空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2014年 09月 28日

Y嬢の初めて100kmライドは江ノ島へ

COG繋がりの友人Zさん、彼の友人であるY嬢がCAAD8を乗り始めた。
その彼女がはじめてオーバー100kmのロングライドにエスコート。

e0123825_22143145.jpg


いつものごとく、多摩境で待ち合わせ。
初めてあうY嬢。
お互いに気さくに話し、直ぐに打ち解け合う。
齢は若いが大人な感覚が好印象なお嬢さん。
元々お友達どうしのZさん、Bさん、と4人で境川CRを南下する。

初心者なのに高ケイデンスなペダリング。
速くなれる素質を感じながら、小さなアドバイス。
コマ目なギアチェンジと、下半身を安定できるギアの選択。
もともとスポーツを嗜んでいるので、筋がいい。

「走るのが楽しくて仕方がない」という。

こちらも初々しい気分になってくる。


風は強い追い風で。
ペダルは軽い。

e0123825_2214487.jpg


全然、距離を感じることもなく、あっという間に江ノ島に到着した。

e0123825_22145423.jpg


強風で荒れる海。
いつもの灯台は立入禁止で近づく事ができなかったが

e0123825_2215799.jpg


デッキに上がると南に広がる海原に思わず歓声をあげる彼女がいた。
当然、何度も訪れているけれど、煌めく海原をみると感動するわけで。

e0123825_2215494.jpg


じわりと広がっていく清々しい心地よさに、太陽の日差しに
深い感動がこみ上げてくる。


e0123825_22151147.jpg


自然と浮かんでくる笑み
海まで、江ノ島までやってきた達成感。
それを間近に眺めていると感情が伝わって
こちらもハッピー

e0123825_22151686.jpg


そうしたら
頑張った自分にご褒美のごちそう。

e0123825_22152645.jpg


メニューは迷いに迷った。
みんな美味しそう。
それでも、やっぱり新鮮な魚を感じたいので、「まかない丼」
半分食べた後にだし汁をかけて、お茶漬けのように食べるとまた美味し。


人気店なので、あとの客の回転を考えて、根が張りそうなおしりを席から引剥がし
江ノ島を脱出。
みんなが更に笑顔になったのは言うまでもない。

e0123825_22155326.jpg


とうぜんここまでくれば.....
と言うよりは、ここが目標地点なHiro Homemade Ice Cream
抜群に美味しいアイスクリームと、笑顔満載でフレンドリーなNICEなお店。
ここに連れてくると、みんなファンになっちゃうんだよね。
秋限定のポハベリーとリリコイのダブルでいただきました。
当然美味い。
60km走って食べに来るモチベーションには十分だ!

e0123825_2216154.jpg


で、スタッフの方がポハベリーそのものを食べさせてくれた。
今まで味わったことのない不思議な甘みと渋み、深さがある。
これがそのアイスクリームになるのかと思うと、手間を掛けて作った職人の粋を感じる。

e0123825_2216919.jpg


ということで、いつものようにお店の女性スタッフとスナップ。
チャーミングな笑顔でいつもアイスクリームをスクープしてくれますよ。

e0123825_22161921.jpg


そしてCannondale乗りの聖地。
サザンビーチのCモニュメントへ。
CannondaleはクレイジーのC
クールなジョーク。
ま、Cのつくメーカーは他にもあるんだけどねw

e0123825_22162325.jpg


ホントは海岸線の遊歩道を走りたかったのだけれど、風が強くて砂嵐かな、と。
国道をいいペースで走ってきた。
霞む江ノ島。
またここに戻って、境川CRを北上する。


復路の境川CRは強い向かい風。
先頭を曵くZさん、力強い機関車トーマス。
Y嬢も頑張る。
力尽きそうになるも、そこは体育会系。
弱音を吐かず、笑顔で根性を見せる。
かくいう私もグングンと向かい風に抗う。
きっと往路は倍以上の距離に感じたのだろうな。
多摩境まで、元気に走りきった。素晴らしい!

ここまで頑張ったら、先ほどのアイスクリームのカロリーは消費しちゃったよね、
と、甘味をいただく。
最近のハマりスイーツ「もちぽにょ」を食べながらしばし歓談。

e0123825_22163059.jpg


折角、日が高いうちに帰ってきたのに、日が暮れた。

Y嬢、さすがに顔に疲れが出ていたけれど、楽しんできただけたみたい。
きっと充実感に満ちていると思う。
こういう喜びに満ちた走りをご一緒できると、こちらも新鮮な気持ちになれる。
先週からのお仕事で溜まった毒素をおもいっきり洗浄できて、かなりリフレッシュ。

あとは仕上げにビールをいただくのみ!
[PR]

by jake490 | 2014-09-28 22:24 | ハシる
2014年 09月 23日

COG牧馬峠とオギノパンと真田珈琲

COGに新規加入されたメンバーさんと初ライド。
手始めに、ちょっとハード系な牧馬峠にご案内してと、初心者としては走れる人向きのライドから.....

e0123825_23335433.jpg


多摩境に集合し、始まりの儀式?
ホットコーヒーともちぽにょを頂きます。
糖分とカフェイン注入で元気百倍w

e0123825_23335788.jpg


COGで宮ヶ瀬方面に行くときの定番コース。
津久井湖を眼下に見下ろすことができるビューポイントで一休み。
もう空の雰囲気がすっかり秋になりました。
湖面のキラメキも穏やかで、心地よい気分。

e0123825_2334518.jpg



更に登ってトンネルを抜けると気持ちのいいダウンヒル。
そして林間コースに入っていきます。
木立が覆い茂る細道を、談笑しながらユックリ走る。
新しいメンバーも段々打ち解けて笑い声も増えてくる楽しい道すがら。

e0123825_2334912.jpg


名手橋を渡り一旦国道に出て、暫く進んでまた山間ルートに入る。
ここも夏場なら木陰涼しく、上り基調のこの道が苦にならない。
いまは、ひんやりとして、一瞬、寒!っと感じるが、上りの熱量で直ぐに心地よい涼しさに変わってくる。

e0123825_23341457.jpg



小さな峠を越えて坂を下ると、唐辛子屋根のお店の前に出る。
赤い唐辛子のオブジェと青空のコントラストがビビットだ。
空は秋なのに日差しは夏のよう。

e0123825_23341825.jpg


ギアはインナーのまま暫く行くと本日のラスボス
牧馬峠、12%のコンクリート舗装を登る。
仲間のトルクフルなパワーのペダリングでグイグイ登るのをほれぼれと見ながら、ヘタレな自分が続き、その後に新メンバーが続いて登っていく。
峠に到着すると、随分静かだな、と思ったら、もう蝉が鳴いていなかったのだった。

新メンバーの先導にユックリと下り、道志川を渡って道志みちへ登り返す。
このルートを通るたび、深い谷であることを実感せざるを得ない。

梶野のワインショップ後でドリンク休憩を入れた後、小さな峠を一つ越えて、もう一本坂をのぼると宮ヶ瀬湖だ。

e0123825_23342633.jpg


初心者という新メンバーさんは宮ヶ瀬湖までは何度も来ているそうで、宮ヶ瀬湖ビューをみてもあんまり感動は無いみたいw
でも、初めてのグループライドということで、とても楽しそうだ。
こういう楽しそうな笑顔を観ていると案内した甲斐がある。

e0123825_23343093.jpg


暫く休憩したらダム横を通り湖から下ってオギノパンに到着。
バイクラックに見覚えのあるバイクが有ると思ったら、COGメンバーの一人が我々一行を迎撃(待ちぶせ)してコーヒーを飲んでいたのだった。
こういう嬉しい時はハイタッチでご挨拶。
絆を感じる一瞬だ。


e0123825_23343478.jpg


先日、テレビ番組でオギノパンを紹介されあたせいで、ものすごい混雑ぶり。
パンを買えなかったのであるが、今日は混雑しているが、買えなくはない程度。
食べられなかったリベンジではないが、パンを選ぶにも妙に気合が入ってしまった(汗)
ちょっと買いすぎた、と思ったのだが、食べだせばペロリ。
美味しいパンだな〜

e0123825_23343854.jpg


で、早速コーヒー
某スターバックスよりも数段美味しい珈琲ペチーノをいただく。
走って火照った身体によく効く、美味い。

美味しいパンとコーヒーで、日の傾きが分かるほど、長い時間、同行3人で自転車談義を楽しんだ。
意外と男もお喋りなのかもしれないな。

プレスコーヒーも一杯飲んでいい香り、いい後味。
ごちそうさまをして、再び津久井湖に戻り車の混みあう国道を橋本、そして多摩境に戻ってきた。


やっぱりここでライドのシメにもちぽにょw
すっかりハマっちゃてるな。
ここでもまた自転車談義が始まり、小一時間よく喋った。

e0123825_23353680.jpg


そしてそれぞれの帰路へ。
ニュータウン通りはガンガンペダルを回して高速ライド。
息を整えるように、自宅までの最後の山越えをアウター縛りでユックリと。

e0123825_23353360.jpg


新しいメンバーさんもいい人だし、同行してくれたメンバーも素晴らしい。
いい人に恵まれているな、とつくづく思う。
楽しい一日をありがとう。
[PR]

by jake490 | 2014-09-23 23:17 | ハシる
2014年 09月 21日

COG巾着田の曼珠沙華と奥武蔵グリーンライン

先週に引き続きCOG(Cannondale Owners Group)のライド。
見頃にジャストミートの巾着田の曼珠沙華を愛でたあと、奥武蔵グリーンラインでハアハアしてくるライドだ。
道の駅八王子滝山で集合したのが、5人。
途中迎撃に現れた方が2人。
いつもながら、楽しいライドとなった。

e0123825_145749.jpg


道の駅八王子滝山で8時に出発。
奥多摩街道、R16を北上して横田基地横を快走。
金子の丘陵を越えれば気持ち良いダウンヒル。
超気持ちい〜という間に巾着田に到着。

e0123825_1445449.jpg


花より食い気!?
早速小腹の空いたワタクシ、売店の饅頭が気になります。
「しゃげ」という饅頭が目に止まり、地元の饅頭なのかと頼みます。
が、メンバーの指摘で「まんじゅう」と「しゃげ」で曼珠沙華に引っ掛けたシャレであることに気がついた(爆)

e0123825_1445768.jpg


まあ、いいか。
中に栗がまるごと一個入っていて、まま、美味しかった。
こんなシャレに気がつかないなんて、頭が硬いなぁ。

e0123825_1444667.jpg


バイクを駐輪し、畦道を歩いて曼珠沙華がまるでレッドカーペットのように咲き誇るエリアまでいくと、花は八部咲ぐらいか。
一部では満開になっている。
これだけの広さに咲き誇っているのをみるのは、やはり壮観としか言い様がない。

ここで、群馬から迎撃にきたCOGメンバーと再会。
こういうのは嬉しいですね。
だいぶ待たれたようですが、広い敷地内、よく会えたものです。
ここから奥武蔵グリーンラインをのぼりランチまでご一緒します。

e0123825_1474880.jpg


巾着田から間もなく奥武蔵グリーンラインの上りにとりかかる。
筋力の低下、体重の増加、なワタクシ、早速先頭から殿へ転落。
皆さん、上りは遅い、と口ではいうものの、更に遅いワタクシは一体何w
自転車乗りは嘘つきですな。
ノロノロ登るワタクシを皆さん笑顔で待っていてくれて、いよいよ稜線を走りますが、こんなに勾配きつかったっけ!
またまた、グループから一人遅れてノロノロ登るのでした。

e0123825_14113912.jpg


顔振峠で迎撃を予告していたメンバーと遭遇。
笑顔の似合うメンバーさんと笑顔で再会。
しばし歓談し、ランチをご一緒したところでしたが、所用があるということでここでお別れ。
顔振峠から、ランチのベラヴィスタまでは目の先。

e0123825_148244.jpg


アットホームな雰囲気とテラス席からの長めが抜群。
和やかにみなさんと食事をしながら話が盛り上がります。

e0123825_148784.jpg


今回注文したのはリラックス効果のハーブティー。
ストレスに効くというブレンドなのですが、オーダーするとき、ストレス一つ、というのが妙に笑えます。
こんな景色のいいところでストレスはいただきたくありませんよね。

e0123825_1481173.jpg


それと、定番?のピザ。
今回はツナです。
これも優しい味で美味しくいただきました。
他のメンバーが頼んだカレーも美味しそうだったので、次回はカレーを頼んでみようかな。

e0123825_149128.jpg


食後は刈場坂峠まで。
まだまだ道は上りが続きます。
暫くはみなさんに付いて行きましたが、またまた一人旅。
ダイエットが進めば、少しは登れるようになるか。
ここで、まさかのGPSの電源切れ。
心拍がわからないので、自分の感覚頼りにペースメイク。
刈場坂峠からの眺めはよろし。
天文台やパラグライダーの飛ぶ姿も見れました。

暫く天文台まで行ってないなぁ。
白石峠をのぼってみるかな〜 

刈場坂峠からは道の荒れた、落石、うき砂、危険度高い下りでR299まで。
慎重に下ります。
技術と平常心が試されますね。

e0123825_1484799.jpg


ほぼ正丸トンネルの近くに降りて、ここから4㎞ばかり正丸トンネルまでの上り。
勾配がほどほどなので、皆さんとおしゃべりしながら上りますが、これも3分の2ほどで、またまた一人旅。
せめてみなさんと一緒に登れるようになりたいものです。

e0123825_1495675.jpg


正丸峠でドリンク休憩。
奥武蔵グリーンラインでもそうでしたが、上りで汗をかき、下りで汗冷えをするパターン。
いよいよ山岳コースではペースメイクが難しい季節の入り口にきた感じ。

正丸峠を降りて山伏峠まで登り返し、そこから名栗までダウンヒル。
路面が良くなり走りやすくなりますが、道が細い上にブラインドコーナーの連続。
ここで車との正面衝突を避けるために落車経験のあるワタクシ。
前からかならず車が来ることを意識しながら慎重に下ります。

峠を降りると、名栗区間は下り基調の軽いペダリング区間。
ときおり 40㎞までペースが上がる高速ライド。
ここは超気持ちいいですね。
みなさんも笑顔満開です。

ラスボスの小沢峠を上り、青梅までの快走区間とちょっとヒーハーする上り。
で、青梅の市街に突入。

e0123825_1410935.jpg


赤塚不二夫会館の隣にあるシカゴチキンで塩からあげと骨なしチキンを頂きます。
ここのチキンは美味しくて地元のお客さんが並びます。
揚げたての熱々をいただいて、ウマ〜〜〜

e0123825_14101381.jpg


羽村の堰では夕焼けが。
今頃晴れてきましたw
夕刻の車の交通量が多い奥多摩街道か、暗い多摩サイか、判断が難しいところですが、まだ道の見える暗さなら多摩サイのほうが安全か、と多摩サイをチョイス。
とはいえ、拝島橋につく頃にはすっかり暗くなっちゃったのですけどね。

道の駅八王子滝山まで戻り、今日のライドの締めくくり。
ライドのアレコレを話して盛り上がり、あとはそれぞれの帰路へ。

輪行で参加したメンバーを京王八王子まで道案内して、家路につく。

自分でライドの企画をしたのに、結構ハードでヘロヘロになってしまったw
途中で目に入ったミニストップで思わず休憩。
ベルギーチョコソフトとホットコーヒーで、まったり。
スタミナ切れでですわ〜

糖分とカフェイン注入で復活w
のんびりクールダウンで自宅まで。

いや〜楽しかったな〜    
[PR]

by jake490 | 2014-09-21 14:19
2014年 09月 15日

いろいろデトックスライドなのYO

鍛えても、バケツの底が抜けたように体力が落ちる。
そんなお年ごろ。
筋力が付く前に器量倦怠感がつのります。

e0123825_21533241.jpg


鯖を喰らう事ができなかったので、な〜んとなく元気が無い。
という言い訳が通じないほど、ヘタレな大垂水峠の上り。
なんかね、
峠を登るにしても、テーマを決めてやらないと、無駄にゼーハーしてるだけ、
と思うんだ。
それで、心拍は170上限、できるだけ回転で、と決めてヒルクライム。
タイヤが新しいせいかね、よく転がる感じで、ペダルが回る。
重要なパーツなんだよ、やっぱりタイヤは。
回転ムラがないように、と回してみた。

下りはグリップを確かめるように。
後ろに車がついたけど、車間距離あけてくれるジェントルなドライバーさん
なのに、腕と肩に力が入ってコーナリングが決まらなかったよ。
相変わらず下手くそなダウンヒル。

e0123825_21533685.jpg


巡航時は心拍150リミットで。
多分この辺りがLT閾値と決めつける。
勝瀬橋を渡って藤野のお山の中へスルスルっと

e0123825_21534218.jpg


秋山に向かう道と別れて直進な坂道を登る。
温泉の分岐も過ぎて暫く行くとちょっとした空間が広がる。
遠くかすかに蝉の声が聞こえるほか何も聞こえない。
ただ、山の風がさわさわと撫でていく。

e0123825_21535873.jpg


こんなオヂさんでも、心に溜めてしまったしまった悲しみのような残念なような気持ちと
そんなものが吹き飛んで晴れてくればいいな、と思う気持ちが交錯して

柔らかい山の風が、毒を含んだ心の粉をふわっと吹流してくれてるような気がする。

e0123825_2154192.jpg


ハッハッハと息を弾ませて山を行くと、こんなところにチーム右京。
本隊は北海道でレース中。
平日はこの辺りを走っているのだろうか。
山の中、鍛えるにはエエ所。
オヤヂは旅情派ライドなのさ、風景、雰囲気抜群。

e0123825_2154512.jpg


いつもと違った道を行けば、
いつもと違った風景に出会える。
その時であった光と風を感じるんだ。


身体にその空気を染みこませるんだ。
その分、毒が抜けていく。

e0123825_21541042.jpg


谷に降りると道志川
川のせせらぎが橋の上まで届いてくる。
清らかだな〜
少しは心が清らかになったかな〜
おもいっきり深呼吸


谷から這い上がると道志みち
連休最終日、車がガンガン飛ばしてくる
コンビニも満杯なので補給は諦めた。

下りの道志みちはガンガンペダルを回すよ〜
40km/hオバー
心拍見る余裕なし

で、ワイシップ跡から宮ヶ瀬湖に向かう峠を越える。
ここでも回転系のペダリング
回転といっても、力まないでペダルを回すだけなんだけど。
無駄に疲れない感じ、をつかめればイイ

e0123825_21541581.jpg


峠一つと湖までの上り一本で宮ヶ瀬湖に到着。
人が多いから落ち着かないな〜
なもんで、早々に立ち去っちゃう
もうここまで来たら、行くところはキマっちゃってるね。

e0123825_21541878.jpg


そう、真田珈琲
ヒートした身体を珈琲ペチーノでクールダウン
プレスコーヒーの香りと味で心を癒やす。
なんていい香りなんだ。
気さくなバリスタさんとお喋りしているうちに、心が軽くなったよね。
大した話なんかしてないんだけどさ。

e0123825_21542389.jpg


ランチを当てにしていたオギノパンが客でスゴイことになって、
いつパンが買えるかわからないぐらいなので、
一山登って「せき麺」をいただく。
イッパイ200円。
美味し美味し。
でも量が足りなくて、隣のセブンでおにぎり一つ。

ぷは〜

食べ終わったら、完全にデトックス出来たよ〜な気がする。
いい感じ。
あとはな〜んにも考えず、自宅までペダルをクルクル。

笑顔で、ただいま、って言えたよ。
[PR]

by jake490 | 2014-09-15 22:01 | ハシる
2014年 09月 14日

COG「松輪の黄金鯖を喰らうライド」

夏の終わり、秋の始まり。
この時期になると松輪の黄金鯖は旬を迎える。
それにあわせて、三浦半島の先端まで走って鯖を食べてくるライド。
COGでは2年目。
ソロライドで初めて黄金鯖を食べた感動をCOGのみんなと分かち合いたい、
そう思って3年目。

e0123825_1417272.jpg


朝7時に多摩境に集合し、横浜方面の仲間と山下公園に9時半に集合出発の10名のトレイン。
山下公園からは湾岸線下を走る、高速ルート。
ここは踏まなくても30km/hオーバーにスイードが乗る気持ちいいルートだ。
省エネ、亀走法のワタクシは30㎞プラスα巡航だが、脚自慢のスプリンターがヤッホー、と加速して飛んで行く。
つられて踏みそうになるが、ここで脚使っちゃうと、後で泣きをみちゃうもんね。

八景島のブレーメンで休憩&グルメタイム。
美味しいパンと無料サービスのコーヒーをいただく。
アンパンが美味で定番なのだが、その他のパンも吟味いたそう。
タマゴフランスパンが目に訴えかける。
これをいただくと、また美味し。
思わず顔がほころぶ。

ここからは16号に戻り、淡々と、微妙にアップダウンが続く国道をひた走る。
ベルニー公園の潜水艦もパス。
なぜなら、鯖を食べるには行列に並ばんとならないからね。
みんな黄金鯖を喰らうのを心待ちにしていたのだから、
今日は一目散に江名を目指すのだ。

浦賀を過ぎ、火力発電所の丘を登って下ると目の前に海が広がる。
思い切り湘南の海。
まだここには夏が残っている。
海の家のない時期の夏の海、この雰囲気が大好きだ。

金田から三浦半島の大地を駆け上り、思いっきり心拍を上げて、汗をかいて。
チョ〜気持ちいいんですけど〜

松輪漁港に到着して食堂に到着すると、なんと順番待ちは40組以上!!!
これは相当待たなくてなならない。
でも、この待ち時間が、みんなと談笑できる素晴らしい時間でもある。

なのだが、ある状況が素晴らしい時間を破壊する。

なんと不漁で漁獲が上がらず、鯖が僕らの手前はるかで売り切れ!
他の魚も美味しいのだが、鯖を喰らわなければ意味が無い。
メンバーの提案で最寄りの釣り宿食堂に食事処を変更。

e0123825_1418045.jpg


ここの食堂は小さな漁港の鄙びた雰囲気と田舎料理っぽい素朴な食事がいい。
だだ、一人で来訪したことがあるのだが、オススメの中トロ漬丼が私の口に合わなかった。
なので今回は食堂オリジナルという「海かけ丼」を頼んでみた。

e0123825_14175285.jpg


山かけの代わりに、めかぶをすき身のマグロにかけたので「海かけ」
ひとくち食べると朴訥な旨さが口に広がる。
いかにもこの食堂らしい美味しさだ。
黄金鯖がキラキラした美味しさならば、これはいぶし銀のような美味しさ。
鯖は逃したが、また新たな美味しさを発見したので、これは喜ぶべきことだろう。

e0123825_1418463.jpg


お腹を満たしたら、もうユックリと由比ヶ浜までイーブンペース。
渋滞の海沿いの国道を気をつけながら、
そして海を眺めながら走る。
この時間の湘南の海も好きなんだよね。

e0123825_1418725.jpg


由比ヶ浜のコンビニで湘南からの参加者と横浜方面の参加者と別れる。
多摩地区にもどる私達は、おやつに「なみへい」のたい焼きをいただくことにする。
たい焼きも魚には違いない?w
ゴマ餡のたい焼きは、餡の味がイメージと違ったが、なかなか美味だった。
ちょっとお腹の調子が悪かったので、味を堪能できなかったのは残念だが、それでも美味し。
皮もパリっと焼けていて甘すぎない餡はよろし。
寒くなった時期に来訪すると、まさに旬。
さらに美味しくいただけるでしょう。

長谷から藤沢に抜けて境川を北上。
もう25kmプラスアルファののんびり走行。
南町田のコンビニで休憩を終わった頃に日没。

多摩境の集合場所に戻って、途中離脱した後に残った仲間と談笑タイム。
走った感想とか、ヨモヤマ話をして歓談する。
この時間がまたいい。
仲間と走った充実感が幾重にも心を包んでいく。

また黄金鯖を喰らうリベンジに行くときは、この仲間と走りたいとつくづく思う。


ただ、話が長すぎて、そこから豪雨にあっちゃったのはオマケすぎて笑えたけど。
[PR]

by jake490 | 2014-09-14 14:23 | ハシる
2014年 09月 07日

タイヤ交換

再び自分的に鉄板のコンチネンタルGP4000S2にタイヤ交換。
去年の4月から乗ってきたから1年と4ヶ月履いてきたことになる。

e0123825_18584888.jpg


タイヤが減るよりもゴムの劣化、ひび割れ、コードのほつれのほうが先に来た。
減りにくい丈夫なタイヤ。

e0123825_18585333.jpg


劣化していなければまだ乗れるかな。
どれだけ乗れるかな、と試してみたい気持ちはやまやまだが
さすがに割れ目から白くコードが見えているので、交換しないと不安が大きい。

e0123825_18585976.jpg


最近は25C が良いと見直されているので、それに倣ってみようとショップに行ったら、
考えることは皆同じようで、需要と供給が間に合わず、在庫切れとな。
手に入れるには時間がかかりそうなので、今回は前回通り23Cで。

巷の情報だと、25C のほうが、走行抵抗が小さいという結果が出ていて、プロツアーの機材も25C の使用率が上がっている。
GP4000Sはころがりは軽いが乗り心地がちょいと硬め。
25C になれば転がり抵抗は軽いままエアボリュームが増えるので振動吸収性がよくなると思われる。
CAAD9のフレームには相性が良さそうじゃないか。

それにチューブをラテックスにしてみれば更にしなやかさが出るだろう

という算段だった。

e0123825_1858559.jpg


まだ、25C タイヤの流通も潤沢ではなさそうだし、チューブも25Cサイズの在庫も少ないようなので、安定供給には暫くかかりそう。
たぶんこれから23C に代わって25C がスタンダードになるのだろう。
スタンダードになってから、品定めをするのも悪くないか。
[PR]

by jake490 | 2014-09-07 19:03 | イジる
2014年 09月 06日

多摩湖と武蔵野うどん

どうも日曜日は雨らしいので土曜日の今日しか走れなさそうです。
MTBで久しぶりにHMPに行ってシッカリ乗ってくる
もしくはロードでロングを走ってくる
どっちにしようか迷いまくってましたが、息子が自転車に乗りに行こう、の一言で、親子ライドに決定です。

e0123825_21232880.jpg


息子は暫くバイクに乗っていないしお疲れの様子。
スキルアップを考えれば、ロングを流して走るほうがいいのですが、初めてサイクリングに行った多摩湖まで走って、どれだけ進化したか確かめに行きましょう。
私は、短い時間でも負荷をかけるようにしたいのでMTBで走ります。

劣化著しい脚力でMTBの巡航速度は25kmでソコソコ負荷がかかります。
ロードには楽勝ですね。
大腿四頭筋にジワジワ来る疲労に抗いながら、息子には辛い顔を見せないように笑顔を振りまく強がりオヤヂ。
ボトルのスポドリの消費が早い早い。
多摩湖に登る坂ではヒイヒイいっているのにポーカーフェイスですわ〜
とりあえず、弱々なオヤヂを見せること無く多摩湖についてヨカッたw

多摩湖の堤に佇むと、まだ夏の風が吹いている。
一汗かいた身体に心地よく吹き抜けていく。

前来た時よりもずいぶん楽に走ってこれた
と喜ぶ息子。
走った分だけ力がついていく若さがウラヤマシイ。

e0123825_21233225.jpg


湖畔の周回路から離れて雑木林の中を歩く。
MTBならヤッホーな道。
雑談をしながら木漏れ日の中を歩くのは気持ちのいいものだ。
家では見られない表情のむすことの会話も心地よい。

e0123825_21233520.jpg


出かけるのが遅かったので、もうお昼時。
この辺りは武蔵野うどんが郷土料理のひとつ。
食の細い息子にもこのうどんは好みだろうと連れてきた。

e0123825_21233820.jpg


肉汁うどん〜♪
コシが強い麺が美味い。
つけ汁がちょと濃かったが、これは好き好きだからね。
田舎うどんともいえる武蔵野うどんなら、こんな感じで愉しめる。
女将さん、若女将さんの笑顔もいい。

e0123825_2123436.jpg


で、ここからほど近いところにアイスクリーム屋さんがある。
スイーツ好きな親子、ここは外しませんw
今日はわさびとブルーベリー
わさび、試してみたかったんだよね〜
味は甘さのあとに清涼感のあるわさびの味が残るといったさわやかなもの。
暑いさなかに食べるアイスクリームとしてはなかなかのものだった。
ブルーベリーは旬だからね〜

アイスクリームを食べたあと、やたら元気になった顔の息子。
下り基調なこともあり、多摩サイまで30km/hでフンフン走る。

帰宅して
どうだ、前より走れるようになった実感があったろう
というと
今日はユックリ走ったから楽だったよ
だって。

結局面倒を見ているつもりだったのに、オヤヂのほうが面倒をみられていたか!
[PR]

by jake490 | 2014-09-06 21:27 | ハシる