<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2012年 02月 26日

new arrival cannondale Trail SL 2

名残惜しい別れのあとに、新しい相棒に乗って帰って来ました。
納車整備はとっくに終わっていたのにですが、都合で取りにいけず昨日ようやく手元に。

e0123825_23434434.jpg


長年乗ってきたシクロクロスを手放してちょっとセンチメンタルな気分ですが、それをぶっ飛ばす新しい相棒です。
YOUCAN八王子でフィッティングを含め最終チェック。

フィッティングはロードとは違いおおらかそのもの。
サドル高合わせだけでほぼ終了。
いい加減というわけでなく、体格とバイクのサイズがほぼ現状のままで合っているのでイジるところがない、という状況。
あとは経験を積んでセッテイングを煮詰めていくようです。
Fサスの初期沈みの調整を行いフィッティングは終了。

最後に持ち込みのGPSのスピードセンサーとケイデンスセンサーの動作チェックした段階で2時間ちかく面倒をみてもらいました。

初乗りの感想は落ち着いているようでも気分が舞い上がっているので初乗りの感想はまた後日。
[PR]

by jake490 | 2012-02-26 23:45
2012年 02月 25日

さようならJAKE いままでありがとう

JAKEに乗って7年。
もっと長い付き合いになると思っていた。
だが別れの日がやってきた。

e0123825_21301310.jpg


市販状態からいろいろ手を加えカスタマイズもしたし、日常の通勤の足として、また海や山へ、ロードもオフロードも、様々なところへ旅をした。
たくさんの思い出を作ったし、もっと遠くへボクの視線を導いてくれた。

そして何よりも自転車の面白さをたくさん教えてくれた。

JAKEを買ったら登ろうと思っていた陣馬山の山頂に立てたからもう悔いはないよ。

ありがとう。
お疲れ様。

JAKEが広げてくれた世界をまた一歩外にボクは脚をふみだす。
ロードはCAAD9に。
オフロードは、さらに純度を増してMTBのSL2に。



ラストランはYOUCANまでの浅川CR。
少しセンチメンタルなショートラン。
[PR]

by jake490 | 2012-02-25 21:30
2012年 02月 23日

リアルな方の引越しをしました

今月2月18日に引越しをしました。
不本意な事情から住まいが変わることになったので、喜ばしいことではないのです。
ですが、これまでの経緯からすれば、このままそこに住み続けるよりは住居を新たにして生活をはじめることのほうが、家族にとって、また自分にとって良いこと、とマイナス要因をプラスに変換させよういう決断です。

e0123825_211163.jpg


引越しが決まる前から、自分の生活を見直し、できるだけシンプルに、不必要なものとは処分する、いわゆる断舎離を実行してきました。
諸条件から新居は少し手狭になるので、さらにモノを減らして必要なモノを残す真剣さが増しました。
いざ引越しをしてみると、人が生きていく上でこんなにものが必要なのかと驚きました。
引越し先でダンボールの山を片付けながらさらにシェイプアップしていこうと決意。

ものを持つことが豊かさの定規であるのは確かですが、欲にとらわれている証拠でもあるわけで、実際自分が今を生きていく上で無くてもいいものを処分することによって、より自分の生き方が明確に見えてくるようになりつつあります。
[PR]

by jake490 | 2012-02-23 21:02
2012年 02月 21日

去る2月14日はパンターニの命日だった

バレンタインデーの浮かれた気分のさなか、ふとなにか引っかかったまま日にちが過ぎ、今日になってようやく思い出した。
去る2月14日はパンターニの命日だった。

人物像をよく知るわけでもないが、ヒルクライムをしているその姿に強烈な印象を受けた。
勝手な思い込みかもしれない。
だが、魂が震えるような走りに目が吸い寄せられる。




走りたいな。

そう思いつつ諸事情で乗車できない日々が続く….
[PR]

by jake490 | 2012-02-21 03:13 | 動画
2012年 02月 12日

工具を整理

イロイロごちゃ混ぜになっていた工具箱の中身を整理しました。
基本、自転車が整備できるだけの工具のみを残す断舎離を決行。

e0123825_1847628.jpg


必要なものだけを取り揃えたつもりの工具箱の中身は、時の経過と共に使わない工具が死蔵している状況でした。
いまでは使わなくなってしまいましたが、以前モーターサイクルに乗っていた時には必要最低限の工具だたと思います。
時が立つに連れ、走りを楽しむ乗り物は自転車にすっかり移行してしまったんので、それらの工具の出番はなくなっちゃったんですね。
思い出に浸っても今の自分は前に進めないので、けじめをつけます。


工具は精度の高い高価なものもありますが、わたしのセレクションはとりあえず、プロが使っても普通に使えるレベルでそこそこの値段であること。
なおかつ、シンプルで応用が効く。
というのが基本です。
それにメカニカルの美しさが伴えばベストですね。

とはいえ、専門工具に関しては高価なので、そこそこのもので妥協するユルさもありですw
[PR]

by jake490 | 2012-02-12 18:48
2012年 02月 07日

ファーストコンタクト SL2

出会いは思いがけず突然にやってきた。

e0123825_1015416.jpg


昨晩、購入したMTB、cannonade Trail SL2に取り付けるセンサーをYOUCANに届けた。
A店長さんと色々雑談をしているうちに、外を見ていたA店長さんがいきなり外に飛び出した。
何事か、と訝しく思っていると、満面の笑みを浮かべて黒いMTBを担いで店内に戻ってきた。

おお、これは!!

e0123825_10153015.jpg


私のもとにやってくるSL2ではありませんか!
予定よりも速い入荷です。


もう、ハートビートがマックス!
舐め回すように眺めながら車体の周りをグルグル。

なんでしょうね〜この感覚は。
限りなくLOVEに近い。


これから魅せてくれるであろうMTBの世界の扉がいま目の前に。



納車はまだ未着のパーツ類があるので来週かなぁ。
[PR]

by jake490 | 2012-02-07 10:16
2012年 02月 06日

MTB補完計画

今月中旬までの週末は所用のため自転車に乗れない。
今年に入ってからは時たま自転車通勤できたくらいでほとんど乗れてない日が続いている。

乗れない、というのは事実だが乗ろうと思えば乗れないくはない日もあった。
それというのは自転車に乗るテンションが落ちているのも嘘ではない。

前の投稿「遊びの時間」でお話ししたとおり、シクロクロスの塩梅がよろしくない。


そして現在の生活の変化(仕事の時間の変化)で自転車を楽しめる時間に制約?がついた。

で、自転車に乗って感じられる高揚感と充実感を補完するために新たな世界に踏み込もうとしている。




そう、その答えがMTB

e0123825_12173751.jpg





この週末、所用の隙を突いてオーダーをとうとう入れた。
[PR]

by jake490 | 2012-02-06 17:09
2012年 02月 03日

登山地図

シクロクロスからMTBにシフトしようかと….
そう思っても、じゃMTBで走るところあるの…..走るフィールドが無きゃ乗り変える意味が無いでしょう。
と、ツーリングマップルではことたりず、国土地理院の地図を求めて書店に向かったのだった。

e0123825_16324762.jpg



国土地理院の2万5千分の1地図には徒歩道まで記されている。
ネットの地図にもある程度細かい道まで表示できるサイトもあるが、紙の地図の方が行動範囲を俯瞰するには好都合だし、手持ちのGPSには徒歩道の詳細まで表示されないので、結局地図を持ち歩くことになるだろう。

ダブルトラックはともかくシングルトラックとなるとハイカーと共存に留意しなければならない。
登山道として整備されていればなおさらだ。

一昔家内とハイキングを楽しんでいた時期があったが、山中でサイクリストに出会ったことはほとんどない。
当時、仮にすれ違ったとしても、こんな山の中まで自転車をかついでごくろうさん、ぐらいにしか思わないだろう。

いまは自転車を趣味としているので、立ち位置はサイクリスト側にシフトしてしまっているから、サイクリストに都合がいいように解釈してしまいがちだろう。
お互いに不快な思いをしないように心して山に入るようにしなければ。


話を地図にもどそう。

先に話したようにハイキングをしていた時期もあったので山と高原地図は持っている。
それとツーリングマップルが手持ちの紙の地図。

林道からシングルトラックに踏み込もうと思ったら、この地図だけでは情報不足。
というわけで2万5千分の1地図をてにいれようと思ったのだが、書店をうろついていると平積みになった一片の地図が目に入った。

高尾山周辺の1万2千5百分の1の登山地図だった。

著者はどこかで聞いたことがあるような….などとはっきりしないまま、地図の縮尺と表示エリアがこれからMTBで走りたい山域とかぶっていることから買って帰ることにした。

帰宅してひろげてみるとテーブルいっぱいになるほど大きな地図。
登山データもかなり詳細。
これは力作な地図だ。編集にあたって相当労を要したに違いない。


地図をテーブルに広げ、立ち上がって上から俯瞰して走行ルートをイメージしプランニングする。


どこまで走れるかわからないが、イメージは膨らむ。
これならシクロクロスからMTBにシフトしても後悔しないで済みそうな予感が一段と増してきた。
[PR]

by jake490 | 2012-02-03 16:33