カテゴリ:ハシる( 383 )


2017年 01月 22日

真冬だというのに春を探しにポタリング

この週末は、すっかりお疲れちゃんで、ハワイアンキルトの針が止まってしまった家人のフォロー
第二弾は、温かい陽射しな日曜日なので、家人が見つけたという、蝋梅を見に行くというポタリング。
何を隠そう、たって隠すものなど無いのだが、今年お初の自転車ライド。
家人の案内でうらうらのんびりと、市街化の進んでいない鄙びた土地と里山へ。

e0123825_21304129.jpg

ご近所の探検ポタリングはGPSとかスマホの地図は使わずに、気の向くままに
そして、わざと迷う。
なのだが、目的の蝋梅ぐらいは案内してほしかったのだが、ドコかわからなくなっちゃったらしいw
駄菓子菓子、ひだまりのような南面の路肩にもう小さな春が勢いついておりまして。
もう、今日の目的は達したナ、
あとは昼寝だ、
みたいな気分の脱力感が心地よい。

e0123825_21304634.jpg

ローガンに鞭打ってマクロ撮影頑張ってみるが、ポカポカですもん。
ほどほどに。
ナズナ?ホトケノザとか、オオイヌフグリとか、しっかりと咲いておりました。

e0123825_21305116.jpg

寒いから買い物ぐらいしか出かけていないという家人でありますが
足を伸ばして蝋梅を見つけてきたり、ちょっとした点景をカメラに収めてきたり
体育会系ではない彼女には電動アシスト自転車が、素晴らしいアシストぶりで
坂道の多いこの地を物ともせず、なにやら動き回っている様子。
特にQちゃん(富士フィルムのデジカメXQ2)を手にして以来、ちょこまかと。

e0123825_21305683.jpg

旧道から農道へ踏み込むと未舗装となるのだが、ママチャリでも平気なぐらいの道
ドコまで続いているが探検するのだ。
陽射しが途絶えるとイキナリ気温が低く、やっぱり冬だなと痛感させられる。

e0123825_21310586.jpg

冬の北風の吹き溜まりに落ち葉がうず高く溜まって
そこをカサコソ音をたてながら走る。
枯れ葉の下は霜が溶けて、再び固まった、を繰り返している感じ。
今日は温かいからね。やわらかいけどママチャリのタイヤでも問題無い。

e0123825_21311176.jpg

この季節らしく梅の花を見つけた。
やっぱり蝋梅の咲いていた場所が分からないらしいが、
昨日写真を撮っておいてよかったね、ということで、蝋梅の探索は終了。

e0123825_21311717.jpg

ではまた別の道を、ということで
小さな丘越えの道を、のんびりと
一体ドコに繋がるのかな
まだ知らない道がある。

e0123825_21312649.jpg

写真を撮りながらポタリングしているので、距離は伸びずに時間はかかる。
ランチタイムには帰宅するはずが、外でそのままランチをとって
うらうら走り。
家人が写真を撮っている間にに、ベリーショートタイムだが
土の上をモリモリっと走ってみる。
ちょ〜〜〜〜気持ちいぃ〜〜〜〜〜んだけど。

e0123825_21313476.jpg

冬の日は短くて。
あっという間に影が伸びる。
我が家まで小さな峠越え。
走ってない身体。ムーミン化した身体に坂道は堪える。息が弾む。
そこへ後ろから家人が話しかけてくる。
あれ!返事がないな〜〜〜
と、振り返るとドSな笑顔な家人がそこにいた。



 


[PR]

by jake490 | 2017-01-22 21:37 | ハシる
2016年 12月 21日

写真で振り返る今年の自転車活動

あっという間だよね。
この一年の自転車活動をザックリと写真で振り返られるぐらい、乗ってなかった、っていうととでもあります。

e0123825_21435049.jpg
e0123825_21443170.jpg
e0123825_21453846.jpg
e0123825_21454293.jpg
e0123825_23423388.jpg
e0123825_01044049.jpg

e0123825_21255658.jpg
e0123825_18250407.jpg
e0123825_18253593.jpg
e0123825_18253901.jpg
e0123825_18254336.jpg
e0123825_00274562.jpg
e0123825_13090184.jpg
e0123825_18255043.jpg
e0123825_13090907.jpg
e0123825_19151937.jpg
e0123825_19155394.jpg
e0123825_19154996.jpg
e0123825_19160107.jpg
e0123825_19160403.jpg
e0123825_19160768.jpg
e0123825_19161873.jpg
e0123825_12020449.jpg
e0123825_22362878.jpg
e0123825_20531231.jpg
e0123825_13161323.jpg
e0123825_01023845.jpg
e0123825_13162429.jpg
e0123825_21064011.jpg
e0123825_02422464.jpg
e0123825_15523902.jpg
e0123825_14312625.jpg
e0123825_15453804.jpg
e0123825_15455393.jpg
e0123825_15462071.jpg
e0123825_15463597.jpg
e0123825_15462625.jpg
e0123825_12523330.jpg
e0123825_11342592.jpg
e0123825_17153194.jpg
e0123825_17280381.jpg
e0123825_23334224.jpg
e0123825_01074198.jpg
e0123825_01074845.jpg
e0123825_01081771.jpg
e0123825_00355723.jpg
e0123825_15412750.jpg
e0123825_01261042.jpg
e0123825_01263225.jpg
e0123825_07055661.jpg
e0123825_15401834.jpg
e0123825_21243990.jpg
e0123825_22543496.jpg
e0123825_22550226.jpg
e0123825_22550773.jpg
e0123825_00421865.jpg
e0123825_00432346.jpg
e0123825_00435046.jpg
e0123825_00431398.jpg
e0123825_15153608.jpg
e0123825_16172117.jpg
e0123825_16181210.jpg
e0123825_16181667.jpg
e0123825_16185481.jpg
e0123825_16190627.jpg
e0123825_17400552.jpg
e0123825_03252431.jpg
e0123825_03252868.jpg
e0123825_20501576.jpg
e0123825_20505363.jpg
e0123825_20510502.jpg
e0123825_20512112.jpg
e0123825_20515625.jpg
e0123825_20520700.jpg
e0123825_20454933.jpg
e0123825_23073477.jpg
e0123825_16372543.jpg
e0123825_16374306.jpg
e0123825_16375842.jpg
e0123825_03521254.jpg
e0123825_23504923.jpg
e0123825_00301861.jpg
e0123825_00303702.jpg
e0123825_00310199.jpg
e0123825_00311015.jpg
e0123825_12571762.jpg
e0123825_12172583.jpg
e0123825_11360612.jpg
e0123825_20380481.jpg
e0123825_23371847.jpg
e0123825_01295634.jpg
e0123825_21530433.jpg
e0123825_16515613.jpg
e0123825_21462604.jpg
e0123825_01203755.jpg
e0123825_21531426.jpg
e0123825_02345189.jpg
e0123825_02352644.jpg
e0123825_02274892.jpg
e0123825_19085550.jpg
e0123825_19085089.jpg
e0123825_17113082.jpg
e0123825_17112479.jpg
e0123825_02483828.jpg
e0123825_01275084.jpg
e0123825_00245863.jpg
e0123825_01274587.jpg







[PR]

by jake490 | 2016-12-21 15:44 | ハシる
2016年 10月 23日

家人と小さな秋を探して自転車散歩

e0123825_02345189.jpg

天候が安定して来たので、家事が片付いたら、子供の衣類の補填をしたいという要望と
体調管理で身体を動かしたいという名目で
一山越えてショッピングモールへポタリング。
当然家人はXQ2を、ワタクシはX30とX-M1のダブルでスナップしながら散輪。


e0123825_02345710.jpg

秋の点景を求めていたのにかかわらず、
最初に出会ったのは十月桜
天候不順だからなのか、もともとそういう種なのか、わからなくなる。

e0123825_02350885.jpg
上り坂は家人の電動アシストに叶わず、遅れをとる。
悔しいのう。
風が強いので、今日は撮影がままならぬと思いきや、風になびくススキの穂が目に飛び込んできた。

e0123825_02352038.jpg

桜並木の街道にでると、桜はいち早く紅葉して歩道に葉を散らせている。
枝や幹に残った葉が秋の日差しに輝く。

e0123825_02352644.jpg

大した距離でもないのに、写真を撮ってばかりで前へ進めず、
買い物よりも先にランチタイム。
買い物を済ませたら、済ませたで小腹が空く。
アンコタップリなのは嬉しいが、小豆よりも砂糖が勝っているアンコはお腹に重い。
バイトに焼かせているのだから買う前から覚悟はしているのだけど。

e0123825_02353445.jpg

午後は雲が空を覆い、肌寒い色に世界を変える。
そんな光の中で浮かび上がる秋の赤色は、なんとも深みがあって

e0123825_02354257.jpg

名前の知らぬ植物の綿毛を撮影していたらバッタが飛んできた。
もう彼等の命は短いのだろうな。
こころなしか、動きが鈍いようにも思えるバッタであった。

e0123825_02354887.jpg

釣瓶落としの秋の夕暮れ、というが
日が陰り、家路を急ぐ。

e0123825_02355526.jpg

帰路の最後の峠は、家人が、ペースを合わせてあげるよ、と優しい?言葉を頂いて
オールアウトとまではいかないが、高い心拍をキープしてペダルを回した。
イジられながら登る峠はもうお笑いである。

e0123825_02360060.jpg

峠を下り始めたら、広がる雲の縁が切れて、その向こうに黄昏色が見えた。
これは展望ポイントから景色を眺めたいね、と。






[PR]

by jake490 | 2016-10-23 23:33 | ハシる
2016年 10月 09日

どうせ山を越えるなら「いろは坂」で

どうして休みの日に雨なのだ。
特に行く宛はないけれど、もお〜〜いいでしょ、雨は。
と、午前中は、家事手伝いに勤しんだが
昼食を食べた後、雨が上がったので、多摩センターのカメラ店までMTBでお使いに行くとしよう。

e0123825_02272140.jpg

風がめっきり冷たく感じられるようになったが、Tシャツに短パン。
ただし、ヘルメット、サングラス、グローブにビンディングシューズはいつもどおり。
心拍数130あたりをキープして、後はリラックス。

ジプリアニメ「耳をすませば」のロケ地で知られているいろは坂のある街を越えれば
目指す多摩センターのカメラ店まで直ぐなので、案外良い道順

e0123825_02272966.jpg
さて、いろは坂、登りますかね。
この坂の途中に「雫の父さんが務める図書館」がある設定なのだけれど、そこは公園。



ロードバイク乗りのグループが坂道錬で3本じめなトレーニング中。
其れを横目に撮影しつつのんびり
なのに心拍数150に跳ね上がり

e0123825_02273991.jpg

「告白した神社」を参拝してみる。
だいぶ前のアニメなのに、未だにファンが、地図を照らし合わせながら歩いて行く。
「地球屋のあるロータリー」には、昭和の薫りビンビンな洋菓子店があるのだけれど
他に店であったあずの隣のお店が喫茶店に様変わり。

e0123825_02274892.jpg

「給水塔のある団地」まで脚を伸ばしてみたりして。
これにて「耳をすませば」ロケ地めぐりは終了。

勘違いして、再び聖蹟桜ヶ丘方面に走ってしまったが、そこは走行距離稼ぎということで。
カメラ店で発注した小部品を受取り、フジのカメラが有るウインドウを覗いたりして。
この週末にかけてのセール価格。
買えるお金が懐にあれば、心揺れるが、大放出後なので、心微動だにしない。


現物を見てみたいモーターサイクルがあるので、レッドバロンに寄ってみた。
お目当てのバイクは無かったのだが、自分が乗っていた時代のバイクが結構多い。
聞くと、今のオートバイ乗りの平均年齢は50才ぐらいらしい。
思いっきり過疎してる。
まあ、いろいろ原因があると思うけれど、
不肖ワタクシが懸念していたことが的中しているかも、な実感が深まった。
コレ、今の自転車ブーム?にも符合することがあって
不味いなぁ、と思っているのだが、市井のオッサンの声なんぞ役に立たないからねぇ
いずれ、この件はブログに書くつもり。


さて、レッドバロンでちょっぴり寂しい話を聞いた後は、里山を散策しますかね。
少しずつ少しずつ秋の色が出現し始めて
曇り空が切れ始めて太陽が顔を出して、景色をドラマチックに。
35mmも持ってこれればよかったナ。

e0123825_02281332.jpg


e0123825_02282307.jpg

e0123825_02283279.jpg

e0123825_02283988.jpg

e0123825_02285083.jpg

e0123825_02285962.jpg

e0123825_02291231.jpg

e0123825_02292243.jpg

e0123825_02293174.jpg



e0123825_02294826.jpg

e0123825_02300071.jpg

e0123825_02300830.jpg


いい色に焼けた空が見れた。
セットしたSTRAVAが落ちてしまって、走行データログがオジャンになってしまった。
生活活動計のデータはよく見ていないけど2000キロカロリー消費以上







[PR]

by jake490 | 2016-10-09 23:26 | ハシる
2016年 09月 06日

Cannondale CUJO

このところ、自転車でお出かけできてないので写真カメラの話題ばかりですが、
胸の内ではアレコレと。
気分転換も兼ねて、量販系の自転車店にリサーチしにいったり、
次のアクションのヒントを探したりぐらいは、時折やってます。

e0123825_01203755.jpg

17年モデルで、特に実車を見てみたいのは27.5+のMTB
セミファット系のMTBですね。
デザインとかサイズ感とか、いろいろと見てみたい。乗ってみたいデス。

自転車も複数台持てると良いのですが、家族(家人)の理解もありますし、
自分のライフスタイルも、できるだけシンプルに、という思考が近々すすんで
身の丈にあったものを使いこなす、使い切る、と。

最近のMTBは新しい規格が乱立しているので、そのどれが生き残るのか、分からない。
ホイールは29インチがもてはやされていたけれど、近頃は27.5インチ。
どうもコレが奔流になりそう......
と、言葉が濁るのは、発展途上、といえば聞こえがいいけど
時の競技スタイルやレースの特性によって、形態が変わってしまうので
それなりの物をそれなりに長く使おう、とするには手が出しにくい
と感じて、新しいモデルが出ても、良いな〜と思えども.......

ときて、ここで27.5+のMTBセミファットバイクの登場です。
またバリエーションが増えた、と初見ではちょいと憂鬱感があったのですが
よくよく見てみれば、身の振り方が自由なバイクでもありまして
ひょっとしたら、ワタクシのような日常生活から里山ライド&スポーツにはベストなバイクかも
と思える要素が仕込んであるわけです。
27.5+のセミファットの外周径はほぼ29インチと同等なので29インチのホイールが使える。
もちろん27.5+も使える。
身長は175cmほどなので、フレームのスケルトン的には29インチのフレームでもイケる。
とまあ、ホイール径に対して専用設計ではない詰めの甘さがあるかもしれないけれど
現状、どんな規格が出てきても、また、走るシチュエーションに合わせて選べる。
と、まあ、レーシング機材でないところの懐の深い良質なバイクがリリースされた。
そんな所感を持ったわけです。





[PR]

by jake490 | 2016-09-06 23:19 | ハシる
2016年 07月 24日

MTBでご近所ポタ

家人と自転車ポタリング。
ワタクシはMTB、家人は電動アシスト車
平地なコースなのにバッテリーの充電はバッチリ、という用意周到さ。

e0123825_22550431.jpg
朝日が燦々と気温が上がりそうな雰囲気は向日葵の撮影向き
昨日と今日反対だったら良かったのにね
と話しつつ、日差しの強さに、お昼には帰ってこよう、よいう段取り。


e0123825_22553466.jpg

だったのだけれど、いつの間にか、空は雲に覆われて程よい感じ

e0123825_22561925.jpg

コンデジXQ2を手に入れた家人は、もともと身近なモノや景色を撮影するのが好きだから
野の花が咲く土手沿いサイクリングロードは撮りたいものだらけ。
まだカメラの操作や機能を理解していないから、SRオートで
先ずは撮影する楽しさ優先。
家人が撮影している間、ワタクシも。
どちらかと言うとX30の機能と表現力のトライアンドエラーな感じで確かめながら。

e0123825_22570345.jpg
道すがら、野菜の無人販売をチェック、チェック。
ブリンブリンの新鮮夏野菜がお安く♪
お札しか無かったので、困ったね、と相談していたら
納屋の近くで作業中の農家の方がいらしたので、支払いにいったら
スイカを切ったから、一緒に食べよう、と誘われるが
そういうことに慣れていない家人は、断っちゃいまして
ポタリングとはいえ、こういう旅心をくすぐられる出会いを大事に出来なかったのは
ワタクシ的には残念。
だが、家人もそれなりに理由があって、およばれしたかったけどね....
と、農家の敷地を出た後にこっそり教えてもらった。

e0123825_22573328.jpg
今、ワタクシの住まいの地域はブルーベリーの最盛期。
無人販売で新鮮なブルーベリーがお安く手に入りますよん。
昨日も、旬なブルーベリーのフレーバーのアイスクリームを堪能してきたばかり。
これは、明朝のヨーグルトにトッピングですね。

e0123825_22580477.jpg
そうこうしているうちに、目的地のお寺の境内へ。
睡蓮を撮りたい、というワタクシ、
昨日ご一緒したSさんに睡蓮の撮影のお誘いを受けていたのですが、
都合が合わず、そのかわり、ワタクシの住まいの近くに睡蓮の栽培をしているところがあると
そんな情報を頂いたので
ネットで調べたら、ホントにある!!!と

e0123825_22583460.jpg
そんなわけで、そういうことなら、暑いけど自転車乗りたいという家人とともに
のんびりのんびりポタリングしよう、という事になってわけでありました。

e0123825_22590428.jpg

花の時期はもう終盤でしたが、まだまだ蕾もあるので、まだ撮影チャンスがありそう。

e0123825_22593483.jpg

ひととおり撮影が一段落して、お昼の買い物をして帰ろうと、
でも、それなりに、写真を取りながら道草すべく、適当に走っていたら
ほおずき畑を発見。

一杯撮ろうね、と家人と盛り上がっていたら、
しゃがんで作業してた農家の方がいらっしゃいまして。
それゆえ、人がいることに気が付かず、写真を撮っていたわけなんですが
なにしてるんだ、と語気荒く
撮ろうね、を盗ろうね、と聞き違い。
な〜んだ、写真を撮っていたのか〜〜〜、一杯撮っていってね、と。
チョイと、ドキドキ。

e0123825_23000372.jpg

気温が上がった午後は家の中で家事をのんびりお手伝い
眠気がすごくてドロンとした午後。
さて、夕餉の買い物にいくか、と外に出れば、天使の階段?
近所のショピングセンター、ビルの屋上で撮影な遠回り。

e0123825_23003466.jpg

今日仕入れた夏野菜は新鮮なうちに、さっくりと炒めモノにしようと
料理下手なワタクシですが、炒めモノは、とりあえず任せてもいい、ということで
中華調味料にオイスターソースで風味付けな一品を。
料理の写真は封じられていたのだけれど、こっそり啓上w
撮るより、食べろ、ということなんですねどね。





[PR]

by jake490 | 2016-07-24 23:08 | ハシる
2016年 07月 04日

久しぶりに走ろうと思ったら、暑すぎるじゃないか

今年も半分過ぎちゃったが、自転車に乗るののも半分、いや半分以下ダナ
アタマの中ではそこそこ自転車漬け何だけどナ
でもリアルに走ろうとすると.....全く身体が動かん!!!!

e0123825_22382612.jpg

紫陽花の季節もそろそろ終焉に近づき、しっとりとした紫陽花の雰囲気とは別の
夏の初めの力強い日差しを受ける紫陽花も良いもんだ、と気が付いた。
そんな意識の幅が広がると、また自転車に乗る時の視野も広がるもんで
少しの時間のライドでも楽しみの厚みが増したような気がする。

日々の日常の中、見慣れてしまったかも、な風景の中に
新たな変化を発見できたりするのは、
ガッチリとも走れるし、まったりとも走れる自転車の面白さでもある、

e0123825_22383146.jpg

いろいろな出来事で思うように走れる時間が取れないが、
環境や風景の変化に視野を広げながら、
尚且つ、フィジカルトレーニングも、コンディションにあわせて加えていくと
結構中身の濃い時間となる。

走行ログを見たら自転車通勤は一ヶ月ぶり。
そんなに走っていなかったか! もうびっくりだ。
振り返って見れが、梅雨に入る前には腰痛で動けなくなるとか
乗れない原因のオンパレードだった。

オヂさんは、トレーニングもそうだけど、メンテが重要なんだな。
ストレッチとかついつい面倒でやらないから...

とりあえず、細く長くな走り方からはじめて
徐々に太くなるような、走り方でイッてみよう。





[PR]

by jake490 | 2016-07-04 22:40 | ハシる
2016年 07月 02日

家人とポタフォト

鬱陶しいのは変わらないけれど、イキナリ30℃越えな天気。
新しいカメラを息子に買ってもらい、即、写しに行きたいけれど、暑いの、無理だから!
ということだったので、撮り溜まった写真を整理して、アタマも整理して
というつもりだったのだが、気が変わったのか、ショッピングセンターに自転車で行きがてら
道中で写真を撮ろう、ということになった。

e0123825_02305234.jpg
まあ、そうくるだろうな、と、ワタクシには分かっていたぜ〜
とうの本人は、電動アシスト車のバッテリーが減ったまま、充電していないものだから
かなり不安だったようだけど。
暑さ対策さえ出来ていれば、血の巡りが悪い体調の夫婦だから、体調も良くなるだろう。
一山越えて、農園の花畑につくと、家人は喜々として撮影開始。

e0123825_02305806.jpg

ショッピングセンターで買い物と食事を済ませて、かなり高い気温になった屋外。
曇だったはずの天気も太陽が顔を出したものだから、感じる暑さは半端ない。
ストレートに帰るつもりだったのに、タチアオイの花があった、と
川沿いの歩道で撮影開始テイク2。

e0123825_02310364.jpg

急に日差しが出たものだから、急遽、首を日差しから守りたいと
バンダナを買うつもりが和柄のハンカチのほうが(・∀・)イイネ!!と。
何気ないところに、いいモノを見つける嗅覚がスゴイので、
おや?と思うところでもバンバン写真を撮っていく。

e0123825_02311203.jpg
帰り道、一山峠越えをする前に、木陰で一休み。
つくしんぼを撮影した小山も今は叢の勢いがすさまじい。
久しぶりに乗ったMTB、ペダルがメッチャ重く感じる。
脚力の低下は著しい。危機感の塊になる。

e0123825_02312151.jpg
e0123825_02312752.jpg


沿道に咲く花を観察しながら、被写体を求めてふらりと鎮守の森。
大木の下、そよぐ風のなんと気持ちいいことか。

e0123825_02313460.jpg

我が家向かう最後の峠越え
バッテリー切れになること無く、峠を越えて
峠手前の自販機で、麦茶をゴクゴク

もう、すっかり真夏じゃね?
と、思わせるひまわりが、太陽の光の中で踊っていた。






[PR]

by jake490 | 2016-07-02 23:29 | ハシる
2016年 06月 05日

埼玉方面のトレイルに初遠征

梅雨入り前にトレイル走りに行きませんか
と、Iさんから誘い。
家人も、キルトの制作に集中したいので、ワタクシがのっそり家にいるのも目障りだ、と
そういうことなので、お誘いに乗ったものの、朝から雨降りじゃないか。
すっかり、今日は流れかな、と思いつつ、トレイル方面はそれほどの雨でない
という情報もあり、なので、我が家直近まで迎えに着ていただいてピックアップ
埼玉へ車中の人となったわけでありました。

e0123825_00300101.jpg

情報通り、殆ど雨の形跡も少なく、と言いたいところだったが
山に入るとトレイルはしっとり濡れていて
ノブがすり減ったリアタイヤは容赦なく滑る。
濡れた木の根っ子、剥きだした粘土質な濡れた土
肝を冷やすポイントだらけ。

e0123825_00300793.jpg
幸い、フォトジェニックはところは停車して、撮影タイム
と、のんびり進行なので、己の技術に合わせてセクションをクリアしていく。
路面はあまり経験したことがない土質と地形なので、手強いねぇ。


e0123825_00301107.jpg

集中力と体力と、撮影においしそうなところと、頃合いを見て休み休み
多分コレはキイチゴ、
差がよくわかりません。調べてもません。モノグサちゃんですね〜〜〜〜

e0123825_00301861.jpg

本日のハイライト的な、段差が大きかったりするようなハードな下りをクリアして
ゴキゲンだけどヤレヤレ、と人心地したら
もう一本、ここちの良いトレイルへ
木漏れ日が行く先を案内するように導きますね〜
雲が切れて太陽が覗き始めたようです。

e0123825_00302598.jpg
苔むした大きな倒木が美しく、シャッターを切ろうとしたら日が翳る....という
なんか残念な.....
ま、よくあるハナシ
写真は一期一会、また次に来た時に、また違った姿を見せてくれるからね。

e0123825_00303175.jpg
路面はウエット、複雑に走る根っこ、高さはないものの、テクニカルな上り下り
森と太陽の演出ばかりに気を取られると、痛い目にあいそう。
フロントアップ、リアの抜重......
基本テクニックのおさらいですね〜

e0123825_00304461.jpg
幾つかのセクションを通過して、頃合いの良いところで、一休み。
なかなかの湿度。
もし気温が高かったら、かなりしんどい思いをしたかもしれぬ。

e0123825_00303702.jpg
渡河を含むルートは、ほんとに変化に富んでいる。
低速なので恐怖心を生じるようなところはないけれど。

e0123825_00304983.jpg
それにしても、このルートは生命の源的な空気感。
それにしても、よく滑る。グリップしない。

e0123825_00305403.jpg
本日の終着点
本ルートはここから急な登りを経て尾根に出るらしいが、今日はここまで。
その登り、とやらにチャレンジ。
インナーローでリアタイヤに荷重をかけつつ、じわっと登る。
稜線が見えたところで、坂の角度が過激に角度が増す、という.......
筋力ないし、体重は重いし......と追い込まれ、休すぎてペダルを回せず。

e0123825_00310199.jpg
紫陽花のロケハンもあるので、Uターンして戻っていく。
雲が切れてさぁ〜〜〜っと太陽が差し込んだ。
この光の中を走っていく。

e0123825_00310573.jpg
木立が深い割に空が明るく見える。
新緑が眩しい。
なんという清々しい。
いい気分でトレイルを脱出。


e0123825_00311015.jpg

再び車にMTBを収納して、紫陽花のロケ地へ
またまた、赴くままにシャッターを切り銀塩カメラだったらあり得ない枚数を量産。
気が付けば強烈な空腹感。
日が傾いているというのに、食べたのは小さなスニッカーズ1個のみ
Iさんと境内に急いで売店へ
頼んでから焼いてくれる団子がめちゃ美味い。
空腹のせいかなw
今日のベストショットはダンゴかもwwwww





[PR]

by jake490 | 2016-06-05 23:28 | ハシる
2016年 05月 28日

COG(Cannondale Owners Group)浅草下町ポタ

用意周到に家庭内根回しをして、この日を確保。
久々のCOGライドイベントに参加。
のんびり下町をポタリングするので、バイクはMTB。
往復を含めて120kmぐらいの距離。
後輪タイヤのノブもすり減っているので、アスファルトの上を長距離走るのは気にしない。

e0123825_16372543.jpg

息子が休日出勤なので、それに合わせて、家を出る。
LSDペースよりやや高め心拍135bpmなペースで東へ東へ。
浅草雷門待ち合わせはお昼すぎなので、神楽坂をロケハン。
撮影したい街の一つ

e0123825_16373103.jpg

普段はカメラをリュックに必ず収納して走るのだが、
浅草に向かう途中何かあるかもしれない、とヒヤヒヤしながらも、
ストラップに斜めがけ。
だが、幹線道路沿いの街はそうそうフォトジェニックなものなく
カメラを壊してしまったらイヤだなー
とリュックにしまおうと思った所で、人力車の乗った親子3人が目に留まる。
会釈して写真を撮らせていただいた。
仲間と走るときはカメラはリュックの中と決めていたが
こんなことがあるのなら、とそのまま走ることに。

e0123825_16373702.jpg

皆さんと集合した雷門は修理中でカバーがかかっていて残念だったが
家人が入院以来、COGの皆さんとお会いするのは久しぶりなので心が弾む。
地元浅草の自転車仲間と一緒なのでこれもまた新鮮。
まずは比較的浅草では新参のrin projectを訪問。
やっぱりショップは世界観を表現しているから楽しいね。

e0123825_16374306.jpg
談笑しながら移動して、お団子タイム。
実に職人さんのいい仕事している美味しさで
みたらしと餡こを交互に食べて、最後の一口は餡こで
口に残る餡この味がなんともいい余韻を残す。

e0123825_16374835.jpg
皆さんが団子を食し終わる間、猫かわいがり。

e0123825_16375200.jpg
歴史的な壁を眺めて、古の職人の知恵と技術を多能したら

e0123825_16375842.jpg
東京バイクへ。
シンプルなデザインと生活者に程よい乗り心地と走行性能。
これが認知されて海外でも好評なようだ。
なるほど、この古い酒屋の建物を店に選んだの.....
なんとなくわかる気がする、イイ感じ。

e0123825_16380502.jpg
んで、次はアイスモナカじゃ
今回はあずきをセレクトしたけど、これがワタクシにはバッチリ来たナ。
次はバニラ逝ってみたい!

e0123825_16381118.jpg
連れられるまま、グルグルと街を走ってドコを走っているかわからぬまま
夕焼けだんだんに到着。
昭和な原景を彷彿される町並みを見下ろす。
谷中の街を回ったけれど、懐かしくほっこりするような街なんだね。

商店街を少し散歩して寺院に移動して休憩していたら
携帯に家人からSOSの連絡が入る。

随分、今日一日自分の時間が過ごせるように手を打ってきたのだけど.....

直ぐに帰ってきて欲しい、某所に連絡を直ぐにとってほしいなど
プチパニック。
既に仲間は次の場所に向かってスタートした後。
後続のメンバーに、離脱することを託けて、帰路につく。

後でよくよく考えて見れば、既にスタートした主催者さんを追いかけて、一言伝える事ができたと、反省。

帰路を急ぎながら、連絡しつつ.....いきなり慌ただしくなってしまったな。
DNFは残念だけれど、楽しませてくれる要素をふんだんに詰め込んだライドだったので
素敵な時間を過ごせたので、素晴らしい一日だったことには間違いない。



COGのライド企画を主催することが難しい、と仲間に宣言したけれど
現実に参加したポタをDNFすることに直面すると
いまのワタクシに置かれている現状は、難しいどころじゃないね。





[PR]

by jake490 | 2016-05-28 23:36 | ハシる