空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2013年 09月 29日

アンカーサイクルフェスティバルの応援に行ってきたよ

Cannondale Owners Groupの面々が横浜の日産スタジアムで行われるアンカーサイクルフェスティバルに出場するので応援に行ってきました。

e0123825_22524488.jpg


夜勤明けで睡眠時間が足りないものの、ちょっとだけ朝寝坊して元気復活。
10時杉に家を出発。
事前にGPSに仕込んだルートをトレース。
多摩センター〜鶴川〜県道12号で小机といった鶴見川に沿うように走るルート。

地図を表示したままなので心拍が分からないが、漫然と走らずに負荷をかけてtレーニング走行するのが今日のポイント。
平地の走行目標は35km/hオーバーを目指して走るが実情は30km/hオーバーがいいところ。
それでも日産スタジアムまで1時間半で到着したのでマズマズ満足。

e0123825_22525196.jpg


人数多いスタジアムの中でメンバーを探すのに苦労するかと思いきや、いきなり知人と遭遇。
挨拶しつつみんなのいるところを教えてもらい、難なく合流出来ました。

流石皆さんオトナの対応で、誰かが音頭をとらなくても、テキパキとワンオブゼムをやってのける。
これがCannondale Owners Groupの素晴らしいところ。

疾走しない気楽で無責任な応援と少しは役に立ちたいとセンサーの取り換えぐらいのお手伝いをして、みんなのキラキラ輝く笑顔を見ながら時間が過ぎました。

e0123825_22525547.jpg



リザルトは3位入賞など、素晴らしい聖蹟でエンデューロ終了。

表彰式で勝利を分かち合いたいと思うも、表彰式の時間が遅い。
寝不足もあるので安全に日があるうちに帰宅したい気持ちから、表彰式を見ること無く帰路についた。

帰りもトレーニングモードで自分的にはかなりのハイペース。
水分補給や食物を捕ったりとしたので日没には間に合わなかったが、遠回りしても安全なコースを選択肢て帰宅した。

普段会えない方や、ネットで何度かお話させていただいた方とリアルミートしたりと、また人の輪を広がることが出来たのは何よりの収穫。

で、オマケの筋肉痛が始まった。
トレーニングになったようだ。
[PR]

by jake490 | 2013-09-29 22:55 | ハシる
2013年 09月 28日

和田峠練!?

あまり遠くに行く気になれなかったけれども、しっかり走った脚ごたえは欲しかったので、ふらり和田峠に出かける。

e0123825_18554033.jpg


初めて和田峠に登ったのは大学生の時。
50ccのオフロードバイクで、エンジンが悲鳴を上げながら登った。
当時は未舗装のダートだった。

それを今は50をとうに過ぎたオヤヂが自転車で息を切らせて登るのだ。
想像を絶するなぁ。

陣馬高原下で息を整えてからスタート。
どう漕いだらよく前に進むのか、
体の使い方は、とか
頭のなかも休む暇はない。

前回と違うのは坂の緩急の変化を感じることができたこと。
緩いときは速度をあげるように気を抜かなかったハズ。

だけど前回より2分も遅かった。
ダレた生活を送っていたツケは十分だ。

e0123825_18554512.jpg


峠の茶屋でコーラ休憩。
涼しくなった分タイムは短縮できるかな、というのは甘すぎた。
あわよくばルートを替えてもう一回登ろうなんて考えていたけれど、完全に心が折れた。
もうゴチですわ。
帰りは大垂水峠も越えるし。

e0123825_18554928.jpg


富士山の眺望ポイントに立ち寄ると、久しぶりの富士山が顔を出していた。
浅川CRから見えていたけれど、昼にもなれば雲が出て隠れてしまうこともままある。
日向ぼっこをしながら、富士山にまとわりつきながらゆっくり流れる雲を眺める。
心がホッコリ、緩んでくる。

藤野へのダウンヒルはウインドブレーカーを羽織って。
もうそんな季節になった。
とくにこの辺りは気温が低くなる。

e0123825_18555350.jpg


甲州街道に合流する頃には気温が上がり、汗がじんわり。
お昼すぎなので、コンビニで軽く食べてリスタート。
大垂水峠は回転で登ろう。

ケイデンス80を目処にして心拍をコントロール。
いかん。タイムを測りそびれた。
まあいい。今日の出来はよくないはずだ。

峠までの距離は長く感じた。追い込んでる。
焼け石に水だが、少しは体に効くだろう。

峠はそのままスルーして、ダウンヒルは脚を休めながらもクルクルまわす。

シメは八王子バイパスを信号ダッシュインターバル。
大和田橋までインターバルを繰り返し、脚はパンパン。
いい汗かいた〜

自宅までのあさかわCR はクールダウンで。
風は向かい風。汗が風になぶられ乾いていく。
青い空が高い。

走行距離は短いがシッカリとした脚ごたえ。
心地よい疲労感とともに空を見上げて帰宅。
[PR]

by jake490 | 2013-09-28 18:58 | ハシる
2013年 09月 23日

巾着田の曼珠沙華

e0123825_11141681.jpg


三連休明けに納期を設定したクライアントと営業を恨みながらガンガン仕事をこなし、なんとか最終日にフリータイムを確保。
しかしながら、自由な時間をゲットしたものの体と心はクタクタ。

もう、ひたすらゴロゴロしてたいです!
そんな気持ちを断ち切り、布団から体をひっぺがし、すくっと起ち上がれたのは?
そう、モチロン自転車のお陰です!

とはいえ自分で言うのもなんですが満身創痍状態、オヤヂは無理が効きません。
早朝スタートなんてもっての外。
家族とゆっくり朝食を摂り、あわてるまでもなく、準備をして出発。

きょうは、満開になったという情報をキャッチした巾着田の曼珠沙華を満喫しに。
いつものルートで奥多摩街道に出た辺りでようやく体が活性化し始める。
鳥肌が立つ程ではないが、半袖ビブショーツでは寒いくらいの陽気だが、体が温まってくるとこのくらいの気温が心地よい。

仕事が忙しくなると日常も食生活も不摂生極まりなくなるので、疲れ異常に体がダル重い。
徐々に心拍を上げ140キープペースで走る。
それだけでもちょっとキツイぐらいだったが、体が温まった今は程よい感じ。

e0123825_11142944.jpg


そのままのペースで連休渋滞の車を横目に巾着田に到着。
さすがに人出が多いが、それにもまして曼珠沙華の赤い絨毯が圧巻だ。
曇天にもかかわらず色鮮やかに目に突き刺さる赤。
去年花の時期をのがしていたので、その時同行した友人に、この景色をぜひ見てもらいたかった。

e0123825_11142529.jpg


確かこのへんにと、赤い曼珠沙華だけでなく白いものも咲いていたはずと視線を回すと、白い花に混ざってその交配種と思われるピンク系のものやクリーム色のものなど、亜種も咲いていた。
管理している方とお話をしたのだが、珍しい花は盗まれてしまうらしい。

色鮮やかな美しい風景の中にも暗部があるのだ。
残念な話である。

e0123825_11144213.jpg


入園料300円をケチるワタクシ、柵の外側からひと通り花を眺め巾着田を後にする。
R299を秩父方面にハンドルを向ける。
いつもなら顔振峠に登って奥武蔵グリーンラインを走るのだが、時既に12時を回っている。
正丸峠を越えて名栗に向かう手もあるが、今日はある意味回復走なので、ショートカットして天目指峠を越えよう。

e0123825_11144759.jpg


R299を左折して山に登り始める。
更に左に曲がると子ノ権現に向かうルート。
素直に名栗〜青梅と走りたいのでそのまま直進。

子ノ権現を分ける道から進むとにわかに勾配がきつくなり、GPSで勾配を見ると時折14%の勾配が現れる。
こんなに勾配キツかったっけ?
と自分の記憶の曖昧さを恨みながらノシノシ登る。

登坂が極度に遅いワタクシ、脚の筋肉の使い方、腹筋背筋(コア)、腕、少しでも効率よく登れるようにならんか、とチェックしながら登っていく。
なかなか回答が出ない、禅問答のようなヒルクライム。

植林の向こうに稜線が見え始め峠が近いことを教えてくれる。
スッカリ息が弾んで、でも心拍は170程度におさえて。

e0123825_11145182.jpg


峠に到着。
疲れた、というよりは心拍が上がって循環が良くなり体も気分もスッキリしている。
と同時に冷え込んできた。ここは寒い。
体が温まっているうちに降りようと下り始めると寒すぎるので、ブレーキをかけながら徐行で降りる。
路面も先日の台風のせいなのか、樹の枝などが散乱し、ウエットなので徐行ぐらいがちょうどいいのかもしれない。

名栗に降りると気温が戻り、寒さはなくなった。
こわばった体をほぐしながら進み小沢峠を登る。
ノロノロ運転、2人ほどのローディに抜かれたOrz
それでも禅問答クライムで峠を登り吹上峠までのゴキゲンなダウンヒルでアドレナリン全開。
実力以上のスピードで走れるのはやっぱり楽しい。
その勢いで吹上峠と青梅にはいる手前の坂を登りきり、根ヶ布のセブンでガリガリ君タイム。
飲み物休憩にしようと思ったのに、なぜかガリガリ君に手が伸びた。

そうするうちに小雨が降り出し、何も準備もしてこなかったのでちょっと焦る。
そそくさと食べ終わり走りだすとまもなく雨が上がった。

e0123825_111454100.jpg


羽村の堰から多摩サイにコースイン。
歩行者に気をつけながらののんびりペース。

疲労感が出てくるとおもいきや、どんどん体が軽くなり調子が良い。
気分もネクラ方向から逆転。
すこぶる爽やかな自分を取り戻した。
やっぱり自転車最高。

お昼はアンパンと牛乳だったので小腹がすいた。
自宅近くのコンビニでサンドイッチとヨーグルトを買って帰宅。

家についたらドッと疲れが出てきた。
やっぱり走れてないとダメなのね。
[PR]

by jake490 | 2013-09-23 23:12 | ハシる
2013年 09月 14日

松輪の鯖ライド!(三浦半島一周)

e0123825_20445380.jpg


今週もCannondale Owners Group (COG)の皆さんとライド。
三浦半島の先端部、松輪で根付きの鯖を食べに行くのだ。
ライド企画の下見のつもりでSNSで呼びかけたところ多数のメンバーが参加表明をいただいたのだが、週末の台風のお陰で日程が2転。
それでも日程のあうメンバー4人が同行してくれた。


八王子スタート/ゴールで走行距離が190kmを超えるライド。
朝6時過ぎに自宅を出発。尾根幹〜境川CR〜R16で横浜に向かう。
その道すがら、仲間と合流。
横浜までは下り基調なので踏まなくともスピードが乗る快速ライド。

e0123825_20452942.jpg


八時半に横浜に到着したのでみなとみらいをちょっぴり観光。

e0123825_20462174.jpg


朝の港は人影もまばらでいい感じ。

e0123825_20463136.jpg


山下公園で群馬から遠征してくてたメンバーと合流。
これから150km超走るというのにリラックススタート。

e0123825_20491824.jpg


横浜の街のどこかでお祭り。通りを山車が出ているが氏子さんの姿が少ない….かな。

e0123825_20475340.jpg


平坦で路面状態もいい。オマケに無風。
好条件で想定よりも若干ペースが上がり30km/h前後で八景島辺りまで。
横須賀の付近はアップダウンが加わり、心拍150を超えることも度々。
脚を使わないように抑えて抑えて。

e0123825_2048426.jpg


横須賀のベルニー公園で軍艦を眺めながら一休み。
男の子はこの手のモノをみるとなぜか萌える。
近くのコンビニで補給をし時計をみると浦賀の渡船の休憩時間に間に合わない。
久里浜にショートカットしてあとは海岸沿いを巡っていく。

火力発電所の丘を越えると目の前に海が広がる。
そして左手に穏やかな海を眺めながら、海を隔てて水平線に伸びる三崎の台地を眺めつつ淡々と走る。
止まれば暑いが走っている分には気持ちいいシーサイドライド。

金田漁港を過ぎていよいよ三崎の台地に登る坂を駆け上がる。
平坦に慣れた脚が肺が悲鳴をあげる。
登りはからっきし弱い自分。心拍180越え。
一杯一杯で登り切ると畑の広がる台地。
今は何もないが、だいこんやキャベツが植えられる広い台地だ。

e0123825_20492341.jpg


剣崎灯台にご案内。
自分の大好きなビューポイント。
南に広がる太平洋。東に東京湾を隔てて房総半島が見渡せる。
しばし海風に吹かれ風景を眺め、心と体を癒やす時間。

で、待ちに待ったランチタイム。
松輪漁港に降りて漁港内にあるエナビレッジの食堂「松輪」でサバをいただこう。

e0123825_20494720.jpg


三崎も近いので上質なマグロもいただける。
みんなで鮪の刺身をシェア。
コレも口の中でとろりとイイお味。

e0123825_2050811.jpg


今回のサバは贅沢にトロサバの炙り。
オーダーをいれてから油の乗ったサバを板長が捌いて炙って調理してくれる。
油が乗っているのにサッパリした旨み。
これは美味しい!
ホントに新鮮なサバじゃないとこれは出来ないと思う。
小遣い父ちゃんには贅沢すぎるお値段だが、この味だったら後悔はない。

e0123825_20502798.jpg


大満足のランチのあとはのんびりと。
風が全くないので止まった風力発電の下で一休み。

e0123825_2051119.jpg


海に来る機会が少ない群馬のメンバーに是非見ていただきたい城ヶ島のウミウの生息地の断崖。

e0123825_20511065.jpg


オマケに自分も初めての洞門を訪ねてみる。

すっかり観光モードだが、まだあと100km走らにゃならんのよ。

e0123825_20505616.jpg


所用で自分ら一行を半島逆回りで迎撃するメンバーから連絡をもらい、引橋交差点で合流。
一人のはずが待ち合わせポイントにはもう一人人影が!
なんと午前中の仕事を終えて横浜から駆けつけてくれたメンバーさん。
途中で偶然出会って二人で時速40KMペースで走って来たとのこと。
なんていう脚力。
それ以上にこうして迎撃してくれる熱き思いにほだされる。

合流した二人のメンバーを加え鎌倉方面へひた走る。
西に傾いた太陽が海をきらめかせ、島影のシルエットとのコントラストが美しい。
葉山を抜けて渚橋辺りの渋滞に悩まされつつ由比ガ浜のコンビニで休憩&談笑タイム。

e0123825_2051828.jpg


超レアなSperXdiscが2台揃うというマニア必涎のスナップショット頂きました。

鶴が丘八幡宮を通過する頃にはすっかり夕暮れが迫り、ライトオン。
それぞれのメンバーの帰宅地に合わせて笑顔と固い握手をかわし離脱していく。
熱い友情を感じる、楽しい時間を共に過ごせた充実感があふれるこの一瞬。
これがあるからCOGメンバーとのライドはたまらない。

スッカリと日が暮れて夜間走行になっても誰もにこやかだ。

真っ暗な境川CRを避けて必殺の抜け道ルートを案内してもらい、最後に残った仲間と握手。
「最高に楽しかった」
と言ってくれた一言で、ちょっと目頭が熱くなったよ。

一人になったら疲れを感じたが、これからまだ用事に時間が迫っている。
気合をいれて力を振り絞って帰宅。

走行距離190km少々。
久しぶりセンチュリーを越えて走ったな〜
体は疲れたけれど、心は元気いっぱい。
[PR]

by jake490 | 2013-09-14 20:43 | ハシる
2013年 09月 13日

64 横山秀夫

e0123825_15562996.jpg


綿密な描写の文章にドップリ浸かった。
クライマーズ・ハイにつづいて久々に横山秀夫の本、なかなか緊張感と激しい対峙に蹴落とされそうになりつつも読み続けた。
様々な葛藤を咀嚼して乗り越えていく主人公の有り様に、簡単に心が折れてしまう自分を叱咤する気持ちが昂ぶる。
痛快というわけではないが、地に足をついた力強さを十分に味わうことができた。
[PR]

by jake490 | 2013-09-13 15:57 | カンジる
2013年 09月 08日

Switch OFF! 何もしない何も出来ない日曜日

ウエザーニューズでは朝方弱い雨があるものの夕方までは曇り空の予報だった。
短い時間でもライドできればと、ウエアの準備をしてバイクの用意のために外に出ると、乗るにはちょっと厳しいほど雨が降っていた。
雨が降っていなければ、大垂水峠か和田峠にヒルクライム練をしようと僅かに気合を入れて履いたものの、肩透かしを食らってテンションダウン。

e0123825_22585054.jpg


再び着替えなおして図書館へ。
コンピュータ絡みの知識を補強すべく2冊の本を選び堰についてページをめくる。
気付くと睡魔に負けて寝ていたり、と締りのない時間。
それでも知りたかった事柄の大筋は把握出来たので良しとしよう。

走る気持ちが削がれたせいで、わずかにつながっていた活力が途切れたように疲労感と睡魔が支配する。

午後一で鑑賞したビデオも眺めているだけで映像が漏れていくようだ。
このままじっとしていると体が石のようになってきたので、サイクルショップにチェーンオイルとクリーナーを買いに行く。

脳に刺激を与えるべくいつもと違う道順でいくと、一本道を間違えた。
気持ちがしっかりしていれば迷うはずのないところ。

雨がぱらついているというのにサイクルショップは客で混んでいて、スタッフの手が空くまで品を眺めて時間をつぶす。
ようやく手が空いたので、アドバイスをもらいながらオイルとクリーナーを選ぶ。

いざレジという段になって、財布を開けるとお金がない!
朝、ライドするために別の財布にお金を入れ替えた古都をすっかり忘れてた。

苦笑いでごまかして、また明日買いに来る、と言葉を残して店を出る。
いったいなにをやっているんだか。

なにをやってもから振りのような手応えのなさと曇った感覚ではどうにもならん。


ふと、疲れているんだな〜、と自覚した。


やるべきことは山積みで、休みをいれながらダラダラやったところでこの感覚は治まらない。
休むときは完全に休むべきか……

眠るわけでもないが目を閉じて横になりすぎゆく時間に身を任す。
そんな日があってもいいのかな。
[PR]

by jake490 | 2013-09-08 23:04 | カンジる
2013年 09月 07日

デュラのチェーンは走行距離3000km

先日の牧馬峠〜宮ヶ瀬湖のライドの途中で発生したリアの数段にチェーンがかからないトラブルはチェーンの寿命とばかりおもいこんでいた。
その他に、小さな音ではあるが時折コツ、コツと…..
こりゃヘタすると OHになるかも……

e0123825_17394823.jpg


法事が思いのほか早く終わったので、雨が上がったスキを突いてYOUCAN八王子へ。
行く途中、チェーンは前回交換してから3000kmしか走ってないことに気付き、寿命というには早すぎるのではと、もろもろスタッフに伝えると、何のことはない、シフトワイヤーのたるみが原因だった。
ちょっと拍子抜け。
チェーンの寿命が来た時に起こるシフトトラブルにソックリだったので疑いもしなかったが、今後はシフトワイヤーにも気をつけよう。

コツコツ音は再現できなかったので様子見。
多分大事には至らないだろう。

8月は出費が多かったらから今は余計な出費は避けたいところ。
大いに助かった。

冬の行う予定のOHの時までチェーンが持てばイイなぁ。
と思いつつ帰宅後ザックリCAAD9のお掃除。
ワックスで艶のあがったフレームの輝きにちょっとニヤける自分である。
[PR]

by jake490 | 2013-09-07 17:40 | イジる
2013年 09月 03日

年季の入ったCAAD

ライドの帰り、あまりの暑さと、ちょいと相談があってショップに立ち寄った。
丁度その時にオーバーホールで入庫したCAAD8とご対面。
走りこんだCAADはその走りの歴史の分、力強いオーラをまとっていた。

e0123825_22353352.jpg



なんて言ったらいいのだろう。
痛みも顕になったその姿は走りこんだ証明そのもの。
オーナーは乗りまくって、メンテも施して、お互いに歴史を刻んできたに違いない。

自分のCAAD9、今年で5年目。
走行距離20000km。
まだまだこんなカッコさを醸し出すには若すぎる。
それなりに凹んだり傷ついているけれどね。
これからもっと走り込もう。歴史を刻むんだ。
[PR]

by jake490 | 2013-09-03 22:35 | カンジる
2013年 09月 01日

猛残暑の牧馬峠、宮ヶ瀬湖

先週に引き続きCOGメンバーとライド。
川崎のSさんとライドの告知をSNSでつぶやくとメンバーがたくさん集まってくれました。
埼玉のSさんは輪行で、なんと群馬から自走でBさん!
Bさんは大垂水峠までのお見送りだけでも200kmオーバー!!!

e0123825_1341544.jpg


朝からまとわりつくような暑さの中、四谷のセブンイレブンをスタート。
浅川CRから八王子バイパスを経て大垂水峠に向かう。

大垂水峠の登りにさしかかりフロントをインナーに落とすと、リアスプロケットの何段かにギアがかからない。
まだ大丈夫だと思っていたが、チェーンの寿命でギアが飛ぶ。
なんでこんな時に、と思うも後の祭り。
使いたいギアを選べないままの登坂、はきつく心肺に来る。
あっという間に心拍180。のっけから我慢を越える走りとなった。

e0123825_1344599.jpg


大垂水峠で群馬のBさんとはお別れ。これから自走で群馬まで。
大したものです。
残った僕らはそのままダウンヒル。
ペダリングなしのフリーフォールで快適楽ちんダウンヒル。

e0123825_135651.jpg


藤野の山中に入る前にセブンイレブンで補給するも、大量の水分を体が欲しているのがよく分かる。
スポーツドリンクを一気飲み、ボトルには水と氷をいれてリスタート。

e0123825_1354926.jpg


酷暑のせいもあるが、思いの外坂がたくさんのルートを選んでしまった藤野の山中。
前菜のつもりががメインディッシュのような登りをこなしていると、追撃予告の厚木のSさんが、前方より颯爽と現れ、一同大いに盛り上がる。
凄いな、牧馬峠を超えてきて、また牧馬峠を登り返すんだよ(@_@;

e0123825_1362363.jpg


峠に取り掛かる前にドリンク休憩をして、しばし涼んだあと、のんびりと牧馬峠にアタック。
勾配12%の標識からペダルがグッと重くなる。
キツイところで土石連れの工事中。これに阻まれて心折れそうになるが我慢我慢。
展望の利かない峠で一息つき、梶野へ一気に下る。
タイトなコーナー、接近した民家も有り、神経を使ったダウンヒル。
道志川の登り返しが脚にくる。

かつてYショップがあった場所で、一休み。
なんたって暑い。多めの休憩をとらないと熱でやられる。

長めの休憩のあと、ゆっくり小さな峠をこえて宮ヶ瀬湖に辿り着いた。

e0123825_1365631.jpg


ランチは「びんづる」で。
地元畜産のポークソテーをいただく。
塩分を欲している体に濃い目の味付けがとても有りがたかった。

e0123825_1373211.jpg


帰路につくと宮ケ瀬湖の温度計は35℃。
下界はもっと暑いはず。これは厳しいな〜
皆さんゴキゲンなダウンヒルの後の山越えで、元気がトーンダウン。

あまりの暑さと前日の仕事の疲労がかさなったNさんが体調を崩し、橋本で離脱。
残ったメンバーで淡々と遣水から野猿街道で集合場所のセブンイレブンに帰還。

ひょっとしたらお盆のころの猛暑より暑かったんじゃないかな。
先ずは事故がなくて何より。

大垂水峠から多摩方面の山間部を走りたいSさんの希望も叶ったし、何よりもみんなの笑顔が最高でした。
[PR]

by jake490 | 2013-09-01 23:03 | ハシる