空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 30日

「耳を澄ませば」ポタ本番!とアフター

COG多摩の企画で初めてのポタ企画。
通常の企画ではどうしても走る力がある程度ないと参加しても厳しいですが、走る力がない人でも楽しめるようにポタ企画を考えました。
と、堅苦しくいってますが、ときにはのんびりと景色を眺めて、気張らないで済むぐらいの食事をしてリラックスしたい♪ってことw
いいでしょ~

e0123825_9583616.jpg


地元のメンバーはさほど距離は走りませんが、遠方から参加したメンバーはポタのコースが目的地のようなもの。
楽しんでいただけるように、じっくりと各駅停車でロケ地をご案内しました♪
どんなところかは先の記事に写真を上げてあるので割愛させてくださいね。

e0123825_9591669.jpg


聖蹟桜ヶ丘駅からスタートしていろは坂、ロータリー、給水塔のある集合住宅などを回り、耳丘のロケ地の展望の良いところで集合写真を撮りました。

e0123825_9592359.jpg


ここから皆さんお待ちかねの百草園の坂にアタック!
脚のある方は颯爽と登っていきますが、私の場合はグリグリジリジリと。

e0123825_9593114.jpg


さすがに小学生のお子さんは無理(自転車も重いんですよ)ですので、押して登ります。
坂のアップダウンがおおかったルートでしたので、よく頑張ったと褒めてあげたいですね。


お楽しみのランチの時間が迫っていたのもありますし、もう走るのはこの坂一発でお腹がいっぱいになったので、胃袋をイッパイにすべくCOGメンバーが務めているレストランに行くことにしました。

e0123825_9593599.jpg


お昼を過ぎて薄っすらと陽が差して暑くなってきました。
雲がなければもう夏の日差し。

e0123825_9594157.jpg


ランチメニューをみるとどれも美味しそうで迷いましたが、ベネ丼をチョイス。
牛肉にサッパリピリリのソースが美味しかったです。
メインディッシュの前におかわり自由の焼きたてパンを頂きましたが、これも美味しくて、危うくメインディッシュ食べる前にお腹がいっぱいになっちゃうところでしたw

食後は何杯もコーヒーをいただきながら自転車談義を楽しみランチタイムいっぱいまでおしゃべりしちゃいましたね〜

e0123825_9594759.jpg


是政橋まで送ってもらい、ではこれで解散。というところで、帰り方向が同じメンバーに拉致されて
予想だにしなかった連光寺TTと尾根幹練というゴッツいデザートをいただくことに。

自分的には目一杯のペースで走りましたが、豪脚さんたちにはおいておかれ、尾根幹ではペースを維持できずに千切れるという…..

確か今日はポタだったはずよな、と頭をよぎりますが、そんなことが消え失せるほど、頭真っ白になって走りましたよ。

辛かった~ でも面白かった~


ぐりーんうぉーく多摩で皆さんとお別れして案内人の役目は終了~
スッカリと消耗してしまったので最寄りのコンビニに飛び込んでオランジーナを注入。
あとはマジのんびり走ります。

e0123825_9595262.jpg


尾根幹でちょっと遠回りしたので一山こさないと帰宅出来ません。
その一山をこすのがしんどいので、少しでもラクをしようと里山を越えるコースにエスケープ。
ペースはますますのんびりと

e0123825_1001348.jpg


田圃の稲が田植えの時から随分伸びて、小鳥が鳴いて

e0123825_1001763.jpg


林の中も鬱蒼とした雰囲気が増して湿度もたかく、空気が皮膚にへばりつくようです。
まあ、ゆっくりと走っているので汗をかくこともなく山を越えて

e0123825_1001945.jpg


もう一度コンビニで水分補給に立ち寄ると、軒先にツバメのヒナが、あと少しで巣立ちという感じでピーピー鳴いていました。

ああ、夏なんだな


体の力がいい感じに抜けてリラックス、クールダウンが出来たようです。


今日一日楽しい時間を過ごさせて頂いた皆さんに感謝。
心地良い疲労感に包まれて帰宅しました。
[PR]

by jake490 | 2013-06-30 10:06 | ハシる
2013年 06月 27日

気がつけば2万キロ走ってた

08年式の我がCAAD9、メンテ中にふとオドメーターを見ると20117kmを示していました。
多分「天空のポピー」の時に2万キロ越えをしましたね。
CAAD9に乗って走ったささやかな冒険の日々は宝物、胸の中にキラキラ輝いてます。

e0123825_1711430.jpg


週末の自転車活動だけで5年間2万キロというのはちょっと少ないのかな。
ならせば年間4千キロペースですが、手に入れた頃は年間5千キロ以上は走っていたと思います。
ここ最近の2,3年は仕事の状況も変わったせいが主な要因ではありますが、走行距離が伸びていないですね。
同時に走っていないから、走る力も随分落ちているような….
それに加齢も加わってちょっとがっかりな自分がいます。

ズルズルと走れない日々が続いているモチベーションも低空飛行。
これでは良くないな、と思いながらもズルズル。

そんなガッカリな自分、この2万キロを節にちょっと仕切りなおして気持ちを新たにまた走りだそう。


「走りたいんだろ」
「そう、走りたい」
「遠くに行ってみたいんだろ」
「そう、遠くへ行きたい」
「高く登りたいんだろ」
「そう高い峠から景色をみたい」

自問自答のなかに自分の本音が見えてきますね。
[PR]

by jake490 | 2013-06-27 17:03 | カンジる
2013年 06月 26日

永遠の0

「海賊と呼ばれた男に」引き続き「永遠の0」を読んでみました。
ミステリー小説のスタイルで、ある種、謎を解きながら読み進めると知らずのうちに目頭が熱くなる自分がいました。

e0123825_14552941.jpg


ストーリーはフィクションですが、小説の背景は史実を入念に調べあげており、先の大戦の史実を明確に描写しています。
神風特攻隊について、自分達には美化して伝わっていますが、この自己犠牲の行為が、一体何だったのか大いに再考させられました。
多様な捉え方をしましたが、その多くは為政者の都合がいいようにまた彼他の大罪を隠遁するように物語られた美化のしかただったことに憤りを感じえません。
戦争というのは国家の存亡をかけた最終的最悪の手段にもかかわらず指導部の必勝にたる精神が足りささすぎ、人命の軽視も甚だしい。
大義を背負うことができない上層部が命の危険のない所で空論的に作戦を進めているところにこうした悲劇が生まれるのです。

大義を背負い、戦果を期待できない死を約束された作戦に飛び立っていた若者たちの後ろに自分たちの時代が成り立っていると思うと、自分の生き方がいかに薄っぺらく弱々しいものに思えてきました。

今の時代を注意深く観察してみれば、戦時の暗部とおなじようなものが渦巻いているのがよくわかります。
世相に惑わされず、利害の思惑をかわして高徳な生き方をすることが、無くなった方たちへの報いになるのではと思いますし、戦争の大いなる反省になるのではないでしょうか。
[PR]

by jake490 | 2013-06-26 14:57 | カンジる
2013年 06月 23日

「耳を澄ませば」のロケ地と高幡不動の紫陽花

COGの初心者も楽しめるイベント企画として「耳を澄ませば」ポタを企画してます。
一回雨で流れて次の週末に走ることになりました。
もう何度か走っているところですが、案内人としてもう一度復讐しておいたほうがいいかと。
久しぶりにお日様がのぞいたので、体調は今ひとつだけれど、気持よく家を出ました。

e0123825_22434975.jpg


ロケ地は聖蹟桜ヶ丘駅からいろは坂と広域で、アニメを見た人には登場人物が現れるんじゃないかと思うくらいソックリ。

e0123825_22432329.jpg


最近になって自転車の乗るとき、上半身の使い方を考えてしまいます。
腹筋や背筋を意識して走ると、パワーに余力が出るようで、いろは坂を気持ちラクに登れました。
ロケ地の場所を確認するのにいろは坂を3往復しちゃいましたwが、消耗は少なめ♪

e0123825_22443321.jpg


主題曲のオリビア・ニュートン・ジョンが歌うカントリーロードは僕らの世代にはジョン・デンバーが歌うカントリーロードのほうがしっくりするんですよね。

鼻歌でカントリーロードとコンクリートロードをふんふんふ~んと歌いながらロケ地をめぐり、登りの緩い方から登るつもりだった百草園の坂なのですが、なぜか急なキツイ方から登りたい方々イッパイにつき、まあ、これもネタなので一発登ることにしましょう。

e0123825_22444541.jpg


相変わらず最後の坂が壁のよう。
MTBのフロントが浮くのを抑えながら登りました。

多摩ニュータウンの団地の丘陵地の山腹を舐めるように高幡不動まで。

e0123825_22445362.jpg


沢山というわけではなけれど露店がならび、人が適度に大勢いる賑やかさがなぜか和みます。
朝のほうが花は瑞々しさがありますね。
紫陽花は雨の日が美しいかも。でも雨の日は自転車乗りたくないし。

e0123825_2245018.jpg


e0123825_22451872.jpg


e0123825_2245840.jpg


e0123825_22452539.jpg


とか、雑念たっぷりで花めぐりをしているうちに、紫陽花の花の色の微妙さに心惹かれ、無心に散歩していました。

e0123825_22453450.jpg


たまには高幡饅頭でもと、お店を覗くとおばちゃんに、この時期の限定だから買って行きなよ、と紫陽花饅頭をすすめられ、素直にそれを買っちゃった。

お昼を回ってしまったので、今日はコレにて終了。

午後は図書館とCAAD9のお手入れでした〜
[PR]

by jake490 | 2013-06-23 22:50 | ハシる
2013年 06月 20日

有楽町で飲みましょう♪

5月4日に行われたCOGイベント「東京湾一周」その打ち上げ飲み会にいってきました。

e0123825_10111123.jpg


人が楽しみにしていることがあるときに限って、いろいろと突発的な仕事が湧いてくる運命の法則があるのでしょうか、慌ただしく仕事をなんとかこなし、定時の5時に切り上げます。

日常、電車に乗ることが全くないので、要領がわるいのもありますが、有楽町に19時はまにあわず、ちょっと遅れて合流。
店員さんに皆さんはこちらですよ、と案内されても、あれ!みんなドコ!?といつもの習慣でジャージ姿の集団を探してしまいますw
普段着だとわからないですね〜

e0123825_10105849.jpg


とりあえずビールで乾杯して、参戦。
自転車談義を肴に飲めるのはもう最高です。
話題豊富で飲みも進み、いい気持ちのほろよい。

週末に飲み会の時間をとれない自分にとって平日の飲み会はありがたく、初参加となりました。

嬉しいやら楽しいやらで、もう帰らなきゃ電車なくなる、という声をきかなければ、会は終わりにならなかったですね♪

まだまだ話したい人もこともたくさんあるのに時間が足りないっ!


しょっちゅうというわけにはいきませんが、こういう自転車をおりた自転車活動も人生を豊かにしてくれることは確かです。

いい人たちた巡り会えたじぶんは幸せものだと思いつつ帰路につきました。
[PR]

by jake490 | 2013-06-20 23:59
2013年 06月 18日

海賊とよばれた男

やっと下巻を読み終えた。
といっても。本を手にしてからはあっという間に読んじゃったけれど。

e0123825_18343655.jpg


男子たるもの、気骨のある生き方をしたいものだよなぁ。
女性の場合は女大夫というのかな。

あらためて自分の了見と言うか器、ちっせ〜〜なぁと空をあおいだ。
閉塞感を感じる世間だし、仕事環境もそう。
だからといって小さくまとまってちゃいかんね。
[PR]

by jake490 | 2013-06-18 18:35 | カンジる
2013年 06月 16日

大垂水峠練?!

土曜日は降水確率50%
COGのポタを企画していたのだが、雨天中止。
だが、当日になってみると、一旦は雲行きが怪しくなったものの雨は降らず。
午後には薄日がさすぐらいの天気になった。

ポタがキャンセルになったので、詰まった仕事を片づけに土曜日出社。
日曜の今日は朝には雨が上がる天気予報だったのに昼過ぎまで雨。
全く、天気予報が当たりません。


e0123825_20243343.jpg



家人に買い物を頼まれたりなど、家事で午前を過ごし、雨が上がった午後、少しは自転車に乗りたいな、っとイソイソ準備。
CAAD9で手頃な峠越えをして脚に活を入れるべく、大垂水峠に行っちゃおう。


e0123825_202441100.jpg



かなり湿度が高い。蒸してます。
体感温度は実温度よりも高いかも。
ケイデンスを出来るだけ高めに。平均心拍158 最大176。
もうちょい追い込もうと思ったら峠についちゃった。
ン〜〜〜軟弱。

e0123825_20244322.jpg


相模湖まで下って一服。
夕方に近づきつつある日差しが、哀愁を感じてしまう。
もう、週末の休日が終わってしまうのね、と。

復路はもうちょいがんばろう!
ケイデンス80ぐらいで平均心拍164、最大174。
レッドゾーンをキープしたいい走りが出来たのではないでしょうか。

峠を越えて八王子市街は、信号ダッシュのインターバルトレーニング。
フル加速して時速43kmほどをキープすることを繰り返す。
平均心拍は129だが最大心拍は200
オヂサン倒れちゃうとこだった。

e0123825_20244661.jpg


5時をすぎて夕方色に変わりゆく浅川CRをクールダウンで流して走る。
全力ダッシュしたあとの0カロリーコーラは美味いね〜
しみじみ飲みながらまだまだ走れてない自分の課題をいろいろと考える。
オヤジだが、まだ少しは伸びしろがあるんじゃないかと希望を新たに。
[PR]

by jake490 | 2013-06-16 20:29 | ハシる
2013年 06月 09日

法政MTBパーク ライド6・9

法政MTBパークの体験講習会に行って来ました。
月初めに開講される体験講習会は、リピートOKなので、基礎テクニックの無いワタクシにはとっても塩梅がいいのです。

e0123825_20462441.jpg


Cannondale Owners Groupの定例会?もうほぼ毎月行ってますね。
今回もお初のメンバー、親子で受講。
日頃MTBで走っている親子ですから、乗りこなしも上手い。
ポテンシャル高いです。

e0123825_20471467.jpg

e0123825_20474047.jpg


スラローム、一本橋、ハードブレーキング、八の字走行などを順調にこなしていきます。
ああ、楽しいなぁ。

で、本日の目玉的イベント、チャレンジステアケース!
一段クリアするごとに段を重ねて…….す、凄いぞ。

e0123825_20483242.jpg


e0123825_20485467.jpg


チキンなワタクシは3段でアウト。
Bさんは4段。
Tさんは5段(パークキーパーの方も失敗することがあるぐらい難しい!)
に挑戦、漢です。

e0123825_20493248.jpg


惜しい、後ちょっとの連続。
で再トライした時にヤバイことに!
大きな怪我に至らずに良かった。


用事のあるT親子はお昼に離脱。入れ替わるようにご近所のIさんが登場。

e0123825_20503265.jpg


e0123825_20505993.jpg


e0123825_20512687.jpg


トレイルロングコースを走ったり、フィールドで小技を練習したりと遊んでいましたが、だべっている時間のほうが長かったようなw

e0123825_2053345.jpg


今日が誕生日のBさんをラッテのジェラートでお祝いして本日のライドは終了。

体力がなくて、休んでばっかりだったけど、やっぱりクローズドコースは楽しいなぁ。
とはいえ、トレイルロングコースを何周も走れる体力が欲しいっす。

e0123825_2054640.jpg


やっぱり日々の精進ですね。
[PR]

by jake490 | 2013-06-09 20:56 | ハシる
2013年 06月 02日

天空のポピーを見に行く

COG埼玉のライド企画「天空のポピー」に参加してきました。
花の状態が良い朝のうちに鑑賞しようということで朝早い集合時間集合のライド。
自走圏内なので午前3時半に自宅を出発です。

e0123825_0305031.jpg


走りだし、4時を過ぎると空が群青色にかわり朝が近づいてくるのがわかる。
この時期の夜明けは早い。
最近、腹筋と背筋を始めた影響かペダルを踏み込んだ時にブレが少なくなったような気がする。
幾分力をかけられるようになったのか、回転させるのが軽い。
やはり体幹を鍛えるのは大事なんだと思う。
傾斜によって変化するが25km/h〜40km/hで走行。
6時過ぎには物見山に到着した。

グループライドの時は先頭を曵くのがほとんどの自分にとって、人の後ろを走るのはすごく新鮮だ。
平地ではドラフティングができるぶん、ラクに速度が維持できる。
また、視界が狭いので、走り方を学習しないと。

通称、裏松郷峠を健脚組にまじり登ってみる。
有間峠の時よりはコンデションは良かったのだが、あっという間に取り残され一人旅。
それでも心拍180を越えたところで頑張って登っているのだ。
途中で175まで落として登ったが、ヒルクライムが特に弱くなった。
これも何とか克服したいな。

e0123825_0315918.jpg


天空のポピーが咲く秩父高原牧場へ登りは短めだが傾斜がきつい坂が続く。
ここも脚力が同じぐらいの方と一緒におしゃべりをしながら登る。
心拍170ぐらい。
この心拍を維持しながらも話ができるということは少しは進歩の跡が見える。かなw
上り詰めたところで空腹感がやってきたので、牧場の生乳ソフトはちょうどよかった。

e0123825_035653.jpg


一息入れて山腹を下り、いよいよ天空のポピーとご対面。
盛りは過ぎたとはいえ、これだけ広い一面に咲いているのは見事というしか無い。
イカツイおじさん達が花を見て綺麗♡なんて言っている図はなんともしがたいが。

e0123825_036275.jpg


山を降りてカレー屋さんでお昼。
バターチキンカレーをオーダー。
マイルドでなかなか美味しい。 たまに本格的なカレーを食べるのもいいなぁ〜



このカレー屋さんに近所の酒造メーカーで吟醸ソフトを食べる。
練乳シャーベットに近いさっぱりした甘味。KO
カメラの調子が悪く撮影出来なかったのが残念。

e0123825_0375649.jpg


建物の前に酒を仕込むための井戸水が流れているので、みんなでボトルに詰めていくw
酒を醸造する水だけあってまろやかでおいしい水。
コレを飲みながら物見山公園まで戻るのだ。


埼玉の田園風景の中を行く道は、初見では覚えられない道。
でも風情があってとてもイイみち。
なのでゆっくり走りたいところなのだが、何故か徐々にハイペースに移行。
平地なのに心拍170
トドメの激坂3連発でKO

すっかり脚を使いきってしまったが、またここから50kmばかり走って帰らなければならない。
踏み込まず、リラックスした省エネなペダリングでのんびり走行スタイルで1時間に1回休憩をいれる形で帰宅。
すっかりグロッキー。
だけど、いろいろ勉強になったライドでした。


走行距離: 180km
[PR]

by jake490 | 2013-06-02 23:29 | ハシる
2013年 06月 01日

城山湖ポタ

長らく多摩地区に住んでいて、まだ一度も城山湖に行ったことがない。
モグリだw
城山湖に行くには何本かのルートが有るらしい。
とりあえず、その一本を選んでGPSにアップロードして出かけるみよう。

e0123825_18593256.jpg


梅雨の曇天で視界が悪いはずなのにまだ雪が残る富士山が見える。
だいぶ雪が溶けて、夏山の姿に近づいている。
午前中は息子と床屋に行ったりと所用をすませ、お昼を済ませてからののんびりスタート。

e0123825_190552.jpg


幹線道路を走ればスンナリと行けるが、車が少なくて、変化の多い道のほうが楽しい。
というわけで、多摩ニュータウンの丘陵地をトラバースするように走っていよいよ城山湖へのアプローチにたどり着いた。

e0123825_190521.jpg


住宅街を過ぎ、山の中の登りにはいると空気が少しひんやりして坂道を登る体には心地よい。
それなりに坂を登っているはずだが展望がきかないのでどれくらい標高を稼いでいるかもよくわからない。
ふと左手に神社が現れ、境内からの展望が開けていそうなので、一休みを兼ねてよっていみる。
すると結構標高を稼いでおり、津久井湖方面を見下ろせる。
なかなかいいじゃないか。

e0123825_1912492.jpg


ハアハアヒイヒイいっているうちに湖畔に到着。
曇り空の下ではあるが、少し涼しい風が吹いて、心地良い。
ちょっとしたヒルクライム。
ほどほどの登り。

e0123825_1915939.jpg


平地に接した山なので展望もなかなかだ。
もっと早くここに着てればよかったなぁ。
天気がよいときにまた来よう。

e0123825_193317.jpg


別のルートを下って麓のセブンで一休み。
アイスを食べていると店頭で売っているトマトが美味そう。
デイパックを背負ってくればよかったな〜
[PR]

by jake490 | 2013-06-01 19:04 | ハシる