<   2011年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2011年 05月 31日

You are not alone ひとりじゃない

プロロードレーサー別府選手の東日本大震災支援に賛同してブレスレットを購入した。
売上金の全ては赤十字に寄付される。

e0123825_23395863.jpg


私としては友人が被災地にいる。
だが、なにも手助けに行けないし、何も出来ないのが現状だ。
実際現地に赴いてもなにもできないのだろうが、すくなくとも元気づけることぐらいはしたい。

このブレスレットをはめることに当初躊躇した。
というのは、なんとなく幾許かのお金を寄付したことを誇示するように思えたから。
こんなことはさりげなくやるのがいい。

でも、これは自分への意志証明。
人を元気づけられる強さと思いやりを持つこと。
直接被災地に手をさしのべることができなくとも、日々の生活が生産的であれば復興の一助になること。


自分的には
We are not alone
な感覚。
[PR]

by jake490 | 2011-05-31 23:41
2011年 05月 29日

Specialized BG Pro Giove

お気に入りの指切りグローブをダメにしてしまったので、新しいグローブを購入しました。

e0123825_374145.jpg


ショップを巡って下見を重ねましたが、いいものは高く、それなりのものはそれなりに。
なかなか手頃で気に入ったものが見つかりません。
ならば同じパールイズミのプレミアムグローブに、とも思いましたが、やっぱりそれはつまらない。

そこでデザインコンセプトが分かりやすいスペシャライズドのグローブ2種の中から選ぶことにしました。
ひとつはBGグローブ、もうひとつはBG Proグローブ。

BGグローブは手のひらにしっかりパッドが入っていて、ハンドルのどのポジションをとってもパッドがクッションとなりソフトにハンドルを握れるのが美点です。
グローブをはめてハンドルを握って試してみましたがよく出来ています。

BG proグローブは手のひらの手首側にパッドが入っているだけで、ハンドルを握った感覚はダイレクト。
上ハンでリラックスポジションを取ったとき、そのパッドが有効になるといったデザイン。

e0123825_381265.jpg


選択の決め手はブラケットポジションや下ハンを握ったときのダイレクト感。
パワーをかけたとき力の支点となるのでしっかり握りたい。
なのでクッション性よりもダイレクト感優先でBG proグローブを選択しました。

手のひら下部の分厚いパットはロングライドで消耗した際、リラックスポジションを取ったとき役に立つでしょう。
[PR]

by jake490 | 2011-05-29 03:08
2011年 05月 25日

指切りグローブがミイラ化しちゃった

e0123825_2244356.jpg


汚れすぎたグローブを風呂にはいるときに一緒に洗濯。
す〜ごく汚れてたなぁ
モミモミ洗ってすすいで陰干し。

次のツーリングの時は気分良く嵌められる♪
と乾いたグローブを見たら、何か変….

縮んじゃって小さくなってる,,,,
革がバリバリ…

無理やり嵌めてみたものの、小さくて絞めつけられて手が痛い(>_<)
柔軟性を失った革がささくれて不快….

残念なことをしてしまった….
[PR]

by jake490 | 2011-05-25 22:45
2011年 05月 21日

ハンガーノックな有間峠

自走で帰ってこれないんじゃないか….
そう考えたくらいノックアウトな峠越えツーリングでした。
e0123825_133381.jpg


夏日が予想される今日は早起きをして家を出ようと目覚ましをかけて就寝。
にもかかわらず、何時もより遅い時間に起床。
なにやってるの、自分Orz


パンにバナナと牛乳の朝食を済ませ、八王子市街を抜けて、多摩サイ〜羽村〜青梅へ。
東青梅から小曽木街道にはいり、いつもなら根ヶ布のセブンイレブンで補給するのだが、時間を稼ぐためにスルー。
思えば、これが落とし穴のはじまりだったんですね。

e0123825_134240.jpg


吹上トンネルをぐぐり成木街道に進むと、上り基調ではあるが落ち着いた山村風景がひろがり、木陰の涼感をたのしみながらペダルをこいでいく。

名栗までの関門である小沢峠の直登を登り切ると山並みをひとつ越え、少しひらけた山村風景に変わる。

e0123825_1343811.jpg


気温が高く、名栗湖でボトルは空、有間峠の登坂をまえに水を補給。
これから登っていく峠を見上げながら、石垣にこしかけ一休み。
日差しと風が気持い。

名栗湖に注ぎこむ逆川上流に向かって走りだすと、空腹感が少し。
そう問題はないだろうが、峠のてっぺんでおなかがすいているのは嫌だなぁ。
と通りかかった観光釣り場でソフトクリームを売っていたので、即購入。

遅れてやってきたサイクリストと談笑しながらたいらげる。
ちょっとものたりないけど、ま、いいか〜

e0123825_1352783.jpg


いきなり10%前後の上りがはじまる。
力まず体幹の筋肉を意識して動かしてペダリング、が最近のテーマ。
どこまでも休まずにのぼていけるゆっくりペースで標高を稼いでいく。

e0123825_1355648.jpg


谷筋を登っているときは木陰にいるが、中腹に登ってくると空が開ける分、日差しを受ける。
暑い!!
腕に玉のような汗が浮かび、流れだす。
ボトルの水を口にする回数も増える。

e0123825_1364712.jpg


傾斜も一段落して中腹をナメるようになると、高度感のある風景を堪能できるようになる。
この気持の良さは自分の足で登ってこなければ味わえない。

なかなか峠につかない、まだかな〜
いつもならそういう思いは封印して走っているのだが、今日は表に出てしまう。
脚が重い、体も重い。
この峠越えはきびしいなぁ。
と、カーブを抜けると峠だった。

e0123825_1374150.jpg


まいった〜、今日はやられたな〜
そう思いつつ、眼下に名栗湖を見下ろし、峠に登った充実感に浸る。
少し眠気がする。
名栗湖にもどろうか、それとも秩父に下るか…

おそらく秩父までは下り一本調子だろうし、下っていくうちに回復するだろう。
迷わずハンドルを秩父方面へ切る。

秩父方向に下っていくとにわかに意識がおかしい。
落石だらけの下りなのに集中できない。
異様な眠気とダルさ。

e0123825_1383842.jpg


なんかおかしいな〜
峠を越えた先にある山並みの変化を楽しみながら休憩をいれる。

ダム湖ちかくまで降りてきてちょっとした登り返しでまったく脚が動かない。
これって限りなくハンガーノックに近い症状?

自販機でスポーツドリンクを補給して意識は少しまともになるが体は重いまま。
マズイぞ、これは。

浦山ダムの売店で涼みがてら休憩。
でっかいダムだな〜とボンヤリ頭で考える。

ひょっとして僕はもう走れないんじゃないか…
そんな不安が頭をよぎる。
すぐさまそれを否定する。

なにか食べれば大丈夫。食べよう、食べよう。
秩父市街に下り、予定していた食事処をさがす。
お目当てにしていた味噌豚丼の店は行列ができていた。

待ってられない。
向のコンビニでご飯にしよう。
あ〜、おにぎり弁当の棚がほとんど空!
あった!パスタでいいや。

店先に座り込みパスタを流しこむように食べたが、満腹感とは程遠い。
だが、食べ過ぎも良くないだろう。

気持ちがせいているのか、すぐに走り出す。
おなかがこなれるまでゆっくり走ればいい。
止まっていると、動けなくなっちゃいそうだ。

脱力系ペダリングでR140からR299へ。
R299の上りが辛い。
インナーにギアを落としてゆっくり登る。
上がらないペース。重くなる脚。

芦ヶ久保の道の駅で早々にドリンク休憩。
正丸トンネル手前の県53の入り口でまたも休憩。
調子は戻らない、でも自走で家に帰れる気になってきた。

e0123825_1392945.jpg


山伏峠はだらだら坂でゆっくり登るぶんには楽にクリア。
いままで無かった、新しく設置された道標の前でスナップ。

落車経験のある山伏峠下り、意識はだいぶしっかりしてきたので注意深く降りて名栗湖まで。

e0123825_1310080.jpg


うちの奥さんにお土産にルバーブジャムを購入。
売店まで坂を登らなきゃならんのだが、愛の力で?買いに登る。

ゾンビのように小沢峠をのぼり根ヶ布までの坂を廃人のようにのぼる。
根ヶ布のセブンイレブンでガリガリくんほか多数補給。
このころになってようやく昼のパスタが効いてきた。
だんだん元気になってくる。

奥多摩街道からふたたび多摩サイをふらふら走って浅川CR

ここで腹筋と腿、脹脛が痛くなってきた。
西に沈む太陽を眺め、自力で帰ってきた自分を褒めてあげたい気持ちと、ハンガーノックをおこしたセルフマネージメントの無さに情けなくなる思いが同居する。

でもまあ、いいんじゃない。
これからちゃんと食べてはしるようにすれば。
と、結果オーライ的に納得してみる。

まずは無事に帰れてヨカッタヨカッタ。


ルートラボ「有間峠」


走行距離148km AV 18.1km/h 63.6km/h
[PR]

by jake490 | 2011-05-21 23:02 | ハシる
2011年 05月 20日

assos FI.UNO S5

ほぼ衝動買い。
そういってもいいでしょう。
でも、3本あるレーパンはくたびれてきていたので、ジテツウならまだしもツーリングには新しいいレーパンがほしいと物色していたことは確かです。

e0123825_23451335.jpg


会社帰りになるしまに立ち寄り、ビブを物色。
ロングライドにはレーパンよりもビブのほうが楽です。
なので、いろいろなメーカーのものをチェックしてどれか決めようと思っていました。
とりあえずは下見のつもりだったんです。
で、掘り出し物があれば、買っちゃおう、なんて思っていたぐらいで。

定番のパールイズミをチェックしているとミヤケくんがassosはいかがですか、なんて提案してきたのですが、品質がいいが値段もいいassosなんて、はじめから想定外です。
断ると、いやいやお求めやすい価格になっているんですよ、と勧める。

試着をしてみたら、あまりの心地良いフィット感に心変わり。
価格も想定よりも高いが大きく外れているわけでもない。

ああ、散財だ〜と思いつつも心はグラリ。
買ってしまいました。


パッケージは高級感たっぷり。その中身はカタログのほかに

e0123825_23454848.jpg


洗濯ネット。
自転車用のウエアは基本的に洗濯ネットに入れて選択しているので、もうひとつあると助かるなぁ。
洗濯ネットに入れる入れないでウエアの痛みが違うので、できるだけ洗濯ネットににいれて洗濯した方がいいね。

e0123825_23462290.jpg


シャーミークリーム
じつはまだつかったことがない。
だから興味深々。
地肌に塗るものかと思っていたのだがパットに塗りつけるらしい。

e0123825_23464022.jpg


洗剤
こんなものまで付いてくるとウエアとしてデリケート過ぎると心配したが、ヨーロッパでは洗剤のクオリティが低いらしく、日本の洗剤ならまったく問題がないとのこと。

その他、メーカー保証の手厚さなど、値段なりにユーザビリティが高いので満足満足。
買ってよかったかも。

とりあえずは明日のツーリングに履いてみよう。
[PR]

by jake490 | 2011-05-20 23:47
2011年 05月 19日

脱力系で多摩サイ〜連光寺〜尾根幹

なんと今月初めてのジテツウ。
Jakeに乗るの、久しぶりだな〜

e0123825_22481066.jpg


CAAD9に乗り慣れてしまった体には、久しぶりに乗るJakeはとても重く感じる。
それもそのはず、35Cの太さ、重量約500gのタイヤだもの、脚ごたえたっぷり。

ひとまず仕事が一段落した今日は定時で終了。
さっさと会社を出ていざ多摩サイへ。

向かい風の多摩サイをユルリと走る。
引き脚を重視し体幹の筋肉を意識したペダリングで力まずに走る。
LSDよりも少し強度は高め。
ともかくスムーズなペダリングを心がける。

連光寺の上りはガッツリ系。
じわじわ体を追い込んで坂の上で一杯一杯になるような走り方。
尾根幹までの道のりはリエゾンで回復し、尾根幹はアップダウンがある分強度は上がるが、脚よりも体幹でペダリングを意識して走る。

尾根幹を降りる手前で水分補給にコンビニストップ。
ここで日が暮れた。


自転車にのるとメンタルとフィジカルのバランスが回復するのだろうか、リラックスできて心地良い疲労感に包まれる。
多忙な日々からひとまず解放された今、心地良い眠りにつけそうだ。
[PR]

by jake490 | 2011-05-19 22:48 | ジテ通
2011年 05月 18日

タイヤを変えてみよう

ロードの完成車を買ってしばらく乗り込んだら、一度は高級タイヤに履き替えてみよう。
走りが格段によくなるはずだ。

e0123825_18405740.jpg



通勤が主だったり、フラットな市街地を走っているだけならなかなか高級タイヤの恩恵に預かれないが、廉価なタイヤから高級タイヤに変えてみると走行フィーリングが変わる。
路面からの突き上げが穏やかになったり、走行感が軽くなったり….
と自分のバイクのグレードが上がったような感覚を味わえるし、安全マージンも高くなる。

やはり、路面と接触するタイヤは最も重要なパーツであることに間違いない。
[PR]

by jake490 | 2011-05-18 19:49
2011年 05月 15日

表ヤビツ峠から宮ケ瀬湖

五月晴れの週末を仕事で埋もれてしまうのはとても悲しい。
私に残された時間は今日の午前中のみ。
ここを走らずにいられようか。

e0123825_18512261.jpg


午前2時半に帰宅して、未明に出発すればヤビツ峠にいけるなぁ。
などと画策するするものの、少しは睡眠をとっておかないと後に差し障る。
で、仮眠をとったけれど、やっぱり布団の魅力に打ち勝てなかった。

5時にセットした目覚ましが鳴ってから布団から脱出したのはその30分後。
6時過ぎに自宅をでる。

すでに日は高く、この季節ならではのひんやりとした空気。
空は高く雲ひとつ無い。

1週間自転車に乗っていなかったし、睡眠不足は否めない。
調子があがらないまま尾根幹を通過し、体が動くようになったのは厚木をすぎてからだった。

夜明けと同時に名古木について、登る朝日を受けながら登坂できなかったのは残念だが、早朝の空気の清々しさが気分を明るくする。

e0123825_1852539.jpg


善波トンネルを通過すると目の前に富士山がドンと現れた。
何度か通過してきたが今日はじめてこんなにクッキリ富士山が見えた。
思わず脚を止めてしまう。

ここまでのアベレージは26.2km/h
ガッツリ走ってこれたが、名古木からの上りはそういうわけにはいかない。

コンビニでボトルに水を補給して蓑毛までの上りに気力が萎えながらものぼり、バス停の登山客に弱めを見られないように我慢我慢。

バス停を過ぎると木立の日陰で涼みながら標高を稼いでいく。
TTな人たちが喘ぎながらハイペースで追い抜いていく。
彼らのアタックに反応していたら心臓が止まっちゃうなぁ。
と、うそぶきながらも、できるだけ自分を追い込んでいく。
これは峠で感じる達成感を増幅するため

e0123825_18525657.jpg


菜の花台で景色が開けると富士山がそびえ立つのが見える。
美しい。
今日は江ノ島までディテールがはっきり見える。
軽く脚が笑っているが展望台から富士山を眺め、心拍が落ち着いたところでヤビツ峠に向かう。



背後に自転車が迫ってくるのを察知していたが、峠目前で抜かれるのは勘弁。
ピッチを上げて喘ぎながら峠に到着。
いきを切らして歩道に腰を掛けると、もう初夏の日差し。
眩しい。
売店でコーラを買って日向ぼっこ。

e0123825_1857112.jpg


お腹から炭酸が抜けて、汗も引いたところで裏を下る。
木陰と日向のコントラストが大きいうえに路面も荒れているので走行ラインが定まらない。
ゆっくり走るスクーターをパスしたらブラインドからクルマが出てきて急ブレーキ。
リアが横にスキッドしたが転倒はまぬがれた。
ドキッとした瞬間。

気をつけなければ、と思っているところで抜けていた自分の注意力を反省。
オーバーペースにならないように慎重に下る。

e0123825_18574452.jpg


裏ヤビツはすっかり夏景色にかわろうとしてる。
木々の葉は生い茂り、あとは夏に向かって緑が深くなっていくだけだろう。

e0123825_18585556.jpg


下っているときは涼しいが、立ち止まれば日差しが暖かい。
谷の清流と木々の緑を堪能する

登坂アタックで下を向いて走っているサイクリストもいるが、この景色を見ずにはしるのはもったいない気もする。

e0123825_1905193.jpg


下りで脚は回復していくが追いつかない。
ふがいない自分を叱咤しながら駆け下りる。
狭い荒れた舗装林道の様から車線が広がり、補修された路面に変わるともう宮ヶ瀬湖は近い。

アウターにかけたギアの重さに打ち負けないようにペダルをまわす。
傾斜が緩み空が広くなるともう宮ケ瀬湖。

e0123825_1913886.jpg


一段と青い湖面。抜けていく風。
午後から仕事…なんて無粋なことはおいといて、ここは風に身を任せてみよう。
ゆったりと。



走行距離 106km AV 22.5km/h MAX 59.2km/h
[PR]

by jake490 | 2011-05-15 19:02 | ハシる
2011年 05月 08日

多摩サイへお茶しに

ペットボトルのお茶をボトルゲージにつっこんで多摩サイを狛江スロープまで走り、そこでお茶を飲む…
という、とてもシンプルなライド

e0123825_17554250.jpg


天気がぱっとしないGWの最終日ともいえる今日は快晴。
腰に痛みがまだあるので午前中Y'sをパトロールしていましたが、やっぱり自転車に乗りたい。

昼食後、「ちょっとこの辺ぐるりと回ってくるね〜」と家を出る。
浅川CRから多摩サイを下流へ。
人出が多いCRはユックリと。人並みが途切れたところでちょこっと加速。

狛江スロープで柵に寄りかかり、心地良い風に身を任せながら飲むお茶はとても美味しい。
何も考えず、雑念を捨てて、ただお茶を飲む….なんて幸せなことよ。



そのままUターンするのも芸がないので、稲城から尾根幹に上がる。
腰の様子を確かめながら追い込んでいく。
坂をダンシングで登ってみたり、高ケイデンスで回してみたり…
南野セブンイレブンをまえにオールアウト。

これいじょうはやったら腰が不安なのでペースダウンしながら尾根幹をおりる。
酸欠から戻ったところで野猿街道を45km/hで数kmとばす。
多摩丘陵トンネルの坂をゆっくりダンシングでのぼりファミマで休憩

e0123825_17561917.jpg


ガリガリくんの季節がやって来ましたねぇ。
美味しいなぁ
頭がキーンとしながら汗がひいていく。

再びゆっくりダンシングで多摩丘陵トンネルをくぐり、旧多摩テック脇をぬけて浅川CRで帰宅。

今のところ、腰は大丈夫。
来週は天気が悪そうだから、少しでも走れてヨカッタ。
[PR]

by jake490 | 2011-05-08 17:57 | ハシる
2011年 05月 07日

腰痛再び…..

無精者の私….またまた腰痛にみまわれました。
まだ軽い痛みなので、早めに対処しればいいのですが、このくらいの痛みなら…と
放置してました。

昨日は無理をせずジテツウを控え、おとなしく。

e0123825_9393732.jpg


腰痛の原因は第4、第5腰椎間の椎間板がうすいことからなる坐骨神経痛。
起因は疲労が溜まって体が硬くなっているのにもかかわらず、峠越えなど負荷のかかるツーリングを繰り返し、疲労の蓄積を進めてしまったこと。
もうひとつは、そういうウイークポイントを持っていながら体のメンテナンスをしてこなかったこと…

喉元過ぎれば熱さを忘れる….ってやつです。

昨晩はゆっくり湯船で腰を温め、ストレッチとセルフマッサージ。
今朝起きたらずいぶん痛みが緩和されていました。

その後、朝の空気を楽しみながら散歩して、骨盤を動かし、歪みや筋肉を弛緩させることにつとめました。

しばらく腰湯、ストレッチを続けることにしましょう。
[PR]

by jake490 | 2011-05-07 09:40