空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ

タグ:Jake ( 74 ) タグの人気記事


2012年 02月 25日

さようならJAKE いままでありがとう

JAKEに乗って7年。
もっと長い付き合いになると思っていた。
だが別れの日がやってきた。

e0123825_21301310.jpg


市販状態からいろいろ手を加えカスタマイズもしたし、日常の通勤の足として、また海や山へ、ロードもオフロードも、様々なところへ旅をした。
たくさんの思い出を作ったし、もっと遠くへボクの視線を導いてくれた。

そして何よりも自転車の面白さをたくさん教えてくれた。

JAKEを買ったら登ろうと思っていた陣馬山の山頂に立てたからもう悔いはないよ。

ありがとう。
お疲れ様。

JAKEが広げてくれた世界をまた一歩外にボクは脚をふみだす。
ロードはCAAD9に。
オフロードは、さらに純度を増してMTBのSL2に。



ラストランはYOUCANまでの浅川CR。
少しセンチメンタルなショートラン。
[PR]

by jake490 | 2012-02-25 21:30
2011年 12月 31日

醍醐林道から陣馬山へ

今年最後のライドはシクロクロスで陣馬山にアタック。
まだ脚を踏み込んだことがない和田峠から陣馬山に至るトレイルを走ってきました。
登山道を走るのは初めての経験です。

e0123825_1925322.jpg


陣馬街道を夕焼け小焼けの里を過ぎ、和田峠を向かうには左折するところを直進すると醍醐林道。
このあたりからは周囲は霜が降りて真っ白。寒さも半端ないです。
シューズカバーをつけているのにつま先からしんしんと寒さが侵食。

路面凍結に注意をしながら坂を登って民家が切れ山に入って行きます。
山に入ると木立に日光が遮られ一段と寒さが厳しい。
登坂する熱量と気温と相殺してバランスを取りながら寒さをしのいで登っていく。

景色がよさそうなひだまりを見つけたのでそこで一息いれるようと思ったら先客に猿が…..
目を合わせないようにビビりながら横を通過。
猿の方が根性がすわっていて逃げもせず、こちらをチラ見するだけ。

e0123825_19251422.jpg


逃げないんだったら写真とっておきゃよかったなぁ、と思いつつ、景色のいいひだまりで一息入れる。
風もなく静かだ。
腰の痛みが和らいだらまた坂を登り始める。

e0123825_19252025.jpg


醍醐林道のクレストは印も何もない。
標高が高くなるにつれ日陰の寒さが勝ち始める。
日差しを求めてジワジワ登る。

e0123825_1925278.jpg


醍醐林道のクレストは醍醐峠と名前がついているが、この林道に標識もないので最も高いこのあたりが峠かも、と脚を止めて東に広がる展望を眺めて一休み。
ここから南へ下って行くと山と山の間の鞍部の大和田峠に至る。
短い未舗装な部分があるが上手く脱重して走ればロードでもいけちゃうかもしれない。

e0123825_19253824.jpg


和田峠には大晦日だというのに登ってきたロード乗りが数人休憩中。
皆さんがんばりますね〜

さてここから陣馬山に登って行きます。
軽自動車が走れそうな道幅はすぐに狭まり山小屋に荷物をボッカする小さな運搬車が通れるだけの道幅となる。
登山道としては広い方なのだろうが、ドロップハンドルを握る身にとってはとても狭く感じる。

e0123825_19302958.jpg


傾斜がきつくインナーローで登ってもバランスをとる自身がないのですぐさま押しに入る。
トレイルを走るにはバランス感覚をもっと鍛えないと走れないな。
一短押しにはいると山頂までほぼ乗車することなく押しの一手だった。

e0123825_19313522.jpg


陣馬山山頂は360度展望がきくゴキゲンな山頂だ。
気持ちいいぞ〜〜〜

e0123825_19314245.jpg


浅川CRを走っていたときは山頂が見えてた富士山は残念ながら雲がかかってしまったが、それはそれでいい眺め。

e0123825_19314594.jpg


都心方向も眺めが良いから、スカイツリーも見えるはず….
きょうはかすんでよくわからなかったけど。


登山客の昼食風景にお腹がぐっとすいてきた。
体が冷えないうちに降りるとしよう。

ブレーキがち握りで超ビビりながらトレイルを下る。
ぬかった溝にタイヤを取られて冷や汗をかいたり、石に弾かれて谷側に振られたりと、トレイルと格闘しながら和田峠まで。

峠につくと安堵の息が漏れる。
ウインドブレーカーをはおり、さび〜〜〜と雄叫びを上げながら陣馬高原下までおりる。
降りても寒さが変わらないじゃん。
凍結した路面に注意しながらペダルを回し、恩方のセブンでカップ麺をすすってようやく人心地ついた。

凍えながら食べた担々麺、サイコー。
もちろん初のシングルトラックもスリル満点(腕がないだけだけれど)

ショートトリップだったけれど良いランができた。
[PR]

by jake490 | 2011-12-31 19:35 | シクロクロス的なハシる
2011年 08月 13日

ふらっと里山へ

世の中はお盆休みですが、僕はお仕事なのです。
さっさと仕事を片付けて午後3時過ぎには目処がついたので仕事終了。
というわけで、職場にほど近い里山にふらっと走りに行くことにしました。

e0123825_18224117.jpg


蝉しぐれが染み入る蒸し暑い空気。
舗装が途切れ、砂利道に。
フロントはインナーにいれてリアタイヤのスリップを抑えながら尾根筋に登って行きます。

e0123825_18232083.jpg


尾根筋に出るといきなり通行止め。
クルマやオートバイが通行できないのでしょう。
向こうから自転車が来るので、安心して進むことにします。

薄曇りの弱い日差しを雑木林の葉が遮り、薄暗いダブルトラックをヒグラシの輪唱を聞きながら通りぬけ。
木々が途絶えてひらけると、ミンミンゼミの勢力が増す、自然の豊かさに心打たれます。

e0123825_1824029.jpg


多摩川を見下ろす眺望ポイントで一休み。
自販機で買ったミネラルウォーターがまだ冷えていて美味しい。
ただ、じっとしていると蚊が寄ってくるので、あまり落ち着けないのが難。


里山を多摩川側におりて、のんびりべダルを回す。
東南の風が心地よい。
多摩サイに入ると徐々にペースが上がり、いつものジテツウペース。
公園や日陰にはツーリング帰りであろうサイクリストが休憩をとっているのを見かける。
今日も暑いからやられちゃうよなぁ。

e0123825_18244332.jpg


ジテツウに毛がはえたような距離しか走っていないが暑くてバテバテ。
というわけでアイスを補給。
ガリガリ君梨はもうないらしい。
ガツンとシリーズの桃!なかなかイイね。

暑気払いができたところで、再び暑くならないようにのんびり帰宅。
仕事帰りってことすっかり忘れちゃいましたw
[PR]

by jake490 | 2011-08-13 18:26
2011年 07月 06日

くたびれてきたJake

乗りっぱなしで放置状態で、とても可哀想な境遇にあったJakeを週末に洗車して、ちょこっとお手入れ。
モノに対するおもいれというものは、そのモノのコンディションに如実に現れるものです。
愛着あるJakeですが、なかば心離れてしまった感があることを語りかけてくるような状態でした。

e0123825_19311265.jpg


モノは新しいほうが魅力的。でも、使い込んだモノを大事に使っているのも、なんとも言えない味わいがあります。
ただ、Jakeの場合、全体にヤレが進んできたのでメンテナンスをするとコストの掛かる部品が多くなってきていました。
多分、オーバーホール時には工賃と部品代で廉価なロードバイクが買えてしまうぐらいになるでしょう。

e0123825_1931051.jpg


そうなると少し悩み始めます。
自分と一緒に歴史を刻んでいくにふさわしく、かつまた自転車通勤をはじめ、ロード錬、日常の足として気軽に乗れる自転車がほしい。
なんてね。

季節の割には湿度が低く、気持ちいい夕方の風に吹かれながら、6年35000kmともに過ごしたJakeをゆっくり走らせて帰宅しました。
[PR]

by jake490 | 2011-07-06 19:32
2010年 08月 30日

Jake….

すっかりロングライドの主役をCAAD9に譲ってしまった感のあるJake…
さらに遠くへ、峠を越えてもっと遠くへ…という願望をかなえるにはいたしかたがないところ。
週末の出番は少ないが通勤での主役の座はゆるがない。

e0123825_18222094.jpg


だが夏が通り過ぎ秋が来て落葉の季節ともなれば週末にお呼びがかかる。
夏の鬱蒼とした山中からうってかわり、道すがら遠方の展望が利くようになってくると、ちょっとした山道を探検に出かけたくなってくる。

重いがタフなタイヤをはかせているJakeは砂利道も苦にしない。
道を選ばす気の向くまま行きたいところに行ける自転車。
それがJake。


現在のJakeのプロフィール

フレーム   KONA7005アルミダブルパテッド
フォーク   KONAプロジェクト2(クロモリ トリプルパテッド)
クランク   トラバティブ エリータ (48T/38T/28T)
ペダル    シマノ PD-M520の旧型(両面SPDペダル)
スプロケット シマノ105 12-25T(10速)
Fディレイラ  シマノ105
Rディレイラ  シマノティアグラ
シフター    シマノ105STI
ハンドル    デダ スーパーナチュラル
ステム     イーストン
ブレーキ    アビット ショーティ4
ホィール1   (マラソン)+WH-R500R
ホィール2   (リチオン)+WHR-R550
サドル      ポンザ
シートポスト   イーストン

そのほか     ヘッドパーツは CANE_CREEK(型番不明)
         ブレーキシューはXTRのシビアコンデション


オレンジ色の箇所が完成車から変更した箇所
[PR]

by jake490 | 2010-08-30 23:21 | プロフィール
2010年 08月 12日

CAAD9から移植したポンザ

台風4号の影響で南から湿った空気が入り込み雨をふらせた1日。
風もそれなりに強かった。

それにしても…忙しい。夏がこのまま過ぎ去ってしまいそう。

e0123825_23343625.jpg
ギシギシ音が出ているので増し締めしないといけないのだが、そんな時間もないんだよなぁ。


CAAD9から移植したポンザ….
10000km近く乗り込んであたりが付いているってこともありますが、Jakeとも相性は悪くないです。
アリアンテが柔らかめのサドルだったから、乗り換えるとフレームの固さがダイレクトに腰にきます。
それゆえ、長距離をやったらアリアンテよりも疲れそうな感じ。
慣れているせいもありますがそれ以外は問題なく、大きな欠点は見当たらない。


Jakeのサドルもこれで5代目。
Jakeと僕のお尻に相性が良かったのはアリアンテ。次席はポンザ。そんな感じ。
[PR]

by jake490 | 2010-08-12 23:34
2010年 06月 08日

ブレーキシューチューナー

土曜日、なるしまでブレーキシューチューナーなるものを買ってきた。
こういったツールは気になるもののなかなか手を出さない自分ではあるが…..
手軽にすませることが出来るなら、お手軽にすませてしまいたい自分でもある。

e0123825_18571620.jpg


セットは簡単。
リムにはさんでねじで締めて固定するだけ。
Jakeのカンチレバーブレーキのボルトを緩めてチューナーにあてがうだけでトーインとリムの回転方向に平行になるようにシューの位置が決まる。
あとはボルトを締めて….


と、ところである…
チューナーを外してリムにシューを当ててみると、位置がハブ方向に下がってリムから下にシューがはみ出てしまう。
ちょうどチューナーのガイド部分の厚み分ぐらい….

これはOUTですねぇ〜 Orz

結局いつも通り、1ミリ厚のアクリル板を使ってトーインを出して….
と、もたもた調整。ああめんどくさい。
カンチブレーキの調整は決まるまでが、僕にとって難儀な作業なのだ。
単純に作業が不器用ともいうのだが….

使い勝手悪いんじゃない、とブレーキシューチューナーでググってみたら…
以外にみなさん好印象。

カンチブレーキ以外だったら使い勝手がいいのかもしれないなぁ。
[PR]

by jake490 | 2010-06-08 20:00
2010年 04月 24日

Jakeのチェーンを交換

お疲れが溜まっているので今日は休養、朝ものんびり。
睡眠時間も十分な筈ですが、うとうと寝てしまいます。

遅めの昼食を取ってからちょっとお昼寝。
な〜んもやる気でなぁ〜い、とごろごろしていましたが、このまま休日が終わってしまうのはなんとも....

e0123825_2326571.jpg


もぞもぞコタツから抜け出してJakeのチェーンを交換にYOUCANへ。
浅川沿いの桜はすっかり葉桜に。八重桜のちょっと濃いめのピンクが鮮やかに満開です。
寒い日が続いているので桜の季節が過ぎた実感がわかないですねぇ。

e0123825_23275693.jpg


今回も交換するチェーンはアルテグラ。
前々回までは105を使っていましたが、アルテグラのほうがが耐久性があるように思うんです。
今回は9000kmほど走ってからの交換ですからね(^_^;
変速性能は落ちてしまっていましたが、キレが悪い感じだけだったので、まぁいいかと交換時期をのばしていました。

さすがに新品に交換すると変速のキレが良く、スパンスパンと変速が決まります。
それに走りが軽い。
随分違うんだなぁ〜、ギア1枚分以上軽く感じます。

改めてチェーンが重要なパーツであることを再認識しました(^_^;
[PR]

by jake490 | 2010-04-24 23:24 | イジる
2009年 12月 19日

入山峠

少しばかり仕事が忙しかったので朝はゆっくり。
遅めの朝食をとった後、今日はのんびり近くをポタすることに決めました。

10時を回っているのに外は寒い。
いよいよ冬に備えて購入したブライトタンクトップタイツを履き、長袖のヒートテックのアンダーにウインタージャケット、耳にはイヤーマフで出掛けます。

e0123825_23351026.jpg


浅川CRで八王子に入り、萩原橋を渡って秋川街道で秋川に向います。
橋の上からは奥多摩の山がクッキリ。
空は寒気で覆われているのがよくわかるほど透き通っています。
露出している顔面は冷たいですが、ウエアは寒くも暑くも無い、快適な状態です。

e0123825_2336994.jpg


息が軽く弾む様なペースで走り秋川街道から旧道に向い小峰トンネルで峠を越えます。
クルマを遮断するゲートが作られているので旧道を通るのは歩行者と自転車ぐらい。
人通りの少ない旧道は落ち葉が一面を覆い、いい味をだしてますね。

e0123825_23371834.jpg


ちょっと怖い(個人的にですが)トンネルをくぐると秋川の街までダウンヒル。
留原の信号を左折して、たゆたゆと流れる秋川を眺めながら、のんびりと。
川沿いを離れメインストリートにでたら丁度いつものおやき屋さんの店先だった。

おばあちゃんからアンコとサツマイモのおやきを買ってリュックにつめ、盆堀林道に向います。
沢戸橋を渡って戸倉の集落に入ると気温がグッと下がって寒さを感じます。
ダンシングで坂を登って体を温めますが、もうここら周辺は真冬の景色。
山に入り込むほど気温は下がり、登坂中は暑くなるのに、走っている間は汗もかかないほど。

e0123825_233968.jpg


尾根に向って折り返すように坂道を上っていくと来た道を見下ろせる。
昼過ぎだというのにもう日が陰ってしまった。
山から流れ出た水が凍っているのでいかに気温が引くかよくわかる。

e0123825_23414362.jpg


日の当たる峠は温かい筈なのだが、今日は冷たい風が吹き付ける。
早々に退散して景色の良い所で一休みしよう。

e0123825_2343144.jpg


冬の空気が澄んだ晴れの日は八王子ばかりでなく都心を過ぎてさらに遠くまで見渡せる。
望遠鏡を持っていれば何処まで見えているのかわかるのになぁ。

e0123825_23442463.jpg


風もあたらないし、日もあるのでここでおやきをいただこう。
リュックのなかのおやきはまだほんのりと温かい。
ああ、素朴で美味いなぁ。

e0123825_23464478.jpg


おやきで小腹を満たしたら醍醐に下る。
風が強いので晴れていたと思ったらすぐ日が陰る。雲の動きが速い。
めんどくさがらずウインドブレーカーを着れば良かった。
下りは寒い寒い。手がガチガチにかじかんで感覚がない。

e0123825_23491446.jpg


落ち葉と落石と見分けがつかないので慎重に下る。
ゲートがあるので対向車が無いはず...とは言い切れない。
キープレフトで下っていくと.....危ない!アイスバーンじゃん!

e0123825_23511468.jpg


流れ出した水がそのまま凍っている。枯れ葉の下の水も凍っているだろう。
凍える手でブレーキレバーを握りしめ醍醐の集落まで下って一安心。

このあたりはおそらく気温零度に近いはず。
思わず寒い寒いとうめきながら陣場街道に向う。
寒さのため目が潤んでいると左の路肩に黒い物体が.....
ブレーキレバーに指をかけた、その瞬間、その黒い物体が目の前を横切る。

うわ! イノシシだ!!

サイズは柴犬をひとまわり大きくしたぐらい、
横目で僕をちら見しながらアスファルトに爪をガチガチいわせてすっ飛んでいった。

すっげぇなぁ、八王子。まだ野生が盛りだくさん(@_@;
心臓ドキドキしたまま陣場街道、ゆうやけこやけふれあいの里をすぎて美山へ向って左折。

e0123825_23544283.jpg


ふれあいの里を見下ろすように峠道を登るとコンクリートに固められた切り通しの峠を越える。
峠を越えた下り、その先も一段と気温が低い。

e0123825_23564049.jpg


モリアオガエルの生息するその地域は北部の地方並みな寒さと佇まい。
震えながら走って、再び陣場街道に出ると寒さからようやく逃れることが出来た。

走るピッチを上げて最寄りのコンビニに飛び込み、温かいレモネード、手を温めながらゆっくり飲み込んだ。
温まりきらないけれどすこしはマシになる。

汗がでるほどピッチをあげて体が温まったらイーブンペースで流し、寒さで固まった肩から力を抜くことが出来た。

R20バイパスから浅川CRで帰宅。
帰宅後すぐに食べたカップヌードルがサイコーに美味かったすねぇ。
[PR]

by jake490 | 2009-12-19 23:33 | ハシる
2009年 12月 06日

紅葉の鎌倉ポタ

師走の慌ただしさが来る前に心も体もリラックスしておきましょう。
雨上がりの快晴の今日はのんびりと鎌倉で紅葉狩りに行きます。

e0123825_091746.jpg
境川CRからすっかり葉が落ちて寒々とした桜並木の海軍道路を経て大船、そして北鎌倉に向います。

建長寺の駐輪場にJakeを停めて境内へ。

e0123825_0124835.jpg
三門をくぐり仏殿、報堂と進み半僧房に向って歩いていく。


e0123825_0145140.jpg
多摩地区では散りはじめた銀杏がここでは今が盛りとばかりに黄金色。

e0123825_0162339.jpg
苔むした石灯籠にモミジが降りつもり.....


e0123825_018147.jpg
半僧房の高台からは富士山と由比ケ浜が展望できる。
ハイシーズンの日曜日とあって参拝客で賑やかな半僧房はそそくさと退却。


e0123825_02107.jpg
人の波を避けてひとしきり静かになった石段を下りていくと、はらはらとモミジが足下に舞い降りてくる。


e0123825_0241366.jpg
青葉から紅く染まっていくモミジが微風に揺れて....


e0123825_0262056.jpg
すっかり気分おだやか、紅葉を堪能して境内までおりてきた。


境内を出ると通りはクルマで渋滞、歩道は人が溢れている。
鶴岡八幡宮をまわりこんで鎌倉宮から瑞泉寺に向うが人波とタクシーで道が塞がれ...
まいったなぁ、これはもうUターンですね。
ならばと獅子舞の手前まで行ってみましたが、道がぬかるんでいる様なので断念。

穏やかになった気分のまま帰りたかったので、深入りはよそう

e0123825_0275475.jpg
由比ケ浜に向って走っていると長谷寺の提灯が目に止まり、初めて境内へ。


e0123825_0301343.jpg
紫陽花で有名なこの寺にもモミジが彩りを添えている。


石段を上った境内から由比ケ浜が見下ろせる。
住宅等が少なかった、もしくは無かった時代なら浜がもっと良く見えたに違いない。
そんな古の風景を想像して眺めたりしていたのだが......

ここも観光客が多すぎて落ち着かん....そんな自分も観光客だけれど.....

e0123825_031381.jpg
混み合った長谷駅前の通りをぬけて極楽寺に向う途中に力餅屋がある。
ウチへの手土産に力餅を買って帰ろう。


極楽寺から稲村ケ崎にぬけてR134を江ノ島に向う。

e0123825_0332788.jpg
七里ケ浜沿いは一段と気温が温暖で12月とは思えない。
ジャージのジッパーをおろして海を眺めながら走っていく。

しばし海を眺めながらゆっくりするのもいいな〜。
なんて思いながらもペダルを回す脚が止まらない。

江ノ島から何時ものルートで藤沢の市街を抜けて境川CRを北上。
少し北風(向い風)が吹いている。
目黒のセブンイレブンで休憩し、あとはノンストップで家に向う。

久しぶりに日没前(ギリギリだけれど)に家に到着。


のんびり紅葉狩りポタが楽しめたけど、もう少し人が少なければ....なんて思うのは贅沢....なんでしょうね。
[PR]

by jake490 | 2009-12-06 23:47 | ハシる