空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2012年 06月 30日

奥多摩湖から風張峠

会社のモーターサイクルツーリングイベントのお見送りに自転車で迎撃しちゃおうとYくんと画策。
脚を怪我しているYくん、どこまで走れるか不安だったが、風張峠を越えることができた。

e0123825_1661414.jpg


八王子に八時半に待ち合わせ、すぐに出発。
多摩サイを羽村に向かう。ペースは25km/h以下で、じっくりウォーミングアップ。
モーターサイクル軍団の休憩ポイント到着時間にあわせ、こちらも時間調整。
久しぶりに玉川兄弟にご挨拶。

多摩川橋を渡って吉野街道を古里まで行き、青梅街道(R411)にはいる。
土曜日の吉野街道はダンプが多く、中には心無いドライバーがいるのでコワイ。

古里のセブンイレブンで休憩し白髭トンネルの出口まで行く。
ここからTさんがツイッターで教えてくれた「むかし道」にはいる。
そうなるとバイク軍団に迎撃することが出来ないので伴走車に連絡を入れてみる。
するともうすぐここを通過するらしいので待つことにする。

暫く待つとバイク軍団が現れて、手を振るこちらをみて驚いていた。
作戦成功。

e0123825_1665221.jpg


バイク軍団を見送ったあと、ゆっくりむかし道」にはいる。
昔の人々の往来を感じさせる鄙びた佇まいの旧道。
心癒されながらYくんと並走しながらのんびりのんびり。
吊り橋の真ん中まで行って揺れと高さにビビってみたりw

e0123825_167292.jpg


渓谷美と川のせせらぎ。
ときには鳥が鳴き、点在する郷土色のつよい史跡に、へぇ、と唸りながら道を行く。
そのまま直進すれば小河内ダムの直下に行くのだろうが立入禁止。
Uターンするように谷の中腹を登り、再び青梅街道に出る。

e0123825_1681126.jpg


もうすぐそこが小河内ダム。坂を登って奥多摩湖。
空は広く、湖を渡る風が心地よい。

ちょうど昼どきなので、水と森のふれあい館のレストランでお昼を食べる。
冷たいうどんののどごしが火照った体を涼ませてくれる。



打ち合わせをするまでもなくYくんは風張峠をアタックするつもりの様子。
ブランクの間に体重が増えてしまったボクのほうがちゃんと登れるか心配だw

e0123825_169014.jpg


湖畔をペースを抑えて走り、三頭橋を渡っていよいよ登坂。
しばらくは傾斜の少ない道を行くが、それもつかの間。
先を考えてギアダウンするが、気が付けばファイナルロー。
時々現れるモーターサイクルの爆音をやりすごしながら、淡々とのぼる。

なんかキツイと思ったら、パンクで〜す、と悲痛なYくんの叫び。
戻るとスローパンクの様子。
チューブレスタイヤがほぼペタンコ。

心が折れかかったYくん、強い意志でパンク修理でリカバリー。
こんなときにパンクなんて叫びたくなっちゃっよね。
邪魔してんだか手伝っているんだかわからないボクのサポート?でヒルクライムに復帰。
月夜見の駐車場で奥多摩湖を見下ろし、ここから登ってきたんだね〜、としばし感動。

e0123825_1693124.jpg


ここから峠までは後少し。
登山家と自転車乗りの「後少し」はあてにならないよね、と大笑いしながら峠を目指す。
パンクしてテンションが落ちてしまったのか、脚の具合が良くないのかYくんが遅れだす。
ホントにもう少しだから、がんばろう。

ペースを落として引いていると林道入口まであと何メートルの標識。
一度登ってきたことがあるYくん、この標識の意味がわかったようで、元気を取り戻す。
そう、もう風張峠についたも同然。

峠付近は気温18度。
汗をかいた体には肌寒い。
都民の森でソフトクリームを食べたいなどと言っていたが、下ってくると寒くて食べる気が無くなった。
何かは食べておいたほうがいいので、体があたたまるおでん、ちくわと大根を食べる。

さあ、ここから先はほとんど下り。
下ハンにブレーキレバーに指をかけてスルスル下る。
気圧が上がり耳が詰まってくる。
久しぶりのダウンヒル。緊張して体がこわばる。
肩の力を抜いて、腕の余分な力をぬいて、と言い聞かせながら下る。
標高が下がるに従って気温が上がり、数馬のあたりでは蒸し暑く感じられるようになった。

e0123825_1610438.jpg


緊張が解ければまたお腹が空いちゃうw
橘橋を直進し払沢の滝の近くに美味しい卯の花ドーナッツを食べられるところを思い出した。
気乗りのしなさそうなYくんをひっぱり「ちとせ屋」に到着。

e0123825_16103562.jpg



豆乳ソフトクリームも売っていて、心動かされたが初志貫徹。
なかなか美味い。
これにはYくんも喜んでいるようで、よかったよかった。

小腹が膨れたところで五日市まで下る。
もうここまで来れば、還ったも同然。
クールダウン的にペースを落とし、夕暮れに近づいた多摩サイを軽く流して自宅まで。



走行距離133.3km AV19.8km/h 累積標高2311m 消費カロリー3943kcl
[PR]

by jake490 | 2012-06-30 23:04 | ハシる
2012年 06月 29日

ゆっくりゆっくり

e0123825_22232065.jpg


夏至を過ぎたばかりの梅雨の晴れ間
多少残業になっても外は明るい。

明日は100kmを越えるロングライド。
しかも標高は1000mを越える。

足に溜まった乳酸を取り除くように
血液の循環を促すように
ゆっくりゆっくりペダルをまわした。
[PR]

by jake490 | 2012-06-29 22:23 | ジテ通
2012年 06月 28日

MADONE5.9と4.7に試乗

先日、バイクプラス多摩店でMADONE5.9と4.7に試乗してきた。
4シリーズは前年か前前年に試乗したのだが、どのように進化したのだろうか。

e0123825_1439667.jpg



試乗はまず4.7から
ご好意でSPDペダルを装着してもらい、早速走りだす。
コースはショップ裏の道路。
微妙な傾斜のついたストレートでマンホールなど舗装の段差がある。
それとインナーに入れたくなるような坂道。
ちょっとした曲がり角のクランクがあるので切り返しをチェックできる。

まずはストレート。
加速はリニア。アルミのようなダイレクト感は無いがかったるさがない。
これは進歩だ。
舗装の段差の衝撃もいなしてくれるが、腰が柔らかい感じはしない。
前のモデルではひと世代前の高級自動車のような、乗り心地はいいけれど、全てにゆるさを感じるものではなくなった。
インプレッションの記事で書かれているような足に来ない、疲れにくい、という表現はこんな感じのことをいうのだろうか。

トレックのロードバイクは乗りやすく、癖がない素直なハンドリング。
これはCannondaleのバイクにもあてはまる。
すぐに馴染めるのが良い感じ。

坂の登りも車体の軽さを感じさせる。
この印象は踏み込むペダリングでも回転のペダリングでも印象が変わらない。
下りもフロントフォークの強度が増しているのか、しっかりしている。
切り返しも悪くない。

総じて、前のモデルがロードバイクの形をしたクルーザー的だったが、12年モデルは反応が良くなってきているのでレーサーになってきた感じがする。


そしてMADONE5.9

これは電動アルテグラがついている。
初めて電動シフトを使うのでこちらもワクワク。

まず最初のストレートをフル加速。
4.7よりパリっとした加速でノビが良い。
段差の衝撃吸収はほぼ同じ。だが、こちらのほうが強度が高い。
ダンパーの効いたサスペンションぽい感じでいなしていく。
ペダリングのトラクションもこちらのほうが感じられて好印象。
何度も一本道を往復、加速して足がなくなったw

そして坂を登る。
電動アルテグラのフロント変速の速さに舌を巻く。
軽くスイッチを押すだけ、という軽快さも手伝って、技術のありがたみを感じる。

ペダルを踏み込むと、4.7よりよく進む。推進力がある。
こちらのほうがかなりいい。
ヒルクライムでタイムを競うならこちらに投資したほうがいいだろう。

下りもこちらのほうがスタビリティがあってなかなかのものである。



う〜む。カーボンフレームの進化は著しい。


生産するにはそれなりの解発費と生産のコストが掛かるのを承知のうえでいうのであるが、30万円を越える自転車にはどうもボッタクリ感があって抵抗がある。
というのも、その値段でもっと開発費や生産設備の投資、部品点数の多い二輪車を作れてしまうのである。
マスプロダクションのマジックで生産量が多ければそれなりにコストが抑えられるにしても、自転車はもっと身近な存在であると思っているので。


であるので、自分のターゲットになるのは4シリーズ。
なのだが、5に乗ってしまうと、この価格帯で5の性能がないとアルミのほうがいいかな〜と思ってしまう。
ただ、衝撃吸収性とかロングライドでどちらが疲れないで走れるか、といったらカーボンのほうがいい。
ようはロードバイクに何を求めているかの違い。
4シリーズにしてようやくロードバイクらしくなってきたのは大歓迎。
ホイールを変えれば5に近づく乗り味になる可能性も十分ある。

できれば5で走りこんでみたい。性能としての興味はこちらにある。
実に興味深い試乗だったのだ。
[PR]

by jake490 | 2012-06-28 14:39 | カンジる
2012年 06月 27日

マジックアワーなジテツウ

梅雨とは思えないほどの晴れ間が続いた。
空気もひんやりとして心地良い。
この2日間連日自転車通勤できた。これはとても快適。

e0123825_22314262.jpg


昨日に引き続いて、多摩サイから連光寺の坂を登り尾根幹を走る。
うすい膜を張ったような雲が空を覆い、薄く太陽が透けて見える。
やわらかな光と空気が多摩川の川面に映し出される。

e0123825_22321649.jpg



向かい風の抵抗に抗いながら、少し息が弾むようなペースで走り続ける。
修理から上がってきたGPSの具合は今のところよさそうだ。
表示されるデータを見ながら自分の負荷を客観的に眺める。
まあ、もう少し走れると思っていたんだけど、こんなもんさ、と、つきつけられるわけなんだなぁ。

e0123825_22324640.jpg


じわじわと街は暗くなり、西の空は残照で茜色に染まる。
連光寺の坂を息も絶え絶えに上り詰め、なんとかマジックアワーに間に合った。
[PR]

by jake490 | 2012-06-27 22:33 | ジテ通
2012年 06月 26日

CX2のHDR

すでに4世代前の機種になってしまったCX2ではあるがHDRもできるのだ。
以前にHDRモードで撮影した時に違和感があったので使ってなかったのだが….
やっぱりCX2の機能は使いきりたい。

e0123825_020223.jpg


オートモード マイナス補正
空に露出を合わせると地表がアンダーにつぶれてしまう。
夕焼けの表情を気にしすぎてアンダーにしすぎたなぁ。

e0123825_0204437.jpg


HDRモード マイナス補正
実際よりもそらがの露出がオーバー気味。
全体的にやや明るすぎに撮影されているが、肉眼に近い雰囲気。
設定がAUTOだったのだがマニュアルで効果を少なく設定すればより自然になるだろう。
このさじ加減が難しそうだ

e0123825_0213020.jpg


HDRモードで撮影したデータをPhotoshopで補正
肉眼で見た雰囲気に露出を補正してみた。
このモードで撮影したデータを補正したほうがいい結果、つまり現実に近い。


ということは….
HDRモードで効果のかかり方をマニュアルで設定するやり方をマスターしよう。
逆光だとモニターが見えにくいから、カンなんだよね〜
[PR]

by jake490 | 2012-06-26 23:18 | 写真、カメラ
2012年 06月 25日

エデン

サクリファイスに続き近藤史恵の2作目。
スラっと読めて、あっという間に読み終わってしまった。

e0123825_178048.jpg


ロードレースをビデオなどで見たことがある人なら文面からシーンを想像できるが、何も知らない人が読めば情景描写が少なめ。
イメージが膨らめばいいのだけれど。
臨場感が足りない分、自分の中で勝手にイメージをふくらませて読んだ感がある。ストーリーは面白かったし、楽しめた。
[PR]

by jake490 | 2012-06-25 17:08 | カンジる
2012年 06月 24日

「耳を澄ませば」的ポタリング

昼食のあと、腹ごなししながら読書をしていたのだが、半分眠たくて何ともしがたく
無駄に時間を過ごすのもなんだし、というようなポタリングの走りだし。

e0123825_23453018.jpg


浅川CR をゆっくりペダルを回す。
どこへ行くあてもなく、昨日のツーリング疲れを緩和できたらと風の吹くまま

e0123825_234685.jpg


気がつけば聖蹟桜ケ丘。
ならいろは坂でも登ってみるか。

なにやら地元の人ではなさげな人が歩いていたり
写真を取りながらアチコチ見回している。

なるほどジプリアニメのフアンな人たちだね。

e0123825_23464161.jpg


ここは「耳を澄ませば」のロケ地。
そして好きな眺めの場所でもある。
まっすぐ伸びた道が気持ちいい。

e0123825_23472316.jpg


ならば給水塔まで行ってみるか、と足を伸ばす。
多摩丘陵の団地を走り回るには何度となく坂を登り返す。
結構体力を使うポタリングになっちゃうんだね。
[PR]

by jake490 | 2012-06-24 23:47 | ハシる
2012年 06月 23日

のんびり鎌倉ライド

梅雨の晴れ間に恵まれたこの週末、脂肪燃焼するためののんびりロングライド。
しばらく脚を運んでいなかった鎌倉へ。
あじさいが咲くこの季節にいくのは初めてです。

e0123825_202983.jpg


いつものように、尾根幹〜境川CR〜海軍道路で大船、そして北鎌倉へ。
今日は食事を控えて補給を細かく取りながらハンガーノックにならないように走ります。
マイフェイバリットは梅おにぎりと豆乳。
長後街道を越えたところで補給しました。

北鎌倉手前から車の渋滞が始まり、駅前は超ノロノロ状態。
駐輪場にCAAD9を止めて歩き出すと、どこにいくのも行列の跡に付いて行くような状態。

e0123825_2030650.jpg


紫陽花の名所、明月院は紫陽花を楽しむと言うよりも人ごみにまみれるよう。
鎌倉へいくのは心の静寂を求めてなのですが、今日は無理ですね。
息が詰まる様な気分ながらも境内を歩き、人が少ないところを見計らってゆっくり紫陽花を鑑賞。

e0123825_20304067.jpg


なるべく人の気配を無にして湿潤な空気と紫陽花の色合いを楽しみます。
そうそうに写真も撮るのをあきらめたので、無意識に境内をふらふら。

e0123825_20311272.jpg



すると突然小枝がゆれてなにやらすばしっこく動きまわる影が….
なんと野生のリスです。
こんなに間近に見たのははじめて。
ひどく人が多いところによく出てきたものです。


とても長居できる雰囲気ではないので、そうそうに境内を出て参道をもどります。
ある意味、記念スナップを撮るならここのほうが撮りやすいかも。

な〜んて思っていたらCannondaleのSNSのメンバー多数が参道で集合写真を撮ってました。
なんたる偶然。
お初の方々ばかりだったのですが、思い切って声をかけてみました。
カメラマンはいつも集合写真に写らないので、ワタシが代わりにシャッターを切ります。


さて、抹茶をいただきながら庭を眺めにいきますか….
と走りだして、はたと気づいた。
こんなに観光客がいるなら、静かにお茶をするなんて無理かも….
というわけで鎌倉を離れ由比ガ浜に出て江ノ島へいく事に決めた。
のまえに、補給を一発。

海だぜ!
と由比ヶ浜の交差点で信号待ちをしていると、又もやCannondaleのSNSのメンバーが。
何度かお会いしたことがある方だったのでご挨拶。
聞くと、先ほどのメンバーと一緒らしい。
いいですね~ 楽しみの和が広がるって。

e0123825_20321075.jpg


では、ダイエットライド、再出発。
稲村ヶ崎を通過して江ノ島へ。
いつもの突端の灯台で一休み。
ここで海を眺めながらコーラを飲んじゃう。のんびりしちゃうなぁ〜

腹ペコではないけれど、なんとなく何かしら食べたい感があるけれど、食べるほどでもない。
みょうなお腹具合。

海を見て心が癒えたので家路につこう。
藤沢からは境川CRを北上。
軽快にペダルを回す。たれる様子もない。

e0123825_20332085.jpg



ただ、やっぱり何かお腹が物足りない。
となると、飯田牧場でジェラートですね。
よくよくお腹に聞いてみるとお腹がすいたと言ってますw

ラズペリーとラムレーズンのダブルをいただきました。
超ウマ〜でした。

食べた分、エネルギーを消費。
R246までガンガン回して走る。
このあたりはまだ歩行者は少ないのでハイペースでも安心して走れる。

R246の交差点までなんとかペースを維持して、あとはペースダウン。
結構クタクタになりました。
近くのセブンイレブンでオレンジジュースを補給。

ママチャリと見紛うスピードで自宅まで。
GPSによると消費カロリーは3000kcalちょっとは痩せたかな〜


走行距離120km AV 21.2km/h
[PR]

by jake490 | 2012-06-23 20:36 | ハシる
2012年 06月 22日

帰ってきたASG-CM21 修理完了です

点検修理に出していたGPSのASG-CM21が戻って来ました。

e0123825_2375744.jpg



走行中に電源が落ちる、消灯している画面が急に点灯するなどの症状が出てたのです。
振動によるバッテリーの接触不良ではないかと、バッテリーの蓋に発砲ゴムパットを貼ったりしましたが、保証期間内に点検修理に出した方がいいと判断しました。

修理期間は一週間ほど。


GPSに添付された修理報告書には「症状再現できず」…..

まあ、この手の事柄にはよくあるパターンですね。

処理として「念のため内部基盤を交換しました。各部調整、走行テスト実施、本体電源ON/OFF動作確認、画面表示確認、GPS測位確認、各種機能動作確認、バッテリー充電確認、その他動作テストえお行った」ということでした。

まずは、そのまま返されるのではなく、基盤交換をしてもらったのは安心です。
メーカーとしてきちんとした対応ではないでしょうか。

とはいえ、これで2回目…..なんですけどね。
製品として信ぴょうしきれず….ともかく安心して使いたい、というのが本音です。

あと、製品アップデートしてもらったのは助かりました。

今週末からドンドン使って信頼性を取り戻したいですね。
[PR]

by jake490 | 2012-06-22 23:07 | イジる
2012年 06月 20日

台風一過の夕焼け空はドラマチック

本州を縦断した台風4号は過ぎ去ったが、吹き返しの風は強い。
会社まではずっと向かい風だよ(>_<)

e0123825_23282561.jpg


スカッと晴れはしないが青空が覗く。
浅川の水量は多く、濁流が音を立てている。

e0123825_23285575.jpg


中央線の高架下は水たまり。
思いの外深度が深く、ペダルを回したらつま先が水没。
靴下までビショビショ。
MTBだから躊躇なく突っ込んだのが裏目。
でも、ワイルドだろ〜〜〜

e0123825_23294199.jpg


きょうも仕事が思いの外早く終わり、多摩サイを走りこむ。
次の台風が控えてるぞ、といいたげな雲が空を覆う。
多摩川もまだ濁流。少しは引いたであろう水量もまだ多い。

e0123825_23294831.jpg


横風と向かい風がミックスに吹きつけ、翻弄されながら多摩サイを下る。
雲の切れ間から太陽が顔を出す素振りをみせる。

e0123825_23295091.jpg


淡々とペダルを回す。
突然目の前がゴールドの光に溢れ、背中に日差しのぬくもりを感じる。
振り返ると沈みゆく太陽が雲間から顔を出した。

e0123825_23295397.jpg


地平線に近い太陽の落ちる速度は早い。
みるみるうちに空の色を変えていく。

e0123825_23295523.jpg


湿度の少ない風が吹き付ける狛江スロープで、金色の波のような空を眺める。
光と色の変化。風のリズム。
なんて心地よいんだ。

e0123825_23295762.jpg


空の光を失いながら黄金色から茜色にかわりゆく空。
その色を映し出す多摩川の川面。 
橋の欄干にもたれかかり光を失うまで見続けたい気持ちが溢れて止まらない。
[PR]

by jake490 | 2012-06-20 23:37 | ジテ通