空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:写真、カメラ( 325 )


2017年 05月 23日

XC50-230f4.5-6.4OIS追加導入

もとよりX-M1はXF35mmf1.4Rのレンズ固定なはずだったのだ。
X30よりも踏み込んだ画像を、と、
35mm判標準レンズに帰結する粋なフォトグラファー目指して
なんだけどねぇ
グッとくるヴィジョンは今のところソコにおさまらないのでありました。

e0123825_16455902.jpg

実際のところ、X30の35mm判では28-112の画角+デジタルズームで224まで拡張がレンジ
デジタルズームの質はよくて、節穴なワタクシの目には、見分けつかないこともある
なのだが、やはりしんどいところもあって、このあたりを補完するレンズがあれば、と。

で、以前から、各種レンズの作例、インプレなど、時折眺めて検討していたわけです。
そして、レンズ本数を増やしたくないので、ツボにくるレンズをと選んでいる中で
実はXCレンズは選択肢に含まれておらず、もっぱらXF、もしくは他メーカーを見てました。
というのも、作例が少なすぎるのと、画質を求めればXCでは足りないのではないか、と。
リーズナブルに手に入るから、と安易に手に入れるのは避けたい、とも。

そんな最中、家人にもデジイチをという、思いもしれない流れと、
鳥を撮りたい、という、最も機材の要求値が高い被写体を選ぶという、ため息モノで
オマケに雨の日でも喜々として出かけちゃう生態を確認しているわけで
レンズ交換を外でやるような人でもないし、
で、結局、一昔まえのフラッグシップ機にワイドレンジのズームレンズという組み合わせ。
ロングレンジの画はやっぱり差がついてしまう、
となると主戦場であるミッドレンジの充実は横において、撮影のレンジを広げる方向へ
転換しようか、となりまして
皆さんが検討するXF55-200を眺め眇めつするわけですが、
ジツに良いのですけど、これを買うならXF90のほうが自分の世界を撮れるんじゃないか、と
そんな思いが強くて、
逡巡しているうちに、カメラ&自転車仲間のIさんのアドバイスもあり、
レンズの重さ、カメラとの重量バランス、などなど複合的に判断して、
選択にあたっては画質ばかりではない、ということにようやく達して
お値段もリーズナブルなこともあって、速攻ポチっとな。
とあいなりました。

e0123825_16460757.jpg

実際装着してみると、重量バランスと言うのは慣れてしまえば、というのもありますが
良いことに越したことはなく。
35mmと重さもそれほど変わりないのに少し驚いて
ファインダーの無いX-M1には使い出す前からベストバランスのような気がしました。
それにこのくらいの重量増しなら、自転車通勤でも持ち歩けそうだし。
いいレンズを所有していても現場に持っていかなきゃ何にもならないわけですし。

e0123825_16461150.jpg

発掘したインプレとか、写真仲間のインプレですと、バカにできない写りということで
気持ちをニュートラルにしてファーストショットしてみました。

e0123825_16461469.jpg

ディテールに甘さを感じるものの、それはワタクシの撮影技術にもよるし
35mmが良すぎるわけで、それを比較対象にできないし
主体が浮かび上がるような特徴は薄まっているけれど、平面的でないと思う。
これから腕を練磨していくのに、応えてくれると思うし、
魂込めてこのレンズも使おう。

家人のレンズより焦点距離は短いが僅差なので、
遠い被写体ばかりのところに出かけてもコチラが手持ち無沙汰なならずに済むかな。







[PR]

by jake490 | 2017-05-23 12:45 | 写真、カメラ
2017年 05月 14日

てんとうむし日和

春先に現れるてんとう虫はチョコマカと可愛くて、何度かカメラに収めようとするのだけど
大概、ピントが合う間もなく、隠れてしまったり、飛んでいってしまったり

先日夕刻に暮れていく光を観察しながら野原を見回していたら
野草の蔓にじっとしている一匹を発見し撮影したのが、ようやくピントが来た、って一枚だった。

e0123825_21331602.jpg

昨日は家人のリクエストで、雨天の公園に出かけたので、溜まった家事を片付ける一日。
午前の部の大方を片付けて最後の仕事は、地元のJAのある商業施設に地元野菜の仕入れ。
の前に、その道すがらに、ワタクシのホームグラウンド的撮影フィールドに立ち寄る。

桜のシーズンを前に、仕事のタイミングなどで暫く立ち寄ることができずにいたから
随分と野草の様が変わり、短い時間の変化の大きなことに驚いたけど
その変化をカメラに収めることができなかったのは残念だナ。

どれどれ、と草むらを観察し始めると、あ、てんとう虫発見!!!!
と一匹みつけたら、ココにもソコにも.........

お陰で、最短距離絞り開放のいい練習になりました。
相変わらずピンぼけ量産、アイタタタ。

なことをしてましたら、家人が現地にお住まいのご婦人とお話してまして
すっかり打ち解けておりまして
見知らぬ不審者的嫌疑の視線を完全に消滅、
まあ、ワタクシも近所に勤務して長いので、ああ、アソコの、な
ご近所付き合いな感じであります。

この地域は、古い農家の暮らしの面影などが残っているのだが
今にも時代に飲み込まれそうな流れになっており
保存できたらいいなぁ、と感じていたのだけど
危ないところを行政がはいってNPOがいろいろと保全活動するようになったそうで

そのNPOの方とも名前こそ交換してないものの、既に顔見知りになっておりまして
家人とお話をしたご婦人の旦那さんとも何度かオハナシをして活動内容を伺っております。

ワタクシにも是非とお誘いいただいたのだけど、西多摩MTBのボランティア活動にも参加できてない身の上であることもオハナシしてまして
MTB乗りも自然保全とか地元に貢献すべく活動しているんだよ、
というメッセージも伝えております。

そんな現地が住まいと隣接していたり、エリアも狭いので、
ここはひっそりと、地元の暮らしの邪魔にならないように、撮影活動してきましたが
さらに気持ちを引き締める出会いがありました。
いい一日になりましたねぇ。





[PR]

by jake490 | 2017-05-14 21:38 | 写真、カメラ
2017年 05月 13日

雨降りの中、カメラを振り回す

こんな、雨が強く降る、っていう天気予報なのに写真撮りに行くって
バッカじゃないのぉ〜〜
と今日も休日出勤の息子にdisられても、
雨の日は雨の日じゃないと取れない写真があるの!と言う家人。
ごもっともでございます。
はいはい、クルマの運転いたしますよ、と近所の某公園へ

e0123825_23445279.jpg


元々は、藤棚があると知ったのはもう花期中盤であったので、
きっちり狙って撮影できるのは来年か、と思ったのだけれど
やっぱり撮影したい、とタイミングを図ったものの、
今年は、やけに暑くて、夫婦ともども、グロッキー状態でのびのびになっていた。
藤棚はのがしたけれど、これから菖蒲が咲く。

住まいの辺りは菖蒲の花が咲いて、終わった花もチラホラあるぐらいなので
どうかな~ と、
心配しつつ園内へ

e0123825_23445768.jpg

公園に到着したときは小降りだったのだかが、園内を有るき始めたら
雨脚強くなり、本降りになってしまった。

パーカーの中にカメラをいれて、雨に濡れないようにしまい込み歩き出す。
雨に濡れた新緑の椛が美しい。
通年を通して赤い椛もあるのでしょう、
深い赤の重量感と鮮やかな赤の軽快感が面白い。

e0123825_23450872.jpg

菖蒲園に足を踏み入れると、まだこれからの様子で
気の早い菖蒲が、申し訳ない程度に咲いていた。

すでに土砂降りといってもいいぐらいな屋外で
カメラをもってうろついているのはワタクシら夫婦だけだったw

というわけで、気兼ねなく写真撮影できたわけさ。





[PR]

by jake490 | 2017-05-13 23:47 | 写真、カメラ
2017年 04月 26日

思いついたときにHDR

若い時分は撮影の一瞬が全てで、って全力で思っていた時期もあったのだけれど
その後の現像工程や紙焼きの間に、まだまだ思いを込められることが沢山あることを知って
見識の無さ思い知り、フォログラファーの仕事は結局、画を見せるまでの間
持てるあらゆるものをつぎ込むモノなのだ、と再びカメラを手にするようになって
あおかったなぁ、俺〜

ナンだけど、シャッターを切った一瞬で全てが決まり、あとは、標準工程で、いじらずに
という、撮って出し、な一枚は、最強揺るぎない。

なので、丹精込めてシャッターを切るわけですわ。ふう。
なんたって、アマアマなワタクシであるゆえ、気合の声張り上げても体動かずwwwww

e0123825_00105083.jpg

昨今、HDRなものが世に出始めて暫く経つけれど、それに、猛烈にいじりまくった写真って
すごくざんねんな気持ちになってしまうことが多いから、まあ、いじってあるのに気が付かないことのほうが多いとも思うけど、行く末はインドの修験者の元で悟りを開きたいのかな、的な、イジリは、そういうイラストとかにも世に出てた時代の人なので、抵抗感はない

のだけど、(しつこいw)やろうとしている映像加工ほ術は面白そうなので
プラグインとか、あまり投資の必要がないところで、お試ししてみるか、と最近思うわけです。
(結局やるんかいw)

やろう、と思った発端が、たまたまX30を連写モードにしてて、ビックリですした後に
オートブラケットで連射しちゃえば、三脚を用意しなくてもできるんじゃない。
と、無精者の発想から、なわけで
アプリで複数の写真のブレを消すアルゴリズム搭載されているのを知ってからは
時々連射、使うようになりました。





[PR]

by jake490 | 2017-04-26 00:11 | 写真、カメラ
2017年 04月 24日

Reflections by X30

ここ数年来、しっかり風をひいたことがなかったのだが
特に家人の免疫力が低くなってからは特に風邪を引かないように注意をしていたつもり
なのだけど、息子が風邪をひき、家人に移り、お鉢がワタクシに巡ってきた。
ふだんの不摂生は、自分の認識を遥かに凌駕して、体力を落としていたようだ。
悪寒と激しい関節の痛みと喉の痛みでノックアウト。
対処療法でしか無い薬を飲んでも、薬効が切れれば、ぶり返すロンド。
一番の回復があったのは、睡眠時間をとることだったり。
睡眠は大事です、と改めて認識。
殆ど寝てなかったからなぁ。
羅患して数日の間、睡眠時間をとっているので、風邪を引いている割には頭脳明晰なり。
当社比だけどw

e0123825_21272658.jpg

都心まで車を運転するのは危ないかな、と、いざとなったら最寄りの駅で下ろすつもりで
家人の月イチの検診。
風邪をひいていたことは遠因ではあるけれど、数値が微妙によろしくなかった。
本人もそれを自覚していたので、気落ちすることそれほどでもなく。
長めの待ち時間に、風邪をこじらせない程度にお写ん歩。
ワタクシは萎えているのでX30のみでワラワラ写真を撮りながら歩く。
内ナン枚かは、ソコソコ手応えのある画を撮れたのだけど
無駄弾多し。 しょうがないか。

e0123825_21274320.jpg

そうそう、記事にするかしまいか迷ったまま放置していたトピックなのだけれど
X30の鏡筒の口径がちょっと特殊な寸法で、フィルターの選択が難しい。
だけども、アマゾン等で手に入るX10からX30シリーズ用のレンズフード
これがですね、取り付けるネジを切った部分と、フードの部分はばらせるのです。
で、内側にもネジが切ってあるので(それを発見したのでフードをばらしてみた)
もしかしたら、と、なんと52ミリ口径のフィルターが装着できるのでした。

e0123825_21274736.jpg

ということは、XF35mmf1.4Rの口径と同じなのです。
で、フィルターの共用ができるわけですね。
コレは助かります。

X30にしても、明るいレンズなので、日中晴れているときは開放使えなので
NDフィルターとか、PLフィルターとか、揃えるにしても、
コレはどうかな?な感じでしたが、52ミリなら、選択肢が増えるし
お小遣いのムダも防げます。
後は三脚が欲しいかなぁ。コンパクトカメラ用の華奢なものしか持ってないし
元は自転車で出向いた先々で撮る頭しかなかったものだから、ゼンゼン考えてもいなかった。
表現したいことを模索しているうちに、必要な機材も出てくる。
当たり前のことだけど、あまり「モノ」を増やしたくないところでもあるので
細やかな抵抗感があるわけです。

e0123825_21273146.jpg

多摩未満なローカルではなかなか見つけにくいモチーフなのだけれど
街中に出かける度に撮影しているテーマがありまして
そのひとつがReflections
漠然としつつもその場その場で、イメージの展開があったり、と
スタイルは決まっているようで決まってない。
消化不良なカットが多いけど、こんな感じかなぁ
というのが、ポツリポツリ

写真とガップリヨツに組み始めたら、少しずつ見えるものが広がって行く感じが
また、ライブ感になっているみたいで、視覚が皮膚感というか、
感度が上がってるようで、一日の濃度が濃い目。

この生きてるッて感じ、大切ですの〜〜〜〜





[PR]

by jake490 | 2017-04-24 21:35 | 写真、カメラ
2017年 03月 26日

神代植物公園

不健全かつ不精な生活を送っているワタクシ
流石にこのところの寝不足が堪えているところなので、朝はゆっくりしたかったのですが
息子が休日出勤なので、早起きして、いろいろと。
今日のメインは撮りためた写真の整理とかで、マッタリだな〜〜〜
とタカをくくっていたら、家人から植物園の温室にいこう、とオーダーが入りました。

e0123825_23352659.jpg
もともと、花の名前もろくに知らないわけでして、その割には路傍の花など撮影しているわけで
それならば、もう少しツッコミいれてみようか、という流れで、
温室に行こうと誘っていたのですが、いつもツレナイ返事なので、温室のおの字もわすれてました。
今日のように寒の戻りで気温が低く雨が降っているので温室で写真を撮るにはいいかもしれません。

e0123825_23352908.jpg

神代植物公園までは車で40分ほど
流石に寒い雨の日なので人気もまばら、夫婦ともども体調今一歩なので、直ぐに温室に向かうつもりが、
ついつい、ちょこちょこ咲いている花や蕾を見かけると、ちょっとだけ、といいながら
結構しつこく撮影したり、と、身体がガンガン冷えまくりでありました。

e0123825_23353893.jpg

去年だったかリニューアルしたての大温室は、冷えた外気から遮断され、快適そのもの。
早速、撮影を、と意気込みましたが、カメラが冷え切っているので、レンズが曇る。
はやる気持ちを抑えて、暫く休憩。

e0123825_23354253.jpg

カメラが濡れたことを気にする家人。
やっぱり、防塵防水なカメラにしてよかったナ
折を見てレンズも防塵防水なズームレンズを手にい入れよう、よいうハナシになった。

で、ワタクシのブンはというと、何故か有耶無耶な.....腕でカバーしろ、とか
言っている意味が分かりません Orz





[PR]

by jake490 | 2017-03-26 23:34 | 写真、カメラ
2017年 03月 24日

紅梅に四十雀

望遠レンズは持ってませんが、ソレはソレで。
おデブなのにやせ我慢w
アップな野鳥の姿はこれからのお楽しみとして、
点景のなかに、ポッといる野鳥の姿、野鳥のいる風景が、ワタクシもソコにいるヨ
的な、自分も其の視野の中に内包されたような感じも悪くないと
自転車もモーターサイクルも同じことなのですが
風景と一体になる感覚が好きなんだと思います。

e0123825_00405647.jpg

せっかちというか拙速で取りこぼしがちなのですけど
其の場所の空気感とか温度感をカラダに染み付けながら
景色を傍観しているうちに
ぽつんと沸き立つ感覚に導かれてレンズを向けるわけです。
其のときにシンクロしてくれる機材があれば良いと思うのです。


機材については、習熟もせず、本来のポテンシャルも引き出せぬまま
さらに高性能な機材を手に入れるような
絵に描いたような宝の持ち腐れ、豚に真珠のようなことを若い時分は
そんな愚かなことをしてきたので
同じテツは踏まず、
エラそうにいえば、機材が自分についてくるぐらいの
真摯に技術や感性を磨きたいと

そんなときにたまたま手にしたX30が丁度ピッタリだったという、
ある種、幸運な出会いであったように思います。

こういう画が撮りたい、と思う気持ちが熱望にかわり飢えに近いものに変わったとき
ソレにふさわしい機材が手元にあるように....


まあ、そうはいっても、チャンスがあれば何時でも手に入れたいよねぇ
やっぱしw
堂々巡りか.....




[PR]

by jake490 | 2017-03-24 23:39 | 写真、カメラ
2017年 03月 23日

梅に百舌鳥

多摩未満な地域の梅は殆ど終わってしまったが、多摩の里山に進行すると
終盤で花のカタチは悪いけれど、まだまだ梅が踏みとどまっていた。

e0123825_23115747.jpg

このあたりで見れる梅は食用の梅を栽培するもので、庭園の梅も無くはないけど
季節の生活の中での花、な、多摩未満で暮らし始めて身近になった花でもある。

で、そんな梅の枝に、野鳥なんて殆ど知らないワタクシが、
尾羽根をクルクルまわす大型の雀みたいな鳥が
なんと百舌鳥であることを知り、すごい!コレが百舌鳥なのか!!!!と
以来、冬場になると姿を探してしまう.のだが
意外に冬場にばったり出会う鳥なものだから、
勝手に親しい鳥と任命したものだ。


先日新宿でストリートスナップをして感じたことだけど、
街の中はある種スピード感で撮影していくリズム感で
こうした、野山のフィールドは、暫く観察していると見えてくる新鮮さ

ジツに面白いな。
自分の中に溢れ出る化学反応、何が起こるかわからない。




[PR]

by jake490 | 2017-03-23 23:14 | 写真、カメラ
2017年 03月 21日

Shinjuku A street for 15 minutes.

いつも通過駅な新宿。差しあったって用がないからだけど。
所要があって、西口から目的地との往復、急いでいるので正味15分ほど。
地下から地上に出た途端、ゴッツい白人男性の女装姿にばったり出会うというクリティカル。
新宿スゲ〜

e0123825_15095931.jpg
バッグからX30を取り出して、何時でもOK。
何時でも珈琲なポットで、カフェイン摂取何時でもOK。

e0123825_15094813.jpg

e0123825_15095348.jpg

e0123825_15101782.jpg

e0123825_15121747.jpg

速歩でチャッチャと、視覚と皮膚感で、反射的にシャッター切るのだ。





[PR]

by jake490 | 2017-03-21 15:14 | 写真、カメラ
2017年 03月 20日

新宿トンボ返り

土日、ロケに出かけたりと外出案件多しだったので、連休最終日はオウチで。
なはずが.....
家人のAF合焦音がオカシイ、と思ったら、AF,MFの切り替えが効かず
ついにはボディがレンズを認識しないしない状態になってしまった。
という事件が起こりまして。

e0123825_00072980.jpg

おそらく、重大なトラブルではなく、何かしら設定を変えてしまったとか、
些細な原因で、大慌てしなくても良かろうものなのだが
ドコを弄っても復旧しない。
なんたって家人のカメラである。
即座に復旧しないと.....

とはいえ、ワタクシのカメラよりも遥かに高機能なカメラなので、
容易ではないのだが
どうもカメラがレンズを認識していないのでないか....

グダグダいじっているうちに時間を浪費するのも嫌なので
それに故障なら即修理したいわけで

ともかくネット購入した実店舗に持ち込む
電話やメールでやりとしている時間と
京王線で新宿の実店舗でやりとりする時間と対して変わらない
次の一手も早い。
それで手っ取り早く解決だ。

というわけで、カメラをバッグに京王線に乗り込んで一路新宿へ。

初めて訪れる店舗は思いの外こぢんまりしていて
なんかネ アヤシイ舶来ブランド腕時計屋みたいな、そんな感じ。
マジ、ここなの!?
と、これまたちっこい僅かな定員のエレベーターで店舗に入るわけで
まあ〜〜、結構フロアには客が多くて盛況ぶりぶり。
店員さんがダークなスーツ姿でまたアヤシイ雰囲気がw

で、手の空いた店員さんに即相談開始。
やっぱりね、レンズとボディの接続がうまくないのと
ソフトのバージョンの絡みとか
サードパーティ製のレンズにはたまにそういうことが有るらしい。
ボディは、PENTAX製のレンズを何本か試してみたけれど
全く問題がなかった。

そうとなれば一安心。問題はレンズ、と切り分け出来た。

即刻、新宿から京王線に乗り込みバックホーム
自宅から最寄りのネット購入したチェーン店にクルマを走らす。

夕食の買い物も有るし、自分の目でも確かめたい、と家人も同行。
既に何回か装着したり外したりしているうちに原状復帰していたので
接続部分の他の問題の有無と、修理すべきタイミングの問題だろう。
家人としては、撮影できない期間は短い方がいい、と熱望しているし

で、いろいろチェックしながら話し合って得られたことは
きちんと装着できてなかった可能性が濃厚で
新宿の店の所見と、まま同じかな、と。

堅牢で良いカメラをお持ちですから、カメラ楽しんでくださいね。
とスタッフさんにいわれて、
ようやくマトモなカメラであることを認識したようであるw

選んだ理由とか、作例満載のインプレ記事とか
ちゃんとプレゼンしたのに、馬耳東風だったな。

ともかく、運搬時のダメージが少ないようにクッション性のあるバッグ欲しい
と、大蔵大臣発言。

まあ、家人が縫ってくれたリラックマのキルト生地で作ってくれた巾着ケースがあるからネ
とりあえず軽量な単焦点レンズと最軽量のボディ構成なので良しとてますがね


チェーン店で勧められたインナーバックは在庫がないので、
おそらく八王子の大型チェーン店に行けば在庫は有るのだろうと思うけれど
駐車場代バカにならずで
いつも行くマーケットの上が小さいながらも大型チェーン店ですので
食料の買い出しついでに寄ってみると
現在の構成にピッタリなカメラバッグを発見。
オマケにQちゃんがサイドポケットに入るという
まさに家人のためにあるようなバックを購入するという。

ちなみに、くどいですが、余り物のリラックマのキルト生地で縫ってくれた....
ええ、もういいです、裏山しいなんて......思ってますから

かくして、また同じような症状が出たら、接合部を確認、付け直しするなど、
対策が分かりました。
とりあえず、修理すべき案件ではなさそうなので一安心、というところでしょうか。






[PR]

by jake490 | 2017-03-20 23:07 | 写真、カメラ