空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2015年 02月 28日

ぎっくり腰で里山ライド

鳴りを潜めていたぎっくり腰。
そろそろ身体を動かして、脚ごたえのあるトレイルにもいけるかな、
と思った矢先、
ピキン!!!
またやってしまいました。
養生しているつもりが、タダの放置プレイだった、ってことですね。
反省と後悔。


e0123825_19453828.jpg


幸い、6割程度の痛みで済んだのと、経過もいいので、軽くポタすることにしました。
ジッとしていると、硬直して、痛みますので、硬くなった身体を解すのにもいいのかもしれません。

いつものトレイル入り口の里山の登ると富士山が見えるのですが
今日は、いつも津久井湖ビューポイントで観ている山腹の白馬が、ここからでも見えることに気が付きました。
ちょっと斜めですけどね〜

陽気が春めいてきて、霞がかった景色ですが、冷たい風が吹いているので、
まだ、富士山や白馬がみえるのかな。

e0123825_194546100.jpg


山を下りつつ、トレイルへ。
ショートトレイルですが、先日雨が降ったせいでしょうか
土と枯れ葉の匂いが強いです。
珍しくハイカーさんがいるので、暫く日向ぼっこして、待つことにします。
ジッとしていると、山中から生き物の気配が染みてきます。
狭い里山でもいろいろな生き物がいるのでしょう。


e0123825_19455186.jpg


里山から谷戸に出て、田んぼや畑のエリアに出ると、
農家の方々が、畑を耕しはじめています。
自然とともに営む仕事、季節の移ろいを感じるところですね。
畑の片隅に、ぽつんと菜の花が咲いてました。

e0123825_19455590.jpg


いつも走っている里山よりも東のエリアを探索します。
最近知った笹薮トレイルからそのエリアを目指しましょう。

このトレイルは下りで使うことが多いのですが、たまに登ってくるMTBerもいるので速度は控えめに。
腰をかばいながら走っているのも有りますが、視線が近くなっているので、
なるべく視線を遠くに、ラインを把握し、路面の起伏や状況を判断することを意識します。
結構頭使いますねw
演算が間に合いませんwww

e0123825_1946238.jpg


もう春が来てもいいんじゃね!
といった佇まいの谷戸に出てきました。
ここでも間近の畑で農作業が始まって、耕作器械の音が聞こえてくる。
鳥のさえずりや、新芽が吹いているわけじゃありませんが、
やっぱり春なんですね。
ホルダにいれたお茶を飲みながらしみじみ


e0123825_19455941.jpg


畦を散歩するとオオイヌフグリが咲いています。
これも春を告げる野の花ですね。
少しずつ少しずつ野の花が咲き始める先駆け。
腰をほぐしながらまだ枯れた田んぼの畦道を歩いたり


e0123825_1946568.jpg


さて、いよいよ未踏の領域、里山の東のエリア
路地に潜入しながら、トレイルを探します。
この付近は新選組が東西に歩いた古道が残っているはず
その古道を主軸にトレイルを探そうと思うのですが、古道らしきものが見つからず
ウロウロと坂を登ってみたら、ポンと丹沢と富士山を見晴らすポイントに出くわしました。
道は見つからずとも、ご褒美のような風景に暫し脚を休めます。

トレイルは見つかりませんでしたが、落ち葉が積もった小道や荒れた舗装路
インナーギアでしか登れないような坂道
MTBでないと走れない、ロードだとちょっと無理な地域を探索できました。
このエリアは長閑にのんびりと散策するには良いエリアなのかもしれません。
また後日、トレイルを探しに来ることにしましょう。
[PR]

by jake490 | 2015-02-28 19:50 | ハシる
2015年 02月 26日

マクロと望遠端、デジカメかスマホか

CX2が死亡して代打のA710isが登場したのだが、どうもフレーミングの感覚がつかめない。
なので、「レディ」をモデルにカメラをいじってみる。

e0123825_11215740.jpg

スマホの望遠端、最短焦点距離
レディの眼力にクローズアップ
ほしいイメージに一番近いカット




e0123825_11221662.jpg


モデルのレディはこんな大きさのフィギュア
思わず買ってしまった食玩についていたんだな。

e0123825_11221853.jpg


A710isの広角端マクロで近寄るとこんなに樽型に歪んでしまっている。
バックに方眼がなければ気付かなかったかも。
すげ〜ゆがんでいるなぁ

e0123825_11222279.jpg


歪曲補正をしてナチュラルに。
広角で撮影した後は、補正しないと、正しくイメージが伝わらないかも。
要注意。

e0123825_11224382.jpg


では、A710isで広角端マクロ、バストアップを狙ってみる。
シャッターが固くて暗い室内では手ブレしまくり。
合焦アイコンがでているので、ピントはあったが、手ブレでボケているのでしょう。
まあ、ここまで寄れる。
この点、スマホのほうがレンズが明るいので、酷い手ブレにならなくて済んでいるのかも。

e0123825_11224890.jpg


A710isの望遠端
CX2だったら、もっと寄れたのに。
望遠端だから、背景の整理もつけられるし、適当にボケてくれるのでいいコトずくめだったのに。

随分勝手が違うなぁ。
テーブルショットなら、スマホのほうが使いやすいかも知れない。
う〜ん
ブキッチョなワタクシ、苦労しそうな悪寒。
[PR]

by jake490 | 2015-02-26 11:26 | 写真、カメラ
2015年 02月 22日

代打はPowershot A710S

先日のライドで帰宅中、坂を下っている時に、愛用のカメラCX2を落下させてしまい....
CXは大破....
大打撃ですOrz

e0123825_15131814.jpg


CX2に変わる現行のコンデジは見つからず...
ちょっと前から、時々調子が悪くなることが合ったので、調べてはいたのですけどね。
はてさて困りました。

最近発売されるカメラはCX2より高画質のものも多いのですが、使い勝手、絵作り、と私の要望には遠いものばかり。
まあ、売れてナンボですから、一般の方々に受け入れられやすいカメラを作るのはしょうがないことなんでしょうね〜
逸般人(爆)のワタクシの用途にあうカメラは売れないのだと思います。
が、カメラとしてはいいものだと思うのだけどな〜(ホントか!!)

で、軍資金もないことですし(コレが主な原因w)つなぎに昔、子どもに買い与えたコンデジを借りることにしました。
スマホのカメラじゃいかんとも心細いのですよ。
6,7年前のカメラじゃないかな。

画素数少ないCCDだし、液晶は解像度低く、ピントが合っているのかわからない。
老眼には辛いで〜す。
でも、画素が少ない故に印刷用のデーターには厳しい物がありますが、ネットで表示する分には十分だし、無理の無い描画です。
それに、レンズも明るく、望遠端でf4.8と明るいのもいいですね~~

とりあえず、先にカメラが見つかるまで、A710Sとスマホで繋いで行こうと思います。
[PR]

by jake490 | 2015-02-22 15:14 | 写真、カメラ
2015年 02月 21日

百草園から里山へ

睡眠不足なのに夜更かしして、朝のおめざめは、のんびり。
気分はロードで湘南方面にロングライドか、秋山村方面に負荷を掛けに行くか
だったのだが、身体がシンドい。
そんなわけで、MTBに切り替えて、疲労回復ライドにしよう。


e0123825_20441762.jpg


里山へ直行するつもりが、自宅を出いたら、いきなり梅の花を見たくなった。
ウグイスな気分。
なのはいいのだけれど、楽に登れる坂を見落として、百草園の激坂のしたまでやってきてしまった。
後悔。
気を取り直しつつ、イヤだなー、イヤだなーと坂を登る。
こんなきつかったっけ!
インナーローを使っちゃった。
「自転車でこの坂、登るんだ!スゲーなぁ」
なんて声が聞こえなかったら、降りて押してたよ。

e0123825_20442314.jpg


園内を散策すると、毎年、見る時期を外して盛りを過ぎたロウバイしかみれなかったのだが、
ことしはタイミングよく、花がイキイキ。
水仙も咲いていたのだけれど、カメラが慣れてなくて撮影をしくじった。

e0123825_20445140.jpg



早春に咲くマンサク
不思議な花、海中のいきものを想像させちゃう
これってワタシだけかもなぁ

e0123825_2044361.jpg



e0123825_20443144.jpg


古民家の渡り廊下に腰掛けて見上げる梅の花
これでウグイスが鳴いてくれれば粋なものを

e0123825_2045163.jpg


太陽を地面に落としたような福寿草
寒い寒いといいながらもう春が来ているんだなぁ

e0123825_20444023.jpg


一番高い尾根から園を見下ろす。
梅の盛りはこれからだ。
遠くは霞んでスカイツリーは目を凝らして薄っすらみえる。

e0123825_20451356.jpg


茶を所望しようかとおもいつつ、狭い茶室にギュウギュウ詰めな感もありパス。
でも目の前で和装の方に茶を点ててもらいい、いただくのもいいよね~

e0123825_20445366.jpg


混んでいるので、緋毛氈の縁台に腰掛けて
というのもいいが、もっと花が咲いている時にお願いしよう。


e0123825_20452230.jpg


さて、百草園の山から降りて次の山、里山トレイルの探索だ。
前回左折したトレイルを今回は右折。

イキナリ、足元ががけ崩れ。
乗車したまま行けるか、と思ったけれど、アヤシイ感じがした。
通過しようとしたラインを脚で探ると、草の下は崩れてナニもなかった。
危ねえ〜〜〜〜
このトレイル、行き止まり無きがする、とおもいつつ、道はしっかり付いているので前進前進。
倒木をくぐったり、乗り越えたり、
探検ムード満点。
だが、やっぱり行き止まり。
見渡すと、枝道が一本。そこへ侵入するも、主脈なトレイルにドンと出た。

ここはどこだ〜〜〜

とりあえず目的地方向へ進むうちに、このトレイルが以前走ったことのあるトレイルとわかる。
なるほど、ここに接続するのか。
というわけで、仕切り直し、トレイルの入り口まで戻り、前回発見したルートのおさらいをして左折ルートをとる。

ここで、最近お知り合いになったファットバイクにのるKさんと遭遇!
なかなかご縁がありますね〜
アレコレと短い時間ながら雑談タイム。

e0123825_20452716.jpg


谷戸に下りるトレイルから、竹林トレイルへとハンドルを向ける。
先日の雨で赤土のトレイルは滑る。
タイヤの空気圧も高めなので滑るのが早いので慎重に、ビビりながら

e0123825_20451814.jpg


短い時間ながらトレイルを走るのは楽しい。
この区域は未走破ゾーンなので、どこにたどり着くのかもワクワクだ。
トレイルをぬけだしてみると
なるほど、ここにでるのか〜
と、自分の位置がわかったところで小腹がすいた。

e0123825_20453470.jpg


正月限定メニューだったらしいお汁粉。
建屋のまわりにお汁粉の幟も立って、どうやら寒い間はやっているらしい。
アンコの甘さは心和みます。

e0123825_20453145.jpg


楽しみにしていたコロッケが売り切れていたので、なんとなく
甘酒を頼んでしましました。
百草園で飲みたいと思っていたのが、ここで我慢しきれなくなった
ということでしょう。
トロトロとして美味しかったですが、お汁粉と甘酒のダブルで口の中が甘〜くなってしまいました。
付け合せの漬物とお茶でリフレッシュ。
さて、さらにリフレッシしましょうか。


e0123825_20463829.jpg


せっかくリュックの中にコッヘルとバーナーを持ってきているのですからね。
遠く横浜のビルが見えるテーブル&ベンチでコーヒーを淹れます。

眞田珈琲の味が記憶に新しいので、味のランクは落ちちゃいます。
ですが、外でドリップして飲むコーヒーは美味しい。
ホントに美味しいコーヒーは眞田珈琲に飲みに行くことにしましょう。

e0123825_20461858.jpg


コーヒーのアテにクッキーとレモンケーキをお汁粉を食べた所で買ってきました。
手作り感満載、家庭の味の旨さですね。
ほのぼの美味しいです。

e0123825_20445739.jpg


コーヒーをすすりながら遠く横浜のビル群に目を凝らしてのんびり過ごします。
吹く風もそれほど寒くなく、
もう一杯飲もうかな、
と思ったところでハイカーさんの団体が来たので、席を譲ることにしました。


帰り道は、出来るだけまっすぐに、坂も逃げずにね、適当に頑張りましたよ。
このところ心も身体もセンサーが鈍っているので、里山を走って少しモヤモヤがとれたかな。
[PR]

by jake490 | 2015-02-21 21:09 | ハシる
2015年 02月 18日

Rapha FESTIVE 500 ワッペン到着

彼の地、英国からロイヤルメイルで郵便物が届いた。
待っていたよ。頑張ったご褒美の到着を。

e0123825_22151812.jpg


去年の暮れ、クリスマスイブから大晦日までの間に500km以上走破する
Rapha主催のライドイベントFESTIVE 500
これに完走すると、走破した証明、ご褒美のワッペンがもらえる。

週末のライド、自転車通勤で距離を稼いで.....
Cannondale Owners Groupの仲間に連れ添ってもらったりしながら
愉快な仲間たちとの思いでとともに走りきった。

STRAVAにアップするGPSデータにドキドキワクワクしたな〜
走りきれてよかった!

今晩は、このワッペンを眺めすがめつ、イッパイやるのだ。
[PR]

by jake490 | 2015-02-18 22:16
2015年 02月 15日

KAZUさんのラストレース

e0123825_1321543.jpg


敬愛するプロ自転車選手、山本和弘選手のプロとして最後のレース
観戦!応援!してきました!!


e0123825_13185958.jpg


熱い漢、熱い走りに応えるべく、応援に行く私も熱い走りて応える。
自走範囲なら、自走で。
2時に起床、3時半に自宅を出発。
出走前のKAZUさんに会いたい。

なのだが、R16から坂戸方面に向かう交差点を通り過ぎる、
という痛恨のミス。
川越まで遠回りしたところで夜が明けた。

e0123825_13191192.jpg


夜が明けると同時に向かい風が吹き始めたが、出走前のまだリラックスしているKAZUさんに会える事ができた。
熱烈サポーターのCOGメンバーと共に談笑しながら準備を始める。

奥様のえりなさんが、準備の手伝い。
こうして夫婦二人三脚で、戦ってきたのだ。
強い絆を感じながら見守る。

e0123825_13191926.jpg


JAPAN KAZU
ホイールバックのネームは世界戦を戦ってきた日本選手の証。
いつも気さくに接しているKAZUさんの選手としてパフォーマンスの高さを感じさせる。

e0123825_13192219.jpg


KAZUさんにネームステッカーをいただいたので、早速愛機CAAD9に貼り付ける。
ん〜いいじゃないか。
またかっこよくなったな〜♪

e0123825_13193345.jpg


いよいよラストレースが始まる。
今日のレースの主役
何を考えているのだろう。
強い想いがあるに違いない。

e0123825_13194038.jpg


ラストレースのスタートが切られる。
胸が熱い!

e0123825_1318562.jpg


レースは序盤からKAZUさんがけん引する。
二番手の選手が張り付く、展開。

e0123825_13194834.jpg


だが周を重ねるうちに、独走体勢に。
引き離し、ひとりになっても、力を抜かず、強い魂の走りを続ける。
こちらもラストの応援。
精一杯の声でKAZU〜〜〜〜


ギリギリまでコースで応援していたので、ゴールシーンは遠目から
両手を上げてゴールラインを駆け抜ける姿を見つめていた。
感無量。


e0123825_13264486.jpg


歴戦を闘いぬいていたKAZUさんの最後のバイク。
走り終わっても、また熱を持っているようだ。

ご好意で試乗させてもらったのだが、筆舌に尽くし難い、スーパー感。
こんなバイクが魂の走りを支えていたんだね。
と、また胸が熱くなる。


e0123825_13195655.jpg


戦いの後は、COGの仲間たちと一緒にカレーランチ。
けたり狂った北からの暴風で観戦する自分たちに、スパイスが効いてカラダが温まる。
美味しいし、温まるし、大正解。
食事をしながらのお話も楽しく。
こういう時間をもてて、幸せ。

e0123825_132014100.jpg


暴風の中、表彰式の最後にセレモニー
えりなさんを傍らに、語るKAZUさんの言葉に、
自転車を愛する仲間に向けての合いを感じる。


e0123825_13201672.jpg


子どもたちに囲まれて
老若男女問わず、みんなから愛されるKAZUさん
みんなのヒーロー
その傍らに寄り添うえりなさん
と、お腹の中の赤ちゃん

KAZUさん夫婦の笑顔を見れて、
最後のレース、
プロ生活の集大成の姿に思えました。


感動をありがとう。
心に刻みました。
[PR]

by jake490 | 2015-02-15 23:30
2015年 02月 14日

CAAD8改良オフ

e0123825_0402472.jpg



フィッティングが合っていないY嬢のCAAD8を、仲間イチのメカニシャンNさんが、出先でパーツ交換を行い、フィッティングを出す!
というオフ会です。
小柄な人の身体に合ったバイク、市販車ではきちんと作られているのでしょうかね。
ハンドル、クランクの交換、と、フィッティングさせるために、大きな改良を行いました。


e0123825_0403071.jpg


待ち合わせのコンビニに集合する前に、先ず一本、トレイルを。
行く道すがらにトレイルがあるのなら、走らにゃ、損、損。
トレイルの入り口を少し逸れて、富士山の眺めを堪能する。
今日もスッキリ富士山!

e0123825_0403324.jpg


丹沢方面の山々も残雪が残っていて、山体が浮かび上がり、凛々しく見える。
気持ちいいぞ。

e0123825_0403675.jpg


短いトレイルだが、ボディバランスのウォーミングアップに最適。
集中しながらも、置きたての身体がほぐれて行く。

e0123825_0403875.jpg


待ち合わせのコンビニで、もはや定番となった、もちぽにょとホットコーヒーのコンビネーション。
今日の行き先はオギノパン&眞田珈琲。
お昼すぎにY嬢と合流するので、時間は十分。
マッタリと談笑しながら、モグモグ。

e0123825_0404153.jpg


朝一でトレイルを走ったものの、アスファルトしか走らないのにMTBしばり。
エアボリュームの大きいタイヤで、ブロックをゴーゴーいわせながら
ゆるめのスピードで走るのも心地よいのだよ。
ヒルクライムはシンドいけどね。
息を切らせながら、山腹の雪の白馬にチェックを入れる。
日向ぼっこしながら、ここでも、マッタリタイム。

e0123825_0404533.jpg


いつもの山道を談笑しながら、ゆっくり走り、このライドで最大最長の坂道を登って、せき麺。
土曜日は、店を開けたり開けなかったりするそうだ。
ちなみに日曜日は開けているらしい。

客が増えてきているのか、今迄無かった大盛りなどのメニューが目新しい。
席に用意してある、試食?サービス?の白菜と大根の漬物をボリボリ食べながら、茹で上がりを待つ。
庶民的なお味、コレがまた良い。
リュックを背負って来ているので、せき麺を2束、お買い上げ。
1束は家のおみやげ、1束は山ごはん用。

e0123825_0404819.jpg


日向ぼっこしたり、せき麺を食しても、まだ時間に余裕がある。
余裕の走りで眞田珈琲到着。
一杯目のコーヒーはカッフェラテ。
ラテアートにクマをリクエストしたら、
(・ω<)テヘペロバージョンで描いてくれた。
ほっこりするな〜


e0123825_040505.jpg


Y嬢が到着するやいなや、早速、ハンドルからバラしていく。
バラすだけなら手伝えるもんね。
Nさんのアシストをしつつ、たわいなない会話を楽しむ。

ハンドル幅を狭く、ステムを短く、クランク長を短く変更。
ホリゾンタルフレームの、小柄な人向けセッティングなバイクが仕上がった。
前とぜんぜん違う〜♪
と歓喜の声をあげるY嬢。

やっぱりね、きちんとフィッティングして乗り出して切るようにする仕事をきちんとショップはやらないと。
パーツ交換等が予算内で出来ない事情があるとすれば、どういう状態で納車するのか説明する責任があると思う。

e0123825_0405327.jpg


組み終わったら、お礼にとチョコをいただいた。
で、今日がバレンタインデーだと気づく。
もう、チョコを貰っただの貰わなかっただの、という齢じゃないし。
モテナイ村の村民には、バレンタインデーは極普通の平日。
でも、貰えば嬉しいものだよね。


手際よく作業ができたけれど、やりだしたのが遅かったから、日が傾いてきた。
日が暮れる前に、多摩境には戻りたい。
部品交換ネタで楽しみつつ、美味しいコーヒーとパンをおつまみに、
楽しい一日も終わろうとしている。

追い風と下り基調なルート
負荷はかからねどいいペースで多摩境まで。

日が暮れて夜の入り口になるまで、風が強くて寒いというのに店頭でオシャベリ。
明日は、早起きして、KAZUさんのラストランの応援に行く、と盛り上がって解散。
果たして、起きられるのか!
[PR]

by jake490 | 2015-02-14 23:39 | ハシる
2015年 02月 11日

眞田珈琲はDNF

昨日仕事をしていて、何かスケジュール調整おかしい、と思ったら
今日は祝日だった、ってことに気がついた。
間抜けだな〜w でも、凄く儲けた気分!
というわけで、当然のこと、ライドに出かける。
気楽に走るなら、眞田珈琲ですな。


e0123825_1740037.jpg


楽しみにしていた反面、日曜日にはしゃぎすぎたのと、月曜日からの寒波で冷え込み
のどが痛いのは収まってきたが、体がだるく、お腹の調子が悪い。
前夜と今朝のトイレで腹痛はとれて、気分も軽く友人達と待ち合わせ。
のんびりと走りだしたのはいいのだが、またお腹が冷えたっぽく、腹痛再び。
橋本のコンビニでトイレ休憩でサッパリ
リスタートして、津久井湖の展望ポイントまでやってきた。

e0123825_1740388.jpg


相変わらず、ここから津久井湖を俯瞰し、遠くに丹沢の山の眺めは気分爽快。
日向ぼっこをしながら仲間と会話を楽しむ。
和やかな気分に浸る。

e0123825_1740622.jpg


降雪を占う山腹の白馬がクッキリ見える。
去年の1月、この白馬がクッキリ見えたら、2月は大雪だった。
でも、今日の白馬は、先日の降雪と降雨で残った雪じゃないかな。
とはいえ、まだ、この厳冬期、安心は出来ないね。

などと、思っているうちに、またお腹が渋りだした。
このままでは、自分が辛い、ということもあるけれど
仲間に迷惑がかかる。
何度も休憩挟まなければならんし、とてもコーヒーを飲める状態じゃない。
なので、ここでDNF宣言。

一足先に帰宅することにした。
後ろ髪を引かれるね〜
みんなと走るの楽しいから

日当たりのよく、温かいだろうルートを選んで、帰り道。
悔しくて、ちょっとペースを上げてみたり。
でも、何回かコンビニでトイレを借りる。
やっぱり、ダメね〜
太陽の日差しを浴びて温々しながら、走っていると、徐々に痛みがとれてきたものの
お腹に爆弾がある感じは抜けなかった。

くそ〜
暫く眞田珈琲飲んでいないから、凄く飲みたかった。
週末はリベンジだな〜
[PR]

by jake490 | 2015-02-11 17:41 | ハシる
2015年 02月 09日

山本和弘選手 感動をありがとう!

e0123825_9341958.jpg


シクロクロス東京2015
一夜明けて、僕の喉はガラガラだ。
普段は出しもしない大声で、声援を送り続けた。
絶対に表彰台に上がって欲しい!
そして、いつも感動をもらっている感謝を込めて。

e0123825_9342295.jpg


エリートのレースが始まる頃からとうとう雨が降りだした。
ニットキャップにダウンジャケット+アウタージャケットを着ているのに寒さが染みこんでくる。
コースを見まわっていると目についた売店で、シメイブルーを張り込んだ。
これほどまでに、クリーミィで濃厚、コクのあるビールは初めてだ。
美味い。
普段は絶対買わない、と言っても過言ではない高級ビール。
KAZUさんの勝利を確信して、一足お先、祝杯をあげる。


レースの注目はKAZUと竹之内選手とのデッドヒート。
ヨーロッパで戦ってきた日本チャンプの走りに手抜きはない。
強い。
それでもKAZUは勝つ!!!
仲間とコースを行ったり来たり。
そしてKAZU〜〜〜と声の限り叫ぶ!!!

e0123825_9342693.jpg


プロ選手としてのラストラン。
奥様の花束贈呈に、ボクも目頭が熱くなる。

選手として、というより先に、人間、山本和弘に惚れ込んだ。
こんなナイスガイは他にはいない。
感動をありがとう。

出会えてよかった。
巡りあわせてくれた仲間に感謝。

表彰台に立つKAZUとCOGの仲間たちに感謝の気持が高ぶってくる。



e0123825_9343063.jpg


それぞれが感動を胸にCOGの仲間と夜の宴。
心が暖かくて寒さを忘れた。
素晴らしい仲間。話し笑って飲んで、どんどん心が温まる。
飲み過ぎた。
でも締めのラーメンでまたビールをw

素晴らしい一日。

山本和弘選手は、戦いの場を変えて、走って行く。
きっと、僕らを魅せてくれたように、力強く走っていくに違いない。
僕らも人生を走らないと。
一日一日を、今できることを全力で。
[PR]

by jake490 | 2015-02-09 09:37
2015年 02月 07日

里山ランチライド(キムチ雑炊)

バーナーとコッヘルを手に入れた以上、やっぱり、クッキングしたいよね〜
と、会社帰りにスーパーに立ち寄って、食材を探すのも楽しく。
料理が出来ないなりに、材料を買って帰宅。
同じく、バーナーとコッヘルを手に入れた!という連絡がNさんからはいり.....
その流れで、里山ランチライドをご一緒することになった。

e0123825_17291129.jpg


明くる日、たNさんと、急遽参加になったSさんと里山でトレイルへ。
里山に入ると紅梅がほぼ満開に咲いていた!
寒さがピークな感じがするけれど、もう春が近くまでやってきているんだね。

e0123825_17291447.jpg


いつもの陽だまりポイントに向かうトレイルは,,,,
先日の雪と一昨日の雪ですっかりドロドロ
タイヤを泥にとられながら、四苦八苦
だけどね〜、どういうわけかみんな笑い声。

e0123825_17291783.jpg


ベンチで休憩するも、なんとなく、ランチに心惹かれる
休みもソコソコにテーブルとベンチのあるランチポイントに急ぐのだった。

e0123825_17292178.jpg


先ずはコーヒーをドリップして、味わいながら
先日の残りのマルタイの棒ラーメン。
Nさんに乾燥わけぎをいただいたので彩りもよく。
棒ラーメン、一人前だけだと、少しばかり、足りなかったので

e0123825_1729248.jpg


そこからの.....
キムチの濃縮スープポーションを一つ
パカっと焼き鳥塩味缶詰を開けて、焼き鳥投入
ベリっと白菜のキムチ小パックを一つ投入(ちょと多すぎたかw)
煮立ったところで、ご飯パックをグイッと開けて投入
ご飯がほぐれたら出来上がり

傍から見れば、マッドサイエンティストの実験のようダ

恐る恐るスープを啜ってみると
意外に美味い

食べ進むとキムチの辛さが強くなったけれど、許容範囲
荒々しい味だが、男の野外料理らしい出来上がり
これはこれで有りですよ。


すっかり満腹で、トレイルを一本こなして、本日終了。
ベリーハッピー!
ごちそうさま♪
[PR]

by jake490 | 2015-02-07 17:32 | ハシる