空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2011年 04月 29日

明神峠〜三国峠2011April

GW初日の今日は明神峠〜三国峠にアタックです。
このところ全然走れていないのに手強い峠にアタックするのは無謀ですが、GW中いつ出社コールがかかってくるかわからない身の上、行ける時に行かなくっちゃ。
一抹の不安はありますが行ってみましょう。

e0123825_23392767.jpg


凄いことです。目覚まし時計が鳴る前に目を覚ましました。
でも、あと5分あと5分と寝床でグズグズしてましたけどww

ウエアは半袖ジャージにUVアームカバー、レーパンにニーウォーマー
朝は気温が低めなのでウインドブレーカーを羽織ってスタート。
じっくりウォーミングアップ。

e0123825_23402011.jpg


相模原から昭和橋を渡り広域農道にぬける何時ものコース。
身体の発熱を冷たい空気が冷やしてくれるのが心地良い。
無風もあいまってペースを上げる。
ケイデンス90rpmを越えるごとにシフトアップしていくうちに40km/h巡航。
ありえない速度。調子乗り過ぎ。でも気持いいんだ。

厚木から246をひたすらGO WEST
多少のオーバーペースも断続的な渋滞のおかげで一休みしながら進行する。
アベレージ27km/h弱。

駿河小山で246とわかれ市街のセブンイレブンで補給&休憩。
雲間から射し込む日差しに当たっているとほわ〜んとしてきた。
オーバーペースの消耗と、これまでのシゴト疲れが一気に来た感じ。
だる〜い眠〜い。
もうすでに脚が終わっちゃってますねぇ。これじゃ。

e0123825_2341477.jpg


よっこらしょ、と重くなった腰を上げて走り出す。
金時公園の標識を右折。川に沿って登り始める。
先は急がない。
というか急げないww

インナーローに陥落しそうになりながらノロノロ登坂する。
時おり冷たい風が頬をなで、鳥のさえずりがきこえてくる。
しんどさをこらえて高度を稼いでいくとそれに富士スピードウエイから聞こえてくるエグゾーストノートが重なってくる。

e0123825_23414925.jpg


舗装がワッカ模様にかわるとこの峠道の最大の傾斜18%
消耗した脚に追い打ちをかける。
サドルの後ろに加重をかけたままペダルを踏み込むとフロントが浮くので重心を前にもってくる。
ここをクリアしたあとの展望はなかなかのものだ。
そしてまだ16%の坂が続く。

静岡県と山梨県の県境で坂は一段落。
緩い坂が続くが、これを登りきると三国峠。
明神峠はワッカ模様の道の中間ほどにある鞍部地形。

脚を休ませながらゆっくり走って三国峠をクリア。
標高も高いせいもあるのか、気温が低い。
ウインドブレーカーを羽織って山中湖へダウンヒル開始。

e0123825_23423864.jpg


明神峠、三国峠の登坂のご褒美はなんといっても山中湖をみおろすこの風景だ。
何度きても感動する。
景色は冬の面影をのこすような早春のよう。
身を切る様な冷たい風に吹かれながら、しばし風景を楽しんだら、本当に身体が凍えてきた。

e0123825_23432044.jpg


あまりの寒さに、混んでいそうだったがBOOZ CAFEに逃げ込んだ。
ホットコーヒー2杯目でようやくひとごこち。

e0123825_2344099.jpg


本日のお勧めピザをいただく。
解けたチーズにトマトソースの酸味が効いたひき肉が美味しい。
自然酵母のピザ生地も食感がしっかりしてはらぺこ君にはありがたい。

ちょっと疲れて胃が動いていない気味だったのでこの1枚でお腹いっぱいになった。

お腹いっぱいになるとまた席に根が生えてきそうなので、腹ごなしをしながらゆっくり走り出す。
指切りグローブでは手が冷たくなるので上ハンにグーで手をおき軽くペダルを回す。
雨がすこしぱらついたりと変化が大きい空模様。

既に脚が終わってしまっているので山伏峠を越えるのも一苦労。
でも峠をこえれば道志みち、しばらくはダウンヒルが続く。
下りのスピード感を楽しみながら走っていくと徐々に気温が上がってくる。
青根のあたりでウインドブレーカーを脱いだ。

ペダルの回転は上がるけれど、トルクが無くなっているのでちょっとした登坂ものろのろ。
最近走れてない、体重も増えた現実を突きつけられる。
徐々に疲労感が増してくる。

デザートの大垂水越えは無し。無理。かんべんしてください。
で津久井湖経由、車の流れに乗って息を切らせて走りきり、浅川CRを走って帰宅。

いやあ、たのしい一日でした。


走行距離154.4km AV 21.3km/h MAX 69.6km/h
[PR]

by jake490 | 2011-04-29 23:45 | ハシる
2011年 04月 26日

バルブ変換アダプター

e0123825_22422324.jpg


出先でパンク。
私は携帯ポンプを使います。
ただ所定の空気圧までエアを充填するのは楽じゃアリマセン。
大抵、腕がパンパンに疲れてしんどい思いをするのが常です。

ではCO2ボンベで充填するポンプを使えば…
とも考えたのですが、CO2ボンベは意外に重いのです。
それに一回しくじれば後がない。追充填するにはもう一本ボンベが必要。
となれば、スペアを持ち歩く….
コンパクトだけれど重量が重くなってしまうのでは…..
で、結論として携帯ポンプを持ち歩くことになってます。

そこで見つけたのがバルブ変換アダプター
ガソリンスタンドでエアを充填できれば、携帯ポンプで入りきらなくても追充填できるんじゃないか、と思うんです。
CO2タイプでもしかり。

購入したのはなるしまフレンド立川店、110円なり。

一度ガソリンスタンドで試してみたい。
コンプレッサーの空気圧はどのくらいなのだろうか…
はたして8.5berぐらい充填できるのかな。
[PR]

by jake490 | 2011-04-26 22:42
2011年 04月 24日

小山田周回

e0123825_2146744.jpg


息もつかせないほど…といってもいいか…超多忙です。
疲労感と睡眠不足が慢性的。
ともかく寝てたいって感じなので、とてもロングライドどころではないのですね。
というわけて、体をほぐしがてらのショートコース、小山田周回をたのしみます。

走り出しは20km/hほどのペースで体が運動についてくるのを待ちながら尾根幹へ。
山越えの上りは10km/h代。
トンネルを潜り下りではトップギアに入れて50km/h。
このスピード、体ををぬけていく風にさらされて、ようやく体と精神が覚醒する。
気持ちが満たしてくるとペダルにも力がはいる。

息を弾ませて尾根幹を走り南大沢の標識で左折する。
さらに左折して道幅の狭い下りをBMWの後を追って下っていく。
狭い上にブラインドコーナー。対向車も多い。注意が必要だ。

e0123825_214551100.jpg


下りきると田園風景が広がり、その一角に鶴見川源泉がある。
こんこんと湧き上る水面を見ていると癒される。
自分と前後してサイクリストが足をとめる。

e0123825_21455710.jpg


春を感じさせる風景に一旦上がったペースを落としてポタリングモード。
ゆるゆると風景を眺めながらペダルを回す。

e0123825_2146288.jpg


バスのロータリーを道なりに右折するように曲がりメモリアルパークの坂を登る。
ヒイヒイ登っていると、風の様に女性ローディにさらりと抜かされた。
先日の大垂水といい、女子に抜かされるとやっぱり凹むなぁ。
どう見てもフィジカル的には彼女たちのほうが優っているのは明らかなのだけれど。


登り切って尾根緑道を走る。
この春最後の桜だろうか、満開をちょっとすぎたあたり。
桜を愛でている人たちに混ざって一息いれよう。
このまま通りすぎてしまうのは忍びない。

と、人懐っこい大型犬が尻尾を振りながら擦り寄ってきたので、ヨシヨシとなでまくる。
うれしがってちぎれんばかりにしっぽをふって前足を上げて抱きついてきた。
かわいいなぁ。ガシガシなでまくる。
写真を撮っている僕から離れない。飼い主も笑いながらそれをながめてる。
犬さんに、しらずうちに心が癒されていた。


さ〜て、いっちょ走りますか。

市民プールの坂を下り日大三高の丘を越えて病院坂をじりじり登る。
再び尾根幹に交わって、加速したいところだが、坂で消耗してしまいスピードが乗らない。
でも体は軽くなってきた。
もう一周、立ち止まらずに軽く負荷をかけながら周回路を回って尾根幹に戻り、ゴルフ場脇のセブンイレブン(たしか南野?)でスポーツドリンクを補給。
すっかり気分がイイ。

最寄りのバイクプラスで油を売り、疲労が回復したところで関戸橋まで気合を入れて走る。
トップギアでケイデンス100rpmくらい。だいたい45km/h前後のペース。
心臓がバクバクいっているがこのスピード感にはかえられない。
関戸橋の手前で失速。もういっぱいいっぱいだ。

e0123825_21461489.jpg


関戸橋を渡って多摩サイへ。
熱い走りをしたあとのクールダウンは充実感に満たされる。
疲れているのに疲れてない…そんな感じ。


走行距離 46.5km AV 21.4km/h MAX 66.5km/h
[PR]

by jake490 | 2011-04-24 21:51 | ハシる
2011年 04月 16日

土山峠〜牧馬峠〜大垂水峠

e0123825_1933042.jpg


カラダは睡眠を欲し、ココロは自転車に乗ることを欲している。
ずっと布団に潜っていたいところを半ば強引に起き出す。

ああ、眠い。でも走りたい....寝ぼけた頭で準備に取りかかる。
今日は春を通り越して夏の陽気だ。
タイヤに空気を入れているだけで汗が滲む。

半袖アンダーに半袖ジャージ。UVガードのアームカバー。
レーパンにニーウォーマー。
という出で立ち。

いつもなら尾根幹に出る頃には調子が上がってくるのだが、身体が重い。
(実際、体重が増えているのだが....)
走っていても気持が萎えて、きょうはよそうかな...なんて思えてくる。
だが、今日走らなければ、また何時走れるか分からない。
無理せずゆっくりいこう。


厚木までは強烈な向い風。20km/hほどでしか進めない。
いつもならオーバー30km/hで進むところ。厚木が遠く感じる。
市街をVターンするように清川村に進路を取ると風は追い風に変わり、ようやくロードレーサーぽい走りに変わる。
追い風に背中を押されているが道は徐々に勾配を増し上り坂となり速度は落ちていく。
横に流れる川の川面に桜の花びらが浮かび流れてくる。
息を軽く弾ませながら走っているといつの間にか気分が昂揚していた。

気持がいい。


以前休憩をとったセブンイレブンで今回も休憩をとるつもりだったが閉店していた。
ここで一息つこうと思っていたのだが...

e0123825_19345749.jpg


すこしペダルを回すと、桜が目に止まり、ここで一息、ボトルの水を飲む。
桜、菜の花、遠く山は新緑が芽吹き出して美しい。

e0123825_19362369.jpg


清川村役場を過ぎダラダラ坂も勾配が増し、ゆるゆる土山峠を越して宮が瀬湖に到着。
暑いはずだ。街頭の温度計は25℃。
ボトルの水もぬるくて喉の通りが悪い。

e0123825_1937411.jpg


上ハン、リラックスポジションで湖畔を巡り吊り橋のたもとで休憩。
駐車場の脇に植えられた桜並木が風に煽られ桜吹雪が宙を舞う。
柵に寄りかかり、しばらく桜吹雪をたのしむことに。

湖と新緑の山、空をながめながら宮が瀬湖を半周し烏屋に降りる。
県64の小さな峠を越えて梶野のYショップでスポーツドリンクを補給。
飲み終わったら直ちに牧馬峠の登りに取りかかる。
いつもながら手強い峠。
でもファイナルローに一枚残してのっしのっしペダルをまわす。

e0123825_19375950.jpg


キャンプ場の桜は大分散っているが今日の陽気ならBBQ気分良いだろうな。
と酸欠な頭で思ってみる。

e0123825_19385250.jpg


途中ハイカーの一団に応援されて峠に到着。
かなり苦しそうな顔をしていたのだろうか.....
まあ、笑顔で坂を登っていたらヘンタイさんかと思われちゃうかもしれないし

12%(13%だったか)のワッカ模様の坂を下り篠原の山を眺めながら峠をこえてプレジャーフォレストに抜ける。
相模湖のコンビニで本日2本目のスポーツドリンクを補給。

甲州街道は交通量が少なめでリラックス。
大垂水峠はあいかわらずのペースでのろのろ登る。
こんな暑いんじゃヒルクライム出来ないぜ〜
なんて心の中で叫んでみる。

峠を登りきり、ギアをアウターにシフトしてゆっくりペダルをまわしながらボトルの水を補給する。
またロックアイスをボトルにいれる季節がくるんだなぁ。



走行距離 96.01km AV20.6km/h MAX 64.9km/h
[PR]

by jake490 | 2011-04-16 19:39 | ハシる
2011年 04月 13日

多摩サイでLSD

桜の開花とともに春らしい一日が始まる朝はちょっぴり肌寒い。

e0123825_844329.jpg


満開の桜並木を横目に7割がたのパフォーマンスでペダルをまわし、ゆっくり会社まで。
何も考えず頭は空っぽのまま、なぜか鼻歌を歌っている。
じつに気持ち良い。

e0123825_845122.jpg


仕事も今日は順調に進み、なんと日没前に仕事完了。
自転車に乗れない間に福福としたお腹と下半身をなんとかしたく、狛江スロープUターンのLSDを決め込む。
府中の森の手前で日没。
寒い時期を過ぎてランニングしている人が増えたので、ペースをおさえる。
弱いながらも向い風。
それなりに負荷がかかって汗をかいた。

心地良い疲労感をともなって帰宅。
ぐっすり眠れそう。
[PR]

by jake490 | 2011-04-13 23:03 | ジテ通
2011年 04月 12日

原点

私のスポーツサイクルのお付き合いはここのショップから始まった。
今から30数年前高校生のとき。
まさか40歳を過ぎて再び自転車にドップリはまるとは思わずに。

e0123825_1936378.jpg


この週末、わけあって実家に戻っていた。
用事も済み、午後遅く帰路についたのだが、なんとなく、近所のサイクルショップに立ち寄りたい衝動にかられた。
地元に根づいて幾星霜….古びているが以前と変わらない佇まいてその店はあった。


高校への通学に使っていたのはセミドロップの5段変速のスポーツ車。
この自転車で丘陵地ゆえいくつかの坂を越えて10kmばかりの通学をしていた。
ある日、通学途中こけたか、事故ったか記憶は定かではないがフロントフォークを曲げてしまい走行がままならなくなった。
それを無理やり修正して乗っていたのだがいよいよマズイかな…
というわけで自分の小遣いと、親からの援助をうけて宮田のランドナーを買った。
セミドロップを卒業したかったのだ。

今でこそスポーツ車といったらロードバイクとかMTBだが、当時はランドナー。
コンビニなど無かった時代、ちょっとしたサイクリングにもそれなりの装備が必要でランドナーのスタイルが丁度いい。

通学にはオーバークオリティだったし、一緒に通学していた友人も差が付けられるから一緒に行かない、なんて言われたりもした。
だが自分の足で自由気侭に遠くまで….少年の満ち溢れた冒険心を満たすには十分な自転車だったのだ。

カタログ注文をして、お店で初めて対面したとき、明るい緑色のランドナーは輝いてみえた。
おもいっきり気持ちが昂ったのはいうまでもない。


店の前にたたずみ、店主と女将さんに挨拶しようか大いに迷い、結局店に入らずに外から様子を見るにとどめてきた。
今は思い出は思い出として残しておいたほうがいい気がしたのだ。
以前と変わらず、その店があるだけで十分、そう思った。
[PR]

by jake490 | 2011-04-12 19:38
2011年 04月 07日

GENTOS閃355

明るいフラッシュライトを自転車のライトに使うというアイデアは多くのサイクリストが考えることでしょう。

e0123825_23485695.jpg


かくいう私もたま〜にググって下調べしてみたりしてたのです。
そんな折、Yくんが計画停電用もかねてGENTOS閃355をゲット。
試しに使ってみませんか、という言葉に甘えてレンタルしました。


ハンドルへの取り付けはベロクロを使ったシンプルなライトフォルダー。
ちょっと心許ないかな、と思っていましたが、意外にもしっかり固定。
配光はスポットからワイドに可変できるので、自転車用のライトに近い配光に調整。
夜道に出ると…..明るいです。
普段はキャットアイのEL510をローモードで使っているのでなおさら。

市街地は街灯も明るく、それほど光量のあるライトは必要ないと思っていましたが、明るいライトは安心感が違いますね。
難をいうならばフラッシュライトなので自転車用のライトの配光とは違い足元から遠方へ満遍なく照らすわけではないこと。

ん〜食指が動きます。

単四、エネループ対応でランタイム10時間。実質は半分くらいもつのだろうか。
[PR]

by jake490 | 2011-04-07 23:50
2011年 04月 06日

桜の開花

多忙さと怠情さとでしばらくジテ通をお休みしていた。
今朝はなんとか目覚まし時計のスヌーズに助けられて、やや早起きして久しぶりのジテ通。
都心部では日中花見などをしているなどの情報も有り、この辺ももうそろそろ桜が開花するかなと、桜の並木がある川沿いを走る。

e0123825_15174242.jpg


ほんの数日前は蕾が膨らみはじめたか…とみえた桜がぼちぼちと咲き始めていた。
僕の感覚の中では忙しかったせいも有り冬から春にかけての季節感が欠落している。

桜の花を見て、春が来た。 と、いきなり季節感のスイッチをかえてみる。
桜の花はそうさせる力と、また新たなスタートラインに立った気分にさせるに十分な力をもっている。

けれど、今年の桜の花は心なし咲きっぷりが弱々しいように見えるのは気のせいか…
[PR]

by jake490 | 2011-04-06 15:18
2011年 04月 03日

旧105の弱点

ちょっと走ってきただけなのに、筋肉痛&たっぷりの疲労感ですOrz
超がつくぐらい久しぶりのツーリングは心の癒しを与えてくれましたが、その引換に、しっかりダメージをくれました。
オヤジ世代の筋肉痛はあとからやってくるので明日が怖いきがします(>_<)

e0123825_1857492.jpg


昨日のツーリング途中でFディレイラーの調子が悪くインナーからアウターへ変速ができなくなったりする症状がでたので、OHしたばかり、ワイヤーの初期伸びだろう、とYOUCANに立ち寄ったのでした。

いつもならテキパキ調整が終了してしまうところですが、あんまりよろしくない様子。
Fディレイラーのガイドプレートが外に膨らんでしまっているとのこと。
どうやら旧105の弱点らしい。

弱点と言われてもなぁ。しばし困惑。

改良もされていないようだし、新105と互換性もない。
残る手立てはアルテグラに交換、もしくは同105を再度装着ということになる。

反射的にアルテグラに交換する気になったのだが在庫切らしているとのことなので、調整の範囲で変速ができるところまで整備してもらった。
とりあえずこのままで大丈夫、もしチェーンが外に外れることが起きるようになったら要交換。


旧105の弱点はFディレイラーのガイドプレートが外に膨らむこと、左STIが3速と2速兼用のため複雑になっていること。
[PR]

by jake490 | 2011-04-03 18:58
2011年 04月 02日

雛鶴トンネル往復

なんと2月末以来。久々のCAAD9のライド。
徹夜明けなので、もっと寝ておきたいところですが、走りたい気持ちのほうが先に立つ。
とはいえ、体が言うことをきかないので、のんびりと朝食を取り準備を始める。

e0123825_20262264.jpg


浅川CRから甲州街道に進み大垂水の上りにかかると気温は15℃。
温かいを通り越して暑い。
長袖ジャージの下に着込んだアームウォーマーをぬぐ。
寒い時期のウエアの着方を引きずっているので厚着しすぎですね。

ハンドルにアームウォーマーをくくりつけて坂を登り始める。
運動になれない体をなだめすかして心拍を上げすぎないようにゆっくりゆっくり。
大垂水峠のクレストを過ぎると爽快なダウンヒル。
下ハンを握って外足荷重でコーナーをぬける。
な〜んて気持いいんだ!


勝頼橋を渡り山間部に入っていく。
ともかく、ゆっくりゆっくり。
心地良いペースで走り続ける。

e0123825_20262548.jpg


Y字路を右へ
神奈川CCの坂を登り切り、秋山川の谷を下り橋を渡ってふたたび谷を登ると秋山の集落にはいる。
連なる山の中腹を巻くようなルート。穏やかなアップダウンを繰り返し西へ進んでいく。

e0123825_2026334.jpg


木々の芽はまだふいてこず、冬の佇まいだが春の間近さを感じる。
おまけに杉の木立は花粉たっぷりだし….
満開の梅をながめているとウグイスがホーホケキョとないている。
ああ、春だなぁ。

e0123825_20263876.jpg


さすがに雛鶴トンネルまでの上りは息が弾む。
汗をかきつつダンシングを混ぜつつ、しんどいしんどい言いながら登ってようやくトンネルについた。
運動をしていい汗をかくのは気持ちいい。
ガードレールに寄りかかりながらしばし呆ける。
睡眠不足も手伝って眠気をさそう。
やっぱり春だな〜

e0123825_20264192.jpg


大きく伸びをして両方の頬をパンと叩き気合を入れて、まんじゅう屋さんまでダウンヒル。
中華まん大の大きな酒まんじゅうを頬ばりお茶で流し込む。
酒粕の香りがして甘すぎないアンコが美味しい。

縁側に座り、まんじゅう屋さんのおかあさんと、世間話。
「地震、大きかったねぇ」
「停電困ったねぇ」
話は尽きなかったのだが地元のお客さんが来たところで
「おかあさん、また来るね〜」
「はいよ〜」

とってもくつろいだので時間が穏やかに過ぎている。

e0123825_20265024.jpg


固まった筋肉を解すようにゆっくり走り始める。
麗らかな春の柔らかい日差し。
下り坂では積極的にシフトアップして速度を上げ、上りはその慣性で進みながら速度が落ちた時点でペダルをのんびり回す。
緩急自在。

この穏やかさも甲州街道に出るとおしまい。
交通量の多い街道を淡々と進む。
大垂水でナルシマジャージの女性ロード乗りにちぎられたが、反応せず、というか反応できず、スゴイなあ、と見送る。
クレストを越えたあとは慣性で下り、八王子市街をちょっとだけ頑張ってペダルを回しYOUCANでFディレイラーの調整をしてもらう。

あとはまたまたのんびり浅川CRを流して帰宅。
もう、すっかりリフレッシュです。
でも走力が落ちたことを実感するツーリングでもありました。


走行距離 106.7km AV 22km/h MAX 58.2km/h
[PR]

by jake490 | 2011-04-02 20:30 | ハシる