空のむこうに ~自転車徒然 ほんのりと~

jake490.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:イジる( 109 )


2017年 11月 27日

メンテの行き届いた自転車は快感の塊

まるで見捨てられた如く、汚れて手の入れられていない我がMTB
流石にチェーンのオイル切れは無いけれど、泣けてくる。
弄る時間が無かったといえば、アレコレあったので、しょうがないな~
でも言い訳だよな〜

e0123825_11142919.jpg

懐具合はいつも厳冬期だが、ココはひとつ、弄る時間よりも乗る時間をとOHを依頼した分もある。
実際、Fサスのオイルシールだのオイルだの、のサスペンションのOHメンテナンス
BBもお亡くなりになっていたし、
段数の少ない用高級チェーンは廃盤だったかしら、なので、普通のチェーンに交換
安全にも直結する、ブレーキ関連の性能向上については
主に、長い下りで、制動力がヘタってくるのが嫌な感じであったから
前出のとおり、セミメタルパッドに交換。
M店長曰く、熱が入ってくると差が出てくる、ということで目論見通りになりそうな予感。

3枚あるクランク・ギアのアウターは使わなくなってから久しいトランスミッション系も
欲を言えばリニューアルしたところだけれど、ビジョンがない。
デイリー、ツーリングユースとしては、極稀に、
炎のアウタートップで喰らいつく、最大戦速なシーンがあるので、ま、いいか〜

スニーカーでも乗るよなぁ、と片面SPDなXTペダルも、外見は、既に死んでいる、有様。
結局、いつもSPDシューズでしか乗っていないので、使い勝手がよい両面SPDペダル。

トレンドなところではFabricのサドルに交換したぐらい。
シェイプは市販時のサドルに近いが、フラットな方向へ。
ロードではアリオネだけれど、MTBではオシリで荷重をかけたりする力を逃したくないので
ちょうどいいかも。

後はパブのオーバーホールとか、所々適切なメンテナンス、交換をして跨ったMTB
もう別モノでしたわ。

体感的に一番は、走りが軽い、車重が軽くなったようなフィーリング。
ギアチェンジも軽く正確だ。部品をアップグレードしたみたい。
取り回しやすさもアップ。

嗚呼〜〜〜ええな~ぁ
返せは、ソレだけボロクソ状態だったッて、事は忘れておこう。

後は、まだブロックが残っているタイヤがすり減った頃にタイヤ交換するだけ....かな。
モノ欲は無いわけじゃないけど。

兎に角、安心して乗れる状態になったわけで、走れる身体に戻すのだよねぇ。
楽しみはこれからだ❢





[PR]

by jake490 | 2017-11-27 23:13 | イジる
2017年 11月 21日

妄想しているウチにOH完了す

友人諸兄から、アドバイスなどいただいて、背伸びせず、乗り方に合った部品に
と、心に決めたのだが、ひとつアイデアがひらめいたので
ショップに問い合わせてみようと思ったら、OH完了下との連絡が入ってしまった。
決断力の無さが故の無駄な出費を防げた、という格好だナ。

e0123825_00582637.jpg
仕事は定時退社で消化できる状況じゃないのだが、ね
ホントにイイのかな、定時退社で。
こんなワタクシでも信頼してくれるお客さんの顔を思い浮かべると暗澹とした気分だ。
まあ、明日はバトルだな、カイシャのホウシンってヤツと。
なので、OHが終了した我がMTBを一目見て、エネルギー充填だ。
引き取りは今週末になる。

で、懸案のブレーキ関係だが、当初の打合通り、パットをサードパーティ製に。
メーカー名を失念してしまったが
今までのレジンパットからセミメタルパットに材質が変わる。
ヘヴィメタルじゃなくてセミメタル。なんとも中庸感半端無いw
駄菓子菓子、ショップスタッフが実践で使用して効果がでているということで
キャリパーの剛性が違うだろうけど、
たまに里山ライドなワタクシには現行の効き具合より少しばかりでも上がっていれば御の字だ。
レジンよりローターの減りが早いだろうが、メタルよりも遅いし、いい線なのだろう。
嗚呼、早く乗りたいナ。





[PR]

by jake490 | 2017-11-21 23:56 | イジる
2017年 11月 18日

どうせOHするならば、と妄想してみる

過去、複数台のモーターサイクルを所有して、維持費とメンテナンスと、週末はどれ乗るん?
とかとか、喜びと葛藤と苦難を同時に味わった独身時代の反省として、
自転車は増やさない、と心に決めていたわけだが、
舌の根も乾いた頃を見計らって、買ってしまったMTBなのである。
守備範囲は日常生活から通勤、里山ライド、もしかしたらレースまがい。
機材の変遷が激しいMTBであるので、オールドスクールな26inchハードテイル。
もっとも、29、とか650Bは未だ無い時代のモデルである。

e0123825_17285390.jpg

機材の進化や革新は望むところだが、長い時間練られて使い続けてきたオーソドックスな機材は懐の深いものでもある。
また操る技量もソレナリに求められるのも、練度を上げていく楽しみもある。
まあ、ジコマンだけどなぁ、上手い下手も楽しけりゃいいんだよ。

最近は、自己追求的な欲求が強くなっているので、求める機材の趣向もかわってきてる。
レーシーな機材というよりは、自分の技量がはっきりする機材、なのかなぁ
と漠然とした考えの中に埋もれている。
で、ひとつふたつ、コレは自分の世界観だナ、と思う自転車はあるのけれど、
先の反省点からして自重。

せっかくOHする機会なので、もう少し案を練ってみると
プアに感じているのはやはりブレーキが気にならなくもない。
ブレーキレバー形状とかアジャスターとか、もうちょいフィッティングしたい旨もある。
ローターは、未だ持ちそうなので、いよいよの時に、アッセイごと交換なのかなぁ。
ブツブツ.......
とりあえず、パットの銘柄を変えることになっているけれど
キャリパーとかブレーキレバーとか、チラチラ眺めている今日このごろ
妄想は楽しいw





[PR]

by jake490 | 2017-11-18 23:27 | イジる
2017年 11月 17日

SL2はOHになりまして

e0123825_14552869.jpg

自転車乗りにあるまじき放置プレイだった我がMTBであるが
最近少しばかり、短時間なら乗る期会も出来つつあるし、お手入れしなくっちゃナ
と思った矢先、このまま放置したら、後でエライことになりそうな箇所を発見。
それに、アチコチ、これはイカンだろう、というところもありまして
当分山も走れそうもないから、まぁいいや〜〜〜
なんて甘い考えに浸っていたものだから、のんびり構えていたのだけれど
もう猶予ならん、と。
くしくもオーバーホールキャンペーン期間にはいっていたので、 OH入院となりました。


型式が古くなった26inchホイールでクイックレリーズなハブなSL2のFサスを
アップグレードしたい旨にロックショックスを掘り出していただいたM店長に依頼。
いつもなら、こういう走り方をしたいから、こういうパーツに変更したい
とか、いうパターンなのだけど
今回は、走っていないのでなんにもイメージがない......

なので、完全にメンテナンスモードでのOHオーダーで
現時点では、流石に傷んだよな、なサドルをFabricのスクープのシャロウに。
カタログではネオングリーンぽいのだが、実際には黄色っぽい、というので
挿し色グリーンのCannondaleカラーぽく。
と、XTツーリングタイプのSPDペダルをMTBタイプのお手頃SPDペダルに。
後は、メンテ時に生じる交換部品ぐらいな感じです。

ブレーキキャリパーとかも気になるところだったのだけれど、
街乗りには十分過ぎる効き具合でもあるし、
サードパーティのブレーキパッドが効きが良いというので、まずお試ししてみるか、と。


お店に訪問したのも超久しぶりで、レジ後ろにチャンピョンジャージがフツーにかけてあるのが
またよろしいのだけど、
ロードレースを盛り立てていくなら、もうちょっと強めにアピールしてもいいんじゃないか
とおもったり、
専門性が高いショップゆえに、お客さんはもう知ってるよ、的な扱いなのかな、と思ったり。
選手を育成しているとか、地域に貢献しようとしているショップは熱量があって良いですな。

フトコロ具合からすればコスパに優れる買い物の仕方はありますが、
こういう熱量のあるお店の空気に触れることはお金に変えられない得難いものもあるわけで
そういう関わり合いがなかったら、CAAD9に乗っていなかったと思うし、
その後知り合いになった自転車仲間にも出会うことがなかったわけですし、
微々たる金額ではあっても、それが選手を育成したりする元手の一部になってたり、するよね!?





[PR]

by jake490 | 2017-11-17 23:54 | イジる
2017年 05月 29日

VOLT800買ってきた

ボケボケなので不明なことが多いのだがVOLT300が無くなってしまったのは確かなのです。
高価なライトをなくすなんて、大バカ者ですね。
でも、通勤の夜間走行の多くが街灯のない区間を走るのでしっかりとした光量のライトが必要。
もう、昔の提灯ライトには恐ろしくて戻れません。

e0123825_23354812.jpg

VOLT300でもそうですが、光量はミットレンジがほとんどで、100lumen
それまで使っていたエコノムフォースのローよりも明るく照射範囲も広かったので
光量はもうちょい欲しいところだけれど、状況把握しやすい感じだった。

懐具合からいうとVOLT400で手を打つべきなのだが、ミットレンジの光量は同じであるものの
配光がスポットらしく、見えづらくなるのではという懸念があった。

というわけで、VOLT800の評価をネットで検索するとミッドレンジが200lumenと明るく
配光もワイドらしい。
長時間点灯するミッドレンジの塩梅が良いことはジツにありがたい。

それとハイモードをを使うときのシチュエーションはハイスピード走行時というよりは
多摩サイの土手上を走る際、対向車のライトで歩行者やランナーが隠れてしまう時に使う。
どういう感じかというと、
夜の交差点、赤信号で停車中、対向車のライトのまえを歩行者が横断しているシーンを思い出して欲しい。
ライトに幻惑されて歩行者は見えなくなる。
多摩サイの土手下を並行して走る車道の対向車のヘッドライトはまさにこんな感じ。

ハイモードが300lumenから800lumenにアップしたので、対向車のライトが眩しい区間は
これで対応かな〜

ちなみに小型のLEDライトなどを持っている歩行者ランナーも残念ながら殆ど見えません。
有効なのは反射板とかの素材を身に着けていたほうがよく見えます。
ご用心。





[PR]

by jake490 | 2017-05-29 23:36 | イジる
2017年 05月 08日

身の回りのデジタルガジェットが進化したものだから

久しぶりに連続して自転車に乗ってみると、アレコレ補修しておかんとなぁ
と思うモノがチラホラありまして。
だけども、、最も補修しなければならないのは己の肉体であるのには間違いない。

e0123825_13073569.jpg

自分の体はさておき、MTBなので、ついてればそれで良い、と思っていたサイコンだが
VOLTシリーズ(ワタクシのはVOLT300だけど)で点灯するとサイコン死にます。
おそらく、デジタルワイヤレスなサイコンに変えれば、解消すると思われるのですがね。

で、とりあえず、品揃えのあるワイズロードで実機を見ながら検討するも
デジタルワイヤレスのサイコンって、意外に高価なんだナ。

というわけで、ガーミンの生活活動計も使っているので、一番コンパクトなエッジ25あたりで手を打とうと思っていたわけです。
そんな時、LEZYNEからGPSサイコンが発売の運びとなり、結構リーズナブルな価格設定。
エッジ25を買うなら、こっちのほうがいいわ〜♡
と、思ったので、本体と、ソフトウエア、ネットの使い勝手など、調査進行チュ〜

つなぎというわけではありませんが、CAAD9と共用(ほぼCAAD9用)に用意したATLASが眠っているのを思い出し、使わん手は無いなぁ、と。

ATLASのナニが億劫かというと、ウインドウズのみに対応なので、Mac使いのワタクシ
安定のブートキャンプで対応するわけですが、やっぱり、旧態然とした痒いところが痒いままなソフトウエアだと、ノリが悪いのです。
これしかない、ときはこれでよかったのですけどね。
駄菓子菓子、とことんあるものは使わないとモッタイナイ。

考えてみれば、不自由な点もあるけれど、知らぬ土地へ行くときのナビはスマートフォンでできる。
フィジカルなデータは生活活動計でデータ化できるし。
走行データのあらましはSTRAVAでできるし。
と、ATLASの弱点は補強できるわけで。

逆にそれ以外はいろいろと便利なATLAS。
じゃぁLEZYNE買わなくてもいいっかw

まあ、そうはいっても、LEZYNEのGPSサイコンはバッテリーの保ちも良さげだし
ガツガツしないで、機が熟すのを待つ、でいいでしょう。





[PR]

by jake490 | 2017-05-08 23:06 | イジる
2016年 11月 28日

タイヤのローテーション(交換タイミング)

FBで話題になっていたので、ワタクシの覚え書きなんぞを、記録しておこう。

e0123825_00480350.jpg
(写真は本文に全く関係ない、初めてお台場にGUNDAM建立したときのものwwwww)



ぶっちゃけ、結果的には、人それぞれ、好みでやりたいようにやればいいと思うw
駄菓子菓子、基本的な法則はあると思う。

①リアタイヤが減ってしまったら、フロントのタイヤをリアタイヤに、フロントは新品に

これが、王道だと思いますね〜 とっても理にかなってるし、経済的にもヨロシイです。
ワタクシも基本コレでした。

すり減ったリアタイヤをフロントにもってくると、それほど減っていないと思ってはいても
駆動輪の摩耗の仕方はフロントとは違うので、走行抵抗云々も影響あると思いますが
最も違和感を感じたのはハンドリングが悪くて不快、であること。
コンパウンドが硬化してグリップが落ちていること。
などから、リアタイヤをフロントにもってくるのはチョイと違うんじゃないかな、と思いますねぇ。

② フロント1回リア2回がワンサイクルなタイヤ交換。
フロントを後ろに持っていかないで、リアがすり減ったらリアを新しいタイヤにすること。

ブロックパターンのMTBタイヤは特にですが、グリップの高いタイヤとか、消耗が早いレーシングタイヤなどを使うと、圧倒的に駆動のかかるリアタイヤが消耗してしまいます。

海苔味がしなやかでコントローラブル、しかもグリップがいい
なんてタイヤのケーシングの特性も含めたタイヤは消耗と劣化が早かったです。
そういうのもレーシングタイヤの特徴のひとつですね。

ですので、フロントがいい感じに馴染んで安心感があるうちにリアタイヤがすり減るという
カタチになってしまうので、フロント1回交換の間にリアタイヤ2回交換してしまうことが
PRO3を使っているころは多かった。


③フロント、リアともに交換

今、まさにコレですね〜
コンチネンタルGP4000SⅡです。
なかなか摩耗しませんので、摩耗よりもゴムの劣化で亀裂が先にくる、という。
なので前後共に交換です。

このタイヤのついての評価は、ポピュラーなタイヤですので、ネットで検索していただければ
多くの声が聞こえると思いますので、割愛させてもらいます。


で、ザックリまとめちゃうと

冒頭どおりになっちゃうのだけれど
ロードバイクの場合、タイヤはケチってはいけません。
いいタイヤの乗れば、その差を体感できます。
もし、出来なかったら、そこそこのタイヤでw
そのうち分かるようになります。

で、どのタイヤも使えば劣化します。
使おうと思えば、ケーシングの繊維が出てくるまで使えるし
1000kmそこらで初期性能落ちたな〜とか
そうなっても、お小遣い無いから、もっと使っちゃうとか

ただ、やっぱり、リアをフロントにもってくるのは、
モロにハンドリングが悪くなったことを、走っている間中感じ続けるのは不快なので
やった時期もありましたけど、やらなくなっちゃいました。

突き詰めていくと、フロントとリアとタイヤに求められる性能が違うので
専用タイヤも出てきてますので、ローテーションの概念は今後どうなるかな、って。

専用タイヤではなくても、例えばミシュランPRO4の海苔味が好きな人なら
フロントを高グリップタイプ、リアをエンデュランスタイプにしてみる、とか
自分なりの答えを出していくのも面白そうですよね。

使っているホイールとの相性とかもあるので、タイヤ選び、使い方
突き詰めていけばどこまでもwwww


ワタクシの場合は、ミシュランPRO3からコンチネンタルGP4000SⅡにしてから
ずっとコンチネンタルのままで、ゴムが劣化のため交換せねばならないのですが、
ちょいとモデルチェンジ?かお値段お安くなっていたMAVICのタイヤを仕入れています。
これは前後専用タイプ。
楽しみにしているのですけど、なかなかロードに乗る期会がないので、放置したまま。

ありゃりゃ〜〜〜〜




[PR]

by jake490 | 2016-11-28 23:46 | イジる
2016年 11月 02日

スマホ買い換えました。Xperia です。

e0123825_17051335.jpg

アイドルコストが上がるのが嫌で使う気も起きなかったスマホですが、
息子が格安で利用できる方法を教えてくれたので
そんなことなら、と、データ通信メインでスマホ、会話をガラケーという体勢に。
今は料金システムや料金が変わったので、年縛りの解けた家人や息子はスマホに統一
ワタクシも年縛りが解け次第ガラケー解約の予定です。

イラストレーターやフォトショップがウインドウズで動かない時代からずっとMac使いですが
そのシステムにiPhoneが対応していなく、
近頃は対応するiPhoneも販売されるようになりましたが、
ユーザーエクスペリエンスを味わいながら使うには、コストパフォーマンスが…….
まあ、OSの作法の違うガジェットを使うことで、ある意味利便性を失うところもありますが
思考回路の刺激になることでしょう。
効果は出ているかわからないけどw

年明け辺りに買い換えるつもりだったのですが、息子情報により、待ちに転じ今秋に
機種選択は息子にお願いして、候補がいくつかありまして、
いよいよ発売でスペックが新たになり、ワタクシの使い方ならXperiaでしょう、と。
ある意味PCオタクな息子からすればおすすめの機種はまた別であったようですが。

ワタクシ的にはLEICAと開発したカメラを搭載したモノと迷いました。
メインはカメラで撮影すれども、スマホのカメラも写りが良いことに越したことがないわけで。
で、スマホでLEICAならば、よりLEICAらしい技術、思想を反映したパナLEICAを買ったほうが
よりLEICAに迫れるのではないかと。
スマホに搭載したLEICA設計のカメラよりも、
LEICAライセンスのレンズを搭載したカメラがより世界観を自分の中で展開できるかな、と。
即ちLEICAを使いたきゃLEICAを手に入れよう、ですね〜
そんな訳でXperiaです。

で、慌ただしい中での撮影ですが、とりあえずの試し撮りを一発。

e0123825_17051919.jpg
おまかせオートで

e0123825_17052456.jpg
今流行のぼかしコントロール
2枚写真を撮影して合成するのですね。


第一印象は色味の成分が足りない感じだけれども
セッティングが出れば、もっと良質な写真になるかと。


スペックは
2300万画素1/2.3型裏面照射型CMOSセンサー「Exmoor RS for mobile」
F2.0広角24mm「Gレンズ」
 ↑
因みにX30は、1200万画素2/3型X-Trans裏面照射型CMOSセンサーF2.0広角28mmスタート

でここで驚きなのは
「レーザーAFセンサー」と「RGBC-IRセンサー」と距離計測、色センサーそれぞれ
レーザーで距離計測なんてびっくりポン。
暗所でのピント合わせがどうなのか、試すのたのしみだな。

また、カラーバランスも、今のところ違和感なく、
富士フィルムのカメラは、カラーバランスが良くて、その場の雰囲気を撮れる、撮れ高が高い。
今までのは、簡単に破錠してるから雲泥の差だね。
これも撮り続けているうちに色々と分かってくるでしょう。

十分にサブカメラになってくれそうです。
コンパクトカメラの需要がさがるのは、良くわかったナ。
35mmだけのときは、画角が合わないモチーフのスナップにも使えそう♡


それと、もう一つ大きな改善点。
今までは旧いOS、旧いインターフェイスだったので、手持ちのガーミンに接続できなかったのだけど
これで、通信できるようになり、vivosmart HRをより有効活用できる。

これからフィジカルをリビルドしていくには丁度いいタイミングだ。


とうぶん、というか、ハードの不具合が出るまで使い続けるようだから、
大事に、使いこなして行きませう。





[PR]

by jake490 | 2016-11-02 17:09 | イジる
2016年 09月 19日

アライメント調整したら……

勿体ないことをした…..これに尽きる。

e0123825_11435527.jpg


子供も成長し、家族旅行など、大仰な家族イベントも激減するし、ケーキも悪いし

オイル漏れを修理しつつ、傷んできた各部をメンテナンスしながら維持していくのもなぁ

大変気に入っていたNA2.5リッターエンジン、ビルシュタイン足回りのレガシイツーリングワゴン
車検を機にイキナリ手放すことにして幾星霜。

この頃から、生活をシンプルにしたい、というか、あれもこれも、という貪欲さに嫌気が差し
そんななかで、車無しの生活でいいや、と思いつつも、家族の生活スタイルを考えると
やはり、自家用車はあったほうがいいという判断で
その後、起こった色々な出来事からすると、やはりあって助かったわけではあるが、
もう、お値段安い中古の軽自動車になったわけである。

中古車の軽は結構割高な値段で、お安く、という仕入れ値を決められた以上、
あまり状態の良い車はそう簡単に見つからない。
いくら安くても、乗っていて悲しくなるような車も、そりゃないでしょ。
で、固定費があまりかからないで済んでいそうな店舗で、コンディションはアヤシイけど
もう時間無いし、と、ケツに火が着いてしまったので、買ってしまった。

やっぱり、走ってみれば、まあ古い軽自動車ならこんなものでしょう。
と、トルキーなエンジン、シッカリとした足回り、ガッチリなボデイ剛性な車からの落差たるや。


んで、あまり感心が無いものだから、メンテナンスもオイル交換時期を忘れてしまったり、
ワックスがけも殆どやらず、
まあ、天気の良い日は自転車に乗っちゃうからね〜
乗れば、清掃メンテなどして休日は終わっちゃうし

それに、不具合があっても、車検に通ればいい、みたいな、車のメンテコストに厳しい家人の目があったこともある。

そんな仕打ちを続けて続けたあげく、最近いよいよネを上げ始めたので、
ここらで、きちんと整備しよう、と申し上げれば、家人に、物の扱いが悪すぎる、と叱られた。
まあ、これは予想していたし、コレがストレスだから、まあいいや、と流れ流れての今がある。

叱られるのも説明責任と思えば、それでいいし。
これから逃げていたから、ここまで車が傷んだともいえるから
やっぱり、自分の責任なんだな、と。


前置き長くなっちゃったけど

コレはなおした方がいいですヨと直さなきゃヤバイです
というところを整備して貰ったわけです。
でも、それは、結構些細な整備箇所とも言えるファンベルト関係にまつわる部品交換と、
その時に下回りを覗いたら、タイヤの偏摩耗が著しいので、
アライメントを調整しないと、ヤバイです、とのことで、それでは調整しましょう。
片減りしてしまったタイヤでは危険なので、4本タイヤ交換しましょう。

と、それでも経費を抑えたく、タイヤは安いやつでいいよ、安いのでお願い、という
ロードバイクはソコソコにいいタイヤを選ぶくせに、と、車が不憫でならないが
いたしかたがない。


まあ〜〜〜〜〜整備が終了して、甚だ遺憾な気持ちに打ちのめされることになった。

というのも、エンジン、ミッションの不具合だろうと勝手に思っていたのが、
実は、ファンベルトとプーリーに主因があったのと
やっぱり、なオイルプレッシャーインジケーターの接触不良
これはセンサーばかりでなく、コネクタの接触不良もあって、エンジンが逝っちゃってたわけじゃかた。
再びオイルプレッシャー点灯したのは接触不良。
整備後、エンジンがそれなりに静かになったのと、本来のパワーを取り戻した感がでてきた。

それに、アライメント調整し、新しいタイヤを履いたわけだが、
店のスタッフ情報だと、タイヤのサイズが特殊でスポーツモデル系の寸法で、安いエコなタイヤのサイズが無いらしい。
セールなタイヤが無いので、地味な価格のタイヤを、今まで履いているタイヤで良いですかと謝られながら装着するのだが、
このタイヤ、POTENZAのOEMらしい。
道理でグリップが良かった。てっきり車体が軽いからグリップ感があったのだと思っていたのだよね。

車を受け取って、乗り始めた瞬間にわかる、足回りの向上。
直進性良く、ハンドリングのレスポンスよく、なんたるや、凄い変わり様。


代車の新型な軽自動車に、ワタクシんちの車はそれなりのスペックながらも、もうヘタリ過ぎてるのね。なんてかなりがっかりして、暗くなっていたのだけど、
この走りは一体何! どうしたの。 ゼンゼン良いじゃない!
こんなにもヨロシイのなら、現役続投ですヨ。

いままでケチったばかりに、随分遠回りしたもんだ。

車はバブル期に設計され生産されたものだから、コストはかかっていると思われる車体。
一応メーカーの言うところには、軽自動車の手法ではなく普通車、レガシィの設計と共通コンセプト
と、ナマイキなことをの賜っている。
スーパチャージャ付き4気筒DOHCハイオクガソリン仕様のエンジンにセミオート的7段変速付きCVTミッション、前後ベンチレーテッドディスクブレーキ、四輪独立懸架サスペンション
とスペックだけはなかなかのものである。

そのスペックの片鱗を感じさせる走りになってきたのはジツにウレシイ。
と、同時にコレだけの整備を予めやっておけば良かったと、後悔しきり。

なものだから、勿体ない思いと同時に日々の流れな車の運転がちょいと楽しい。







[PR]

by jake490 | 2016-09-19 22:43 | イジる
2016年 06月 26日

折りたたみ小径車が欲しい、というので



知り合いの女性、まあ、勤め先の女性社員ですがw
クルマで目的地へ行って、そこから自転車で観光するのに小径車が欲しい
と相談を受けました。
とまあ、社内でも自転車好きで通っていますので、時々このような相談を受けます。

詳しく話を聞くと価格は出来るだけ安く、カワイイのが欲しい、などなど
なかなかハードルが高いw
本人はホムセンで売っているぐらいの値段で、手に入れたいらしい。
が、それだと、モノ的には良くない、ということを薄々感じてる。

なので、まず、クルマで行くのなら、クロスバイクの前後タイヤをはずして
後部座席とかに放り込んじゃえば、今持っているもので良いんじゃないの?

というと、タイヤをはずすのは、かなり女子的にハードルが高いらしい。
教えてあげるから、一度やってごらん、簡単だから
といっても、相手は頑なである。

小径車かぁ〜〜〜
折りたたみかぁ〜〜〜

まあ、最初から引導を渡しちゃいます。
小径車は贅沢モンが乗る自転車だぞ〜〜〜
なぜなら、良いもん買わないと、他の自転車より走らんもん。

カワイイければそれでいい〜〜

まじですか!
もうちょっと詳しい話をすると
安い自転車は重いの。
小径車でもママチャリ並に重い。
それを折りたたんで持ち上げて.....辛いでしょ。
それに、言っちゃ悪いけど、見た目だけで走らん自転車だよ。


いやいや、マニアなあなたが求めるほど走らなくてもいいの〜


違う違う
マニアも何も、安いとはいえ、ママチャリよりも高くてママチャリよりも走らない
そんなもん、買っても、結局その場限りになっちゃうんじゃないかな〜
だがら、安くてそこそこ走れるモノ、と言ったら、下限の価格を上に上げないと。

高いのはいらないかな〜〜〜

なんとも、無理難題。
しょうがないな〜〜
じゃあね、デザインは兎も角、謎なメーカーではなくて安心の日本メーカー
お、あった、ブリジストンのコレだな。
でも、重いぞ。
じゃ、もうちょっと、軽いので、となると、パナのコレだな。

と、Macの画面に写る小径車を見せていく。
まあ、欲しい、カワイイデザインじゃないのだろうね〜

喉から出そうになる言葉を飲み込む。
安くていいモノ、ってのは基本的には無い。
そこそこの値段でそこそこに良い物。
その、そこそこさ加減に面白さがあって、楽しめるモノは、それの使い手にとって良いモノ。

ま、いいか。




[PR]

by jake490 | 2016-06-26 00:26 | イジる