空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2013年 02月 24日

休日出社でT山公園からHD山トレイル

昨日会社からトラブルで出社要請メールを着信。
トラブルでなくてもやっつけなきゃならない案件があるので出社する予定だったんだけどね。
単に仕事が増えちゃっただけだけ。
と、受け流そう。

e0123825_1883970.jpg



慢性的寝不足状態につき、ずっと車通勤だったのだが、今日は日曜日だし、自転車乗りたいし
自転車通勤を断行。
できるだけ早く仕事をとっとと片付けて近場のトレイルを楽しもう。
そう思うとワクワクしてくるじゃない。
すっごい久しぶりに府中四谷橋を渡る。向かい風が冷たい。

e0123825_188445.jpg


多摩川越しに富士山がクッキリ。
まともに自転車に乗っていなかったから、ケイデンスは上がらないけど息が上がる。
何人かのローディにパスされるが、追う気も起きない軟弱ぶり。
確実に劣化しちゃっている。
しょうがないよね。練習は嘘をつかない。だって走ってなかったんだもの。
気を取り直し、ケイデンスを高く維持できるようなギアでクルクル。

e0123825_1884791.jpg


多摩川を離れ、会社に付く前に、ちょこっとトレイルを走ってみる。
山に入るのには、まず階段を担ぎあげなくちゃならん。
ぎこちなく重そうにMTBを担いで階段を登っていると、上から降りてきた人に、たいへんだねぇ、と言われ、すっごく大変です、と素直に答える自分。
このくらい全然へっちゃらで〜す、って言える若さがないのがちょっと悲しくなった。
ハートも鍛えなくちゃネ。

行ったことなのい枝道、枯葉のたっぷり堆積したトレイルを走って、いったいどこに出るのかな〜
と思ったら、会社にアクセスしやすいところに出た。
超ラッキー♡

e0123825_1884981.jpg



ガンガンゴンゴン仕事をこなし、予想以上に仕事が早く片付いた。
もうこれは走りに行くしか無いでしょう。
不順な目的があると仕事の効率が上がるようで。

T山公園の未踏のトレイルを探しながらウロウロ。
山の中は温かいが、木の上の枝を轟々音を立てながら風が通り過ぎていく。
枯葉の絨毯の上をフカフカもぐりながらスタンディングでルートファインディング。
日差しがヌクヌク、のどかだな〜

e0123825_18852100.jpg


一本山奥へと続くトレイルがあったので、ビビりながらもそれに侵入。
枯葉の下は霜が溶けてぬかった土。滑りますねぇ。
降りたり乗ったりしながらヒョッコリと展望が開ける。
多摩川を見下ろす崖の上のビューポイント。
いつも見ているところより崖が切り立っているので眺めが抜群。
今度来るときはここでコーヒーを淹れよう。

e0123825_1885766.jpg



T山公園を離れ、秋川沿いの農道を走ってHD山のトレイルに向かうと、倒木が道を塞ぐ。
いきなりこれだ。
でもこの道は、廃道ぽい雰囲気で、何も手が入っていない雰囲気だから荒れ放題なのかも。
まあ、ワイルドでよろしい。
と、避けて通れるからのんきなことを言っているだけなんだが。

e0123825_189212.jpg



と、点在する住宅の脇を差し込むようにHD山のトレイルが始まる。
このトレイルは古道で、途中馬頭観音が祭ってある。
が、半端無く鬱蒼としていて、夏草が生えているときは走るのが容易じゃない。

ふと巨木の前で立ち止まり空を見上げると、木が空をつかもうとしているようにみえる。
生命力を感じるな。

e0123825_189530.jpg



両脇から笹が伸びて道を狭くするが、里山の稜線に出るあたりからグッと広くなる。
馬頭観音がなかったら道を間違えたかもしれないと不安になったろう。

稜線のアップダウンをこなしながら、いい汗をかく。
自分のライディングスキルからすれば、チャレンジポイントとなる坂が何箇所か。
次回ここに来るときには、なんとか乗り切りたいなぁ。

e0123825_1892139.jpg



程よく疲れたところでトレイルは終了。
山を降りて秋川を渡る。
結構体力を使った。脚や腕がパンパン。
冷たい北風が汗をかいた体には冷たすぎる。
暖まるために、ペダルをグルグル勢い良く回す。

e0123825_1892494.jpg



北風を遮る日当たりが良いコンビニの店先でランチ。
おにぎりを食べ終わった頃合いにカップ麺が出来上がる、絶妙のコンビネーション。
ヌクヌクと日差しを浴びているうちに緊張感もほどけていく。
一口食べるごとに空腹感が湧いてくる。

食べ終わったら少し休んで居たかったけれど、風張峠帰りらしいローディのグループに場所を譲って帰路につく。
帰りは追い風と横風のミックス。
所によっては35km/hオーバーの巡航をマーク。

途中、図書館で本を返却&予約した本を受け取り帰宅。

久しぶりにまとめて走れた充実感に満たされる。


走行距離 61km
[PR]

by jake490 | 2013-02-24 18:17 | ハシる
2013年 02月 23日

夕暮れ散輪

日没までの短い時間、散歩、いや自転車だから散輪!?に出かける。

e0123825_18511258.jpg


用事を片づけたり、読書をしたりと、家の中で過ごしていたのだが、妻からすれば自転車に乗らず家にいることが変に見えるらしい。
くっつきすぎれば鬱陶しい、でもいなければ寂しい。(寂しいと思って欲しいw)
そんな絶妙な距離感が大事なのだね。
自転車にのってくればいいのに。
と、もう日が暮れるのに外に出されてしまった。

e0123825_18515783.jpg


どこと行く宛もないので、とりあえず、山に登って夕暮れの街を見下ろす場所へ。
富士山の方角は雲に覆われているが、奥多摩の山は暖色のシルエットになって街の背景を囲みこむ。
そこそこ急傾斜なので息を弾ませて眺めているのだが、心はジンワリ和んでくる。

e0123825_18523628.jpg


携帯に仕事メールが入る。
こんな時に仕事のことは考えたくないね〜
と、横田基地から飛び立った飛行機を目で追う。

確かに妻がいうように自転車に乗れてないよね、最近。
まあ、いろいろあるのだよ。ボクにも気持ちのモンダイというやつが。

でもね。
こうして自転車に乗ると、いいな〜と思うんだよ。
[PR]

by jake490 | 2013-02-23 18:54
2013年 02月 22日

ORANGE EXPRESS, MY DEAR LIFE Sadao Watanabe

80年代、FM放送で渡辺貞夫のマイディアライフをよく聴いていたことを思い出した。




渡辺貞夫、御年80歳。
未だに現役のJAZZプレイヤー。
[PR]

by jake490 | 2013-02-22 00:53 | 動画
2013年 02月 17日

N池公園まで

具合が悪かった妻の体の調子が落ち着いてきたので、一安心。
とはいえ、ろくな家事の手伝いは出来ないものの何かの手助けはできるだろうと外出は控えていたのだが、家事をするにはどうやら足手まといらしい。
というわけで、お使いがてらポタに出かける。

e0123825_16205340.jpg


いずれにしろ、右膝に違和感があって、ロングライドやトレイルに出かけるのは不安があったから、ポタリングぐらいが丁度いい。

昨日の強風が残っている寒々しい外も、一度里山に逃げ込んでしまえは、しのげる寒さ。
か弱い太陽が曇り空から透けて光を届けるが、温かみを与えてくれる程でもない。

e0123825_16215476.jpg


里山の山腹を縫うようにタイトな遊歩道をゆっくりとバランスを取る練習がてら谷戸に向かうと、
湧き水の源である池は凍りついていた。
今朝の冷え方も厳しかったからなぁ。
思わず体が震える。

e0123825_16231281.jpg


トシをとると平衡バランス感覚が鈍くなる…..のか、平衡バランスをとるような運動をしていなかったせいなのか……
自分のリアルはバランスをとるのが鈍い。
登りのタイトターンなど、脚付きをせずにクリアできるように重心バランスを意識して何度か繰り返して走ってみたり。
そのうちに体が温まり、なんとなく重心の位置が見えてきたような気がしたところで一息いれる。

e0123825_1625391.jpg


膝の具合もそう悪くないのでN池公園まで脚を伸ばしてみよう。
風も和らぎ、里山から街に出てもそう寒くない。

日曜日の公園はまばらに幼子連れが散歩していて和やかだ。
もう少し、温かくなり春が来たらさらに和やかさが増すのだろうなぁ。

e0123825_16264811.jpg


さて、奥まった凍てついた池のたもとでコーヒーを淹れる。
良い香り。舌に触れる苦味が程良い。
コンビニで仕入れたスコッチケーキを少しづつ口に運びながらビター&スィートを楽しんだ。

e0123825_1628913.jpg


のんびりするには寒すぎるので、コーヒータイムはホドホドに切り上げて走りだす。
一本トレイルが里山に向かって伸びているのでハンドルを向けた。

ローギアでのんびり。
溶けた霜がぬかるんでいいコンディションとはいえないトレイルを進む。
気がつくと空は晴れて陽光が注ぐ。

コココココンとリズムよくコゲラが木を突く音が聞こえるのだが姿が見えない。
耳を澄まし、目を凝らしていたのだがどうも見つからない。
じっとしていると小型の野鳥も姿を見せたりするのだが。
ん〜〜残念。

e0123825_1629577.jpg


里山を離れ、尾根幹にでると、ポツリポツリとローディが脇を追い越していく。
それに動じることもなくMTBの心地良いスピードで歩道をいく。

小山を越えて我が住む街へ戻るのだが、これだけ晴れれば見えるだろうと、また里山に向い尾根に登ると
やっぱり姿を見せましたよ、富士山。
ポタのシメはこの眺め。
ここでコーヒーをいっぱいやりたいところだけれど、もうお使いタイムなので今日のポタはこれにて終了。
これでも20kmほど走れたなぁ。
[PR]

by jake490 | 2013-02-17 16:31
2013年 02月 16日

走ることについて語るときに僕の語ること

村上春樹の本は読みやすいのだけれど、なんやかんやで随分読むのに時間がかかってしまった。

e0123825_2015246.jpg


著者のランニングを中心としたライフスタルについて淡々と書かれているのだけれど、やはりそこには、年数をかけてきたエッセンスが閉じ込めらていて、やぱりそうだよね、と思わず頷く。

小説家という仕事の中で走ることについて走るという行為の位置づけが、創作活動のみならず、生き方のなかでプラスに働いてゆくのが、押し付けがましくなく語られてくることが心地よい。

等身大の自分をみつめながら、新たな領域に一歩踏み込んで行こうとすること。
力まずに淡々と続けること。

と、そうありたい気持ちにそっと肩を押してもらえた。
[PR]

by jake490 | 2013-02-16 20:03 | カンジる
2013年 02月 13日

ショップのコミュニティ

どんなお店でも常連さんがいて店と客との太い繋がりを持っている。
得てしてその親密さは金銭の伴わない友達関係のように思えるが、また個人によってはその人徳で非常に親密さを増すこともあるのだけれど、基本的にはお店という営利関係の上に成り立っているのだから、そのお店に利益をもたらす客としての立ち位置にあるのは常識的なこと。
サービスを受ければその対価を支払うのは義務とまでは言わないが、お互いに良好な関係を維持するためのマナーでしょう。

e0123825_17261524.jpg


なので、出入りはしているし、それに対価を落とすメインのショップではあるけれど、それほど金額を落とせない小遣いトーさんとしては、常連さんのように馴れ馴れしくせず、良い感じの距離感で息の長い付き合いが出来ればいいと思っている。


走行会に参加しませんか?

と、幾度か誘われた事がある。
日程がなかなか合わないことが主たることだけど、ショップとの距離感を保ちたい気持ちも無きにしもあらずな日々。
が、ここに来て、自分の世界を広げてみたい気持ちがもたげてきた。
というわけで

走行会に参加したいのです。

と申し出てみた。
が、ちょっと様子が違った。

ショップスタッフが無償でアテンドするので、そのかわり買い物はウチで…..
でなければ、遠慮して貰いたい、というような趣旨説明を聞いた。

う〜む。
ちょっとした抵抗感。
まあ、正直、他店に行って買い物をするし、ネットで買物もしたことがあるし。
でも、値段が大して変わらなければメインのこのショップで買っている。
ここで金銭を落とすのは別にいいのだけれど、ちょっとこれは違うような気がする。

そういう趣旨ならクラブ費をとって運営してもらったほうがいい。
参加する方も走行会の趣旨に即した目的意識を持って参加できる。
クラブ費は払いますが、こういうサービスを受けられますよ。
というほうが、良心的な評価をもらえるんじゃないかな。

ウチで自転車を買ってもらったお客様へのサービスとして..とか、自転車の面白さを伝えたいとか、スポーツとしての裾野を広げたいとか、の題目を唱えながらの走行会で営利を欲しがるのはボクには狡く見えてしまう。

そんなことを言わなくても、お店にお世話になるなら、それなりに対価を払う、常識的な顧客を走行会に誘うのがよろしかろう。

たとえ走行会がショップ側のボランティアだったとしても、そこに集まるのは売り手と買い手である以上、需要がリサーチできるわけで、それならウチで手に入るよ、とか、これ、いいでしょ〜と需要を喚起できる場になるのだから、そこで経済が働かないことはありえない。


せっかく走行会に参加しようか、と思った矢先に出鼻をくじかれちゃったなぁ。
[PR]

by jake490 | 2013-02-13 17:28
2013年 02月 12日

Audirvana Free

Klipschのイヤフォンをプレゼントで貰って以来、就寝前の音楽鑑賞の時間が豊かになった。
炬燵で温々しながらウイスキーを含んで聴く音楽は格別だ。

e0123825_9462179.jpg


自宅ではMacBookのTunesで聴くのが弁が良いのだが、せっかく高性能のイヤフォンがあるならば、ここは高音質ミュージック・プレーヤーで聴いてみたい。
ソフトウエアでここまで違うのか、と思うほど音質が変わる。
楽曲の見通しが良くなったようなサウンド。

http://code.google.com/p/audirvana/downloads/list

Audirvana is an audiophile player for Mac OSX.
No equalizer, no trendy special effects, just the music
•Native playing of FLAC, libSndFile (WAV, AIFF, ...), ALAC and other quicktime formats (AAC, MP3, ...)
•Direct sound path, directly to the CoreAudio HAL for pure bit perfect sound
•Audio Device exclusive access mode
•HAL I/O using DAC native physical formats "Integer Mode" (instead of CoreAudio 32bit float)
•Automatic sample rate switching
•Up/Oversampling capability
•Plays completely from memory
•Tracks are loaded, decoded and sample rate converted in a memory buffer before being played
•Minimizing CPU and hard drive activity to lessen sources of interference
•Gapless playback by using a double buffering mechanism (playing track and next track)
•Transparent split load for loading tracks of any size
•Background tracks loading/decoding (including sample rate conversion)
•Playlist (m3u & m3u8 formats) load/save
•Handles Apple IR Remote
•Automated updates downloading (using Sparkle)
Currently works on 10.6 & 10.7 Intel Macs with any CoreAudio compatible DAC
[PR]

by jake490 | 2013-02-12 23:45 | カンジる
2013年 02月 11日

トレイルウォーキング!?

トレイルウォーキングなどと言ってますが、単なる散歩です(^_^;
でも、いつかはランしてやろうという下心。
その下見を兼ねて距離感を体に覚えさせます。

e0123825_2021058.jpg


落ち葉の敷き詰まったトレイルをサクサクと。
GPSをウォーキングモードに設定して、距離と所要時間をチェックできるようにしておきます。

e0123825_20214216.jpg


自然公園の遊歩道を登り尾根にたどり着いたら、あとは尾根伝いに景色を眺めながら歩きます。
里山を尾根に登るだけで息が切れてるOrz

e0123825_20221644.jpg


サクサクと歩くリズムで心が解れていく。
体も何となく軽くなって来た感じ。
歩くのも悪く無いじゃん。
いやいや、ホントは走れるようになりたいんだ。
けど、ホントに走れる?

e0123825_20225069.jpg


トレイル沿いに椿の木が並んで花をさかせている。
少し脚を止めて眺めながらデトックス。
日頃の閉塞感が少しづつ解消されていくよう。

e0123825_20241890.jpg


八王子の街を見下ろすビューポイント。
いい眺め。
ココを下ればトレイルは終わり。
あとは浅川CRを歩いて戻ればいいのだが、帰宅時間を指定されているので京王線に乗る。

8kmを2時間ほど歩いた。



この3連休は実家から両親が訪ねてきたり、子供の二十歳の誕生日があったりと家族のイベントがあったので自転車活動は一休み。
仕事のストレス&閉塞感で神経が疲れていたのもあるし、オマケに風邪をひいちゃった。

こういうときは睡眠を十分にとって心も体も休めよう….ということでのんびりと里山歩きの巻でした。
[PR]

by jake490 | 2013-02-11 20:25
2013年 02月 08日

LEGO Digital Designer

面白いソフトウエアを見つけました。
Mac & PC上でLEGOブロックが組めるソフトウエア。

e0123825_9135953.jpg


http://ldd.lego.com/


まだ見つけたばかりで動かし方も儘なりませんが、これで組み立てたブロックは実際に買えるし価格も確認できるようです。

イッパイ呑みながら童心にかえってみるのも良し、MAINDSTORMSでロボット作りに精を出すのもよし。
[PR]

by jake490 | 2013-02-08 09:16 | イジる
2013年 02月 03日

テイスティング

今日こそCAAD9で…..と思っていた矢先、妻に用を申し付けられちゃいました(^_^;
なので午前中限定の自転車活動

e0123825_16262895.jpg


昨日と打って変わって冷たい北風が吹くなか、浅川CRで聖蹟桜ヶ丘まで。
LSDペースで、かつケイデンスを100rpmほどでペダルをクルクル。

アートマンのカメラ店で最新コンデジを弄り回し、思わず唸る。
写りの良いカメラが欲しいけど、高いの〜
天気が悪い時でも気にせず持ち歩ける、防水型のカメラも欲しいの〜

と、物欲に振り回されたあとは書店で、新刊雑誌などのチェックを入れる。

e0123825_1627179.jpg


ひとしきり情報を仕入れたあとはここに来た目的を果たそう。


そう、トレイルで飲むコーヒーの調達。


① 気軽に飲める程度の価格で美味しい、出来ればコクのあるドリップオンを探す。
② 珈琲野点の儀式に相応しいアイテムのリサーチ



書店の隣にある無印良品で、三種類のドリップオンコーヒーを見つけた。
値段が気に入ったので一番味が深そうなビターテイストを選択。


階下に降りて、マグカップやら何やらみて回りながら考える。

いろいろ逡巡して、ライドに荷物は増やしたくないし、できるだけ軽量化を図りたい、と今のところの結論。
走りと飲みの両立。初心者レベルの走りからスキルアップしたいから、できるだけ身軽がよろしいんじゃないかと。


そう結論つけたところで帰宅要請メールを着信。
再び浅川CRをペダルクルクル。

帰宅後とりあえず一杯コーヒーを淹れてみる。

昨日飲んだ珈琲よりもボク好み♡
次のトレイルライドのお供にしよう♪
[PR]

by jake490 | 2013-02-03 16:30 | カンジる