空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2015年 04月 29日

女王様は外界を見下ろす部屋で

転院先はそれはまあBIGな病院で、夫婦ともどもその雄姿にビックリ。
元の病院の退院手続きなどで手間取り、渋滞の道のり
転院先の病院で指定された時刻には到底間に合わず、
しょうがないよね、と開き直って、昼前に辿り着いた。

e0123825_2281388.jpg


ホテルのロビーっぽい雰囲気の部屋で入院手続きをし、指定された病室は最上階より一つ下。
眺めが良い、といえばそれまでだが、病人にとっては、世界からひとつ離れてしまったような、
世間との距離感を感じさせてしまう雰囲気がそこにあった。

終末医療患者ばかりの部屋はいささか人に生き死にの有り様を感じさせる
そのなかで、妻の持ち歩いているハワイアンキルトのバックが生命力を病室に力強く光を放っているように見えた。

レントゲン、心電図を終わらせて、担当医とお話すると
もっと重症な状態で転院してくると思っていたようで、初見ではなんとも言えないが、深刻な時期はクリアしているとのことで、一安心。


e0123825_2281739.jpg


今日、病室を覗いてみると、血液の第Ⅴ凝固因子が増えているので、ステロイドの量を徐々に減らすことになった。
順調に減らせれば退院時期も当初は1ヶ月だったのが、早まる可能性が大きくなった。
一歩も二歩も前進した気分、妻の表情も晴れやかだ。

その割には、目に力がない、と思ったら
隣のベットの患者さん騒がしく、眠剤を飲んでいるにもかかわらず眠れない、とのこと。
ベットが他に空いていないので移るわけに行かず....

で、耳栓を買ったらしいのだが効果が薄いらしい
そんなやりとりをしていると息子が防音用イヤーマフの提案が!
そうか!それが合ったね!と最寄りのホームセンターをググって、たったひとつあった在庫のものを買い求めてきた。
こなれるまでは圧迫感があるかと思うが、耳栓と併用すればかなり遮音できるのでは。

これで安眠できれば、ステロイドを減らしながら窓から外界を見下ろし
社会復帰を目指す女王が君臨する部屋に似つかわしくなるのだな。
[PR]

by jake490 | 2015-04-29 22:10
2015年 04月 26日

14番目の女の一時帰宅

暫く輸血しか治療の手がなかった状態からようやく血漿の値が標準値に近づいたところで、
ステロイド治療が始まり、最初はステロイドパルス療法が行われた。
その後、輸血しないと血漿の血液凝固因子の数値が下がることもあり、何度か輸血をしたが、数値を上下しつつも、ステロイド療法一本で、経過を見るところまでたどりつた。


e0123825_0312774.jpg


ただ、唯一の、それも大きな問題は、
第Ⅴ血液凝固因子に対する抗体が出来てしまって凝固不全を起こしている症例は日本で13例しか無いレアなこと。
主治医もこの症例は初めてで、院内のドクター他、他の病院のドクターとディスカッションしながら、手探りで治療にあたっている現状。
我が妻は日本では14番目の症例の患者となる。

そこで、今は緊急的な時期は通り過ぎているので、ステロイド治療の経験値が高く、多種な症例を経験し研究されているドクターのいる病院に転院することをを提案された。

なかなか厄介だ

病状からすれば、治癒に向けて最短距離になる転院と、努めて明るく受け止めて、自宅から遠い病院に転院になるので、その入院準備を整えるために、4時間だけ、時間をもらった。

レアな病状にもかかわらず明るく振る舞う妻
胸の内は不安でいっぱいなはず
自宅に入り、まま、きちんとした暮らしぶりをしている様子を見て安心したみたい。
なんたって、家事全般落第生のワタクシだからね。
きっと奇跡を観ている気分だったろう。

彼女が留守の間、出来るだけ彼女が家事を営んでいた状態をキープする。
そのくらしかできることないからね。
安心して入院生活を送ってほしい。

慌ただしく、準備が終わり、少しの合間、
休日出勤の息子宛に手紙を書いていた。
息子へ、ちょっとした決意表明。
母と子には、母と子なりの絆があるのだな、とあらためて。

父と子は、母のいない家をてんやわんやしながら新たな絆を育むのだな。
[PR]

by jake490 | 2015-04-26 23:30
2015年 04月 19日

青空ホイールメンテナンス

リアホイールを空転させると、そのままチェーンがついて回ってしまう症状が出ていたので、ショップにメンテナンスをお願いしてたのだが、連絡の行き違いで、パーツ交換等の根本解決が出来ず、症状は軽くなったものの中途半端な状態で納品となっていた。

e0123825_003115.jpg


な話を自転車仲間のNさんにしたところ、パーツ交換を含めて、メンテしてくれることにあいなった。
朝9時にもちぽにょステーションで待ち合わせ、早速メンテナンスをスタート。
予めサービスマニュアルで予習してきていただいのだが、ホイールが旧式でマニュアルと様子が違い、持ってきた工具では間に合わない、不完全燃焼な状態になってしまった。
それにもかかわらず、ショップで問題有り、といわれたパーツをバラす事に成功。
そして、問題箇所をチェックしたのだが、すり減っている、といわれたパーツは新品との差異は見られないようだし、?????なことに。
なので、パーツを交換せず、再アッセンブル、玉当たり調整をして、スプロケットを装着。
実際にホイールをセットはしないが、スプロケットのつき回りは改善した様子なので、これにてメンテ終了、とあいなった。

つき回りの問題以外に、ばらしてみるとシャフトがガンガンに錆びていたり、と新たな問題を発見したり。
今までのOHは一体ナニだったのかな?
すり減って痩せているので交換が必要だ、といわれたパーツに摩耗を感じさせる状態でなかったのは、ホントに中を確認したのかな?
パーツ交換しないと直らない、といわれたのに、調整だけで直ってしまったのはなぜなのかな?

?????な事柄が頭を回る。
まあ、Nさんの腕とご好意で、改善されたのはとても喜ばしいので、モヤモヤはとりあえず頭の隅に片付けた。

メンテも一段落ついたので、その後は自転車ヨモヤマ話。
個人的にシンドイ毎日、気持ちも追い込まれていたので、Nさんとのお話はおおいに心が和みました。
さすが、メカニックな造詣が深いので楽しく、そして有意義な時間。
結局12時まで夢中でお喋りしてました。

とりあえず、旧式なれど現行MAVICホイールは延命させて、ゆくゆくは、キシリウムエリートあたりを狙いますかね。
やはり、良いコンポを入れてしまったので、ホイールも、ちょっとばかりいいものが欲しくなっている今日このごろです。
[PR]

by jake490 | 2015-04-19 23:59 | イジる
2015年 04月 18日

やれば出来る子!?

妻が戦線離脱している間、家事炊飯を引き受ける事になった一兵卒のワタクシ。
家事を戦力外通告されて20年あまり
それに甘んじて、のうのうと生きてきたワタクシにピンチヒッターは務まるのでしょうか。

e0123825_0532977.jpg


一人暮らしの経験はありますから、全く初めて家事炊飯をするわけではありません。
でも、息子一人とはいえ、在宅している家族がいますから
それなりに、きちんとしないと....ズボラはできないですねぇ

ある程度息子にも生活力を付けてもらいたい
ようは家事を手伝ってもらいたところですが、
ワタクシよりも朝早く、夜遅く、休日出勤おおいですからね。
ここはワタクシが頑張らないと

独身時代は仕事から帰ってきてから食事を作りのが億劫で
外食や、お弁当を買ってきたりしましたが、
息子が帰ってくる時間が遅いので、ここはひとつ腕まくり

目玉焼きを作るのがせいぜいの腕前で、料理を作るのです。
不安ですよ、そりゃ
マズけりゃ、息子食べられないし
それでも、食べろ、っていいますけどね。

んで、新婚時代に好評だった、チンゲンサイとひき肉のオイスターソース炒め
十数年ぶりに作って、オヤヂでもメシ作れるんだ
って、証明してみせて。

冷蔵庫の食材を無駄なく消費してやる!
と、キャベツがあれば、回鍋肉
長ネギが傷むまえに、ネギとタマゴのチャーハン
人参、玉ねぎ、ジャガイモでシチュー、カレー

作りましたね〜
一度目はまあまあか失敗でも、2度めは、マシに、と。

なんかね、仕事をしながら、夕飯のメニューどうしようかな~とか
冷蔵庫に何が残っていたっけ〜とか
考えちゃって。
だってね、食べ物をしっかり食べて元気を出すことが先ずは生活の一歩ですから。
腹が減っては戦はできぬ、です。

息子は食が細くて、食べ残しをすることが多いのですが、
不思議と、ワタクシが作ったメシはすべて完食してくれます。
多分、気を使ってくれているんだと思います。
なので、次の料理はもっと上手く作るぞ、と。


今日の妻の病室で面会している時
妻が、おとうさんの料理、食べられる?
なんて、きわどい質問を息子に浴びせて、背筋がヒンヤリ

すると、意外に美味しいよ。
と。


その辺は正直に言う奴なので、不味くは無いのでしょう。
とりあえず、息子の胃袋は掴んだようです。
[PR]

by jake490 | 2015-04-18 23:51
2015年 04月 14日

妻が病になりまして

フィジカルよりもメンタルが強い系の妻なので
体力の限界を突破しても、バリバリ活動してしまうのですが
今回は違いました。


e0123825_1311923.jpg


特に不調の兆しなく、平穏な日
トイレにいくと血尿。
慌てて、かかりつけのクリニックへ診察を受けると
結石の痕跡あり、でも結石は見当たらず経過観察。
血尿が続くのを気に病んで胃潰瘍。
次には血便が出てしまうのでした。

念の為にのんだ胃カメラの画像を見て
治療設備の整った市立総合病院に救急車で搬送。
入院となりました。

治療と検査を受けて、胃潰瘍よりも血液に問題があることが発覚。
翌日には血液内科のある災害医療センターに転院。

血液に何の問題があるかというと、凝固障害があるとのこと。

出血がすすみ貧血状態であること
現在も出血していること
些細な事で出血しやすい状態であること
もし仮に大量出血した等の命に差し迫る状態になった時
延命処置ができないこと

思いの外症状、状態が切迫して危険域の立場にいることを実感。

さらには、血液を凝固させる因子の欠如が症例のない珍しいタイプ
治療の難しさ、治癒ができるのか、
妻も私も目の前真っ暗になりました。

血液の検査全てが上がってくるまでには時間がかかり
治療方針が決まるまで、と、血液が凝固しない状態を回避すべく
また、貧血状態であることから、輸血をし続けることに。

退院できるめども立たぬまま、輸血と点滴を受ける妻の姿。

かなりショックでしたね。
とはいえ、妻のほうが動揺していますから、心配ないよ、な顔をしてました。

自分が慌てふためいていたところで、病状が良くなるわけもなく
今できること、新たに出てきた条件を受け入れて、善処していくしかない。
ですよね。

現状が変わらない楽観視の出来ない日々が続きましたが、
ようやく徐々に血液検査が出始め、
血液を固める因子を潰してしまう抗体が悪さをしていると推察できるそうです。
確定ではないのがいささか残念ですが
治癒にむかう道が無い状態からすれば、いささか明かりが見えました。

というわけで、昨日からステロイド治療の点滴を始めました。
治療の効果がはやくでることを期待しています。
[PR]

by jake490 | 2015-04-14 13:02
2015年 04月 12日

もちぽにょステーションでお見送り

前日の土曜日の晩、自転車仲間の「春の飲み会」がありまして
勿論参加するはずだったのですが、事情がありまして不参加に。
その酒席で、眞田珈琲ライドが決まったようなことをFBで発見。
待ち合わせとなった「もちぽにょステーション」に馳せ参じたわけです。


e0123825_10462068.jpg


その「事情」により、ライドに参加したい気持ちはヤマヤマなのですが
お見送りなのであります。
仲間の顔を見たいなぁ、
という気持ちと、短い時間でも楽しい会話ができること。
これが、体を動かすのですね。

飲み会に関西からわざわざ出向いていただいた方にお会いしたかったのですが、
その方のお土産を、また持ってきていただいたりと
その心つくしがありがたく、心温まりました。


淹れたてのコーヒーを呑みながら
もちぽにょを食べながら
仲間の笑顔に囲まれながら
一緒にライドはできなかったけれど
幸せな時間、過ごせましたね。


「事情」については
自転車を中心に私事雑談と忘却録を兼ねた拙ブログですので
差し支えない程度に、折々語ることにしましょう。
[PR]

by jake490 | 2015-04-12 22:45
2015年 04月 08日

4月の雪

気象庁天気相談所作成の「近年の東京の降雪日」によると、以前4月に雪が降ったのは2010年以来。
自宅を出た時はみぞれ混じりの雨だったが、勤め先に近づくにつれ雪に変わった。
春だから積もることはないけれど、しっかりした雪が降ったのは記憶に無い。


e0123825_1516181.jpg


年度が変わり、年度末の追い込み仕事が一段落し、桜も咲くと新たな気持で日々を送りたくなる。
桜の花は不思議と、心あらたまる力を持っているようだ。
怠惰をむさぼる自分でも、新しいアクションを起こしたくなる。

すっかり鳴りを潜めてしまった自転車通勤も、この4月からスタート。
と、張り切っていたのだが、何かと雨が降る日が多くて、ままならぬ。
折角、人ががんばろうと思っているのに。
で、挙句の果てに、今日の雪だよ。

とまあ、不甲斐ない日々を送っているのを、天気のせいにしちゃいけないか。



e0123825_1516697.jpg


晴れていれば、このように山桜も満開で気分がいい。
早起きをして、桜を愛でながら自転車通勤しなくっちゃ。
桜吹雪の中をね。

周りのこと云々よりも、自分が楽しまなくっちゃね。
[PR]

by jake490 | 2015-04-08 15:17 | カンジる
2015年 04月 04日

天気が悪いので、CAAD9のお掃除などを

桜満開の終末なれど、朝から雨降り。
月一のクリニックを終えたら、MTBでお花見ライドしようと思ったのにDNS。
残念!
午後からはどんよりとした空は変わらずだが、雨はやんでいるので
先週末のライドで汚れてしまったままのCAAD9の掃除をイソイソと。


e0123825_043580.jpg


チェーン掃除から始まって、バイクウォッシュで汚れを落とし、ショウルームでテラテラピカピカ。
メラニンスポンジでリムのブレーキカスを落として。
と、一汗かきました。
掃除をして改めてCAAD9を眺めると、105ベースだった頃と景色が随分が割ったことを実感します。
シルバーから黒にコンポーネンツが変わって精悍になりましたね〜
ボクも身体、鍛えないとね〜
そういえば、Redに改装してから、昼間じっくり眺めるの、初めてかな。

e0123825_0441918.jpg


Redのスプロケットの裏側は平板で、スパイダーアームがないのが不思議な感覚。
これで軽いのだから恐れ入る。

e0123825_0445071.jpg


塊の金属を一体加工で作ったものだから、当然塊感も半端無く、ピラミッドみたい。
手間のかかった加工するよなぁ。
歯車を段々重ねしたスプロケットを見慣れてたボクには新鮮なディテール。


e0123825_0451575.jpg


Rディレイラーのプーリーのベアリングがセラミックだとは知らなんだ。
105ディレイラーにデュラプーリーの組み合わせだったのだけれど、チェーンの暴れはRedのほうが少ないみたい。
チェーンがステイに当たる音が聞こえなかった。

e0123825_0453446.jpg


フルクラムのレーシングトルク
クランクアームがカーボンで、肉抜きの効いたチェーンリングと相まって
精悍かつ軽量、精度感もある。
クランクギアはスタイリングの大きなポイントでもある。
このデザイン、好きなんだよなぁ。
カンパのBBのヌルっと滑らかな回転、長くなったクランク長
気持ちしなやかに感じられるカーボンクランク

ペダリングした時のフィーリングが随分変わりました。
脚が短いのにクランク長が長くなることに一抹の不安が有りましたが
実際に乗ってみたら、これがまた、いい方向に変わった感じ♪
ペダリングの研究にも熱が入りそうです。

e0123825_0553811.jpg



ボトルゲージもカーボンで
なんか本気仕様。ス・テ・キ

e0123825_0463323.jpg


デュラエースのブレーキは想像以上に感動で。
効く効く、とは聞いいていましたが、ホントに効きます。
嬉しいのでリムをメラミンスポンジで掃除しちゃいいました。
スピードコントロールがきちんと出来る
これはライドの質を高めますからね〜

e0123825_0465386.jpg


ダブルタップレバー
これ、ブラケットに握り具合、いいですね~
ただシマノ製ブラケットの角を握ってクラウチングを深めるポジション
たまに、向かい風とか、パワーライドするときにとっていたので
この握りができない(しずらい)のがちょっと残念。

デュラエースの精密機械のようなタッチほうが好みではあるけれど
パチンパチンと決まる
これ、快感♪

まだ、慣れないから
ブレーキレバーを押して、変速しない!って
慌てちゃうけどね。

e0123825_047277.jpg


フロントディレイラーはシマノのようにトリミング機能がない?
のがちょっと不思議感。
でも、105+アルテグラの変速よりもキレが良くなった。
これもダブルタップに慣れればもっと良くなると思う。


e0123825_0474830.jpg


ハンドル周りはフルカーボン
ブラケットから生えるようなケーブルもないので見た目スッキリ
ハンドリングもスッキリ軽快
下りで腕に無駄な力が入っているもの直ぐバレル。
修行だな〜



乾拭きして艶が出てくると笑顔になっちゃう。
ますます惚れちゃったな。乗るのが楽しい。
ヤバい、
とはこういうことを言うのでしょう。

いろいろなことで、ちょっと熱が冷め気味で、ひけていたのだけれど
ここで改めて熱がまた入った感じ。
自分が楽ししいと感じた原点に返ったようです。
まず自分が楽しまないとね。


乗りたいなぁ。
でも明日はまた雨なんですよね。
[PR]

by jake490 | 2015-04-04 23:59 | イジる