね、と。






[PR]

by jake490 | 2016-10-23 23:33 | ハシる
2016年 10月 14日

随分ご無沙汰です!多摩サイ遡上な自転車通勤

息子の出勤時間が早いので、ソレに合わせてワタクシも♪
体調というか、運動するための身体という意味ではすこぶるよろしくない。
睡眠不足もソレを加速させている感じ。
なのだが、やらねばならぬことをやっていると寝るのが遅くなる。
はぁ〜 Orz

e0123825_20351417.jpg

ともかく、流して流してLSD
崩してしまった基盤を再構築しつつ、まずは故障しないフィジカルを。

それとですね
たまたまストレッチのやり方を確認したくてYouTubeを検索していたら
ワタクシは股関節がメッチャ硬いことに気がついた。
腰痛の原因はここにも....か
股関節が柔らかくなれば、ペダリングももっとスムーズになるだろうね。
なので、全体的にストレッチが必要なのだけど、股関節を篤く。
で、兎も角、走る。

そのためにも、早寝早起きなライフスタイルにしなければ、ともうのだけど
遅寝早起きが続いているんだよなぁ





[PR]

by jake490 | 2016-10-14 22:33 | ジテ通
2016年 10月 09日

どうせ山を越えるなら「いろは坂」で

どうして休みの日に雨なのだ。
特に行く宛はないけれど、もお〜〜いいでしょ、雨は。
と、午前中は、家事手伝いに勤しんだが
昼食を食べた後、雨が上がったので、多摩センターのカメラ店までMTBでお使いに行くとしよう。

e0123825_02272140.jpg

風がめっきり冷たく感じられるようになったが、Tシャツに短パン。
ただし、ヘルメット、サングラス、グローブにビンディングシューズはいつもどおり。
心拍数130あたりをキープして、後はリラックス。

ジプリアニメ「耳をすませば」のロケ地で知られているいろは坂のある街を越えれば
目指す多摩センターのカメラ店まで直ぐなので、案外良い道順

e0123825_02272966.jpg
さて、いろは坂、登りますかね。
この坂の途中に「雫の父さんが務める図書館」がある設定なのだけれど、そこは公園。



ロードバイク乗りのグループが坂道錬で3本じめなトレーニング中。
其れを横目に撮影しつつのんびり
なのに心拍数150に跳ね上がり

e0123825_02273991.jpg

「告白した神社」を参拝してみる。
だいぶ前のアニメなのに、未だにファンが、地図を照らし合わせながら歩いて行く。
「地球屋のあるロータリー」には、昭和の薫りビンビンな洋菓子店があるのだけれど
他に店であったあずの隣のお店が喫茶店に様変わり。

e0123825_02274892.jpg

「給水塔のある団地」まで脚を伸ばしてみたりして。
これにて「耳をすませば」ロケ地めぐりは終了。

勘違いして、再び聖蹟桜ヶ丘方面に走ってしまったが、そこは走行距離稼ぎということで。
カメラ店で発注した小部品を受取り、フジのカメラが有るウインドウを覗いたりして。
この週末にかけてのセール価格。
買えるお金が懐にあれば、心揺れるが、大放出後なので、心微動だにしない。


現物を見てみたいモーターサイクルがあるので、レッドバロンに寄ってみた。
お目当てのバイクは無かったのだが、自分が乗っていた時代のバイクが結構多い。
聞くと、今のオートバイ乗りの平均年齢は50才ぐらいらしい。
思いっきり過疎してる。
まあ、いろいろ原因があると思うけれど、
不肖ワタクシが懸念していたことが的中しているかも、な実感が深まった。
コレ、今の自転車ブーム?にも符合することがあって
不味いなぁ、と思っているのだが、市井のオッサンの声なんぞ役に立たないからねぇ
いずれ、この件はブログに書くつもり。


さて、レッドバロンでちょっぴり寂しい話を聞いた後は、里山を散策しますかね。
少しずつ少しずつ秋の色が出現し始めて
曇り空が切れ始めて太陽が顔を出して、景色をドラマチックに。
35mmも持ってこれればよかったナ。

e0123825_02281332.jpg


e0123825_02282307.jpg

e0123825_02283279.jpg

e0123825_02283988.jpg

e0123825_02285083.jpg

e0123825_02285962.jpg

e0123825_02291231.jpg

e0123825_02292243.jpg

e0123825_02293174.jpg



e0123825_02294826.jpg

e0123825_02300071.jpg

e0123825_02300830.jpg


いい色に焼けた空が見れた。
セットしたSTRAVAが落ちてしまって、走行データログがオジャンになってしまった。
生活活動計のデータはよく見ていないけど2000キロカロリー消費以上







[PR]

by jake490 | 2016-10-09 23:26 | ハシる
2016年 10月 04日

ゆっくり走っているのに、なんてハードなんだ

10月に入ったら(ホントはね、9月辺りから走りたいな、と思ったんだけど、雨づくしだったし)
自転車通勤を再開しよう
というわけで、久しぶり、真面目に走るの。

e0123825_19085089.jpg

走り初めはね、乗り方忘れちゃった、ぐらい、一瞬ふらついたw
なので、ゆっくり走って徐々に慣らしてから、いつもぐらいのスピードで
な、はずが!!!
ゆっくり走っているのに、のっけから心拍数上がってんじゃん(汗)

体重もメチャクチャ増えちゃったし、ムーミン化?トトロ化?
可愛げなキャラで表現しても、かなり追い込まれた感。
一旦走れば、いままで気に留めなかった、要らないお肉の存在が嫌ほどわかる。
気分、ブラックですわ。

e0123825_19085550.jpg

家人に教えてもらった、可愛い案山子の顔を見ても心は何処へ。
まあ〜〜〜〜〜アンチアスリートな暮らしぶり、食生活をしていたからなぁ
一応、今日から心入れ替えます。

e0123825_19085947.jpg

基本形態であるライド&テイクフォトを思い出しつつ
走る楽しみと、心動かされるものを探しつつ

なんというんでしょうか。
やっぱり、自転車に乗って見る景色は、美しく変貌するんですね。
力技で感性が刺激されるのでしょうか?

e0123825_19090428.jpg

走れば、キモチイイし(今朝はしんどいなw)

アレコレ折り合いを上手くつけながら、できるだけ乗らんと、
心も体も腐りやすい自分っていうのがよくわかったナ。





[PR]

by jake490 | 2016-10-04 19:11 | ジテ通
2016年 09月 15日

BEAST OF THE EAST

東の珍獣、東の猛獣に乗る、のか!?

e0123825_14545329.jpg
心が腐りかけたときなどに、自転車店で、自転車を見ると超回復するワタクシ
なのですが、17年ModelのMTBで、いち早く本物を、肉眼で確認したいというバイクがありまして。

世間ではロードバイクの新モデルが店頭に並ぶのは早いし車種も豊富なのですが
MTBはなかなかそうはいかず

幸いにして、強力な量販店があるので、もしかして、あるかな〜
なんて、淡い期待を胸に、日没が早くなった夕刻に車を走らせ東京は西部の多摩川ではない某Yに


やっぱり無いよな、と見たいバイクの色が見えなかったのでサラッとMTBコーナーを通過して
エモンダALRの溶接の仕上げがきれいなのに驚き、コストかけてる感に(・∀・)イイネ!!をオシたくなったり
やっぱりロードバイクのスローピングフレームは苦手なんだなぁ、ワタクシには美しく見えないナ
とか、
買えない腹いせをデザインにぶつけたり
オプティモの身ぐるみ剥がして、お好みのパーツをアッセンブリして、俺好みのオンナに仕立てるのも相当面白いよなぁ
などと、バイクを前に妄想だけだけしく、取らぬ狸の皮算用の実践。
はたまた、カラミータのクロモリクロスバイクを眺めては、生活にナチュラルに溶け込むシンプルなさと、カスタマイズに格好のモデルでありえる、オシャレ感は(・∀・)イイネ!!とかとか

e0123825_14551961.jpg

一人ボケとツッコミをしながら、帰る前に、もう一回MTB見ておくか。。。。
と、何気にLeftyなFyiの横にCannondaleのヘッドマークがあるじゃん
え、タイヤ太いよ、もしかして!!!!!!!!!!

なんと、ターゲットはCUJOだったので、WEBで見た色が無かったのと、
その上位機種のBEAST OF THE EASTはLeftyのものしか見ていないので
全く気が付かなかった!!!わけですな。
見れば、ああヤバイ。どストライクな外観であります。

e0123825_14552045.jpg

フロントはシングルのSpide RingなSIクランク。
このデザインは好きなんですね〜
軽くて高剛性だと聞いております。
アフターマーケットですと、それなりにお値段するらしい。
Cannondaleのアイコンのようなチェーンホイールですね♪

e0123825_14553943.jpg

小デブなタイヤを詰め込むために、工夫が効いてるチェーンステイ
チェーンホイールがギリな感じを醸し出す攻めてるデザイン。

e0123825_14554434.jpg

RディレイラーはシマノのSLX
スプロケットは何枚なのだろうか。10枚、11枚?
面白けりゃ何枚でも OK wwww

e0123825_14555625.jpg
リムにも野獣が!
ちょいとくどい当たりがアメリカン何でしょうか。
気を抜くと大阪のオバちゃんのお洋服を彷彿とさせるニオイw
流石にセミファットなタイヤを嵌めるのでリム幅ありますね。
モーターサイクルのリムとまではいかないけど。
まだ規格が新しいのでタイヤの種類はそれほどでも、らしい。
だよね~

かなりホイールとタイヤによって左右される要素が大きいバイクだから
いいタイヤと、手組みになってしまうのでしょうか、リムがいいのが有ればいいね。

e0123825_14560232.jpg
あ、サドルにも野獣が!
まあ、これはお尻に隠れてしまうんでw
サドルはWTB製だから、マークも野獣系だったはず。かぶってますね〜
だけど、このバイクのデザインだったら、ちょいと無骨でごっつい系のデザインのサドルだから
よく似合ってる。
最初に乗ったシクロクロスバイクについていたサドルとよく似てる。

e0123825_14560979.jpg

斜め後ろから見るとチェーンステイとチェーンホイールのいち関係がよくわかる。
写真だとわからないけど、シートチューブが僅かにベントしていて
チェーンステイを短くすることに貢献している。
多分だけど、その曲げから来る効能もある気がするねぇ。
なので、シートポストが低く設定できないから、サドル高さ調整のために
シートポストを切断する作業が必要が、脚の長さ自慢のワタクシにはある。


全体像の写真を撮るには場所が狭かったので、言葉だけになってしまうが
想像よりタイヤの太さを感じない。
だから、素通りしてしまったのかもしれない。
と、案の定、スタンドオーバーハイトは高くスケルトンは29erに通じるのではないか、と。
現物はMであったけれど、Sでイイかな。という感じ。
そうなると、トップチューブとシートステイのラインが気になる。
やっぱり、愛車は眺めて、それを肴に酒を飲めるぐらいじゃないと、イヤ。
高い安いは関係ないですね~


CannondaleファンならやっぱりLeftyでしょ
と言うのもありますが、
実はこのセミファットバイク、フロントをリジットにして乗りたいかも、な考えがありまして。
SL2のフロントサスをロックショックスに変えて、サスペンションの優秀さの支配力の大きさと
その役割を一層強く感じたのも事実なので、まだモヤっとしている考えでもあるのです。
まあ、その、乗り物も含めて道具は出来るだけシンプルに、という思考が
このところ、特に強くなってきていて
用に相応なものをより純化して、よりふさわしく、とでもいうのでしょうか。

ロードバイクが好きなのは、シンプルな構造にシンプルなデザインだから、でもあって、
余計な構造物を追加して、性能を上げてみました、のもありですが
素材の特性を練り上げて、求める性能に引き上げたものに美しさや叡智を感じるのです。
そういつつも、ギミック好きでもあるのがヤヤコシイのですがw

で、マウンテンバイクも、シンプルなHTが好きで、特に誰彼よりも速く走りたいとか
競技に勝ちたいとか、よりも、以前クリアできなかったセクションをいかにクリアできるようになるとか、
自分の能力や創造性を広げられることを求めるジブンがあるので、またそれが楽しい。
というわけで、基材にも頼りますが、何かを克服するために、先ずは自分で想像すること
それが、やっぱりイイかな。

となると、普通のMTBでリジットは流石にシンドイから…..そこまでストイックになれないよ
と弱気

そこへここに来てセミファットバイクでしょ。
なんかとってもイケてるカンジがするんですよ。
難しくなりすぎず、トレイルのセションを楽しみながら、ラインを考え、トラクションコントロール、加重コントロールをしながら、里山を堪能する自分が見える気がするんですね。

ただし、駐輪場のレールにはタイヤが太いので入らないから、日常使いに不便なところが多そうなので、それがネックだな。
なかなか思い通りにならないもんだ。





[PR]

by jake490 | 2016-09-15 22:53 | カンジる
2016年 09月 06日

Cannondale CUJO

このところ、自転車でお出かけできてないので写真カメラの話題ばかりですが、
胸の内ではアレコレと。
気分転換も兼ねて、量販系の自転車店にリサーチしにいったり、
次のアクションのヒントを探したりぐらいは、時折やってます。

e0123825_01203755.jpg

17年モデルで、特に実車を見てみたいのは27.5+のMTB
セミファット系のMTBですね。
デザインとかサイズ感とか、いろいろと見てみたい。乗ってみたいデス。

自転車も複数台持てると良いのですが、家族(家人)の理解もありますし、
自分のライフスタイルも、できるだけシンプルに、という思考が近々すすんで
身の丈にあったものを使いこなす、使い切る、と。

最近のMTBは新しい規格が乱立しているので、そのどれが生き残るのか、分からない。
ホイールは29インチがもてはやされていたけれど、近頃は27.5インチ。
どうもコレが奔流になりそう......
と、言葉が濁るのは、発展途上、といえば聞こえがいいけど
時の競技スタイルやレースの特性によって、形態が変わってしまうので
それなりの物をそれなりに長く使おう、とするには手が出しにくい
と感じて、新しいモデルが出ても、良いな〜と思えども.......

ときて、ここで27.5+のMTBセミファットバイクの登場です。
またバリエーションが増えた、と初見ではちょいと憂鬱感があったのですが
よくよく見てみれば、身の振り方が自由なバイクでもありまして
ひょっとしたら、ワタクシのような日常生活から里山ライド&スポーツにはベストなバイクかも
と思える要素が仕込んであるわけです。
27.5+のセミファットの外周径はほぼ29インチと同等なので29インチのホイールが使える。
もちろん27.5+も使える。
身長は175cmほどなので、フレームのスケルトン的には29インチのフレームでもイケる。
とまあ、ホイール径に対して専用設計ではない詰めの甘さがあるかもしれないけれど
現状、どんな規格が出てきても、また、走るシチュエーションに合わせて選べる。
と、まあ、レーシング機材でないところの懐の深い良質なバイクがリリースされた。
そんな所感を持ったわけです。





[PR]

by jake490 | 2016-09-06 23:19 | ハシる
2016年 09月 03日

ご近所だけだけど、MTBに乗った。トレイルは遠いなぁ。

8月の後半から週末の天気はアヤシイ予報ばかりで、外出するのは車ばかり。
この土曜日も、アヤシイのであるが、外に出て、体を動かしたほうがイイよね。
と家人と雨具を持って、午前中だけ、近所をポタリングしながらスナップを撮る。

e0123825_15534625.jpg

不思議なもので9月に入ったら、日差しは夏そのものだけど、日陰が涼しい。
蜻蛉も青いのから赤いのが殆どになったナ。ここらでは。

ノブがすり減ってしまったリアタイヤ
暫く乗っていなかったので、秋のシーズンイン前に交換することもなく
たとえトレイルに入っても、グリップしなければ、それはそれで、
滑って、脚をついて、笑って、それでOK

e0123825_15535292.jpg

田んぼをとりまくあぜ道に沿った用水路の水面もキラキラ
流れる水音もサラサラ
心地よく
少しだけ乗り入れたあぜ道の土の柔らかい感触がタイヤから伝わる
肥えた土

e0123825_15540899.jpg

木にはしない程度の風が吹く
その度に揺れる稲穂
だいぶ頭を垂れてきたナ

野生を再現するビオトープでイナゴに喰われている稲をみているから
生産者の田んぼの稲は傷がほとんど無い不思議。
まあ、農薬云々とか、いろいろと語るべきことはあるのだろうが
自然の力を利用すつつ共存してきた日本の里の文化や知恵が、答えを導いてくれるような気がする。
敵対するわけでなく、奪うわけでもなく、なのかなぁ。

e0123825_15542174.jpg

多摩川の河岸段丘には水が湧き出るハケがあって、
公園などとして整備されているのなら見てくれも良いのだが
チョットハズレた場所は、鬱蒼としていて、
そこに行けばヤブ蚊に刺されにいくようなもの。
なれどもだ
除草作業に手が及ばないうちに、
野生の草花をスナップする。
無知なせいもあるが、目にも鮮やかな木の実を見つけたりすると
妙にウレシイ。


e0123825_15543239.jpg

多分、ワタクシが生まれる前から水路であったろう、な脇を通るむかし道をいく。
もっと秋が深まった頃に見れるのだ、と思っていたカラスウリが真っ赤ッ赤。
そこたらじゅうに女郎蜘蛛が巣を張っているから、
今トレイルに入ったら、蜘蛛の巣攻撃半端じゃ無いだろうな。

上の空で走っていると電動アシスト自転車の発進加速に置いて行かれるw

e0123825_15543826.jpg

ようしゅうやまごぼう、というらしい。
マゼンタを濃厚にした紫が凄い。
色づくまえから、この色素があることを茎などでチラ見させていたのだけど
いよいよ本領発揮。
ワタクシの体力はぬるく走っているのにかかわらず、ダルダルで
サボっていた本領発揮を発揮してるし

e0123825_15544343.jpg

煌めくススキの穂
そういえば、ススキ、って少なくなったような気がする。
そんな話を家人としながら、もうそろそろだね。
と。
近所のスーパーで買い出しして終了。
家人には程よい運動だったのだけれど、ワタクシには大いに足りない。
秋はちょっとした危機感からスタートなのだね。







[PR]

by jake490 | 2016-09-03 22:52 | 写真、カメラ
2016年 08月 11日

久しぶりの自転車通勤さ♪

e0123825_23464263.jpg

神経戦な昨日の仕事は成功率が低く、案の定、今日は出勤となったが
家人の体調も良いから、自転車通勤で。
糸の切れたタコのように走りたいところだが、昨晩雨が降ったのでトレイルは行かない。

その代わり、通りすがりの無人販売でブルーベリーを手に入れて、お昼にでもヨーグルトにトッピングして食べようと思ったのだが、これも時間が早かったせいか、空振り。

e0123825_23465569.jpg


とはいえ、先日撮影した鬼灯が、いい感じに枯れ始め、鳥籠のようになった鬼灯が見れた。

e0123825_23465916.jpg

その横に、何の実かよくわからないけれど、ベリーのようなものが実を染めつつあって
野性味の有る実のつき方がなかなか(・∀・)イイネ!!


昼食を摂った後、いよいよXM1に35mmを取り付けて、食後の散歩&撮影
借りていたズームレンズとはまた勝手が違って、まだまだ馴染まない。

e0123825_23470703.jpg

ただ、流石に、X30より画像素子が大きく、それに大口径レンズを装着しているものだから
写る景色が全く異次元。
普段背景がうるさくなるところも、ボケてくれるので、何に視点をもっているのか整理された写真が撮れる。

e0123825_23471298.jpg

竹林の若竹のしっとりとした肌感と湿度を含んだ空気感がより濃厚にみえてくる。
自分にはこう見えているんだ、という感覚が視覚となっていくような、
なんといったらいいのだろうか

e0123825_23471746.jpg

絞りで景色を探りながら花を覗き込んでいると、蝶が飛んできて蜜を吸い出した。
単焦点なので、じわりじわりと近づきながらシャッターを切っていく。
小さな蝶々のディテールがハッキリと写るのは画素数の勝利なのかな。

一枚一枚の画像が体験が感性を刺激する。

それにしても35mmの写りは素晴らしいが、あらためてX30の写りのレベルの高さを思い知る。
それが何なのか、なかなか言葉が出てこない。

少なくとも、今手元にあるカメラはどちらが上下無く、自分のビジョンの大弁者になってくれる。

e0123825_23472908.jpg

早めに仕事が終わったら、一周りして帰ろうか、と算段していたのだが
すっかり夕方になってしまった。
夕焼け空というには雲が多いけどな、と思いつつ、いつもの丘を通って、と。
雲間から光が漏れる夕焼け空を眺めて、一枚。
そして、ゆっくりと風に吹かれた。






[PR]

by jake490 | 2016-08-11 23:51 | ジテ通