空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2017年 08月 14日

お山での遭難事故で立ち往生する


行先に観光地となっている鍾乳洞がある道すがら。
山の麓から、更に登山口とも言える、山の入口に至る道の殆どが道幅が狭い。
車のすれ違いも出来ない所も多いから待避所で前方を覗いながら前に進む。
地盤が悪くて、がけ崩れなども多いせいか、久しぶりに訪れたのだが大分改善されたとはいえ、街乗り気分で走るのは控えるべき道なのだとも思う。

e0123825_16073691.jpg



家人とトイレ休憩で休んでいると、複数台のパトカーと消防車、それに救急車がサイレンけたたましく山奥へ急行していったから、
こういった山道を知らぬがゆえに、な交通事故かと思ったのだが
先に進むと、全く渋滞の列の動く気配がなくなった。

途中の集落であったので、何気なく周囲を見ていると
救急隊員が数名みえたので、ココが現場か、じゃあ、時間がかかるなぁ
と、思いきや、数名の山岳レスキュー隊員が渋滞の列の脇を足早に山奥へ入っていく。
結構激しい事故か、谷に車が転落したんだろう、と

待ち時間がもったいないし、とりあえず鍾乳洞を目指して走ってはいるが、目的地でもなし。
胸に響く写真に取りたい風景に出会えればそれで良し。
なので、後続車がいないのを機にUターン。

通りがかりの地元のおばあちゃん、にちょいとUターンが終わるまで待っていただいた時に
お礼方々状況を伺うと、遭難事故、だそう。
鍾乳洞に行かないで帰っちゃうのかい?
と聞かれたので、
すごく混んでるし、そんなに遠くないのでまた来ます。
と、答えたら、
いつも渋滞してるからこんなもんだよ〜
じゃ、そのつもりでまた来ますね〜

とそんな感じで山を降ったわけですね。

意外だったのは、遭難の規模が大きかったのか重傷者がいたのかによって違うけど
多くの人が出動するして救助に関わっているんだな、と。
地元のおばあちゃんの寛容というか、日常性。
で、こんな交通渋滞で身動きできないところだと、病院まで時間がかかるだろうなぁ
などなど。

FBで繋がっていただいている方がには登山家や愛好家もいらっしゃるので、
奥多摩や丹沢の尾根道をフラフラ歩いてきたハイカー風情の浅い感想にすぎずおこがましいけれど。

何か起きた時に駆けつけていただけることの感謝と、山行に寛容な地元の方々や、
そのように理解を求めてきた山関係の方々に感謝の気持ちが余りある。

日常性から乖離した行動をするには、それなりの意識とか覚悟というべきか、
あとはそれを許容してくれる人たちによって成り立っているんだな、とつくづく。

立ち寄った公衆トイレの清掃は、ロッククライマーな方々がボランティアで清掃活動を行っていると貼り紙がしてあった。
こういう地元に還元する社会活動を地道に理解を深め、信頼を寄せられるようにしているのは、そう簡単に出来ないことだよなぁ。
時間をかけてコツコツと築いていったに違いない。

楽しいことを担保するには色々あるんだよなぁ
そういうワタクシはこれっぽっちの力になってないけど。
目くそ鼻くそダ。







[PR]

by jake490 | 2017-08-14 22:06
2017年 08月 08日

著者近影、それと試運転中なサイトのご紹介

訳ありで、殆ど自転車に乗れてない生活が2年ほど、になりましたか。
週末毎に何処かへ出かけたりしていたのが、嘘のようであり、
それを真にしようとも、まず体つくりから始めないと、イカンのであります。
どっぷりと浸かってきた世界と自分の生活をまたこれから先のこととか、
おぼろげながら俯瞰的に考える機会が巡ってきたのかも、と思う此の頃。

e0123825_16430238.jpg


限られた時間の中、詰めの甘い人生のなかでチョロ火に燃えていた写真撮影を少し腰を据えて。
と、天辺を取るためにひたすら熱の塊な走りをみせてくれたKAZUさんに大いに刺激されて
そんなら自転車で走るんだろ、になるわけですが、
ワタクシの自転車は楽しい面白い、と自己チャレンジ的冒険と、で、誰かと抗うことではないのです。
自分なりに自分を追求していくのなら、むしろ写真のほうかな。
というわけです。
元より旅と写真はセットで、最終形態は自転車と写真スタイルで来たのでね。

そんなわけで、何となく、どんなもんなんだろ、とログインして放置したままだったInstagramに写真ギャラリーとして投稿することにして、
大学まで出たのに英語がカラキシなものだから、ココでの公用語は英語だというマイルールw
でも、殆どが翻訳サイトだからwww
勉強にはなってないよねぇ。
下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる的に写真を上げてると、海外の人からコメントを頂いたり
また、そちらにお邪魔したりしているうちに、
モノゴトにたいする感受性の幅の広さとか、外国でも一緒なんだなぁと感じたり
自分のガラパゴス化をぶち破るキッカケにもなっていたり
得難いものを得たと、コレは継続していきたいなと思った次第であります。

で、ストックが溜まっていくうちに、評価が良かったというのはもちろん嬉しいしいい写真なのだと思うけど、自分の変化に繋がった写真とか、キッカケだったとか、写真+メッセージみたいな、取り留めのない事柄だらけだけど、それもまとめておきたいかなと、
そういう感じなので、お試し、試運転なカタチだけれども、別サイトでチョロチョロはじめました。
更新はまだらになりますが、気が向いたら冷やかしてやってください。
まだ使い方も右も左も分からないので、メッセージしていただいてもお返事できないコトばかりだと思いますので悪しからず、お願いする次第です。








[PR]

by jake490 | 2017-08-08 18:18 | 写真、カメラ
2017年 08月 06日

自転車成分補給にショップ巡り

仕事が早く終わり、2時間ほどフリータイムが出来たので
おつかれな心を癒やしに自転車ショップめぐりなど。

e0123825_15374137.jpg
対価的なことを考慮すると、むしろワタクシの場合はネットで買い物したほうが身の丈に合った買物ができるのだが、
自転車に関しては、出来るだけリアル店舗でお買い物をするようにしている。
というのも、ワタクシくんだりの消費では目くそ鼻くそな金額でしか無いが
競技チームを持って活動したり、スポーツとして啓蒙活動も行っているショップには
少額でもお役に立てれば良いなと、そんな絵空事、綺麗事、でネ。

ケチくさい金しか落としてないからYOUCANのシャチョーさんは、ネットで色々買い物してると思われているフシをツクヅク感じるのだが、それがまた面白いのでイイワケしてないw

なるしまフレンドはCannondaleを取り扱っていないので、もしも取り扱っていたのなら
このお店から自転車生活がスタートするはずだった。
当時の店舗は狭い狭い昭和な木造の古い店舗の中にぎゅうぎゅう詰めにクレジットカードを持つ手が汗ばむようなお値段のフレームが蔓下がって、タイヤなどの消耗品やアクセサリー類も場所がないゆえか、厳選された実践的アイテムが揃っていて、間違いのないものが買えた。
ファンライドよりはもっとリアルアスリートな、走り屋臭プンプン。
其の雰囲気が新しい店舗になっても、テイストは薄まっているものの変わらずな感じだったのだが、
久しぶりに訪問すると、人当たりの柔らかい店長さんに代わり、店内のレイアウトも随分変わった。

なかなかにしてロングライドができる時間が確保しづらいので、ロードバイクに乗る期会が少ない、というか全く乗ってないじゃん。
なのであって、買うべきものが無いwwww
のだが、ホイールがそろそろだよな、ということ、もはや鉄板というか岩盤規制になっているコンチネンタルGP4000SⅡ以外にワタクシに合ったタイヤはありなん、と。
そうしたらだね、キシエリのチューブレスタイヤ対応の奴が良さげかも、と。
タイヤ交換し易いんです、直ぐに実演できまっせ、な旨のポップが気になる。
チューブレスタイヤはIRCか〜〜〜
MTBのチューブドだけど、今はいているIRC、結構行けてんだよなぁ
オートバイに乗ってる頃はもうちょい感があったのだけど、見直したヨ、なIRC。
わ〜お、未知との遭遇ってやつだな。

e0123825_15374597.jpg

んで、目下売り出し中Synapseのライバルで、SPECIALIZEDのルーベ。
パリ~ルーベのチャンピオンバイクである。
ま〜こう言っちゃなんだが、お高いバイクは、お美しいですなぁ。
いろんな飛び道具が仕込んであるけれど、
ムカシみたいにスティにクッション材をかましたりとか、では無く
仕掛けがオーソドックスで、後に部品供給が無くなって買い替えるみたいなパターン
に陥ることはなさ気であるのが好ましい。
なかなかにして好みである。が好みでないのはお値段だけ。

などなど、久しぶりなので、置いてあるものが全て新鮮で面白い。

e0123825_15374873.jpg
時間がまだあるので、ワイズロードへ移動する。
旧モデル入れ替え時期?でもあるので、もしかしたら、来年度モデルあるかな、と。
したらば、MTBのCUJOがおりましたん。
MTBの規格っちゅうのが、いつもなんだかなぁ~なのだけど、
26インチから29インチになって、また27.5+とかなんとか、
結局のところ、開催されるレースに勝つためにアジャストされたふうな、感じで
里山逍遥なワタクシくんだりにはちょいと違いまっせ的な
でもなぁ..........

e0123825_15380889.jpg


全くなぁ.......



実のところ、新しいバイクよりもアクセサリー類よりも、乗る時間が欲しい。







[PR]

by jake490 | 2017-08-06 20:36
2017年 08月 05日

初めてのリスの放し飼い

もしかしたら、こんなにリスに接近したのは初めての体験かも。
我が家から車で直ぐに行けしゃうところなので、家人からは鼻先でフフンだったり。
なんだかなぁ~だったのだけど、自ら行こうってイイ出したので、イイよ♪と

e0123825_14132453.jpg

リスといえば、可愛いキャラで(ΦωΦ)可愛がりしたくなるような小動物なのだけど
実際の生態についてはよく知らなくて、どんぐりかじって冬眠してぐらいな
小学生のままな、いやいや小学生に失礼なくらい何も知らない。
でも、ご幼少時代にすでにアニメでリスは可愛いキャラだと刷り込まれて、
時には尻尾が光る、とまでは信じちゃいないけど、人懐っこい愛されキャラだ。





なので、どうしても、ふっくらした尻尾の印象が強くてチャーミングポイントになってしまう。

餌もあげることができるので、その分近接撮影ができるのだけれど、
人懐っこいというよりは餌懐っこいわけで
人をヒマワリの種を運んでくるぐらいの勢いなのだった。

e0123825_14133026.jpg

とはいえ、いつもお世話をしてくれる飼育員の方には愛嬌たっぷりなのかもしれん。
ぽっと出の中高年夫婦には其のくらいのあしらいであった。

意外だったのは、手のひらの上に乗ったとき、結構重く感じたこと。
これはね、ホントに重さがあるのか、エネルギーの塊になってるから重くかんじるのか。
このリアル感、って大事だなぁ。


e0123825_14135130.jpg

などと、思ってカメラを向けると、ただ可愛いだけじゃない生き物の躍動感とか次への行動力とか、伝わってくるものの違いがあったんだよ。








[PR]

by jake490 | 2017-08-05 18:18 | 写真、カメラ
2017年 08月 01日

Synapse Disc 105 SE

SLATEが発売されて以来、Synapseのラインナップは今後どう変わっていくのだろう
と、立ち位置が比較的近いバイクであり、楽しみでありつつ、どういう味付けの違いか、楽しみであったわけです。
SLATEは試乗しただけの僅かな情報量だけど、レフティーをロックして走ると
かなりロードバイクっぽい、よく進む感のある走りをしてくれるので
この手のバイクではフロントサスペンションを必要なところへ殆ど行かないワタクシは
リジットのSLATEでも、イケてるし、なんて取らぬ狸の皮算用。

e0123825_19274064.jpg

ソコへモデルチェンジをした新型Synapseが登場したわけである。
グラベルロードと長距離を走るエンデュランスロードとの違いなのかも知れないけれど、
使い方がほぼ被るワタクシ。
どっちがイイんだろね、と思いつつ、Synapseのラインナップをしげしげ眺めていると
流石クレイジーが社是?のメーカーである
クセ玉がラインナップされていた。


魅力を感じたポイントは丈夫なアルミフレームであること。
30Cの太いタイヤ。
特に太いタイヤだけではフフンと流してしまうのだが
仕様書をみるとチューブレスタイヤなのである。
ワタクシ的にはこのタイヤセレクトに、流石クレイジーwと。

実のところ、チューブレスタイヤが出始めて間もない時期に友人がお試しに履いてみたのだけれど、
何となく違うかなというくらいのインプレッション。
で、残念なことに、ツーリングで走り出して間もなくパンクするというアクシデント。
チューブレスタイヤのパンク修理になれていないことと、情報も多くなかったから
手こずる手こずる。
で、結局、チューブをいれてパンク修理は完了したのだけれど
彼はすっかりツーリングする気分が無くなって、ゴメン、帰る、というパターン。
とても残念なことになってしまったのである。


それから幾星霜、多くの改良が加わって、扱いやすさは増しているのだろう。
少なくともMTBの世界ではかなり使われてるしね〜

で、何よりも、走行抵抗の解析が進んで、タイヤ経よりも変形抵抗が大きいらしく
23Cから25Cに潮流が変わり、チューブがないなど、変形抵抗の少ないチューブレスタイヤのほうがより走りが軽く、
エアボリュームも増えるから、振動吸収性とかコントローラブルだとか
メリットが高いのではないか、と想像する。

ゆえに、他のSynapseよりも太いタイヤサイズを与えつつも、軽い走りで
しかもグラベルもイケるという、
まあ〜〜、面白いアッセンブリーで
しかも個性を導き出してくれているように見えた。

見えた。
そう、まだ実車もみてないエアーインプレッションだからwwwww


e0123825_19274452.jpg

ただね、後の記事で見た、Synapseの開発者アンディシュミット氏のセッテイングしたSynapse
これをみると、走り遊ぶためのバイクなコンセプトに共通点を感じるのはワタクシだけかな。


開発者のコンセプトがフルに発揮できているのはやっぱりカーボンフレームの上位機種を
グラベル向きにセッテイングしたものだと思うから、
コアなサイクリストには上位機種に乗ったほうが幸せになれると思う。

ワタクシのように、ガサツで使い倒したい向きには気兼ねなく乗れるSEは魅力的に写る。
CAAD9が逝ってしまったら、このSynapseイイかもなぁ
しかしながら、今、全然ロード乗れてないんだよねぇ。
買う以前のオハナシ。
でも、機会があれば試乗してみたいスペシャル。





[PR]

by jake490 | 2017-08-01 19:31 | シクロクロス的なハシる