空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 14日

てんとうむし日和

春先に現れるてんとう虫はチョコマカと可愛くて、何度かカメラに収めようとするのだけど
大概、ピントが合う間もなく、隠れてしまったり、飛んでいってしまったり

先日夕刻に暮れていく光を観察しながら野原を見回していたら
野草の蔓にじっとしている一匹を発見し撮影したのが、ようやくピントが来た、って一枚だった。

e0123825_21331602.jpg

昨日は家人のリクエストで、雨天の公園に出かけたので、溜まった家事を片付ける一日。
午前の部の大方を片付けて最後の仕事は、地元のJAのある商業施設に地元野菜の仕入れ。
の前に、その道すがらに、ワタクシのホームグラウンド的撮影フィールドに立ち寄る。

桜のシーズンを前に、仕事のタイミングなどで暫く立ち寄ることができずにいたから
随分と野草の様が変わり、短い時間の変化の大きなことに驚いたけど
その変化をカメラに収めることができなかったのは残念だナ。

どれどれ、と草むらを観察し始めると、あ、てんとう虫発見!!!!
と一匹みつけたら、ココにもソコにも.........

お陰で、最短距離絞り開放のいい練習になりました。
相変わらずピンぼけ量産、アイタタタ。

なことをしてましたら、家人が現地にお住まいのご婦人とお話してまして
すっかり打ち解けておりまして
見知らぬ不審者的嫌疑の視線を完全に消滅、
まあ、ワタクシも近所に勤務して長いので、ああ、アソコの、な
ご近所付き合いな感じであります。

この地域は、古い農家の暮らしの面影などが残っているのだが
今にも時代に飲み込まれそうな流れになっており
保存できたらいいなぁ、と感じていたのだけど
危ないところを行政がはいってNPOがいろいろと保全活動するようになったそうで

そのNPOの方とも名前こそ交換してないものの、既に顔見知りになっておりまして
家人とお話をしたご婦人の旦那さんとも何度かオハナシをして活動内容を伺っております。

ワタクシにも是非とお誘いいただいたのだけど、西多摩MTBのボランティア活動にも参加できてない身の上であることもオハナシしてまして
MTB乗りも自然保全とか地元に貢献すべく活動しているんだよ、
というメッセージも伝えております。

そんな現地が住まいと隣接していたり、エリアも狭いので、
ここはひっそりと、地元の暮らしの邪魔にならないように、撮影活動してきましたが
さらに気持ちを引き締める出会いがありました。
いい一日になりましたねぇ。





[PR]

# by jake490 | 2017-05-14 21:38 | 写真、カメラ
2017年 05月 13日

雨降りの中、カメラを振り回す

こんな、雨が強く降る、っていう天気予報なのに写真撮りに行くって
バッカじゃないのぉ〜〜
と今日も休日出勤の息子にdisられても、
雨の日は雨の日じゃないと取れない写真があるの!と言う家人。
ごもっともでございます。
はいはい、クルマの運転いたしますよ、と近所の某公園へ

e0123825_23445279.jpg


元々は、藤棚があると知ったのはもう花期中盤であったので、
きっちり狙って撮影できるのは来年か、と思ったのだけれど
やっぱり撮影したい、とタイミングを図ったものの、
今年は、やけに暑くて、夫婦ともども、グロッキー状態でのびのびになっていた。
藤棚はのがしたけれど、これから菖蒲が咲く。

住まいの辺りは菖蒲の花が咲いて、終わった花もチラホラあるぐらいなので
どうかな~ と、
心配しつつ園内へ

e0123825_23445768.jpg

公園に到着したときは小降りだったのだかが、園内を有るき始めたら
雨脚強くなり、本降りになってしまった。

パーカーの中にカメラをいれて、雨に濡れないようにしまい込み歩き出す。
雨に濡れた新緑の椛が美しい。
通年を通して赤い椛もあるのでしょう、
深い赤の重量感と鮮やかな赤の軽快感が面白い。

e0123825_23450872.jpg

菖蒲園に足を踏み入れると、まだこれからの様子で
気の早い菖蒲が、申し訳ない程度に咲いていた。

すでに土砂降りといってもいいぐらいな屋外で
カメラをもってうろついているのはワタクシら夫婦だけだったw

というわけで、気兼ねなく写真撮影できたわけさ。





[PR]

# by jake490 | 2017-05-13 23:47 | 写真、カメラ
2017年 05月 11日

デキゴコロで日没直後のトレイルをちょぴり

求められる仕事は可能な限り全部引き受けるし(なんたって売上目標達成できずな月が続いているし)ルーティンワークな仕事じゃないから、常に予想外な事案発生するし、
なんたって、今の自分の技量に満足出来ないから、もっとレベルアップしたいし
なんてコトをやっていると、ソレとは違う考え方な方々から批判がましい言葉が飛んでくる。

e0123825_00445531.jpg

志を同じくする同僚はワタクシの仕事を、サッカーで言うところのPK戦を毎日ずっとやっているようなものだから、キッカーのメンタルとか責任感とか、分からない人はわかんないよね。
と上手いこと言うな、と思う。
ワタクシにしてみれば、トップを目指すアスリートとか、命を削るように素晴らしい物を生み出す職人さんとか、素晴らしいビジョンを追求するフォトグラファーが回りにいるおかげで
強いパッションをもらえているから、また、そういう情熱の世界の住人でありたいわけで
脆弱なメンタルにも関わらず、折れずに高みを目指せるわけですわ。
大した仕事してないで、大仰な物言いでお恥ずかしいオハナシである。

ま、アウトオブ眼中なんだけど、あんまり目の前をチョコマカされると苛ついてしまった夕暮れ。
夕方のゴールデンタイムを逃して、さほど光もよろしくなかったのもあって、ここはLSDでしょ~、な
さてドコ回って帰るかな、とさしたる考えもなく走り出したら、
ランチタイムに散歩している里山に視線が固定。
暗くてもまだ走れるかも〜〜〜
それに道もわかっているし〜〜
と、やっぱり、気分転換に、チョイと強い刺激が欲しくなっちゃった。

トレイルの入り口に立つと、山に続く登り道はほとんど真っ暗で、
チキンなワタクシ、早速ビビリがはいります。
こえ〜〜〜〜なぁ
と、山に入ると、少し目が慣れて、まだ残照がのこった雑木林のディテールが見えるように。
登りは瞬く間にインナーローで
特に難しい地形ではないから、問題は斜度だけで
だけといっても、やっぱり今のワタクシには急峻でありありまして
稜線に出る前にペダルを回せず沈。
心肺は一杯一杯で、リバースするトコだった。

のしのし押して登り、稜線のトレイルで、呼吸が整うのを待った。
僅かに光の残る里山はもののけの気配が濃厚。
自分の小ささが身にしみてくる。
たちどまっていると、ヤブ蚊がまとわりつき出したので、走り出す。
暗闇に慣れた眼に300lumenなれどヘッドライトが描く路面はしっかり見える。
重心バランスを意識しながらゆっくりと森の出口へ。
頭上を覆いかぶさる雑木林がなくなると、世の中まだ明るいじゃん。
ぐらい、瞳孔を開いてたんだなぁ。

緊張から開放されて、すごくコーヒーが飲みたくなったが、近くにナニもなし。
ここで飲んだらかなり美味しいコーヒーになったはずだ。

トレイルの登りで出し切った出がらしな脚は加速をする能力を失って
もう軽く流すしかすべもなく
夜の色が深くなっていく向かい風の多摩サイをゆるりゆるりと。

ああ、たのし。






[PR]

# by jake490 | 2017-05-11 23:42 | ジテ通
2017年 05月 10日

雨天に付き、本日休脚日

再開した自転車通勤で、筋肉に疲労感が溜まってきたところで程よく天気が雨。
本日本日休脚日です。
ただ、あれこれやで夜更かししちゃったものだから、眠気半端ない。
身体を動かしたあとの睡魔はホンモノ。いままでいかに不摂生だったか。

e0123825_23362996.jpg

筋肉痛と疲労感が、筋肉の所在を教えてくれる朝。
最近見つけた撮影スポットで、朝写錬。
今の走力だと、車通勤のほうが写真撮影する時間の余裕があるわけで。
情けないけど、まあ、これからですねぇ。

捻出できる朝の時間は短くて、本来は心拍数をおさえて走るべきところ
おおよそ平均心拍数135~145の範囲を40分ほど。
以前は30分ほどな距離なんですけどね。
目標は以前のタイムにカムバックですわ。
運動を再開したアラカンオヂサンには結構ハードな負荷。
なので、心折れてもいいところは簡単にポキっと折れて
ここでペダルを止めたらアカンところは死守する、って感じでしょうか。
でも、根性なしですから、死守っていうのはかなり大袈裟ですなw


帰路は、心拍を抑えてマフェトン理論に倣って、負荷を軽く
どちらかと言えば、朝の負荷からの回復的な感じ。
GPSサイコンのATLASは、常時点灯表示なので、夜間走行では大いに役立つ。
走力が落ちている今はケイデンスと心拍数の相関関係を常時見れるのはありがたい。

パフォーマンスをあげるトレーニングをガッチリというよりは
まずは壊れない体つくり、パフォーマンスを構築するベース作りが当面の課題だと思うのです。

まあ、力まずボチボチ。




[PR]

# by jake490 | 2017-05-10 23:37
2017年 05月 08日

身の回りのデジタルガジェットが進化したものだから

久しぶりに連続して自転車に乗ってみると、アレコレ補修しておかんとなぁ
と思うモノがチラホラありまして。
だけども、、最も補修しなければならないのは己の肉体であるのには間違いない。

e0123825_13073569.jpg

自分の体はさておき、MTBなので、ついてればそれで良い、と思っていたサイコンだが
VOLTシリーズ(ワタクシのはVOLT300だけど)で点灯するとサイコン死にます。
おそらく、デジタルワイヤレスなサイコンに変えれば、解消すると思われるのですがね。

で、とりあえず、品揃えのあるワイズロードで実機を見ながら検討するも
デジタルワイヤレスのサイコンって、意外に高価なんだナ。

というわけで、ガーミンの生活活動計も使っているので、一番コンパクトなエッジ25あたりで手を打とうと思っていたわけです。
そんな時、LEZYNEからGPSサイコンが発売の運びとなり、結構リーズナブルな価格設定。
エッジ25を買うなら、こっちのほうがいいわ〜♡
と、思ったので、本体と、ソフトウエア、ネットの使い勝手など、調査進行チュ〜

つなぎというわけではありませんが、CAAD9と共用(ほぼCAAD9用)に用意したATLASが眠っているのを思い出し、使わん手は無いなぁ、と。

ATLASのナニが億劫かというと、ウインドウズのみに対応なので、Mac使いのワタクシ
安定のブートキャンプで対応するわけですが、やっぱり、旧態然とした痒いところが痒いままなソフトウエアだと、ノリが悪いのです。
これしかない、ときはこれでよかったのですけどね。
駄菓子菓子、とことんあるものは使わないとモッタイナイ。

考えてみれば、不自由な点もあるけれど、知らぬ土地へ行くときのナビはスマートフォンでできる。
フィジカルなデータは生活活動計でデータ化できるし。
走行データのあらましはSTRAVAでできるし。
と、ATLASの弱点は補強できるわけで。

逆にそれ以外はいろいろと便利なATLAS。
じゃぁLEZYNE買わなくてもいいっかw

まあ、そうはいっても、LEZYNEのGPSサイコンはバッテリーの保ちも良さげだし
ガツガツしないで、機が熟すのを待つ、でいいでしょう。





[PR]

# by jake490 | 2017-05-08 23:06 | イジる