2017年 02月 03日

危ぶまれながらも2連続でジテツウなり

初日は無理をしないで、まだまだイケそう、なところでライドを終了。
にもかかわらず、薄っすら疲労感が残る。
走り出せば、何たることか、サドルの形通りにオシリがイタイ。
ドコまでワタクシはヘタっているんだろ。
道すがら、写真を撮ったりできるのだけれど、余裕ない、無理だ〜〜


e0123825_02274033.jpg

ひと仕事終えて、時計を見ると、そこそこに遅い時間。
多摩サイ経由で一回りするには時間がおそすぎるので、
夜の八王子の繁華街のフォトジェニックを探しに一回りしてみるカナ

よく飲み歩いたり、残業後の食事を飲み屋でとったりしていた時代とはだいぶ様変わり。
まあ、当たり前。
飲み屋なのに、店先にバイクが並んだ店はもう無いのだろうか。
夜の街に眼が利かないからなのか、見つからなかった。
大型のプロジェクターでフレディスペンサーとケニーロバーツのデイトナのバトルや
基地外沙汰のコークスクリューの下りを見ながらマスターと盛り上がったのが懐かしい。

多摩美を受験したときに、売出し中の竹中直人が試験官助手で現れたときに、
その場の空気でそれとなく、笑いながら怒る遠藤周作だったか、
モノマネをやってもらったバチがあたって(ということにしとこう)
後輩になりそこねたけれど、彼が愛したカレー屋は場所を変えて健在だ。
クラブの顧問の彫刻家の先生が常連で、なんどか学生時代に食べに行った。
サブカル系な雰囲気を持つとか、センスを刺激するような店は多くなかったから
必然的にそんな職種や美大生が集まる。
たしか、前田真三も常連というか、親戚筋だったも。
名ばかりの東京、八王子にもそれなりのスポットがあった、のかな。

そんなノスタルジーな気分でMTBに乗って夜の街を流して走る。
MTBに乗っているおかげでキャッチのお兄さんに声をかけられる煩わしさ無く
ヨッパライを避けながら、歩きだったら躊躇するエリアもさっとチェック。

写欲よりも街を感じることを優先で。
自分の視線の先に何が有るか、写欲の熱を蓄積していく。

昼間立ち寄ったある場所に、オンタムである夜に寄ってみたら
やっぱり、らしい空気感があった。
リュックからX30を取り出そうとしたら、X-M1が塞いでいて
その煩わしさに熱が下がる。
ソレではいけないよな、とリュックをまぐさるも酔客がソレを邪魔する。

なので、エクスペディアで押さえておこう。
よ〜〜し、見せてもらおうか、だからワタシはエクスペディア、なのかw
スマホのカメラにも慣れておかんとな。

如何にもタコにも、な料亭の雰囲気を醸し出しているのと違い
ひっそりと、お忍びな雰囲気がそこにある。
なんとMTBと一緒に撮影するのにミスマッチなことか。

黒板塀ノムコウには三味線と小唄とか踊りとか
ホンモノの芸者さんの芸を堪能しながら一献いただく場所がある。
もっともワタクシには遠い世界。
八王子にも一件、花柳なお店があるのだよね。

そういう旦那さんの世界の雰囲気を少しばかり味わえた
社員旅行の温泉街ホテルで、芸を魅せてくれる芸者さんも
今は男どもの日頃の鬱積と本能を刺激するコンパニオンさんにかわり
金は無くても、こういうときだから粋な世界の一片をかじる
というような、芸を楽しむ宴は遠い昔。
ワタクシも味わい残ったに近い。

ホンモノを楽しむにはしきたりとかいろいろあるらしい。
フトコロ具合も

まあ、それはそれとして、芸を磨くというのは
人としてのあり方をちょいと引き上げてくれるものがあって
他人の評価がどうであれ
自分の人生に彩りを与えてくれる、と思うのだネ。





[PR]

# by jake490 | 2017-02-03 23:26 | ジテ通
2017年 02月 02日

ご無沙汰です、なジテツウ♡

実は正月明けからジテツウ復活を目論んでいましたが.....
実行できたのは、ほぼ一ヶ月後という......
まあ、オ・ト・ナの事情というw

e0123825_22184421.jpg

家人にいわせると、ごんな極寒の時期に乗り始めるなんてヴァッカじゃない。
ということですが、そうなったのは、あなたにも原因があるじゃないか、
といえるわけもなく.....
そうだね~、だってヴァッカだも〜ん。と、家を出る。

寒さ対策として意識したわけじゃないが、しっかりと皮下脂肪を蓄えたので(泣)
薄着方向なセレクトにもかかわらず寒さはそれほどでもなく。

一応はアタマを使って、マフェトン理論で心拍を抑えて走るわけだが
のろいスピードでも心拍が上がってしまう。
相当なヘタレっぷり。
おりしも向かい風が強いし、冷たい風で、じわじわ冷えてくる。
結局、目標心拍数よりも割高で冷えないように、会社に間に合うようにと
ペースが上がって、おおよそイーブンペースな感じになってしまった。

雨で土砂が流れ、荒れてしまうチャレンジ坂
霜が降りていないので、タイヤはしっかりグリップし、
落ち葉が少ないからラインもよく見えて、確実にクリアできるライン取りにもかかわらず
心肺と脚がイッパイイッパイで、登りきる寸前で、無念の足つき。
前途多難だナ。

思った以上に走れないゾ。

駄菓子菓子、ここで、頑張っちゃうと、またコシをやられてしまうからなぁ。
焦らずボチボチいこう。

帰りは陽射しがない分、気温よりも寒く感じるが気持ち長めに走る。
一時間以上走るということで、多摩サイルートを。

心拍を上げない分、負荷は軽めに走り終えたので、気分的には少し物足りない。
でも、変なストレスでイライラが食欲に転化すること無く
平静な気分がより平静な気分。
というわけで、これからバランスボールを使ってストレッチをしよう。





[PR]

# by jake490 | 2017-02-02 22:20 | ジテ通
2017年 01月 30日

旦那さん、そいつはスカルペルですかい? と聞いてみる

仕事で休日が潰れるのは嫌じゃないが、やっぱりお疲れですね。
かといって、仕事の手を抜けば、後々、後味の悪い思いが湧いてくる。
気持ちのいいもんじゃないです。

まぁ、土日に仕事を詰めたものだから、お疲れモードで写欲も湧いてこず
これではいかん、と思いつつも、暖かな日になりそうだというのにジテツウも逃して
と、いいことなし、なし崩し的週初め

昼休みに、嫌がる自分に鞭打って、そろそろ春の足音探すかな、と
ダラダラ、モチーフを探しにビオトープのチェックにX30を携えていってみた。

e0123825_21291173.jpg

休耕田の柔らかい踏み心地に癒される。
道すがら、オオイヌノフグリをみかけたけれど、ここいらは…..
山陰は水路に氷が張っているじゃありませんか。
やっぱり、このあたり、寒さ半端ねえ〜〜〜〜
されど、ゆるい冷え込みの柔らかい氷
まさかの氷。
ファインダー越しに情感を追いかける。
やっぱりね、一期一会、同じ日、同じ光、同じ空はないわけですし



あっという間に昼休みの時間が過ぎて、慌てているふりをして会社に戻ると
目の前を一本足のレフティーが通過。
ええな~
今日は乗ったら気分がイイ
ノーヘルに普段着でまったりと、なので、散輪だな〜

などとおもいつつ、赤信号で追いついてしまったので
コレはジキルだろ〜〜と思いつつ、
いいバイクお乗りですね〜 これはスカルペルですかぁ と

案の定、いやいや、コレはジキルですよ、オールマウンテン、とニヤリ。
いやぁ~ いいバイクですねぇ(マジでそう思ってるし)
エンデューロとかね、云々短い間オハナシおば

あんたも乗るの?
はい、一応Cannondale糊です。
ああ、ロード
いえいえ、ロードもマウンテンもちょいとかじってます。
じゃ、おんなじだね♪
26インチ? もうかわちゃったよねぇ

おいおい、そんな遠い目せんでもwwwwww
ウインドブレーカーもいらないような暖かい小春日和ですから
気持ち良いでしょう。

明日は乗れるかな、
いや、乗りたいなぁ
寒さが戻るらしいけど、
挫ける自分が見えるようだけどw





[PR]

# by jake490 | 2017-01-30 21:30
2017年 01月 22日

真冬だというのに春を探しにポタリング

この週末は、すっかりお疲れちゃんで、ハワイアンキルトの針が止まってしまった家人のフォロー
第二弾は、温かい陽射しな日曜日なので、家人が見つけたという、蝋梅を見に行くというポタリング。
何を隠そう、たって隠すものなど無いのだが、今年お初の自転車ライド。
家人の案内でうらうらのんびりと、市街化の進んでいない鄙びた土地と里山へ。

e0123825_21304129.jpg

ご近所の探検ポタリングはGPSとかスマホの地図は使わずに、気の向くままに
そして、わざと迷う。
なのだが、目的の蝋梅ぐらいは案内してほしかったのだが、ドコかわからなくなっちゃったらしいw
駄菓子菓子、ひだまりのような南面の路肩にもう小さな春が勢いついておりまして。
もう、今日の目的は達したナ、
あとは昼寝だ、
みたいな気分の脱力感が心地よい。

e0123825_21304634.jpg

ローガンに鞭打ってマクロ撮影頑張ってみるが、ポカポカですもん。
ほどほどに。
ナズナ?ホトケノザとか、オオイヌフグリとか、しっかりと咲いておりました。

e0123825_21305116.jpg

寒いから買い物ぐらいしか出かけていないという家人でありますが
足を伸ばして蝋梅を見つけてきたり、ちょっとした点景をカメラに収めてきたり
体育会系ではない彼女には電動アシスト自転車が、素晴らしいアシストぶりで
坂道の多いこの地を物ともせず、なにやら動き回っている様子。
特にQちゃん(富士フィルムのデジカメXQ2)を手にして以来、ちょこまかと。

e0123825_21305683.jpg

旧道から農道へ踏み込むと未舗装となるのだが、ママチャリでも平気なぐらいの道
ドコまで続いているが探検するのだ。
陽射しが途絶えるとイキナリ気温が低く、やっぱり冬だなと痛感させられる。

e0123825_21310586.jpg

冬の北風の吹き溜まりに落ち葉がうず高く溜まって
そこをカサコソ音をたてながら走る。
枯れ葉の下は霜が溶けて、再び固まった、を繰り返している感じ。
今日は温かいからね。やわらかいけどママチャリのタイヤでも問題無い。

e0123825_21311176.jpg

この季節らしく梅の花を見つけた。
やっぱり蝋梅の咲いていた場所が分からないらしいが、
昨日写真を撮っておいてよかったね、ということで、蝋梅の探索は終了。

e0123825_21311717.jpg

ではまた別の道を、ということで
小さな丘越えの道を、のんびりと
一体ドコに繋がるのかな
まだ知らない道がある。

e0123825_21312649.jpg

写真を撮りながらポタリングしているので、距離は伸びずに時間はかかる。
ランチタイムには帰宅するはずが、外でそのままランチをとって
うらうら走り。
家人が写真を撮っている間にに、ベリーショートタイムだが
土の上をモリモリっと走ってみる。
ちょ〜〜〜〜気持ちいぃ〜〜〜〜〜んだけど。

e0123825_21313476.jpg

冬の日は短くて。
あっという間に影が伸びる。
我が家まで小さな峠越え。
走ってない身体。ムーミン化した身体に坂道は堪える。息が弾む。
そこへ後ろから家人が話しかけてくる。
あれ!返事がないな〜〜〜
と、振り返るとドSな笑顔な家人がそこにいた。



 


[PR]

# by jake490 | 2017-01-22 21:37 | ハシる
2017年 01月 21日

鉄ちゃんの心が何故疼くか知った日

残業デーが続き、家人のフォローができていなかったので、その分今日は家人サービスデー
写真を撮りたいというご指名なので、冬の点景を探しに
そして春の胎動を探しに、高尾方面に。

久しぶりに、するさしのおからドーナッツを頬張ると、
やはりこの近辺では一等賞だなぁ、と家人と相槌を打つ。

e0123825_23065586.jpg

更に車を走らせて梅林に向かい、家人が写真を撮る間周囲を見回して歩いていると
線路の向こうでライトがキラリ。
普通列車だと思いこんでいたので、鉄道写真の練習にと
置きピンしながらカメラを構えていると、やってきたのはNEX!!!!
驚きつつ緊張が走る。
シャッターを押す指に力が入るとき、
NEXの運転士が汽笛を一発慣らしてくれた。

なんだ、この呼吸感。
これが鉄の繫がりか!!!
なんか疼いてしまったwwww

NNEXはお仕事でも関わりがあったので、少なからず思い入れのある車両。
たまに近所を走っていることを今更ながら思い出した。





[PR]

# by jake490 | 2017-01-21 23:08 | 写真、カメラ