空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2017年 05月 30日

そしてVOLT800実践投入一夜目

仕事のほうが一段落落ち着き、チョット待て、落ちすぎだろ、な日々であります。
LSDをやりながらも、早めに帰宅できるチャンス到来。
素直に喜べないのですけど、エクササイズする上では定時退社は良いことなのですね。

e0123825_15190781.jpg

ふらりと夕日に向かって走り、小さな峠を越えて水田地帯へ。
そろそろ田んぼに水を張った頃合いではないか、との算段です。

水田は大方の予想通り、田植え前の水張りを始めたばかりな様子。
それはヨロシイのですが、空が曇りがちで、茜色に染まらず
したがって、水田の色もグレーなまままで、期待通りの光景には程遠く
空振りでありました。
残念ながら、これも一期一会。

日が落ちて、GPSサイクルコンピューターの表示がハッキリ見えだした時間に
いよいよVOLT800のスイッチオン。
まだ明るいので点滅モード。
そして、配光がはっきりし始めたら、ハイパーコンスタントモードに。
これは点滅と違って、ライトは消灯せず、光量の強弱で照らすモード。

結論から言うと、完全に日が落ちて暗くなってからもハイパーコンスタントモード。
ということになりました。
というのも、光が弱いときもVOLT300のノーマルモードよりも明るく
配光がワイドで道をよく照らしてくれます。
で、光が強のときに、配光範囲が広く強くなるので、歩行者など発見しやすくなるのではないかと。
そして対向車両にも眩しさを低減してくれるのは、などなど。

当夜は、曇のせいか、真っ暗にならず、夜目が効いてしまう状態だったので
評価しがたいけれど、十分これでイケるかな、という手応え。
様子を見ることにしましょう。
これでランタイムが7.5時間なら御の字ですね〜


次はミドル、ハイ、を試してみましょう。





[PR]

by jake490 | 2017-05-30 23:17 | カンジる
2017年 05月 29日

VOLT800買ってきた

ボケボケなので不明なことが多いのだがVOLT300が無くなってしまったのは確かなのです。
高価なライトをなくすなんて、大バカ者ですね。
でも、通勤の夜間走行の多くが街灯のない区間を走るのでしっかりとした光量のライトが必要。
もう、昔の提灯ライトには恐ろしくて戻れません。

e0123825_23354812.jpg

VOLT300でもそうですが、光量はミットレンジがほとんどで、100lumen
それまで使っていたエコノムフォースのローよりも明るく照射範囲も広かったので
光量はもうちょい欲しいところだけれど、状況把握しやすい感じだった。

懐具合からいうとVOLT400で手を打つべきなのだが、ミットレンジの光量は同じであるものの
配光がスポットらしく、見えづらくなるのではという懸念があった。

というわけで、VOLT800の評価をネットで検索するとミッドレンジが200lumenと明るく
配光もワイドらしい。
長時間点灯するミッドレンジの塩梅が良いことはジツにありがたい。

それとハイモードをを使うときのシチュエーションはハイスピード走行時というよりは
多摩サイの土手上を走る際、対向車のライトで歩行者やランナーが隠れてしまう時に使う。
どういう感じかというと、
夜の交差点、赤信号で停車中、対向車のライトのまえを歩行者が横断しているシーンを思い出して欲しい。
ライトに幻惑されて歩行者は見えなくなる。
多摩サイの土手下を並行して走る車道の対向車のヘッドライトはまさにこんな感じ。

ハイモードが300lumenから800lumenにアップしたので、対向車のライトが眩しい区間は
これで対応かな〜

ちなみに小型のLEDライトなどを持っている歩行者ランナーも残念ながら殆ど見えません。
有効なのは反射板とかの素材を身に着けていたほうがよく見えます。
ご用心。





[PR]

by jake490 | 2017-05-29 23:36 | イジる
2017年 05月 28日

秘密の花園

家内の月イチの検診は、なんだかんだと時間を取れられて消耗するので、
次の日は なんだかなぁ~ な倦怠感にとらわれてしまうのである。
一日外出してしまった分、家事も増量かつご希望に添えないと......ね

e0123825_12024877.jpg

というわけで、某公園に行って菖蒲でも撮影しましょう、と
車を走らせていたら、小さな手書きの看板を見つけてしまい、
冒険心というか好奇心というか、
免疫力が高くない家人には人混みはなるだけ避けたいわけで
その秘密めいた看板に導かれて細い路地に入るのであった。

すると、道は徐々に狭くなり、夏草が猛っているので更に狭く
助手席の家人は、この道ダメなんじゃない、といいつつ目は好奇心いっぱいなわけで
これで行き止まりん、ならバックするのも大変だなぁ
とうっすらヘビィな気持ちになりつつあったとき
パッと開けたソコには薔薇が咲き乱れていたのでした。

まだ、実践経験皆無に等しいXC50-230から35mmにチェンジして、
X30とともに花から花へ。

普段は野に咲く花を撮影しているわけですが、
栽培しているところでの花の撮影はそう無いので、手こずるというか
この花を見てナニを感じるかというセンサーが鈍くて
それに、家事盛り沢山で出遅れているものだから太陽の光も強すぎたり高すぎたり
手こずり感マシマシなのでありました。
薔薇というのは切り花のイメージが強すぎるのかもしれないし
バラの花束など送ったこともないバチが当たったのかもしれません。


家人の体力消耗にあわせて、木陰で涼んで撤退。
思うようにいかなかったモヤモヤはありますが、もともと行く予定だった公園へ。

今年は菖蒲の撮れ高が多めなのですが、菖蒲園的な配置は焦点距離の長いレンズでないと
というわけで、XC50-230の実践練習には格好のモチーフなわけです。

駄菓子菓子、菖蒲が栽培している場所にたどり着いたとき
なぜか、ディスプレイに赤いバッテリー無いよん、というコーションマークが点滅。
まだ2,3枚取っただけでカメラは沈黙してしまいました。

本日の目的、ナニも果たせずママ終了〜〜〜〜

折れた心にX30の撮影は、カメラに申し訳ないぐらいにテンション上がらず。
後は家人の気が済むまで撮影している開いた、荷物持ちという貢献でアシストするぐらいで


なんて日だ。
でも、薔薇の美しさは少し広がりを見せた気がする。
それを活かせれば良いのだけど。
薔薇は「君はバラの花より美しい」って歌える布施明(若者にはわからんだろうな)ぐらいにならんと撮せないトラウマ
がワタクシを支配しているのである。





[PR]

by jake490 | 2017-05-28 23:02 | 写真、カメラ
2017年 05月 24日

ヘッドライトが失踪しまして

朝の自転車通勤はトンネルを通過するので、ヘッドライト点灯して走るわけでして
確かにその日はヘッドライトを装着しているのに間違い無いのです。
ただ、情けないことに、いつものようにGPSサイコンとライトを外して社屋にはいるのですが
ルーチンと化しているので、記憶が曖昧なのでした。
特に、朝初っ端の仕事が気がかりでしたので、更に曖昧で。

e0123825_22360287.jpg

ところが、外したはずのライトが見当たらず、ここ数日車通勤でしたので
探しまくったわけです。
どうやら、外すのを忘れたのが濃厚で、過去同僚のライトが盗難されたように
ワタクシも被害にあったらしい。
あんまり人を疑いたくないのだが、無いものは無いわけで。
ドコにこのもやもやえお向けたら、といったら、まだボケるにゃ早いだろ!!
と自分自身を叱咤するほかないのだね。

で、今まで使っていたVOLT300は使い勝手がよくて、バッテリーのスペアも所有。
なので、VOLT400かVOLT800が選択肢。
街灯の多い区間は100lumenで十分なので、ヨロシイのだが
街灯の少ない区間はもう少し明るいほうがオールマイティ。
のんびり走っている分には多摩サイの暗い区間も安心できるので
200lumenの設定のあるVOLT800だナ。

VOLT800の在庫もあり商品説明を聞いたことが有るショップに行ったら
なんと定休日。
他の店は年中無休なので、すっかり定休日を忘れてた。
すかさず同グループ店へむかうと
在庫無く、取り寄せになるという。
取り寄せでもいいな、と値段を確認すると、カタログの値段から類推してこの値段、という。
そんなん、端末から呼び出せば値段わかるんじゃない、と思うのだけどね。
それに、在庫のあった店の売価と類推した値段にかなりの開きがあると、
値段の確認の念をしをしたのだけど、こちらでの価格設定だとこのくらい......と

もうめんどくさい。

まあ、直ちにスマホから密林でポチすれば済む話なのだが、ワタクシのお財布が許せる範囲ならネットで買わずに実店舗という主義なので、商品説明をしてくれた店で買うことにしよう。
サービスをうけた義理は返すのがヨロシイな。




[PR]

by jake490 | 2017-05-24 22:40 | ジテ通
2017年 05月 23日

XC50-230f4.5-6.4OIS追加導入

もとよりX-M1はXF35mmf1.4Rのレンズ固定なはずだったのだ。
X30よりも踏み込んだ画像を、と、
35mm判標準レンズに帰結する粋なフォトグラファー目指して
なんだけどねぇ
グッとくるヴィジョンは今のところソコにおさまらないのでありました。

e0123825_16455902.jpg

実際のところ、X30の35mm判では28-112の画角+デジタルズームで224まで拡張がレンジ
デジタルズームの質はよくて、節穴なワタクシの目には、見分けつかないこともある
なのだが、やはりしんどいところもあって、このあたりを補完するレンズがあれば、と。

で、以前から、各種レンズの作例、インプレなど、時折眺めて検討していたわけです。
そして、レンズ本数を増やしたくないので、ツボにくるレンズをと選んでいる中で
実はXCレンズは選択肢に含まれておらず、もっぱらXF、もしくは他メーカーを見てました。
というのも、作例が少なすぎるのと、画質を求めればXCでは足りないのではないか、と。
リーズナブルに手に入るから、と安易に手に入れるのは避けたい、とも。

そんな最中、家人にもデジイチをという、思いもしれない流れと、
鳥を撮りたい、という、最も機材の要求値が高い被写体を選ぶという、ため息モノで
オマケに雨の日でも喜々として出かけちゃう生態を確認しているわけで
レンズ交換を外でやるような人でもないし、
で、結局、一昔まえのフラッグシップ機にワイドレンジのズームレンズという組み合わせ。
ロングレンジの画はやっぱり差がついてしまう、
となると主戦場であるミッドレンジの充実は横において、撮影のレンジを広げる方向へ
転換しようか、となりまして
皆さんが検討するXF55-200を眺め眇めつするわけですが、
ジツに良いのですけど、これを買うならXF90のほうが自分の世界を撮れるんじゃないか、と
そんな思いが強くて、
逡巡しているうちに、カメラ&自転車仲間のIさんのアドバイスもあり、
レンズの重さ、カメラとの重量バランス、などなど複合的に判断して、
選択にあたっては画質ばかりではない、ということにようやく達して
お値段もリーズナブルなこともあって、速攻ポチっとな。
とあいなりました。

e0123825_16460757.jpg

実際装着してみると、重量バランスと言うのは慣れてしまえば、というのもありますが
良いことに越したことはなく。
35mmと重さもそれほど変わりないのに少し驚いて
ファインダーの無いX-M1には使い出す前からベストバランスのような気がしました。
それにこのくらいの重量増しなら、自転車通勤でも持ち歩けそうだし。
いいレンズを所有していても現場に持っていかなきゃ何にもならないわけですし。

e0123825_16461150.jpg

発掘したインプレとか、写真仲間のインプレですと、バカにできない写りということで
気持ちをニュートラルにしてファーストショットしてみました。

e0123825_16461469.jpg

ディテールに甘さを感じるものの、それはワタクシの撮影技術にもよるし
35mmが良すぎるわけで、それを比較対象にできないし
主体が浮かび上がるような特徴は薄まっているけれど、平面的でないと思う。
これから腕を練磨していくのに、応えてくれると思うし、
魂込めてこのレンズも使おう。

家人のレンズより焦点距離は短いが僅差なので、
遠い被写体ばかりのところに出かけてもコチラが手持ち無沙汰なならずに済むかな。







[PR]

by jake490 | 2017-05-23 12:45 | 写真、カメラ
2017年 05月 20日

初夏の陽だまり

目覚まし時計をかけず、自然なお目覚め。
家人のお教室の提供会社のお祭りイベントで生徒さんの作品と
講師の家人が作品を出品するのだが、生徒さんのキット作りを先行するので
まだ、作品が仕上がっていない、などなど
諸事情があって、本日も家事手伝い。

e0123825_23352735.jpg

家事が一段落したら、自転車でお買い物へ
昭和の匂いが漂う、古い道を
お気に入り野道でもある。



e0123825_23353654.jpg



e0123825_23354282.jpg



e0123825_23354790.jpg



e0123825_23355226.jpg



e0123825_23355753.jpg

もう、夏の光。
梅雨前の輝く時間。









[PR]

by jake490 | 2017-05-20 23:45 | ハシる
2017年 05月 19日

定時上がりだし、お日様でてるし

GW後の納品物で大方の仕事は片付いていたのけれど、厄介な案件をひとつ抱えておりまして
それがようやく、フィニッシュ!!!
肩の荷が下りたのですが、その反動で、緊張感が吹っ飛んだものだから、
アタマもカラダもどんより疲れがヘビィにまとわりついて、不愉快この上ない。
それをフォローするように自転車通勤し始めたのは、大きな救いであるわけです。

e0123825_22100254.jpg

ともかく、メンタルはともかく、フィジカルのヘタレ具合は深刻で、本気で取り組まないと

取り敢えず、勤務先までほぼ信号なしでイケるルートで、頑張っているわけじゃないけど
大体平均心拍数140超な、オヂサンには結構な高めな心拍数で厳し目になってしまうわけで
それならば、と、一箇所オールアウトにジワジワ追い込んで、
もうアカン〜〜〜、というところで30mほど、更に追い込む区間を設定して
何となく、トレーニングしている感を醸し出す、という、言い訳じみた通勤路を走る。


それだけで、フィジカルはお腹いっぱいw
で、帰り道は、平均心拍数120以下の負荷なペースでのんびり

曇りの日が続いて、ようやく太陽が顔を出した夕暮れ帰り道
未だに走ったことがないルートを探索しつつ走る。
不思議なもので、見慣れた街のはずなのに、角度や位置取りが変わると
まるで違った表情を垣間見ることができる。

朝トレっぽい走りの回復走的な走りなのに、後からカラダが痛くなる。
どんだけ弱っているんだか。
とはいえ、焦りは禁物。
疲れを貯めると、また腰やられちゃうからねぇ。





[PR]

by jake490 | 2017-05-19 22:09 | ジテ通
2017年 05月 19日

グタグタな走りであるが、街を探検しつつ、な帰り道

家人の許しを得て自転車通勤復活したのはいいが、OKと言った癖に、御用を仰せつかり
クルマじゃないと間に合わないじゃん、パターンが続いたが
ようやく時間を確保、自転車通勤ヤアヤアヤア!

e0123825_00030697.jpg

ナンダカンダで速度は鈍いのに、心拍は140を越えてしまうし
バランスも今ひとつなのだが
川沿い土手の上を走っていると視線の高さ、手がとどくような距離で
ツバメが3羽、暫くランデブー
こっちを見てるような視線を感じつつ軽快な飛翔に目を見張る。
自分も空を飛んでいるようだなぁ。

いつもは萎えてしまいそうになるのだけど、ツバメのお陰で気分上々
仕事も気分良く進むことが出来た。


定時に仕事を終わらせて、帰路はLSDで筋肉ほぐししながら、脂肪燃焼。
夕刻のいい時間帯なので、フォトジェニックなモチーフを探しながら
また、MTBのどこでも走れちゃう気楽さで、
普段通らない、お初なエリアを探検して彷徨う。

日が長いのはありがたい。
今季は取り逃すかも、と思っていた月見草を発見。
光を失う間際の暗闇迫る中、なんとか撮影できたのは吉。




[PR]

by jake490 | 2017-05-19 00:52 | ジテ通
2017年 05月 14日

てんとうむし日和

春先に現れるてんとう虫はチョコマカと可愛くて、何度かカメラに収めようとするのだけど
大概、ピントが合う間もなく、隠れてしまったり、飛んでいってしまったり

先日夕刻に暮れていく光を観察しながら野原を見回していたら
野草の蔓にじっとしている一匹を発見し撮影したのが、ようやくピントが来た、って一枚だった。

e0123825_21331602.jpg

昨日は家人のリクエストで、雨天の公園に出かけたので、溜まった家事を片付ける一日。
午前の部の大方を片付けて最後の仕事は、地元のJAのある商業施設に地元野菜の仕入れ。
の前に、その道すがらに、ワタクシのホームグラウンド的撮影フィールドに立ち寄る。

桜のシーズンを前に、仕事のタイミングなどで暫く立ち寄ることができずにいたから
随分と野草の様が変わり、短い時間の変化の大きなことに驚いたけど
その変化をカメラに収めることができなかったのは残念だナ。

どれどれ、と草むらを観察し始めると、あ、てんとう虫発見!!!!
と一匹みつけたら、ココにもソコにも.........

お陰で、最短距離絞り開放のいい練習になりました。
相変わらずピンぼけ量産、アイタタタ。

なことをしてましたら、家人が現地にお住まいのご婦人とお話してまして
すっかり打ち解けておりまして
見知らぬ不審者的嫌疑の視線を完全に消滅、
まあ、ワタクシも近所に勤務して長いので、ああ、アソコの、な
ご近所付き合いな感じであります。

この地域は、古い農家の暮らしの面影などが残っているのだが
今にも時代に飲み込まれそうな流れになっており
保存できたらいいなぁ、と感じていたのだけど
危ないところを行政がはいってNPOがいろいろと保全活動するようになったそうで

そのNPOの方とも名前こそ交換してないものの、既に顔見知りになっておりまして
家人とお話をしたご婦人の旦那さんとも何度かオハナシをして活動内容を伺っております。

ワタクシにも是非とお誘いいただいたのだけど、西多摩MTBのボランティア活動にも参加できてない身の上であることもオハナシしてまして
MTB乗りも自然保全とか地元に貢献すべく活動しているんだよ、
というメッセージも伝えております。

そんな現地が住まいと隣接していたり、エリアも狭いので、
ここはひっそりと、地元の暮らしの邪魔にならないように、撮影活動してきましたが
さらに気持ちを引き締める出会いがありました。
いい一日になりましたねぇ。





[PR]

by jake490 | 2017-05-14 21:38 | 写真、カメラ
2017年 05月 13日

雨降りの中、カメラを振り回す

こんな、雨が強く降る、っていう天気予報なのに写真撮りに行くって
バッカじゃないのぉ〜〜
と今日も休日出勤の息子にdisられても、
雨の日は雨の日じゃないと取れない写真があるの!と言う家人。
ごもっともでございます。
はいはい、クルマの運転いたしますよ、と近所の某公園へ

e0123825_23445279.jpg


元々は、藤棚があると知ったのはもう花期中盤であったので、
きっちり狙って撮影できるのは来年か、と思ったのだけれど
やっぱり撮影したい、とタイミングを図ったものの、
今年は、やけに暑くて、夫婦ともども、グロッキー状態でのびのびになっていた。
藤棚はのがしたけれど、これから菖蒲が咲く。

住まいの辺りは菖蒲の花が咲いて、終わった花もチラホラあるぐらいなので
どうかな~ と、
心配しつつ園内へ

e0123825_23445768.jpg

公園に到着したときは小降りだったのだかが、園内を有るき始めたら
雨脚強くなり、本降りになってしまった。

パーカーの中にカメラをいれて、雨に濡れないようにしまい込み歩き出す。
雨に濡れた新緑の椛が美しい。
通年を通して赤い椛もあるのでしょう、
深い赤の重量感と鮮やかな赤の軽快感が面白い。

e0123825_23450872.jpg

菖蒲園に足を踏み入れると、まだこれからの様子で
気の早い菖蒲が、申し訳ない程度に咲いていた。

すでに土砂降りといってもいいぐらいな屋外で
カメラをもってうろついているのはワタクシら夫婦だけだったw

というわけで、気兼ねなく写真撮影できたわけさ。





[PR]

by jake490 | 2017-05-13 23:47 | 写真、カメラ