<   2010年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2010年 03月 31日

はまっちまったなぁ〜

e0123825_20581016.jpg


ンビニに入るとつい買ってしまいます。
残業しているときのイライラがちょっとばかり解消します。
でも…
今年に入ってから2kg体重を落としたのに…
これでは戻ってしまうなぁ Orz

でもやめられない、とまらない….

寝坊してジテ通キャンセルした日にこんなの食べてるなんて…
と思いつつ
だって、オイシイんだもん、
と心のどこかで言っている自分がいる… あ〜ぁ

自堕落のまま3月が終わります。
[PR]

by jake490 | 2010-03-31 21:00
2010年 03月 30日

極寒の朝

もの凄い寒気ですね。御殿場とか箱根とか大雪だったそうな…
久々に自転車通勤できると思ったらこんなに寒いなんて…もうちょっとで四月だというのに。

タンスの奥にしまったイヤーマフとネックウォーマーを装着して、極寒仕様のスタイルで家をでました。

e0123825_21583757.jpg


富士山ばかりでなく丹沢の山塊まで雪化粧。
キンキンに冷えた空気を切って走っていると意識がシャープになっていきますね。
CAAD9に代わり久々のJake。
こんなに走りが重たかったっけ…太くて重いタイヤに脚の回転が鈍い。
連日のように自転車通勤していたころはもっと軽く回せていたはずなんだけどなぁ。

ペースダウンを感じつつも会社でタイムをチェックすると、ほぼいつもの時間で到着しているので、少しばかり安心する。

…だけど…やはり通勤とはいえ体を動かし続ける積み重ねは大切ですね。
[PR]

by jake490 | 2010-03-30 21:58
2010年 03月 28日

みぞれの甲武トンネル

この週末も仕事で潰されてはたまらん!と土曜日シャカリキに仕事して、せめて日曜日のお休みを確保!
したのはいいが子供から床屋に行こ!とリクエストが.....
床屋はいつも子供と一緒に行くことになっているんですねぇ。

午前中に床屋を済ませ、お昼ご飯をガッツリ食べて....
お昼寝したくなる様な睡魔をグッとこらえてCAAD9出動です。

e0123825_1122654.jpg


桜の開花とともにやって来たこの寒さはいったいなんなんだ。
ヒートテックの長袖アンダーにビブタイツ、薄手の長袖ジャージにウインドブレーカーを着込んで家を出る。
走り出すと風を受けて顔が痛い。

雨雲が空を覆ているが天気予報では降り出しは夕方から。
日が暮れるまでに家に戻ってくれば雨にやられることは無いだろう。

体が温まるまで浅川CRを流して走っていると、まだ蕾だけだろうと思っていた桜並木にちらほらとほころんだ蕾がちらほら。

今日は寒いけれど、やっぱり季節はすすんでいるんだなぁ。

e0123825_1125763.jpg


甲州街道、西八王子あたりで体が温まりウインドブレーカーをバックポケットにしまう。
ちょっと寒いけれど大垂水峠の登りに備え、少し寒いくらいが丁度良い。

ごんすけを過ぎた辺りにある街頭の温度計は5℃。
午後1時半を過ぎているのにこの温度なら、真冬といっても良いぐらいかも。

汗冷えが怖いのでウインターグローブをはずしてジャージの懐にしまい、素手で坂を登る。
冷たい空気と登坂での体の発熱エネルギーがバランスして気持ち良い。

e0123825_1133020.jpg


汗もかかずに峠を登り切り、下りにそなえてウインドブレーカーを着込みグローブを嵌める。
ダウンヒルのコーナリングが初めてのキシリウム・エピックはオンザレール感が強まり安定感(たぶん剛性が強まったことからか)がありCAAD9のダウンヒル性能をより引き出してくれる。

緊張から心を乱されること無く下り降りると休憩に利用することが多かった小原のセブンイレブンが閉店していた。
これで大垂水峠を下った後のR20沿線のコンビニは相模湖駅を通り過ぎた先にあるセブンイレブンになる。
もっとも最近はこちらのセブンイレブンを利用することが多くなっていたのだが。

e0123825_114967.jpg


R20をたんたんと大垂水峠で消耗した脚を回復しながら進んでいくと藤野のあたりから霧雨が降り出してきた。
本格的な雨になるにはまだ空が明るい。
天気予報通りならこれ以上は降らないだろう、とタカをくくってみる。

山間のまた枯れがれとした雑木林のなかに山桜が薄ピンク色の花を咲かせ春の季節の到来を伝えてくる。
途中の街頭温度計も5℃を差し示したまま。
視覚的には春を思わせるが体感は真冬。凄いギャップだ。

上野原の街に向って坂を登っていると雨脚が強まって、街中にはいると霧雨が小雨にかわり、道行く人にも傘をさす人がちらほらでてきた。
遠く山容をみあげると山の上部に雲がかかっている。

引き返すならここなのだが、キモチが山に向って微動だにしない。
R20を右折して県33にはいると路面が濡れ出した。
まずいな。
でもウインドブレーカーは撥水して中まで雨が浸透して来ていないし、ビブのおかげで脚は適温のまま。
これならなんとかなりそうだ、とさらに直進を決め、ゆずり原へ向う道とわかれ勾配が強まった甲武トンネルに向う坂道を上っていく。

登っていくうちに気温は下がり小雨の雨脚が徐々に強くなっていく。
ウインドブレーカーを叩く雨の音が微妙に変化しさらさらした音質に変わった。
水滴で視界の悪くなったゴークルの先に見える雨はみぞれが混ざりになってきたのだ。

濡れた路面をトレースするタイヤの音、自分の呼吸音、ウインドブレーカーを叩くみぞれの音。
前方に白く吐き出され後ろに流れていく息。みぞれに霞む山容。
開いた口の舌に刺さるような感覚をあたえては一瞬にして解けていくみぞれの氷の粒の断続的な刺激。

詩的に演出された空間にいる実感が悪天候の走行であることの現実を上回る。
走って来てよかった。なんという満たされた気分なのだろう。

ほとんど往来が無い峠道、上からソロのサイクリストが下ってきた。
悪天の中を自転車で走る酔狂な人間同士、心が通じ合えた様な挨拶のハンドサイン。

e0123825_115780.jpg


ほとんど頂上と言って良いくらいの位置にあるトンネルにたどりつくと、みぞれというよりは雪といってもいいくらいの降り方をしていた。

登りは発熱量が上回り寒さを感じずに走って来れたが、下りはそうはいかない。
下り始めると一気に熱が奪われ寒さが襲ってくる。
手が凍えてブレーキレバーの握りが甘くなる。
跳ね上げた水でお尻が冷たくなって来た。

上川乗まで苦行のような下りをこなし五日市ほうめんへ右折。
あ、思い出した。ここから秋川までずっと下り基調の道だったんだよね。
ペダルをしっかり回しても体は温まってこないし、かじかんだ手は硬直したままレバーの操作がおぼつかない。

このままでは危険、と思い始めると同時に、坂を下っていくと雨脚が弱まり、路面も乾き始めた。

檜原街道途中のお土産屋さんで一時停止。
温かい缶コーヒーで手を温める。
手がかじかむ筈だ、グローブは雨とみぞれですっかり濡れて冷えていた。

缶コーヒーがぬるくなるまで手を温めたあと、タブを上げて一気に飲みこむ。
考えてみたら、これが初めての休憩だった。

濡れた冷たいグローブに手をつっこみ、再び走り始める。
手が温まったからか先ほどまで苦しんで来た冷たさよりも随分マシになった。

路面も乾き下り基調。
体を温める意味もあり、これまで走りをおさえて来たこともあり、でペダルを踏み込みペースを上げる。

息を切らして五日市駅を通り過ぎ睦橋通りを駆け抜ける。
ロードレーサーらしい走り。

e0123825_1155246.jpg


いつもなら奥多摩街道まで直進してしまうのだが、久々にYOUCANに寄ってみたくなり、小川で右折。
高月を通りR16に抜ける途中、ある寺院の境内にみごとなしだれ桜が目に止まる。
CAAD9を降りて暫く観賞。
なんどとなく通ったことのある道なのだが、こんなに見事な桜があるなんて今まで知らなかったなぁ。

真冬の世界からいきなり春、なギャップにキモチがついてこないのが可笑しかった。

R16からひよどりトンネルを抜けYOUCANでスタッフの方に、ちょこっとアドバイスをもらい帰路につく。

ショップを出たらあたりは真っ暗。あらためて外は気温が低いことを知らしめる。
短い家路をペースを上げて走り体を温めようとするが脚が重くなっていた。
やはりブランクは脚力を奪っているなぁ。


終始ウインドブレーカーを着っぱなし、午後出発の短く寒いライドだったが中身が濃い時間を過ごせた充実感で心が満ちている。
やっぱり自転車、最高だ〜。


走行距離 94km AV 23.2km MAX 51.9km/h
[PR]

by jake490 | 2010-03-28 23:59 | ハシる
2010年 03月 24日

アルミフレーム復権

このところ雑誌、ネットなどでアルミフレームの再評価的なコメントが散見されますね。
アルミフレーム乗りの自分にはちょっぴりうれしかったりするんですが。
ひところは猫も杓子もカーボン一辺倒だったのですからね。

e0123825_0225525.jpg


現実を良く知らぬ耳年増的な私見の域を出ませんが、カーボンの優位性をはっきり性能として出せているフレームはかなりの金額を出さないと手に入らないのではないかと思っています。


たぶん完成車として20〜30万円くらいの価格のロードレーサーではカーボンフレームの美味しさを楽しむには不足しているのではないか、と推察。
フレーム単体で20〜30万円くらいがボトムラインなのかなぁ。
それを組み立てれば40〜50万円からっていう見積もりですね。


趣味とか価値観の問題ですから、一概に高い安いは個人が判断すれば良いので善悪の意見をするキモチはさらさらないのですよ。
でも趣味のモノにドンとこれだけの金額を投資できたらいいっすよねぇ。

それはそれとして、昨今の時勢からすればいくら良いとしてもなかなか踏み切れない、というのもあると思うし、製造コストを抑えてカーボンフレームの利点を十分発揮できていないフレームより、むしろ設計の良いアルミフレームのほうが良く走るんじゃない、というのがアルミフレームの再評価的なコメントに繋がっているんじゃないかなと思うんです。
あとは下世話なコメントになってしまいますがメーカーの都合っていうのも感じているんですけどね〜。


フルアルミのTCRに乗るYくん、最近チューブレスタイヤ対応のデュラエースのホイールにハッチンソンのチューブレスタイヤ、フュージョン2を装着したのですが、かなり乗り心地いいそうです。
乗り心地が悪いとか振動が突き上げるとかいうアルミフレームの弱点をかなり緩和していそうな様子でしたし、走りも軽くなったそうですよ。
[PR]

by jake490 | 2010-03-24 23:59 | カンジる
2010年 03月 22日

CAAD9のメンテナンスデー

目覚まし時計をセットせず、自然に目が覚めるまでグッスリ寝ました。
なんという心地良い目覚めでしょうか。

しかしながら腿に残った筋肉疲労は芯にのこったまま、肩はこったまま。
これまで蓄積していた仕事の疲労感が先日のツーリングの疲労が起爆剤となって一気に噴出したようです。
今日1日はのんびり過ごしましょう。

e0123825_19235939.jpg


午前中は書店へ行き自転車雑誌の新刊をチェック。
どれも面白い記事ですが購入するまでには至らず.....

午後からはCAAD9とJakeのお掃除。
CAAD9は一昨日波しぶきを浴びているのでちょっと心配してましたが、とりあえず問題なし。
チェーンはケーヨーデーツーのブレーキクリーナーで脱脂してメンテルーブで給油。
変速機にもメンテルーブで。
ワイヤー類、スプロケットはラスペネでクリーニング&防錆。
フレームにワックスがけをして終了っす。

考えてみればCAAD9のメンテなんて一ヶ月ぶりぐらいなんでしょうか。
ピカピカになったCAAD9を腕を組んで眺めながめているとにやけてくる。
次に乗る日が楽しみだなぁ。
[PR]

by jake490 | 2010-03-22 19:22
2010年 03月 21日

休日出勤を終えて

昨晩の嵐が残る日曜の朝....晴れているのにまだ風が強く....
どっぷりと昨日のツーリングの疲れが残って布団からなかなか脱出できず。
昼過ぎから出勤して数時間。がんがん飛ばして仕事終了。

e0123825_19581471.jpg


気分転換にクルマを走らせているとなぜかY'sについちゃった。
とくに見たいものはないのだが.....まぁいいや。
入店すると店内はセール中。完成車が安くなってます。
購入予定のある人にはなかなかのチャンス。
ただし在庫が決まっている様なのでサイズがあれば、の話になりそうですね。

新しい自転車を見ていて、いいなぁ、とは思うけれど、欲しい!とまでのキモチにはならないんですよね。
デザインを堪能したり設計意図などを探ってみるのが楽しいのかな。

ふらふら楽しんで店をでたらもう日が沈んでる。
空気が入れ替わったように冷たくなって来た。
クルマのヒーターをいれてゆっくりクルマを走らせる。

仕事の緊張がほどけ、体に残った筋肉疲労がここちよく、夕暮れに向う群青の空が美しく思えた。
[PR]

by jake490 | 2010-03-21 19:56
2010年 03月 20日

強風にめげずに江ノ島まで

海を眺めてお疲れの心を癒したい、と悶々と仕事をしていたんですね、ずっと。
ようやく休みがとれた土曜の今日、湘南の海を眺めに、まずは江ノ島へ向います。

e0123825_0195322.jpg


海を見に行く話を聞きつけたYくんと8時に八王子で待ち合わせ。
今日は気温が20℃をこえる温かい日になる予報ですが朝はけっこう寒い。

夏用の吸湿即乾タイプのアンダーにボディテックTシャツ、腕にはアームカバー、それにベストを重ね着。
下はレッグウォーマーにレーパン。
八王子に向い体が温まるまではウインドブレーカーを着用。

八王子で出発前にYくんから仕事でトラブル発生との話。
詳細な情報をいれようと営業に電話を入れるが連絡が取れない。
一応メールを入れておいて、出発しちゃおう。
おそらく対応は明日スタートだろうし。
って明日は日曜日じゃん Orz


仕事のことはとりあえず横に置いておいて、ツーリングを楽しもう.....
R16の御殿山峠を越えて町田街道、境川CRと進む。
Yくんの前では顔に出さなかったが御殿山峠で脚が終わった感が....
ブランクというのはオソロシイ。

狭く人通りの多い境川CRはのんびりと進み、一部工事で通行止めの区間があったが、他のツーリンググループの後について迂回できた。

南町田あたりまでは28km/h前後の巡航速度できたが、にわかに南風が強くなって来た。
目黒をすぎて田畑の中を進むようになると風が吹きさらしの状況になり、更に風が強くなる。
天気予報では午後から風が強くなるはずだったのだが....

藤沢まで数キロというところでいよいよ風は強風に。
22km/h巡航がやっとのところに空気の壁のごとく風がぶつかると速度は即座に20km/hを割ってしまう。
修行の様な前進は藤沢の市街地まで。
建物の影にはいると風の影響は弱まり、ようやく一息、ペダルを軽く回して走る。

e0123825_0204569.jpg


江の電の江ノ島駅から商店街を抜けて江ノ島に上陸。
灯台の下、いつものところでまったりとするつもりが波が高く堤防を越えてしぶきが飛んでくる。
これでは休憩なんかしてられない。
波しぶきが飛んでこないところまで退避して、これからの行き先を相談する。

二人ともお腹が減っているし、とりあえずお昼にしよう、とお昼の候補だった稲村ケ崎方面にハンドルを向ける。
波高い海を眺め横風に注意しながらR134を東へ進路を取って腰越の小さな坂を登って降りると海風に砂が混ざり、というよりは砂荒らしに近い。
吹き付ける砂が顔に当たって痛い痛い。
自転車にも良く無いので即座に国道を離れ1本内陸側の道へ逃げる。

これじゃ、稲村ケ崎に行けないね。
と二人でがっくり。

とにかくお腹を満たそう、ということで最寄りのファミレスで昼食。
結局西に行っても強風は変わらず、というかどんどん強くなってきている。
ということで今日はおとなしく帰りましょう、と話がきまった。

こんな風の強い日に海を眺めてまったり....なんて出来るわけないなぁ。
冷静に考えてみればわかるはず。ばかだなぁ。


帰りは追い風に乗って軽くペダルを回しても30km/hオーバー。
ラクチン、快適、この上ない。
そういえば以前Yくんと境川CRを走った時飯田牧場に行きそびれたことを思い出し、江ノ島まできてなにも無いでかえるのも忍びなく、お誘いする。

e0123825_0213580.jpg


久々の飯田牧場。駐車場にはなんとバイクラックが設けてあった。
僕でも知っているぐらいだからサイクリストの間では名が通っているのだろう。
紫芋と桜なんたら(失念しちゃった)のジェラートをダブルで。
屋内で美味しくいただきました。

外に出るとあいかわらずの強風。
追い風はともかく横風に注意しながら境川CRを北上。
根岸のコンビニで休憩をいれ、まだ時間がはやいのでサイクルショップめぐり。
最寄りのYOUCAN多摩境店に寄ってみる。
買おうと思っていて、ついつい忘れてしまう、アルミ製のバルブキャップを購入。

立川のなるしまフレンドでYくんのTCR、気になった点があったので店長にチェックしてもらう。
全然問題ない、とのことで胸を撫で下ろす。
しばし店内をぶらぶらして店を出て、多摩サイでYくんと別れる。

e0123825_0222120.jpg


Yくんと別れた後強風に抗いながら自宅を目指す。
浅川CRに出たあたりで急に疲れが出て脚が重くなる。
江ノ島に行って帰って来ただけなのに.....


海を眺めてまったりとすることもできなかった訳ではあるが、久々に1日中自転車を楽しんだ開放感が心を癒してくれている。

帰宅後携帯のメールをチェック。
営業からの着信有り。 明日は仕事です.....ね。


走行距離134.7km AV 22.3km/h MAX 52.1km/h
[PR]

by jake490 | 2010-03-20 23:59 | ハシる
2010年 03月 19日

SSジャージ

e0123825_23401793.jpg


ショートスリーブジャージの値段が高すぎる、と、Yくんに文句ばっかり言っていたら、着ないジャージを譲ってくれることになりました。
なんか無心したようで気が退けます。
が、タンスにしまったままのほうがもったいない。
2、3回袖を通しただけのジャージを格安で譲ってもらいました。


明日は久々にツーリングに出掛けるつもりです。
気温が上がり温かくなるので、さっそくSSジャージデビューかなぁ、なんて思ったりしましたが、朝晩の寒さや風が強そうなので、もうすこし気候が良くなってからにしよう、と今決めました。

いつもならディパックを背負って出掛けるのですが、今回は背負わずに荷物をしぼって背中のバックポケットに。
なにせブランクがあいていますから、体の負担をできるだけ少なくしたいのです。



のんびりのんびり海を眺めに.....
[PR]

by jake490 | 2010-03-19 23:37
2010年 03月 18日

まちがいだらけの自転車えらび再読

e0123825_23181326.jpg

ようやく本でも読もうかと思えるほど余裕が出てきました。



本書の肝は巻末近くに記されている7か条。
そのうち、

むやみに新しいものや、軽いものや、安いものを欲しがらないこと。

つねに頭と体の両方を動かして、あらゆる感覚をみがいておくこと。

必要な性能だけに対価を支払い、その性能を発揮させる努力を怠らないこと。



煩悩に振り回されず、地に足をつけて我が道を行こう。
[PR]

by jake490 | 2010-03-18 23:18
2010年 03月 16日

気晴らしにサイクルショップめぐり

とりあえず仕事が一段落。
定時に会社を出るなんて、何日ぶりだろう。
まえに定時に上がったときはもっと日が短かったはず。

e0123825_23163640.jpg


朝まで雨が残るという天気予報だったのでジテ通の準備をしていなかったので今日はクルマで通勤。
ホイールの振れを取りにいきたい、というY君を乗せてなるしまフレンドへ。
心身ともにお疲れの自分には丁度良い気分転換。

傷んで来たJakeのサドルのアリアンテの次期候補、どうしようっかなぁ〜。
今年は半袖のジャージ欲しいなぁ〜。

などと店内をうろうろ。

けれど購入に至る決定打が見つからない。
物欲がないわけではないのだけれど。


Y'sにシマをかえてジャージなど試着してみる。
なかなか気に入ったデザインが無いし、価格も高いように思える。
冬物に対して夏物は割高な気がして購入するキモチが盛り上がらない。
割高に感じる中値半端なモノを買ってしまうなら、ある程度金額を出して良いモノを買う方がいいのだろうか......

とかとか......結局なにも決まらない。


自分が優柔不断、というより、コストにみあうモノが無い。
自転車用アパレルの価格設定は強気すぎない?
[PR]

by jake490 | 2010-03-16 23:22