空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2011年 12月 31日

醍醐林道から陣馬山へ

今年最後のライドはシクロクロスで陣馬山にアタック。
まだ脚を踏み込んだことがない和田峠から陣馬山に至るトレイルを走ってきました。
登山道を走るのは初めての経験です。

e0123825_1925322.jpg


陣馬街道を夕焼け小焼けの里を過ぎ、和田峠を向かうには左折するところを直進すると醍醐林道。
このあたりからは周囲は霜が降りて真っ白。寒さも半端ないです。
シューズカバーをつけているのにつま先からしんしんと寒さが侵食。

路面凍結に注意をしながら坂を登って民家が切れ山に入って行きます。
山に入ると木立に日光が遮られ一段と寒さが厳しい。
登坂する熱量と気温と相殺してバランスを取りながら寒さをしのいで登っていく。

景色がよさそうなひだまりを見つけたのでそこで一息いれるようと思ったら先客に猿が…..
目を合わせないようにビビりながら横を通過。
猿の方が根性がすわっていて逃げもせず、こちらをチラ見するだけ。

e0123825_19251422.jpg


逃げないんだったら写真とっておきゃよかったなぁ、と思いつつ、景色のいいひだまりで一息入れる。
風もなく静かだ。
腰の痛みが和らいだらまた坂を登り始める。

e0123825_19252025.jpg


醍醐林道のクレストは印も何もない。
標高が高くなるにつれ日陰の寒さが勝ち始める。
日差しを求めてジワジワ登る。

e0123825_1925278.jpg


醍醐林道のクレストは醍醐峠と名前がついているが、この林道に標識もないので最も高いこのあたりが峠かも、と脚を止めて東に広がる展望を眺めて一休み。
ここから南へ下って行くと山と山の間の鞍部の大和田峠に至る。
短い未舗装な部分があるが上手く脱重して走ればロードでもいけちゃうかもしれない。

e0123825_19253824.jpg


和田峠には大晦日だというのに登ってきたロード乗りが数人休憩中。
皆さんがんばりますね〜

さてここから陣馬山に登って行きます。
軽自動車が走れそうな道幅はすぐに狭まり山小屋に荷物をボッカする小さな運搬車が通れるだけの道幅となる。
登山道としては広い方なのだろうが、ドロップハンドルを握る身にとってはとても狭く感じる。

e0123825_19302958.jpg


傾斜がきつくインナーローで登ってもバランスをとる自身がないのですぐさま押しに入る。
トレイルを走るにはバランス感覚をもっと鍛えないと走れないな。
一短押しにはいると山頂までほぼ乗車することなく押しの一手だった。

e0123825_19313522.jpg


陣馬山山頂は360度展望がきくゴキゲンな山頂だ。
気持ちいいぞ〜〜〜

e0123825_19314245.jpg


浅川CRを走っていたときは山頂が見えてた富士山は残念ながら雲がかかってしまったが、それはそれでいい眺め。

e0123825_19314594.jpg


都心方向も眺めが良いから、スカイツリーも見えるはず….
きょうはかすんでよくわからなかったけど。


登山客の昼食風景にお腹がぐっとすいてきた。
体が冷えないうちに降りるとしよう。

ブレーキがち握りで超ビビりながらトレイルを下る。
ぬかった溝にタイヤを取られて冷や汗をかいたり、石に弾かれて谷側に振られたりと、トレイルと格闘しながら和田峠まで。

峠につくと安堵の息が漏れる。
ウインドブレーカーをはおり、さび〜〜〜と雄叫びを上げながら陣馬高原下までおりる。
降りても寒さが変わらないじゃん。
凍結した路面に注意しながらペダルを回し、恩方のセブンでカップ麺をすすってようやく人心地ついた。

凍えながら食べた担々麺、サイコー。
もちろん初のシングルトラックもスリル満点(腕がないだけだけれど)

ショートトリップだったけれど良いランができた。
[PR]

by jake490 | 2011-12-31 19:35 | シクロクロス的なハシる
2011年 12月 29日

26inch or 29inch されど 700

煩悩な日々
そう、資金さえあればこんな煩悩などないし、ないからこそ悩める楽しみがあるのだ。
ただ、これは煩悩というよりは妄想に近いかもしれないが。
来年はもしかして….な夢として…..

通勤と野遊び用のシクロクロスが疲れてきているのは前にもお話ししたとおり。
このシクロクロス、痛んできてはいるが愛着もある。
ただ、知識も浅い頃に買ったこともあり、自分にとってサイズが小さい。
補修しようとしたら結構高額なコストが掛かりそう。
なのが悩みのタネ。
だましだまし乗っちゃえば、まだまだ乗れちゃうのも確か、でもある。


一方、私と遊んでくれそうな方々はMTBerな方々でもあり、もともとオフロードを走るのは嫌いじゃないんだな、これが。

いまMTBの流れは29er。
走破性や走行性能のメリットも伝え聞いているので選ぶとしたら29erに傾く。
自走派なのでトレイルまでの移動も29erに優位だし、通勤にも使うと考えるとますます29er。
現実味がある価格帯にあるのはキャノンデールのSL29er3。

e0123825_12161744.jpg


もう一台はゲイリーフィッシャーのcobia。
e0123825_12164229.jpg



SL29er3はなかなか良いと思うのだが、フレームの色がいい色なんだけど自分的に見飽きちゃっているいるのが玉にキズ。
フロントサスが重そうだけれど、キャノンデールならいずれレフティ化する手も残っているのがメリット。
コンポ、ブレーキとも上を見ればきりがないが、自分ごときが使うには十分壊れるまで使えるグレードのものが付いている。

一方、cobiaはさすが元祖MTBゲイリーフィッシャーだけに、なかなか良いパッケージング。
吊るしのままでずっと乗れちゃう感じがする。
気になるのはスラムのコンポの信頼性ぐらい。
買うならこっちに傾くのだけれど、一緒に遊んでくれそうな方々はCannondaleな方々なのですよ…..
なので
e0123825_12173751.jpg

キャノンデールでセレクトするなら、SL29er3よりもSL2が完成度が高い気がする。
こちらも吊るしのままでずっと乗れちゃう感じ。
レフティ化もできるけど26inch。
キャノンデールの12年モデルで食指が動くのはこっち。

なんだが…..26inchが悪いわけじゃないけど、通勤、普段の下駄がわり&週末にトレイルなんて使い方をするには29inchが良さげなんだよね〜〜

で、なにも決まらないんだな〜〜
[PR]

by jake490 | 2011-12-29 12:21
2011年 12月 27日

2011年というこの1年

e0123825_12352838.jpg



今年も終わろうとしています。
3.11東日本大震災、その上不況が厳しくサバイバル戦な日々をかいくぐって来ました。
そんな時下ですから、自ずと自転車活動は停滞気味。
自身がお疲れ気味&テンションダウンなのが、それに拍車をかけていました。


それでも大きなトピックとして、ほぼ一人で走り回っていた個人的世界だった自転車活動に大きな変化が…..
それというのもキャノンデールオーナーグループ(C.O.G)のSNSに参加して、趣味を同じとする人たちと交流し始めたこと。
ほとんどがオンラインのお付き合いですが、初めてオフラインでお会いしたIさんとツーリングしたときはホント楽しくて新鮮な時間を過ごせました。
ハードルを一つ飛び越えた実感があります。
そしてそれを期にMTB選手のKAZUさんとお会いしたり、出場するレースに応援に行ったりとかなりオープンになりました。
これは温かいC.O.Gの皆さんのおかげで開けたと思います。


機材的には大きな変化はありませんが、GPSの導入で走るバリエーションがが広がりました。
使い方としては、予めルートをPCで作成したものをGPSにダウンロードして、そのルートをトレースする方法です。
不案内になりがちでルートが見つけにくい山間部ツーリング練習路の開発など随分役に立ちます。

また走行ログも取れるのもいいですね。

ただ….
走ってみたいルートをかなりデータ作成しているものの、休日が潰れたり、走るテンションが上がらなかったりと、全然走れてない….Orz

ちょっと前までは時間が厳しくともなんとか自転車に乗れる時間を作っていたのですから、これは何とかしないと。

劣化してしまっているのメンタルとフィジカル。
こいつをなんとかやっつけて起死回生。
2011年が終わるのではなく2012年がまもなくスタート、という気概でこの年末を乗り切ろうと思います。


今年一年お世話になった方々、ありがとうございました。
[PR]

by jake490 | 2011-12-27 12:41
2011年 12月 22日

lefty

キャノンデール珠玉のフロントサスペンション



leftyの優位性についてほとんどしらなかった。
ただ、軽量性に優位があることは素人な私でもよくわかる。
しかしだ….
片側1本だけで強度が不安だったり….
独創的な製品は、そのひらめきに惹かれると同時に独自性が故に不安がないわけではない。
それを払拭するにあたいするビデオだ。
[PR]

by jake490 | 2011-12-22 23:10 | 動画
2011年 12月 21日

手の込んだヌーディーなクロモリ

e0123825_215518100.jpg


ロウ付けのあと、滑らかにヤスリがけをし、ブラッシュ仕上げ。
そして最後にクリア塗装でフィニッシュ。
手間のかかる仕事を感じさせるフレーム。
それだけでも所有欲が湧くというものだ。

ラグとは違ったロウ付けのあとがデザインのアクセントになっているのが面白い。

完成車二十数万円で売られているクロモリロード。
コンポーネントは105だがブレーキがテクトロなのはちょっと残念。
サドルとホイールは変えたいなぁ。

レイノルズ525のフレーム、ストレートフォーク、どんな乗り味なのだろう。
試乗してみたいものだ。
[PR]

by jake490 | 2011-12-21 21:56
2011年 12月 17日

和田峠から甲武トンネル

e0123825_19261792.jpg


今シーズン一番の寒さかもしれない。
空気がキンと冷えて皮膚に触れると刺さるようだ。
晴れているこんな冬の日は富士山がくっきりと見える確率が高い。
路面凍結はコワイけれど、峠に行ってみよう。
峠からみる富士山は美しい。


CAAD9に久しぶりに乗る。
しばらくまともに自転車に乗っていないのでロングライドするには自身がない。
なので近いところで走りごたえがあって富士山が見えるところ….
となると和田峠ですな〜


八王子バイパスから陣馬街道に進むには追分の交差点を右折できないので、一旦千人町まで進み右折。
日吉町の交差点を左折して陣馬街道を和田峠に向かう。
川原宿を過ぎると交通量も減り、風景も里山を近くに感じられるようになってくる。
と同時に気温が一段冷える。

陣馬高原下へ左折すると山間に入り、低い冬の日差しが届かず、寒さ倍増。
路肩の叢には霜が残っている。
路面も夜露が凍った様子が見て取れるので、慎重に走っていく。

陣馬高原下のバスのロータリーから和田峠まで3kmちょっとの登り。
さらに気温が低くなった坂を登り始める。

グローブを外し、ジャケットのジッパーを下ろし、発汗を抑えて登る。
呼吸は吐くことに集中し、リラックスしてペダルを回す。
登坂速度はゆっくりだ。

静寂な林の中聞こえるのは自分の呼吸だけ。
走り込んでいないので登りはことのほかキツかった。
なんどか足をつこうと思った。
泣き言もいった。
でも、今まで写真を撮る以外はいままで止まったことはない。
だから意地、もう意地でダンシングを混ぜながらなんとか峠まで到着。

e0123825_19273292.jpg


登り切った達成感と、今までになく苦労した今の脚力にがっかりしたのとミックスされたフクザツな気分で和田峠に立つ。

呼吸を整え、上野原方向に下る。
そう、登ってきた人だけが見ることができるご褒美の風景を眺めるために。

e0123825_19282410.jpg


いつになく富士山は美しい。
全容がクッキリと見渡せるのはこの時期ならではだろう。
ほのかに温かい冬の日差しの中、眺めていると無心になれる。
ああ、満足だ。


ウインドブレーカーをはおり上野原方向にダウンヒル開始。
日向で温まった体はあっという間に冷える。
ウインターグローブの中にしんしんと冷気が忍び寄る。
頬が切れそうだ。
路面がドライなのが救い。


温かいうどんを食べようと思っていた食堂には暖簾がかかっておらず休みらしい。
どうせまた坂を登って温まるからいいや、と凍えながらスルー。
デイリーヤマザキで温かいお茶と大福を食し、お腹もひとごこちつける。

e0123825_19293367.jpg


伏兵のようなゴルフ場脇の9%、10%の坂をノロノロ登ってクリア。
これが和田峠を越えてきた脚によく効く。
山腹を走っているせいか正面に富士山がドンと現れるとびっくりする。

で、このエネルギー切れの脚で棡原から甲武トンネルに登るのだ。
しんどいものの和田峠よりも傾斜が緩やかなので、じわじわと標高を稼いでいく。
それにしても今日は静かだ。
ほとんど車もモーターサイクルもすれ違わない。
静かな山旅が続く。

e0123825_19324033.jpg


甲武トンネルに近づくと行く手に東屋が見えてくる。
ここも富士山がドンと見えるビューポイント。

息をはずませながら富士山をながめる。
太陽の位置が変わって斜面が白く輝いている。
この富士山も悪くない。

汗が引くまで眺めていた。


さて、富士山の眺めを堪能したら甲武トンネルをくぐって檜原街道におりて秋川に向かう。
ウインタージャケットを着ているにもかかわらず、ダウンヒル&檜原街道はウインドブレーカーを着ていないと寒い。

戸倉のセブンでようやくウインドブレーカーを脱いだ。
ジャムパンを補給して小峰トンネルをくぐり秋川街道を八王子へ。
山間部と比べ八王子市街はずいぶん温かい。温度差がかなりある。
日がずいぶん傾き、影の長くなった浅川CRを走って帰宅。

久々のロード、楽しかった〜
[PR]

by jake490 | 2011-12-17 19:34 | ハシる
2011年 12月 15日

クロモリロードは美しい

MASI GRAN CRITERIUM
70年代ロードバイクの復刻版なイメージ

e0123825_22162378.jpg


レースにはでないファンライド中心だけれどレーシーな乗り味も味わいたい自分。
クロモリロードは魅力的に見える。
時間を越える普遍的なデザインはブレのない生き様を表徴している雰囲気を醸し出す。
[PR]

by jake490 | 2011-12-15 22:17
2011年 12月 14日

目に毒なFlashの30%OFF

気分転換とマーケットリサーチにY'sロード多摩川店へ。
このところハマっているMTB売り場を徘徊していると、店内はセール中。
当然MTBも車種によってお買い得なバイクが。
なにげに壁面に展示されているFlashをみたら、なんと30%OFF!
衝撃が起きました。

高嶺の花がもう少しで手が届く所に来た。
いっちまうか…..全てを忘れて…..

e0123825_16353918.jpg


レースと言うよりはツーリング、ファンライド嗜好の自分にはクロカンレーサーなんてもったいなさ過ぎます。
が、シンプルで軽量、Cannondaleのバイクらしさが人目でわかるlefty
そしてオンロードでも軽い走行感、ともなればベストチョイスなのです。


でも、でもです、
MTBを購入したらシクロクロスをドナドナしなければなりません。
通勤にも使います。
帰宅時に尾根幹錬にも行きたいです。
トレイルのあるフィールドに行くためのトランスポーターを持ってません。
基本、自走派ですのでMTBでロングライドできるか…..

と山積する問題が….
だからシクロクロスにしたって経緯があるんですね。



それを覆せるだけの走行性能がFlashにはありそう…..

でもワタシの中の冷静なもう一人のワタシが、そっとなだめるのでした。
まだ時期早々ですよ〜〜 と。
[PR]

by jake490 | 2011-12-14 16:36
2011年 12月 12日

Red Bullエナジードリンク

栄養ドリンクを飲む習慣は無いのですが、たまたま、コンビニのくじでRed Bullが当たりました。

e0123825_9441215.jpg


ポタリングやツーリングの時に当たりくじを交換するつもりでしたが、この週末は所要で自転車活動は無し。
ということで、交換期日も迫っているので、最寄りのコンビニで交換してきました。

栄養ドリンクは全く興味はないわけではありませんが、容量、効果など考えたときにコストパフォーマンスが高いのでは、と思っていたので手に取るのは新鮮です。

こういったドリンク類はライバル商品との差別化で目立つようにデザインされていることが多いのですが、Red Bullはおとなしめのデザイン。
何気なく缶を眺めているとプルタブに意匠を施してあるのに気づきました。

こういったさりげないデザインは結構好みです。
[PR]

by jake490 | 2011-12-12 09:47
2011年 12月 09日

rides on MTB

そうそう何台も自転車を所有できないのでMTBは子どものものを借用している。
妻に言わせれば2台(ロードとシクロクロス)を所有している事自体、贅沢な話なのだ。
かくいう自分も台数を増やしてはメンテの手も届かなくなるので2台所有が身の程で余りあるとも思っている。

でもだ…..
MTBに乗ると楽しいのだ。

e0123825_1923428.jpg


タフな仕事が続いたり、諸事情があってメンタル的にもフィジカル的にもダウンしている最近は、朝が起きれなかったり、ロングライドに出かけるモチベーションが希薄になって暫く経つ。
そんな心境でも自分に問うてみればやはり自転車に乗りたい。

ジャージ、レーパンに着替えることなく、ジーンズにウインドブレーカーを羽織って近所の里山を一走りしてみると気分も変わってくる。
紅葉の季節から落葉の季節へと季節は進み、里山の中を走りまわるにはベストシーズン。
低い木漏れ日の中をサクサク音を立てて歩くようなスピードで走っていると、もう少しトレイルを走りたくなってくるというものだ。

ロングライドはできなくても、もう少し脚を伸ばせば、まだトレイルが残っていそうな所が点在している。
まずはそこに脚を踏み入れてみよう。
ヤワなホイールのMTBだがタイヤを変えて、里山トレイルをポタリングぐらいはできるだろう。

MTBの世界はここらから….
街乗り用のスリックタイヤからブロックタイヤに履き替える。
それでどこまで走れるか。
それでどこまで楽しめるかを見極めて….

どんな世界が広がるのだろうか。





だからといって新たに3台目を所有としての投入はまずありえないなぁ
懐具合から言ってもw
[PR]

by jake490 | 2011-12-09 19:04