空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2010年 12月 31日

晦日のトレールライド

年賀状を書き終えてポストしてからふらりと裏山へ
e0123825_17276.jpg

曇天の夕暮れ。日はどんどん落ちて夕方の相をみせる。
e0123825_195431.jpg

トレイルは高幡不動の境内に続く
e0123825_1112720.jpg

除夜の鐘はここから響く
e0123825_1132153.jpg

夜店の準備は粛々と
e0123825_1152017.jpg

大晦日にならないと提灯に灯がはいらないのだろうか
e0123825_1164094.jpg

松飾りを売るおかあさんに「今年の夏は暑くて商売たいへんだった」なんて話を聞いたり...
夏は何を売っていたのか聞いとけば良かった....
e0123825_1201126.jpg

山門前の鯛焼き屋で家族分の鯛焼きを買い、冷めないようにダッシュで家に帰る。
郵便局は随分遠いのね....そういいながら鯛焼きを家内はほおばる。
コタツで子供と膝をぶつけながら、まだ熱々の鯛焼きをほおばる、小さな幸せ。
[PR]

by jake490 | 2010-12-31 01:25
2010年 12月 30日

2010年ツーリング総集編

今年を振り返ってみれば、例年になく良く走ったもんです。
特に心に残こるツーリングをベストという形でまとめようと思いましたが、もうどれもこれも...
というわけでロングライドを中心にまとめた総集編ということで。
今年はほとんどシクロクロスで走っていないのでツーリングの記録の全てはCAAD9のタグでご覧になれます。


1月

e0123825_1951277.jpg

川本(白鳥飛来地)〜荒川CR
荒川CR第1弾、たぶん、はじめて野生の白鳥をま近でみた...

e0123825_203326.jpg

荒川CR(秋が瀬橋〜堀切橋)から東京スカイツリー、そして人形町
荒川CR第2弾、建築中のスカイツリーを見てみたかったんですねぇ


4月

e0123825_20355611.jpg

雛鶴〜忍野八海〜山中湖〜道志みち

e0123825_2038572.jpg

御坂峠

春の富士山シリーズ....行く春を堪能するのです


5月

e0123825_20401366.jpg

明神峠、三国峠...2010May 
自分にとってメモリアルなお気に入り峠。この峠を越えた時ヒルクライムに目覚めた...
強烈な勾配の峠を越えた先に眺める風景は大きなご褒美。


6月

e0123825_20435096.jpg

三崎でマグロ〜剣崎まで
やっぱり一度は三崎でマグロを食べたかったわけで....


7月

e0123825_20453914.jpg

大湧谷の黒たまご
1国を登ってみたかった...黒たまごを食べてみたかった....
箱根から御殿場に降りて籠坂峠を越えて山中湖へ....ガッツリ走ったよ。


10月

e0123825_20504629.jpg

厚木〜名古木〜ヤビツ峠〜宮が瀬湖
8月9月と無休で働き続けたハードディ&ナイトから解放されて心の旅がはじまる

e0123825_20522873.jpg

大垂水峠〜雛鶴トンネル〜二十曲峠〜山伏峠〜道志みち
鹿留林道から二十曲峠にのぼり富士山を眺める....一部ダートだが素晴らしいコース


11月

e0123825_2054455.jpg

稲村ケ崎食堂でまったり
癒しが必要なときは湘南の海を眺めにいくのです

e0123825_2056521.jpg

紅葉の松姫峠
フェイバリットな峠、松姫峠は大月側から。
長いヒルクライムだけど紅葉を堪能するには屈指なコース

e0123825_20593226.jpg

箱根旧道〜芦ノ湖〜大観山〜椿ライン
走りごたえ、箱根の山の稜線を走る景観、湯河原に一気に下って行くダウンヒル...
走る面白さがぎっちり濃縮

e0123825_2133329.jpg

アタック!柳沢峠
晩秋から初冬へと標高が上がるにつれて移ろい行く季節を体感。
峠が凍てついてしまうまえに、ロングなヒルクライムを楽しんだ。

e0123825_21546100.jpg

紅葉の北鎌倉ポタ
山岳地帯の野生な紅葉を楽しんだ後は、紅葉シーズンのしめくくり。
古都鎌倉で紅葉を愛でる。


....さて、来年は走れるかな。仕事、忙しくなりそうだし....
[PR]

by jake490 | 2010-12-30 19:49
2010年 12月 29日

✓死亡率22%

年末のドタバタをかいくぐり運転免許証の更新をしてきました。
免許証を発行する前に30分ほどの講習を受ける時に新たな道交法の改正部分の解説や最近の事故の傾向等、耳を傾ければ、結構内容が濃いものです。

e0123825_22254526.jpg


数冊の冊子をもらうのですがパラパラとページを捲っていくとびっくりする数字が目に飛び込んできました。

当事者別死亡事故の傾向
歩行者37.6% 二輪車(原付含む)28.3% 自転車22% 四輪車12.2%

死亡事故が多いと思っていた二輪車に自転車の死亡率が迫るパーセンテージに驚きました。
こんなに多くの人が自転車で亡くなっているんだと.....


最近特に目につくロード乗りの信号無視。
サイクルウエアをビシッと決めた人が信号無視するとすごく目立ちますね。
僕も数日前に信号無視したロード乗りになんとか追いついて注意したことがあります。
幸い、ちゃんと理解してくれましたが、人によっては逆ギレされて「殺す」とまでいわれたこともあるそうです。

死亡事故の多くは交差点で発生しています。
信号を無視することは反社会行為であるばかりでなく自殺行為です。

まずはきちんと信号を守りましょう。
甘い考えでいたら大間違い。思っていた以上に死亡率、高いですよ。
[PR]

by jake490 | 2010-12-29 22:26
2010年 12月 26日

大垂水峠〜雛鶴トンネル往復

いまひとつ身体の調子が上がらない。
気分も乗ってこない。
でもこのまま休日が過ぎてしまうのもやだ。

というワガママな自分にピッタリな雛鶴トンネル往復コースを走ってきました。
のんびり走れば長閑な山村風景を楽しめ、ガッツリ走れば坂のアップダウンの波状攻撃にノックアウトされる、実に走りがいのあるコース。

気温が上がるまでしばし朝はのんびり9時スタート。
浅川CRから八王子バイパスを抜け、高尾を通り大垂水峠に向う。

e0123825_19183162.jpg


高尾を過ぎると気温が一段下がり街頭の温度計は4℃。
グローブをジャケットの懐にいれて素手で走り出すと向い風が冷たい。
いつもならギアを残して登れる峠なのだがペダルが重くてしょうがない。
ファイナルローに陥落しつつ息も切らしつつと、良いとこなしで大垂水峠をクリア。

峠で手袋を装着して凹んだ気分をリセット。
アウタートップ付近でペダリングしながらダウンヒル。
無理をしない気持ち良いコーナリングで峠を下る。

先に峠をスタートしていたロード3人組に追いつき、ペースがほぼ一緒、追い抜くほどのスピード差ではないので後に距離をおいてついていく。

e0123825_19191849.jpg


相模湖ICあたりでペースが落ちたのを境に前へでてハンドサイン。
彼らはそのまま直進。僕は左折して勝瀬橋を渡る。

橋を渡ると山陰にはいり再び気温が低くなる。
路面がしっとりと濡れているところもあるので注意しながらアップダウンをこなしていく。

一人になると気がつけば腑抜けたようにスローダウン走行になっている。
これではまったりペースというよりはだらけペース。
いかんね。
もう少し積極的にペダルを回し、攻めのシフトワークでロードらしく走ろう。
気合いのスイッチオン!

e0123825_1920787.jpg


すっかり冬の姿になった秋山の風景を楽しみながら、登坂はダンシングをミックスして息を弾ませながらのぼり、下りはガンガンシフトアップしながら回して、身体をサボらせない。
この秋山の辺りはのぼるかくだるか、平地っていうものがなにもない。
ボトルの給水回数が冬場の割には多い。
やっぱりバテてるな〜そんなに攻めていないのになぁ。

e0123825_19205328.jpg


饅頭屋が開いているのを横目で確認して雛鶴トンネルに至る坂道を登る。
登坂速度は上がらないが手を抜いていない登りに自分で納得する。
なんやかんやいって、どちらかといえば頑張り系で走っていちゃったなぁ。
頑張っちゃいるけど、速くはないんだよな、とぶつぶつ言いながらUターン。

e0123825_19213171.jpg


11:45AM饅頭屋着
とりあえず頑張ったご褒美の酒饅頭。いっただきまぁ〜す。
饅頭屋の縁側は日が当たっているものの寒い。

e0123825_1922406.jpg


おき火となったかまどの火に当たりながら温まる。
先ほど買ったばかりのお茶がもう冷たくなっている。
手をかまどの方に伸ばして更に温かさを求めた。

e0123825_19232646.jpg


少し温まってくると身体がこわばってきたのでひなびた店先の雰囲気を楽しみながら周りをうろうろ。
汗冷えした身体がもどると軽くストレッチして...さて帰るとするか。

e0123825_1924283.jpg


復路はアップダウンはあるものの基本は下り。
乳酸が溜まった脚でもペダルは回る。
神奈川CCへの登りでLOOK乗りに抜かれる。
どのくらいのペースで登っているのかとペースを上げてみると、まだまだ修行がたりないことがよくわかったw

勝瀬橋を渡り上野原方向に少し行くとセブンイレブンがある。
ゴミを捨てるだけのつもりが、途中でティッシュを落としたことに気付き、ティッシュを買うハメに。
ついでにホットレモンを買い、小休憩。

イーブンペースで大垂水を登り始めると遠くにサイクリスト発見。
中盤ぐらいで追いつくかな、と思っていると数カーブをこなした先で目の前に現れた。
なんと彼はアウタートップでダンシング。
僕はインナーでペダルクルクル。

抜きつ抜かれつで坂も終盤。
「強いですね〜」と声をかけて前に出てたら彼も抜き返す。
辛くなってきましたが、ここは退くに退けない状況なんですね、きっと。
ペースを落とさず一旦彼の前へ出た時に「後少しで峠です。頑張りましょう」と言いたくても息が上がっていえない。
そのまま彼を峠までひいていくつもりで走っていましたが、後少しというところでかれはペースダウンしてしまったようです。
振り返ると彼の姿が見えませんでした。
それにしても彼は強い。

峠で外していたイヤーマフを装着してダウンヒル。
オーバー50km/hで下り降りる。
高尾は寒いが秋山ほどではないなぁ。でも目から涙が出てくる。

ハイペースで八王子バイパスを駆け抜けて、セブンイレブンから1時間を切って大和田橋を渡る。
やっぱり下り基調の平地はスピードが乗るのね。

浅川CRをクールダウン。コンビニでちょっと遅めの昼食を調達して帰宅。



走行距離104.2km AV23.7km/h MAX 57.2km/h
[PR]

by jake490 | 2010-12-26 19:17 | ハシる
2010年 12月 25日

メリークリスマス

e0123825_2259785.jpg


みなさんは楽しくすごされているのでしょうか。
子供が大きくなると段々とクリスマス雰囲気が薄くなり、街のディスプレイやクリスマスソングを見聞きしても他人事のようです。
それでも、小さいながらツリーを飾り、チキンを食べ、ケーキをデザートにいただいたりすると心がほっこり。
家族に感謝です。ありがとう。
[PR]

by jake490 | 2010-12-25 22:59
2010年 12月 23日

MTBで裏山散歩

昨晩から体調が今ひとつ。ロングライドする気力がありません。
なので昼食を済ませた午後から近くの裏山にMTBで散歩に出掛けました。

e0123825_17295538.jpg


落ち葉で埋まった山道をサクサク音を立てながらのんびり登る。
風が強い街中も山の中に入ると静かなもんです。

e0123825_17312890.jpg


ファイナルロー。
スリックタイヤでは滑ってしまう。
そんなところは無理せず、下車して押して登る。

e0123825_1732465.jpg


すっかり葉が落ちた雑木林の中は日だまりのよう。
ホカホカ。

e0123825_17323967.jpg


登りきったら稜線を行く。
木々の隙間から街を見下ろす。
ほんのりかいた汗が冷えて少し寒い。
景色を眺めながらヒナタボッコで温まる。

e0123825_17332286.jpg


温まったらまた走り出す。
冬の日差しは低い。
たしか昨日が冬至だったっけ?

e0123825_1734412.jpg


尾根の稜線のアップダウン。
時にはMTBを担いだり...乗車降車を繰り返し。
のんびりしているわりには息が上がる。
なわけで、すぐ一休み。

e0123825_17344368.jpg


里山の斜面を這い上がる様な住宅街で山道は終了。
樹木の無い宅地の上からの眺めがこのルートのご褒美。
富士山の眺めも良し。
いつのまにか風もおさまっているし。

e0123825_17351683.jpg


山を駆け下り麓のコンビニで焼き芋をお土産に。
家族とこたつで焼き芋をホクホク。
[PR]

by jake490 | 2010-12-23 17:39
2010年 12月 21日

マクロを試す

CXシリーズのチャームポイント、ズーム全域でマクロが使えること。
そして最短撮影距離1cm。

e0123825_2259672.jpg


IXY L2のマクロもなかなかだが、CX2のマクロはもっと寄れる。
AFの精度もそう悪くないし、いざとなったらMFで焦点を合わせられる。
定評があるのもうなづける。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
画像設定をスタンダードからカスタム、ビビット+2に
標準では色の乗りが浅いように感じたので。
[PR]

by jake490 | 2010-12-21 22:58
2010年 12月 19日

メロンパンは温めると美味しくなる

e0123825_16421485.jpg


コンビニでメロンパンを買った。
「温めますか?」と店員。
「?」初めてメロンパンを温めるかと聞かれた。
とまどったので、はじめは断ったのだが、レンジで温めてもらうことにした。
「温めると甘さが絶妙になっておいしくなるんですよ」
「そうなんですか?」
半信半疑で家に持ち帰り、冷えないうちに食べてみる。

う〜ん、ほんとだ。甘さが絶妙でソフトな口触り。
パンの香りもたってくる。
牛乳といっしょにいただくと美味しさがさらに引き立つ。
これはなかなかいいねぇ。

ーーーーーーーーーーーーーーー
CX2でマクロ
定評のあるCXシリーズのマクロで撮影した見た。
今まで使ってきたどのカメラよりも寄ることができる。
なるほどこれは凄い。

なのだがカラーバランスに癖があるようだ。
蛍光灯下のせいでもあるのだが、日差しもはいっている室内。
画像がアンダーで色がブルー寄りに撮影された。
[PR]

by jake490 | 2010-12-19 16:44
2010年 12月 18日

大垂水峠〜相模湖〜和田峠

一段と厳しさを増した寒さがましてきました。
温かい布団から抜け出すのがなかなか困難を極めますw
朝ゆっくりと起き出していくらか気温が上昇した午前10時に家をスタート。
今日はお疲れのココロと身体をリフレッシュの、のんびりポタです。
今季初めての冬用ジャケットとグローブを着て走り出しました。

e0123825_23144761.jpg


大垂水の高尾側登り口にある街頭温度計は6℃。
朝方はもっと冷え込んでいたのでしょう。体感温度はもっと低く感じます。
冬用のグローブが暑くなったので脱いで懐にしまい、素手で登って行くと冷気が心地良い。

e0123825_23152998.jpg


大垂水峠で富士山を眺めながらグローブを装着。
ペダリングをしないでフリーフォールでダウンヒル。
スムーズなコーナリングをたのしみながら相模湖へ。

e0123825_23162194.jpg


木が生い茂っていた頃には見えなかった(気がつかなかった)相模湖ダムの姿を発見。
路肩に停車して輝く湖面とダムの景観を楽しんだ後、もう一走り。

e0123825_23165243.jpg


湖畔に降り立つとクリスマスイルミネーションが飾り付けてある。
仕事ばっかりしていると世間がクリスマスシーズンであることにぜんぜん気付かない。

e0123825_23173245.jpg


冷たい風が吹く湖畔を散歩する。
売店のレトロなゲームマシンの音が閑散とした店内から聞こえてくる。
土曜の昼下がり。観光客はほとんどいない。
時間がゆっくりと流れている様な錯覚を覚えた。


コンビニでヒナタボッコしながら温かいミルクコーヒーを飲んで一休み。
これでUターンして帰るかな。
と走り出してから、近くに一度寄ってみたいと思っていたカフェがあることを思い出し、お昼にするかお茶するかして、一息いれてから帰る案を思いつく。

いざカフェに到着すると、閑散とした湖畔とは裏腹に駐車場は満車。
これでは店内は満席だろう。
レーパンオヤジがオンリーワンではちょっと入りにくい状況ですな。
残念ですが、今回はパス。

R20で大垂水方向に曲がりはしたものの、時計を見るとまだ帰るには早いじかんかも、とまたしてもUターン。
和田峠を越えて帰ることにしましょう。

e0123825_23181586.jpg


裏和田を登って行くと左手に山間に続く道がみえる。
どうも茶畑があるようなので、ふらりと寄り道。
気まぐれで行くにはたいそうな急坂。
ファイナルローで登って行くと山の斜面を開墾した茶畑が広がっていた。
これはちょとした驚き。

e0123825_23185688.jpg


村を見下ろすように山の中腹を行く長閑な道をゆっくり進む。
風に煽られ落ち葉が道を踊り歩く。

e0123825_23193449.jpg


県道と合わさり暫くいくと、いよいよ裏和田の登りだ。
学生の時分は未舗装でぬかるむと登坂が困難だった坂。
それを今、ロードバイクで登る。

e0123825_2320961.jpg


今朝から脚が重かったのだが、さらに重くなる。
いつもならギアを残して登れていた坂をファイナルローで登る。

e0123825_23204550.jpg


もう峠が近いところまで登ってきた。
冬の日差しは低く柔らかく山を照らす。

e0123825_23212250.jpg


アスリートなら脇目も振らず峠を目指す?
足突き無しで峠を目指したいところだがこの景色を楽しまずしてはヒルクライムのご褒美は半減する。

e0123825_23215960.jpg


和田峠着。
峠には数台の自転車が止まっている。
サイクリストの姿が見えないので陣馬山にでも登っているのかな。
さすがに峠は寒く、厚着したかと思われた今日一日だったが、これでウエアは正解だったと思える。

e0123825_23224360.jpg


表和田、唯一の眺め。
路面凍結していてもおかしく無い様な寒さ。
冬用のウエアならウインドブレーカーを羽織らなくても十分温かい、というより丁度良い。
キンキンに冷えた空気の中をタイトな表和田を下って陣場街道に出る。
日だまりのように陽の当たる酒屋の店先のベンチでホットココア。
見上げた空は青く高い。

下り基調の陣場街道を路線バスと争うように八王子市街へ。
日没までまだ間があるのでYOUCAN八王子店によって小物を物色。
時分が望む様なグローブはなかなかないものだなぁ。
今使っているグローブは日中は暖かすぎて汗をかき、結局は冷えてしまうのだ。

30分ほどお邪魔して、結局何も決まらず日が暮れる前に店を出る。
外は気温が一気に下がり冷え込んできた。
人気の無い浅川沿いを良いペースで走り身体を温めながら帰宅。



走行距離 81km AV20.4km/h MAX 51.5km/h
[PR]

by jake490 | 2010-12-18 23:25
2010年 12月 17日

新しい相棒は、初めてのRICOH

e0123825_2353267.jpg


COOLPIXが壊れてしまい、修理するか買い替えか....
優柔不断ぶりをおもいっきりあらわに、考えを巡らしておりました。

LX5かS95か、という選択を主に考える中、裏技てきにCX3が候補。
もしくはCOOLPIXを直すか、と考えがぐるぐるしてたのですが....
ネットでリサーチしていたらCX3ならぬCX2が、ほぼCOOLPIXの修理代と同じ価格(プラス3000円ほど)で販売しているのが目に止まり、脊椎反射的にポチッとしてましたw

決まるときはあっさりと決まるもので、それまで思案していたのはいったい何なのだったのだろう。
まあ、こんなものなのでしょうね。

RICOHのCXシリーズは一度は使ってみたいカメラ。
なので格安でお試しできるのはありがたい。
普及機でありながらいろいろ芸細なところがあるみたいで面白そうだ。
[PR]

by jake490 | 2010-12-17 23:51 | 写真、カメラ