<   2013年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 27日

雛鶴までLSD

気がついたら今年はじめてのCAAD9。
なんと1ヶ月以上間があいちゃっている。

e0123825_1837542.jpg


なんといってもこの間の雪以来、標高の高い峠は路面凍結しているし….
などと気持ちが怯みがち。
遠くのお山お見れば、ほら、やっぱり雪がバッチリ残っているし。

それでも、秋山村あたりなら凍結した路面も朝遅ければ溶けているんじゃないかと。
そんな思惑で走り出す。

e0123825_18401570.jpg


いつもの大垂水の温度計は、0℃を指していたが、カメラを構えたら1℃に変わった。
ごっつい寒いです。

なんやかんやでジテツウもそこそこで走り足りていない体は劣化著しく、老体に鞭打って攻めのヒルクライムなんてやったら寿命を縮めちゃうだけです。

なので、今日は心拍を150bpmをリミットでヒルクライム。
あまりの遅さに情けなくなりますが、縛りがなくてヒイヒイいいながら登っても大して変わらん速度だと登っている最中に気が付きました。

まあ、こんなもんでしょう。

e0123825_18384690.jpg


大垂水峠を越えると富士山がドバンとみえてグッと盛り上がります。
ヤッパリ富士山は日本の宝ですな〜

相模湖側から登ってきたローディなグループは賑やかで、中に外人さんが何名か混ざってテンション高くこちらに気さくに声をかけてくる。
「イイばいく、CAAD9ボクノスキナバイク、イイネ~」ニッコニッコしながら話しかけてくる。
「ありがとう〜 ボクもとっても気に入っているんだ〜」とニッコニッコ返し。
じゃ、またね〜、とそのグループからわかれてダウンヒル開始。

一瞬しか見れないけれど、コーナーをリラックスしてクリアするごとに見える遠景の風景は心打たれますね。
風を切りながらの涙目の向こうの景色は空気が澄んでいるので、鮮明に見えます。

e0123825_1842920.jpg


R20を離れ山間部に入ると路肩に雪が残り、日陰はグッと冷え込こむ。
人の住まいが立ち並ぶ集落から離れた途端に残った雪の量は半端無く、降雪時は相当なものだったことを感じさせられる。
先週、先々週だったら、路面にも雪が残り、アイスバーンになっているところもあったかもしれないな〜

e0123825_184311100.jpg


塩化カルシウムを撒いた路面、しっとりと黒く濡れた路面….
神経を使いますね。
そんな塩梅ですので、陽だまりのちょっとした癒し風景を見つけると脚を止めてマッタリと。
雛鶴に向かう秋山村の道は登り基調のアップダウン。
心拍を上がり過ぎないようにギアはインナーでクルクル。

e0123825_1844013.jpg


動かさなかった体も仕事で淀んだ心もLSDで毒が流れだして浄化されていくよう。
前へ進もうとする脚をちょっと抑えて、ゆるりと走っていく心地よさよ。



e0123825_18445690.jpg


今日はやってないかと思っていた饅頭屋が開いていて、しかも蒸かしたての饅頭にありついた。
割った饅頭から湯気が立ち上る。
そこをパクっと…..


饅頭を食べたところでトンネルまでヒルクライムする心が折れました。
ここでUターンして往復100km。
走れてない体には十分な距離と累積標高。

饅頭をお腹におさめたところで、一息入れて、少しばかりだるくなった脚に活をいれて復路につきました。

帰りは下り基調。ロードらしいペースで気分最高。

久々のロード。いいねぇ~~
[PR]

by jake490 | 2013-01-27 18:47 | ハシる
2013年 01月 25日

トレイルひとコケの代償は……

トレイルライドの面白さの一つはちょっと難しいセクションにトライすること。
なんだけど、失敗すればコケる。
それを覚悟してチャレンジするのだが….. やっぱりビビるのよね。
で、ビビれば、コケる確率は指数関数的に増えるのよ。これが。

e0123825_22141583.jpg


先日のトレイルライド….
根っこが張り出したり、ガレた急坂などをそれぞれがアタックして楽しんだ。
当然ボクもアタックを掛ける。
クリアできてもできなくても、笑いがあるのはMTBのおおらかな遊びの証。

アタックしたのはいいのだが、石をフロントタイヤが乗り越えることが出来ずに木立の中へ大ゴケ。
明るく笑顔で皆さんに助けてもらいながら復帰したのはいいのだが、GPSが吹っ飛んだ。

当初は取り付けアダプターの爪が折れただけだと思っていたのだが、よく見ると本体の爪も折れていた Orz

こんなに簡単に折れちゃうのかよ…..という気持ちと
軽率にアタックをかけた自分が情けなくなった気持ちが半分半分。

修理代を聞いて情けない気持ちに追い打ちがかかった。


意外に高かったのだよ、修理代¥4200
取り付けアダプター¥1050


送料など、占めて6000円弱がひとコケで飛んでいってしまったのでした。



e0123825_22154365.jpg


GPSのボディをよくよく見ればストラップの取り付け穴がある。
トレイルに入るときは紛失しないようにストラップをつけるか、リュックやポケットにしまうか。
何れにしても、こんな修理代は払いたくないよね。
[PR]

by jake490 | 2013-01-25 22:19 | イジる
2013年 01月 20日

休日出勤の帰り、ひと仕事あとのアフタートレイル

この土日は終日仕事。土曜日中に終わる予定が予想以上に難物な仕事のお陰で今日の日曜日まで食い込んだ。
14日の降雪が溶けては凍りつくを繰り返し、トレイルはとんでもないコンディションだろう。
そうなる前にMTBで雪遊びがしたかったなぁ。

e0123825_18454781.jpg


総量も多かったがプレッシャーも大きかった案件にカタをつけて、精神的に荷を下ろしたボクは腑抜けた調子。安堵を突き抜けちゃった。

こんな雪解けの午後から行くトレイルは、とんでもないコンディションなのは予想できるし、雪も残っていないだろうと、里山に行くのを躊躇したが、やっぱり好奇心が先に立つ。

雪解け水でぬかるんだトレイルを稜線まで登ってみると、日当たりがよく、水はけの良いところではすっかり路面は乾いているが、ちょっとでも日陰だと雪がまだまだ残っている。
北側の山の斜面にも薄っすらと雪が残り寒々としている。

e0123825_18463021.jpg


稜線をいくダブルトラックだけを走るつもりだったのだが、主道を離れる枝道のシングルトラックを見つけた。
好奇心がもたげて侵入開始。
硬い雪とシャーベット上の雪、そして泥濘み。
前輪が行きたくない方向に動いてしまう。
ヤバイ。でも楽しい。

e0123825_1847644.jpg


行き止まってしまうシングルトラックと思いきや、麓の方まで続いていそう。
雪が降って踏み跡が残っていなければ見つけられないルートだな〜
どこまでいけるのだろう。

e0123825_18474113.jpg


人が多く踏み込んでいない雪溜まりは、硬くて緩くて走行困難。
ザラメの雪がタイヤにまとわりつく。
押しの一手で前進前進。

e0123825_18482092.jpg


笹の枯葉の深い雑木林。道はドンドン細くなる。
が、しっかりとした踏み跡だから、きっとどこかに通じているハズ。
だよね~

e0123825_1849247.jpg


ひょこんと開墾が進んだ谷戸に飛び出た。
このダブルトラックはな違いなく街道に続いているはずだ。
雑木林の下底に残る雪。枝を通して見える青空のコントラストが美しい。

神経が切り替わったのだろうか、週末の仕事の疲れが体に満ちてきた。
だけど心は穏やかだ。


ゆったりとした開放感に包まれながら、スタンディングでさらさらと山を降りた。
[PR]

by jake490 | 2013-01-20 18:50 | ジテ通
2013年 01月 15日

誕生日プレゼントはKlipsch Image X5

我が家では父としての存在感が薄いのか、誕生日プレゼントをスルーされることが多いのです。
母へのプレゼントとか、子供へのプレゼントがメジャーなのに対し、マイナーな存在Orz
父は黙って家族を守りおねだりなんかは…..基本的にしない…..のです。
でも、本音は寂しいんだよなぁ。

e0123825_2043452.jpg


そんなところに、子供がイヤフォンを買い換えるのに、今まで使っていたイヤフォンを下取りに出すという。
なのだがオプション品などが見つからないので売れないか、買い叩かれるのでガッカリだと食事をしながら話すので、「そんなことなら、僕が買い取ってやろう。」で話が終わるはずだった。

で、ボソリと「お父さん、誕生日なんだよなぁ」とトーンの低い声でつぶやいたら、家内が「じゃ、コレお父さんのプレゼントね。」と話が急展開。

僕には新しいイヤフォンが、子供には目減りはしたが買取金が手に入ることになった。

イヤフォンはKlipsch Image X5。
子供がイヤフォンを買うときに僕も試聴したけど、なかなか良質なイヤフォンだ。
小遣いが少ないオヤジには十分高級な代物だが、世の習いか子供のほうが小遣いを持っている。
買いたくても買え無い代物なんだよね。

扱いも丁寧で美品だし、エイジングが進んでコンディションも良好。
喜んでいただきます。

お酒を一杯やりながらいい音楽をいい音で。
贅沢な晩を過ごせるようになりました。
[PR]

by jake490 | 2013-01-15 20:46
2013年 01月 12日

五日市トレイルライド130112

初めてのシングルトラック。
ワクワクする気持ちと、少しの不安がミックスした気分の昂ぶり。
遠足前の子供のような気分でその日を迎えた。

e0123825_14325399.jpg


福生南公園で今回ご一緒するIさん、Tさん、Gさんと待ち合わせ、地元のTさんの先導でスタート。
CannondaleのMTB乗りの皆さんはすべてLeftyの29インチ。
自分は2本サスの26インチ、この集団の中では個性的。

e0123825_14333532.jpg


平井川に沿って進むが、地元を知り尽くした裏道の連続でどこを走っているのかサッパリわからないまま、トレイルの入り口に到着。
簡単、かつ的確なブリーフィングの後、いよいよトレイルに侵入する。

入り口はフラットなダートだが長い上り。
ダートのヒルクライムに慣れていない自分はすぐに息が上がる。
無駄に力が入り過ぎる。
それはわかっているのだが、どうしょうにもならない初心者の悲しさよ。

e0123825_14342146.jpg


次々と現れるチャレンジポイントにそれぞれがアタックを掛ける。
自分は問答無用のセクションクリアならずOrz
まあ、最初からうまくできるやつなんてそうそういないよ…..と慰める。


自分にとっては、走るところすべてがチャレンジポイントみたいなもの。
路面を見るために視線を落とせば先のルートの情報を見逃すし、先をみれば足元がおぼつかない。
相当な情報処理が必要だ。
全神経をトレイルに集中し、全体力を推進力に変える。

e0123825_14352271.jpg


息が上がる。いい汗をかいたところで適度に休憩を入れてくれるのがありがたい。
で、そこで話が咲くのもトレイルライドの楽しさなのだと知る。
シングルバーナーで沸かした熱いコーヒーを頂いたりと、至れり尽くせりのホスピタリティ。

e0123825_14362267.jpg


コーヒーを楽しんだあとはまたハアハアヒイヒイといつでも泣きを入れる条件が全て整ったトレイルライド。
最後にダメ押しのような階段をのぼるとバンと広がる眺望が目の前に。
はぁ〜 いい汗をかいた。

e0123825_14371589.jpg


やっぱりこういうご褒美がないとキツイ山登りはイカンね〜
ずっと眺めていたい気分ではあるが、長居すると体が固まってしまう。
さあ、トレイルライドの続きだ。

はじめはクリア出来なかったセクションも何度かに1回はクリアできるようになると、走りが積極的になってくる。
よし、行ってみよう!
と心に決めて渾身のヒルクライムアタックを掛ける。
が、最後に木の根っ子に引っかかり大転倒。

幸い怪我はなかったのだが、ここで痛恨のミスをしたことにあとで気がつく。


自分にとっては相当な長さのトレイルを走り終えそうな終盤。
緩んだボトルゲージを増し締めしたときに、はたっと気がついた。

GPSがない!!

青くなる私に、みんな探しに行こう!といってくれる。
ありがたい。
でも、見つかるかな、多分だめだよ。そんな気持ちが頭をよぎる。
みんなの笑顔に支えられてトレイルを引き返す。

心当たりはさっきの大転倒の場所。

ハアハアヒイヒイいいながら面倒をかけないように必死で戻る。
ようやく現場に戻ってTさんと探しまくると…..

ありました。
枯葉の中から筐体の一部がちょこんと顔を出していました。

もう、天を仰ぎましたよ。

皆さんに大感謝!!
諦めなくてよかった!!

再びトレイルを戻り陽だまりの広場で遅くなったお昼休憩。

MTBの話はつきません。
が、ここで今日のトレイルは終了。

ささっと山を降りて、街にでて、ゆっくりデポ地に戻る。
そこから日が傾くまで自転車談義。
みんなどこまでも自転車が好きな仲間たち。

初のシングルトラックで先導してもらった上に、GPS探しというオマケまで着いてしまった今回のライド。

皆さんお世話になりました。ありがとう!
心のそこから楽しませてもらいました。
[PR]

by jake490 | 2013-01-12 23:32 | ハシる
2013年 01月 11日

冬の太陽のぬくもり

冬ど真ん中。
露出した皮膚に朝の冷気が刺すように痛く感じる。

e0123825_9175029.jpg


南に位置した里山が朝日を遮り、光が届かないエリアは寒さで体が縛られる。
高速ペダリングで体を温めながら早く太陽の当たるところへと急ぐ。

橋を越えて山陰から脱出。
遮られた朝日を一気に浴びると暖かさが俄然違う。
ウォーミングアップができたのと相まってようやく寒さとバランスがとれる。

角度の浅い冬の太陽のぬくもりが優しく包んでくれるよう。
[PR]

by jake490 | 2013-01-11 09:19 | ジテ通
2013年 01月 06日

Iさんとご近所里山ライド

ゆっくりとした朝、「午前中に里山ライドに行く」とツイートしたら、Iさんから返信。
ご一緒させてもらうことになりました♪
行くフィールドはIさんち近くの里山。
なかなかのトレイルがあるそうで案内してくれるそう。
これは楽しみです。

e0123825_1893191.jpg


自宅から30ほどで待ち合わせのセブンに到着すると、Iさんも同着。
早速、新しいMTBのF29を拝見。
なかなかカッコイイ。車体が僕のSL2より一回り大きく見える。
ちょっと試乗させてもらうと、車体も軽いし、走りも軽い。
乗りやすいし、ゴキゲンなバイクだ。
暫く自転車談義したあと、では、とトレイルに向かって出発。

e0123825_18102964.jpg


少しアスファルトの上を走るとすぐにトレイルが始まる。
枯葉のシングルトラックをサクサク登って、里山の東西に伸びた尾根に沿って走る。
細いシングルトラックは枯葉の下がぬかるんでいてスリッピー。
路面が斜めになっていたり、木の根っ子が隠れていたりと、なかなかテクニカル。
初心者の自分にはなかなか手ごわい。

e0123825_18113528.jpg


雑木林の切れた展望の開けたところで一休み。
住宅地に沿った里山でこんなに走れるなんて夢のようだ。

e0123825_1812353.jpg


霜が溶けてスリッピーなダウンヒル、で肩に力が入りまくり。
ヌルヌルで急な登りをペダル5回転半でスリップダウン。
おもいっきり体力を使っちゃいました。

e0123825_18123568.jpg


正月でコタツ猫していた自分には結構な刺激。
息を整えながらビューポイントで一休み。
里山を散策する人にもIさんのMTBは注目の的。
誰が見てもレフティはカッコいい。

Iさんも、フロントのサスをレフティに変えちゃえば、って僕をからかう。
いつかはイッちゃいますよ、いつかはw

e0123825_1813644.jpg


手ごわいトレイルを走ってきてドロンドロンになったMTB
汚れた分だけ充実感で一杯だ。
トレイルライドは楽しいな〜

e0123825_1813322.jpg


トレイルを脱したところ、シメにアイスクリーム。
外は寒いけれど、体の芯は温まって、完走した空気を吸い続けた喉にはアイスクリームがバッチリ。
ゆっくりアイスクリームを味わい、アフタートレイルの充実感も味わう。

いや〜、いつもぬるい走りのトレイルライドから一変してテクニカルなトレイルを味わせていただきました。
Iさん、ありがとうございました。
[PR]

by jake490 | 2013-01-06 18:15 | ハシる
2013年 01月 04日

陽だまりライド

最低気温はマイナス5℃。
10時をすぎたらプラスになっているのかな。
里山のウッドデッキ、それもたっぷり日が注ぐ、そこのベンチに腰掛ける。

e0123825_15292098.jpg


キンと冷えた空気にほのかに温かい日差しを浴びて裸になった雑木林を眺める。
見上げる空は雲ひとつ無い青空。

全く音がない。
雑木林の外は強い風が吹いているというのに。

暫くじっとしている。
すると小型の野鳥の声が枝を渡って近づいてくる。
姿を探すが声の方向をいくら探しても見つけられない。
やがて背後に鳥達のさえずりは消えていった。

e0123825_1530459.jpg


谷戸に降りて枯葉のトレイルを抜けると小さな田圃にでる。
畦を流れる用水の囁くせせらぎが冷気にリズムを与えている。
稲を刈り取って切り株が残る田に滲みだした用水が凍りつき、今朝の冷え込みを教えてくれる。

e0123825_1530503.jpg


角度の低い太陽が凍てついた田圃を眩く、思わず目を細めた。

e0123825_15312296.jpg


光の下に歩み寄る。
見事に凍りついているものの、その表面は薄っすらと溶け始めている。
だがそれも微々たるもので陽光の力が冷気に及んでないようだ。

e0123825_15315099.jpg


畦を歩いて足元を流れる用水に目を移すとキラリと光る。
屈んでみると光の元は氷。
今が冬だということをダメ押しされたようだ。
見た途端、寒さが一段と増したようで、首筋がキリっと冷えた。
[PR]

by jake490 | 2013-01-04 15:34 | ハシる
2013年 01月 03日

タヌキに出くわした里山ライド

正月らしく朝はのんびりと起きだして、掃除好きの家内が掃除している間、おじゃま虫の私は外に出かける。
晴天の空は気持よく、気温もそう低くはないのだが、風が強い。
そんな時は里山に逃げこむのが一番だ。

e0123825_16342349.jpg


さっそく最寄りの里山に登ると富士山にご対面。
今日の富士山は背中に雲を背負っている。

e0123825_16345492.jpg


奥多摩の山のほか、大菩薩連嶺、武甲山などもクッキリ見える。
高くはない里山だが、この眺めは侮りがたい。

e0123825_1635243.jpg


尾根から谷戸に向かってサクサク枯葉を踏んで降りていく。

e0123825_16355285.jpg


木漏れ日と枯葉の匂いが心地よい。



一旦里山を離脱してメインディッシュの多摩ニュータウンの里山へ向かう。
のんびりとしたいので歩道をママチャリ速度でゆっくりと。

e0123825_16363665.jpg


尾根幹を越えて多摩ニュータウンの里山にコースイン。
ココらへんは気温がちょっと低め、登りで頑張って体温をあげる。

e0123825_163779.jpg


上り詰めて緩やかな下りをスタンディングで。
膝と肘をサスペンションにして、ゆるゆる下る。
ふと空を見上げると高い空に飛行機雲が伸びていく。

e0123825_16375188.jpg


さらに日当たりの良い谷戸を登り始めると、湧き水を半割の竹に流して、静かな里山に爽やかな水音を響かせている。
陽光に光る水が冷たさそうだ。水を触ることを躊躇して結局やめた。

e0123825_16382131.jpg


まだ未踏のトレイルを見つけたので行ってみる。
尾根筋に向かって、まるで空に伸びていくトレイルのようで爽快だ。

e0123825_16385515.jpg

中腹で谷戸を見渡す景色が広がる。
これはいい。

e0123825_16395886.jpg


霜が溶けて一部マッド。ちょいと滑ったりビビったり。

e0123825_16413810.jpg


トレイルは雑木林の中に。
カサコソ枯葉のフカフカなトレイルを進んで陽だまりに出ると、林の中からタヌキが飛び出した。
こちらに気づいていないのだろうか、丸っこいお尻をこちらに向けてヒョコヒョコ歩いて行く。
近づいたら逃げちゃうだろうな、とカメラの望遠を伸ばすが、まだ遠い。
脅かすのは嫌だから暫くとどまって、姿を消してからまた走りだした。

e0123825_16422062.jpg


このトレイルがどこに続くのか確認できたら、元のトレイルに戻る。
行きと帰りではまた雰囲気が違って見えるのが面白い。

まだまだ不案内のこの里山。好奇心に任せていろいろ探索して楽しめる。
もう一本といきたいところだが、時間切れ。
そろそろ、ついでに頼まれたお昼の買い物をしなければ。

e0123825_1643032.jpg


里山を出て、尾根幹、南野のセブンで豚まんと温かいお茶を補給。
小腹が空いて、喉も渇きました。
温かいお茶が美味しい。
アフタートレイルの豚まんと温かいお茶、癖になりそうです。
[PR]

by jake490 | 2013-01-03 16:45 | ハシる
2013年 01月 02日

Recovery & LSD

今日も天気がイイね。
暖かいし。
寝ないで走った昨日のツケを今朝はタップリ。
すんごい眠い〜

e0123825_17432829.jpg


のんびりと起きだして、お使いも兼ねてリカバリーライドに出かける。
走りだすと風が強い。
ペダルを回さなくても前へ進んじゃう。
帰りは大変だ。

e0123825_17441086.jpg


お使いを済ませて、多摩サイに出る。
国立折り返しは久しぶり。

多摩サイは正月とはいえ、いや、正月だからこそサイクリストがたくさん。
強烈な向かい風に抗って次々とやって来る。
今日はディープリムは超危険だよなぁ。

e0123825_17444988.jpg


四谷のセブンで一休み。
寒くて食べる気が起きなかったガリガリ君。
今日は食べちゃおう。
気になっていたフレーバーをようやくガブリ。

e0123825_17474198.jpg


重ダルかった体もようやく軽くなってきたので引き返す。
向かい風だとなかなか寒い。
ギアを軽くして気張らずにペダルを回す。

シメに自宅にほど近いセブンで温かい豚まんをいただく。
ん〜〜シ・ア・ワ・セ♡
[PR]

by jake490 | 2013-01-02 17:49 | ハシる