空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 04月 ( 46 )   > この月の画像一覧


2016年 04月 30日

森の新緑を ながめて眺めてプチお仕事

すっかり森は新緑に覆われましたね。
花より若い青葉が勢力を振るっています。

e0123825_12485478.jpg
気温が低め、ウインドベストを着てノンビリと。
丘に登る「チャレンジ坂」
短い急坂ですが、枯れ葉の堆積した下に大きめな石、根っこが隠れ
農耕仕様の軽トラが削った溝が深かったり、
粘土質なので、水を含むと滑りやすく、また、ドロドロに捏ねたところも。
それらが枯れ葉の下に隠れているのです。
傾斜はインナーローで頑張って!な角度。

e0123825_12485880.jpg

ワタクシの脚力だと、ぎりぎり登れる坂でありつつ、
判断力とバランスが求められる、
「チャレンジ坂」となるわけですね。

春先に道普請で路面が綺麗になったのですが、また農耕軽トラが気張って通過してくれたようで、難しさが復活。
グリグリ登ってみました。
ささやかなお遊びです。

e0123825_12490229.jpg

昨日の風の強さとこの気温ですから、期待通り、富士山クッキリ。

ベーカリーでパンを仕入れて、軽くお仕事片付けちゃいましょ。







[PR]

by jake490 | 2016-04-30 12:51 | ジテ通
2016年 04月 29日

HD山トレイル

え、世の中お休み何ですか?
そうですかソウデスカ
ワタクシは会社ですが、ナニカ?

e0123825_22543496.jpg
とはいえ、午後イチにはフリーになったので、直ぐに帰宅しても家で仕事をしている家人の邪魔になる。
夕刻お役に立てるまで、遊ばしてもらおうっと。
となると、お近くのトレイルを一走りして丁度だろう。

e0123825_22543800.jpg

トレイルの入り口までは向かい風が強く、全然前に進まないから
抗うのにはムキにならず、景色を眺めながら、消耗しないようにのんびりと。
丁度八重桜が散り際で、傍を流れる川に花びらが一面に色を染める。
強風に煽られて花びらが舞う。

そういえば、違う入口があったけ、
と、以前から気になっていたトレイルの入り口からアプローチ。
感じた気配通り、イキナリ尾根までの直登ライン。
乗車して登れるわけもなく、押しの一手で息を切らす。

e0123825_22544211.jpg
痩せた尾根筋に人一人分の細いトレイル。
木に覆われているけど、両側が崖っぽい急斜面。
みれば変化の多いテクニカルなルート。

もう乗車拒否ですわ。転倒前提のトライアルは出来ません。
じわじわっと、攻略していきましょうか。

e0123825_22544936.jpg
タイトな尾根道から抜けて一息。
稜線の木立の上も、開けたところにも、容赦なく強風が吹き付ける。
サドルにケツを刺すような登りも容赦なく。
明暗の強いコントラストにゃ、老眼には辛いかもw

e0123825_22545795.jpg
山を降りたら、秋川沿いを多摩川に向かう。
本流に注ぐ支流のせせらぎは初夏の雰囲気だ。
風の音、水の音、水面の光の反射。


e0123825_22550226.jpg
風に背中を押してもらい、ペダリングいらず。
この風のおかげで、山の姿もクッキリだ。

e0123825_22550773.jpg
ロードにも乗りたいが、今日みたいに風の強い日は、MTBで山の中だナ。
家人にLINEをいれたら、手ぐすね引いて待っているらしい。
残業続きで夕餉の支度をしていなかったから、出番だね。
追い風に乗って、いざ帰還!






[PR]

by jake490 | 2016-04-29 22:58 | ジテ通
2016年 04月 29日

鳥達の声が賑やかだナ


通勤途中の森(寄り道だし)で散策中、あまりにも鳥達の囀りが賑やか立ったので動画を撮ってみた。
葉が揺れる音も良かったけれど、風のノイズで消されちゃうのね。
こうなると、マイクもほしいナ





[PR]

by jake490 | 2016-04-29 10:08 | 写真、カメラ
2016年 04月 28日

New XT M8000シリーズが登場してたんだね

暮れにMTBのOHをして間もないうちにRブレーキの具合が今ひとつとなりまして
ショップでひとしきり弄って貰ったのですが、調子戻らず。
メンテナンスよりも交換したほうが良さそうな流れになっていたわけです。

e0123825_14582759.jpg
OHした後のディレイラーの調整などはショップでやってくれるので、
営業時間に間に合うし、見てもらおう♪
とショップに立ち寄りまして

開口一番、ブレーキダメだね……と社長さん
アレコレ経緯をハナシたうえで、
一応、パット交換するぐらいに減ったら、XTに変えようか、というハナシになっている。
といったら、そうだね~電動XTも出たし、仕入れてあるし…..ナドナドと

ちょちょ、待ってよ、シャチョ〜さん

と、軽く弄ばれまして……..

ドタバタとコンポーネント関係から目を離しているうちに新しいXT出ちゃったんですね。
ロードよりもMTBのほうが機材の移り変わりは早い気がします。
まあ、その御蔭で、デッドストック状態なROCKSHOXを手に入れられたわけですが、そいう恩恵はめったに無いですからね。

現在のブレーキは、シマノ製ですが、廉価バージョン、といっても、フツーに使っている分には十分制動力があるし、後は自分の制御力でスピードコントロール。
それで十分なのですが、ブレーキングを断続的にかけたり、舐めるようにかけたりする下りが長く続くと、タレてくる感じ。
調整幅も狭いので、ブレーキ交換時には、もう少し性能の良いアジャスタブルなものが、欲しいなぁ。

で、XTがいいでしょう、となっていたのですが、新型になってしまいましたね。
キャリパーは共通でパットがフィン付き、無しがそれぞれで4種、用途で使い分けられるようなので、新型になって良かったかも。
(前モデルもそうだったのかもしれないけど)

これで、我がSL2も、大きなパーツで手を入れていないのは、残すところ駆動系。
小さな不満はあれど大きな不満はないから、こちらは追々。





[PR]

by jake490 | 2016-04-28 15:00 | イジる
2016年 04月 27日

曇のち雨の日

夜から雨の予報だが、これは日中から降るな、という空模様。
自転車で行かないの、と家族にからかわれながら、車で出勤。

e0123825_16384747.jpg

時間に余裕があるときは、途中の自然公園をカメラを片手に散策する。
といっても、ほんの5分、長くて10分ぐらいのものだけど。

木々はすっかり新緑に覆われて、空の欠片も見えないが
若々しい緑色を透かして空の明るさが見える。

森の朝独特の肌寒いような湿度感のある空気に包まれて青々とした木々を眺めると
その空気の中に自分も溶けこんでしまうような錯覚があるね。

写りの良いカメラを持っていると、
心に響く写真を撮ろうという気持ちも旺盛になるから、
自ずと自分の周りの世界を更に見つめるようになる。
そして、何もないと思えるところから、何かしらを発見する。

人の心も一緒だな。
相手を上辺だけなぞるのではなく、シッカリ見つめると
その人の魅力を発見するんだ。
だけど見なければよかったことも…..
だがね、それは見なかったことにして流してしまおう。

曇の日はね、光にごまかされない、何かしら本質めいたものが見える気がする。

車に戻ったら雨が降ってきた。
濡れなくてラッキー♪






[PR]

by jake490 | 2016-04-27 16:42 | カンジる
2016年 04月 26日

夕焼けに間に合う

トキメキの無い一日だった。
気分が乗らなくても、一旦外に出て外気に触れ、太陽を浴びれば、気分は上がるのだが
今日は乗りが悪い。
こういう時は、無理に気分転換をしようとするよりは、
そういう気分もあるさ、と、受け入れて、流していくほうが良いような気がする。

e0123825_21243511.jpg

どうでもいい寸法にこだわって美しさを損ねる
そんな営業の意向に、噛んで含んだように僕らがこんなことしちゃダメだよ
な話をしてたら、日が暮れそうだ。
今日みたいな日はせめて夕焼けを眺めれば、なんとかなりそうだと思ったから
丘の上まで激漕ぎで登った。

血が一巡して、身体が軽くなると同時に、温まったら、幾分気分も軽くなった。
一筋飛行機雲が地平線の向こうに行ってしまった太陽の光で輝きながら伸びていく。
ああ、段々元気になってきた。

e0123825_21243990.jpg

暖かった一日、流石に風が冷たくなる。
MTBのフレームに夕焼け空の色が映る。
シロツメクサが風に揺れる。

毒気が抜けてきたぞ。

e0123825_21244446.jpg

熊鈴カラコロ心地よい音を立てながらゆっくりゆっくり
浅い藍色な暮れ色が、どんどん濃くなる。
いい色だなぁ

すっかり暗くなった小さな森を抜けて丘を降りた。
街はすでに夜の街。
車の往来の音圧に、少し驚く。





[PR]

by jake490 | 2016-04-26 21:27 | ジテ通
2016年 04月 26日

Taken on May 17,2008 奥多摩湖売店大盛り焼きそば

e0123825_00020840.jpg

食べられるだけ盛ってくれる、というよりは乗っけてくれる
気前の良いオッチャンのいた焼きそば店はもう無い。
コイツを話題のネタと、安価でお腹をふくらませるべく奥多摩湖まで走ったわけね。
女の子だと更に盛りが良くなる。
懐かしいねぇ
今の奥多摩湖にはこんなユニークなお店あるのかなぁ


[PR]

by jake490 | 2016-04-26 00:06 | 写真、カメラ
2016年 04月 25日

中一日で筋肉痛

何ヶ月ぶりがで睡眠時間をとれたから、目覚ましとともに起床。
家人が息子が寝てる間に、イソイソと朝餉の準備をして……
寝坊助どもをたたき起こすw
いつもの逆パターンwwww

e0123825_15401834.jpg
颯爽とMTBにまたがったのはいいが、筋肉痛前の鉛のように重い脚。
ギアを軽しくて、のらりくらりと街を行くと
大きな八重桜の下は、花びらの絨毯となって道を覆い尽くしてた。

これでは花を避けるとかいったどころのハナシじゃない。
濃い目ピンクな桜色の絨毯を味わうのも、花を愛する心じゃないか。

で、雨でトレイルアヤシイかも、
なのでアスファルトの上をコギコギ

e0123825_15402715.jpg
昼休みは散歩を兼ねていつものベーカリーへ
アザミが上へ上へと随分伸びた。
もう風で揺られて、ファインダーを覗いていたら船酔いみたいになる。
しゃがんだ体勢から立ち上がれば筋肉痛。

e0123825_15403434.jpg
ハルシオン?
日向が似合う花。

e0123825_15404103.jpg
カスクートを買うつもりなのだが、新作っぽいパンが矢鱈旨そう。
カロリーも高そう。
迷った挙句、好奇心が勝る。
やっぱり美味しいなぁ。





[PR]

by jake490 | 2016-04-25 15:42 | ジテ通
2016年 04月 24日

Street Flower photographer

e0123825_15032379.jpg
カッコつけしいで、横文字でいうとこうなるのだが、
ワタクシは道端で咲く花を行き当たりばったりで撮影しているだけなので
特に花の写真を撮ろう、と意気込んでいるわけでもない。
だが、データを振り返ると、やたら花の写真をとっているね。
自分でもビックリだ。
「道端で花の写真を撮っているオッサン」
それに自転車に乗りながら、が続く。

これというのも、やっぱり遠くへライドに出かけてない証だし
行動範囲、めちゃ狭い、という証でもある。

だがしかし、近所をフラフラしながらも、心動かされたモノゴトに視線を向けている証でもあるかな。

花は綺麗だと思うけれど、切り花を飾るとか、庭に咲き始めた花をみても
ふふん、な感じで通りすぎていたけれど、
最近になって、花をみると綺麗だなーと、眼を細めるようになった。

乙女心が目覚めたか!!!

いやいや、ワタクシのようなオッサンが目覚めても気色悪いだけなんだが。


多分、多くの花を撮影するきっかけになったのは、壊れてしまったRICOHのCX2のマクロ。
凄いんだけど、空気感が足りない、平面ぽい…..
と、求めるものがコンデジの上な事柄を要求してしまうのだった。

んで、X30なんだけど、これで花を撮影するとね、凄いんだよ。
その場の空気感と温度感を感じさせるまでいっちゃう発色
立体感、後ろに空気がちゃんとあるのがわかるぐらいのね
撮影した画像を開くと、その花の美しさが如実に現れる。
ワタクシは単純だから、その綺麗さに感動しちゃうわけですね。

また、開放だと被写界深度が浅いから、ちょっとした風の動きでピントが甘くなる。
ちっ!と舌打ちした甘くなった画像を見て、ああ、これは、と
ワザとピンを甘くして撮ってみるとか、して遊びだす。
ちょっと絞って凛とした花の雰囲気を、とかとか

これは面白いなぁ

と、そんな感じではないだろうか。
なので、オッサンがオネエに目覚めたわけではないことは断っておくゾ


冬から春、そして夏へと、花が代わる代わる咲いていく。
其れが、いつも感じる季節感をより深く、味わいながら巡っていく。





[PR]

by jake490 | 2016-04-24 23:01 | 写真、カメラ
2016年 04月 23日

一人では初めてのトレイル



e0123825_07055661.jpg
自分のいる位置関係がわからず、
ひょんなことから「こっちか近道」と教えられ、
久しぶりに走った。

先導者がいるかいないかは大きな違い。
集中力、判断力、反応
全てにおいて、劣化しているのを感じるとともに
それが、走りながら再生していく感じが、またタマラン。

夜はきちんと睡魔がやってきて、こころと身体のリセットができたみたい。



[PR]

by jake490 | 2016-04-23 23:59 | ハシる