<   2013年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2013年 04月 30日

7years

7年目…..ブログを書き始めたから月日が経った。
長いか短いか……堪え性のない自分にはよく続いたものだなぁ。

e0123825_13581585.jpg


これまで続けてこれたのは、やっぱり自転車に乗っているのが楽しくて、行先で出会った風景を写真に納めて、心のなかにその時の感情を再生しているからなのだろう。

ブログである以上、誰かに読んで貰いたい気持ちもある。
かいた日記を読んで共感できる人とコミュニケーションをとることが出来るのも楽しい。

が、基本的には私生活は書かないにしろ、自分の素直な心象を綴った日記として書いてきたから続けてきたし、これからも続けていこうと肩肘張らずに思えるのだろう。

シクロクロスのJakeから始まってロードバイクのCAAD9、そしてMTBのSL2と。
所有する自転車も変わり、行ける所、いきたい所も様変わり。

だけど、自転車に乗る動機は子供の時分に自転車でとなり町まで遠出にいったワクワク感と変わらない。

今の自分の体力、確保できる時間のなかでどこまで走っていけるのか、ささやかな冒険を繰り返してる。

だからマンネリなんかしないし、同じ所へいっても新鮮な気持ちで行けるんだよね。


会社の往復で20kmも走っているんだよ、と大層に思っていたボクが、箱根の大観山のてっぺんに立てるようになっている。

そんな自分を7年前は想像だにできなかったんだ。
[PR]

by jake490 | 2013-04-30 14:00 | カンジる
2013年 04月 29日

GW前半3連休の後半はメンテナンスと家族サービス

大観山に登ってきたダメージがジワジワ。
何もなければもっと自転車に乗りたいところ。
でも、体力ないなぁ。筋肉痛と疲労で体が別物のよう。
好きで乗ってきたのだから、家族の前ではケロッとしてサービス、サービス♪

e0123825_17252921.jpg


前回交換してから10ヶ月ほどか……
走行距離も大して走っていないのでヘリも少ないが、ゴムの劣化が激しく、サイドウォールの切れもあり、新品にタイヤ交換。
買ってから、もったいないので2回そのままツーリングしちゃったけれど5月4日にCOGの東京湾1周ライドに部分参加するので不測の事態は防ぎたい。

バイクは外置きだがカバーもかけてあるのでそうそう紫外線にゴムがやられるとは思いにくいのではあるが、劣化が早すぎる気がする。
これはコンチネンタル4000Sに限ったことではなくその前のビットリアもそうだった。

たぶん保管管理方法に問題があるのだろう。
だとすれば紫外線が一番の大敵なのだろうが、そのほかに思い当たる節を探してみると、空気圧の問題か。

体重が重いので規定マックスの空気圧で乗っているので、そのまま保管している。
それが悪いのかもしれない。
ライドが終わったあとに、エアを少し抜いてみるとするか。
とりあえず、6気圧でセット。
[PR]

by jake490 | 2013-04-29 17:26 | イジる
2013年 04月 28日

箱根旧道から芦ノ湖経由で大観山アタック

5時までに帰宅しなくてはならないリミット付きの190kmライド。
朝6時に自宅を出発。
よく起きれた、ココは自分を褒めてあげたいw

e0123825_852458.jpg


いつものルートで尾根幹〜相模原〜昭和橋〜厚木。
出発の時は息が白く見えるほど寒く、ウインドブレーカーを着てのスタート。
体が重く脚が回らないのは早朝のせいか。
焦らずにコンディションアップを待つ。

e0123825_861744.jpg


小田厚の側道を行くと富士山が顔を出す。
住まいの近くからだと白く冠雪した山頂付近しか見えないのだが、ここからだと山容のほとんどが見える。
やっぱり富士山はでっかい。

e0123825_873215.jpg


R1に入ると小田原までレゴンの3人パックの後ろを追従する。
ほぼ同じペースなので5車身ほど距離をおいて付いて行く。
ドラフティングの恩恵にはあずからず、ソロの走力で走り切りたいので。

小田原で人気の守谷でアンパン、これを食べたいと思いながらのがしてきた。
今日こそはと、頼りない記憶を頼りに小田原の駅前をウロウロし店舗を発見。
あんパンを1個買いバックポケットにしまって、いよいよ旧道アタックだ。

e0123825_891879.jpg


暫く走りこんでいない体で登れるか、一抹の不安を胸に三枚橋から坂に取り付く。
イキナリ急傾斜を登らせるハードさにビビリがはいる。
まあ、のんびりと行くから、なんくるないさー

e0123825_810215.jpg


えっちらおっちら気がつけば七曲りの入り口。
ゆっくり登っている分、傾斜のきついカーブの内側を走るという男前ののラインで意地を張る。

沿道にはシャガの花が咲き誇り美しかったが、脚を付きたくないので写真は我慢。
でもマストなビューポイントはしっかり止まって景色を楽しむ。

e0123825_8113852.jpg


e0123825_8123184.jpg


e0123825_8145493.jpg


ココを登りきればほぼ登ったのも同然。
お玉ヶ池の新緑。まだ山桜が満開。

e0123825_8152448.jpg


冷たい強風の吹く芦ノ湖湖畔に滑りこむ。
沸々と湧く達成感とこれからまた先大観山へのヒルクライムの緊張感で心が占領される。

e0123825_8175062.jpg


まずはあんパンを食べよっと。
ぎっしり詰まった餡、噂通り、庶民派の美味しさが広がる、ウマ~~~~

e0123825_8195956.jpg


e0123825_820356.jpg


e0123825_8223045.jpg


e0123825_823487.jpg


湖畔の気温は13℃、風が強く超寒い。
大観山までのヒルクライムで温まる。
ジリジリ標高を稼ぐに従って開けていく眺望にうっとり。
こんなに富士山が見えるのは初めて。

e0123825_8244964.jpg


大観山から湯河原までのダウンヒル。
初島から大島まで、これまたクッキリ見えるナイスなパノラマ。
なのはいいが、強風下、風で煽られてダウンヒルがコワイ。

e0123825_8254153.jpg


アベレージは下がってしまうがここは安全運転で。

湯河原から平塚までずっと向かい風。
左肩の筋が痛くて更にペースダウン。

ダラダラ走っていると、ヒュンと脇を抜いていくローディー。
はっと目がさめるようにスイッチが入りペースを持ち直す。

トレーニング不足を痛感しながらもなんとか八王子管内。
タイムリミットの5時を少し回ってしまったが、無事帰宅。

最後の30分はクールダウンで負荷をかけずに走り、プロテインも補給して老体を労る。
何日後に筋肉痛が出るか楽しみだw

e0123825_8275522.jpg


久々の190km、しんどかったけれど極上ライドでした。
[PR]

by jake490 | 2013-04-28 08:27 | ハシる
2013年 04月 25日

尾根幹インターバル練

長いトンネルのような残業続きが一段落。
まあ、残業しないで仕事を放り出して帰っちゃえば、という日もあったけど。
日のあるうちに帰るのは久しぶり。

e0123825_23535057.jpg


では、久しく走っていない連光寺〜尾根幹を行ってみよう。
会社を出発し多摩サイに出ると強烈な向かい風と横風のミックス。
ハンドルを煽られながら、90rpmでペダルを回すも、一旦向かい風になると80rpmに直ぐ様落ち込む。
それを見越したギアで風に耐えながら是政橋を渡る。

ココでライトオン。

左ひざに微妙な違和感を感じたので、ココは無理をせず80rpmキープで軽めのギア。
息を弾ませて尾根幹に登る。

尾根幹では登り坂でモガキをいれて下りで回転をキープしながら負荷を軽くする走り方でのインターバル練。

日々の鍛錬の蓄積がないことがバレる瞬間だ。


週末、ロングライドに出かけたいので、体に活を入れればイイ。
というのが目的だからあまり追い込むこともなく終了。
過度の疲労が残らない程度に刺激を与えられたんじゃないかな。

堀之内からはクールダウン。
中央大学の坂を登って帰宅。


39km
[PR]

by jake490 | 2013-04-25 23:54
2013年 04月 23日

25gのCO2

CO2インフレーターのボンベは普通16g。
ロードの細いタイヤようなのだろうけど、じゃMTBだと容量不足じゃない?
と思ったら25gのボンベが販売されているんですね〜

e0123825_22264577.jpg


ショップスタッフの説明だと26inのタイヤに4気圧ぐらい入るらしい。
29inだとほぼ適正気圧になるのかな?多分そうだろう。

MTBで出かけける時も、ロード用の高圧対応携帯ポンプだから、いざパンクとなったら、気が遠くなるほどポンピングしないと空気が入らなんじゃないか。
トレイルでパンクしたらえらいこっちゃ~
なので、MTB用の高容量タイプの携帯ポンプをと調べてみると結構なお値段。
厳し〜のう。

でもこの25gボンベで一気に問題解決♪
携帯ポンプは圧力調整出来ればいいくらいだからロード用でイケるんじゃないか。

それにジテ通、特に出勤時、もしもパンクしたときは手早いリペアができるし。
[PR]

by jake490 | 2013-04-23 22:27 | イジる
2013年 04月 20日

法政MTBパークでライド

先月に続いて法政MTBパークに行って来ました。
初心者の域を抜けない自分、体験講習会に再度参加です。

e0123825_442539.jpg


先月に続いて法政MTBパークに行って来ました。
初心者の域を抜けない自分、体験講習会に再度参加です。


今回の体験講習会には、先日、有間峠にご一緒したAさんも参加。
Aさんはい週間前にF29_1を手に入れたばかり、バリバリの新車で登場。
MTBを買ってすぐにトレイルを走れるなんて最高に幸せですよね。


e0123825_452285.jpg


そして、ご近所のIさんもF29_2で颯爽と現れ、早速F29乗り同士の情報交換。
もしかしたら遊びに来ると言っていたMさんも現れて、もう俄然楽しくなってきた。


体験講習会のプログラム終了後、Mさんにパンプトラックの走り方を教えてもらう。
頭ではわかっていても動かないからだにヤキモキしながら数周回。
ペダリングなしで周回するテクニク、開眼しました!!!
次回ここを走る時まで体が覚えているとイイな〜
[PR]

by jake490 | 2013-04-20 23:02 | ハシる
2013年 04月 13日

有間峠にアタック!!

住む街の桜の季節が逝き、新緑もこれからが本番。
もうそろそろお山に走りに行きたくなってきた。
日頃の不摂生が蓄積された我が肉体。ヒルクライムに耐えられるのだろうか。

e0123825_1383131.jpg


COGメンバーのAさんと八王子の道の駅で待ち合わせ。
冷たい空気が流れ込み、長袖ジャージにウインドブレーカーを羽織ってここまでやってきたが、脱ぐと肌寒い。

e0123825_139485.jpg


多摩サイを羽村の堰まで遡上すると、チューリップ祭りをやっているのではないかと思い付き、ふらっと立ち寄る。
開けると、畑一面にチューリップが咲き誇り、華やかな色彩が目に入ってくる。
オヤジ二人で花をみて美しいと感動している絵は第三者から見てどう映るかわからないが、綺麗なものは綺麗なのだから仕方がない。
とりあえず、「チューリップってきゃわゆ〜い」といっておくw

e0123825_1392916.jpg


東青梅から北上し名栗に向かう。
青梅から離れたとたんに山村風景が広がり、この長閑な風景にはいつも癒される。
この地域は寒冷なのか季節が一歩遅い。
葉桜となりつつかるが、街道筋の桜と山間の山桜が美しい。

e0123825_1395970.jpg


心臓破りの小沢峠を乗り越えて名栗。
そして有間ダムの登りでもう脚が終わる。
息を切らして望む名栗湖とその向こうの山塊。
その稜線の一点が有間峠。

e0123825_13102415.jpg


ダムから見下ろす風景を眺めながら息を整え、新緑と桜のピンクに目を奪われ、いつしか体力回復。

e0123825_13103946.jpg


山に入る前にプチ腹ごしらえ。
この地の郷土料理「しばづと」をいただく。

e0123825_1311143.jpg


ちょうど出来立てということで朴葉を開くとほんのり湯気が立ち上り、食欲をそそる。

e0123825_13112421.jpg


e0123825_13114486.jpg


すっかり回復し気持ちも新たに湖畔を走り有間峠に向かう林道に入っていく。
さらに気温が低く山桜がちょうど満開。
いいタイミングでここを訪れたかもしれない。

e0123825_13121141.jpg


マイペース、心拍160bpmを目安のペースで坂を登っていく。
風が強くなっていたのか、雲の流れが早いような気がする。

e0123825_13123553.jpg


実際は気温が低いのだろうが日差しがあるので暖かく感じる。
だが、一度風に吹かれると急速冷却されるのがちょっとつらい。
そんなヒルクライムも標高を稼ぎ展望がひらけるようになるとテンションアップ。

e0123825_1313798.jpg


ここまでくれば後はダラダラ登り。
Aさんとおしゃべりしながら峠に到達。
約1時間半のヒルクライムだった。

すぐ足元に名栗湖、目を遠くに見やれば西武ドーム。
まったくここからの眺望は素晴らしい。

e0123825_1313335.jpg


荒れた落石だらけ、土砂もかぶっているところもある、しかも舗装工事途中の砂利道あり、といったロード泣かせの林道を慎重に下ってお昼はターニップ。

e0123825_13135893.jpg


今日は焼きカレーをオーダー
冷えた体にスパイスがきいて温めてくれることを期待。
熱々ウマウマのカレー、期待通り体があったまる。

e0123825_13144527.jpg


お腹が膨れて幸せになったところで、のんびり復路の小沢峠越え。
さすがに脚に来ている疲労感、登れない登れない。

青梅市外に入りレトロな通りにある赤塚不二夫会館の前でバカボンのパパにご挨拶〜
んで、2ショット。

e0123825_1315286.jpg


おとなりのシカゴチキンで塩から揚げをおやつでいただく。
揚げたてを頂いたので熱々ウマウマ。
ここに来たら立ち寄ることはマストです(^_^)v


お昼目から吹き出した風が強風に変わり、冷たい向かい風となった多摩サイを羽村の堰から八王子へとのんびりはしって帰宅。

家に着く前にバテバテになって甘いモノが食べたくなってしまい、コンビニでアイス。
相当疲れとるなぁ。
ウイダープロテインを追加してクールダウンしながら帰宅。

久々の獲得標高2000オーバー。
炬燵で寝落ちしてしまいましたw
[PR]

by jake490 | 2013-04-13 23:07 | ハシる
2013年 04月 09日

これからは自転車に乗った時だけスイーツを食すなり!?デキルカ!!

ジテ通で行き帰り合計37km。
帰りは獲得標高420mの坂道を回転で登る夜練。
なので、喉の渇きと空腹を解消する、幸せのアイスを食した。

e0123825_2313577.jpg


残業続き=自転車に乗れない….で、仕事+自転車に乗れないストレス….
んで、ストレス食い+運動不足

結果、肥満まっしぐら…….

折角体重減少傾向にあったのにココ数ヶ月で一気に増加方向に方向転換 Orz



いつもというわけじゃないが、よく食べるスイーツを断!!
自転車に乗った時だけスイーツを食べてもイイことにする。

これで自転車に乗るモチベーションも上がる、という本人の弁。ホント。
[PR]

by jake490 | 2013-04-09 23:15 | ジテ通
2013年 04月 07日

CO2インフレーター

なんとはなしに敬遠してきたCO2インフレーターとボンベ2本を購入してきました。

ライドするときは余計なものは持ちたくない、持たないのがポリシーなのですが、持つことで得られるメリットを享受できる心情にようやく至り……
なんぞと、ややこしいことを言っていますが、実際に使っているのを見て、単純にこれは便利!楽チン!!と感動したのです。

e0123825_18301072.jpg


今まではCO2インフレーターを持っていても、保険としてハンディポンプを持っていくのなら、結局CO2インフレーターはお荷物じゃん、ボンベ重たいし。
というのがこれまでCO2インフレーターを持たなかった主な理由。

ハンディポンプでシコシコやるわ、とは言っているものの、実際パンクしてしまうと、実に厄介で体力勝負の空気入れ。
結構クタクタになっても十分な空気圧に至らず、まあ、こんなもんでいいや〜と妥協してきたのが実情。
腕力ない上に、五十肩だし、根性ないし…….そんな現状の今、CO2インフレーターを検討してもイイな〜と思ってしまうのはある意味自然な流れのようなw

ソロツーリングで時間を消費してしまうのはしょうがないとしても、グループライドだとロスタイムはそうも言っていられない。
パンクからのリカバリーは早いほうがイイですね。
[PR]

by jake490 | 2013-04-07 18:31 | イジる
2013年 04月 06日

多摩ニュータウン里山MTBポタ

今年は桜の花が例年以上に早く咲き、そして散りゆく。
本来なら今頃が満開の桜が楽しめるはずだ。
多摩ニュータウンの里山に詳しいGさんにCOGの里山お花見MTBポタのコースを設定してもらったのだが、イベントとして走るにはタイミングを逃してしまった。

お花見ライド企画は来年に持ち越しだけど、花ちらしの嵐が来る前に逝く桜を見送りに試走を兼ねて走ってこよう。

e0123825_16491752.jpg


スタートは南野のセブン-イレブン。
町田方面に丘陵を下り始めてライドが始まる。
GPSに入力したコースをトレースしていくと、風景は一気に街並みから里山に変わる。
萌え始めた里山の木々と桜のコントラストが美しい。

e0123825_1650125.jpg


満開の頃だったらいかに美しかったか想像するだけでワクワクしてくる。
まさに桜を愛でながら足を止めて春を満喫するライドになったはず。

e0123825_16505993.jpg


e0123825_16512625.jpg


素晴らしいコース設定にうなりっぱなし。
いつになく足を止めて景色を眺める時間が増えていく。

e0123825_1652851.jpg


多少なりと走ってことのある地域ながら、知らないルートが沢山あるもんだ。

e0123825_16525167.jpg


里山独特の長閑なトレイルを行く、この心地よさがたまらない。

e0123825_16534686.jpg


e0123825_1654329.jpg


e0123825_1654255.jpg


桜の木が多く植わっているトンボ池。
桜はほぼ散ってしまってるが、その花の名残が風に舞、道に色づける。

e0123825_1655661.jpg


鶴見川の源流でこんこんと湧く水を眺める。
風が強い。
午後遅くから天気が崩れるという予報が妙にリアルな空。

e0123825_16554895.jpg


e0123825_1656786.jpg


坂を登って尾根緑道に出ると、ここは桜並木。
葉桜に混ざって八重桜が見事に咲いている。
ここをゆっくりゆっくり走っていくのだ。

e0123825_16564216.jpg


桜を愛でたあとは美味しいパンをいただこう。
向かい風の中、図師に下って今回がお初のベーカリー「エピソード」

e0123825_16573821.jpg


沢山種類豊富なパンに迷うがアップルカスタードをセレクト。
シロップ漬けのりんごがまるまる一個、その中にカスタードが入っている。
んん〜〜〜美味し!!
この辺りの里山トレイルを走ったらまたここによってみよう。

e0123825_16581944.jpg


グルっと回って南野のセブン-イレブンに戻ってきてほぼ2時間ぐらいのライド。
桜を愛でながら里山を巡る素晴らしいコースだった。
また桜の季節がきたらぜひココを走りたい。
[PR]

by jake490 | 2013-04-06 17:01 | ハシる