空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2008年 09月 30日

9月の総括

今月の総括は.......
とにもかくにも、なんたって、CAAD9を手に入れた喜びは大きいです。
このカーボン全盛の時代に、そして感性で乗るクロモリの流れがある中で...
あえてアルミを選んだオトコ...な自分です。

e0123825_32443.jpg


本物のオトコだったら、ノーマルクランクなのでしょうが、自分の脚力では山道は越えられません。
それゆえコンパクトクランクを選んだ訳です。
その選択の善し悪しを確認するツーリングが厳道峠奥武蔵グリーンライン
へたれながらも山道のツーリングがなんとかなりそうな感触が得られました。

一方、コンンパクトクランクは意外と平地では使いにくい一面があったのと、今ひとつペダルを回せない、ダルな感覚がつきまとって、軽快に走れない日々が続いていました。

それも、1ヶ月点検の際、ステムをひっくり返してハンドルを下げたことで、解消とまでは行きませんが、上半身の力が脚力に伝わるような感触のあるポジションがでて来ました。
これから走り込んで少しずつ煮詰めていきたなぁ。


これからは秋が深まり、山が色づく季節になります。
週末はCAAD9ばかりでしたが、いよいよJakeも出番ですねぇ。
林道を走りたくなってきますから......

月間走行距離 1050km.......多分これまでの最長記録です。
[PR]

by jake490 | 2008-09-30 23:59
2008年 09月 28日

多摩地区自転車店めぐり

本日はY君のお買い物におつき合いです。
レーシングタイプのSPDシューズとペダルを求めて近隣のショップを巡ります。
あと、走りの部分では、いろは坂のオプションを加えて......

e0123825_1432135.jpg

このスナップを撮った直後デジカメのバッテリーがあがってしまったOrz

曇天の日曜日、もう空気は秋、夏気分の陽気とはおさらば、って感じ。
ドライ系の機能Tシャツの上に長袖UNIQLOジャージ、レーパン&ニーウォーマーでも終止肌寒い感がつきまとっていました。

まず、向かったのはY’s。
休日の店内は人多すぎです。先日もシューズを見に来ていたのですが、新しいシューズの入荷は無し。
自宅のケミカルが空になりつつあるので、ケミカル類を物色。
2階の完成車の回転の早さに驚く。売れてんのねぇ。


次はバイクプラス。
聖蹟桜ヶ丘からいろは坂を登って唐木田に向かいます。
Y君はいろは坂は初めて。ちょっと前まで膝痛持ちだったのでゆっくり行きましょう。
もちろん、僕はゆっくりとしか登れませんけど(笑)

CAAD9のシフトワイヤーの初期のびがでて、シフトがきまりません。
なんで登坂にはいった直後に症状が出るのでしょうか。
こういうのは脚に答えますねぇ。

ロータリーで雑談休憩の後、唐木田に向かって下ります。
折角登ったのに〜、という思いはここら辺りを走っていると常々感じるところですね。


バイクプラスは唐木田駅に向かう坂の途中にあります。
立地条件が良いとは思えませんでしたが、店内は結構客が入ってます。
ゆったりとした店内なので商品が見やすいです。
それに店員の感じが良いのがいいですね。
商品を売るだけのショップではなく、自転車生活におけるソフトウエアを売っているお店だと思いました。

しばし店内を眺めていましたが、僕ら的には買いたいものがなかったので店をすぐ出てしまいました。


次はYOU CAN多摩境店。
尾根幹をひた走り、小山で町田街道。浜焼市場で腹ごしらえ。
しらすのかき揚げ丼をいただきました。
ほかにもいろいろ食べてみたいメニューがありますねぇ。


ほどなくYOU CAN多摩境店に到着。
ブログにニューモデルのシューズが入荷しているとのエントリーをみての来店です。
それに店長?が丁寧に接してくれるので、安心してシューズのフィッテイングが出来るだろう、というのが二人の意見。
でしたが、結局あうサイズが無く、八王子店にフィッテイングできる在庫がある、とのことで、八王子店へ移動です。

渋滞の町田街道。おまけにバスが絡むとやっかいです。今後は走りやすい道を探した方がよさそうです。


YOU CAN八王子店に到着。
ついでにY君がシューズのフィッテイングをしている間、CCAD9の一ヶ月点検とステムの角度を変更をお願いしました。
Y君のシューズ、なかなか、ピッタリくるものがないです。
とりあえず、ペダルだけ買っていこうとの話しになり、XTRの両面ペダルを購入。
取り付け工賃はサービスしてもらっちゃいました。


時刻は夕方近くになっていましたが、いままで履いてきたシューズの中でアディダスとスペシャライズドが足にあっていた、とのこと。
その2点があったのはY’sです。
あと残るはナルシマですね、近隣のショップは。
買った後、後悔しないようにナルシマによってからY’sに行こう。

浅川CRから多摩モノレールに沿って立川に向かいます。
八王子から立川まですぐだよ。っていう会話。
スポーツ自転車に乗らない人から見れば、異常に映るんだろうな(笑)

で、ナルシマフレンド立川店、本日臨時休業でしたOrz
じゃ、もう、Y’sだねぇ。間髪入れずに走り出します。

e0123825_146504.jpg
携帯で撮影っす

もう日がくれちゃいましたね。
日中より僅かに客足がひいた店内ですが、あいかわらず人おおいッス。
接客に追われる店員さんがほとんど。
客の切れ目をついて、ようやくフィッテイングです。
店長がお相手してくれました。まともに店長と話したのは初めてです。
Yくん、かなり迷いましたが、店長の商品説明と、履いた感覚を重視してスペシャライズドに決定。


いやぁ、決まるまで随分時間がかかりましたが、汗水流して働いて得たお金なんですから、納得した買い物したいですよね。
Y君に同行して、各ショップの個性を見れたことは収穫でした。

e0123825_1484257.jpg
お腹、減りましたよ。どら焼きと牛乳補給


走行距離 70km AV 20.8km/h MAX49km/h
[PR]

by jake490 | 2008-09-28 23:59 | ハシる
2008年 09月 27日

クランク長の疑惑(ジテ通080927)

秋本番、グッと気温が落ちた朝だった。
ドライ系ノースリーブ下着の上に長袖のジャージ、スパッツの組み合わせでちょうど良かった。
一昨日まではTシャツ1枚だけだったのに.....

e0123825_19535024.jpg
雲間から光の柱が幾重にも重なり合い降り注いでいた

CAAD9では股関節と膝関節の稼働範囲を大きく動かしてペダリング、Jakeでは脚をコンパクトに可動範囲も狭くペダリングする、というポジションの違和感をずっと感じてきた。

サドルの高さの違い以上にペダリングする脚の回転円の大きさが違う。
だからクランクの長さが違うのだ。
と、そう思ってきた。

だからCAAD9では脚を大きく動かしている分ケイデンスが上げにくく、Jakeではコンパクトに脚を動かしている分、ケイデンスがあがるのだと........

ところが、昼休み、チェーンにオイルを射したとき、Jakeのクランク長の刻印を確認すると170mm、CAAD9と同じである。
にわかに信じがたいが、同寸法。

なぜCAAD9ではクランク長が長く感じられるのだろうか?
謎は深まるばかりである。
[PR]

by jake490 | 2008-09-27 19:58 | ジテ通
2008年 09月 25日

アウター縛りのJakeでジテ通(ジテ通080925)

奥武蔵グリーンラインの疲労が響く残業の日々でしたが、なんとかめげずにJakeでジテ通してました。
仕事が一段落、今日は早く上がれそうだ、と空を見上げたら、夕焼けが期待できそうな空模様です。

e0123825_22203257.jpg


急いで支度を済ませ、Jakeを走らせますが、秋の空、日が落ちるのが早いです。
ビューポイントに着くまでに、みるみる鮮やかさを増したと思うと、急速に色あせていきます。

e0123825_22211340.jpg


ビューポイントに到着したときには、鮮やかさの盛りが過ぎた空でした。
それでも、風に吹かれながら、色身を失っていく空を眺めている数分は和やかな気分に浸れます。

e0123825_22214622.jpg


あっという間に西の空に残照を残すだけになり、もうすぐそこに夜がやってきています。
日の短くなったことを感じますね。
これから先は暗闇の多摩サイを走ることになります。

今日は時間に余裕があるので、連光寺、尾根幹のプチ練をして帰ります。

是政橋まで、目標90rpm以上でペダルをまわす!で走行。
川崎街道に出るまでインターバルをとり、連光寺の坂をアウター縛りで登ります。
坂は力まずに、丁寧にペダルを回す、使う筋肉を意識しながら登り、心拍は追い込みません。
連光寺坂上から尾根幹に出るあいだもインターバル。
尾根幹は上り坂を回転でいくか、トルクでいくか、対処を考えながら、試しながら走りました。もちろんアウター縛りです。

こうしてアウター縛りで走って、変速できない分、自分のペダリングスキルで対応していくっていうのも、やってみると結構面白いです。
我武者らに漕ぐのもいいのですが、知恵を使って走るのもオツなものです。


走行距離 47.3km AV 21.3km/h MAX 49.6km/h
[PR]

by jake490 | 2008-09-25 22:19 | ジテ通
2008年 09月 23日

巾着田〜奥武蔵グリーンライン〜正丸峠

子供は部活で外出、カミさんは、ごろごろ亭主は家にいると邪魔らしい。
ということは、心置きなくツーリングにいける絶好のチャンスじゃないですか。
この期をのがしてなるものか(笑)

僕にしては珍しく、昨晩のうちに準備完了。
朝6時半に家を出る。

e0123825_2285272.jpg
あっという間に秋の空

朝の気温は結構肌寒く、サンガード用のアームカバーとアンダーウエアを着用していたが、日に当たっているうちに、暑くなり、多摩サイ横の公園でお着替えタイム。
結局、真夏と同じTシャツにレーパン。走ると涼しいくらいが気持ち良い。

奥多摩街道から16号にはいり、横田基地を眺めながら走る。
トラックが追い越していく風圧で吸い寄せられそうになるのがちょっと怖いが、幸い良心的なドライバーのトラックばかりで助かった。

瑞穂バイパス富士原交差点を左折。県道218号(飯能街道)にはいると、ようやく落ち着く。
それに一面に茶畑が広がり、ツーリング気分も盛り上がってくる。

e0123825_230250.jpg


飯能市街のセブンイレブンで、薄皮あんぱんとオレンジジュースを補給して、小休止。あんぱん1個をほおばる。
道が不案内になったとき、丁度魚屋のご主人が出てきたので道を尋ねる。
魚屋さんらしいテキパキした案内に、やっぱり鮮魚を扱ってる人らしさを感じてうれしくなる。
できれば魚は魚屋さんから買いたいよね。

案内通り国道299号に入り、高麗駅から巾着田を目指す人の行列の中にまみれて進む。
人出が多く、駅から巾着田まで人の切れ目が無かった。

e0123825_2304746.jpg


それにしてもアマチュアカメラマンが多いこと、多いこと。
一眼カメラと望遠レンズ、しっかりとした三脚をもってあちこち曼珠沙華を被写体に構図をとっています。
天の邪鬼な僕は、こうカメラを持って、写真を撮っている人が多いと、写真を撮りたくなくなってきちゃう。

e0123825_2313054.jpg


曼珠沙華の群生地にはいるには入園料が取られる。
お金を払ってまで、見たいと思わない(人が多すぎ、カメラマン多すぎだから)
というわけで10回ぐらいはシャッターを押したかもしれない。

自然をながめるのに、なんで喧噪のなかで見なきゃならんの。
自分もそのなかのひとりだってこと、すっかり忘れてブーブーいってましたねぇ。

e0123825_233145.jpg


東吾野駅、市立病院をちょっと通り過ぎた、酒屋?さんのところを右折して、いよいよ山の稜線に向かって登り始める。
林道の標識をすぎると坂の傾斜は一段とキツくなる。

e0123825_2351236.jpg


中腹までのぼると、木の切れ間から景色がみえる。
奥武蔵グリーンラインの景色がたのしみになってきた。

e0123825_2383694.jpg


顔振峠への道のりが、この道で良いのかと疑心暗鬼になったとき、このペイントが現れ、一安心。

e0123825_2391738.jpg


顔振峠には茶屋があり、駐車場に自転車乗り数名のパックが談笑していた。
ロードばっかり。ブームなんだなぁ。

e0123825_240997.jpg


見晴らしの良い所を先客のローディに譲ってもらったので、一枚パチリ。
峠からの展望は素晴らしい。
写真にも撮ってみたけれど、実際に見た風景の感動を伝えられそうな写真は撮れなかった。

初めてのコースだし、峠三昧だし.....時間に不安があるので、先にすすむ。

奥武蔵グリーンラインは山の稜線をまきながら、短い登り下りを繰り返しながらすすんでいく。
木立の合間から、時には南側、時には北側、と展望を楽しみながら走っていく。

e0123825_241098.jpg


地図に大変見晴らしが良いと書いてあったので関八州見晴し台に登ってみる気になった。行程はのぼりで15分。
不動茶屋にCAAD9を停めて、徒歩で登山道を登る。すると行程3分の2くらいのところでグリーンラインに出た!?
ようは道路が山をまいて登ってきたところに出てきたらしい。車を置けるちょっとしたスペースがあるので、実際はここから登れば5分くらいで見晴し台だった。

眺めは良かったが、写真にするといま一つなので標識を証明代わりに撮影。
ハイカーでにぎわっていた。

SPDシューズは歩けるから良いね。僕のはMTB用だからソールがブロックパターンだ。でも、底が硬くて曲がらないから下りは怖い(笑)

次の目標は刈場坂峠。不動茶屋から約6km。
登坂時に腰の筋肉を使っているのだと思うが、まだ鍛えが足りなくて、こる様な痛みがやってくる。
速度を落としたり、ダンシングをしたりしてしのぐ。
今度のサイコンは2ndトリップがついているので、身体がしんどくて頭が回らなくても、ゼロリセットをすれば距離を測れるし、到着時間もシュミレーションできていい。
腰の痛みを、走る以外に、サイコンをいじり、気を紛らわせて走る。

e0123825_2415497.jpg


林道(グリーンライン)のゲートを通過するとすぐそこは刈場坂峠。
りんどう茶屋には数名のローディ。
大休止をしようかとボトルを片手にうろうろ歩きながら、展望を楽しむ。

e0123825_2423294.jpg


腰のこわばりが取れてきたところで、出発。
国道299号近くまで一気に下り、正丸峠に登り返す。国道に至る道から正丸峠に至る道の分岐点までは、小さな落石や砂たまり、水が流れていたり....と注意がいった下りだった。
分岐点から正丸峠までは約4km。またもや登り(汗)
旧道っぽい雰囲気満載の坂道をゆっくり登る。

e0123825_2431850.jpg


今日の何個目の峠なのだろうか。
頂上の峠は、たどりつけばそれなりに達成感がある。
ここにも多数のローディとモーターサイクリスト、これにハイカーが加わって...
ちょっとメジャーな感があるなぁ。

e0123825_2442088.jpg


お昼はとうにまわっている。休憩のおりにあんぱんを補給してきたので、空腹感はそれほどでもないのだが、ここで大休憩、昼食にしよう。

e0123825_245342.jpg


今日はよく正丸どんぶりが出たらしい。僕の注文で打ち止め。
後から入ってきた客が正丸どんぶりを注文するも売り切れです。
味は濃いめで、身体を使ってきた人にとってはありがたいのではないでしょうか。

ここの茶屋はジンギスカンが主力らしいのですが、ひとりでジンギスカン食べてもなぁ。

もっと休めば良いのでしょうが、なんとなく走り出してしまう自分です。
荒れ気味の正丸峠のくだりをこなし、山伏峠に登り返します。

ピークまでの標高差が少なく、距離も短かったので、思いのほか普通に登りきれました。

さて、一気に名栗まで下ります。
先行する車について下ハン握って下ります。今までよりも路面状態がいいのでペースもあがります。
すると先行する自動車のドライバーが「先にいっていいよ」のハンドサイン。
慎重に追い抜きをかけます。
自動車に譲ってもらったのは初めてです。峠道になれていない様子だったからかな。

e0123825_2462511.jpg


カーブの曲率もゆるくなったところから、ぼちぼちペダルを踏み込むと、下り道なのも手伝って、走行速度が40km/hを前後しながら走ります。
ただこのペースも小沢峠の麓まで。小沢峠を登るとまもなく腰痛が復活。
痛みがしんどくなるとダンシングに切り替え、腰の筋肉の回復を図ります。

小沢峠をクリアーすると下り貴重な道が続き40km/h前後のペースが復活。
やっぱりロードレーサーは高い速度域になるといい感じです。

e0123825_247296.jpg


根ケ布のセブンイレブンで小休止。ガリガリ君タイムです。
プリンプリン、結構いけてますねぇ。

東青梅から羽村の堰、そしていつもの多摩サイを下って帰ります。
結構つかれてきているのか、ペダルが少し重くなってきました。
それに人出も多いので、思うように走れません。
一般道を走るか......そんな重いも頭に浮かんだり......

休日の多摩サイはホント、気をつけて走らんと危ないです!

e0123825_2481079.jpg


ここに来ると帰ってきた感覚が倍増です。
近所の自販機で買ってきたコーラを飲みながらまったり。
西日と、それが水たまりに反射して、かなり眩しい。

いつもならローディ達の比率が高い国立も、今日はママチャリが独占してます。
彼らの騒がしさが傾いた日射しの色調に良く馴染んで、ほぼローディ1色のいつもよりだいぶ違いますね。

もうここからは回復走。
西日を浴びながら、ゆっくり走って帰宅。
日のあるうちに、フレームの埃をはらったりして軽く掃除をして本日のツーリング終了です。


走行距離 134km AV 19.9km/h MAX 59.3km/h
[PR]

by jake490 | 2008-09-23 23:59 | ハシる
2008年 09月 20日

ちょっとだけ尾根幹練

台風一過の青空が眩しい1日でしたね〜。
今日はこっそり埼玉の巾着田にツーリングに行こうと案を練っていたのです。
が、それを見透かすように、カミさんからお買い物ツアーの指示をいただきました。
巾着田にツーリングは、もちろん順延です(爆)

うらめしいぐらいの青空を眺めながら車を運転し、カミさんはユザワヤ。
つきあう僕と子供は新しいiPodnanoを眺めすがめつつ.....
あれ、自転車用品も売ってるぞ.....レーパンもある.....

合流したカミさんが僕の背後で、レーパンは自分で買いましょ〜、と突き放す。
そんな小遣いは無い!夫婦間の軽い言葉のジャブが続き......
履き古してきたレーパンを履くダンナを不憫に思ったのか、ガソリン代のかわりだもんねえ、と家計から出してくれることに...

ヤッターーー善は急げと、そこから一番近いナルシマへ......サイズがないっす Orz
それではY’sへ......欲しいレーパンの在庫ないっす.....(泣)

なんやかんやと、子供にメッセンジャーバックを買ってと、資金は流れ....
嗚呼、やっぱり、今日の青空は恨めしい、と空を仰ぐのだった。

e0123825_133316.jpg


悲しいまま1日が過ぎてしまうのは悲しすぎるので、夕刻CAAD9で一走り。

浅川CRから多摩テックにのぼる。
ギアはインナー、スプロケは5段目あたりで我慢のペダリング。
上半身と脚の筋肉の連動を意識して、力みすぎずにゆっくりのぼる。
腰の入ったペダリングがCAAD9で初めて出来た。

裏道の様な旧道を下って堀之内へ。
野猿街道を渡って、尾根幹まで登りはアウターでのぼる。
スピードが乗って慣性が働いていると、ちょっと重いギアでもペダルはまわる。
このへんがロードレーサーの良い所なんだろうなぁ。

e0123825_141563.jpg


ぐりーんうぉーく多摩から尾根幹にコースイン。多摩境方面へそのままのギアで。
ハンドルをグッと引いてペダルを踏み込むと意外にいける80rpm。
登りきってトンネルをぬけるまで100rpmをキープ。シフトアップしない。
Uターンして大妻女子大までサドルであばれるお尻をおさえつけながら高ケイデンスを意識してはしる。
再び折り返して、トンネルをぬけるまで、もがいたつもり。

渋滞の多摩境通り、車の横をぬけて緊張のライディング。
ここで回復して、野猿街道を、もがく。速度よりも回転。

走りはじめに上半身を意識したトルキーな登坂でペダルに力がよくはいるようになった。狙った効果がちょっとでもでてくれると、やったかいがある。

モノレールに沿って多摩丘陵トンネルをくぐり、帰路についた。
短い時間の乗車だったが、濃厚な時間をすごせたので満足。


走行距離 38km AV 21km/h MAX 46.6km/h
[PR]

by jake490 | 2008-09-20 23:59 | ハシる
2008年 09月 18日

Y君のスーパーノバに乗ってみた

先日、ホイールを新調したY君のスーパーノバに試乗させてもらいました。
ほんの少しだけですけど。

e0123825_2011229.jpg


「そういえば、スーパーノバに乗った事なかったですよね〜」とY君。
ドキッとする言葉です。
「いいのぉ〜」
「いいっすよぉ」

長身のY君の体格に合わせたサドル高、ぐりぐり下げて屈辱的な高さまで下げる。
ハンドルが高く感じるな(爆)

さっそくペダルを踏み込むと、軽くスッと前へ出る。
CADD9という比較対象があるからわかる事だけれど、スーパーノバは純粋にレーサーだ。
フロントアウター46Tでスプロケは中段くらい。
踏み込みは軽く、ケイデンスも回転がすぐに上がる。吹けのいいモーターサイクルのように加速が軽快だ。
これは気持ちが良い。
車体は軽いながらも芯があり、落ち着いている。フロントのイーストンのストレートカーボンフォークは、軽い突き上げ感があるが、振動を吸収してくれる。
ワインディングを走ってハンドリングを確かめたいが、そのロケーションにないのが残念だ。
Uターンをしてみたが切れ込みは感じなかったが、クイックかもしれない。
リアのカーボンフォークもCAAD9よりは柔らかく感じるが、やわじゃない。
砂利の浮いたアスファルトの上を通過してみたが、振動をよく吸収してくれる足回りのようだ。

思いのほか上質だったのでY君に返す時は「たのしーきもちいい〜 」としか言葉に出なかった。

........................

思わずため息が出た。Jakeとレベルが違う。
ツーリング車とレーサーの違い、とはまさにこういうことか。

時速25km〜35kmといったスポーツ自転車の速度域ならば、スーパーノバのギアリングは最強ではないだろうか。
クロスミッションを組み込んだモーターサイクルに乗った経験がある方ならば解ると思うが、コースと速度域がマッチした時の扱いやすさ、パワーを使い切れるギアリング設定が、この速度域にぴったりしている。

下り坂は回しきってしまうだろうが、高速ダウンヒルを望まなければ気にならないだろうし、それをトレードオフにして、登坂や平地に脚力を発揮できるギアリングを捨てるなどとは思わないだろう。

たぶん僕の脚力ならCAAD9よりもスーパーノバのほうが速く走れる。
それに、速度も持続できるだろう。

...........................................

いやぁ、良い体験をさせてもらいました。
CAAD9を持っていなかったら、Y君にジェラシーを感じていたかもしれない。

幸せな自転車生活を送る公式のひとつ(僕が勝手にそう思っているだけだけれど)シクロクロスバイクと2ホイールセットで楽しさ2乗.........

同じバイクで野山を駆け巡り、アスファルトの上を疾走する.......

あらためて、これは有りだ、と思います。

でも、スーパーノバのようなレーサーでジャリボコ道を走るのは、モッタイナイ気がしてしまう僕は貧乏性なんでしょうねぇ。Orz
もちろんJakeも気を使いながら走ってますけどね〜(爆)

[PR]

by jake490 | 2008-09-18 23:59 | カンジる
2008年 09月 17日

アウター縛りで90rpm(ジテ通080917)

アウター縛りで90rpm....暫くはこれをボーダーラインにしてジテ通します。

ハイスピードで走れるはずのロードレーサーなのにシクロクロスバイクよりも遅い(爆)
貧脚を叩き直すために設けた課題です。
Jakeのフロントギアはセンターを常用してスプロケットも中速ギアで走行してきましたが、今日からはチェーンをアウターにかけて走ります。

Jakeのアウウターは48T、CAAD9は50T。Jakeの方がやや軽いギア比ですが、ほぼ同じ感触です。
同じ速度、同じケイデンスで走ってみるとアウターを使っているほうがペダルが重く感じられます。
若干、Jakeの方が軽めに感じますが、CAAD9のコンパクトギア仕様を想定するには十分です。

e0123825_05298.jpg


今朝は霧が出ていたようです。霞んでいる雰囲気もなかなかですねぇ。
今日を逃すと明日からは天気が崩れる予報ですので、自転車にのれない数日間を過ごさなければなりません。
走り込みたいところですが、今日は仕事がたっぷり。残業は免れませんねぇ。

e0123825_054730.jpg


身体が温まってからケイデンスを90rpmを越えた辺りをキープしながら走っていくと、ペダルが重い分、心拍が上がり、息が苦しくなってきます。
ほぼ30km/h+αで我慢の走行。回転が上がってくるとシフトアップしたくなりますが、出来るだけ我慢。
100rpmを越えたときシフトアップしてみたら、加速して、すっと前に出るのは気持ちよかったけれど、すかさず心拍が上がり、ペダルも重く感じられて、すぐに失速、ペダルが回りません(笑)

e0123825_062655.jpg


ペダルの重さに負けないで、高速回転、というスキルアップのために、速度よりも回転力を重視した割には高い速度をマークした。ケイデンスは100rpmを完全に越えていた。
良く脚がまわったなぁ。我ながらビックリ。

国立折返しまでは、速度に見合ったケイデンスで回して来れたのだが、心肺機能がついてこない。
脚はかろうじて生きているが心臓バクバク。もう終わりっすねぇ。

会社までの残りの区間は、ほぼ抜け殻状態 Orz
ギアを1段軽くして、高速回転を身体に覚え込ませる神経系のトレーニングも織り交ぜて、なんとか走る。意地で90rpm。

おまけにフロントセンターを使う最後の坂をアウターで登りきる!
だが精魂尽き果てた。
「今日これから仕事、できんのかなぁ」
...............

自転車に乗ってどこへ行っているのか、本来の目的を見失っている自分に気付いた朝だった。
[PR]

by jake490 | 2008-09-17 23:59 | ジテ通
2008年 09月 15日

Mさんと羽村の堰まで

暫く近況を聞いていなかったMさんにメールすると、朝早く多摩サイを羽村の堰まで走る、という返信。
これは同行しなくっちゃ。Y’s横のセブンイレブンで早朝待ち合わせです。

e0123825_055419.jpg


多忙なMさん、家族との時間を大切にするため午前10時までに帰宅、という縛りがあったのですが、お昼までOK、と家族の了解をもらってくれました。
おかげで四方山話がたっぷりできます。

e0123825_064249.jpg


走っているよりもぐたぐたトークが長い(笑)
CAAD9を眺めつつ「期待を裏切らないカラーリングのバイク買いましたねぇ」って、どういう意味!?(爆)
トップチューブの星条旗が一番似合うカラーリングだよね、が二人の意見。

e0123825_072957.jpg


やっぱりシクロクロスバイクにはブロックパターンタイヤがよくにあう。
ロードタイヤをセットしたホイールを用意して、2ホイール生活すれば、いつものビアンキとは違うキャラが楽しめますよ。Mさん。
ロードレーサーを買うのはそれからでも遅くない。
いま手元にあるバイクをもっと楽しもう。そうすれば次!?はもっと良い買い物ができるはず。

e0123825_082011.jpg


今朝の朝食だった薄皮あんぱんを分け合って、ふたたびぐだぐだトーク。
かつて同僚だったひとと、付き合いがつづいているのはめずらしい。
若いならいざしらず、オヤジ世代からの付き合いで、友達関係でいられるのは幸福なことだ。
Mさんとの関係も自転車がひとつの絆になっているのは間違いない。

僕が自転車生活をたのしんでいるのに感化されて?自転車を楽しむようになったMさん。
職場がはなれりゃアソビも変わってしまうのが普通だろうが、今も自転車生活を楽しんでいるのを見て、僕も勧めたかいがある。

羽村の堰を折り返して帰る道すがら、オヤジのぐだぐだポタリング企画、ちょっと無理してロングライド企画など、お互い多忙勤務者、いつになるかわからないが、いつか行きましょ、と話しながら帰ってきました。
[PR]

by jake490 | 2008-09-15 23:59
2008年 09月 14日

どこ行くともなく...だって通勤だもの(ジテ通080914)

9月15日加筆しました

連休中の一日は(半日でOKなんだけどね)会社でお仕事しなければならず...
仕事は明日明日。今日はCAAD9でお出かけだぁ〜。
だって、残業×2でJakeオンリーな自転車生活だったんだもの。

寝不足にもかかわらず、朝5時半に目覚ましをかけて、がばっと起きて....
朝飯食べていたら.....雨が降ってきた......Orz

CATVで天気予報の詳細をみていたら、昨晩と予報がかわっていたよ。
ふて寝して、チャンネルをまわしたらツールドフランスの再放送をやっていた。
ぼや〜っとみてるうちに、走る気力もなんも......すっかりナマケモノ状態っす。

そのうち家族が起きてきて、いつまでもだらだらオヤジでいるわけにもいかず。
午後からは天気が回復するようだし、雨が上がっているうちに「ほんじゃぁ、仕事してきまっす」と、あいなりました。

e0123825_1627043.jpg


萎えた気持ちのまま多摩サイを遡上していくと、もうとっくに秋だぞとばかり、桜の落ち葉がサイクリングロートに散っています。
サクサク、音を立てながら走っていく心地よさ、寝不足も手伝ってとろ〜んとしたまま、福生南公園から五日市に向かうつもりだったのに、そのまま直進。
羽村の堰で玉川兄弟にご挨拶することになってしまいました。

にもかかわらず、五日市に向かって走っていっていると思い込んでいる自分。
相当あほです。
カップルでツーリングかぁ〜、彼女、かわいかったなぁ。羨ましいぞ。
などと、不埒なことばかりで、自分が吉野街道を走って奥多摩にむかっていりことに気付いていません(爆)

梅郷あたりで異変に気付き.....そりゃもう、落ち込みましたよ。

都民の森でソフトクリームをなめて、Uターンして一仕事...っていう悪だくみが音をたてて崩れていくのでした。

e0123825_16275824.jpg


しゃーねぇ、仕事しに行くかぁ。
モチベーション落ちた気持ちで登る梅ケ谷峠はキツうございました。
セミはミンミン鳴いてるし暑いし、ここは夏のまま季節が動いていません。

e0123825_16283946.jpg


インナーローは使うまじと頑張りましたが、ピーク寸前で陥落。
平地をすてて登坂に振ったコンパクトクランク仕様です。これで登坂できなかったら、悲しいを通り過ぎてしまう。
プレートを踏む脚がピクピクしてたのはナイショです。今日はコンディションが特に悪かった事にしておいてください。

冷えていく汗が気持ちよいダウンヒル。素直でオンザレール感覚で下れるのはCAAD9の美点のひとつ。必要以上の緊張はいりません。
コーナーに自分の走行ラインのイメージを描き、それをトレースしていきます。
唸る風の中にいる自分。ちよー気持ちイイ。(by kohsuke kitajima)

e0123825_16292375.jpg


木工所だったはずのところが、なにやらお店に改装されています。
客の車も数台とまっているようで、ちょっと気になりよってみました。
試食してみたスモークチーズひとつ購入。晩酌のときにでもいただきましょう。

e0123825_1630883.jpg


秋川の周辺は温泉施設が何軒かありますが、つるつる温泉もそのひとつ。
まったり、のんびり温泉につかろうという、ゆるいポタリング企画ってのもいいかと、その下見をかねてご挨拶してきました。

CAAD9のギアリングになかなかなじめないので結構脚にきてます。
短い距離しか走っていないのに(泣)
おまけにお尻も痛い。サドルがあわないのか、お尻の根性がないのか......

五日市駅から睦橋通りで福生方向へ、そろそろ仕事の事が気になりだし始めました。
いくらなんでも、もう出社しなければ.....貧脚にムチをいれてペダルをまわし....

e0123825_16311055.jpg


カルガモ農法の稲穂も収穫がちかく、穂が重そうにたれています。
ロードバイクで通れるたんぼの抜け道。田舎の香水をかぎながら実りの稲穂の海を駆け抜けて.....

さあ、これから一仕事。
レーパン、Tシャツのままっすけど(爆)
いいんだもん、会社にいるの、一部の人だけだし、キュウジツ出勤だもん。
気楽にいきましょー。


...........................................
サクッと仕事を片付けて、まだ日が高いうちにひとっ走りしよう。
いつまでも、ギアリングがしっくりこない、なんていっていられないし...
少しは考えなくっちゃね。


e0123825_2136167.jpg



多摩サイを稲城大橋まで走って、いろいろ試してみた。

コンパクトギアで30km/hで走る場合
50T×17T でケイデンス80rpmちょっと
50T×19Tでケイデンス 90rpmちょっと

17T で走るにはペダルが重い。19Tはやや重でケイデンス80rpmはなんとかなるが 90rpmとなると回転をキープするには少々ペダルが重く、たれてくる。

ギアの歯数は違えども、ギア比がほぼ一緒の時のJakeならケイデンス 90rpmで30km/hでもっと走れる。
CAAD9では、どうしてペダルが重く感じてしまうのは訳がわからないが、どのギアで走れば、30km/hで走り続けることができるか分かった。

CAAD9で30km/hで走り続けるには、ペダルを回す力と速くまわすスピードを身につけなければならん....ということで、
稲城大橋を渡り、連光寺を高トルク気味の高速回転でペダリングして登り、尾根幹までの区間を回復走、尾根幹はガムシャラ(爆)

CCAD9....レーサーらしく走らせられるのは何時の日か.....


本日の走行距離 仕事の前に76.3km 帰りに?km 47km
[PR]

by jake490 | 2008-09-14 20:25 | ジテ通