空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2008年 11月 30日

11月の総括

いよいよ冬を迎えつつある11月。気温もグッと下がってきました。
今月のロングライドは松姫峠和田峠〜牧馬峠の2本、ともにCAAD9で走りました。

e0123825_23542325.jpg

先月の箱根に続き、松姫峠は日帰り圏内の最も遠い峠道のひとつ。
景色も良いし、走りごたえのある良いルートでした。
ここを走破できたことで、ささやかな冒険心が随分と満たされましたよ。


e0123825_2355720.jpg

坂が好きな人たちに有名な和田峠は比較的近い距離にありながら、ずいぶん避けて通っていた気がします(笑)
逃げ回ってきましたが、今回初登坂ができて肩の荷がひとつ降りたっすねぇ。
自分の中ではやり残した宿題のごとく、って感じでしたから。
車等で幾度か通るたびに見ることができなかった富士山の姿をはっきり見ることができたのは、うれしかったですねぇ。


今は達成感とともに目標を一つ消化してしまった物淋しさが同居してる不思議な気持ち.....ちょっと走るモチベーションが下降気味ともいえるのかなぁ。
週末が雨だったり、その他の用事があったり、おまけに体調が不良だったりと、遠出をする機会が少なかったことでもあるし.....

このまま師走に突入して、日々の雑多な事柄に押しつぶされて自転車が冬眠しないようにしなくちゃねぇ。


Jakeの走行距離 351km
CAAD9の走行距離 334km

合計 685km
[PR]

by jake490 | 2008-11-30 23:51
2008年 11月 29日

旧い車を眺めていると.....

好天に恵まれた今日ですが、風邪気味なので自転車はお休みです。
心も身体もお疲れ気味なので、丁度いいかな。
風呂に浸かっていると腿の筋肉の奥の方からじわ〜んと疲れが出てきました。


e0123825_0194982.jpg


旧車マニアではないのですが、思わず写真を撮りたくなってしまう魅力を感じます。

効率や性能の追求で数理的になってしまったボディワークをまとった現代の車と違って、感性の造形からなる旧車は深い存在感をもっていますね。
作られた年代から時を越えてなを魅力的なのはCADでつくられた曲面ではありえない、彫刻的要素が残る、人の手で創られた造形だからだと思います。

現在、そしてこれからも、このエレガントなVOLVOのような車は出てこないでしょうね。


それにしてもクロムメッキのモールに映ったカメラを構えた男(自分ですけど...)
は、脇ががらあきですな(笑)
[PR]

by jake490 | 2008-11-29 23:59 | カンジる
2008年 11月 28日

IXY L2

ここのところ愛用しているIXY L2の調子が良くありません。
どこが?って聞かれると、困ってしまうくらい、なんとなく......
いつも使っているからわかるんです、なんか、おかしい....って

e0123825_23581396.jpg


重たい、かさばるのは勘弁。
自転車に乗るにはできるだけ軽量コンパクトがいい。
のスイートスポットにもろ合致した IXY L2

いまどきの単焦点(35mm換算で39mmの画角)f2.8、画素数5M 
思いのほか写りも良く、マクロも秀逸なのが気に入って以前からもっていたものです。

知人やクライアントに写真を見せ、カメラは何を使っているのと聞かれると,ポケットからIXY L2を取り出して、これで撮ったんだよ、というと、たいていの人が驚いてましたねぇ。
リップサービスてんこ盛りなんでしょうけど(笑)

その後、もう少し踏み込んだ写真が撮りたいと購入したCOOLPIX P5100に株を奪われ、次第に使わなくなるのかな....
と思えばどっこい....とんとんにシャッターを切っている。

カメラを取り出したらすぐに撮れるカメラだし、それに比べるものができたから、改めて、良さがわかったというか......そんなところだと思います。


それでは調子が悪くなってきたIXY L2、どうしよう?

新しいカメラ?.....いやいや、そんな予算は......でも一応調べてみるか.....
ん〜む、代替えになるものがないっすねぇ。
良いカメラ、ありますけど、ポケットに入れてても気にならないサイズで、となると、どうも食指が動きません。

で、なんとなく、IXY L2でググってみると.....
僕と同じような理由でIXY L2を気に入って使っているひと、けっこういるんだ....
プロ、アマ問わず、拾い読んだ記事を読むにつけ、
だんだんと.....わかるなぁ、その気持ち........
だんだんと.....やっぱりこのカメラ、手放せないよなぁ....
と思いが深まり

キャノンで修理すれば、どんな修理も一律8千円弱、ということもわかったし....

まだまだ、僕におつきあい願おう、と思った夜でした。
[PR]

by jake490 | 2008-11-28 23:59 | 写真、カメラ
2008年 11月 27日

なんで坂を登るのか.....なぁ

よく登山家に「なんで山に登るのか」と問うこことがありますね。
自転車乗りにも「なんで峠に登るのか」とかとか.....似たような問いが頭をかすめます。

人それぞれ何かをするのに理由があるわけですが、じゃあ、なんで?って聞かれちゃうと、それまで、自分なりの理由があったのに、言葉にしようとするとぼやけてしまい、言葉に窮します。

e0123825_22443611.jpg
先日23日、大垂水峠にて 夕日を背に受けて登坂中

自分を振り返ってみると、達成感、とか、どこまで行ったかという到達感がと強く感じられるのはやはり、峠越えです。
できれば脚をつかないで登りきれればそれで良し...なんですが、ついたとしてもその峠を登れれば良いんですね。僕の場合。

仮に脚をついたならば、次に来るときは、脚をつかずにどこまでいけるかな、というのが楽しみになります。

どちらかといえば、この坂、この峠、登れるのかなぁ、と思いながら走り出すほうが多いかも.....今の自分がどの位の走力を持っているかを確かめよう、としているのかもしれません。

自分のことなのに、えらく曖昧ですが.........

それでも、登ると決めた峠に到達できた時は、喜びが沸き立ってきます。
そこにプラスα、いい景色とか、ご褒美があれば、言う事無いですよね。
[PR]

by jake490 | 2008-11-27 23:43
2008年 11月 26日

息が白く見えはじめましたね (ジテ通081126)

きのうは宵のころには雨という天気予報と、帰りに病院によらなくてはならず、車で出勤。
日中は好天がうらめしかったが、夜になると雨が降り出したので、まあ、納得っていうのでしょうか....ガソリン代がもったいないと思わずにすみました。

e0123825_21414661.jpg


このごろは、朝玄関を出ると、息が白く見えはじめ、寒さが一段と厳しくなってきたことを実感します。
ただ、ひところの寒波が去ってからは、それほどでも...って感じです。
身体が寒さになれはじめたかもしれない.......

そんな朝、見た目は寒々としていますが、朝日をあびるこの場所はほのかに暖かく、季節を通り越し、春が来ちゃったような錯覚を起こしてしまいました。

ウインドブレーカー他を脱いだ位がちょうどいい。

そうして走り出しても熱くなる.......ただし、それは日が当たっている時だけの話でした。
マンションなどが立ち並ぶ日陰に入ると寒い寒い......

クロージングには難しい季節ですね。
面倒でも、重ね着をする方がよさそうです。
[PR]

by jake490 | 2008-11-26 23:40 | ジテ通
2008年 11月 24日

ヒストリックカーズ

昨日、ツーリングの途中で立ち寄ったヒストリックカーの出走準備の会場の模様です。
なにしろ雛鶴まで饅頭を食べに行く途中だったもので(爆).....駆け足に見て回りました。
いちおう銀杏祭りのパレードに参加する車を一通り、眺めましたよ。

普段はガレージに入ったまま、イベント時に出走する車もあれば.....
その車の持つ世界観を大事にしながら日常を走っている車もある。

僕はその車と暮らしてるオーナーを感じさせる車が好きだな〜


e0123825_2062815.jpg


続きはこちら....
[PR]

by jake490 | 2008-11-24 20:04
2008年 11月 23日

和田峠〜雛鶴で饅頭〜牧馬峠〜大垂水峠

久々にCAAD9でロングライドです。

なんですが、前日に子供の宿題の手伝いで夜更かししたあげく、登坂練での筋肉痛が昨晩からやってきました。
コンディションが今イチなのでテンション低いです。
おまけに寝坊............出発は8時半です。なにやってんだ僕はOrz

e0123825_3252092.jpg


今イチだな〜、とノリも悪く、浅川CRを行きます。
おまけにお腹がはってきた.....最悪にちかいスタートです。

e0123825_3255531.jpg


八王子市役所の駐車場に銀杏祭りのヒストリックカーパレードに出走する車が並んでます。
ベンツ、ジャグァー、ポルシェからスバル360まで、良いコンディションで準備してましたねぇ。

ただでさえ出遅れているというのに、ぐるっと見て回っちゃいました。ふふふ
おかげで、ちょっと気分が上向き。
身体の調子は良いとはいえませんが、段々走るキモチが昂ってきました。

e0123825_3264440.jpg


陣場街道を恩方にむかっていくと、圏央道が山に突き刺さっているのが見えます(爆)
随分長いこと工事してましたね。

少しずつ道は登り基調になっていきます。
ついつい踏み込んでしまうところを、グッとこらえて、イーブンペースでペダルを回し、脚を消耗しないようにこころがけます。

e0123825_3272556.jpg


夕焼け小焼けふれあいの里のモミジが陽光に輝いています。
周囲の里山は黄色く色付いているので、モミジの赤が鮮烈です。

e0123825_3281714.jpg


関場の交差点を左折すると和田峠、直進は醍醐林道経由で和田峠にでることができます。
今日はノーマル?に左折します。
山間の谷になるので、気温がグッと冷えてきます。

e0123825_330396.jpg


いよいよ和田峠TTスタート地点、陣場高原下です。
そこそこのタイムが20分と聞いていますが、僕にはあり得ないタイムです。
そこそこペースで行きますし、景色がいい所では足をつきますよ。
体育会系じゃ、ないっすから。

登り始めると、序盤からなかなか急勾配。頑張らないと登れません。
じわじわ登っていると、頭上に動物の気配とキーキー鳴き声が....
わあ、また猿です!
野生の王国、八王子っすね。

紅葉見物なのか、車の往来が多いです。
坂が滅法きつくなって、時おりフロントが浮いてしまうことが何回か....。
車が直線で抜いてくれれば良いのですが、よりによって左カーブで抜かれる時、カーブのイン側は勾配がきついのでフロントが浮いてしまい、車と接触しそうになったときは、さすがに焦りました。

e0123825_3305322.jpg


唯一、峠にほど近いところに八王子方向の眺めが良いところがあります。
もう後少しで峠です。

e0123825_3313927.jpg


ようやく、やっと、峠です。
TTはしませんが、時計をみると25分以内には登っているようです。
早いか遅いかは分かりませんが、なんとか登りきりました。

一息ついて、ウインドブレーカーを羽織って藤野方向に下ります。
峠から少し下ると、今日のお目当てのひとつ......

e0123825_3324190.jpg


富士山がドォーン、と威風堂々な姿を拝めます。
これが見たかった!
峠を登ったご褒美にありつけました。

富士山を堪能したら、再びダウンヒル開始。
登坂してくる自転車乗りと挨拶をかわし、上河原で右折、ちょっとした峠道を越えて、沢井を左折して上野原に向かいます。

のんびりしてきたので、上野原のデイリーマートで12時です。
ここはパンを焼いているので、焼きたてのパンでお昼にしました。
日が短いこの頃ですから、サッサと食事を済ませ、お腹をこなしながら、ゆっくり秋山に向かいます。

e0123825_333157.jpg


桂川橋を渡って山を越えます。

e0123825_334054.jpg


山が奇麗なのですが、和田峠で消耗した脚が回復してません。
ペダルが重いですが標高を稼いでいきます。

e0123825_3343870.jpg


e0123825_335018.jpg


逆光の光の中で透過する光に輝く紅葉を堪能しながら行きます。

e0123825_3354782.jpg


3つトンネルをくぐると秋山です。
以前に眺めた青々とした山がすっかり黄金色になってます。
まあ、行きすがら、さんざん眺めてきた紅葉ですが、秋山の里の山間の景色は大好きです。

そんな景色を眺めながら、アップダウンを繰り返しながら西へ西へ。
今日のお目当てのもう一つ.....

e0123825_3364112.jpg


酒饅頭です!
今日はナルシマの御一行が大勢陣取ってました。
先日、厳道峠を教えてくれた方がいらっしゃいましたが、声を掛けそびれました。
会長さんに、饅頭食べたか?と聞かれましたが、ちょと困っちゃったなぁ。
すでに手に饅頭もってましたから、安心した顔で御一行の中に戻っていかれました。
さすがにまわりを良く見てますね。そして気配りのひとです。

饅頭は味噌!味見してみたかったのです。
shiitakeさん、饅頭、僕は味噌よりアンコのほうが好みです。
いずれにしても大きいですし、もっちりしてますから、食べごたえ、ありますよ〜


のんびり饅頭を食べていたかったのですが、群れにまぎれこんだ子羊ちゃん(爆)状態なので、早々に離脱。

e0123825_3383666.jpg


下り基調で飛ばせる道なのですが、脚が売り切れ状態が続いています。
鍛えが足りないのか、鍛えすぎて回復してないのか......
ちょっと悩みながら走っていましたが......

e0123825_3393356.jpg


こんな景色をみながら走っていると、それも些細なことに思われ....
旅をもっと楽しもうよってキモチになる。

神奈川カントリーへの登りで後ろにつかれたのをきっかけに、マケズギライな自分が顔を出し、緩いペースから何時もの登坂速度にスピードアップ。
ダウンヒルもフルアウターで踏みまくり、ぐんぐん下る。

CAAD9の本来の性能も発揮して、ちょーキモチ良い。
不思議と身体が元気になってきた。
好い汗をかいてるぞ、自分。

堂地あたりの交差点で牧馬峠へのルートを地図で確認していると、次から次へとナルシマ御一行が通過。
ツーリングの面倒を見ているコルナゴ乗りの方が停止して、メンバーを案内している傍ら、牧馬峠までのルートを教えてもらった。

どうも僕が考えていたルートは厳しいらしい。
何事も体験....という意味深な表現が、僕をびびらせる。
が、初志貫徹っす。
行ってみたいのだから、しょうがない(笑)

礼を言ってスタートする。

e0123825_3414786.jpg


まず、ここを左....
一旦、ぐぐっと下って.....ぐぐっと登る(ひぃぃぃ)
こんな山深いところに人家があるなんて....などと思いながら
せっかく登ったのに、また下る.......

e0123825_3425492.jpg


ここを右。
左へ行けば相模湖ピクニックランドだね〜。
右に曲がったらずっと登り。まだそんなに厳しい勾配じゃない。

e0123825_3441539.jpg


もう谷間には陽が無い。
焦らず、踏み込まず.......

e0123825_345640.jpg


いよいよワッカ道だよ。と覚悟をきめて......

e0123825_34630100.jpg


日の当たる場所に登ってきたぜぇ〜、ぜぇ、ぜぇ
息を切らしながらの登坂ワンハンド撮影で根性スナップ。
このワンショットで更に息が切れる。

e0123825_348947.jpg


ようやく、....だよ。
でも、先に和田峠登ってきたから、勾配に対して免疫できてた。
キツいけど、フロントが浮くほどじゃなかったし。

身体が冷えないうちにウインドブレーカーを着込み、青野原に向かってダウンヒル。
真横に当たるような太陽の光が金色に輝いている中を下っていく。

e0123825_349319.jpg


谷深いキャンプ場に降り注ぐ光が地形をより深く感じさせる。

e0123825_3501962.jpg


下りきったら橋を渡る。
正面の山が輝いている。
しばらく眺めていたいけれど、もう時間と追いかけっこする頃合いだね。

青野原のYショップまではまた登らなくちゃならない。
これだけ深い谷ならしょうがないか.....

Yショップでオレンジジュースを補給して三ケ木に降りながら、帰りのルートを再考し始める。
当初は津久井湖から橋本経由で.....と計画していたが......
計画変更、千木良から大垂水峠で帰ったら、(なんでまた峠越えなんかするの!)
こういうバカらしさは笑い取れるな....

いったい誰に笑いをとろうとするのか、意味がわからないが.....
まあ、いいんじゃない。
もうひとつ、眺めてみたいところがあるし。(急に思いついたのだけれど)

e0123825_3515867.jpg


夕暮れまじかの大垂水峠を登っていく。
脚力はもうかなり消耗しているはずなのだが、さきに越えた二つの峠が厳しかった分、楽に登れている。
いよいよ峠に近づいた....さて、見れるかな......

e0123825_3525554.jpg


見たかったのはこれだ〜
本日、2回目の富士山、ゲットです。
大満足。

さぁ、帰るぞ。
峠を下ると高尾山で渋滞。観光客が歩道にも溢れてます。
早々にライトをつけて、渋滞の車の脇をスルスル通過。
高尾駅から先は片側2車線と広くなるのでほっと一息。ここで渋滞が無くなる。

e0123825_3541253.jpg


すっかり黄色く色づいた銀杏並木。
今日は銀杏まつりで、道路脇に露店が沢山でていたみたい。
もう5時くらいなので、店じまいをしている。

高尾から八王子市街方向は下り基調なので、スピードが上がる。
峠越え三昧で低速走行をしてきた発露をここで一発。
40km弱のペースで20号バイパスを駆け抜ける。

帰宅時間に若干余裕が出てきたので、YOU CANに寄ってディレイラーの調整をしてもらう。
登坂時にディレイラーとチェーンが干渉して音をたてていたのが気になってしょうがなかったのだ。

もちこむと、店のスタッフがてきぱきと調整して、あっという間に完了。
身体が温まっているうちに店を出ることができた。

YOU CANを出たら、もうすっかり日没。
店で脚を止めていたから、脚が少し回復したので、良いペースで帰路につく。


帰宅した途端、下半身の疲れがどっと出て、筋肉痛が始まった。
和田峠はいつごろから冬期閉鎖するのか知らないが、閉鎖する前に登れてよかったなぁ。


大学生で八王子に一人暮らしを始めた頃、和田峠は陣場高原下からずっと未舗装の荒れた林道だった。
普段の足に原付のオフロードバイクを買ってから、初めて走ったオフロードが和田峠だった。
ライディングテクニックもつたない当時、オーバーヒート寸前で和田峠に着いたときのことを今でも鮮明に思い出す。
その峠を自転車で登るとは....ねぇ。
そういう、思い出深い峠だからこそ、きっちり登りたかった。
だから、登れるように力をつけようとしてきた(和田峠ばかりが目標ではないにしろ)
今日、きっちりと登れたか、といったら....どうかな?
まだまだだと、思うことしきり。
でも、走破できたことは大きな歓びであるには違いない。




走行距離 118km AV 19.8km/h MAX 59.3km/h
[PR]

by jake490 | 2008-11-23 23:59 | ハシる
2008年 11月 22日

たまにはシクロクロスらしく里山へ(ジテ通081122)

女性社員の方がお昼にカレーを作ってくれる日です。
しっかりお腹を空かしてコンディションを整え(爆)
しっかりお代わりをして、超満腹になりました。

すっかりトロ〜ンとした気分です。
こういう時はヒナタボッコしながらお散歩が一番。

どこに?......そうだ里山にいこう!
せっかくオフロードも走れるタイヤを履いているんだし。



e0123825_16454674.jpg

というわけで、会社にほど近い里山に出撃しました。
木漏れ日を浴びながらぬくぬくするには、ダートの坂道を登らなければならないのは誤算です。
お腹いっぱいで登坂はえらくキツかった(爆)



e0123825_16463169.jpg

行く道すがらは冷たい北風にやられちゃいます。
ですが、雑木が茂る里山に入ると日光を浴びていれば、ほくほく暖かい。
ひんやり空気とあたたかい陽射し.....頭がすっきりしつつも気持ちがほぐれていきます。


e0123825_1647945.jpg

ダブルトラックのダートを離れ、落ち葉の積もった樹間に進路をとり、ゆっくりゆっくり、サクサク音をたてながら、さまようように走る。

気持ち良いなぁ〜



e0123825_16474262.jpg

お風呂に浸かっているような、心地よい暖かさに身体が包まれる。
見上げれば、残り少なくなった紅葉が陽射しに揺れている。



e0123825_16483135.jpg

サドルから降りてJakeを押しながらふかふかな落ち葉の上を歩いていく。
軽いチェーンの鳴る音に振り返ってみると、稜線のダブルトラックをマウンテンバイカーが通り過ぎていった。

んぐぐ〜〜

と大きく伸びをして再び歩き始め、ゆっくりと山をおりた。
シクロクロスでダートを走ったのは久しぶりだなぁ。

...............................................

もう、午後は仕事したくね〜、と思っている事を知られないよう振る舞うのが、かなり苦労した午後だった。
[PR]

by jake490 | 2008-11-22 23:41 | ジテ通
2008年 11月 21日

寒さにびびりながら尾根幹練 (ジテ通081121)

昨日の仕事帰り、車が霜で真っ白に....寒いはずだよ。

帰宅後、翌朝のジテ通に備えて、冬支度。
ヘルメット下にコットンキャップ、イヤーマフ、フリースベストにオーバーパンツ、冬用手袋....
あんまり厚着しちゃうと厳冬期に乗り切れないし、かといって寒いのはいやだし...

タンスの前であれこれやっていると、深夜にドタバタしないでほしいというカミさんの視線が背中に突き刺さった。


迎えた今朝は、予想通りきっちり冷え込んで、溜まった夜露が氷になっている。
用意した服を着込んだまま会社に到着。
いつもならウインドブレーカーを途中で脱ぐのだが、脱がないまま通してしまった。
気温が低いことを実感。

e0123825_0442742.jpg


たっぷり着込んだままでは走りが鈍い。
帰りは少しは軽快に....と思案し、朝よりは軽装で走り出す。
寒いは寒いが朝ほどではない。
走っては何度か脱着を繰り返し、何時もの服装にフリースのベストを加えただけ。
あと、手には冬用の手袋、頭にコットンキャップ。

イーブンペースで走っていると暑からず寒からず(ちょと寒い位が丁度良い)でいい感じ。
途中の街頭温度計は11℃。そこから先に行くとおそらく10℃を下回るだろう。

e0123825_0453398.jpg


走りのテンションが今ひとつなのでY'sで冬用の衣料をみたり、その他を物色しようかと思っていたのだが、店舗のまえで、走った方が良いと思い直す。

そのまま多摩サイで是政橋。
キモチが入らないままの登坂は気が進まなかったが、連光寺に向かう。
連光寺の登坂中、前を走るクロスバイクに追いついた時点でようやく心に火が入る。
上がったペースを落とそうとしたら、先にもう1台のクロスバイクをロックオン。
現状キープでペダルを回す。
追い抜いた以上、ペースは落としたくない。
坂上の信号ではもう息が上がっていた。

尾根幹までに息を整えて、尾根幹に入ると何時ものペース(若干遅いか...)
途中交差点で止まっていると背後にストロボライト。
堀之内にくだる信号のところまで、後ろに張り付いてきた。

じりじりペースが上がってしまい、堀之内方向に離脱するあたりまでアップアップに.....ああ、シンド〜

モチベーションが低いのに頑張って走らされてしまった。
こうしてみると一人で走っていて追い込んでるなぁと思っていても、二人以上で走っていた方が、より負荷をかけられることを発見した。

あ、尾根幹、一段冷え込んでましたねぇ
[PR]

by jake490 | 2008-11-21 23:59 | ジテ通
2008年 11月 20日

2℃の朝

e0123825_239416.jpg


夜遅く、下手すりゃ徹夜になる予定を見越して、今日は車で通勤です。
玄関を出たら空気がキンとして頭に冷気が突き刺さります。
車のウインドウには霜がびっしり!

いよいよ冬ですなぁ

出ばなをくじかれたおかげで、ペース高めの走行で出社。
途中、ジテ通の人を見かけるたびに、少し敗北感を感じてしまう。

寒さから逃げたんじゃないよ。

車の温度計を見ると外気温は1℃から2℃。
冬用のウエアでないと、もうダメだね。

.................................

徹夜にこそなりませんでしたが、しっかり残業をした1日でした。
[PR]

by jake490 | 2008-11-20 23:10