空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2009年 07月 31日

7月の総括

今朝の雨で結局今週も自転車通勤できずに終わりました。
もどり梅雨というのか、まだ梅雨が明けていないのか、はっきりしない空模様が8月も続くようです。
エルニーニョ現象が起きているようなので、この分では冷夏の可能性がありそうですね。

こんな空模様の下、週末によくツーリングに出かけられたものです。
週末に行けたのは4本、もうラッキーとしかいいようがありません。

e0123825_2344365.jpg


ガンダムお台場に立つ!

e0123825_0533887.jpg


梅雨の鎌倉ポタ

e0123825_1181873.jpg


和田峠~甲武トンネル~風張峠~今川峠

e0123825_1275569.jpg


灼熱の峠三昧、松姫峠~鶴峠~田和峠~大垂水峠

気分を変えてお台場に行ってみた訳ですが、やっぱりお台場はカノジョ連れで歩いた方が絵になりやすい....まぁ、オヤジひとりでいると浮いちゃう所かなぁ。
でも、ウォーターフロントをポタするのは気分がいいし、食べ損なった築地の市場飯はリベンジネタです。

紫陽花の季節を外してしまったけれど、しっとりとした鎌倉は風情があって、また来訪したいですね。

お山へのツーリングは奥多摩シリーズ。
ホームグラウンドって言えるぐらい、走りこめればいいなぁ。

実はこの二つのコース、一つにまとめて走っちゃおう、と狙ってます。
一部道志方面もコースに取り入得れてルートを計画しているのですが、八王子の大和田橋をスタート&フィニッシュの距離にして160km余。
グランフォンド奥多摩ってところか...な。登って下ってを繰り返すセンチュリーラン。

今は走破は難しいな。途中で脚が止まっちゃうと思う。
だけど、いつか挑戦したい。
そう思いつつ地図を眺めて雨の夜を過ごす7月でした。
[PR]

by jake490 | 2009-07-31 23:59
2009年 07月 30日

夏の空が恋しいぜ

e0123825_22235339.jpg


梅雨前線が停滞しているせいで、天気がはっきりしませんね。
ようやく仕事が一段落したので、自転車通勤できるかと思ったら、通勤時間帯だけ雨が降る、といういやな天気です。

明日、自転車で通勤できなかったら、2週連続で自転車通勤しなかったことになるんじゃないかな。
これは、梅雨の時よりも自転車に乗れなかったことになるわけですね。
なんてこったい。

そうなると、日曜日の青空がいかに貴重だったか....ああ、青空が恋しい。
[PR]

by jake490 | 2009-07-30 22:22
2009年 07月 28日

クライマー

ツーリングから帰ってきたばかりの体重マイナス3kgは、やっぱり1日で元に戻りましたねぇ。
できればこのままって希望がありましたが、これだけの水分欠乏は体に負担がかかりますから、戻って正解です。残念だけれど。

e0123825_2084441.jpg


しばらく様子を見るつもりでいましたが、どうも耳の具合が悪いのです。
医者にかかるのは嫌い(病院が怖い、ともいう)なのですが、しぶしぶ耳鼻咽喉科の病院に行って治療を受けてきました。
耳管に空気を通してもらい、耳が詰まった感じは解消されました。

もともと子供の時分より鼻がよくないので、鼻をぐずぐずしながら峠をこなしていたのが耳に負担をかけていたようです。
気圧の急激な変化が耳に負担をかける、ってことなんですね。
峠を走るなら、鼻もよくしないと....ったく、オヤジの体ってやつは手間がかかるなぁ。


それでも、山を走り峠を越えたりしたいと思うのは、走りごたえもあるし達成感があるからです。
かといって、頭が上がらないほど苦しんで坂を登るのは勘弁願いたいが、楽に登れても面白くないという、ひねくれものなんですけどね。

こいつは手強い峠だ〜、と坂と戦いながら、徐々に近づいてくる空を見上げているときの充実感。
それがたまらなくて、また峠に行こうと思うのです。


がんばってばかりじゃ体がもたないので、ぬるく走ることもあるけどね(笑)
[PR]

by jake490 | 2009-07-28 23:59 | プロフィール
2009年 07月 26日

灼熱の峠三昧、松姫峠〜鶴峠〜田和峠〜大垂水峠

期待していなかった天気、なんと朝から、どピーカンです。
先週に引き続き奥多摩へ。
奥多摩湖から小菅村に向い、松姫峠をピストンして、上野原に抜け、甲州街道で戻ってくるルートです。


朝5時半に起床したものの、寝不足からか、6時までボ〜っとしてました。
やや慌てて準備にはいり、朝食はカップヌードルにバナナ、と牛乳。
スゲー組み合わせですが、食べるものがこれしか無いっす。
途中、コンビニで補給することにして出発。

多摩サイを拝島橋まで走り、拝島橋から奥多摩街道で青梅。
青梅からは国道411青梅街道で奥多摩湖に向います。

e0123825_1232424.jpg


いつもなら小作から吉野街道で古里に向い、そこで青梅街道に接続しますが、今日はずっと青梅街道。
走りやすさから言うと、たぶん吉野街道の方が走りやすいと思うのですが、古い街並の面影がある青梅街道を走りたかったのです。

実際走ってみると、目は楽しめるのですが、意外にアップダウンが多く、ついつい踏み込んでしまって消耗気味。
古里のセブンイレブンで何か食べないと、と思うのですが、暑さで食欲ゼロ。
バッドコンビネーションの朝食のせいで、お腹の調子も今ひとつ。
結局スポーツドリンクとミネラルウォーターのみの補給で奥多摩湖まで走ってしまいました。

e0123825_124523.jpg


奥多摩湖で気温は10時で30℃。水分意外は補給できていないので、すでにお疲れ状態。
暑さしのぎも含めて長目の休憩をいれました。
このまま走っていると熱中症になっちゃうかも、なコンディション。
ここまでで家に帰っちゃおうかな〜な気持がもたげますが、無理をせず、行けるところまで、と決めてゆっくり再スタート。

e0123825_1245145.jpg


日差しはさらに真夏の日差しの威力をみせ、全身から汗を噴き出る。
いくら飲んでも追いつかない、こりゃ大変な一日になりそうです。

e0123825_1253055.jpg


トンネルの中を走るのはあまり好きじゃないけれど、トンネルの中は涼しくてホッとします。
でも出てしまえば灼熱の日差しが....きついなぁ。

e0123825_1261189.jpg


小菅村に着いた。下の川から子供達が水遊びをしている声が聞こえます。
外で遊ぶ子供の声を久しく聞いてなかったな〜。
今は夏休みなんだね、やっぱり。

左に曲がって国道139を進み松姫峠にアタックしよう。ボトルの水は満タンだ。
木陰もあるのでなんとかなりそうだし。

e0123825_1271587.jpg


松姫峠に登るのはこれで2度目。ただし小菅村側から登るのは初めて。
こちらからの勾配の方がきつかった記憶があるので、躊躇していたのだが、インナーロー、もしくは1段下のギアでも、ゆっくり登るぶんには追い込まれることは無い。

e0123825_1275569.jpg


山から下りてくる風が涼しくて心地良い。木陰と日向の温度差の強烈なことか。
峠から下ってくる何人かのサイクリストとすれ違い挨拶をかわす。
こんな暑い日に峠を登る好き者が結構いるんだね。
周遊道路よりも奥のこの峠道は静かで、自分のタイヤとギアの音しかしない。

ここを抜ければ天辺だ!というだまし地形が2、3あって、心が折れそうになる。
そう簡単にピークを拝ませてくれないのだな、松姫峠は。

e0123825_1284724.jpg


松姫峠に到着。停車した途端、汗が身体から吹き出てくる。
スナップを撮ったり、ふらふらしていると、次から次とサイクリストが登ってきた。
高いところへ行くほど、走り屋のサイクリストが多くなる、っていうのは正しいのだなぁ。
みなさん強そうだ。僕は例外だけど。

e0123825_130020.jpg


自宅を出る時には見えていた富士山。
峠から見えるかな、と期待していたけれど、雲がかかって見えません。

登坂中、空腹感があったので、持参した玄米ブランを食べたのだが、1枚食べるともう胃が受け付かない。
暑さでへばっているんですね。峠を降りたら甘い飲み物でも飲んでカロリーをとらないとやられちゃいます。

e0123825_131728.jpg


時間をかけて登った峠を10分もかからず下ってしまい、県18を上野原に向ってハンドルを切る。
少し下ったところに自販機を発見。ミネラルウォーターとアイスココアを補給すします。
もうゴクゴク飲んじゃいましたねぇ。あっという間です。
甘いものを飲むと空腹感が去り、ちょっと気分も落ち着いたところで再スタート。

下り切り、道が登りになり始めるといきなりファイナルロー。
それも踏み込まないとペダルが回りません。
木陰の無い、直射日光をガンガン浴びながら登っていくのは、結構辛い。
あっという間に熱中症ぽくなってしまう。

楽に越えられるとは思っていなかったけれど、とんだ伏兵ですね。

e0123825_131546.jpg


峠の標識すらなく、あるのはバス停のみ。
もう、脚を使い切った感じです。回らなくなった脚で踏ん張って九十九折りをくだります。
風を受けて下っていくと、身体が涼んでお腹が減ってきました。
時刻も午後1時ほど。西原にあるびりゅう館で食事にありつきます。

e0123825_1324189.jpg
e0123825_1325652.jpg


暑くても食欲そそる、お蕎麦をいただきます。
地元で収穫した蕎麦を水車で粉にして打った蕎麦と、同じく地元野菜の天ぷらです。
大汗をかいてきたので汁の味はわからないけれど、蕎麦は良かったですね。
野菜の天ぷらも上々。

お腹をこなしつつ、冷房の効いた中でしばらく休憩。
外に出ると暑さがこたえます。

e0123825_1334080.jpg


消耗した脚に追い打ちをかけるような田和峠への登り返し。
短い登りですが、ここまで重ねてきた疲労に追い打ちをかけるようでキツいですね。
しかし、ここを過ぎればもう後は下り基調の道。

e0123825_1342084.jpg


県18は山間の村を繋いでいく快適な道。旅気分満点です。
ゆずり腹で県33と接続。左は甲武トンネル。右は上野原。
脚があれば甲武トンネル越えも良いかな〜、なのですが、僕にはまだまだ。
迷わず、上野原へ。こちらに進んでも大垂水峠越えがあるし。

ちょっとした登り返しが登れません。というか、暑さで身体が参ってます。
コンビニでアイスBOXを買い、日影でガリガリ食べますが、口だけ冷えて汗が引いていきません。
ボトルの水もぬるま湯のよう。この辺は相当暑いのかな。

上野原で甲州街道に接続したあたりで、お尻の筋肉がつってサドルに座っていられなくなってきました。きっと、塩分の不足ですね。
タイミングが早いですが、またまたコンビニに吸収。
塩飴とスポーツドリンク、ミネラルウォーターで塩分と水分を補給。
大垂水峠越えに備えて十分に水分を取っておきます。

相模湖インターあたりから相模湖駅までの間、車が渋滞して、車の発する熱が凄くて参りました。
大垂水峠まで渋滞が続いてたら、と思うとぞっとしますねぇ。

千木良から勾配が付き始め、ギアもインナーに入れてイーブンペースで登ります。
お尻の筋肉の具合も良くなり、疲労感があるもののいい調子。

e0123825_1353488.jpg


街頭の温度計、39℃を示しています。ほんとかよ〜、ですね。
暑いにゃ、暑いですよ。ホントに。

今日これまでこなしてきた坂に比べたら勾配のゆるい大垂水。
回すほど力が残っていいませんが、ギアを2、3枚残していけてます。
少しは前より坂に強くなってきたかな〜、なんてちょっと嬉しかったり。

e0123825_136166.jpg


峠はそのままスルーしようかな、と思いましたが、下りを走る集中力が足りなさそうなので気分をリセットするためにストップ。
なまぬるいボトルの水で喉を潤してから、ダウンヒルです。

車の流れに乗って、一期に高尾まで下り、八王子市内を走っていると、もう帰ってきた気分。
浅川CRでペースを落としてクールダウンしながら帰宅。


シャワーを浴びて体重を量ったら3kg減っていました@_@;
たぶん、身体から抜けた水分ですね。

今日は暑さと、予想外の鶴峠の急勾配にやられちゃいました。


走行距離 148km AV 20.2km/h MAX 60.6km/h
[PR]

by jake490 | 2009-07-26 23:59 | ハシる
2009年 07月 25日

明日は降水確率30%

今日はお仕事でした。
週末の天気予報は、ほぼ雨降り、ってことで車で出勤したのですが.....
みるみる雲がきれて晴れ間でてきたよ。こんなことならジテ通したかったな〜。
朝の天気予報を見ておけば良かった、と、ちょっと後悔。

e0123825_21381770.jpg


仕事を終えて天気予報をチェック。
スキッと晴れる訳じゃないけれど降水確率は30%。なんと走りにいけそうです。
日曜日に走れると期待していなかったので、まったくノープラン。

タイミング的には、そろそろ丹沢方面を走りたいところだが、近々Yくんとヤビツ峠を走るプランを立てているところだし。

はて、困ったな、どこ行こう?
[PR]

by jake490 | 2009-07-25 21:37
2009年 07月 24日

地図の楽しみ

ちょっと手持ち無沙汰になった時、ふと地図を手に取ってしまう。
週末のツーリングのプランを立てたり、走ってきた地域を思い出したりと、時間が経つのを忘れてしまうんだよなぁ。

e0123825_0345430.jpg


僕が使っている地図は、主にツーリングマップル、ライトマップル、それに山と高原地図の三つ。
ライトマップルと山と高原地図は、リュックの中に入れてツーリングのお供になっていることが多い。

ツーリングマップルのページをめくりながら、目的地を探したり、ルートを繋いだりとか、おおまかに旅のプランを組み立てる。
行き先が山間部だったら地形図になっている高原地図で峠道の勾配を推察したりして、プランのリアリティを増していく。
イメージの中で、そこから見える風景や峠を越える脚力を自分と相談しはじめるのだ。

地図を読むのは想像力と推理力。
情報過多の時代だからこそ、地図を読む。
旅で出会う風景は新鮮あれば、あるほど良いね。
[PR]

by jake490 | 2009-07-24 23:59 | 地図
2009年 07月 23日

太陽はどこいっちゃった?

e0123825_233443.jpg


連休明けから今日まで、ずっと通勤時間帯は雨です。
そして明日も、雨ですねぇ......今週は自転車通勤できずに終わってしまいますね。
それどころか、土日も天気が悪そうです。
せっかく新しいタイヤに履き替えたJakeに乗れず終い。

恨めしく空を眺めてたりしているのですが、ふてくされる間も無く、今週は少しばかり仕事が忙しくて、体力的に自転車通勤出来ない日もありました。
だから、逆の意味で天気が悪い方が精神的に良かったのかもしれません。
[PR]

by jake490 | 2009-07-23 23:33
2009年 07月 21日

和田峠〜甲武トンネル〜風張峠〜今川峠のルートマップ

昨日のツーリングのルートをALPSLAB地図(ALPSLAB routeへのリンクはこちら)にしてみた。

e0123825_214110.jpg
クリックすると少し大きくなります。ALPSLABへのリンクはALPSLAB地図をクリックしてね

こうしてALPSLAB routeでルートのプロファイルを作ってみると、なかなか興味深いですね。

このルートは浅川CRで八王子にアプローチ。
CR沿いの大和田橋からスタートして奥多摩の峠を走って新奥多摩街道で立川まで、立日橋から多摩サイに接続するコースです。

奥多摩街道を使わずに羽村の堰から多摩サイを使っても良いと思います。
ただ、羽村の堰から拝島橋の区間はCRが狭く、歩行者が多いので、走行には注意が必要です。
[PR]

by jake490 | 2009-07-21 23:59 | 地図
2009年 07月 20日

和田峠〜甲武トンネル〜風張峠〜今川峠

夏だというのに奥多摩の峠三昧です。和田峠、風張峠の2強を走る山岳コース。
峠を全部走り切るまで平坦路はありません@_@;


幸い天気は曇天、山道を走るのにカンカン照りは困ります。
ただし日没近くには雨、という天気予報。
朝6時には出発したかったけれど、7時に家を出て浅川CRで八王子へ。

ウォーミングアップしながら徐々にペースをあげて、大和田橋からR20で追分。
追分から陣馬街道で和田峠に向います。

e0123825_1181873.jpg


陣馬街道はじわっと登り基調で山間部に向い、陣馬高原下からは、いよいよ和田峠への本格的な登りとなります。
先が長く、しかも峠越えも控えてるとなると、急坂の和田峠の登坂は幾分ペースを落として脚を温存します。
が、和田峠、そんなに甘い峠じゃありません。
インナーローで踏み込まないと登れません。曇天とはいえ湿度が高いので、あっという間に汗がボタボタ流れ落ちます。

e0123825_119126.jpg


ヒイヒイいいながら30分ほどで峠に到着。まだ峠の茶屋があいていないので、ベンチで休憩をとる人が多数いました。
それを横目でみながら、サッサと下ります。なんたって先が長い。

e0123825_1195568.jpg


富士山のビューポイントで停車しますが、やっぱり今日は富士山は見えないですね。
確認したら、すぐにスタート。
先日の落車の後遺症か、下りのカーブ、恐怖心があって、うまくコーナリングできません。
アプローチで十分減速してからコーナーに飛び込むようにコーナリング。
でも、うまくないなぁ。なんとか工夫しないと。

e0123825_1204484.jpg


交差点を右(直進)、上野原CCに向って進路を取ります。
上野原CC、レイク相模CCを繋ぐルートは意外にアップダウンの連続。
時には9%の坂も現れる始末。
甲武トンネルの登りを前にして回復できません。

e0123825_1213171.jpg
e0123825_1215481.jpg


それでも時おり開ける風景は開放的で、なんと気持の良いことか。
曲がりくねった旧道の面影が時おり顔をのぞかせるものの、登坂さえなければ快適この上ないルートです。

e0123825_1231088.jpg


いよいよ甲武トンネルの向う分岐点。
時おり一桁スピードに落ちることもある甲武トンネルへの登坂をこなします。

e0123825_1241334.jpg


山が緑一色のその中で、ポツンポツンと咲く花が可憐です。
花で気を紛らわせていましたが、腰の筋肉がすでにパンパン。

e0123825_124597.jpg


トンネル手前の東屋で脚を休め、ストレッチ。
もしかしたらここからも富士山が見えるかもしれない。
などと思いながら登り始めるとすぐにトンネルが表れた。

e0123825_1254634.jpg


今日は雲が低く、今にも雨が降りそうな気配。
檜原に下り始めて、ハンドルに力が入っていることに気付く。
スローインファーストアウトの基本を繰り返し、坂を下る。

檜原街道に接続し左折するとキツメの登り坂。
脚を止めて下ってきたので、これまでの登坂の疲労がモロに出る。
人里でボトルに給水するまで、ヘロヘロな走り。10km/h前後をふらふら。
バンバン他のロード乗りに追い越されて、ちょっと凹んだ。

e0123825_127959.jpg


ひといき入れたら、やや脚が復活。
ちょっとはペースが上がったところで道の傾斜は一段とあがり10% Orz
ボトルの水をグビッと一口飲んで気合いをいれる。

e0123825_128483.jpg


先の山を見上げれば、風張峠は雲の中か......力まずリラックスしてペダルをまわす。
旧料金所を過ぎると、心無しか傾斜が緩く感じられる。
カーブを曲がるごとに高度感をみてとれるのは達成感があってありがたい。

e0123825_1284173.jpg


心拍が上がることも無く、腰の筋肉が悲鳴をあげそうになっているのをごまかして、たんたんと登って都民の森に到着。
気温は20℃。汗が冷える。
お腹が冷えるのが心配だ〜、といいながらソフトクリームを食べちゃった。

少し軽くストレッチをして再スタート。
50mくらい先に走っているサイクリストをロックオン。
ほぼ同じペースで走っているので良いペースメーカーになる....
が、ブラインドコーナーの先で足付きしていて、追い越すハメに....
後ろからピッタリ着いてくるので、今度は僕が休めない。

ダンシングをまぜて若干ペースを上げて引き離し成功。ああシンド。
離したあとはマイペース。

e0123825_129399.jpg


ちょとばかり頑張っちゃったので通り過ぎちゃったかと思った風張峠に到着。
若干ガスっているものの雲はまだ上にある。
休む間もなく、下ハン握ってダウンヒル開始。
モーターサイクルが後ろからコーナーでかぶってくるので危険を感じ、やり過ごす。
もっとスマートに抜けよ! と元モーターサイクル乗りは心の中で叫んだりする。

e0123825_1302252.jpg


眼下に見下ろす、ちょっと霞んだ奥多摩湖を眺めながら心を癒してみたり。
モーターサイクルの間合いを見計らって深山橋まで下った。


深山橋を左折して小菅村に向う。その先は松姫峠、鶴峠に向える道。
一段と緑が深いその道を行くと集落が現れる。小菅村の集落だ。
お腹が減ってきているので食事でも、と思うが飲食店がほとんど無い。
あるとすれば谷側にあるのだろうか。
探す手間がなんとなくかけたく無くなったので、冷たい缶ココアで空腹をごまかして今川峠に向う。

e0123825_132365.jpg


地図によっては峠の名前がでていない今川峠。
こいつがなかなかくせ者で標高1060mと鶴峠よりも高い。
それに勾配もきつめで、峠までほとんど脚を休める所が無い強者だった。
序盤で傾斜がきついので大汗をかいてインナーローで登坂。息が弾んだ。
こうはんは傾斜が緩むものの、1枚下のギアを使うか使わないかの登坂が続く。

e0123825_1325022.jpg


峠の標も無い、ただのピーク。
だが脚ごたえは十分。しっかり消耗してしまった。
ここからは丹波山村に下っていく。
こちら側も結構な勾配。
丹波山村の登り始めはかなり急勾配、こっちから登らなくて良かったな〜。

丹波山村に降りると道の駅があるが、当たり障りの無い食堂で食べるのもどうかなぁ、と思っていると村営の蕎麦処の看板が。
試しにのぞいてみるか、と寄ってみる。

e0123825_133345.jpg


釣り場の中にその蕎麦処があり、どうかなぁ、とのぞいてみると村のお母さん達がせっせと働いている。
ここまできたらお腹が空き過ぎ、結局注文。

e0123825_1342595.jpg


田舎のお母さんが打ってくれた蕎麦にフツーの汁。蕎麦はシコシコ歯ごたえ十分。
なんか、田舎の家庭料理みたいな蕎麦でした。大盛りを美味しく完食。

お腹がいっぱいになった後はR411で奥多摩湖を目指します。
椅子にゆったり座って休んだので、疲労が出てシンドさが先に出てしまいますが、汗をかいてくるとパワー復活。
下り基調になるとペダルもクルクル回ります。

e0123825_1351625.jpg


一瞬、周遊道路に目が向きますが、もう一度周遊道路を登るほど脚は残っていないし、時間的にもキツいので、そんな幻想は即座に却下。帰路につきます。


残った脚を振り絞るように小河内ダムから古里までの下り区間を車と同じペースで走り、吉野街道もオーバー35km/hで巡航。
小作から奥多摩街道でもペースを立川までキープ。
がんばりました。っていうか、キツすぎです。いい歳して何やっているんだか....

へろへろになって帰宅。自宅前で立ちゴケしそうになりました(爆)


走行距離 166.8km AV 19.8km/h MAX 60.2km/h
[PR]

by jake490 | 2009-07-20 23:59 | ハシる
2009年 07月 18日

Jakeのタイヤ交換

見て見ぬ振りをしていた、というか、見ない振りをしてた、というか......
リアタイヤがすり減って四角になってます。

e0123825_21431636.jpg


調べるとツアーライドで6700km走ってる。
タイヤの真ん中のトレッドを触ってみると、わずかに爪がひっかかる程度。もう寿命ですね。これで未舗装の林道を走る気がしません。

ということで、またツアーライドを買おう、とネットを検索。
ところがツアーライドは日本国内ではもう販売していない様子。

本国のサイトにはまだ掲載されているので、輸入代理店の問題か......

そういう事なら他のタイヤを試してみるか、といろいろ物色してましたが、これ!っていう決め手がありません。
オフロードもオンロードも走れて、丈夫で長持ち、しかも安い...
なんてタイヤ、そうそうあるもんじゃありませんよね。

しょうがないですね。
オンロードタイヤで耐パンク性があり丈夫なタイヤであれば多少の砂利道は大丈夫でしょう。
ジテ通がメインでツーリングでもほとんどがオンロード、オフロードは数%というのが現実です。
お財布に優しい価格であることも大事だし(笑)

e0123825_21453228.jpg


というわけで今回のタイヤはシュワルベのマラソンです。
丈夫で長持ち、と定評があるタイヤ。
見た目はごく普通で地味な印象だけれど、乗り込んでいくうちに良さも分かってくるでしょう。
[PR]

by jake490 | 2009-07-18 21:41 | イジる