<   2009年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2009年 03月 31日

3月の総括

今月の大きなトピックスといえば.....やっぱり椎間板ヘルニアwith座骨神経痛です。
いやぁ、凹みましたねぇ。(いまも沈没中ですけど.....)

e0123825_23385839.jpg

湘南LOVEだぜ〜。海を見てまったりしたいなぁ〜。あぁ、自転車のりたい!!

廻りの人たちは「自転車にのりすぎたからじゃないの〜」とかとか.....
原因を自転車に持っていきたがりますが、こうしたスポーツで脊椎の障害を起こした場合、前出ですが、腰椎すべり症、腰椎分離症になる可能性が多いようです。
僕の場合はトシなんすね〜、きっと。あと姿勢の悪さ。

治療法としては、ほぼ毎日のように骨盤の牽引をしています。
通院を始めて1週間程ですが、つい昨日一昨日くらいまで症状にあわせてコルセットをしたり鎮痛剤を飲んだりしていたのが大分良くなって、コルセット無しで1日中すごせるようになりました。鎮痛剤も無しです。
ただ、午後になると、痛みが増してくるので、骨盤の牽引はかかせない状況です。骨盤の牽引をすると症状が軽くなるんですね。
あと、お風呂で腰を暖めると随分痛みが取れます。

状態としては回復しつつあるので、再発防止の為に体幹筋肉を鍛えること、これが要になりそうです。
なまけものなので、ちゃんとやるかな〜。

んで、月末に沈没してしまった自分ではありますが、今月も何本かツーリングに行けました。

栃谷坂沢林道〜日影林道
Jakeで行く林道はオフロードを含むとたのしいっす!


北鎌倉へ....
鎌倉シリーズ!?です。季節を変えながら何度でも訪れたい古都鎌倉。
湘南の海と隣接しているのがまた良いですね。

Yくんと江ノ島へ...
いつか湘南の海を見にいこうっていう約束を果たしました。

Yくんと名栗湖へ..
海の次は山っすよ〜、と小曽木方面の丘陵地帯を走って名栗湖へ。

なかなか休日に時間がとれない、ロードレーサーを買ったばかりのYくん。
2週連続で家族から解放されて自由時間を持てたようです。
ごいっしょできて良かったですね。
少しずつ距離を伸ばして出かけようぜ〜、と行った本人が椎間板ヘルニアで行けなくなっちゃった Orz

桜が咲いて満開になるまでの季節をたのしみながらジテ通する喜びも今季は見送りです。
でもこの調子で良くなってくれれば、距離は短くてもリハビリライド出来る日は、そう遠くない、なんて思ってます。
[PR]

by jake490 | 2009-03-31 23:59
2009年 03月 30日

一進一退.....

休日は安静....とはいかず、子供の用事でいろいろと出かけておりました。
体調が良くても自転車には乗れなかったですね〜。

e0123825_239661.jpg


座骨神経痛の方は安静に、とか、コルセットをしっぱなしだと筋力が落ちて、脊椎を支える力がおちてしまうのです。
だから、コルセットを外して一日中を過ごしたのですが、午後になると痛みがましてきて、やむなく再装着。
痛み止めを飲んで、お風呂でゆっくりと腰を暖めて....とケアをして一晩明けたら、なんとか今朝は痛みが和らぎました。

そして今日は通院して腰を牽引。しばらく仕事中に増してきた痛みが暫くありましたが、時間が経つに連れて痛みが引いていきました。

ひっぱってもらっている時は「こんなんで効くのかな〜」なのですが、今日は効きめを実感できたです。

病院のあとは、また会社に戻り一仕事。けっこう忙しいっす。
また痛みがきそうな雰囲気になったらコルセットしよう.....
とかとか....一進一退.....凹みそうになりながらも、自分の脊椎にむきあう日々を送っております。

ああ、とりとめのないエントリーだなぁ。
[PR]

by jake490 | 2009-03-30 23:59
2009年 03月 27日

意外とポピュラーなんだ!?

経過は良好です。
今朝からは、痛みというよりは違和感、重いような、突っ張ってるような.....
そんな感じで、痛みが随分和らぎました。

e0123825_2019144.jpg


まあ当初は、結構凹んでいたわけです。
椎間板ヘルニアだとか座骨神経痛だとかになっちゃって。

で、周りの人にそんなことをぼやいていると、結構、椎間板ヘルニアだとか座骨神経痛持ちや、経験者がたくさんいるんですね。
へ〜、とか軽くあしらわれちゃって、深刻な顔をしていた自分が滑稽に思え、
そして、妙な安心感が芽生えちゃったり....な心境になっています。

そんなこったで、来週は忙しそうなので、今日診察してもらいました。
上へ上げれば痛かった脚も上げられるようになり、ブロック注射をしなくても大丈夫。
コルセットも必要に応じて装着するだけでよく、薬も痛い時だけ飲めば良い。
と、だいぶ回復の兆しがみられます。

骨盤の牽引にあと2週間は続けて通院することになりますが、自主的に体幹筋肉を鍛えることとストレッチをやってもいい、ということなので、さらに回復をすすめられるでしょう。
[PR]

by jake490 | 2009-03-27 23:59
2009年 03月 26日

座骨神経痛の原因は自転車か?

朝、窓を開けたら、雪がちらほら、ふわりふわり....
ビックリですね。寒いわけです。

e0123825_21315543.jpg

雪を降らせた雲が去り、晴れ間が顔を出す

臀部からハムストリングの痛みは2回目のリハビリを受けただけですが、回復の方向へ向かっているようです。
とりあえず安静に、ということなので仕事でもおとなしく動くように気を使っています。
次ぎにドクターに診療を受ける前に、座骨神経痛、椎間板ヘルニアについて情報収集。
症状から治療法まで、ネット上でもいろいろ見て歩きますが、やはり気になるのは以前のように自転車に乗れるか、とか、原因は自転車なのか、とかとかです。

今のところ情報と自分の状況を照らし合わせ考えてみると、スポーツで腰椎に負担をかけた場合、起こりうるのは腰椎すべり症、腰椎分離症の発生する可能性が高く、自分のケースとは異なります。
遠因には違いないとは思いますが、自転車に乗ると椎間板ヘルニアになる、といった公式にはならないように思えます。
[PR]

by jake490 | 2009-03-26 23:59
2009年 03月 24日

いつもなら多摩サイを走っている時間なのだが

定時退社で帰宅する時は、いつもなら狛江スロープや連光寺に向っちゃうところなんですが、一路整形外科医へ向います。

e0123825_23482947.jpg


痛みが取れるまでは安静に......
なんて仕事してりゃ、体動かしますもんね。そりゃ、無理というもんです。
とはいえ、なんとか腰に負担をかけずに体を動かすようにしてました。

痛みが強いうちはコルセットで腰の負担をやわらげ、消炎鎮痛剤を服用します。
コルセットをつけた時は逆に痛みが増しましたが、これは腰椎が正しい位置に矯正されて、痛みを逃がす為に姿勢が崩れているのを正した為と思われます。
消炎鎮痛剤が効いて、しんどかった痛みが随分楽になりました。

整骨院ではなく、まずは整形外科医に診てもらう、が正しかったと思います。

今日は、はじめての理学治療を受けにいきました。
通常は痛みが軽くなってから行うものなので、まだ痛みが軽い自分は初診の翌日から治療の開始です。

SFチックな椅子に腰掛け、腰をベルトで固定し、椅子が後ろ向きに倒れ出すと同時に、上からアームが降りてきて肩口をロックします。
なんか、火星旅行の記憶を脳にインプットされるような気分です(笑)
少し間を置いて、ゆっくりと腰が牽引されて脊椎がのばされます。
今日は初回なので弱め。
こんなんで効くのかなぁ〜、というのが実感。
腰が温められる機能がついているので、じんわりと温められるのが心地良く、うとうとし出したところで治療終了。

お疲れ様でした〜、とベルトを外してもらい椅子から立つと、痛みがかなり軽減してました。
なんか回復に向って明かりが見えた気がしたのですが、しばらくするとまた痛みが増してきて....Orz

でも、治療を受ける前よりも、わずかながら良くなった気がします。
地道に、地道に....あせらず行きましょう。
[PR]

by jake490 | 2009-03-24 23:51
2009年 03月 23日

桜が咲き始めたというのに....

サイクリングロード沿いの桜の蕾がほころんで、ちらほら花が咲き始めました。
寒の戻りとかいいながら冬の厳しい寒さからすれば、どうってこと無く。
ちょっと体を動かせばすぐに温かくなりますね。

e0123825_23423331.jpg


なんですが、いよいよこれから自転車の季節....というのに.....
僕はしばらく自転車に乗れません......

突然やってきたお尻の奥の方の筋肉の痛みがハムストリングあたりまでひろがって......

念のためにと整形外科医に診てもらったところ、座骨神経痛。
レントゲンによると骨盤と脊椎の間の椎間板が薄くなってしまってます。
それで神経を刺激して痛みがやってきているんですね。

レントゲンの画像を見た時はショックでした。
ネガティブな考えがフラッシュしましたが、現実は受け止めなければなりません。

最初に僕の口から出てきた言葉は「もう自転車は乗れないんですか...」だって。
バカですねぇ。もっと大事なことがあろうに。
まあ、ドクターの返事は曖昧ですが、そんなことはない...的なことを言ってました。
開き直っていうんじゃないのですが、仮に自転車で筋力をつけてなかったら、もっと若いうちに痛い目にあっていたんじゃないかと思います。

2週間、痛みが取れるまで安静に......それがドクターの指示です。
それと明日から器具による治療。
今は薬を飲んで、腰にコルセットをまいて、おとなしくしているしかない自分です。
[PR]

by jake490 | 2009-03-23 23:41
2009年 03月 21日

Yくんと名栗湖へ

「明日、自転車で遊びにいけるようになりました!」とY君からメール。
僕一人だったら、宮が瀬周辺の峠三昧しようと思っていたのですが変更です。
「OK、それでは名栗湖まで行きましょう。」と返信。
もしY君も行けるのなら、軽くお山を走りましょう、と約束していたのでした。

e0123825_0202656.jpg


いつものように八王子で待ち合わせ多摩サイで羽村へ。
玉川兄弟にご挨拶は省略し東青梅から成木街道に進みセブンイレブンで休憩。
一息入れたら吹上峠に向わず飯能方向へ右折し、小曽木から成木に回り込むように走ったのだが.....それが正解だった。

e0123825_0194955.jpg


この地域が寒いせいか、梅が満開(ちょっと盛りの峠はこえているけれど)
コブシの花など木々にさく花を眺めながら春のはしりを感じつつ山間を走って行くのは実に気持ちが良い。
再び成木街道に合わさり、じんわり坂を登って行く時も坂の傾斜を忘れさせる。

さすがに小沢峠のトンネル前の直登は景色がきれいだなんていってられなかったけど.....

小沢峠のダウンヒルを楽しんで、しばらく脚を回復したら、これで最後、有間ダムまでのキツい登りきればゴールの名栗湖です。

e0123825_0211048.jpg


ちょっとした達成感を味わうYくん。満足そうです。
走り慣れたら名栗湖のむこうにみえるに有間峠、ご一緒しましょう。

e0123825_0231966.jpg


と言いながら、以前に登った時はガスで景色が見えなかった有間峠。
すっきり有間峠の方が見える山をみて、いつかはリベンジ。峠から名栗湖を見下ろしたいと心に誓う自分だった。

一息入れて名栗湖を一周し、ダムの下にあるおみやげやさんで家族へのおみやげを物色。

e0123825_0241712.jpg
ルバーブジャム、これ家族に好評でした〜 お土産にして良かったです。

なんたって、家族をほったらかして遊ばしてもらってるオトーサンにとって、お土産は大切なアイテムですからね。

名栗湖をあとにして名栗川に沿って県道70号を飯能方向に進み、赤沢のレストランHAMAで昼食。
ここの一押しのステーキ丼をいただきます。

e0123825_0245266.jpg
お腹がすいていたので写真を撮る前に半熟卵を崩しちゃいました

美味しかったですが、丼物なら牛丼かな〜と思う庶民な自分です。
食事しながら、Yくんのロードの点検整備にナルシマにいこう、という話しになりました。
ならば余裕を持って立川に行きましょう。

満腹&ウォーミングアップできていない体でのぼる山王峠は脚にきます。
このくらいで脚にくるなんて修行がまだまだ足りません。

岩倉温泉から岩倉街道にはいり一路立川へ...
途中先行する3人のロード乗りのパーティが、交通量の多く狭い岩倉街道を2台並列になり、しゃべりながら走ってのですが.....危ないですね。
本人達は気付かないのだろうけど、轢かれそうでしたし、車が後ろに並んじゃってる。
注意しようにも信号無視でいっちゃうし.....

奥多摩街道から渋滞の激しい五日市街道に進み、立川の北口からナルシマへ。
店は混んでいましたが、一言言うとささっと点検整備に入ってくれて、あっという間に作業完了。
向いの店舗でブレーキインナーキャップを買ってナルシマでの用件は済みました。

時計を見ると、この後どこに行くにも中途半端な時間です。
風も強いし、時間は早いのですが八王子まで戻って今日のツーリングは終わりにしよう、ということになりました。

先日は江ノ島までの平地を走りましたが、今日はゆるく走っているとはいえ山間部を走ってます。
体に無理が無いように欲張らす、しんどいと思う前に帰れたことはベストだったのではないか、と思います。

Yくんと別れてから急にお腹がすいて、コンビニで補給して帰路につきました。



帰宅後、さっそくお土産のジャムをカミさんがパンにつけて食べたら、目をまるくして「おいし〜」ですと....
「おとうさんのお土産は佃煮とこのジャムが2強だね」だって....それは良かった。

でもね、ということはですね、川越のお土産は.....たしかに失敗でしたよ。
いずれまた川越に行ってリベンジしなくちゃいけないねぇ。

[PR]

by jake490 | 2009-03-21 23:59 | ハシる
2009年 03月 20日

Jake、ブレーキシューの交換

Jakeのブレーキの効きが甘いなぁ〜と思っていましたが、シューの厚みがまだ残っているので、もうしばらくはこのままのっていようとしていました。
一昨日の帰り道、坂を下ってブレーキングをしたら、制動が抜けるような効き具合。
いよいよマズい!
ということで、昨日Y'sでXTRブレーキシューを買ってきました。
いつもなら厚みのあるシビアコンディションを使っているのですが、在庫無し。
しかたなく、アルミリム用のオールウエザーを選びました。

e0123825_17123293.jpg


取り外してみると、意外に摩耗しています。左右でブレーキシューの減りが違っていてます。
写真は右側のブレーキシュー、減りが多い方です。
アルミ粉が食い込んでいるし、表面のが随分荒れてます。
これじゃあ、ブレーキ効かないわけですね。

時々はブレーキシューから食い込んだアルミ粉をとるとか、手を入れようと思いつつ作業完了。
トーインのセッティングをしながらブレーキテスト。

微調整して制動力復活!これで安心してJakeに乗れます。
[PR]

by jake490 | 2009-03-20 17:15 | イジる
2009年 03月 19日

たとえていうならナイフのようなもの....

何がよくて自転車に乗っているのか.....とか批判めいたり
一日120キロぐらい走るっていうのなら認めてやっても良い....とか
なんでその距離なのか根拠も無く、ましてそれ以上の距離をサラッと走れることを知るなり、前言が無かったように振る舞ったり....

ときにそういう輩とかかわらなくてはならないこともあるんですね。

そういうときは、心に仮面をした笑顔でその場を流してしまうことがほとんどです。
なぜなら、そういう輩にポリシーを持って生きている人が少ないからです。
自分を主張するならば、それに足りる相手と決めています。

というか、段々そうなってきました。

難しい考えを持って自転車に乗っているわけではありませんが、スポーツとして旅の道具として自転車に乗っていると、自己研磨こそが新しい世界を開いてくれることになるって事が分かるんです。
些細なことを大げさにいっていることにも思えますが、坂ひとつ登るにしても自分との葛藤があるわけです。ゆっくり行くのか、早さの限界に挑むのか、なにもかも自分次第です。
自分の中にあるちょっとしたチャレンジと、その積み重ねが自分を成長させてくれるという因果律に気付いたら、少なからずポリシーをもって生きる人間になれるライセンスを手に入れた...いわゆる生きる歓びみたいなものを感じるようになるのです。

研げば研ぐほど切れるようになるナイフのように、それまでとは違う自分を感じることは幸福なことなのではないでしょうか。

e0123825_0112695.jpg


実は「限りなく透明に近いブルー」をまだ読んでないのです......

村上龍氏のエッセイからは、日本というムラ社会を達観しているような視点からモノをいっているような、異端的なコメントを発した時のリスクを背負っている潔さみたいなものを感じるのです。

小説のなかに潜んでいる作家のメッセージを読み切れない自分なので、エッセイの様なストレートなもの言いのほうが伝わりやすいですね。

表紙にある木村伊兵衛の写真「秋田おばこ」....半世紀前の写真とは思えないインパクトです。
本書を読んでいくうちになぜ木村伊兵衛の写真なのかが、分かったような気がします。


今晩は、お酒を軽くすすりながら続きを読んでいきましょう。
[PR]

by jake490 | 2009-03-19 23:59 | カンジる
2009年 03月 18日

狛江スロープから尾根幹練(ジテ通090318)

日中は嘘みたいに温かかったですね。5月下旬の温度だそうです。
朝はウインドブレーカーが必要でしたが、帰りはヒートテックのアンダーウエアに薄手のフリースジャケットで十分なほどです。
仕事も早く終わったので、昨日走れなかった分を取り返しましょう。
それに昼にアイスクリームを食べてしまった分、カロリーを消費しなくっちゃ。

e0123825_017745.jpg


多摩サイに出ると思いのほか南風が強く翻弄されます。
ふらつきながらもLSDペースで走り、雲一つとない西の空にゆっくりと沈んで行く太陽を眺めていました。
見渡せば、河川敷に生える木々の小枝に新芽が出始め、コブシの花が咲いていたりと春の足音を感じられます。
日が長くなったとはいえ、すぐにそれらは暮れ色の中に消えていってしまいますが。

e0123825_0175935.jpg


サイコンの表示した文字がギリギリ見える程度の暗さになったとき狛江スロープに着きました。
残照の残る空を眺めながら一息ついて、Uターン。
多摩川原橋を渡って稲城市役所の前を通り、そのまま尾根幹に直結です。
連光寺の坂ではなく多摩カントリークラブの二つの坂で登坂練ですね。
ゆっくり目で走っているので、きつさもほどほどで登りきり、あとはいつも走り慣れた尾根幹なので、自ら課している走り方で消化します。

今日は空腹感があって脚が止まりがちでしたが、昨日の足りない分を挽回したここちよさがあるので、まあまあな気分。
[PR]

by jake490 | 2009-03-18 23:59 | ジテ通