空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2009年 02月 28日

2月の総括

月末の1週間は雨でまったく自転車に乗れませんでしたねぇ。
末日の今日も子供と買い物で自転車はお休みです。

今月の月間走行距離は933.2km うちツーリングは514.2kmでした。
月末の雨が続かなければ月間走行距離1000km越えてましたね。
まあ距離はあくまでも指針であって目標はいかに楽しんだかってことですから、それはそれでいいんです。

e0123825_22341934.jpg


葛西臨海公園、クリスタルビューを見に行く
著名な建築家の作品を見ておきたかったんですね。
それに、いつかアラウンド荒川CRをしたときの帰路の試走のため....布石です。

西東京地域をぐるっとポタリング
東京西部に住みながら西東京地域ほとんど知りません。
ディスカバーご近所さんの足がかりです。

子の権現で悶絶限界ダンシング
そろそろ路面凍結の心配もないかなぁ、と、多摩、狭山、秩父方面では、滅法な激坂で知られる子の権現にチャレンジしてみました。
今回は足付きなしで登れましたが、次はどうかな......

甲武トンネル〜大月〜雛鶴トンネル〜道志ダム
大月で見た富士山がきれいでした。
土砂崩れで通れなかった甲武トンネルを越えてみたかったし、CCAD9で走り込みしたかったので、ちょっと頑張ってみました。
山間部を走ってきてAV24.1km/hは自分的には上出来です。


と、振り返ってみれば週末ごとに出掛けてたんですね〜。

3月になれば寒さも一段落、温かい日がやってきます。
自転車に快適に乗れる季節までもう少しですね。
[PR]

by jake490 | 2009-02-28 22:32
2009年 02月 27日

雪っす!寒いっす!

朝の雨が会社につく頃には雪に変わりました。

e0123825_22182429.jpg


けっこうな降り方なのですが、地面に落ちては溶けていきます。
僕の生活圏では積もることはありませんし、凍結することもないでしょう。
でも、お山のほうは、多少なりとも積もったり、路面の凍結はあると思いますねぇ。
そろそろ秩父方面の峠に行ってみたいと思っていたのですが、しばらく間を置いた方がよさそうですね。スリップして落車したくないですもん。

e0123825_22185875.jpg


会社帰りに、ふと、最近近所にサイクリーが開店したことを思い出したので寄ってみました。
中古車ばかりでなく新しい自転車(型遅れとか在庫整理とかとか、なんでしょうね)も販売してました。中にはチタンとカーボンバックのピナレロ(ドグマだっけか?)とか、なかなかお目にかかれないものもあったりと楽しませてくれます。

冷やかしに入ったつもりだったのですが、以前から買おうか買うまいか悩んでいた長袖ジャージを発見。未使用のものだったし、まあまあ安かったので購入してしまいました。

フレームの素材がアルミだったりカーボンだったりと、僕にとってはユーズドで買うには勇気のいる商品になってますね、自転車は。
その点、クロモリの自転車は安心感がありますが、球数が少ないです。
[PR]

by jake490 | 2009-02-27 22:17
2009年 02月 26日

自転車に乗らなくてもお腹が空くんだよなぁ

天気予報は曇りだったはずが、朝から雨でした。
車で出勤予定だったので、ガソリンが無駄にならずに済みましたね。
朝、ジテ通しないとなるとモチベーションが低くて、ついつい寝坊してしまいます。
で、らくちんな車通勤で、精神的に堕落しまくっているので、自転車通勤はだるいな〜、なんて考えちゃう。
非常にまずいですねぇ。

e0123825_0132254.jpg
そろそろ海を見にいきたいな〜

ジテ通していると、時間がある時は、それなりに走り込んだりしているので、そこそこカロリーを消費していると思われるので、空腹にまかせ、食事はしっかりと食べても増減なしてすんでいます。
が、このところ運動らしいことを一つもしていないのに、ジテ通している時と同じ位にお腹が空いちゃうんですね。
なんてコトでしょう。

とくにダイエットはしていませんが、できればダイエットしたい体なので、この空腹感はヤバいです。
なので運動量も考えれば、食事の量は控え目にするのに、かなりの精神力を使っている今日このごろです。

いいかげんに雨上がれ!......でも明日は雪が降るかもって、天気なんですねぇ。
[PR]

by jake490 | 2009-02-26 23:59
2009年 02月 25日

晴走雨読の1週間っすねぇ〜

雨マークの天気予報が続いていますねぇ。
でも、今朝のわずかな雨をスルーしちゃえば、今日はジテ通できたな〜。
明日はくもりな天気予報ですが、所用で車通勤です。残念。

e0123825_1274254.jpg


図書館で予約していた本の準備ができた、というメールが届いていたのですが、すっかり忘れてました。
取り置き期限ぎりぎり、受け取って来ました。

今年こそは通年よりも読書しようと思っているのです。
自転車ばかり乗っているとなかなか読書に費やす時間がとれないという自分のそんな生活を振り返ってみると、時間が無い!というよりは、時間の使い方がうまくないんですね。だらだら〜としている時間が多くて。

今週はジテ通していないので、やたら時間がたくさん。
なので、読むページ数が進みます。
[PR]

by jake490 | 2009-02-25 23:59
2009年 02月 23日

Yくん、ロードバイクの世界へようこそ

どれにしようか.....そうとう悩んでいましたねぇ.....
すでに良く走る自転車、持っていますから....
...............
で、本日、意を決して、なるしまフレンドでオーダーです。

e0123825_01758.jpg


彼の選択はアルミフレーム+カーボンFフォークのフレームセットにアルテグラSLのコンポの組み合わせ。
手持ちのマビック キシリウム エリートで足回りを決めた。

一世代前のアルミフレームが廉価になっていたこともあるが、コンフォートよりもダイレクト感を重視したYくんの選択に拍手。
アルテグラSLのコンポなら後々にフレーム乗せ変えにも十分耐えられる。
長い目でみれば無駄なパーツをあまらせることなくグレードアップできるしね。

計測器械で身長と股下寸法を測り、クランク長を割り出したあと、寸法出し用の計測自転車でポジションを出して行く。
フレームは吊るしだが、寸法出しはオーダーメイドと同じだ。
店員さんにアドバイスを受けながら、ポジションをきめていく。

緊張と嬉しさのまざるYくんの様子を側でみながら感心することしきり。
なるしまフレンドも信頼の置ける買い物ができるショップですねぇ。

納期はだいたい1週間。
仕上がりが楽しみなのだが、そのころは仕事大忙しになりそうだから....
すぐに引き取りにいけないかもね Orz
[PR]

by jake490 | 2009-02-23 23:59
2009年 02月 21日

甲武トンネル〜大月〜雛鶴トンネル〜道志ダム

五日市から、お初の甲武トンネル越えで上野原に下り、R20で大月、R139富士みちで禾生、雛鶴トンネルを越えて道志ダムをまわって来ました。
花粉か寒さのせいか分かりませんがポケットティッシュ3パックも消費しちゃいました(笑)

e0123825_0465890.jpg


冬型の気圧配置で北西の風強し、奥多摩方面は花粉もたっぷり、という天気予報。
風が強いのは勘弁ねがいたいので、花粉たっぷりなお山の方へ。

またもや寝坊して出遅れたが、多摩サイから睦橋通りで五日市。
モーターサイクルに乗っていたころから時々買っているおやき屋さんで、アンコのおやきを三つ買う。

e0123825_0474465.jpg


おやき屋さんのおばあちゃんも元気そうでなにより。
前に来た時は体の具合が悪そうだったから。
我慢できず、作り立てホヤホヤの温かいおやきを1個ほおばる。うま〜。
残りは今日の補給食。

e0123825_0484535.jpg


路面凍結してっぽい檜原街道をいく。日向と日陰の温度差が大きい。
それにしても雲一つない空が眩しい。ああ、気持ち良いなぁ。

e0123825_0495111.jpg


同じペースで走る都民の森まで行くというサエコジャージのサイクリスト、ほかのサイクリストを追い抜き様にきちんと挨拶していく、その姿が気持ち良い。
ツーリングしている時に挨拶されるとうれしいもんです。

e0123825_05046100.jpg


彼は直進。僕は左折して甲武トンネルへ。
ゆっくり登る分には穏やかな傾斜の坂を登って行く。路面凍結防止剤がまかれているので、この辺はかなり寒いのだろうな、と思ったら、路肩に少しだが雪が残っていた。

e0123825_051516.jpg


大きくカーブして北へ方向が変わると随分標高を稼いだのが分かる。

e0123825_0523951.jpg


空が近くなった、トンネルまでもう少し......

e0123825_0533322.jpg


予想より楽についた...よかったぁ...んで、二つ連続するトンネルをくぐる。
トンネルを通過すると上野原の街までダウンヒル。
ウインドブレーカーを羽織れば良かった。ちょ〜寒い。

e0123825_0542853.jpg


牧歌的な風景が広がる日当りの良い場所で一息いれよう。
凍えてガチガチになった手でリュックからおやきをひとつ。まだ温かい。
この辺りの山村風景はなぜか心が安まる。

一気に上野原へ下り...といいたいところだが、ちょっとした登り返しでけっこう脚にきていることが分かる。ペースが上がらないが頑張ろう。

12時に上野原に着いた。大月をまわって行くにはちょと遅い時間だ。
サエコジャージの人に、元気があったら大月をまわって雛鶴トンネルを越えて行く予定と話してしまったのだが......現時点では元気があるんだよな、時間が遅いけど。
ん〜なら、元気があるなら大月をまわっちゃえ。

北西の風が吹くはずだが、なぜか追い風。禾生から東進するときは向い風となるが、覚悟をきめて、大月までの追い風に乗って走ろう。
35km/h前後のアベレージでガシガシ走る。追い風を受けての加速感がたまらない。
時にはオーバー40km/hに突入すると自分て凄いんじゃないかと勘違いしてしまいそうだ。

大月からR139富士みちにはいると登り基調となる。
で、いきなり脚にきた。調子に乗りすぎたことを後悔するも、もう遅い。
この脚で雛鶴を越えるのか......大丈夫かなぁ。

禾生駅前を左に曲がり、その先にあるセブンイレブンでお昼にして脚休めにしよう。

e0123825_0552888.jpg


食事が終わる頃、僕の自転車に興味ありげなオフロードバイカーが....
僕もその昔林道を走り回っていたので声をかけてみると、やはり自転車の購入を考えているという。
モーターサイクルと同じように楽しいよ、とお仲間になるようにお誘いしておきました。

彼のおかげて良い休み時間を取れたので、雛鶴に向かってスタート。
長時間休んだ後は脚がこわばっているので、ゆっくりゆっくりウォーミングアップ。

e0123825_0561344.jpg


道の脇から入る林道に目をやると雪が残っている。
林道を楽しむのはまだ先かな。 春よこい。

e0123825_057454.jpg


こちら側から雛鶴トンネルを見るのは初めて。なんか新鮮。
坂を登ったら次は下りだ。もう脚が一杯一杯だ。
景色の見通しの良い峠道を滑空するように降りて行く。

e0123825_058896.jpg


雛鶴ルートのお楽しみの一つは酒饅頭なのだが、なんということか店が閉まってる!
月曜定休と札がぶら下がっているところをみると、閉店時間が早いのかもしれない。
いつもここに来る時は午前中だったから....日曜日はどうなのかな。

e0123825_0585337.jpg


まぁ、こういうこともあろうかと、おやきを1枚残しておいて良かった。
雛鶴ルートのお楽しみのもうひとつは山並みをたのしめる風景。
山を眺めながら、おやきをいただいて小休止。

神奈川CCの坂を喘ぎながら登り、下りで息を吹き返して、一方は藤野に向かい、一方は青根にむかうT字路にでたのは午後3時。
順当にいくのならR20に出て、大垂水峠を越えて行くのだが、いつもこのルートじゃつまらない。
日没帰宅覚悟で青根に向かう。道志みちに出るまで基本的には登り基調のルートだ。
坂道のおかわりはもう沢山なのだが、初めて走るルートに対する好奇心が勝ってしまう。

e0123825_10389.jpg


日陰の上り道は結構気温が低くて、体が暑くならない。
それよりも雛鶴を登っている時からカツン、カツンと異音がギアまわりからしているのが気になってしょうがない。
異音が出る可能性が最も高いであろうリアディレイラーのアジャスターをいじっても改善しないので、原因がなになのか分からず、不安になる。
まして異音はとても不愉快な気分にさせるが、打つ手が無い。

e0123825_104640.jpg


峠のトンネルを越えて一安心。もう無いよ、という脚になんとかムチをいれて登って来たから。
そしてどんどん下って行くと道志ダムにでる。

e0123825_113137.jpg


結構年季の入ったダムだなぁ。大きいとはいえないけれど、古さと小さめなスケール感がダムを華奢にみせていて、なんとなく壊れそうで怖い。

ココまで来て気付いたのだが、道志川の谷は深い。
ということはこのダムから道志みちまでは、坂を結構登らなくてはならんのだ Orz

ひらきなおって道志みちまでのぼり、後は下り基調の道志みちを駆けて行く。
風が弱まって来ているので、スピードが伸びる。
35km/h前後のアベレージが復活!タイヤが奏でる走行音が心地良い。

橋本からR16で八王子に向い、CAAD9をみてもらいにYOUCANに立ち寄る。
異音の原因はディレイラーではなく、BBからの異音だった。
さっそくBBをばらし、グリスアップして組み込むと異音は解消。
胸をなでおろす。

修理を待つ間、同世代のデローサのスチールに乗る方と店内でしばしお話をして過ごし、外をみたらしっかり夜になっていました。

YOUCANから浅川CRで帰宅。
今日であった人たちのおかげで楽しい1日が過ごせました。感謝です。



走行距離 152.9km AV 24.1km/h MAX 62.2km/h
[PR]

by jake490 | 2009-02-21 23:59 | ハシる
2009年 02月 20日

車で夜の街を流して走る

今日は所用で車で出勤です。明日は天気が悪そうなので走っておきたかったのですが残念です。
自転車で通勤しないとなると、なぜか朝はダラダラしちゃうんですよね〜。

e0123825_0412693.jpg


仕事を終わらせて車に乗り込み、シートに腰かけると、今日の出来事がずっしりと体に重くのしかかってきます。
このところメンタル的にしんどい日が続いているので、自転車に乗るよりは車で夜の街を流したい気分だったので丁度良い。

エンジンの心地良い音を聞きながら流れにあわせて走ります。
気が付けば、Y’sの目と鼻の先に来てました。
気分転換にちょっと立ち寄って、買いもしない春先のウエアの試着などをしながら店内をうろうろ。
だいぶ時間を潰した後、また車でナイトクルージング。
今度は落ち着いた女性ボーカルとアコースティックサウンドを聞きながら.....
[PR]

by jake490 | 2009-02-20 00:48
2009年 02月 18日

国立折り返し〜狛江スロープ往復(ジテ通090218)

1時間以上ノンストップでLSDをしたかったので、信号の無い多摩サイを狛江スロープでUターンして、国立折り返しまで戻ってくる往復コースで走りました。

e0123825_2345341.jpg


今頃になって日曜日のツーリング疲れが出て来たのか、それとも連光寺〜尾根幹練の疲れが溜まってきているのか.....脚が重たいです。
軽いギア、高回転のペダリングでリカバリーランなLSDですね。

夕方の早い時間なのでランナーや歩行者、ゆっくり走る自転車も多いのですが、対向に走ってくる車のライトに姿が隠れてしまいます。
何度かヒヤリとさせられましたが、歩行者は右側を、自転車は左側を、という交通ルールに準拠して多摩サイを共有していれば、ヒヤリとすることがほとんど無かったように思います。

2時間半ほど走って帰宅。
体は軽く感じられるのですが疲れがどっと出て来てしまいました。
やっぱり、トシなんですかね〜。
[PR]

by jake490 | 2009-02-18 23:42 | ジテ通
2009年 02月 17日

多摩サイ〜連光寺〜尾根幹練8周目(ジテ通090217)

ここ数日の暖かさのおかげで、今日が寒いことを頭では分かっているのだが、体は気温以上に寒さを感じる。オマケに風が強い。

e0123825_23295733.jpg


いつもより早く家を出て正解、向い風で前に進まず18km/hしかスピードが出ない。
空気抵抗を減らし上体を低くしたフォームでペダルを漕いだ。
力を込めて走っているのだが、寒いまま。やはり北風は冷たい。
朝日に向ってカメラを向けた手が一瞬にしてかじかんだ。

e0123825_23305674.jpg


日が随分長くなった。定時で仕事が終わり多摩サイに出ても西の空が明るい。
朝程ではないがまだ風が強く吹いている。

気温が低い分、汗をかかないで済むので、ペダルに力が入る。
子の権現の登坂で気張ったせいか、筋力がいつもよりも強い気がする。
こころなし、連光寺の坂も楽に登れた。

僕にとって自転車に乗っている時は思索の時間でもある。
気持ちをリフレッシュしながら思索できるのも自転車の効用だ。
たとえ結論がでなくても、ポジティブな気持ちになれる。

尾根幹を無我になり、ひたすら効率の良い推進力を引き出すギアチェンジとペダリングに集中して走る。

少しもやもやしていたのだが、自宅にたどり着く頃には、笑顔で、ただいま、といえる自分になっていた。
[PR]

by jake490 | 2009-02-17 23:27 | ジテ通
2009年 02月 16日

今日はいろいろありました(ジテ通090216)

とても疲れた一日でした。
そして、胸が痛い一日でもありました。

e0123825_0161752.jpg


若者の切々と涙を流しながらの訴えを受け止めた後、二枚舌と狡猾な壮年の言い逃れを聞いた。
なんとかその壮年を見守ってほしい、という願いなのだか.....
その純真さとその涙の価値もわからぬ壮年は、自分が仕掛けた結末を意も介さずに自己弁護を繰り返す。
彼にあるのは責任回避だけだ。そんなものに涙する価値は微塵も無く....
男気のない生き様に、より一層憤りを覚えるのである。

ただ、若者の、それを見抜けぬ程若く一途なやさしさに胸が痛くなりました。


春うららかな日から一転して北風が冷たい帰りのジテ通は、より寒く感じられましたが、ふつふつと沸き上がる怒りがペダルを踏み込ませ、何時しか汗にまみれ、息を弾ましていました。
[PR]

by jake490 | 2009-02-16 23:59 | ジテ通